FC2ブログ

2019-09

速報!!寸次郎入閣ナシ!!

速報!!寸次郎入閣ナシ!!
 何させても寸足らず、が理由!?

小泉氏の入閣は見送りで調整

テレ東NEWS
2019/09/04 に公開

来週の内閣改造で焦点となっている小泉進次郎議員について、安倍総理は、小泉氏の入閣を見送る方向で調整に入ったことがテレビ東京の取材で分かりました。国会記者会館から中継です。 政権幹部は、小泉議員の子育てや育休を重視する姿勢を尊重し、大臣などでの起用を見送る考えを示しています。



小泉進次郎議員をめぐっては、結婚後、入閣が取りざたされていましたが、複数の政権関係者によりますと、安倍総理は、今回の内閣改造で、小泉議員の大臣や官房副長官での起用を見送る方向で調整に入ったということです。テレビ東京の取材に対し、政権幹部は、その理由として、


「小泉議員は子育てを重視したい意向だ。政府の役職に就けば、国会出席を求められ、育休取得や自由な子育ては難しくなる」

と話しています。また、小泉氏とは距離があるとされる安倍総理の周辺も「常識的に小泉氏の入閣はない」と話しています。人事をめぐっては、二階幹事長や岸田政調会長の留任が固まり、政権の骨格は維持となりました。安倍総理は、ロシアから帰国後にその他の人事の調整を本格化させます。


㊟官邸や自民党本部、自民党議員らに国民の猛反発する声が随分届いているようだ。ある関係者は取材の電話に、

「組閣が近くなるといろんな声が届きますが、今回が異常なくらい反発の声が多い。人気があると思っていたんですが、、、まったく逆でした」

 と驚いていた。

これで寸次郎は誰のタネか分らない子を育てるんですね。フフ、、、大沢樹生政界版??やがて物心つく頃から相当なイジメに遭い、やがて爺さん(純一郎)の血が出て強姦魔逮捕、、、なんて報道されるのが楽しみ。鬼神正次郎先生は小泉元総理そっくり冷酷ですね?そうです。ダメな物はダメ¡!小泉孝太郎を含めて一家全員、トランク詰めにして北朝鮮に送り返したいですもの。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ブス女性記者も口説かれる?!





ブス女性記者も口説かれる?!
【沈黙をこえて】セクハラ受けても「男はそういうもの」 メディア業界は男性社会、同化を強いられ
カナロコ9/2(月) 14:00配信

 性差別が日常的に繰り返されると、そのうち感覚がまひしてしまう。40代の女性新聞記者、田中麻衣子さん(仮名)は「私自身が『オッサン化』していたかも」と振り返る。取材相手からホテルに誘われたり、体を触られたりしたことは一度や二度ではない。だが、仕事を任せてもらえなくなる不安から「男はそういうもの」と平気なふりをしてきた。同化を強いる男性社会が色濃いメディア業界。そこで働く女性の現実を見つめる。

同じ構図
 既視感を覚えた。

 2018年4月。財務事務次官による女性記者へのセクハラ問題が連日報じられる中、田中さんはかつて受けたセクハラについて思い出した。


 「びっくりしました。目の前で報道されていることと、私自身に起きたことと、構図は全く同じでした」


 話は1年ほど前にさかのぼる。


 ある平日の夜、田中さんは自治体の男性幹部と会食していた。会社の同僚や自治体職員らも同席していたが、店を出ると男性幹部から「もう1軒、行こう」と個別に誘われた。


 日中の取材では何度も顔を合わせていたものの、2人で飲みに行くのは初めてだった。ただ一対一で聞きたいこともあり、田中さんは2軒目へと向かった。


 居酒屋のカウンター席で仕事の話をしていると、男性幹部は唐突に髪を触り始めたという。


 「かわいいね。顔見せて。キスしたいな」

 酔っぱらっているように見えて、明らかに意図した行動に映った。


 「その幹部からセクハラされたことはなかったけれど、これまでも、取材先から同じような行為を受けたことがあったので、正直『またか』と。うっとうしかったので店を出ようと思いました」


 帰り支度を始めると、男性幹部は「一緒に帰ろう」と言い、外に出ると手をつないできた。タクシーに乗ると今度は「家まで送る」と同乗してきた。


 自宅前に到着すると男性幹部も降り、抱きつき、キスをしようとしてきた。田中さんは避けながら「きょうはありがとうございました」と告げ、家へ駆け込んだ。


 再び顔を合わせたのはその1年後、財務事務次官が辞任した直後だった。日中、庁舎のエレベーターで偶然居合わせた男性幹部は言った。「もう、一緒に飲めないね」


 田中さんは言う。


 「私が正式に抗議していたとしたら、男性幹部は失職していたかもしれない。あの一言は、そういう意味での言葉だったんだと思います」


男性社会への同化

 1990年代に記者として働き始めてから、田中さんが取材先からセクハラに遭ったことは、一度や二度ではない。


 新人時代、警察幹部から「飲みに行こう」「ホテルに行こう」などと言われることは日常茶飯事だった。バレンタインデーに会社の先輩たちから「取材先にチョコレートを贈れ」と言われて複数の幹部にプレゼントすると、ある幹部からはホワイトデーに「お返し」と言ってシルク製の女性下着を手渡された。


 その都度、不快に思ったが、田中さんはこう振り返る。


 「記事を書くためには、警察幹部との関係性を崩してはいけないと思い込んでいた。嫌だと思ったり、怒りを感じたりすることがあっても顔に出さず、笑って聞き流していました」

 恐怖を感じたこともある。取材先だった公的機関に所属する男性との懇親会だった。2次会のカラオケ店で席が隣になった男性から尻をずっと触られた。


 「さすがに怖くて…。やめてほしいという一心で、触ってくる男性の手を何度もたたいたんだけど、やめてくれなくて…」


 気付いた同僚が間に割って入ってくれて食い止められたが、その後、個人としても、会社としても、相手側に抗議することはしなかった。


 「当時からセクシュアルハラスメントという言葉はありました。けれど、『セクハラと騒ぐことは良くないかもしれない』『そんなことを口にするのは野暮(やぼ)かもしれない』と思ってしまっていた」


 仕事を任せてもらえなくなるのではという不安もあったという。

 事件取材で1週間ほど同僚と現場近くに泊まり込むことがあったが、突然、会社から帰社するよう指示があった。納得できず、上司に理由を尋ねると、「『田中が下着を変えられなくてきついと言っている』と聞いたからだ」と返された。


 「そんなことは一言も言っていないのに、『女性だからこうだろう』と勝手に決めつけられた。そのことがすごく悔しかった」


 ならば女性が記者として仕事を続けるためにはどうすればいいのか。田中さんが出した結論は男性社会に染まることだった。


 セクハラ発言は聞き流し、セクハラ行為を受けても「男はそういうもの」「よくあること」と平気なふりをした。ハラスメント行為は許せなかったし、心の中で怒りを感じていた。ただ、仕事のためにはそうするしかないと思っていた。


同化からの脱皮

 そんな田中さんにとって、財務事務次官によるセクハラ行為を受けた女性記者が週刊誌を通じて告発したことは大きな衝撃だった。「長年、自分がハラスメント行為を放置し、許してきたことが、他の女性たち、後輩記者たちを傷付けることにつながってしまった。自分も『ハラスメント行為に加担してきたんだ』と猛烈に反省しました」


 振り返ると、感覚は徐々にまひしていたという。


 「セクハラが何度も繰り返されると、そのうち『またか』と思うようになってしまいました。問題行動に直面しているという意識が薄れてしまったというか、私自身が『オッサン化』していたかもしれません」


 性被害を告発するムーブメントが巻き起こる中、日本では他国に比べると当初、大きなうねりは生まれなかった。


 メディア業界でも多くの女性たちから賛同の声が上がる一方、消極的な意見もあったという。「これ以上、セクハラ問題を大きくしないでほしい」「こんな風に男性を批判すると男性は萎縮してしまう」。田中さんもまた、先輩女性の中に、そういった考えもあることを聞いた。


 田中さんは言う。


 「男性社会に同化することでしか生きられなかった女性たちはきっとたくさんいた。私自身、そうだったのかもしれない。だからこそ『ここで、自分が変わらないと』と思います」


 いま、声を大にする。


 「もう、セクシュアルハラスメントはたくさんです」


連載「沈黙をこえて」
 この記事は神奈川新聞とYahoo!ニュースによる連携企画です。性暴力などの被害を告発する「#MeToo」運動が巻き起こってから2年近くがたちましたが、いまだ性別に根差した差別や暴力が社会に横行しています。連載名の「沈黙をこえて」には、黙さず声を上げ、全ての人の尊厳が守られる社会をつくろうとする人たちの思いを込めました。不定期で連載します。

㊟女性記者って言えば。オウム真理教信者に坂本 堤弁護士一家3人を殺させるタレ込みをした極悪人“ブス部”の江川紹子って婆さんも元神奈川新聞記者だ。このブス部、性格陰湿。私が上祐史浩本を書いたことで焼き餅を焼き、陰であらゆる中傷をしたんです。あんな顔でも口説かれたことあるのかなぁ。もし口説かれたとしたら男も趣味が悪いとしか。。。いいじゃないの、ブスっ子同士、幸せならば、、、なんて書くとブスに狙われるかな。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

強姦キムチ俳優、開き直り!!


強姦キムチ俳優、開き直り!!
新井浩文被告、初公判で無罪主張「同意があった」 マッサージ店女性従業員への強制性交罪に問われ
夕刊フジ

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優、新井浩文被告(40)は2日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)の初公判で「暴力は一切やっていません。それと同意があったと思っています」と無罪主張した。

 新井被告は罪状認否に先立ち、「本当にすいませんでした」と被害者に謝罪し頭を下げた。

 検察側は冒頭陳述で「性的サービスはないという利用同意書に署名していたが、マッサージを受けて興奮し、犯行に及んだ」と指摘。弁護側は「女性従業員の意に反した性交に対し謝罪の気持ちを持っているが、暴行・脅迫を用いておらず強制性交罪は成立しない」と主張した。

 証人として出廷した女性従業員は、法廷と別室を映像でつなぐビデオリンク方式で「自分から受け入れたことは1回もない。ずっと抵抗を続けていた」と証言。「最初は警察に相談するかどうか迷ったが、何もなかったことにしたくなかった」と話した。

 新井被告は髪を短く切りそろえ、ダークスーツにネクタイ姿。裁判官に職業を問われると「現在無職です」と述べた。新井被告は「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」などの映画に出演した実力派。2016年には映画「百円の恋」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。NHK大河ドラマ「真田丸」にも出演していた。


㊟マッサージ嫌いだから呼んだことはないが、マッサージ好きの男ならよからぬことを想像するかなぁ。ブスならよからぬこともないだろうが。。。でも、この蛆キムチ俳優の顔じゃ共演女優からも避けられるわ。

それで女に不自由してたんだな。なら、「不自由展」の津田カッペオカマでも呼べば良かったろ?顔から推測するに、もしかした文タロウの親戚??

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

従北路線極まれり!? 韓国、米韓同盟破棄」

従北路線極まれり!? 韓国、在韓米軍基地の早期返還推進…韓国紙すら“異例”と驚き 専門家「虫が良すぎる…この先は米韓同盟破棄」
夕刊フジ

 従北路線にまっしぐらの暴挙だ。韓国・青瓦台(韓国大統領府)が、在韓米軍基地の一部について、早期返還を推進させると発表したのだ。

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定し、米国から手厳しく批判されるなど、やることなすこと自分の首を絞めている文在寅(ムン・ジェイン)政権。さらに米軍の怒りに火を注ぐことになりそうだ。

 複数の韓国紙が伝えている。30日の韓国紙・朝鮮日報(電子版)によると、大統領府が同日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、在韓米軍基地26カ所の早期返還を推進すると発表したという。中でもソウル市内にある龍山(ヨンサン)基地は今年中に早くも返還手続きが開始されるもようで、大統領府がNSCまで開催して在韓米軍の早期返還の方針を公表するのは異例だという。

 韓国紙すら異例と評する今回の発表について、韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は

「26カ所は多くが補給所や駐留地など、それほど戦略的に重要な拠点ではない。いずれ返還される土地であったが、この時期にわざわざ発表したというのは、やられっぱなしの米国に対して存在感を示し、国民感情が高まっている今のうちにやってしまえという思いがあるのだろう」と解説する。

 自ら日米韓3カ国の安全保障の基盤ともいえるGSOMIAを破棄した文政権に対し、マイク・ポンペオ国務長官ら米国側が一斉に反発すると、韓国側は28日にハリー・ハリス駐韓米国大使を呼びつけ、「失望と懸念」の表明を自制するよう懇願していた。批判は受け入れず、これまで韓国を守ってきた在韓米軍の早期撤退を求めるなど、あまりにも虫が良すぎるとしか言いようがない。


 基地返還手続きを早期に進める理由について、31日の左派系のハンギョレ(日本語電子版)は、経済的、社会的軋轢(あつれき)を解消するためだと報じている。

 前出の室谷氏は

「返還される土地のほとんどはすでに米軍が去っている。ただそれによって慰安所の人々が路頭に迷うなど経済的に苦しんでいる。韓国は自分たちは不況の被害者で、元凶があたかも米国にあるように仕向けたいのだろう。この先にあるのは当然、米韓同盟の破棄であり、南北統一なのだろう」と指摘する。

㊟蛆文タロウは余程、小林旭の「北帰行」がお好きなようで。強姦総理小泉と同じですね。冗談言ってる場合じゃない。蛆国から米軍が撤退したら、、、我が国は危ない。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

自の生死懸けた戦争開始!!

自の生死懸けた戦争開始!!

米、制裁関税「第4弾」発動…中国も「報復」へ
読売新聞 / 2019年9月1日 13時10分



 【ワシントン=山内竜介、北京=小川直樹】米国は1日午前0時01分(日本時間午後1時01分)、中国に対する制裁関税「第4弾」を発動した。テレビやカメラなど約3200品目を対象に15%の追加関税を課す。

中国も同日、報復として大豆や鋼板など1717品目に5~10%の追加関税を課し始める。米中の貿易摩擦は激化するばかりだ。

 米国の「第4弾」は、3000億ドル(約32兆円)相当の中国製品が対象で、2回に分けて発動される。12月15日からはスマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など約550品目にも対象が広がる。


米、消費者負担いとわず追加関税 中国、報復余地なく 泥沼貿易戦争
毎日新聞会員限定有料記事 毎日新聞2019年9月1日 21時10分(最終更新 9月1日 23時22分)

 米中双方が再び追加関税の応酬を繰り広げ、貿易戦争はエスカレートする一方だ。12月には対象品目を広げ、両国製品の大半が制裁・報復の対象になる。世界1位、2位の経済大国による対立激化は企業や消費者を追い詰め、世界経済にも混乱が広がっている。【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】

米平均世帯で「10万円負担増」

 「米国は(追加関税で)多額の収入を得ている。農家や全ての人々にとって大きな成果になるだろう」。トランプ米大統領は8月31日、ツイッターにこう投稿し、対中制裁第4弾の効果を誇ってみせた。しかし、実際には輸入品の価格上昇で消費者や企業に大きな打撃を与えかねない状況だ。

 第1~3弾の対象は企業向けの中国製品が中心だったが、第4弾は生活に直結する家電や日用品が含まれる。…


㊟トランプ、ゴキ醜は互いの命を懸けた勝負に。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

G7で異例の罵倒…トランプが気付いた文の

【ニュースの核心】G7で異例の罵倒…トランプ氏が気付いた「文政権の正体」 韓国のGSOMIA破棄は当然だった!? 文大統領の実態は「北の代理人」だ
夕刊フジ


 ドナルド・トランプ米大統領が、フランスで開かれたG7(先進7カ国)首脳会議の席で、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を一方的に破棄した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を罵倒する一幕があった。

 米大統領が同盟国の首脳を国際会議の場で公然と批判するのは、極めて異例だ。文政権はこれに慌てたのか、軌道修正を図る気配も見える。だが、いまごろ遅い。文政権は最大の保護者である米国も完全に敵に回してしまった。

 トランプ氏は8月24日、G7の外交・安全保障をめぐる議論の席で、「文在寅という人は信用できない」「金正恩(キム・ジョンウン=朝鮮労働党委員長)は『文大統領はウソをつく人だ』とオレに言ったんだ」などと語った。翌日の夕食会でも、「なぜ、あんな人が大統領になったのか」と重ねて批判した。

 すると、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は、日本の輸出管理強化を指して、「不当な措置が元に戻れば、われわれもGSOMIAの終了を再検討する」と国会で述べた。

 トランプ氏の批判が念頭にあったのは明らかだ。韓国の世論調査で、文大統領への不支持率が支持率を上回ったことも背景にあるだろう。

 韓国の「上から目線」は相変わらずだ。自分たちのいい加減な輸出管理を棚に上げて「不当な措置」などと日本を非難している。当然、安倍晋三政権が反応する必要はない。悲鳴を上げているのは韓国だ。まずは、韓国自身がきちんとした管理体制を作るかどうかが先決である。

 今回のGSOMIA破棄をめぐって、私が驚いたのは「文政権は思い違いをしている」という反応が出た点である。日本だけでなく米国にも、そんな受け止め方があるようだ。

 私は文氏が「勘違いしている」とは思わない。彼は確信犯だ。最初から「北朝鮮の味方」なのである。

 文政権が誕生してから、北朝鮮に対する宥和政策と、北朝鮮に批判的な勢力への弾圧が政界やマスコミ界、司法界に吹き荒れた。日本の自衛隊機に対するレーダー照射事件が示したように、いまや軍の一部も日本を敵視している。そうでなければ、自分が粛清されてしまうのだろう。

 そんな政権の本質を踏まえれば、文氏が北朝鮮を仮想敵に据えたGSOMIAを破棄したのは、まったく合理的である。むしろ延長する方がおかしい。「文氏が勘違いしている」という見方こそ、勘違いなのだ。

 なぜ、勘違いするかといえば、いまだに「日米韓で北朝鮮包囲網を築いている」という建前があるからだろう。確かに、日米韓は米国をハブ(中軸)にして三角同盟関係を築いている。だが、文政権になってから韓国の実態は「北の代理人」だ。

 そこを見誤っていたら、日本の安全保障戦略を根本から「幻想の産物」にしてしまいかねない。それこそが、日本に最も危険である。トランプ氏は「文政権の正体」に気付いた。米国が水面下で「文在寅排除」に動くのも、時間の問題ではないか。
 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。


㊟保守系ジャーナリストは干されるんですね。長谷川氏、負けずに頑張れ!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

報ステP,セクハラ激震!!

報ステP,セクハラ激震!!
テレ朝「報ステ」に激震…男性チーフプロデューサーがセクハラで更迭
2019年9月3日 15時2分
日刊ゲンダイDIGITAL


 “身から出たサビ”だ。テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭された。いったい何があったのか。

「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)

 K氏は40代後半の妻子持ち。昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。

「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出のテレ朝関係者)

■週刊誌にかぎつけられ慌てて懲戒処分

 女子アナを含め、被害者は十数人に上るという。現場を取り仕切る役職であるのをいいことに、女性社員にLINEで「会いたい」と迫ったり、体を触ったり、抱きついたり、やりたい放題だったようだ。

 しかし、被害女性のひとりが今年5月にK氏のセクハラを告発したにもかかわらず、上層部の腰は重かったという。

「週刊誌がK氏のセクハラ問題をかぎつけたことで、隠し切れなくなったのでしょう。だから、異例の時期に処分を下したのだとささやかれています」(番組関係者)

 テレ朝にK氏のセクハラ行為や異動について問い合わせると、次のような回答だった。

「当社では7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に慎重に調査を進め、その中間報告を受けて8月19日に調査委員会を立ち上げ、事実関係を確認しました。その結果、ハラスメントととられかねない不適切な行為があったとして8月30日に当該職員を懲戒処分とし、あわせてその職務を解きました」(広報部)

 再発防止はもちろん、これで報ステは政権に忖度しなくなるのか。


㊟このKなる男、桐永洋という。妻子持ち。昔からテレ朝の男どもって女性スキャンダル(入社させると女子大生を口説いたり)が多い。そのくせ生意気で減らず口を叩くし、アナたちに偏向発言をさせる。


その減らず口の代表は羽鳥モーニングの北海道の屯田兵のひ孫の玉川徹、、、ここはどうだろう?「テレ朝はテロ朝」などと蔑称されていることも判断して、一度、認可を取り上げようか?

「正次郎先生,、テレ東問題の次の「放送を考える会」議連で取り上げゲましょう」と永田町と霞が関の渡邉機関。

良し。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コロンビア非常事態!!


コロンビア非常事態宣言!!


バナナ絶滅の懸念...世界で猛威をふるう「新パナマ病」、ついに南米に
ニューズウィーク日本版 / 2019年8月29日 16時30分

<バナナの病害「新パナマ病」を引き起こす真菌が、南米ではじめてTR4が確認された......>


バナナの病害「新パナマ病」を引き起こすフザリウム属の真菌TR4が南米コロンビアで確認され、コロンビア農牧院(ICA)は、2019年8月8日、非常事態宣言を発令した。南米でTR4が確認された事例はこれが初となる。


台湾や中国、東南アジア、中東で甚大な損害をもたらしてきた


新パナマ病とは、土壌伝染性の植物病原糸状菌であるTR4が根から侵入して導管を通して広がり、維管束を破壊して立ち枯れを起こすバナナの病気だ。バナナの品種の中で最も生産量が多い「キャベンディッシュ」に感染し、台湾や中国、東南アジア、中東などでバナナ栽培に甚大な損害をもたらしてきた。


新パナマ病に感染したバナナを食べても人体に害はなく、TR4がヒトに感染することもないが、この病気への効果的な防除方法はいまだ確立されておらず、このまま世界的に感染が広がれば、キャベンディッシュが絶滅するおそれも懸念されている。


コロンビア農牧院では、コロンビア北部ラ・グアヒーラ県で生育中のバナナに立ち枯れの症状がみられたことから、6月11日以降、詳細な調査をすすめるとともに、国内4カ所のバナナ農園で検疫を実施するなど、必要な措置を講じてきた。8月5日には、バナナを輸出する主要15カ国の農業大臣がエクアドルの首都キトで会談し、感染防止に向けた対策について協議している。


コロンビアで非常事態宣言を発令


オランダのワーヘニンゲン大学とバイオテクノロジー企業「キージーン」は、コロンビア農牧院からの依頼により、新パナマ病に感染したとみられるバナナのサンプルについてゲノム配列検査や分子診断に基づく確認試験を行い、8月7日、「ラ・グアヒーラ県の175ヘクタールのバナナ畑にTR4が存在する」との結果を通知した。


この結果を受け、コロンビア農牧院は、翌8日、全土にわたって植物検疫を強化・拡大するべく、非常事態宣言を発令。現時点でTR4の感染が確認されているのはラ・グアヒーラ県のみにとどまっているが、他地域への感染リスク軽減に向けた措置を講じるほか、中小規模のバナナ農家を対象に、感染防止対策のための補助金も検討していく方針だ。


コロンビアは、世界有数のバナナ輸出国であり、2018年には、8億6870万ドル(約924 億6300万円)に相当する202万8000トンのバナナを欧米に輸出している。TR4の"上陸"が確認されたことで、今後、コロンビアのバナナ産業に大きな影響がありそうだ。

World's Top Banana Could Go Extinct-Wall Street Journal
松岡由希子


㊟確かにバナナが店頭から消えたら子供の居る家庭は困るだろう。何故か、私は毎日食べていたバナナを3カ月前からまったく買わなくなっていた。理由は美味しくないと。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

こんなトコにも蛆キムチ!!


こんなトコにも蛆キムチ!!
二つ折り千円札、挟まったコカイン気付かず…アイドルのヘアメイク手掛ける男逮捕
読売新聞 / 2019年8月31日 19時27分


 コカインを所持したとして、警視庁品川署が、韓国籍のヘアメイクアーティスト李惇源容疑者(33)(東京都渋谷区)を麻薬取締法違反容疑で逮捕したことが同署幹部への取材でわかった。李容疑者はアイドルのヘアメイクを手掛け、「JunJun」の名前でテレビ番組にも出演していた。

 同署幹部によると、李容疑者は7月13日夕、渋谷区恵比寿西に止めたタクシー車内で、コカイン約0・17グラムを所持した疑い。逮捕は8月29日。「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 料金精算時に、二つ折りにした千円札の間にコカインが入った袋が挟まっているのに気付かず、運転手に渡したという。タクシー会社が同署に通報した。


㊟こんなトコにもこんな汚いツラの蛆キムチが働いているのか。。。芸能人はヤバいよ、ヤバいよ。出川くん、こいつら対馬への充電バイクで日本海に沈めてくれ~っ!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ハリウッド99%仕事がない!!


ハリウッド99%仕事がない!!小栗旬、聞いてとけ!!
【芸能ニュース舞台裏】来日会見、レオナルド・ディカプリオが明かしたハリウッドの現状…
夕刊フジ2019.9.1
• 印刷


 俳優のレオナルド・ディカプリオ(44)とクエンティン・タランティーノ監督(56)が、30日に初日を迎えた映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の来日会見を開いた。

 「久しぶりの大物の来日なので会見スタートの約3時間前からカメラマンの順番待ちの列ができましたよ」と通信社のカメラマン。今回の会見では地方局の取材陣が目立っていたという。

 「経費をかけて上京している分、元を取ろうと必死でしたね。何とか形にしてオンエアするために、質問者も着ぐるみ姿でアピールするほど」(ウェブサイト記者)

 会見で興味深かったのは、ディカプリオが明かすハリウッドの現状だったと前出・ウェブサイト記者が再び伝える。

 「夢を追ってやってきても、99%に仕事がないのが現状だと。客が呼べる俳優の前には多くの脚本が山積みになり、断る決定権を持てる。ディカプリオはまぎれもなくその1人で、どこも格差社会だなぁと感じました」(業界ウォッチャーX)


㊟ディカプリオも有名になる10代の頃、三流のゲイ映画に出ていたものね。偶然観た映画だったけど、母親がよく許したなと。。そうやって今日の地位に。。。


あ、余計なことですが、ディカさま、サイズはディアどころか小さいらしいですよ。昔、フライデー誌が彼の下半身丸出し写真を見つけて「鳩のくちばし」なんて鬼神も書けない酷い事を書いていましたよ。日本女性は期待しないこと。文タロウも小指サイズで真正包装だし。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR