FC2ブログ

2019-09

怒髪!東電無罪に沈黙??


怒髪!東電無罪に沈黙??
東電旧経営陣3人無罪=巨大津波「予見できず」-原発事故強制起訴・東京地裁
JIJI.COM2019年09月19日22時37分

東京地裁前で不当判決を訴える紙を掲げる原発事故避難者の宇野朗子さん=19日午後、東京・霞が関
 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長勝俣恒久被告(79)と、いずれも元副社長の武黒一郎(73)、武藤栄(69)両被告の判決が19日、東京地裁であり、永渕健一裁判長は全員に無罪を言い渡した。検察官役の指定弁護士側は3人に禁錮5年を求刑していた。


 永渕裁判長は、最大の争点だった、2011年3月の東日本大震災での巨大津波を予見できたか否かについて、「予見可能性を認めることはできない」と判断した。


 判決は当時、原発の敷地高(10メートル)を超える13メートルの津波が襲来したと認定。「事故を回避するには運転停止するほかはなかった」と指摘し、3人に原発停止義務を課すほどの津波の予見可能性があったかを検討した。


 東電子会社は08年、第1原発に襲来する恐れのある津波高を「最大15.7メートル」と算出したが、判決は、基となった政府機関の地震予測「長期評価」について、

「原子力安全・保安院(当時)も『参考情報』として扱い、他の電力会社がそのまま取り入れることもなかった」などと指摘。「原発の安全対策を考える上で、取り入れるべき知見だったとは言えず、客観的に信頼性、具体性があったと認めるには合理的な疑いが残る」と評価した。


 その上で、社内外から

「長期評価に基づく対策が終わるまで原発を止めるべきだとの意見はなかった」

と判示。当時得られた知見を踏まえると、3人には10メートルを超える津波襲来の可能性に信頼性、具体性があるとの認識はなく、運転停止義務を課すべき予見可能性はなかったと結論付けた。


 3人は08年6月~09年2月に10メートルを超える予想津波高を聞いており、指定弁護士側は


「予測を聞いた時点で安全対策を進める義務が生じた」

と主張したが、判決は

「当時の法令上、安全は確保されており、3人の対応は特異ではない」

と退けた。

㊟国民の多くは3人の無罪判決に「おかしいだろ」「無罪判決はひどいなんでものじゃないです」だろう。
私もそう思う。この日は海外の多くのメディアも取材に集まり、「無罪判決」に驚きを隠さず、「無罪はおかしい」「責任者らに罪はないとはどうかしている」と批判している。


 私が許せないのは全政党の国会議員どもが一言も発言していないことだ。東電と癒着している自公の与党は放って置いて、立憲も国民民主党も共産党も社民も、れいわ新選組もN国までが沈黙。何かあると国民は勘ぐって当然。


 そうなんです。自公与党は長い年月「東電」を含む全国の電力会社、ガス会社とは献金、支援者子息らのコネ入社(石破茂のそっくり娘も東電本社にコネ入社している)を毎年続けているから。


 野党政党の沈黙は何故?多くの票で支持してくれる巨大な労働組合です。これだけではありません。やはり全国の電力会社、ガス会社には野党議員らも親族、支援者らの出来そこない子息をコネ入社させているのです。薄汚さは自公と変わりありません。


 先の参院選で誕生した弱者、貧困層を代表、代弁する「れいわ新選組」も「NHKから国民を守る党」も沈黙です。二つの党の沈黙理由は判りませんが。これじゃ看板が泣くんじゃないですか、山本太郎、立花孝志のお二人はどうしたんでしょう?
 

「正次郎のNEWS TODAY」の読者にもれいわ、N国に投票された方がおられるようです。その方々は両党首に「何故沈黙するのか」と質問すべきですよ。

 この判決で「日本の司法は終わった」と絶望に涙している人もいるんです。これは大変な事です。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

トランプ再選危うし!!


トランプ再選危うし!!
【永田町・霞が関インサイド】“孤高のトランプ大統領”今や耳を傾ける側近は… 「親愛なる大統領閣下…」怒りの辞表提出しボルトン氏辞任
夕刊フジ


 ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が更迭されたのも、「トランプ劇場」の出し物であった。手元に、ボルトン氏がドナルド・トランプ大統領に提出した辞表のコピーがある。

 《2019年9月10日 親愛なる大統領閣下 私は速やかに国家安全保障担当大統領補佐官の職を辞任いたします。国家に奉仕する機会を与えてくださったことに感謝します。敬具 ジョンB.ボルトン》

 これが全文だ。これほど短い辞表は前例がない。にじみ出るボルトン氏の憤りが感じられる。

 トランプ氏が5月下旬から6月初めにかけて緊迫したイラン情勢の沈静化を模索したことがあった。

 当時、ボルトン氏が強く武力介入を主張し、トランプ氏は保守系FOXテレビのコメンテーター、ダグラス・マクレガー氏(退役陸軍大佐)の助言を受け入れて、対イラン強硬策を退けた。

 それまでにも、ボルトン氏は「アフガンからの米軍撤退」や「対北朝鮮融和政策」に強く反対するなど、トランプ氏に“刃向かう”ただ一人のトランプ政権高官であった。

 そのころから、ボルトン氏更迭説はワシントンの政界雀の間でささやかれていた。だが、これほど早いとは誰もが予想していなかった。

 今やトランプ氏が耳を傾ける側近は、マイク・ペンス副大統領、娘婿のジャレッド・クシュナー大統領上級顧問、ミック・マルバニー大統領首席補佐官代行(兼行政管理予算局長)、マイク・ポンペオ国務長官だけとなった。

 信を置く側近が少ないトランプ氏は「孤高の人」である。

 それだけに、国家安全保障会議(NSC)事務局長でもある大統領補佐官の後任に誰が就くのかを、いま米メディアが熾烈(しれつ)なスクープ合戦を展開する理由である。

 有力候補は8人。(1)ブライアン・フック国務省イラン担当特別代表(2)リチャード・グレネル駐独大使(3)ピーター・ホクストラ駐オランダ大使(4)スティーブン・ビーガン国務省北朝鮮担当特別代表(5)キース・ケロッグ副大統領安全保障担当補佐官(退役陸軍中将)(6)リッキー・ワデル前大統領次席補佐官(退役陸軍少将)(7)トム・コットン共和党上院議員(イラク、アフガン戦争従軍)(8)先述のマクレガー氏-。

 杉山晋輔駐米大使の知己であるケロッグ氏が起用されれば、一部で不安視する警察出身の北村滋国家安全保障局長だが、ハッピーに違いない。(ジャーナリスト・歳川隆雄)


㊟トランプ大統領、私はあなたの当選を日本のジャーナリストで真っ先に的中させ、支持して来ました。特に世界制覇を狙う中国に対する数々の方針、行動も拍手で支持して来ましたが。。。


世界のアメリカを率いる大きな存在ですから心身ともに大変な重労働と同情します。ですが、それはあなた自身が望んだ地位です。


ですが、あなたの下を去る部下、あなたが首を切った部下が多過ぎませんか?その理由を聞く必要はありません。部下はあなたが選んだのですよ。信じられるのは自分だけですか?


数々の大きな事業を成功させてきたあなたです。日本の虫けらのようなジャーナリストがあれこれ言う立場でもありませんが、人心掌握術に少し首を傾げざるを得ません。

イラン、北朝鮮に厳しいボルトン補佐官をクビ(ボルトン氏から辞任)にした途端、イランがサウジアラビア油田をドローンで破壊しました。


 これで北朝鮮が核ミサイル製造を中止、破棄しなければトランプ氏の再選は危いだろう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

イラン世界大戦覚悟?!

イラン世界大戦覚悟?!
日本にも大戦を手招きするサイコパス男2人!!
米、石油備蓄の放出準備 サウジ施設攻撃で一部生産停止に対応
産経新聞


 【ワシントン=塩原永久】米エネルギー省は14日、緊急時のため備蓄している石油を放出する準備があることを明らかにした。サウジアラビア東部の国営石油施設が攻撃されて生産の一部が停止し、供給不安が生じる可能性があるため。

ロイター通信によると同省のペリー長官は、国際エネルギー機関(IEA)と協調して対応策を検討する意向を示した。

 米政府が南部テキサス州などに確保している「戦略石油備蓄(SPR)」について、米エネルギー省の報道担当者は、「原油市場の混乱を相殺するため必要になれば、SPRから原油を放出する用意がある」と同通信に話した。

 SPRは米国での約1カ月の消費分に相当する約6億4500万バレルを備蓄している。ペリー長官は同省幹部に対して、原油の安定確保のための国際的な共同対応策に向け、IEAと協力するよう指示した。


㊟世界の危機は近い!!これはイラン、イエメンが手を結び、世界大戦宣言と見る。イランと昵懇の北朝鮮の金ドンも胸躍らせているだろう。


米国が保有している備蓄分を分けて貰っても焼け石に水。それどころか日本に向かう米国タンカーは国籍不明のミサイル、AI兵器で次々撃沈。


欧米拝金主義は世界にテロ集団を生み、そのテロ集団までが「いまだけ金だけ自分だけ」に。真面目な市民、正次郎のような人間はゴミにもならない。。。もうそろそろ自死しようかな。そろそろなどと言っている時間もないかも。


皆さん、「世界平和」など永久に来ないことをこれで知ったのでは、、、

日本政府にもアドルフ・ヒトラーと瓜二つの菅ヒトラー、子どもヒトラー寸次郎が誕生してしまった。この二人もまさにサイコパス政治家の典型で 彼らが第3次世界大戦を手招きしているのです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

国産米死守を!!

国産米死守を!!
遺伝子組み換えコメ、大豆、トウモロコシが押し寄せる!!
米国産コメ、輸入増を抑制へ 貿易交渉、車数量規制せず
KYODO9/15(日) 16:10配信


 日米貿易交渉を巡り、日本が米国産コメの輸入増を抑えるため、環太平洋連携協定(TPP)で米国に設定した最大7万トンのコメ無関税枠を大幅に縮小する見通しになったことが15日分かった。大枠合意した貿易協定の署名に向け今月末に開く首脳会談の前に、閣僚が最終決着させる。

米国が日本車に追加関税や数量規制を発動しないことも、首脳会談後に出す共同声明に盛り込む方向だ。日本産牛肉の輸出を増やす措置を取ることでは合意した。

 日本は米国からの主要輸入品である牛・豚肉、小麦でTPP並みの関税削減や撤廃を実施する。

㊟日本は主食のコメを死守しないと、私たちの身体を蝕む遺伝子組み換えコメ、大豆、トウモロコシ等の穀物に加え、ミルクを量産できるホルモンを注入された乳牛から絞った怖い怖い牛乳もどっと押し寄せて来る。

 次は、やはり安倍竹中菅政権が「種子法」を廃止したことで、「雑草が生えない、虫も近寄らない」遺伝子を組み込んだ米、大豆、トウモロコシ等々の「種子」が押し寄せる。。。草も生えない、虫も寄り付かない穀物って想像してもぞっとします。

気が付いた時は日本人の半数が奇病に罹り、奇形児が次々に生まれ、20年後、日本はゴキ醜キンピラ国を超える化け物国家に、、、あ、その前に第三次世界大戦か。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

せき止めの乱用、10代で急増!!

せき止めの乱用、10代で急増 厚労省が薬物依存調査
KYODO9/15(日) 21:00配信

 2018年に薬物依存などで全国の精神科で治療を受けた10代患者の4割以上が、“せき止め薬”や“風邪薬”などの市販薬を乱用していたことが厚生労働省研究班の実態調査で分かった。

 14年の調査では1人もおらず、近年急増していることを示した。危険ドラッグの乱用者は1人もいなかった。


 「消えたい」「死にたい」などと考え、生きづらさを抱えた若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬を乱用するケースが多いという。せき止め薬は安価で簡単に入手できる上、中枢神経興奮薬と抑制薬の両方の成分が含まれ、インターネットで「多幸感が得られる」といった情報が出ていることが背景にあるとみられる。


㊟困ったもの。ネット社会では私たちなど想像もできないモノが手に入り、自由にできる。拳銃も実弾も…ミサイルまでも。。。まさか“せき止め薬や風邪薬”がこんなことに利用できるなんて初めて知った。怖いですね。思春期の子を厳しくすると逆にヤバいし。。。どうします?

 10代の若者たち、、、夢も希望もない、、、こんな世になったのは、小泉強姦竹中部落平蔵、南部キムチ靖之らが大儲けしている派遣労働が全ての職種に拡大したことが原因だろう。

 若者たちもどんなに勉強しても「一生派遣で終わり」では自暴自棄になって当然。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

TBS全体士気低下!!



TBS全体士気低下!!
TBSで局員全体の志気が低下? 続発する番組のねつ造・やらせ、アナの大量離脱で破滅へ着々
日刊サイゾー文=田中七男
 もはやTBSは破滅へと進んでいるのだろうか? 同局では、番組でのねつ造ややらせが相次いで発覚した。

 まず、『消えた天才』(日曜午後8時~)の8月11日の放送回で、野球のリトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の投手の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりも球速が速く見えるように加工し、ねつ造していたことが判明。

 過去の放送でも、卓球、フィギュアスケート、サッカーを取り上げた際、同様の手法で映像を加工していた事実がわかった。これにより、同番組は調査が完了するまで放送を休止する。

 さらに、『クレイジージャーニー』(水曜午後11時56分~)では、8月14日の2時間スペシャルと、同日深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンター・加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画をオンエアした際、放送で紹介した生物6種類のうち、4種類は番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影したという“やらせ”が明らかになった。

 同企画の過去10回の放送においても、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものだったが、11種類は事前に準備していたものであったことも判明した。同番組もまた、調査が完了するまで放送を休止する。

「『消えた天才』は視聴率6~7%ほど(ビデオリサーチ調べ、関東地区)ですが、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)といった強力な番組を裏に回して、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』と同程度の数字をマークするなど、まずまず及第点だった。

当面は特番に差し替えですが、多くの視聴者が『なんでこんなくだらない映像のねつ造をしたの?』と呆れている。一方で『クレイジージャーニー』のやらせは絶対にあってはならないレベル。いずれにせよ、『どんなダーティな手段を使ってでも、番組を盛り上げなければ』との意図が見え、TBSのテレビ局としての倫理観に疑念を持たざるを得ません」(テレビ誌関係者)

 そんな中、同局では中堅の林みなほアナが9日付けで、退社していたことがわかった。林アナは 7月1日付でアナウンス室から広報局に異動になっていたが、今後はフリーアナとしてやっていく意向だという。

「TBSでは、ここ数年、田中みな実、枡田絵理奈、久保田智子、小林悠、佐藤渚、吉田明世、宇垣美里など、実に多くの女子アナが辞めていきました。男子でも管理職だった安東弘樹が去って行くなど、在京キー局の中でも局員の待遇が悪い。それと同時に夏目三久やホラン千秋、小川彩佳といった社外のフリーアナを重用するため、アナ全体のヤル気をそいでしまっている。退社には、それぞれの事情があるでしょうが、局員がモチべーションをなくすような体質だと、局全体に悪影響が出てしまうのでは」(テレビ局関係者)

 番組のねつ造、やらせ問題に続いてアナウンサーが次々退社と、負の連鎖が続くTBS。その体質そのものを改めない限り、この流れは止められないかもしれない。


㊟TBSは女子“穴”スキャンダルも多い。が、この女子アナ連続退社は女性特有の直感で泥船から逃げ出しているのでは?


 全テレビ局は一年以上前、鬼神渡邉正次郎に「テレビでイケメン発言を止めろ!」と厳しく申入れされ、止めたのに。15日のTBS夕方のNスタで、16日のマラソン選手紹介ニュースで、知能の低そうな女子穴がまた「○○さんはイケメンで私大好き」とそれをやり、その日に鬼神から厳しいメールを送りつけられている。

もう限度、TBSは渡邉正次郎を主賓とした議員、官僚を集めた『放送を視る会(仮称)』で取り上げることに決定!!。


勿論、この会では蛆キムチじじい、「報道特集」の金平も、「安保法制」の時の村山富市元総理を大分から呼び寄せた交通費、宿泊費、ギャラも議題になる。
オイ、金平、慌てて口裏合わせをしても遅い。。証拠はもう一年半も前に手元にある。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

劣化、安倍政権の「なれの果て」

劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」
日刊ゲンダイ2019/09/15 17:00


 いつから、日本はこんな国になってしまったのか。


 時代が令和に変わって以降、日本社会の理性とモラルを疑うような事件が相次いでいる。


 例えば、詐欺的手法が次々と明るみに出た日本郵便の「かんぽ生命」不正販売。ターゲットは主に地方の高齢者で、詐欺的手法を担ったのは、高齢者に身近な郵便局員たちだった。


「郵便局」という地方で圧倒的な信頼を持つ肩書を悪用し、営業成績維持のため、組織ぐるみで数字をカサ上げ。契約を取りやすい独居老人を「ゆるキャラ」「半ぼけ」「甘い客」と陰で呼び、ひとりに数十件も契約させるなど、特殊詐欺グループも真っ青の悪質さ。


 日本郵便はかんぽ販売のノルマを廃止するというが、問題の本質は「過剰なノルマ」だけでは片づけられない。底流にあるのは、理性とモラルを喪失した日本社会の劣化ではないのか。


 報酬不正で日産を追われた西川広人社長も同類だ。検察とタッグを組んだ報酬不正事件でゴーン前会長を追い出しながら、自らも業績連動型報酬の権利行使日をズラし、4000万円超を不正に受け取る犯罪的チョロマカシ。こんなトップが企業統治改革の旗を振っていたとは、冗談にも程がある。


 日産のほかにも、神戸製鋼、東芝、三菱マテリアル……と日本を代表する大企業が、ドミノ倒しのように「不正」や「改ざん」に手を染める。最近も日立製作所が外国人実習生に計画外作業を指示して、業務改善命令をくらったばかり。同社の中西宏明会長は経団連のトップだ。企業の模範となるべき立場すら守れない倫理観の逸脱。「公正」「正直」「勤勉」という日本人の美徳は、とうに死語と化している。


 ここ数年、児童の虐待死のニュースは後を絶たず、「最低限の責任」すら果たせない親が増えている。ちょっとしたことでキレる大人も増え、厳罰化が求められるほど、あおり運転が社会問題化。鉄道各社が啓発ポスターを掲出せざるを得ないのも、駅員への暴力沙汰が数多く発生している証拠だ。


 言うまでもない常識がもはや通用しないほど、この国は堕落してしまったのである。


美徳破壊の政権が生み落とした卑怯な社会

「日本社会の構造的な劣化が、いよいよ覆い隠せなくなって一気に表面化した印象です」と言うのはコラムニストの小田嶋隆氏だ。こう続ける。


「私は2012年を境に日本社会は変容したと感じています。リーマン・ショックからの長引く不況と、3・11の一撃を経たタイミングで誕生したのが、第2次安倍内閣でした。粛々と日本を立て直すことを期待したのに、結果はモラルぶっ壊し政治。改ざん、隠蔽は当たり前で、平気でごまかし、嘘をつく。『総理のご意向』の忖度強要で官僚機構のモラルは崩れ、今や機能不全に陥っています。


 強行採決の連発で民主的手続きを無視し、集団的自衛権容認の解釈改憲で憲法をタテマエ化。この春から予算委員会の開催すら拒み続けているのです。日本社会の寛容性が失われていく中、率先して『公正』『正直』『勤勉』という美徳を破壊。こんな政治が許されるなら、正直者はバカを見るだけとなり、卑怯な社会に拍車がかかるのは当然の帰結です」


 落ちるところまで落ちた政界劣化の象徴が、「日本人の知性の底が抜けてしまった」と文筆家の古谷経衡氏が喝破したN国の出現だ。


同党所属の丸山穂高議員は竹島を巡り「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と自身のツイッターに投稿。昭和の時代なら、こんな暴言を吐いた時点で即刻、議員の職を失ったものだ。そうならないのが、政治の劣化とメディアの堕落を物語る。


 今やメディアは「関係悪化の全責任は韓国にある」とケンカ腰の政権をいさめるどころか、一緒になって朝から晩まで嫌韓扇情一色。日本の内閣改造の“お友だち”人事よりも、韓国法相の疑惑のタマネギ男の追及に血道を上げているのだから、権力の監視役を期待するだけムダである。


■韓国叩きで留飲を下げる世の中でいいのか


 前出の小田嶋隆氏はこう言った。

「不安なのは国民の嫌韓感情をあおって、安倍政権が維新の会を巻き込み9条改憲に突き進みそうなことです。改造内閣のメンバーを見ても、最側近の萩生田光一氏をはじめ、安倍首相の親衛隊のような“ネトウヨ”大臣ばかり。


日本社会のモラル喪失を逆に利用して、この国をガタガタにした張本人である首相が『社会がほころんでいるからこそ、改憲でこの国を変える必要がある』『“お花畑”の憲法では今の日本は治められない』などと言いだしかねません」


 民衆の不安や危機感につけ入るのが、権力者の常套手段。6年半を過ぎたアベ政治も常にそうだ。そんな腐臭漂う政治が社会全体に伝播し、上から下まで総腐敗の惨状を招いているのが、安倍政権6年半の「なれの果て」である。政治評論家の森田実氏はこう言う。



「競争第一、弱肉強食の『新自由主義』がはびこりだしてから、この国はおかしくなってしまった。新自由主義に潜むのは『今だけカネだけ自分だけ』の考え。この発想に国の指導層が完全に染まっています。


かつては政治家も経営者も官僚も『国民の生活を豊かにする』との気概に満ちていましたが、今や見る影もない。コスト重視で賃金を減らし、大衆からの収奪しか考えていません。『貧すれば鈍する』で、生活が苦しくなれば精神もすさんでいく。


日本社会の荒廃は『今だけカネだけ自分だけ』主義が招いた必然なのです。加えて戦争を知らない政治家ばかりとなり、隣国に対する過去の反省や責任も放り出しています。はたして嫌韓扇情に留飲を下げる世の中でいいのか。腐敗した社会への批判精神に国民が目覚めなければ劣化は止まりません」


 劣情国家の行く末を危ぶむ気持ちがあれば、批判の声を上げ、うねりに変えていくしかない。


㊟日刊ゲンダイさん、良い記事をありがとう。渡邉正次郎の意見を代弁してくれた。皆さん、ここ十数年の政治家、財界人の顔を見てください。ともかく品性がない。これがあの大企業のトップ?と思わせる知性も感じられないのが殆どになっています。


加えて、小泉部落平蔵政権が持ち込んだ欧米のハゲタカどもの「格差があってなぜ悪い」の新自由主義、差別主義、国営企業(産業)の解体、民営化で、日本は貧富の差が極端に拡大し、完全に格差社会になった。


カネを持った者が勝ち、立派。貧乏人は自分が悪い社会が実現してしまったのです。格差、貧富の差が拡大した国は必ず暴動、動乱が起きる。

単発テロは日常化し、狙われるのは金持ち小泉一家、竹中部落平蔵一家、南部パソナ靖之一家、、、、世襲政治家たち。。。こいつらが血祭り。。。張り付け獄門を見たい。それまで生きよう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

小物主演大河にガックシ!!


小物主演大河にガックシ!!

2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』主演の吉沢亮、小物過ぎる配役に「受信料返せ」の声
日刊サイゾー文=田中七男

 2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主演に若手俳優・吉沢亮が大抜擢を受けることが発表されたが、この報に首を傾げる視聴者が多いようだ。

 それも無理はない。現状では一般的に顔と名前すら、ハッキリと一致しない若手が大河の主演に起用されること自体、異例だからだ。

 同作の主人公は、“日本資本主義の父”と称された実業家で、新一万円札に描かれる渋沢栄一で、その生涯と幕末から明治の激動の時代を描いた近現代作となる。脚本は、NHK連続テレビ小説『風のハルカ』(05年後期)、『あさが来た』(15年後期)などを手掛けた大森美香氏が担当する。

 吉沢は昨年2月公開の映画『リバース・エッジ』で、主演・二階堂ふみの相手役に抜擢されて注目を集め、同年には『ママレード・ボーイ』(桜井日奈子とのダブル主演)、『あのコの、トリコ。』と2本の映画で主演を務めた。

 そして、現在放送中の朝ドラ『なつぞら』で、主人公・なつ(広瀬すず)の幼なじみ・天陽役を演じてブレークを果たした。タイミング的には、役の上で死亡したばかりで、一部で“天陽くんロス”が広がる中での発表ということで、NHKもかなり意識したに違いない。

 ただ、プライム帯の連ドラで一度も主演したことすらない吉沢の抜擢には、“時期尚早”の声も多いようだ。

「大河の主演は“大物”が務めるものだというのが通例でした。近年、『平清盛』(12年)の松山ケンイチや、『花燃ゆ』(15年)の井上真央、『西郷どん』(18年)鈴木亮平といった、発展途上の中堅どころが起用された際も、やはり“時期尚早”の声が多数聞かれました。案の定、この3作品は視聴率的にも歴代の大河史上ワースト1位から3位となり、低迷しました。放送中で、低調な視聴率が続く『いだてん~東京オリンムピック噺~』の中村勘九郎、阿部サダヲも“役不足”感が否めません 。来年の『麒麟がくる』の長谷川博己は問題ないでしょうが、さすがに若手の吉沢が主演では“小物”感が強く、かなり厳しいでしょうね」(テレビ誌ライター)

 朝ドラを見ない層には、吉沢は『それ誰?』レベルか。特に中高年の男性にとっては、大河の主演が若手俳優では、なかなか思い入れを持てないだろう。それ以前に、吉沢はまだこれからの俳優で、ランクアップしていかなければならない立場だ。

「吉沢が、21年の大河が始まるまでの1年4カ月で主役級俳優に成長してくれればいいですが、『あさが来た』のディーン・フジオカのような例もあります。今後吉沢が伸び悩むようなら、視聴率は『いだてん』並みの不振を極めるリスクもあります。NHKではもう、大河に関してさじを投げたという見方もできますね」(前出・テレビ誌ライター)

 いうまでもなく、NHKは民放と違い、国民から徴収した受信料で成り立っている。従って、視聴者が満足できるような番組をつくることが責務である。それをしないなら、「受信料を返せ!」といったクレームにもつながりかねない。

「大河には莫大な制作費が投入されています。その資金源は受信料です。大河は“国民的ドラマ”と位置付けられてきましたが、作品にしろ、キャスティングにしろ、それにそぐわないような方向に進むのであれば、制作費を大幅に削るような努力も必要なのでは?」(テレビ制作関係者)

 早くも不安いっぱいの『青天を衝け』。吉沢には、大河のスタートまでに、俳優としてジャンプアップしてくれることを願うばかりだ。


㊟私も吉沢亮なんて知らなかった。確かに小物だ。まさか大河のチーフプロデューサー、ゲイじゃないだろうな。NHK多いんですよ、ゲイが。約20数年前、川野太郎を主演にした時代劇のチーフもゲイでしたね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR