FC2ブログ

2019-09

「日本の収奪はなかった」韓国

「日本の収奪はなかった」韓国“禁断のベストセラー”の核心部分
デイリーNKジャパン2019.9.12
• 印刷

 ソウル外信記者クラブは10日、韓国で論争を巻き起こしている異例のベストセラー『反日種族主義』の主著者である李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学教授を招いて記者懇談会を行った。参加したのは日本を含む海外メディアの記者たちで、デイリーNKジャパンの記者も質問する資格のないオブザーバーとして参加した。

 海外メディアと言っても、大半は外信に所属する韓国人(あるいは韓国系)の記者たちだったという。彼らが飛ばす、抑制的ながらもやや挑戦的な回答に、李栄薫氏も力のこもった言葉で回答。合間に、日本人記者との淡々としたやり取りがあったという。

 参加者の多くが韓国人記者となったのは、この本の英訳や和訳がまだ出ていないからだろう。そのため必然的に、本に書かれた内容が論理的に正しいかどうかの質疑では、韓国人記者が主役とならざるを得まい。

 もっともデイリーNKジャパン記者によれば、「李栄薫氏とBBCの記者とのやり取りの中で、日本軍慰安所が朝鮮人慰安婦を集める過程における『強制性』の認識で議論を深める必要性が認められたが、質疑でその点が掘り下げられることはなかった」という。
 もちろん、記者だからと言って必ずしも歴史問題の専門家ではない。1回のやり取りで議論が深まらなかったからと言って、記者の落ち度とは言えない。今後また同様の機会が持たれるならば、より興味深いやり取りが生まれる可能性もある。

ただ、次の機会を期待するのも、簡単な話ではないかもしれない。韓国の左派系メディアは、この懇談会が企画されたことさえもニュースにした。この場を通じ、何が外国に発信されるかわからない、というワケだ。このような空気は韓国人記者にとってストレスになり、著者との柔軟なやり取りを妨げる。

 これは、この本が韓国社会の「常識」にとっていかに挑戦的なものであるかを物語ってもいる。確かに、「日帝による土地やコメの収奪はなかった」「強制連行はなかった」「(独島=竹島から)挑発的な施設や観光は撤収すべき」などとする本書の主張に、多くの韓国人はエキサイトせずにはいられないだろう。

 だが、李栄薫氏は本の序盤で、同書の意義に関する核心的なことを言っている。韓国の歴史かが事実を誤解したりわい曲したりするのは、「日帝が朝鮮を支配した目的、メカニズム、結果、その歴史的意義を理解できなかった」からだと指摘している。たしかにこれらを理解できなければ、歴史論争がまともなものになるはずがない。韓国メディアがこの点により注目するならば、より生産的な議論が期待できるのだが。
 (参考記事:「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身


㊟これは是非、読んでみたい。
スポンサーサイト



テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ジャニ内揉めだした!!

ジャニ内で揉めだした!!
キンプリとキャラ被りで仕事減のSexy Zone「ジャニーズ辞めたい」メンバーが涙の直訴
「週刊文春」編集部


 2018年にデビューしてから旭日昇天の勢いで活躍し、いまやジャニーズ事務所の次世代エースとも呼ばれる「King & Prince」だが、そのしわ寄せを受けて、仕事が激減しているジャニーズのグループがあるという。先輩グループの「Sexy Zone」だ。
「King & Princeを使ってほしい」

 テレビ局関係者が証言する。

「1年程前、ジャニーズ事務所から『セクゾの佐藤勝利(しょうり・22)を使ってほしい』と言われたんです。スタッフがその意向を汲んで、今年に入り、バラエティ番組のゲストにSexy Zoneのメンバーをオファーした。すると今度は『Sexy Zoneではなく、King & Princeを使ってほしい』という要望が来たのです」

 Sexy Zoneがシングル「Sexy Zone」でデビューしたのは2011年11月16日。中島健人(25)、菊池風磨(24)、佐藤勝利、松島聡(21・活動休止中)、マリウス葉(よう・19)の5人組だ。全員が端整な顔立ちをしており、デビュー当初は“王道アイドル”として将来を嘱望されていた。

ファンを振り回した3人体制“セク鬱”時代
 しかし、その道は平坦ではなかった。デビュー4年目には、ファンの間で“セク鬱期”と呼ばれる苦難の時代もあった。

「セクゾが突然、中島、佐藤、菊池の3人組と、マリウス、松島の2人組に分裂したんです。2014年の7枚目のシングル『男 never give up』から『君にHITOMEBORE』『Cha-Cha-Cha チャンピオン』まで、セクゾは中島、菊池、佐藤の3人体制となりました。

 その間、松島とマリウスの仕事は激減。2人はそれぞれSexy Zoneの弟分ユニットとしてジャニーズJr.と活動したりもしていました。このまま解散してしまうんじゃないか、メンバーの仲が悪くなってしまうんじゃないか、とファンは振り回され、いつ5人体制に戻るのかばかりを心配させられた。ファンの間ではこれを“セク鬱”などと呼んでいました」(Sexy Zoneのファン)

 何とか2015年12月発売のシングル「カラフル Eyes」からは再び5人体制に。ファンはほっと胸を撫で下ろした。2018年夏には「24時間テレビ」(日本テレビ系)のメインパーソナリティーも務めた。


 ところが2018年11月、松島が病気療養のため、芸能活動を当面休止することを発表。

〈実は1年前くらいから体調を崩し始め1カ月前より不調が酷くなった為受診いたしました。診断結果は突発性パニック障害です〉(松島公表コメントより)
ラジオ番組も“滝沢P推し”のジャニーズJr.に交代

 そして、今年に入りさらに雲行きが怪しくなってきた。前出のテレビ局関係者が解説する。
「セクゾが3年間、レギュラーを務めたラジオ番組『らじらー! サタデー』(NHKラジオ第1)を今年3月に卒業したのです。4月からは滝沢秀明氏がプロデュースするジャニーズJr.の人気ユニット『SixTONES』『Snow Man』『Travis Japan』が週替わりで担当することになりました。わかりやすい事務所側のシフトチェンジです。

 5月21日には『極限合宿を監視中!! 3日間で人生は変わるのか!?』(日本テレビ系)が放送されましたが、単発の深夜特番です。現在は、グループでの仕事はなく、今後の予定としても、菊池風磨の単独初主演舞台『HAMLET ―ハムレット―』が発表されたくらい。スケジュールの空白が目立ちます」
“王子様キャラ”浸透の中島健人以外は……

 Sexy Zoneに何が起きているのか。芸能プロ関係者は「キンプリとのキャラ被りが原因のひとつでしょう」と説明する。

「キンプリとセクゾはグループの平均年齢も近く、メンバーの雰囲気も似ているんです。ただ、キンプリのほうが個々のポテンシャルが高いと言わざるを得ない。セクゾでは唯一、中島健人が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のレギュラー出演で“王子様キャラ”が浸透しましたが、それ以外のメンバーの印象は薄い。


 キンプリの平野紫耀(しょう・22)は王道アイドルのルックスながらも、天然キャラでバラエティ受けがいいし、永瀬廉(20)も関西Jr.出身でトークが好評。2人はファッション誌『ViVi』の恒例企画『国宝級イケメンランキング』(2019年上半期)では1位と3位に選ばれています。また、ジャニーズJr.時代から『国民的彼氏』の異名をとる神宮寺勇太(21)、“愛されポンコツキャラ”の岸優太(23)、“甘えん坊弟キャラ”の髙橋海人(20)など、メンバー全員の個性が際立っている。事務所関係者は『世界のキンプリにする』と息巻いています」

キンプリの渋谷・大型ポスター広告にはファンが殺到

 ファンクラブ会員数も、デビュー8年のSexy Zoneを、King & Princeはわずか数カ月で抜いたという。

「今年3月には、渋谷駅の地下通路にキンプリが出演する広告『Yahoo!きせかえ』の大型ポスターが掲出されたのですが、写真を撮るために連日多くのファンが押し寄せ、警備員が配置されたほどでした。

 実は、その前の週、まったく同じ場所にSexy Zoneの新アルバム『PAGES』の広告が掲出されたのですが、駆け付けたファンの数は少なかった」(前出・テレビ局関係者)
精神的に追い詰められているSexy Zone

「マリウスもそろそろ限界です。アイドルをやっている自分は本当の自分ではないと、彼はずっと悩んでいます。昨年の『24時間テレビ』が終わった後、『ジャニーズを辞めたい』と泣きながら関係者に訴えたのは、事務所の中でも話題になりました。

 菊池、中島、佐藤も苛立ちを抑えられないようで、昨年末から今年にかけて、自分のポジションをハッキリさせてほしい、と事務所の人間に不満をぶつけていた。本人たちは必死なのでしょうが、菊池と中島などは態度が悪いと幹部から怒られたこともある。特に、菊池はかなり不機嫌でした」(ジャニーズ事務所関係者)

 5月に文春オンラインで公開した「ジャニーズチケット相場ランク」では、「ギリギリ利益を出せる」6位だったSexy Zone。

 Sexy Zoneが平均年齢14.2歳という事務所史上最年少での華麗なるデビューを果たしたのは8年前。マイケル・ジャクソンの“男らしいセクシーさ”をイメージした、ジャニー喜多川社長肝煎りのグループだった。お披露目の舞台で、バラの花を手に佐藤勝利は「日本中に名前を知らしめたい」と述べていた。

『Sexy Zone』通常版。史上最年少でデビューを果たしたが……
 彼らは、苦悩を突き抜けて歓喜のZONEに至ることはできるのだろうか。

㊟ジャニッタレ同士の刃傷沙汰が起きるのを楽しみに待つ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「援交」を事務所斡旋も 

「援交」を芸能事務所が斡旋も “韓国のジャニーズJr.”たちが直面する“奴隷契約”
文春オンライン高月 靖


 ジャニー喜多川氏の没後、各メディアとも故人の業績を辿るニュースで溢れ返った。そこで注目された点の1つが、喜多川氏がスターの原石を見つけて育て上げる手法だ。氏は多忙ななかでも、とりわけジャニーズJr. の育成に力を入れたといわれている。

 一方で快進撃がめざましいお隣・韓国のK-POPも、新人の発掘~トレーニングこそビジネスの要。デビュー前のジャニーズJr. に相当する「練習生」制度も知られているが、その裏側ではさまざまな事件やトラブルが絶えない。

 今年7月には、男性練習生6人に対するセクハラ行為が韓国メディアの注目を集めた。加害者とされるのは、所属事務所代表の女性(53)とその妹だ。訴え出た男性は昨年9月、東京の寿司店で同僚の練習生とともに下半身をまさぐられるなどの被害にあったという。

被害男性のなかには、未成年者もいたとされている。ソウル江南警察署は7月24日、この代表と妹を性暴力特別法違反容疑で検察に送致したと発表。ただし事務所側は訴えを否定しており、真っ向から争う模様だ。

 昨年12月には、当時17歳の女性練習生に性的暴行を働いた事務所代表の実刑判決が確定している。K-POP業界ではリスク管理としてセクハラ防止に努めているというが、報道で社名も出ない小さな芸能事務所までは徹底できていないらしい。

 練習生といえばまた、援交の誘いが多いことも根深い問題の1つだ。練習生はアイドル並みのルックスを持ちながら、収入が乏しくカネに困っていることが多い。そこにつけ込んで援交を持ちかけられるのが、日常茶飯事なのだ。さらに弱小の芸能事務所には、マージンを取って援交を斡旋するブローカーまがいのところもあるという。


「ギャラ配分」問題と「奴隷契約」

 辛い練習生生活を抜け出してデビューを飾れるのは、ひと握り。だがそこに至っても、まだ成功にほど遠いのが現実だ。

 現地紙によると2015年デビューのある5人組グループは、2年の活動を通じて一度も収益が配分されなかったと報じられている。それどころか所属事務所代表は「1食抜いたくらいで死なない」と、満足な食費も渡さなかったという。このグループは裁判の末、昨年6月にようやく専属契約を打ち切って事務所から解放された。

 吉本興業を巡っても注目を集めていた、ギャラの配分問題。韓国では芸能人が強いられるこうした不公平な取り決めを、「奴隷契約」と呼ぶ。

 とりわけK-POPアイドルや練習生を巡る「奴隷契約」は、早い時期から問題になっていた。背景にあるのは、練習生に長期間のトレーニングを受けさせるK-POPのビジネスモデルだ。時間をかけて先行投資しても、デビュー後に成功できなければ負債しか残らない。そのため資金力やマネジメント力の弱い中小芸能事務所ほど、売れるまでの待遇は過酷になる。また時間とカネをかけて育てた人材を他社に引き抜かれては、ビジネスが成り立たない。そこで巨額の違約金と長期間の専属契約で、アイドルを拘束する仕組みだ。
アイドルと所属事務所を巡る確執の数々

 2009年には東方神起が13年間もの専属契約を結んでいることが報じられ、「奴隷契約」として非難を浴びた。ただし韓国の公正取引委員会はそれと前後して、専属契約期間を制限する「大衆文化芸術家標準契約書」を公示。以後K-POPアイドルの専属契約は、最長7年に抑えられている。

13年間も「奴隷契約」を結ばされていた東方神起 ©共同通信社

 公取委はまた2017年3月、芸能事務所と練習生との契約についても是正を行った。それまで例えば練習生の都合で事務所を辞めると、投資額の2~3倍、平均1億~1億5000万ウォン(約920万~1380万円)の違約金を請求されたという。また契約期間があいまいなまま拘束状態だけが続く例もあり、対策が求められていた。もっとも公取委の是正は強いペナルティをともなわず、実効性を疑う声も上がっている。

 海をはさんで耳目を集める日韓それぞれの芸能界。カネと羨望が集まる世界に、ゴタゴタが尽きることはない。

㊟メス蛆は毎日ニンニクたっぷり食っているから精力絶倫とか。。。金慶珠の顔を見れば分かるでしょ?山尾パコ志桜里もそう。男は搾り取られ痩せ細って捨てられるんです。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

淫乱聖子大臣嗤う!!


淫乱聖子大臣嗤う!!

橋本五輪相に「山下会長がっかりだと思う」 森喜朗氏
森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長(発言録)


橋本(聖子)さんが(五輪)大臣になったので、言葉はよくないけど、一番がっかりしているのは山下(泰裕)JOC(日本オリンピック委員会)会長だと思う。(橋本氏はJOC役員で)一番そばで片腕になってもらおうと思っておられたんだけど。だからJOCのことも忘れないように。(橋本氏は)私が演壇に上がったりすると、私の手を持ってくれるんですよ。今までは国会議員の主従みたいなもんだからそれで良かったかもしれないけど、今度はまずいよなあ、大臣だから。(13日、橋本聖子五輪相、萩生田光一文科相との会談で)


㊟嫌な女が世紀のイベント担当だ。“性器”のイベントになったら大変。ソチ五輪のフィギュアスケート打ち上げパーティーで、亭主持ちでいながら出席者の前で高橋大輔を強引に引き寄せ、ヘビーキスを何度も何度も。。。週刊文春が関係者が持ち込んだ写真をスクープ。


 この婆あ、すかさず入院。退院した時は病気が治癒してないのです、とばかりに杖を突いて議員会館へ。スケバカ丸出し。品性の欠片もない。


 大体、高橋大輔は女嫌い(ゲイをバラしたのはこれもド淫乱の安藤美姫)を知ってか知らずか、あそこまで破廉恥セクハラする女を大臣か。。。高橋大輔、あの後体調を崩したとも。。、そうだろう、女大嫌いなんだから。しまかも婆あ。これは暴行罪。


 聖子の犯罪はこれだけじゃない。荒川静香と一緒に日本の宝、羽生結弦潰しを仕掛けたのだ。某新聞のスポーツ担当記者から、


「橋本たちが羽生結弦を潰そうとしています。助けられるのは渡邉先生しかいません。お力を」


と、頼んで来たのはソチ五輪の直後だった。潰しの詳細は『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(グドタイム出版 アマゾン発売中)の巻頭部分に記したが、調べ上げた私が激怒し、橋本に、


「あまりふざけたことをすると、国会で問題にする!」


 とメールを送りつけた。これにブルった橋本、荒川の二人は羽生潰しを止めたのだ。


 その後、羽生くんが会見で、


「いろんな方が動いていただいて…」


 と言葉にしている。勿論、羽生くんには前述の著書2冊を贈呈して置いた。



 以前にも配信しましたが、松田聖子、野田聖子、ダルビッシュ有の年上再婚の聖子、橋本聖子と、“聖子”と云う名の女は淫乱が多いのは不思議です。


 野田聖子は別の稿で述べたが、野田の前の夫、鶴保庸介参議院議員は離婚後、「オレは種馬じゃねぇんだ」
と口を滑らせましたが。聖子は毎晩、二度三度執拗に上に乗ってくるのに耐えかねて離婚したんです。それが「オレは…」の発言になったのです。


 鶴保氏を失った“野田性器”は自民党総裁=総理を狙っていながら子宮の疼きに耐えられず、選りに選って元暴力団で前科二犯の韓国人男を亭主にしてしまった。それで平然と自民党総裁=総理選に未だ意欲という神経は尋常ではない。

 これは元郵政相だった野田宇一氏の血ではなく、宇一氏のおめかけさんの血だろう。性器議員はおめかけさんの連れ子で宇一氏とはまったくの赤の他人。腹黒い女ですね。大酒のみだし、三原不純子を立候補させたのも野田性器。な~るほどね。酒飲み仲間、男漁り仲間なんです。


 無神論の正次郎が神仏を懼れず(神仏など存在しないが)言葉にすれば、“聖”なる漢字は神聖な聖ではなく、“性”なのではないかと思う今日この頃です。


 あ、「橋本聖子は次は羽生結弦をセクハラするのでは」、

という投稿がありましたが、心配ありません。前述したように羽生結弦の後ろに鬼神・渡邉正次郎がついている、と聖子は知っていますから襲いません。
 守護神なども存在しませんが、あると仮定しますなら、羽生結弦の守護神は渡邉正次郎です。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「立川志らく」がTBSの朝の顔に



「立川志らく」がTBSの朝の顔に 他局幹部は「全面に出ない方がいい」とアドバイス
デイリー新潮9/11(水) 8:00配信

話芸は抜群だが……
 9月2日、スポーツ紙を中心に、落語家の立川志らく(56)がTBSの“朝の顔”となることが伝えられた。


 TBSが平日の午前8時から放送中の「ビビッド」は終了となる。MCは国分太一(44)と真矢ミキ(55)という大物の二枚看板だったが、近年は視聴率が低迷。以前から番組終了の可能性が取り沙汰されていた。


 9月30日の午前8時からスタートする新番組の名前は「グッとラック!」。志らくをMCに起用し、主婦層に人気があるという国山ハセンアナウンサー(28)がサポートする。


 アシスタントは今年4月に入社したばかりの若林有子アナウンサー(23)を抜擢した。テレビ担当記者がTBSの狙いを解説する。


「視聴率三冠王の座を巡り、日本テレビとテレビ朝日が激しい戦争を繰り広げています。TBSも2強の間に割って入り、何とかして3強を構成したい。ところが、『ビビッド』の視聴率は2%台まで落ちこんでいました。ここまで数字が悪いと、番組をテコ入れしても意味がないと判断したのでしょう」


 TBSの“武器”は平日の午後だ。「ひるおび!」(10:25)、CBC制作の「ゴゴスマ―GO GO! Smile! ―」(13:55)、国山アナが出演していた「Nスタ」(15:49)の視聴率は決して悪くない。


「朝5時25分からの『あさチャン!』も苦戦中で、平日の朝はTBSの弱点です。とはいえ、朝に人気番組を作り『ひるおび!』にバトンを渡せば、『Nスタ』の終わる午後7時までTBSを付けっぱなしにしてもらえるかもしれません。全日の視聴率を伸ばせる可能性があるからこそ、TBSは『ビビッド』の終了させたのでしょう」(同・テレビ担当記者)


 ご存知の通り、立川志らくは「ひるおび!」のコメンテーターとして、歯に衣着せない発言で人気を呼んだ。そのためか、志らくは「グッとラック!」が始まってからも「ひるおび!」には出演するという。


 ライバル民放キー局の幹部は、「率直に言って、志らくさんの起用は、大きなリスクがあると思いますね」と心配する。


「『ひるおび!』の志らくさんは、MCの恵俊彰さん(54)にコメントを振られ、絶妙な毒舌を吐きます。まさに噺家ならではというプロの仕事ですが、情報番組でピンMCをこなせるキャラクターではありません。やはりTBSで『news23』に出演している小川彩佳アナ(34)も、サブキャスターとしてはよかったですが、メインキャスターの器ではありません。ですので、志らくさんはあまり全面に出ない方が賢明でしょう」


 そもそも「TBSのキャスティング下手」は今に始まったことではないという。


「TBSの黄金期は、プロも驚く絶妙なキャスティングを連発していました。例えば『クイズ100人に聞きました』(1979~1992)では関口宏さん(76)、『ザ・チャンス!』(1979~1986)で伊東四朗さん(82)、『ぴったし カン・カン』(1975~1986)では局アナだった久米宏さん(75)と、視聴者に新鮮なイメージを与えるMCを次々に登場させ、番組を成功させました」(同・幹部)


 潮目が変わったのは80年代後半から90年代。


「平日午前8時半から放送されていた『モーニングEye』(1984~1996)は、森本毅郎さん(79)の看板番組として人気でした。ところが、TBSを辞めてフリーになった久米宏さんが1985年、テレ朝で『ニュースステーション』をスタートさせて成功を収めます。これにTBSは焦りました。“朝の顔”として機能していた森本さんを、わざわざ降板させ、午後10時からの新番組『JNNニュース22プライムタイム』にMCとして起用したのです。しかし視聴率は低迷して1年で打ち切りになってしまいました」(同・幹部)


 森本を失った「モーニングEye」の方は、何とか持ちこたえる。当時は局アナだった山本文郎(1934~2014)と長峰由紀(56)が踏ん張った。更に91年から長峰と交代した渡辺真理(52)も人気を呼んで視聴率の下落を防いだ。


 更にTBSは、午後のリニューアルにも成功する。この時間帯は長らくワイドショー『3時にあいましょう』(1973~1992)が人気を集めていたが、さすがにマンネリ化も否定できなかった。


 そこで92年から「スーパーワイド」(1992~1996)をスタートさせるが、MCは作家の亀和田武(70)と当時はタレントだった蓮舫(51)という思い切った布陣。“キャスティングのTBS”の伝統が遺憾なく発揮されたのだろう。


「2人は視聴者からも高評価で、番組は好調なスタートを切りました。翌93年4月からは日本テレビが『ザ・ワイド』をスタートさせ、草野仁さん(75)という強力なライバルが出現します。確かに苦戦はしましたが、視聴率が低迷するなんてことはなかった。番組は続けられるはずだったのですが、思わぬ大事件が勃発します。95年に『TBSビデオ問題』が発覚したのです」(同・幹部)

「TBSは今日、死んだに等しいと思います」

 ビデオ問題の原点は89年。「スーパーワイド」の前番組にあたる「3時にあいましょう」の取材班は、坂本堤弁護士がオウム真理教を批判するインタビューを収録。次にオウム側へ取材を申し込むが、交渉の過程で坂本弁護士のインタビューを収録したビデオテープを試聴させてしまう。

 そして坂本弁護士一家殺害事件が発生。坂本弁護士だけでなく、当時29歳の妻と、1歳2か月の長男までもが殺害された。


 95年に地下鉄サリン事件が発生、教団への捜査でビデオ問題も発覚。最初は否定していたTBSも最後は謝罪し、処分を発表したが、世論が許すことはなかった。


「結果、TBSはワイドショーの放送を止め、制作を担当していた社会情報局を解体してしまいます。そして報道部門が仕切るようになりました。とはいえMCの人選は、たとえ報道番組であっても、芸能界や芸術家なども取材対象にしている社会情報局のほうが、一枚も二枚も上手なのです」(同・幹部)


 この時期にTBSが力を入れていたのが、朝の報道・情報番組である「おはようクジラ」(1996~1999)だった。当時は日本テレビ系列の「ズームイン!! 朝!」(1979~2001)の一強時代。視聴率は常に20%台だった。


「打倒『ズームイン』を目指したニュース番組の初代MCとして渡辺正行さん(63)が抜擢されたのですが、これは視聴者の評判が悪かったですね。当時の渡辺さんはプレーボーイというイメージも強く、朝という時間帯に合わなかった。98年にリニューアルを行いますが、今度のMCはスポーツライターの青島健太さん(61)で、こちらは真面目だけれども知名度がイマイチ。視聴率がゼロコンマいくつという記録的な低視聴率を記録しました。TBSがおかしくなったのは、この頃からでしょう」(同・幹部)


 こうした過去から導き出される教訓は、「好感度だけでキャスティングすると、えらい目に遭う」だ。


「時間帯が変わっただけでも視聴者の反応が違う。森本毅郎さんという大ベテランでも跳ね返すことはできなかった。視聴者はずっと毎日、そのMCと顔を合わせるのです。それでも飽きないと思わせてこそ、プロのキャスティングです」(同・幹部)


 このライバル民放キー局の幹部によると、「日中のワイドショー」で成功したMCには共通点があるという。視聴者は圧倒的に主婦層が多い。どういう男性が、彼女たちに評価されたのだろうか。


「例えば、現役MCなら『モーニングショー』(テレ朝系列・平日・8:00~9:55)の羽鳥慎一さん(48)と、『シューイチ』(日テレ系列・日曜・7:30~9:55)の中山秀征さん(52)、OBなら『ザ! 情報ツウ』(2002~2006)の峰竜太さん(67)に、『ルックルックこんにちは』(1979~2001)の2代目MCを務めた岸部四郎さん(70)という顔ぶれになると思います」


 ニュースを扱う番組なのだが、4人とも“気鋭のジャーナリスト”というキャラクターではない。


「柔らかさと優しさをベースに、どこか弱さや情けなさも感じさせる。イケメンの路線ではなく、気のいいお父さんの路線が大切なんです。そして、これまで多くの芸能人や有名人がワイドショーのMCを担当してきましたが、その中でナンバーワンの適任者は井ノ原快彦さん(43)だったと思います。ご存知の通り、井ノ原さんは2010年から18年まで『あさイチ』(NHK総合)のMCを務めました。あれこそがお手本です」(同・幹部)


 立川志らくは4月18日の「ひるおび!」で、子供を幼稚園に送ってからTBSに向かっていることや、夜のミルクを担当していることなど、子煩悩な日常生活を明かしている。果たして、視聴者は彼を“気のいいお父さん”と思うかどうか。


㊟確かに志らくは情報番組のメインはきついかも。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

不倫亭主破産!!


不倫亭主破産!!
今井絵理子、不倫相手「ハシケン」を秘書に? 神戸市議を辞職して破産一歩手前に…
デイリージャパン
 今井絵理子・参院議員(35)と、当時神戸市議だった橋本健氏(39)の不倫を週刊新潮が報じたのは2017年7月のこと。そしていま、2人の“関係”は新たな展開を迎えようとしている?

「この夏、今井の事務所の関係者がぼやいていたんです。聞くと、今井がハシケンを秘書にしようと考えているって」

 こう証言するのは、さる自民党関係者だ。ハシケンこと橋本氏の不倫報道後の来し方を振り返れば、政務活動費の詐取が露見して議員を辞し、妻との離婚が成立。現在は、神戸三宮で歯科医院を営んでいたはずなのだが……。いったいなにゆえ、“今井議員の秘書説”が?

 橋本氏の知人は「クビがまわらなくなった」と解説する。
「もともとあそこは一等地ですから、家賃が高い。議員報酬と、資産家の奥さんの実家という後ろ盾があって、成り立っていたんです。が、例の事件で両方がなくなり、イメージ悪化でお客さんも減った」

 結果、歯科医院は閉業状態となり、家賃も滞納しているのだとか。そんな橋本氏の救済策として浮上したのが、今井議員の秘書として雇うというプランだ。

 今井議員に電話で真意を問おうと試みるも、

「回答は控えさせていただきます」

 と切られてしまった。公設秘書にせよ私設秘書にせよ、大本をたどれば公金の使い道にかかわってくる案件なのだが……。詳しくは9月11日発売の週刊新潮にて。


㊟自民党は三原不純子に次いで、また自分の情夫を秘書にしようとしている女議員!!こいつらには議員の資質など求めても無理。叩き落とそう!!
 この今井淫乱、政務官になり給料上げるんだ。許せん。張り倒したくなる。暴力はダメ!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

舛添、寸次郎を嘲笑



舛添、寸次郎を嘲笑
舛添氏、小泉進次郎氏の初入閣「これを衆愚政治と」
日刊スポーツ[2019年9月11日11時10分]

舛添要一前東京都知事(70)が、自民党の小泉進次郎厚労部会長(38)の初入閣に対する周囲のもくろみを推し量り、「これを衆愚政治と呼ぶ」と私見を述べた。

安倍晋三首相は10日、内閣改造で自民党の小泉氏を環境相として初入閣させる方針を固めた。舛添氏は11日更新のツイッターで、

「小泉進次郎の入閣が決定。私は、本人のためにはもう少し下積みをしたほうがよいという考えだが、彼の入閣を歓迎する者は多い」と言及。

「首相は内閣の人気アップを、無能な閣僚は自分への注目が減ることを、TVはワイドショーネタの提供を、役人は大臣を政策実現に利用できることを喜ぶ。これを衆愚政治と呼ぶ」と批判を込めた。


また、今回の内閣改造人事については

「安倍一強政権下で、かつての自民党にあった派閥間の切磋琢磨(せっさたくま)、主流派と非主流派のバランスなどが無くなった」

と指摘。

「『安倍派にあらざれば人にあらず』となれば、政策や思想の多様性も失われる。政治家とは大臣病患者だからである。自民党は悪い方向に向かっているのではないか」と懸念した。

㊟与党議員も野党議員もレベルが落ちています。大学入試を受ける学力もないのばかりです。そう、小泉寸次郎も漢字読めないんですよ。そりゃそうでしょ、関東学院ですもの。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

佳子さま、手袋焼香?!

佳子さま、手袋焼香?!
佳子さま、今度は「手袋したまま焼香」で炎上…秋篠宮家になおも逆風
デイリー新潮


 世間の風とは移ろいやすく、その一方で滞留すれば厄介でもある。平成の終盤に「小室問題」という奥深い隘路へ迷い込んでしまわれた秋篠宮家には、なおも逆風が吹いたままである。
 たとえば、つい先日も、
「防災の日の9月1日、東京・両国にある東京都慰霊堂では、例年通り関東大震災の犠牲者とともに東京大空襲での戦没者などを慰霊する法要が営まれ、ここに初めて佳子さまが参列なさったのです」(宮内庁担当記者)

 この地では毎年、9月1日と東京大空襲のあった3月10日に法要が行なわれ、これまで秋篠宮家の方々が参列されてきた。

「皇嗣家となられたご一家では、ご公務が新たに分担されました。それもあって今回は佳子さまが出席されたのですが……」(同)

 僧侶の先導で祭壇まで歩まれた洋装の佳子さまは、白い手袋をされたまま焼香。が、この模様がニュースで流れると、

〈手袋したまま焼香されるのが作法ですか?〉
〈とってつけたようなご参列〉
〈違和感しか覚えません〉

 などと、ネットはたちまちネガティブなコメントで溢れてしまった。一般に焼香の際、手袋は外すものとされているが、今回の法要に携わった天台宗関係者によれば、

「焼香については厳密な作法があるわけではなく、地方によっても仕方は異なります。わしづかみしてまき散らすなど、よほどのことでない限り“してはいけない”というものはありません。また、これまでも皇族方のご参列で、違和感を覚えたことはありません」

 実際に過去、この法要に参列された紀子妃や眞子さまは、やはり白手袋を装着したまま焼香されていたのだが、先の記者によれば、

「そのようなスタイルが物議を醸すことはありませんでした。ですが今回は、ネガティブなコメントばかりが目につく。秋篠宮家やその教育に対する世間の見方が、いかに厳しいものになっているか、あらためて思い知らされた格好でした」

つづいたコメント欄の“炎上”
 宮内庁が、眞子さまと小室さんとの結婚行事を「2年後に延期」と発表したのは昨年2月。その後も事態は好転せず、同年8月に小室さんは渡米してしまう。11月には秋篠宮さまが小室さんに「それ相応の対応」を求めたものの、今に至るまで“成果”はない。

「この問題は目下、皇室にとって最大の障壁となっている。にもかかわらず手を拱(こまぬ)いているご夫妻のお振る舞いを、疑問視する声も上がっています。さらに今年3月には、佳子さまがICUご卒業にあたり『結婚においては当人の気持ちが重要』『姉の一個人としての希望がかなう形に』などと回答され、追い打ちをかけてしまわれたのです」(同)


 当時、ネットニュースのコメント欄が“炎上”したのは記憶に新しい。また週刊新潮で報じた通り、7月下旬には、佳子さまのご公務の少なさに疑問を抱いた若手の女性記者が、皇嗣職の会見で問い質す場面もあった。

「この一件もまた、大いに反響を呼びました。そうした中で法要に出席された佳子さまは、今月中旬からのオーストリアとハンガリーご訪問を控えておられる。今回のニュースのコメント欄には『(法要ご参列は)マスコミ対策にしか見えない』『もうすぐヨーロッパ旅行だしお気楽ですよね』などと、辛辣な記述もありました」(皇室ウォッチャー)


㊟私も観ていて違和感を持った。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

蛆男優、顔と同じ下品発言!!




蛆男優、顔と同じ下品発言!!
新井浩文被告「濡れていたからセーフ」公判でのトンデモ言い訳はあの柔道家を超えた!?
• 文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 熟慮の結果、もう“ここ”を押していくしかなかったのだろうが……。

 9月7日配信の『Smart FLASH』にて、強制性交等の罪に問われている新井浩文被告の近況を報告。新井被告は復帰の意思を持っているという。

「起訴内容は、新井被告は昨年7月1日午前3時半ごろ、東京都世田谷区の自宅マンションで、性的なサービスを禁じているマッサージ店の30代女性の下着を無理やり脱がせて、性的暴行を加えたというもので、普通なら芸能界復帰の目はなさそう。しかし記事によれば、知人の家やホテルを転々としながら暮らしているという新井被告は、俳優業復帰への意欲を示しているとか。俳優仲間や関係者に単館系の作品やアジア圏の海外映画から復活できないかと相談しているといいます」(芸能記者)

 被害女性への賠償が断られたままということもあり、公判は謝罪一辺倒かと思いきや、新井被告の口からはまさかの「同意あった」発言が飛び出した。しかも、その言い分がスゴかった。

「やったことはやったが、『無理やりではなかった』ことで一点突破をはかろうとしているようですね。相手にケガがないことが“力づくではなかった”証拠だというわけです。しかも、『膣が濡れているのを見て拒否していないと思った』と言ってのける始末。

以前、柔道の金メダリストが教え子への準強姦罪で起訴された際に、『性行為を始めたが、嫌がりはしなかった』と言って同意を主張していましたが、これを超える“トンデモ言い訳”ですよ。もっとも、キャリア終了、損害賠償10億超えとあっては投げやりモードに入っていてもおかしくはない。 “どうにでもなれ”という新井被告の心の声が聞こえてきそうです」(週刊誌記者)
「濡れていたからセーフ」が新井被告にとっての“蟻の一穴”だったようだが、恥をかかされた被害女性から許される可能性はないだろう。


㊟凄い発言ですね。蛆キムチの本性出たり!!こんなのがテレビなど、いや映画でも復帰させてはダメ。船で蛆国強制送還です。受け取らないなら帰りの日本海に沈めることを許可す。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

米マフィア死闘近い!?




日米マフィア死闘近い!?
”ハマのドン”でも止められず? 横浜カジノ誘致の背後に見える「菅官房長官の利権構造」
日刊サイゾー文=鷲尾香一

 横浜が揺れているーー。
 8月22日、神奈川県横浜市の林文子市長がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致方針を正式発表した。

 横浜市では、敷地面積47ヘクタール(東京ドーム10個分)の山下ふ頭(同市中区)を候補地とし、その経済効果は年間6,300億円~1兆円、訪問者数は年2,000万~4,000万人、市への増収効果は年820~1,200億円と試算している。市では、9月の補正予算案に関連費用2億6,000万円を計上、今後、横浜市庁内に専門部署を立ち上げて推進体制を強化する方針だ。

カジノ誘致発表直後から賛否の声
 横浜では、林市長のカジノ誘致発表直後から賛否の声が渦巻いた。
 横浜商工会議所の上野孝会頭は、「人口減少、少子高齢化が進展する中、持続可能な横浜経済を構築するためには、国内外から多くの観光客を集めるIRの誘致が有効な方策と考えている」とのコメントを発表した。

また、横浜青年会議所の川本守彦副会頭は、「IRは地域経済の活性化に大きく寄与する」との見解を示しており、地元の経済界ではおおむねカジノ誘致を歓迎する姿勢を示している。

 半面SNS上などでは、「林市長は、カジノ誘致は白紙と言っていたが、突然のカジノ誘致表明は市民に対する裏切り」「治安が悪化する」「ギャンブル依存症の増加につながる」「子育てに影響がある」など横浜市民を中心に怒りや不満が相次いでいる。

 林市長の記者会後には、市役所前にプラカードを持った住民らが集まり、市長に直接説明するように求める事態も起きた。確かに、横浜市が昨年実施したパブリックコメントでは、住民の94%がカジノ誘致に反対している。その上、記者会見で林市長がカジノ誘致の賛否について「住民投票の実施は検討していない」と明言し、市民の民意を無視したことも“火に油を注ぐ”ことになったようだ。

 余談だが、会見で市民感情を無視してカジノ誘致を発表した点を追求された苛立ちの現れなのか、会見終了直後に林市長がすりガラスの衝立ての向こう側で発表用資料を放り出す姿をTBSの『報道特集』が映し出したことも話題となっている。

 さて、ここで注目されるのは、何と言っても反対派の急先鋒となった“ハマのドン”との異名を持つ藤木幸夫・横浜港運協会会長だろう。同協会は林市長がカジノ誘致を発表した翌23日に記者会見を行い、席上、「山下ふ頭をばくち場にはしない」と宣言、徹底抗戦の構えを見せた。


横浜港運協会は市の立ち退き交渉には応じない姿勢

 市がカジノ誘致の候補地とする山下ふ頭には、横浜港運協会に加盟する企業のうち38社が持つ約50棟の倉庫や事務所があった。しかし、2015年に横浜市がふ頭の再開発計画を発表、同市は倉庫や事務所を持つ港湾事業者に対して、2022年3月までに山下ふ頭から本牧ふ頭などへの移転するよう交渉を行っている。すでに一部では解体工事が行われているものの、未だに移転に反対している港湾事業者も多く、藤木会長は今回のカジノ誘致の発表を受け改めて、市の立ち退き交渉には応じない姿勢を示した。

 横浜港運協会がここまで強硬な反対姿勢を取るのには伏線がある。

 そもそも日本にカジノを作るという構想が持ち上がったのは、石原慎太郎元東京都知事時代だ。この時、カジノの最有力候補地は「お台場」だった。しかし、さまざまな利権構造やスキャンダルが発覚したことで、石原慎太郎→猪瀬直樹と続いた「お台場カジノ構想」は舛添要一元都知事のスキャンダルによる失脚とともに、小池百合子都知事の下で完全に頓挫する。何しろ、小池知事にとっては「お台場カジノ」よりも知名度が高く、世界的行事である東京オリンピックの開催が“転がり込んできた”からだ。

 そこで浮上してきたのが、横浜市だった。林市長は2014年にカジノを含む統合型リゾート施設のプロジェクトを発足させ、検討を開始した。しかし、「カジノ誘致反対」の市民感情に考慮し、2017年7月の市長選で「カジノ誘致については白紙撤回」を宣言して再選した。

 実は、藤木会長も当初は「カジノ推進派」だった。しかし、カジノが周辺市民に与える影響を懸念し、「市民が納得していないIR・カジノを山下ふ頭で行うことなど到底受け入れられない」と反対に回る。

 藤木会長に近い関係者によると、

「藤木会長は部下や自らもが、各国のカジノに出向き、カジノの実態を調べた。その結果、カジノ誘致に反対の立場となった。藤木会長は、山下ふ頭を外資のカジノ業者に明け渡したら、カジノの収益の7割を外資が持っていくことになる。山下ふ頭は“植民地”になる」と考えた。

 そこで藤木会長が取った戦略が“カジノに依存しない山下ふ頭の再開発”だった。藤木会長は2019年4月、横浜港運協会加盟の244社全社が参加する「一般社団法人横浜港ハーバーリゾート協会」を設立し、自らが会長に収まった。

 横浜港運協会と横浜港ハーバーリゾート協会は同年6月27日、カジノ誘致に反対する要望書「山下ふ頭再開発に関する見解と要望」を林市長あてに提出した。そして、同年7月1日には、横浜港ハーバーリゾート協会が山下ふ頭の再開発案を公表した。同案では、展示面積25ヘクタールの国際展示場や国際会議場、高級ホテル、コンサートホールやディズニークルーズなどの大型クルーズ船の拠点を計画している。投資額は7800億円で、年間の純利益は450億円以上を見込む。

 この6月27日のカジノ誘致に反対する要望書提出の際に、横浜市は「(6月)28日以降にコメントする」と説明しており、市から回答がないまま、林市長がカジノ誘致を発表したことが、藤木会長を“烈火のごとく怒らせた”要因の一つでもある。

 そもそも、林市長に対して「顔に泥を塗られた」とまで言い放つ藤木幸夫氏とは、如何なる人物なのか。
 昭和5年8月生まれで横浜市出身。港湾荷役や倉庫事業などを行う「藤木企業」の会長のほか、横浜港運協会会長、横浜港ハーバーリゾート協会会長、横浜エフエム放送社長、横浜スタジアム会長などを務めている。その権力の根源は、藤木会長の父親・藤木幸太郎氏にある。

 藤木企業の前身である「藤木組」は1923年に幸太郎氏が設立した。幸太郎氏は、横浜港の港湾荷役を取りまとめる“顔役”で、現在の広域指定暴力団「稲川会」埋地一家の初代総長を務めた人物でもある。分裂前に日本最大の広域指定暴力団だった「山口組」も神戸港の港湾荷役組織から発祥しており、その山口組の“中興の祖”と言われる三代目の田岡一雄組長と幸太郎氏は昵懇の仲だった。

 藤木幸太郎氏は“ミナトのおやじ”と呼ばれ、横浜港を取り仕切る実力者だった。その息子である幸夫氏は自著『ミナトのせがれ』(神奈川新聞社)の中で、父・幸太郎氏の暴力団や政治家、芸能人など幅広い交友関係を記している。

 横浜が地元の幸太郎氏と、横浜市議会議員から衆議院議員となり、通産大臣、建設大臣などを歴任した小此木彦三郎氏は旧知の間柄。その小此木氏の秘書をしていたのが、菅義偉官房長官である。その後、菅氏は秘書から横浜市議となり、国政に転じて、現在の官房長官にまで登り詰めるわけだが、最初の市議選の時に菅氏を強力にバックアップしたのが、幸夫氏だった。また、幸夫氏は菅官房長官だけではなく、二階俊博・自民党幹事長とも昵懇で中央政界にも太いパイプを持っていると言われている。

 だが、カジノの利権構造は複雑だ。これだけの権力を持っている藤木会長でも、横浜市のカジノ誘致を止めることはできなかった。その背景には、利権を巡る政治構造があるからだろう。


トランプ大統領の最大の支持者はカジノ運営業者

 米国のドナルド・トランプ大統領の最大の支持者は、カジノ運営業者の「ラスベガス・サンズ」だ。同社のシェルドン・アデルソン会長はトランプ大統領の大統領選では2,000万ドル、大統領就任式では500万ドルを寄付したと伝わっている。総額25億円以上の寄付を受ければ、トランプ大統領はラスベガス・サンズに対して忖度しないわけにはいかない。

 2017年2月に安倍晋三首相が訪米した際には、トランプ大統領が安倍首相とアデルソン氏らカジノ業者を引き合わせている。トランプ大統領が安倍首相に対して、日本の首都圏でのカジノ開設を迫った構図を想像するのは難しいことではない。そして、安倍首相の忠臣である菅官房長官が首相の意を汲み、自らの選挙地盤であり“子飼い”の林市長に対して、カジノ誘致を迫ったとしてもおかしくない。

 それだけではない。菅官房長官も、神奈川県の路線を持つ京浜急行とは深い関係にある。京急の小谷昌元会長は1998年以降、菅官房長官が代表を務める「自民党神奈川県第二選挙区支部」や菅官房長官の関連団体などに対して、合計900万円の寄付を行っている。その京急は、2018年8月15日に統合型リゾート施設構想を発表している。京急にとって横浜に統合型リゾート施設ができるメリットは大きい。京急関係者によると、「候補地の最有力は山下ふ頭」だ。

 あたかも、林市長がカジノ誘致を発表することを知っていたかのように、発表当日の8月22日、ラスベガス・サンズは大阪でのカジノ開設を断念し、「東京と横浜での開発の機会に注力する」とのコメントを発表した。また、メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドも「横浜が市内に統合型リゾートを誘致する意思を表明したというニュースを聞いて、大変期待が膨らんでおります」とのコメントを発表している。

 一方、大阪でのカジノ誘致をリードしていると見られるMGMは、「大阪でのIR実現に全力を尽くす」とコメントしている。“利権を分け合った構図”にしか見えないのは筆者だけだろうか。

 山下ふ頭は東京都心に近く、羽田空港へのアクセスも良い広大な再開発候補地だ。関係者は山下ふ頭を「最後の聖地」と呼ぶ。その“聖地”は今、民意の及ばないところで再開発されようとしている。

㊟日本の暴力団対米マフィアの死闘が見られるかな。見学したいが流れ弾に当たる可能性大だけに注意せんと。皆さんはヨコハマに行かないで。。。よこはま たそがれ 五木のひろし~。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR