FC2ブログ

2019-08

蛆、反日にアクセル全開!!


蛆、反日にアクセル全開!!
韓国“反日暴走”にブレーキなし… ソウル&釜山で日本製品「不買条例」可決 日本企業撤退、投資とりやめの“大ブーメラン”にも
夕刊フジ2019.9.8
• 印刷


 仰天の条例だ。韓国のソウルと釜山(プサン)両市議会で6日、特定の日本企業を「戦犯企業」と定義し、市などが今後その企業の製品を購入しないよう努力義務を課す条例が可決、成立した。

主要都市で成立したことで他の自治体でも波及が予想されるが、今後、日本企業の撤退や韓国への投資をとりやめる動きになるのは容易に想像でき、韓国経済のダメージにつながる可能性の方が大きい。専門家も自国に大ブーメランとなって返ってくると予測する。

 ソウル市や釜山市で成立した条例では、三菱重工業など284社が対象で「公式謝罪や賠償をしていない」ことを理由としている。釜山市の条例では、すでに使われている製品に対して「戦犯企業の製品」とのステッカーを貼ることができるとも規定した。

 菅義偉官房長官は同日、「極めて遺憾だ」とし、「特定のわが国企業に対して不適切で不合理な主張に基づき、不当に非難するとともに経済的不利益を及ぼしうるものだ」と強く反発した。

 リストに挙げられた企業も困惑を隠せない。

 三菱電機は

「当社が指定されたことが事実とすれば誠に残念だ。両国政府間の関係が正常化されることを願っている」とコメント。ある化学メーカーの担当者は「多くの韓国企業と取引があるが、どうしてこのような事態になるのか。コメントのしようがない」と語った。

 夕刊フジで「新・悪韓論」(水曜)を連載するジャーナリストの室谷克実氏は、「成立によって他の自治体にも広がっていくことは十分考えられる。日本企業が撤退するかは現地(法人)の判断だろうが、今後、日本企業が進出しないことが考えられ、かえって韓国経済にブーメランになる」とみる。

 株価、ウォンの急落にみられるように、文政権の失政で経済総崩れのなか、浮上どころかさらに沈ませる条例。隣国の暴走にかけるブレーキはない。

㊟ま、蛆キムチの文タロウはニンニク喰い過ぎは事実だが、ここだけの話、日本政府の大物議員で「徴用工問題」にビクビクしているのが、、、バラしましょう。徴用工問題に沈黙している、漢字読めないため学習院情実入学・卆した麻生太郎副総理です。

 麻生氏は九州一の炭鉱業を築いた麻生家の3代目です。この炭鉱は憲兵(怖いんですよ)が見張り番を(労務者が逃げ出さないように)し、労務者をムチ打ち働かせて大財閥になったのです。

そこで痩せ細るまで働いて、スズメの涙の手当てを貰っていたのが蛆キムチ国から半強制的に動員された徴用工なんです。

 どのメディアも書かないので鬼神・渡邉正次郎がバラします。あ、これでまた、菅ヒトラーと麻生副総理に命を狙われるな。

 ただ、麻生副総理と鬼神・渡邉正次郎が似ているところがあります。

常に傲慢、人に命令言葉しか使わない(別れた妻に教えられるまで気付かなかった)。同じ3代目(我が家は台東区浅草で土木建設請負業『大羽組』を経営。清水建設、熊谷建設等々と真っ向から張り合って。。。しかも台東区一の大資産家。

父の代は常に若い衆が800人~1000人を抱えていました。で、若い衆を連れ、肩で風切り浅草を飲み歩き、そこで知り合った「山口組」三代目・田岡一雄氏と浅草の博徒「高橋組」初代組長と3人五分兄弟盃を)。だから麻生副総理に似て顔が怖くなったのか。。。

あ、でも、違うとこありますよ。副総理は漢字読めないですけど、渡邉正次郎は全て読めます。中学の頃から学業優秀で有名で、それで高校時代生徒会長でしたし。しちれいしました。副総理。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

警!!米害毒農産物大量輸入!!

警!!米害毒農産物大量輸入!!
<トウモロコシ、大豆、種子、小麦>

米余剰 トウモロコシ輸入決定 日本に“危険食品”大流入危機
日刊ゲンダイ公開日:2019/08/27 15:00 更新日:2019/08/27 15:28



「シンゾー、買ってくれるな」(トランプ米大統領)、しかし米国産トウモロコシの大半が遺伝子組み換え(C)ロイター拡大する


 トランプ大統領に米国産牛肉や豚肉の市場開放をのまされた安倍首相。さらに“おまけ”とばかりに、米国で余った飼料用トウモロコシ250万トンの購入まで押し付けられた。トランプは「中国がトウモロコシ購入の約束を反故にした」「安倍首相が全て買ってくれる」と大喜び。実は、このトウモロコシが厄介なのだ。


 米国のトウモロコシは、雑草を除去する「除草剤」の耐性を持たせるため、遺伝子組み換えが大半だという。鳩山由紀夫元首相は26日、〈このトウモロコシは遺伝子組み換え作物と思われる〉とツイート。農業問題に詳しいジャーナリストの天笠啓祐氏は、「米国産トウモロコシの約9割が遺伝子組み換え」と日刊ゲンダイに語った。


 食べると動物や人体に悪影響を及ぼす恐れがある。フランスの大学教授の実験だと、組み換えエサを2年間、食べ続けたマウスの50~80%ががんを発症。米国環境医学会は09年、「アレルギーや免疫機能、妊娠や出産に関する健康」に悪影響を及ぼすと発表したほどだ。


日本では基本的に、食品や飼料の原料に遺伝子組み換えの農作物を使用する場合、商品に明記することが義務付けられている。消費者庁は公式HPで〈健康や環境に対しての問題を引き起こすことがあってはなりません〉とうたっている。


 米国から大量に入ってくる危険なエサで育った牛や豚を、ヒトが食べて大丈夫なのか。


「間接摂取については研究が進んでおらず、詳細は不明。しかし、危険性がないとは言い切れないでしょう。多くの消費者から不安の声が上がっています」(天笠啓祐氏)


■中国は「怪しい作物」を徹底拒絶


 実は、輸入を拒否したという中国は、遺伝子組み換えの農作物を危険視しているという。購入拒否の原因は貿易摩擦というより、危険な農産物を忌避した可能性がある。


「この数年、中国政府は国産農作物の安全性を、米国や国際社会に向け徹底アピールしている。いわくつきの作物を受け入れるつもりはないということ。今回の購入拒否は『危険な遺伝子組み換え作物は使わない』という意志の表れだろう」(在中ジャーナリスト)


 安倍首相は今回の貿易交渉で、牛肉の関税引き下げ、豚肉については将来的に撤廃する方針を受け入れた。国内農家からは、早速「輸入拡大につながる恐れがある」との声が上がっている。


 トランプに「シンゾー、また農作物を買ってくれよ」と言われれば安倍首相は断れない。今後は、飼料用の危ないトウモロコシだけでなく、ヒトが直接食べる危険な農産品が大量流入してくる恐れがある。


「遺伝子組み換え作物についてはトウモロコシの他、大豆、菜種、ワタの種子が流通しています。中国はかたくなに受け入れを拒否していますし、欧州も敬遠しています。トランプ大統領は今後、余った組み換え農作物の受け入れを日本に迫ってくる可能性があります。今回、受け入れに応じてしまった代償は大きくなるでしょう」(天笠啓祐氏)


 武器も言われるがままに“爆買い”してきた安倍首相。今度は危険な食料を“爆買い”することになりかねない。


㊟この記事は正しい。大変怖い時代を迎えることに。地下水の99%が薬害、糞尿汚染されているゴキ醜までが、自国の農薬塗れの農産物を棚に上げて米国産食物を輸入しないと。。。逆に日本政府は米国の強い意向で基準を大幅に緩めたのだ。以下、「日本が売られる」(堤 未果 幻冬舎)を参考にします。


 この記事では取り上げていないが、トランプが「TPP以上の自由化をさせる」と気合を入れる日米FTAが締結されれば、今度はゾッとする「遺伝子組み換え、成長ホルモン入り牛乳」までどっと入って来ることだ。


 これは発がん性があるとカナダ政府や欧州委員会で輸入禁止にしている、人口的に乳量を3割り増やす組み替え成長ホルモン『γBGH』を投与した牛のミルクも含まれる。


『γBGH』は牛のミルク生産量を最大40%も増やす上、成長速度が速くなって餌代が節約できるホルモン剤だ。肉は柔らかくなり量は増え、牛の性格が温厚になるというおまけまでついている。


まさに酪農家にとっての夢の薬剤として、モンサント社が開発し1993年に承認されて以来、瞬く間に全米の乳牛に“注射”された大ヒット商品になった。


普通の牛乳との違いを見分ける表示はなく、『不使用』表示をつける場合はその横に『γBGHは安全です』というシールを貼ることが、FDAによって義務付けられている。アメリカでは巨大企業に不都合な報道はマスコミに一切出ない。

(略)

イタリアやフランス、プエルトリコでは、米産成長ホルモン残留牛肉を食べた幼児に乳房の巨大化や初潮開始などの報告が出ており、EUは「健康被害リスクがある成長ホルモンいり入り牛乳はお断わりだ」とWTOを無視、頑として米国産成長ホルモン入り牛乳と牛肉の輸入禁止を続けている。

 日米二国間交渉の窓口に茂木敏光氏もこの事実を知っていながら知らん振り。もちろん、安倍首相と菅天皇がやらせているのだ。

こんな化けモノは危険!米国産牛肉、牛乳を飲まないことです。国産は高い?牛肉など食わなくても、牛乳など飲まなくても死にません。それに代わる食品を見つけることです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

凶!!“バベルの塔”超巨大地震襲う!?

凶!!“バベルの塔”超巨大地震襲う!?

虎ノ門と六本木の間に「日本一の超高層ビル」誕生へ。次のヒルズは「麻布台」に!?
ハーバービジネスオンライン


 この地で再開発を行うのは「森ビル」と「日本郵政」が参加組合員として参画する「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合」。  


再開発エリアは、東側は東京メトロ日比谷線神谷町駅、西側は東京メトロ南北線六本木一丁目駅までの約8.1ヘクタールに及ぶ非常に広大なもので、国の都市再生特別地区、国家戦略特区にも指定されており、この3月にも工事が開始される予定だ。  


日比谷線では、2020年に虎ノ門ヒルズ近くに「虎ノ門ヒルズ駅」が開業するが、神谷町駅はこの虎ノ門ヒルズ駅まで僅か1駅、距離にして約1kmほどであり、虎ノ門ヒルズは徒歩圏だ。また、六本木ヒルズも約1.5kmほどの距離であるほか、再開発エリアの北側には高さ約209mの超高層複合ビル「アークヒルズ仙石山森タワー」も立地する。


森ビルが麻布台再開発に参画したのは、同社がこれまで手掛けてきた再開発エリアと近接しており、相乗効果を生み出すことができるからであろう。


 今回の再開発エリアは大きく分けて「A街区」、「B-1街区」、「B-2街区」、「C街区」の4街区で構成される。  


そのうち、本開発のメインとなる「A街区」には旧郵政省本庁舎跡の日本郵政グループ飯倉ビルを解体して地上65階、地下6階、塔屋2階建てのビルが建設される。高さは約323mで、竣工は2022年度末(2023年3月)の予定。竣工時には「日本一高い超高層ビル」となる。


「A街区」棟の館内には、オフィス、スーパーマーケットを中心とした商業施設などが入居するほか、インターナショナルスクールも設けられる。商業施設やオフィスのテナントについては現時点では未発表だが、六本木ヒルズなどのように広域の幅広い客層の獲得を目指したものではなく、周辺住民に加えてインターナショナルスクールに通う児童生徒やその保護者など、都心に住む外国人をターゲットにしたものになりそうだ。また、多言語対応の医療機関の導入も計画されている。


「B街区」はA街区の北側、南北線の六本木一丁目駅東側にあたり、そのうち「B-1街区」には地上64階、地下6階、塔屋2階、高さ約263mの、「B-2街区」には地上53階、地下6階、塔屋2階、高さ約233mの超高層タワーマンションが建設される。総戸数は約1,300戸。


また、「C街区」は神谷町駅西側にあたり、8階建て以下の低層4棟が建てられる。この街区には、現在再開発エリアに出店している店舗、寺院なども移転する。  


各棟は地下通路で東京メトロ日比谷線神谷町駅、東京メトロ南北線六本木一丁目駅と直結されるため、両駅の乗り換えも便利なものとなる。


 なお、再開発後の名称については未定だが、森ビルグループが都心地域の再開発で用いている「○○ヒルズ」形式となる可能性が高い。そのため、この記事内ではこれ以降は便宜的に建物を「麻布台ヒルズ(仮称)」と称することとする。  


開発に際して森ビルは「居住機能と商業・業務、文化、教育等の各機能が複合した、国際性豊かで安全・安心な緑とうるおいのある複合市街地の形成を目指す」としており、再開発エリア内には広大な敷地を生かして6,000平方メートルの中央広場を中心とした公園、遊歩道なども設置される。


緑に囲まれた中央広場は大型イベントが開催できるほどの広さで、さらに、再開発エリアに隣接した位置にあり、鎮守の森が桜の名所として有名な「西久保八幡神社」もそのまま残されるため、他の「ヒルズ」とは一味違う「緑豊かな憩いの場」というイメージは一層際立つものとなる。



 ところで、「日本一の超高層ビル」といえば多くの人がJR東京駅の北東で三菱地所が開発中の「東京駅前常盤橋プロジェクト(仮称)」を連想するであろう。  


こちらには高さ約390メートルの超高層ビルが建設される計画で、「麻布台ヒルズ(仮称)」よりも70メートル近く高い。しかし、このビルの竣工は2027年度の予定。つまり、「麻布台ヒルズ(仮称)」が「日本一の超高層ビル」となるのは約5年間だけである。また、「日本一の超高層」とはいえども展望施設などの設置計画は今のところない。最高層となるA街区の上層階はマンションとなる計画であるため、「日本一」の展望を満喫したいならば「一室を購入」するしかないであろう。


㊟よし、この地区の高層階マンションを買おう。いや、止める。これは間違いなくバベルの塔。続いて東京駅北東の三菱地所ビル、、、何故かおごり高ぶった人類は天に昇ろうとする。不吉。こうしたビル完成と同時に関東一円を超巨大地震=日本沈没の予感が。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

中東で空襲!?


中東で空襲!?
イスラエルがイラク空爆か=親イラン組織の武器庫標的―米紙
時事通信 / 2019年8月24日 7時36分

 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、イスラエルが先月、イラク国内で親イラン民兵組織の武器庫を空爆していたことが分かったと報じた。報道が事実なら、イスラエルがイラク内を空爆するのは、1981年に核兵器開発を阻止するためとして建設中のオシラク原子炉を破壊して以来とみられる。

 イスラエルはすでに内戦下のシリアで親イラン関連施設などを標的とした空爆を繰り返している。一連の作戦をイラクにまで拡大した形だが、イスラエルとイランの緊張がさらに高まる恐れがある。


㊟さぁ、北東アジアが破裂するか、と戦々恐々の今、中東で始まった。もう逃れられない第3次世界滅亡戦争!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

死ぬか殺すか!!



死ぬか殺すか!!ハマで菅VSヤクザの仁義なき戦い!!
横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い
日刊ゲンダイ公開日:2019/08/23 15:00 更新日:2019/08/23 16:37

「仁義なき戦い」に全面突入するのは避けられない。横浜市は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致に乗り出すと正式に発表した。山下公園に隣接する横浜港・山下ふ頭を候補地とし、2020年代後半の開業を目指すという。IR誘致に名乗りを上げたのは、大阪府・市、和歌山、長崎両県に続いて4カ所目で、政府は9月にも選定基準を盛り込んだ基本方針案を公表。早ければ来年中にも開業地が決まる見通しだ。


■“ハマのドン”も激怒必至


 市によると、開業すればIR施設には年間2000万~4000万人が訪れ、法人市民税や固定資産税、入場料収入などで年間820億~1200億円の増収が期待できるという。


 林文子市長は、22日の会見で「飛躍するにはIRが必要だと判断した」と説明したが、これまで「白紙の状態」としていた態度から一転して誘致に舵を切っただけに、反対派住民らの猛反発を食らうのは間違いない。

とりわけ、「俺を殺すか、どこか拉致するか、俺が死ぬか、それしかない。俺が生きているうちはダメ」と誘致に反対してきた“ハマのドン”こと、横浜港運協会会長の藤木幸夫氏は怒り心頭だろうが、藤木会長以上に激怒しているのは地元ヤクザだという。


「横浜には東京の山谷、大阪の西成と並んで『日本3大ドヤ街』と呼ばれる地区があり、港湾業務に携わる日雇い作業員などが集まっています。港には世界中から朝晩関係なく荷物を積んだ船が着くため、作業員は2日間ぶっ通しで勤務して丸1日休み――などの勤務体系になるのですが、休みの時にヤクザが管理するギャンブル場や風俗へ足を運ぶ作業員は少なくない。カジノができれば当然、そっちに流れる作業員も出てくるでしょうし、仮にも国が絡む事業だから入り込むのは難しい。ヤクザから見れば、タダでさえシノギが減る中、カジノ新設で“客を奪われる”なんて冗談じゃない話でしょう」(横浜市政担当記者)


 良し悪しは別として、横浜に限らず、戦後の日本の港を支えてきたのはヤクザだ。港湾業務は、常用労働者を雇うよりも日雇いの方が効率的なため、荷役業者は積極的に日雇いを活用。その日雇いの確保や管理を代々担ったのがヤクザだった。ヤクザは港周辺の安宿に日雇いを住まわせ、賭博場を用意し、管理してきた歴史があるだけに、ここにきて、国や自治体の“いいとこ取り”は許せないに違いない。


 林市長も当然、そんなことは承知の上だろうが、強気でいられるのは菅官房長官の存在があるからだろう。横浜のカジノ誘致は菅氏が前向きだったと言われるからだ。


「林市長は『IRについて(菅長官と)詳しく話したことはない』と言っていますが、誰も信じちゃいない。横浜市はIR誘致に向けた資料づくりとして『IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査業務委託』の入札を行ったのですが、落札業者の中にはEY新日本有限責任監査法人の名前がありました。この法人は国会で水道事業者からの接待疑惑が追及された菅長官の元補佐官の出身企業。市役所内では、IRは『長官案件』とささやかれていましたね」(前出の横浜市政担当記者)


 蜜月関係にあった“ハマのドン”を裏切り、ヤクザを敵に回した菅氏は、このバクチに果たして勝てるのか。


㊟大いにやってください。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ハマのドン、激怒!!

ハマのドン、激怒!!
「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒
日刊ゲンダイ公開日:2019/08/24 06:00 更新日:2019/08/24 06:00

■ 泥を塗らせた「ハードパワー」


「昨日(8月22日)は林さん(文子横浜市長)から顔に泥を塗られました。(山下ふ頭再開発に関する見解と要望への)返事もいただいていいない。その矢先です。林さんに顔に泥を塗られたのだから、林さんに文句を言うのが筋です。なぜなら林さんに泥を塗らせた人がはっきりしていますから」


 8月22日に横浜市が山下埠頭へのIR(カジノを含む統合型リゾート)誘致を表明した翌23日、これを待ち構えていた“ハマのドン”こと藤木幸夫氏は、メディアが会見場であふれる中、怒りをあらわにした。


 会見場は、林市長がカジノ誘致先とする山下ふ頭のド真ん中に建つ横浜港運会館。藤木氏は、荷役会社・藤木企業会長だが、横浜港運協会会長、横浜港ハーバーリゾート協会会長も務めており、まさに横浜「港湾人」のリーダーである。


会見主催者も両団体であり、横浜港運協会全244社が参加する横浜港ハーバーリゾート協会は6月27日、カジノに依存しない再開発計画「山下ふ頭再開発に関する見解と要望」を林横浜市長あてにを提出していた。この計画の三本柱は、国際展示場・見本市、F1などのイベント、ディズニークルーズの拠点化である。


 藤木会長が言う「林市長に泥をぬらせた人」については気になるが、具体的には名前を挙げなかった。ただ「何かえらいハードパワーがある」と指摘した。


 藤木氏は「ハードパワー」について、小学生の頃、子どもながらに感じた、「女の人はパーマをやめろ」「指輪なんかはずして提供しろ」「政党は解散して大政翼賛会一つにしろ」などといった、戦争につき進んでいたような日本社会の空気だと説明。それが今の日本の空気であるという。



 その「ハードパワー」に押される中で、「林さんもよくこれまで我慢したなあというのも率直な気持ちです。普通ならそう電話をしていますが、微妙な時期ですから」と、苦渋もにじませた。



■山下ふ頭は港湾人の聖地


 しかしいまや、横浜市と港湾人の立場は真っ二つになった。



「藤木がやることといえば、山下ふ頭を守ることです。山下ふ頭は横浜の公域です。ここで死んでいった人たちがたくさんいるわけです。そういう人たちはね、なにか言いたいと思うんです。死んだ人はしゃべるんです。生きている人の口を使ってしゃべるんです。私がこうやって話しているのも、私のオヤジがしゃべらせているんだな、これは死んだ親方がしゃべらせているんだなと、ふと感じることがあるんです」(藤木会長)


 藤木会長の父・幸太郎氏は藤木企業の創業者。


「博打場はやめろよと、私は言わされているような気がします。これは(死人に)責任転換をしているわけではありません。山下ふ頭はわれわれ(港湾人)の聖地です。横浜の将来の良きあり方のためにも、精神的にも物質的にもこれがあるから横浜はいいねえと言われるように私はしていきたいんです」


林市長は大多数を占めるカジノ反対の民意を無視して、市議会とともに強硬姿勢を貫く姿勢を見せている。このままでは強制立ち退きの可能性もなくはないと思えてくる。山下ふ頭の98%は横浜市が所有している。


 この点について藤木会長は、「山下ふ頭は横浜市のものなのだから、おまえたち(山下ふ頭の港湾人)がなにかやろうが関係ないっていうでしょう。確かに関係ないのかもしれない。しかし、横浜市がこうだといっても(山下ふ頭のことは)港湾人が決めます。ここはおれたちの場所です」とぴしゃり。


■ギャンブルよりF1やディズニーを


 この点については港運協会の水上裕之常務理事も、「強制収用や退去を命ずるのは道路や空港など公共の利益がある場合です。(カジノという)一企業のためにそれをやるというのは論理が立たない」と説明。また横浜市の経済波及効果の説明についても、「カジノが儲かってMICE(国際会議や展示会などのこと)が儲からないという横浜市の説明は、カジノ業者の受け入りです。子どもたちが健全に育つためには、ギャンブルとF1、ディズニーどちらがよいか明らかでは」と指摘した。


 藤木会長は、このたび市民運動を起こすことまで考えたというが、横浜の市民それぞれも、IRやカジノ、ギャンブル依存症などを知ったうえで判断したほうがいいとも話し、


「おれは命をはっても(カジノに)反対するから。自分にできるのはそれだけ。私はハードパワーと闘うつもりです。しれているけどね」


と、独りでも闘い続ける姿勢を改めて表明した。

(取材・文=平井康嗣/日刊ゲンダイ)



㊟藤木幸夫氏は各方面から官邸のヒトラー菅義偉と林文子横浜市長の密約情報を得ていながら、我慢に我慢をしていたのです。勿論、私も一昨年に「渡邉機関」の情報で「山下ふ頭でカジノ決定!!」をスクープしていますし、神奈川の人もこのスクープを藤木氏の耳に入れていますから。。。怒って当然。

 あの会見の林市長のふてぶてしい顔。「鏡を見ろ、ブス!」と言いたいね。痴呆症になって孫から嫌われ、孫はイジメられるぞ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

半島と疑惑大物二人「日本に問題あり!」


半島と疑惑大物二人「日本に問題あり!」!!

 実母が妓生?の鳩山、初訪朝で慰安婦抱いた石破!!
石破茂氏&鳩山由紀夫氏の“ソックリ主張” 韓国の協定破棄「日本に問題・原点あり」
夕刊フジ

 韓国の文在寅政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに、自民党の石破茂元幹事長と、悪夢の民主党政権で「史上最低の宰相」と呼ばれた鳩山由紀夫元首相の発信内容がソックリなことが話題となっている。何と「日本に原因がある」と言わんばかりなのだ。

 文政権のGSOMIA破棄に、米政府や日本の与野党幹部が「失望と懸念」を表明するなか、2人の発信は異色だった。

 石破氏は23日のブログで、「我が国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり」と記した。鳩山氏も同日のツイッターで、「その原点は、日本が朝鮮半島を植民地にして彼らに苦痛を与えたことにある」との持論を発信した。

 こんな方々が政治の中枢にいた時代を考えると、ゾッとする。

㊟大メディアは鳩山由紀夫の実母(赤坂の妓生)を知ってて書かない。そして、金丸訪朝団に加わっていた石破茂くんが初日の夜、カラオケで歓待されながら「女、女は来ないのか!」としつこく要求し、慰安婦少女を妊娠させたことも知ってて書かない。止むを得ず私がバラした。
 君ら2人がその顔でよく言うよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

年金8万円も減る!?刑事責任を!!

年金8万円も減る!?刑事責任を!!
大産大の社保料過少納付 教職員のふざけた退職後の年金が減る 最大年8万円
毎日新聞 / 2019年8月23日 20時28分

 大阪桐蔭高校などを経営する大阪府の「学校法人大阪産業大学」(大産大)は23日、遅くとも1990年以降、教職員の年金、医療、介護などの社会保険料を過少に納付していたと発表した。不足額は累積で10億円以上とみられ、教職員が退職後に受け取る年金も減っていた。社会保険料算定の根拠となる報酬から残業代や交通費などを違法に除外していたためで、管理職は問題を指摘されながら過少納付を続けるよう担当者に指示していた。

 私立学校の教職員は、文部科学省の外郭団体「日本私立学校振興・共済事業団」が運営する私学共済に加入する。厚生年金、公的医療保険、介護保険の保険料などを教職員と勤め先の学校法人が半分ずつ負担する。

 法律により、保険料の額は手当を含めた給料に応じて決まる。しかし、大産大は事業団に報告する給料の額に、時間外手当(残業代)、通勤手当などを算入していなかった。保険料の総額は本来より年間あたり約5900万円も少なくなっていた。その結果、将来受給できる年金は平均モデルで1年間に、事務職員約8万円、中高教員約2万円、大学教員約1万円も減る。

 賃金台帳などの資料から過少納付は90年から確認できたが、私学共済に加入した1954年から続いていた可能性がある。2003年以降、歴代担当者が問題に気付いて上司に相談したが、上司は「変更しない」と指示したり、「上と相談する」と言ったまま放置したりしていた。

 23日記者会見した吉岡征四郎理事長は「社会保険制度の根幹に関わる非常に重大な事案で、誠に申し訳ない」と謝罪した。今後は調査委員会で事実関係を究明し、関係者を処分する方針だ。

 事業団の担当者は「まさか学校でこんな問題が起こるとは思ってもいなかった。今後、注意喚起していきたい」と話した。【原田啓之、阿部亮介】

2年以上前の分は「法律で時効」と対応せず

 法人は、今月上旬に教職員へこの問題を知らせた際、「膨大な作業になる」などとして過去分の訂正を拒んでいた。事業団から要求されると、過去2年間分に限って不足する保険料を納めると表明した。

 ただ、2年以上前の分は「法律で時効になっている」と対応しない方針だ。失われた年金の大半は回復しない見通しで、退職者を含めた教職員約3000人の大半に影響するとみられる。

 法人は事務職員で年平均約8万円減ると説明するが、勤続年数が長かったり、時間外賃金が多かったりする場合はもっと減る。中堅職員は「年金が2000万円不足すると言われて老後の生活に不安があるのに、さらに年金が目減りするとは許せない」と憤る。


㊟これは酷い。殆どの職員は真面目に働いていただろうに。救済することは出来ないのか。。。経営陣の個人資産を差し押さえるとか。。。私はこういうのを黙っていられない性格だが、、、もう歳だし。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

横浜流星がブレイク俳優ランキング1位に!  勢いに乗るイケメンの”最大の悩み”とは?

横浜流星がブレイク俳優ランキング1位に!  勢いに乗るイケメンの”最大の悩み”とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)
 先月ORICON NEWSが発表した、「2019上半期ブレイク俳優ランキング」で俳優の横浜流星が1位に輝いた。

 同ランキングは、オリコン・モニターリサーチが6月17~27日に、10~50代の男女1,000人を対象にインターネット調査。横浜は2位の中村倫也、3位の吉沢亮を押しのけ、世代別ランキングでも20~50代で1位となる“圧勝”だった。

「不良高校生役を演じた今年1月期の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)、そして放送中の主人公的な立場の役を演じている『あなたの番です|反撃編|』がいずれも視聴者の心をわしづかみにしている。その相乗効果で3月に発売した写真集『流麗』が売り上げを伸ばしている」(テレビ局関係者)

 今風のイケメンに加え、中学時代に極真空手の世界大会で優勝したこともありボディーはムキムキ。売れる要素を兼ね備えているが、所属事務所としてはまだまだ“伸びしろ”に期待しているようだ。

「所属はスターダストプロモーションで、山崎賢人が所属する制作2部に所属。山崎と肩を並べるほどの売れっ子にしたいようです。この勢いに乗り代表作となるような主演作が欲しいようですが、どうも作品選びには恵まれていない。これが最大の悩みですね」(映画業界関係者)

 5月には主演作「チア男子!!」が公開されたものの、公開後はまったく話題にならず。9月には青春ミステリー小説を映画化した「いなくなれ、群青」が公開されるが、内容からしても大ヒットするような作品とは思えない。

 一方、山崎は人気コミックを実写化した今年4月公開の主演作「キングダム」が興行収入59.6億円を記録。今年上半期の邦画興行収入ランキングで2位となり、自身の代表作となった。
 横浜が山崎と肩を並べるまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。


㊟最近の芸能界は男女とも次々と新人がデビューする。今年人気ナンバーワンでも年が明ければまた新人に人気を奪われる。生存競争の激しさはアスリート界以上だ。中村倫也も急浮上したばかりじゃないか。頑張れ、横浜流星。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、



ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明
共同通信 / 2019年8月23日 16時45分

 生協の組合員向けに食品などを販売する生活クラブ連合会(東京)が扱っていた犬や猫用のペットフードから、サルモネラ菌や大腸菌群が検出されていたことが23日分かった。すでに販売は中止しているが、14匹の犬が死ぬなどの被害が出た。仕入れ先の製造工場などを調べたが、汚染の原因は分かっていないという。

 問題があったのは「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」で、北海道栗山町の工場で製造されていた。18年4月から約4万7千個を販売し、19年1月以降、ペットに嘔吐や下痢などの被害の相談があり、3月に販売を中止した。
 調査によると、計68匹の犬と猫に症状が出て14匹の犬が死んだ。

㊟信じている生協から買った餌で愛犬や愛猫が死んだなんて、飼い主は堪ったものじゃない。

 私の愛犬は19歳まで生き、猫は21歳まで生きた。幸せだったのか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

新生四つ本は大嘘だった!!

新生四つ本は大嘘だった!!
吉本興業の反社チェック”ホットライン”、誰も番号を知らず電話しても誰も出ないことが発覚!
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 闇営業問題で謹慎処分を受けた吉本興業所属芸人が8月19日、次々と仕事復帰を果たした。この日、吉本興業の劇場「ルミネtheよしもと」舞台復帰したのは、くまだまさし、ムーディ勝山、スリムクラブ、2700、ストロベビー・ディエゴの7人。それぞれ舞台上で謝罪するとともに、騒動を自虐する場面もあった。

「謹慎芸人たちは当分の間、吉本興業の劇場での仕事がメインとなるでしょう。その上で、振り込め詐欺についての啓蒙活動などといった社会貢献活動も続けていくことになると思います。また、吉本興業としては、同様の反社会的組織とのつながりが生まれないよう再発防止策を強化していくでしょう」(お笑い業界関係者)

 吉本興業では、所属芸人を対象にコンプライアンス遵守のための講義を定期的に開催。さらには、芸人たちが仕事相手などに何らかの不安を抱いた際に問い合わせるための「ホットライン」を設けている。

「この『ホットライン』というのは、緊急時に吉本が”反社チェック”をしてくれるというもの。たとえば、飲み会に誘われて行ってみたけど、明らかにカタギではない人がいたとか、結婚式に誘われて行ってみたけど、怪しい人がたくさん来ているとか、そういった時に『ホットライン』に電話をすると、相手方の反社チェックをしてくれたり、その場を立ち去るべきかどうかのアドバイスをしてくれるというものです」(同)

 しかし、そんな「ホットライン」だが、実際には機能していないのではないかとの疑惑が浮上している。

「某有名芸人が、とあるイベントのフリートークのコーナーでちょっとした暴露話をしていたんですよ。ある時、芸人仲間で『ホットライン』について話していたんだけど、その場にいた芸人は全員その番号を知らなかったというんです。さらに、マネージャーにも聞いてみたら、マネージャーも知らなかった。もちろん、ホットラインに電話をしたことがある人は誰もいなかったそうです」(メディア関係者)

 マネージャーもホットラインの番号を知らないというのは、さすがに“問題あり”なのではないだろうか。しかし、話はそれだけでは終わらない。

「芸人たちは、マネージャーにホットラインの番号を調べてもらって、実際に電話してみたらしいんですが、誰も出なかったそうです……」(同)

 たまたまホットラインのオペレーターが席を外していただけかもしれないが、緊急時に対応できなければ、まったく意味がないはず。吉本は本気で再発防止に取り組んでいるのだろうか。まだまだ体質改善には程遠いようだ。

㊟これじゃ新生“四つ本”が大嘘ではないか!テレビ局は持ち株を叩き返せ!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

元女優が借金を重ね、キャバ嬢になっていた!!


元女優が借金を重ね、キャバ嬢になっていた!!
夏目雅子さんのめいで元女優の楯真由子さん、蒲田でキャバクラ嬢になっていた
スポーツ報知 / 2019年8月23日 20時52分

 1985年に27歳の若さで亡くなった女優・夏目雅子さんのめいで、子役としてNHKドラマなどに出演していた元女優・楯真由子さん(31)の現在の様子が23日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で紹介された。

 楯さんは夏目さんの兄で実業家の小達一雄さんの一人娘。3歳のときに両親が離婚し、母の実家がある北海道・富良野に引っ越して育った。小学3年のときに学芸会に出たのがきっかけで「叔母のような女優になりたい」と思うようになり、母を介して芸能事務所を紹介されて上京。1997年、小学4年のときに才能を見いだされ、NHK朝の連続テレビ小説「あぐり」でデビューし、多くの学園ドラマに出演後、14歳で時代劇「八丁堀の七人」にレギュラー出演した。

 しかし夏目さんとことごとく比較され「何を頑張っても『七光り』って言われる」ことに悩まされるうちに仕事も減り、事務所から独立して容姿を変え、アイドルなどへの転身も図ったが、心身のバランスを崩して22歳で引退した。

 1年以上引きこもり状態だったが、23歳で一般男性と結婚し、長男をもうけた。1年で離婚し、現在は7歳になった長男と、母との3人暮らし。生活のために借金を重ね、200万円の返済に追われながら、東京・蒲田駅前のキャバクラに週3回出勤し、月収15万円で生活しているという。

 番組では「八丁堀の七人」で共演し、父親のように慕っていたタレント・片岡鶴太郎と楯さんが14年ぶりに再会。「叔母である夏目雅子の存在そのものが私を縛ってきた。それを恨みに思うことがあった」などと話していた楯さんを鶴太郎が励ました。

㊟私もこの番組を観た。顔の変わりようも凄い。これからまだまだ長い人生が続く。鶴太郎氏のアドバイスを胸に頑張って生きて行きなさい。ただ、息子の友達がこの番組を観ていなくても友達の母親らが観ているだろう。陰口で息子が心配だ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「この国は嘘つきの天国」韓国



「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身
デイリージャパン・夕刊フジ

 日本でも注目されている韓国のベストセラー本『反日種族主義』が、引き続き売れている。ソウルにいるデイリーNKジャパン記者によれば、ソウル市中心部の大型書店で今週も総合ランキング1位である。

 李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学名誉教授ら、6人の学者の共著である同書のテーマをざっくり言うと、「歴史問題に関する嘘や無知、誤解に基づく韓国の『反日』は、未発達な精神文化の表れであり、これを克服しなければ韓国社会の発展はない」というものだ。

 最近の韓国社会の雰囲気とは真逆に置かれる内容だが、否定派も含め、同書を手に取る人が圧倒的に多いのも韓国社会の現実なのだ。日韓関係の悪化を受けて、歴史関係の書籍が全体的に売れているというが、同書に追随する本は見当たらない。

 ただ、前出のデイリーNKジャパン記者によれば、同書が売れに売れながらも、その内容に基づく「大論争」が始まる気配はまだ見えないという。同書は従軍慰安婦、徴用工、日韓併合などについて韓国の「常識」に強烈に異を唱えているわけだから、その内容を受け入れられない学者や運動家は、ひとつひとつ根拠を挙げて論駁しなければならない。そうすれば、同書にも誤りがあることが判明するかもしれない。

 いずれ、そのような動きが出てくるかもしれないが、今のところはまだ、否定派からは「クズのような本だ」という悪罵や、観念的な批判が聞かれるくらいだという。

韓国メディアにも、同書を客観的な視点から検証する動きは見られないようだ。やるべきだと思っていても、出来ないのかもしれない。韓国の精神文化には「自由な個人」がいないというのも、同書が指摘するもののひとつだ。

 もっとも、こうした本を書く著者や、手に取る読者が大勢いるという点で、「自由な個人」も相当数いると思うのだが。

 いずれにしても、李栄薫氏はこうした韓国社会の様々な問題点の背景として、金銭的な富や地位を至上とする「物質主義」の蔓延を指摘する。そして、物質主義は嘘に寛容だとして、同氏はこう書いている。

 「この国は嘘(嘘つき)の天国です。偽証罪と誣告罪が日本の数百倍にもなります…」(エピローグ)

 果たして、この言葉に首肯すべきかどうかためらわれる部分もあるが、このように書くのもまた、韓国社会にそれでも存在する「自由な個人」を刺激したいからでもあるだろう。ただ、嘘というべきかどうかは議論の余地があるかもしれないが、都合の良い「言い換え」が、特に現政権下でいつにも増して横行しているように感じるのも、事実ではある。


㊟私の年代で極左でない大人は蛆キムチを大嫌いが多いが、日本の若者たちの韓国旅行は大きくは減っていないと、そんな若者たちをどう教育したらいいのか。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

蛆国暴動の可能性大!!



蛆国暴動の可能性大!!
韓国GSOMIA破棄でクーデターの可能性も!? 日韓防衛OBにも衝撃「現役将官のほぼ全員が“失望”している」
夕刊フジ

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを、自衛隊OBや韓国の退役軍人は衝撃をもって受け止めた。文大統領に対する懸念や失望以上に、怒りが広がる。専門家は韓国内で近いうちに「文降ろしが始まる可能性がある」と指摘する。

 ■伊藤俊幸氏「あまりに合理性に欠けた反日カード」

 金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸元海将は

「文氏が通商から安全保障まで反日カードを切ったのは、あまりに合理性に欠ける。これまでも、文氏は北朝鮮のスパイを摘発する部局をつぶすなど、『従北』のむちゃくちゃな対応を見せてきた。日米韓3カ国の安全保障の基盤が揺らぐのを危惧する現役の軍人らの生の声も届いていないようだ」

と解説する。

 続けて、

「韓国軍にとり、北朝鮮のミサイル発射時には、特に着弾情報は自衛隊頼み。文氏の判断は、情報担当部局には大迷惑な話なのだ。情報は『収集→分析→評価→配布』の流れをとるが、今後は米軍が日韓両国に相互に情報を渡す『配布』の場面で機密情報を一部、加工し、渡す作業が煩雑になるなど、3カ国の連携に支障が出るだろう」

とした。

 日本政府はどう対応すべきか。伊藤氏は

「日本は韓国の出方を静観すればよい。議論するだけムダだ。激変する国際情勢に備え、こういうときだからこそ、憲法を改正し、自衛隊の存在を明確に憲法に位置付けるべきだ」

と強調した。

 ■高永チョル氏「支持率低下を挽回したい思惑」

 かつて朝鮮人民軍と対峙(たいじ)してきた元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏は「文氏は想定外の行動に出た。政権への支持率低下を、反日をあおり、挽回したいとの思惑があるようだ」と分析する。

 韓国軍は文氏の判断をどうみているのか。高氏は

「現役の将官らは100%近くが、『まさか』と失望しているはずだ。軍人は敵(=北朝鮮)と戦い、勝利するのを目的にしているが、『このまま北朝鮮に韓国が飲み込まれるくらいならば』と、正義感の強い一部の軍人たちが、政権の指導者に政変(クーデター)を仕掛ける公算がより大きくなった」

とみる。

 その上で「退役軍人団体らも文氏に猛抗議し、弾劾を訴えるデモが今後、激しさを増すのは確実だ。韓国に在韓米軍を置く米国側からの圧力もかかり、協定破棄を見直すべきだとの韓国世論が喚起され、『文降ろし』につながる可能性が出てきた」と語った。

㊟ここまで極端な政治を強行されると不満は募るはず。暴動が起きる可能性は高いだろう。その時、文タロウは軍を動かそうとしても動かず。。、警察では手に負えず、ゴキ醜に助けを求めるか、北のドンに救いを求めるか。。。ま。八つ裂きにされてしまえ!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

太田光、N国立花党首の


太田光、N国立花党首の「応援してくれてる」「感謝」ラブコールを拒絶「人聞きの悪いことを言うな!」
スポーツ報知 / 2019年8月21日 10時0分

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が20日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(深夜1時)内で「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志参院議員が19日、東京・千代田区のTOKYO MXを訪れ、同局の「5時に夢中!」で「今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」と発言したタレントのマツコ・デラックスへの2度目の出待ち抗議を行ったことについてコメントした。

 あおり運転の宮崎容疑者関連のトークから話題を急旋回させた太田は「立花がよ、また『5時夢』に行ったんだよ。当然マツコとか出てくる訳ないじゃん」と語り出した。

「それで(立花氏が)『何でも質問受けます』ってなってんだよ。そしたらインタビュアーの1人が『爆笑問題の太田さんがさんざん挑発してるのに何で相手しないんですか?』って聞いて…。そりゃ嬉しいからです。太田さんは僕のこと悪口言いながら応援してくれてるんですよって…。立花、そんな訳ねーだろ!!」

と思わず激高。

 「でも気持ち悪いって言われてますよ」という、インタビュアーのさらなる追及に対し立花氏が「いや彼の気持ち悪いは別にいいんです。感謝してます。僕が太田さんに言うことによって、太田さんの言論に圧力がかかるといけないんで」と答えたことに触れ「俺守られちゃったよ」と苦笑いの太田。

「立花、お前を応援してねーからな。人聞きの悪いことを言うな! NHK大好きなんだよ、俺は。お前、俺のファンだろ。出待ちしろ!!」

と叫び、立花氏のラブコールを完全拒絶した。

㊟漫談のネタになっても話題になればいいってことか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

議員セクハラ容認するマスコミ!?


議員セクハラ容認するマスコミ!?
【沈黙をこえて】言い聞かせてきた「見過ごすことが大人」 国会議員からのセクハラ、容認する報道現場
カナロコ神奈川新聞8/23(金) 14:00配信

 財務事務次官による女性記者へのセクシュアルハラスメントが発覚した2018年、わが身を省みたマスコミ関係者は少なくない。テレビ局で働く鈴木京子さん(仮名)もその1人。

これまで性被害を受けながらも「見過ごすことが大人のルール」と言い聞かせてきたが、もう黙らないとの意を強くしている。記者ではなく「女」であることを求められる報道現場。メディア業界で働く女性の現実を見つめていく。

議員に関係迫られ
 2000年代半ばにテレビ局で働き始めてから数年後、鈴木さんは政治部に異動し、当時の主要政党を担当した。


 日中はなかなか向けられない話でも酒の席では雑談を交えながら聞き、情報を手にできる。他の記者と同じく、国会議員と飲みに行くことは鈴木さんにとっても取材の一環だった。


 相手は9割強が男性。当初は2人きりになることに不安を覚え、他社の記者と一緒に複数人で飲むことが多かったという。


 「政治部は、公務先などで複数の記者と議員を囲む取材が多い。他社と協力体制を築いておかないと、情報が回ってこなくて取材に参加できず、結果、ニュースを落とす、ということが起きかねない。男性記者の中には『女だからネタを取れる』と陰口を口にする人もいたので、恩を売るではないけれど、日頃から議員との飲み会に誘うなどしていたんです」

 ただ、仕事にも慣れ、警戒心が薄らぐと、一対一での飲み会が自然と増えた。鈴木さんはあくまでも取材という意識だったが、相手はそうではなかった。


 ある議員とバーで飲んでいたときだった。仕事の会話の途中で卑わいな話題を振られた。


 「彼氏とエッチしているのか」


 笑ってごまかすと、なおも続けて、こう言った。


 「俺とやらない? やらないと相性って分からないんだよ。一度やってみようよ」


 議員は既婚者だったが、冗談を言っているふうではなかった。バーから宿舎は近い。その場の雰囲気を壊すと、情報をもらえなくなるという怖さもあった。とりあえず、笑ってその場をやり過ごした。


 その後もしつこく食事に誘われたが、断り続けると、何事もなかったかのように声を掛けられなくなった。一方、新たに配属された女性記者を誘う議員の姿を何度も目にした。


 「それはそれで苦しかったです。女性同士で競わされている、というか…。宴席ではお酌して、何を言われても笑顔で、そういう女性になれないなら記者失格と言われているような気がして、すごくつらかった」


 仲間内では、女性記者がかつて政治家との懇親会に水着で参加したことが武勇伝のように語られていた。誰かに相談できるような環境はなかった。


仕事で評価されず

 なぜ被害を訴えなかったのかと言われれば、その通りかもしれない。だが、そもそも声を上げられる土壌などなかった。

 以前いた番組の制作現場ではほぼ毎日、男性の先輩から尻を触られた。


 社内の飲み会があった店では、その先輩に背後から抱きしめられ、下半身を押し付けられた。助けを求めたくても、ショックと恐怖で体が固まって声を出せなかった。


 偶然、通り掛かった同僚の男性は冷やかすようなそぶりを見せた。後日、男性社員たちは「鈴木が襲われていた」と笑いながら話していた。


 政治部記者時代、先輩記者から「お前、あの議員と仲良しだからネタを取れるだろう」と情報の裏取りを求められ、実際に情報をつかんだときも「お前はあの議員の『お気に入り』だからな」と茶化された。しまいには「あの議員は女性に甘いんだからうまくやれよ」と言われた。


 「振り返ってみると、記者として仕事の中身を評価されたことがなかった」


 記者ではなく「女」であることを求められ、成果を上げても「女」であることを理由にされた。
報じる側の問題

 そんな社内の体質は日々の仕事でも痛感した。鈴木さんが、未就学児が通う施設について取り上げる企画書をまとめたときのことだ。


 当時、施設の在り方を巡っては省庁の縦割りが問題視され、企画はその弊害を指摘するものだったが、番組制作を取り仕切る男性上司からは難色を示された。了承は得たが「少子化問題」を絡めるとの条件付きだった。


 少子化の時代、女性は子どもをたくさん産まないといけない。だから、この問題を真剣に考える必要がある―。省益などを巡る対立を描くつもりが、そんな構成を求められた。


 「あっけにとられました。なぜ、少子化対策に結び付けないと子育て環境に関する行政の問題は伝えられないのだろう、と。かつて、ある大臣が『女性は子どもを産む機械』と発言しましたが、根底にある認識は同じなのでは、と」


 番組制作の現場では、女性は全体の1~2割で、どうしてもその声は小さくなってしまう。


 「問題を正面から取り上げて放送しないから、視聴者にも届かない。発信していないから世の中が変わるきっかけを作り出せない。結局、男性社会を容認しているメディアにこそ問題の根本があるんだと、私たちの罪深さを実感しました」


 企画は日の目を見たものの、胸には釈然としないものが残った。


もう、黙らない

 性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動が広がり、人権侵害は次々と明らかになってきている。


 大学の医学部入試では女性の合格を抑制する不正があったことが分かり、先日は女子大学生を性的にランク付けするという週刊誌の記事が批判を浴びた。


 「女子大があるのに、なぜ男性を優遇する医学部入試が差別になるのか分からない」「飲み会で話題になるようなことが記事になっただけだ」


 鈴木さんは、社内からそんな声が聞こえるたびに大きな認識の隔たりを感じつつも「一つ一つ、問題を取り上げて世の中に問うていくしかない」と思う。


 一方で、財務事務次官からセクハラを受けた女性記者の告発は、わが身にも向けられている気がしている。「あのとき、私は黙ってしまった。セクハラが横行する業界の体質を容認し、セクハラを黙認する社会を後輩たちに引き継いでしまった。まず、自分が変わらないと世の中も変わるわけがない」


 もう、黙らない。鈴木さんはいま、かつて口にできなかった「私も」という言葉をかみしめている。


連載「沈黙をこえて」

 この記事は神奈川新聞とYahoo!ニュースによる連携企画です。性暴力などの被害を告発する「#MeToo」運動が巻き起こってから2年近くがたちましたが、いまだ性別に根差した差別や暴力が社会に横行しています。連載名の「沈黙をこえて」には、黙さず声を上げ、全ての人の尊厳が守られる社会をつくろうとする人たちの思いを込めました。不定期で連載します。

㊟神奈川新聞といえばオウム真理教に「坂本弁護士がTBSワイドショーで告発する」とタレこんだ江川紹子がいる。しかもこの新聞は反日記者が多いことでも有名。

結局、坂本弁護士一家3人は殺害され新潟県の山に埋められた原因を作った江川紹子。私にこの卑劣行為をバラされ、いまは程んどのマスコミからお呼びがない。当然だろ。またTVに出たら叩き潰す。ところであんな顔の江川でもセクハラを受けたのかな。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

総売上500万枚超え「歌手X」が


総売上500万枚超え「歌手X」が「薬物」逮捕寸前か!?
日刊大衆 / 2019年8月23日 7時15分

 3月12日、テクノユニット『電気グルーヴ』のピエール瀧(52)の逮捕。5月22日、『KAT-TUN』の元メンバー・田口淳之介(33)と内縁関係にある女優の小嶺麗奈(39)の逮捕。7月19日、ロックバンド『RIZE』メンバーのJESSE(マック・ファーデン・ジェシー・ソラト/39)と『RIZE』メンバー及び『Dragon Ash』サポートメンバーのKenKen(金子賢輔/33)の逮捕……と、「ジャニーズ」や「闇営業」のニュースでかき消されがちだが、今年は芸能人の薬物事件が相次いでいる。

 さらに、ここにきて超大物芸能人にも捜査の手が及んでいるという情報が舞い込んできた。

「当局が、レコードの総売り上げが500万枚以上という超大物ミュージシャンのXをマークしているようなんです」(全国紙社会部記者)

 Xはバンドでデビューし、ヒットを連発。ソロアーティストとしてもドラマの主題歌に楽曲が採用されたり、他アーティストへの曲提供やコラボ、さらには俳優としても活躍している。

「Xについては過去に、ロンドンをはじめとする海外で違法薬物をやっていたということは音楽業界ではよく知られていました。ところが、ここ何年かはライブをドタキャンするなどの奇行も見られ、また、体調不良を訴えることも少なくありませんでした。

 そのため、現在でも薬物を使用しているのではないかと疑惑が浮上。ここにきて、組織犯罪対策部5課、通称『組対(そたい)5課』が、Xの内偵に入っていて、近く踏み込む可能性もあると聞こえてきているんです」(前出の全国紙社会部記者)

『組対5課』といえば、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部、通称『麻取(まとり)』と並び、日本の薬物犯罪を取り締まる総本山。

「組対5課、麻取ともに影響力の大きい芸能人の薬物犯罪には常に目を光らせています。今年の上半期は、ピエール瀧や田口淳之介を逮捕した麻取に注目が集まりがちでしたが、ここにきて組対5課も芸能人の薬物事案を嗅ぎつけたということのようですね。組対5課といえば2016年2月に元プロ野球選手の清原和博(52)を摘発したことも記憶に新しい。彼らが内偵に入ったとすれば、Xの逮捕も時間の問題ではないかと……」(実話誌ライター)

 ミュージシャンとして一時代を築き上げたX……逮捕は秒読み段階に入っている!?

㊟このXは誰??残暑を吹き飛ばす事件になるよう祈ろう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

悔しいなら公務員になってみろ!


悔しいなら公務員になってみろ!
就職するなら公務員の一択? 国民の賃金は下がり続け国家公務員の給与は引き上げられる理不尽さ
サイゾー
文=鷲尾香一
 人事院が国会と内閣に対して、『国家公務員給与の引き上げ』を勧告したことが大きな反発を呼んでいる。

 インターネットにはさっそく、「何故、公務員の給与だけがあがるのか」「財政難だから消費税率を上げて増税するはずなのに、公務員の給与を上げるつもりか」といった声から、「米中貿易戦争の影響で、民間の収益力は落ちている。安定性を考えればやっぱり、就職するなら公務員だな」といった冷めた声まで上がっている。

 人事院は8月7日、2019年度の国家公務員給与について、一般職の月給を平均387円(0.09%)、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.05カ月分それぞれ引き上げるよう勧告した。月給とボーナスの引き上げは6年連続となる。勧告通りの引き上げが行われれば、平均年収は2万7,000円増の680万円(平均43.4歳)となる。

人事院勧告に合わせて改定される地方公務員も含め、約330万人の給与に影響する見込みだ。財務省の試算によると、給与を勧告通りに上げると19年度予算で、国家公務員が約350億円、地方公務員が約680億円の追加が必要となる。

 間が悪いというか、配慮が足りないというか……この発表の2日前の8月5日、衆議院が2018年の毎月勤労統計調査について、野党が要求していた方法で再計算したところ、実質賃金の伸び率が厚生労働省が発表したプラス0.2%からマイナス0.4%と0.6ポイントも低いことが明らかになったばかりだ。

 これは、大騒動となった厚労省による毎月勤労統計調査の不正問題で、調査対象となる事業所の入れ替えが行われたことから17年も調査対象となった「共通事業所」と呼ばれる事業所だけで算出し直した結果となる。

 こうなると、民間の実質賃金は厚生労働省の不正統計により“水増し”されていたのに、公務員の給与だけが引き上げられることになり、批判を浴びるのも致し方ない。あまりにも国民感情に配慮のない人事院勧告に、「国民を舐めているのか」という厳しい言葉まで出る始末だ。

 それでなくとも18年8月に人事院は「国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるため、国家公務員法等を改正すべき」との意見書を出しており、この時も、「民間企業で65歳定年が進んでいないのに、公務員だけが65歳まで定年延長され、安定雇用を手に入れるのはおかしい」との批判を浴びている。

 昨今、ますます進む少子高齢化から年金支給年齢を65歳に引き上げるにあたり、民間企業では本人が希望する限り、65歳までの雇用を義務付ける「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」の一部改正が、06年に行われた。

 一方、公務員については65歳の年金支給開始までの雇用により無収入の期間を無くす仕組みとして、01年度から再任用制度導入された。再任用制度は60歳定年退職後の再任用希望者全員の採用を義務付けるものだが、定年延長ではなく民間企業で言うところの再雇用制度のようなものだ。そこで人事院は、「国家公務員の定年を65歳に引き上げるべき」との意見書を出すに至ったわけだ。

 しかし、18年時点で民間企業における65歳以上の定年を採用している企業は、わずか18.1%しかない。定年制を廃止した企業の2.6%と合わせても、2割強の企業にとどまっている。実際には、民間企業に勤めるサラリーマンの60歳以上の雇用は不安定な状況が続いている。

 これに対して、国家公務員が民間企業に先んじて65歳定年を実現すれば、冒頭の「やっぱり、就職するなら公務員」という声が増えるのも頷ける。ただ、「不況時に公務員に就職する学生が増える」のは“世の慣わし”。それだけ、民間の活力が失われていることの証左でもある。

㊟国家公務員の霞が関の役人は生意気ですよ。特に東京大学法学部卆。東大以外はバカ扱いだし、地方公務員など虫けら。税金を払って食わしてる国民まで虫けらを見るような目です。

 NPO法案を廃案にしようと自民党議員に逆陳情していた財務官僚など、私と河村たかし議員を前にして、


「君たち、こんないい法案を廃案するとはどういうことだ?」


 と私が追及すると、


「国民から金を集めるのは財務省以外は許せません!」


 と来た。激怒した私は河村たかし議員の前で。


「貴様ら、誰にモノ言ってるか分ってるのか!この法案は私が成立させる!覚悟して置け!」


 とやられて、、、しゅん、、、その前に私がTBSの社長と常務を国会に喚問させ、首を奪ったのを思い出したのだろう。鬼神に見えたのかも。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「新宿の薬局」と呼ばれる密売組織摘発

「新宿の薬局」と呼ばれる密売組織摘発
TBSニュース8/23(金) 14:52配信

 住吉会系暴力団の会長ら数人が覚醒剤所持の疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かりました。この暴力団は、薬物常習者などから「新宿の薬局」と呼ばれる密売組織でした。


 「警視庁の捜査員が大昇会の事務所に覚せい剤取締法違反の疑いで、家宅捜索に入っていきます」(記者)


 捜査関係者によりますと、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、住吉会系暴力団「大昇会」会長の藤本政弘容疑者ら数人で、今年7月、都内で覚醒剤を販売目的で所持した疑いがもたれています。大昇会は、違法薬物を全国に販売する密売組織で、東京・歌舞伎町に事務所があるため薬物常習者などから「新宿の薬局」と呼ばれ、警視庁は、先月17日に事務所を家宅捜索していました。


 大昇会を巡っては、人気ミュージシャンのASKAさんに覚醒剤を譲り渡した密売人なども過去に逮捕されていて、警視庁は組織の実態解明を進めています。(23日12:57)


㊟イタチごっこではあるが少しは効果があるか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

秋篠宮さま ブータン旅行で前代未聞の

秋篠宮さま ブータン旅行で前代未聞の事態、周囲から不満噴出
WEB女性自身 / 2019年8月23日 11時0分

「あっ、秋篠宮さま!」


成田空港のロビーに居合わせた20代の女性からそんな声が上がると、搭乗口にお一人で向かわれる秋篠宮さまは、にっこりとほほえまれた。


秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは8月16日、ブータンへのご旅行に出発された。12歳の悠仁さまにとって初めての海外ご訪問となる。


「御代替わりで秋篠宮さまが皇位継承順位1位、悠仁さまが2位になられました。不測の事態を考慮し、紀子さまが悠仁さまに付き添われ、秋篠宮さまはお一人で別の飛行機に搭乗されたのです」(宮内庁関係者)


ブータンといえば、眞子さまが小室さんとの婚約内定報道直後の’17年6月に公式訪問された国。当時は国を挙げて、眞子さまを祝福してくれていた。


「眞子さまのご訪問のときに歓迎してくれたワンチュク国王一家と、今回も秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが面会される予定です。眞子さまのご結婚延期について、何らかの説明をされることになるでしょう」(宮内庁関係者)


東宮家より職員が少なく万全とはいえない環境で、紀子さまは一生懸命ご自身なりに“帝王教育”を模索されてきた。


「悠仁さまは昨年の夏休み、紀子さまに伴われて広島平和記念公園をご訪問。また、お忍びで槍ヶ岳登山にも挑戦されました。その時も紀子さまがご一緒でした。今回のブータンご訪問は悠仁さまにとって貴重な経験になります。紀子さまにとっても念願だったはずです」(皇室ジャーナリスト)


天皇陛下の海外初訪問は中学3年生、オーストラリアへのホームステイだった。秋篠宮さまも同じく中学3年生の夏休みにニュージーランドを訪問されている。


「秋篠宮ご夫妻と悠仁さまにとって、ブータンご訪問が実り多き旅となるよう願っておりますが……」


そう前置きしてから、皇室担当記者が声を潜める。


「同行する新聞やテレビの記者にすら、旅行の日程は直前まで知らされませんでした。出発日である16日に、やっと翌日17日の分だけが知らされたのです。私的なご旅行とはいえ、前代未聞のことです。周囲への根回しがあまりに不十分なのです。現地とのやり取りを仲介しているのは、秋篠宮さまの知人でブータンに詳しい学者。そのため“蚊帳の外”になった外務省や現地の大使館からは、十分な情報が伝達されないことに不満の声が上がっています」


前出の宮内庁関係者はこう憤る。


「2人の“将来の天皇”がいらっしゃる秋篠宮家の職員は、皇嗣職として約20人から51人に増員されました。しかし経験が浅い職員が多く、組織はバラバラなのです。何事もご自分でお決めになりたい秋篠宮さまとは、意思の疎通がうまくいっているとは思えません」

㊟皇族も人ぞれぞれ。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「体育倉庫のマットの上で“処理”させられて




「体育倉庫のマットの上で“処理”させられて……」教師によるスクールセクハラ被害者たちが声をあげた!
性によって子どもを支配し、「教育」と正当化する教師を許すな
秋山 千佳
source : 文藝春秋 2019年9月号

 その私立高校のホームページを開くと、笑顔を向ける男性美術教師の写真がある。
 田村千尋さん(仮名、28)は一瞥して「気持ち悪い」と口にし、目を背けた。

 彼女は高校生だった約10年前、当時30代後半だったこの教師から、下半身を触られるなどの性被害を継続的に受けていた。信頼していた教師から突然下着に手を入れられた際、混乱と恐怖で抵抗できなかったのが始まりだった。

言いなりになった自分を責め、うつ病に

「絵を描く資料にする」という理由で裸にされ、緊縛されて写真を撮られてもいる。後に、「写真は口止めの意味もありますよ」
と言われた。

 田村さんは言いなりになった自分を責め、卒業後にうつ病になった。その教師は今も教壇に立っている。他の女子生徒とも性的接触があったようだ。田村さんは言う。

「すべてをぶちまけてやりたいと何度も考えました。でも、そのたびにリベンジポルノ的に写真を流出させられるかもしれないとよぎって怖くなるんです」

 文部科学省によると、平成29年度に性的行為などで懲戒処分された公立小中高校などの教員は、210人。このように明るみに出るのは氷山の一角であり、さらに公的調査がない私立学校はこの数字に含まれておらず、実態も不明だ。

部活の顧問から毎日のように呼び出されて……

 こうした事案は、教師による児童生徒へのセクシュアル・ハラスメント、「スクールセクハラ」と総称される。スクールセクハラの被害者の苦しみは、被害の渦中にある時だけでなく、成人してからも長く続く。

 公立高校で被害に遭った小野香織さん(仮名、52)は、部活動の顧問だった男性教師を「鬼畜やね」と言い捨て、当時をこう振り返る。

「普通の真面目な高校生だったのに、毎日のように呼び出されては、体育倉庫のマットの上などで“処理”させられました」



 所属していた部活動は強豪で、顧問は絶対的存在。男性との交際経験も性経験もなかった小野さんは「部員としての義務、練習の一環だ」と考え、行為の最中は頭と体の感覚を切り離してやり過ごした。たびたび現場となったマットのそばには窓があり、顧問に「民家から見られたら通報される、伏せろ」と指示されてはレイプされた。卒業とともに接触は止んだ。「次のターゲットの子が出てきていたと感じます」と小野さんは語る。

 被害を明確に自覚した時には35歳になっていた。心療内科でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された。一方の顧問は、定年退職まで勤め上げ、今も子どもたちに関わる立場にある。

加害側には「指導に熱心な先生」と評判の教師も多い

 スクールセクハラの背景には、「指導し評価する者」と「教え子」という力関係がある。加害側は小児性愛者などがわいせつ目的で教師になったと推測されるケースもあるが、妻子がいて「指導に熱心な先生」と評判の教師も多い。その中には性によって子どもを支配し、それを「教育」であるかのように都合よく正当化するような教師さえいる。

「これは普通の行為で別に悪いことじゃないと君に繰り返し教えた」

「普通だから大丈夫や」

「絶対良くなるから、君のためだよ」

 これらは加害教師たちが被害者に教え諭すようにかけた言葉だ。「全く罪の意識がない」と後に悟ったという被害者がいたが、こうした教師を野放しにしておけば悲劇は繰り返されるばかりだろう。

スクールセクハラという性的虐待

「文藝春秋」9月号では、「スクールセクハラ『犠牲者』たちの告発」と題し、被害に遭った20~50代の男女5人の証言とともに、全国どこでも似通った事案が起こり続けているというスクールセクハラの特徴やその影響などを詳報している。

 スクールセクハラという語は、被害に遭った子どもが自分のされたことをどう言葉にしたらいいかわからない場合でも言い出しやすいようにと、被害者支援の目線で90年代から使われてきた。ただ、加害行為を見れば、その実態は教師による性的虐待だ。

 冒頭の田村さんは、自身の実感も込めて「どの子にも起こりうるし、どの学校でもありうること」だと語った。こういう問題があること、子どもを守るためにはどうしたらいいかを、彼女たちの告発から考えてもらえればと願う。


㊟こんな卑劣な教師がいるんですね。徹底的に制裁を加えなさい。あ、但し、暴力はマズいです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

N国・立花党首に詐欺行為の疑い

N国・立花党首「ひとり放送局」に詐欺行為の疑い
「週刊文春」編集部
 NHKから国民を守る党(以下N国)の党首・立花孝志参院議員(52)が代表取締役を務める「立花孝志ひとり放送局株式会社」(以下ひとり放送局)が発券した株式を巡り、詐欺行為の疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かった。

 ひとり放送局の代表取締役は立花氏で、同社は立花氏がYouTubeに動画をアップして稼ぐ母体となっている。ある株主が言う。

「ひとり放送局設立当時(2012年9月)から、立花氏は動画上で同社の株主を1口1000円で募集、昨年2月までに5000万円の資金を集め終え、株主募集は終了しました」

ひとり放送局が発券していた1口1000円の株券

 しかし、登記簿を確認すると、資本金は設立7年後の現在も当初の150万円のままで増資が登記された形跡は一度もない。また複数の株主に聞いても、株主総会も一度もなければ配当もない。それどころか、株券を発行しているにもかかわらず、集めた資金は実際には立花氏への貸付金として処理されているという。

 消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士が指摘する。

「株主募集と称してお金を集めたにもかかわらず、増資もせず、株主としても扱わないというのであれば、詐欺行為になる可能性があります」

 一方、立花氏に質問すると、

「週刊文春をぶっ壊す!」というタイトルでYouTubeに動画をアップし、そこで、「会計処理上は、5000万円を立花個人がお借りしていますが返金の要請があれば直ちに返しています。違法ではない」

と回答した。

 8月21日(水)発売の「週刊文春」では、立花氏の生い立ちや、実母へのインタビュー、奔放な女性遍歴や政治資金を巡るさらなる疑惑についても詳しく報じている。

㊟まともじゃないのはなんとなく分る。まともじゃないどころか立花は完全にサイコパス男と断言する。今後、拙い事が次々…期待して待とう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ほざくな蛆キムチ!!



ほざくな蛆キムチ!!
「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明
朝日新聞8/23(金) 19:41配信

 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))破棄を決めた経緯について、大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)・国家安保室第2次長は23日、「韓日間で基本的な信頼関係が損なわれており、韓国として維持する理由がなくなった」と述べ、改めて日本側に責任があると批判した。


 金氏は、韓国側が元徴用工問題をめぐる大法院(最高裁)判決などについて、外交的解決をめざす対話を求めてきたとし、「日本側は全く真剣に取り組まなかった」と主張。文在寅(ムンジェイン)大統領が日本統治からの解放を記念する今月15日の「光復節」式典で行った演説についても、

「高位級の人物が日本を訪問し、発表前に内容を知らせたのに、日本側は何の反応も見せず、感謝の言葉もなかった」

と批判した。


 文氏は光復節の演説で、歴史認識問題をめぐる日本批判を抑え、「日本が対話と協力の道に出れば、我々は喜んで手をつなぐ」と関係改善を呼びかけていた。


 金氏はこのほか、8月初めに駐日韓国大使が日本の官邸幹部と協議を試みようとしたが、成果を得られなかったとも言及した。(ソウル=武田肇)

㊟蛆キムチは人間社会に来ちゃダメ。赤犬と仲良くしてなさい。腹が減ったら赤犬をコロして鍋にして喰え!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「時間かけて復讐しますね」

「時間かけて復讐しますね」ストーカー容疑で逮捕…43歳男の標的は元交際相手の義理の兄
FNN8/22(木) 20:01配信

ストーカー規制法違反の疑いで43歳の男を逮捕

時折左右に目をやりながら歩く男。ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された、岩月大輔容疑者(43)だ。


標的は元交際相手ではなく・・・

「びっくりするくらい時間をかけて、伏線をはって復讐しますね」というメッセージを送るなどして、岩月容疑者がストーカー行為をした疑いが持たれている相手は、元交際女性本人・・・ではなく、女性の義理の兄だった。


なぜ岩月容疑者は、元交際相手の義理の兄に対してストーカー行為に及んだのか?


岩月容疑者と元交際相手の女性は、今年3月に破局した。同じ月、女性は警視庁・練馬署に「元同棲相手が姉や父にしつこく電話をしてくる」と相談していた。


岩月容疑者は、女性と直接連絡がとれなくなったことから、女性の父親や姉に「女性と直接話さないとわからない」などと電話をかけてきたという。


さらに、義理の兄にもSNSを通じて「実家がわかった。明日行く」とメッセージを送ってきた。義理の兄が交際に反対していると思い込んだとみられている。


岩月容疑者は、警察から4回の警告を受けながらも、義理の兄に60数件、他の親族もあわせると100件のメッセージを送りつけていた。

自分の元交際相手の親族に対して繰り返されたストーカー行為に、街の人たちからは「怖いですね。だって自分の親に迷惑がかかるっていうことですよね?」「自分がされるよりつらいと思う。家族が巻き込まれるなんて」などと驚く声があがった。


調べに対して岩月容疑者は、「女性に恋愛感情はない」と供述。さらに、メッセージを送りつけたことについては「送ったことに間違いはないが、相手(義理の兄)が拒んでいる認識はない」と容疑を否認している。


若狭勝弁護士によるスタジオ解説

加藤綾子キャスター:
今回は義理の兄に対するストーカー行為ということですが、元交際相手本人にではなくても逮捕できるんですね。


コメンテーター・若狭勝弁護士:
今の法律では、本人だけでなく、配偶者や親族など、密接な関係者に対してでも、メールなどをストーカー的に送ると処罰されます。なぜかというと、VTRにもあったように、自分に対してもいやですけど、自分の親しい人に直接言われるのも、本人にとって非常に不安感が増します。それにつけ込んでまわりの人間にやるということをきちんと防止、規制しないと結局ストーカー規制法の目的が達成されないということなんです。


加藤綾子キャスター:
若狭さんは議員時代にストーカー規制法の改正に関われましたね。


コメンテーター・若狭勝弁護士:
はい。ストーカーというと、昔はつきまとうというようなことでした。しかし、最近はSNS、メールなどで行われることが多いので、SNSなども規制の対象にして、ストーカー行為に関する取り締まりはどんどん厳しくなってきているということなんです。


加藤綾子キャスター:
今後はもっと厳しくしていかなければならないかもしれませんね。

㊟昔はストーカーなんていなかったと。。。広島のあの落選した中川俊直も議員時代にストーカー行為をして大騒ぎに。。。欲求不満の溜まる世の中ならではの人種。あ、父親の中川秀直も有名右翼団体大幹部の情婦と知らず銀座ホステ囲って、奥さんの留守に広島まで連れて行って、、しかも、夫婦の寝室、ベッドに腰降ろしたホステス写真まで。。。森内閣の官房長官の時ですよ。

 このバカ父、落選中に私が出向いて演説の指導したんです。で、カムバック。森喜郎氏の一の子分だったから官房長官抜擢したのに。。。で、すっかりいい気になって。奥さんから「二度よ私の傍く近寄るな!」とやられて。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

米政府機関から締め出された中国


米政府機関から締め出された中国の“監視カメラメーカー” 背後にウイグル弾圧問題
デイリー新潮

華為(Huawei,ファーウェイ)を始め、中国企業5社の製品が米国政府機関から締め出されることになった。8月7日、それら5社からの調達禁止が発表されたのである。

まずはこの暫定規則を発した主体に注目してもらいたい。軍事を司る国防総省、そして最先端技術を握るNASA(航空宇宙局)という米国の機密が集中する部門による措置であり、トランプ政権が中国企業への警戒をいかに高めているかがよくわかる。

 そして対象となった企業名を眺めてみて、まず目に付くのが華為だろう。現在の米中激突の焦点であり、日本でも多くの紙面が割かれて報じられている。だがここで注目したいのは、海康威視(Hikvision,ハイクビジョン)と大華(Dahua,ダーファー)だ。

両社はともに浙江省杭州市を拠点としており、世界シェアがそれぞれ第1位と第2位の監視カメラメーカーだ。英フィナンシャル・タイムズ紙によれば、2000台以上もの両社製の監視カメラが米連邦政府内にあるというのだ。ミズーリ州の陸軍基地にも存在したというのだから事態は深刻だ。

 両社がターゲットになったのは、なにもトランプの思い付きではない。約一年前に成立した国防授権法(国防権限法とも)に基づく措置であり、いわば既定路線だ。同法成立直後には、ルビオ上院議員(共和党)、メネンデス上院議員(民主党)ら超党派の上下両院議員17人が、ポンペオ国務長官とムニューシン財務長官に書簡を発し、行政命令(いわゆる大統領令)13818号に基づいて両社に制裁を科すよう求めた。ルビオは共和党のホープで48歳。2016年大統領選挙ではトランプと争ったが、この問題ではむしろトランプ政権の尻を叩く役回りといえよう。

 米国での懸念が高まる一方で、両社は中国政府のバックアップを受けて新疆ウイグル自治区で莫大な利益を上げている。中国共産党からみれば不穏分子と映るウイグル人の一挙手一投足を把握するため、両社の監視カメラが自治区の隅々に次々と設置されているからだ。そしてトランプ政権に加えて議会までもが両社を問題視する理由は、米国内からの情報流出もさることながら、まさにこのウイグル問題にあるといえよう。


極端な強圧策の背景

 そもそもウイグル問題とは何か。トルコ系イスラム教徒であるウイグル族が人口の約半数を占める新疆ウイグル自治区は、ロシア、カザフスタン、キルギス、タジキスタンといった旧ソ連諸国に加えてモンゴル、アフガニスタン、パキスタン、インドという8か国と隣接しており、地政学的に重要な場所に位置している。

 習近平政権の下でウイグル人を巡る状況が悪化している背景の一つには、陳全国書記の存在が挙げられる。中国においては政府の職よりも共産党の職の方が実権を有しており、新疆ウイグル自治区においても同様の状況だ。自治区政府のトップである主席にはウイグル族が歴代あてられているが、党組織のトップである党委員会書記には“漢族”が就いている。ウイグル側には実権を決して渡さないという共産党の意思表示だ。

 現在の党委書記である陳は、2016年8月に新疆に転任するまではチベットで党委書記を務め、再教育に名を借りた弾圧を大々的に展開。チベットでの手口を新疆にも持ち込んでウイグル族への弾圧をあからさまに強めているのだ。

その“功績”を買われてか、2017年10月の第19回中国共産党大会を受けて、党中央の政治局委員に昇格を果たした。少数民族をいかに抑圧したかが昇進のポイントになったのだとすれば、俄かには信じ難い話だ。米国議会も陳をキーパーソンとみており、先に挙げたルビオ上院議員らからトランプ政権への書簡では、陳に対する制裁も求められている。

 構造的な要因として考えられるのが、習近平政権が重要戦略と位置付ける一帯一路だ。陳は、李克強首相が河南省で省長そして党委書記を務めていた時の直接の部下であったこともあり、陳の施策には党中央の意向がダイレクトに反映されているとみてよいだろう。

 陸路で中国と欧州を結ぶ主要ルートのハブにあたるのが新疆だ。また新疆西部の最大都市タシュクルガンからパキスタンのグワダル港までのインフラ整備計画を中国パキスタン経済回廊(CPEC)と銘打つのは、マラッカ海峡を経由せずにインド洋にアクセスしようという思惑からだ。このように一帯一路は新疆を抜きにして語ることはできず、極端な強圧策の背景には、新疆の安定を何とか確保して習の看板政策である一帯一路を前進させたいという狙いがあるものと思われる。

 だがウイグルに対する米国や国際社会の関心は、これまで必ずしも高いとはいえない状況が続いていた。同じく中国の民族問題としては、チベットに対する関心の方が遥かに高かったといえるだろう。チベットには世界的な影響力を有するダライ・ラマというアイコンがいることも大きな違いだ。

 加えて見逃すことができないのが、ウイグル問題は米中関係全体の中では、ある意味でのバーターの材料として使われていたという点だ。特に顕著だったのが、今世紀の初頭、すなわち9.11以降にテロとの戦いがアメリカの軍事外交において極めて大きなウェイトを占めていた頃だろう。

中国がテロとの戦いに協力的な態度を示す代わりに、米国は新疆でのテロ取締を名目としたウイグル抑圧に対して大々的な批判はしないという暗黙の了解が成り立っていた時期があったといえよう。これまでウイグル問題についての声が米国においてなかなか高まりを見せなかった原因は、米中関係の中でのこうした貸し借りがあったと思われる。

「24時間ぶっとおしの洗脳」

 ところが状況は大きく変わった。ウイグル問題が大きくクローズアップされるようになったのは、昨年からだといってよいだろう。新疆における苛烈なまでの人権侵害の実態が、実際に収容されていた人達から生々しい形で伝わってきたことが大きい。

 本年5月、カザフスタン人のオミル・ベカリ(Omir Bekali)氏がAP通信のインタビューに答え、自身の収容体験を証言した。ベカリ氏は、ウイグル族とカザフ族の両親の間に中国で生まれ、のちにカザフスタンに帰化している。昨年3月から約7か月に及んだ拘束では、身体的拷問だけでなくイスラム教の否定や政治的スローガンの強要といった精神的圧迫も受けたという。

 米国務省の国別人権報告書(2018年版)によれば、収容されている人数は、これまでの約100万人を遥かに上回る200万人以上の可能性があるという。そして共産党による弾圧の手段となっているのが監視カメラだ。ウイグルの不安定化を恐れ、全てを監視しようと共産党が躍起になり、その分だけ今回米国での政府調達から排除された両社が利益を得ている格好だ。

 ウイグル問題が大きく取り上げられるようになったのは、米中の対立激化とも大いに関係している。昨年10月4日、ハドソン研究所でのペンス副大統領による演説では、対中国政策が包括的に示されたが、新疆での強制収容については「24時間ぶっとおしの洗脳(around-the-clock brainwashing)」という強い言葉が用いられた。

 日本では米中激突といえば関税に焦点が当てられがちだが、その対立点は幅広い。今回の中国監視カメラメーカーへの措置の根拠となっている国防授権法をみると、台湾関係法に基づく武器売却なども盛り込まれており、対立点が多岐に亘るだけでなくお互いにリンクしていることが見て取れる。米中激突を幅広い観点から注視する必要がますますありそうだ。

村上政俊(むらかみ・まさとし)
同志社大学ロースクール嘱託講師。1983年大阪市生まれ。東京大学法学部卒。外務省に入り、国際情報統括官組織、在中国、在英国大使館外交官補等を経て、2012年から14年まで衆議院議員。皇學館大学でも講師を務める。


㊟21世紀になっても人権弾圧。弾圧どころか内臓摘出までやっているのだから。。。ゴキブリは地上から消してしまわないと。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

キモイ元Nアナ登坂!本性露わに!!

キモイ元Nアナ登坂!本性露わに!!
元NHK登坂淳一、ついに覚醒!? “遭難死者数世界一”の過酷登山で不穏な本性を露呈
日刊サイゾー / 2019年8月22日 14時0分

 8月13日に放送された『文化人×過酷ロケ 山里亮太のクイズ!?まさかのバーサーカー』(ABCテレビ)が、面白い試みを実施していた。

 この番組の趣旨は、山に登ったり、バンジージャンプを飛んだり、お笑い芸人しか挑戦しないような過酷ロケに各業界の文化人が臨むと、彼らはどんな潜在能力を発揮するのか? を、スタジオにいるお笑い芸人たちが大喜利形式で予想し、楽しむバラエティ番組である。

 今回、登場した文化人はなかなかのメンツだ。経済産業省の元官僚で慶應義塾大学大学院教授・岸博幸は激辛スパゲッティを食べた後にタイキックを食らい、その勢いで日本最高高度106メートルからバンジージャンプを飛ぶという「辛い」「痛い」「怖い」の3大罰ゲームを間を空けず連続で受けて見せた。

戦場カメラマンの渡部陽一は関西屈指の人気お化け屋敷で恐怖体験した後、潜在能力に目覚めて子どもたち相手に怪談話で恐怖を与えることができるか? という企画に挑戦した。

 しかし、最注目は元NHKアナウンサーの登坂淳一である。今回の彼、潜在能力目覚めまくりだったのだ。

疲れがたまるにつれて態度が悪くなる登坂

 登坂が挑戦したのは、“遭難死者数世界一”とギネスに認定された谷川岳への登山である。挑戦内容をディレクターから告げられた登坂は「危険ってことですよね(笑)?」と、さわやかな笑顔を見せた。つまり、このときの彼は目覚める前だ。しかし、覚醒するほど、彼は別人格のような人間性を見せていった。

 登坂が挑んだのは、片道5時間以上の超上級者向けコースである。登り始めると、いきなり急こう配の樹林帯が2キロメートル続く。まだ、局アナの血が抜け切っていないのだろうか? 登山開始から2時間たってもフックとなるコメントや出来事はまったく発生せず、スタジオの野性爆弾・くっきーは「マジでおもんないな、このロケ(笑)」と思わず失笑である。偶然見つけた湧き水にも「氷すごく入れたジュースみたい(笑)」とギャグなのか真顔なのかわからないコメントを発する登坂に、ロケ隊は仕方なく愛想笑いした。

 しかし、疲れがたまるにつれて、次第に潜在能力を目覚めさせていく登坂。視界に入った木の実を手に取り、「これ、なんの実ですか?」と山岳ガイドに質問するも、「なんだろうな……」とガイドが答えに窮していると「ま、いいですわ。わかんなかったら」と吐き捨て、あからさまに面倒くさそうな態度を取る。

山道を行きながら「なんなんだよ、もう」と愚痴をこぼす。気を使ったディレクターが「ここ(樹林帯)を抜ければ元気出るかもしれないですけど」と励ましの言葉を掛けても「えっ!? なんて? 何か信じられなくなってきた」と憎まれ口を叩き、本性をあらわにしていくのだ。スタジオの山里は、登坂の態度を見て「かつての事件(NHK時代に起こしたセクハラ騒動)を納得させるような言動が続きますね」と、悪意のある追い打ちをかけた。

㊟登坂のあの顔が作り顔ですよ。あの顔は腹黒。ゲイの人、こいつを犯しちゃえば??あ、古市憲寿と双子で売り出せば、、、キモ二子で稼げるかも。双子ゲイといえばおすぎとピーコってのがいたな。ブスの典型だったけど。しちれいしました。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「中国政府系」ハッカーを追い詰


「中国政府系」ハッカーを追い詰める「謎の集団」の正体に迫る
国際Foresight 2018年10月17日掲載

 米大手格付け会社「ムーディーズ」の子会社で経済情報を扱う「ムーディーズ・アナリティックス」は、少なくとも2011年からハッカーの侵入を受けていた。

 狙われたのは、同社に所属する著名なエコノミストの電子メールアカウント。このエコノミストは大手メディアなどにも頻繁に登場するほどよく知られた人物であり、彼の元には極秘の経済情報や分析が日々集まっていた。そこでハッカーは、彼のアカウントに不正アクセスし、そこに届くメールがすべて自分の設置した別のアカウントに転送されるようルールを設定していた。

 ハッカーが最初にこのエコノミストのアカウントに不正アクセスを成功させた手口は、ほかのサイバー攻撃でもよく見られる平凡なものだった。「スピアフィッシング・メール」(特定のターゲットを狙って上司や取引先などを装うメール)を送りつけ、添付ファイルを開いたり、メール内のリンクをクリックさせることで、不正アクセスを可能にするマルウェア(不正プログラム)に感染させたと見られている。

 そうしてエコノミストのメールをずっと盗み取っていた――。

謎の組織「イントルージョン・トゥルース」

 米司法省は2017年11月27日、このムーディーズの事件と、さらに別のハッキング事案2件について、犯人の起訴を発表。犯人とされる中国人ハッカー3人の名前などを公開した。ムーディーズ以外の2件でサイバー攻撃の対象になった企業は、世界的に幅広い事業を手掛ける独「シーメンス」と、全地球航法衛星システム(GNSS)の開発を行っている米「トリンブル」だった。

告発された中国人3人は、中国広東省のダミー会社を隠れ蓑にしてハッキングを行っており、この会社は中国の情報機関である「国家安全部」と繋がりがあったという。

 実はこの犯人3人のうち2人は、米司法省が告発するよりも前に、別のある「組織」によってすでにその名前などが暴露されていた。その「組織」とは、「Intrusion Truth」(イントルージョン・トゥルース)という名のグループ。

彼らは中国の政府系ハッカーに関する情報を次々と暴露している謎の集団なのである。暴露された情報には、中国人ハッカーが日本に対して行った大々的なサイバー攻撃に関連する話も含まれる。

 この「イントルージョン・トゥルース」というミステリアスな組織が今、サイバーセキュリティ関係者の間で話題になっている。そこで、この謎の集団はいったい何者なのか、迫ってみたい。

「われわれはAPTを追う」

「イントルージョン・トゥルース」について1つだけはっきりしていることは、彼らが中国政府系のハッカーらに敵意を持ち、糾弾しようとしていることだ。「イントルージョン・トゥルース」のブログには、「われわれはAPTを追う」という副題が付けられている。

 この「APT」とは「Advanced Persistent Threat」(高度な持続型の脅威)の略で、標的をサイバー攻撃し、継続的にシステムに潜伏してスパイ工作や妨害行為を行うサイバー攻撃のことを指す。

 APT攻撃を行う組織は「APT1」「APT12」などのように番号を付けて呼ばれることもあり、ほとんどが国家の支援を得て攻撃を行っている。これこそが、中国のサイバー攻撃の特徴なのである。

 ロシアや米国などと違い、中国はサイバー攻撃で他国に「破壊」をもたらすことはしない。あくまで、サイバー攻撃で標的のネットワークに潜入し、時間をかけて機密情報や知的財産を盗み出すことに力を入れてきた。

 つまり「イントルージョン・トゥルース」は、中国が国家的に行っているサイバー攻撃を「追う」のだと宣言している。彼らは、2017年4月18日に最初のブログ記事をアップし、それ以降、中国政府系ハッカーらの情報についての記事をいくつもアップしている。

「APT3」の正体を暴露

 まず彼らが暴露したのは、「APT3」と呼ばれるハッカー組織のことだった。「私たちの知的財産を盗んでいる中国スパイ組織の裏には誰がいるのか」というタイトルのブログ記事に、このハッカー組織が世界中の「政府機関、研究機関、テクノロジー部門、航空宇宙・防衛部門、輸送部門、製造部門、遠距離通信」を幅広く攻撃対象にしていると書いたのだ。

 その上で、「インフォセック企業(情報セキュリティを扱う企業のこと)界隈では、APT3の背後に誰がいるのか、追うのは難しいと見ている。だが、われわれにはそれができるということを見せるつもりだ」と強気に述べ、「APT攻撃を行っている人たちと、彼らの背後にある企業、そして攻撃指令を出している政府機関を明らかにする」と宣言した。

 そして実際に「APT3」のハッカーらの正体を暴露している。まず1人目の中国人の名前を明らかにし、この人物の所在地も目星を付けて記載している。その3日後には、今度は2人目の中国人ハッカーの名前を暴露し、さらに4日後には、「APT3」が中国国家安全部の請負企業である広東省の「広州博御信息技術有限公司」(Boyusec)であると明らかにした。

 この暴露から4カ月後の2017年9月、冒頭で述べたように、米司法省がこの中国人2人と、広州博御信息技術有限公司の職員であるもう1人を告発するに至ったのである。

 ちなみに米司法当局は、「イントルージョン・トゥルース」との関連性や彼らの暴露した情報が起訴につながったのか、などの点についてはコメントをしていない。だが、世界のサイバーセキュリティ関係者らの間で謎の集団の暴露が結果的に米政府による起訴につながったと考えられ、一気に「イントルージョン・トゥルース」の名がインフォセック業界で広く知られるようになったことは事実である。

ウーバーのレシートまで入手

 この後、「イントルージョン・トゥルース」はしばらく鳴りを潜めていた。だが2018年7月から、今度は「APT10」として知られるハッカー組織について暴露を開始。この「APT10」はもともと中国の国家系ハッカーと見られていた集団だが、「イントルージョン・トゥルース」がそれを裏付ける情報を公開した。

「APT10」はそれまで、米企業などを狙った大規模なサイバー攻撃を実施していた。主な標的は「マネージドITサービスプロバイダー(MSP)」と呼ばれる、多くの企業のウェブサイトなどを代行して運用管理するプロバイダー会社だった。ピンポイントで企業などに攻撃するのとは違い、数多くの企業にサービスを提供するプロバイダーを何社も攻撃してシステムに侵入することで、プロバイダーそのものと、世界中に広がる顧客の機密情報を盗みだすことができた。

 この「APT10」は、日本の企業も標的にしていた。2016年には、日本の大学など学術界や製薬会社関連、米国にある日本の製造業の子会社なども標的になっている。

 笹川平和財団やホワイトハウスなどの公開されている電子メールのアドレスを勝手に使って、「フィッシング・メール」をばらまいていた。そうしたメールには、例えば「なぜトランプは当選したのか.docx」というファイルが添付され、実行するとマルウェアに感染してしまうものもあった。

またホワイトハウス関連のメールアドレスから、2016年の米大統領選の2日後に「[UNCLASSIFIED] The impact of Trump’s victory to Japan(非機密:トランプの勝利が日本に与える影響)」というタイトルのメールもばらまかれていた。

 そうして、知的財産や情報などを盗み出そうとしたのである。この「APT10」の攻撃を分析した英調査会社「PwC」は、「APT10は、この攻撃によって世界中のMSPに加え、その顧客の知的財産や機密性のある情報に対して、空前規模のアクセスを手中にしたと考えられます」と分析している。

 だが、「イントルージョン・トゥルース」が「APT10」の中国人メンバーの名前などを次々と暴露した。しかも、彼らが使ったウーバー(米大手の配車サービス)のレシートまで手に入れており、かなりの調査能力を見せつけている。今後の展開についても、サイバーセキュリティ関係者の間で注目されている。

米欧にいる人物の可能性

 こうした暴露は、中国当局にしてみれば迷惑以外の何物でもない。当然中国も、この集団が何者なのか探っているはずだ。彼らの動きを阻止しなければ、今後さらなる暴露が続くかもしれないからだ。専門家らによれば、中国当局が彼らの正体を見つけたら、報復行動に出ることは間違いないという。

 実は、中国のそうした強硬姿勢こそが、「イントルージョン・トゥルース」の正体を示すヒントになっているという見方もある。

 どういうことか。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、次のように書いている。「中国のハッカーについて調査する研究者などを雇っているような大手企業やサイバーセキュリティ企業は、彼らが調査で知り得た中国のサイバー工作の実態について公表したがらない。その理由は、そうした情報を暴露すれば、中国政府から仕返しをされる懸念があるからだ。だから、イントルージョン・トゥルースを使って公開している」。

 つまり、中国政府のサイバー攻撃を把握しながらも、仕返しを恐れて口を噤んでいる大手セキュリティ会社などが、「イントルージョン・トゥルース」という謎の匿名集団を媒体として、中国政府と関係者を容赦なく糾弾している――。

 そんな背景があるのではないか、と見る専門家もいる。

  また、「イントルージョン・トゥルース」がブログの中で使っている「ある言葉」が、別のヒントになる。中国のハッカーによって米欧の知的財産が大量に盗まれているという話の中で、「私たち」という言葉を使っているのだ。やはり米欧にいる人物の可能性は高いと考えられる。

 実はこれまで取材などに応じてこなかった「イントルージョン・トゥルース」は、ITセキュリティ系の記事に強い米ウェブサイト『マザーボード』の取材に、電子メールで応じている。同集団の「代表者」はこう主張している。

「われわれが名乗ることは絶対にないし、協力者について語ることもない。サイバー空間における中国の卑劣な行為に対抗するには匿名であることが不可欠なのである」

「イントルージョン・トゥルース」の動向は要注目だ。
山田敏弘
ジャーナリスト、ノンフィクション作家、翻訳家。


㊟ゴキ醜国は本当に怖いとしか。。。なんとか叩き潰すことを考えないと。やはりaI兵器かな。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

キンブリ分裂!?

キンブリ岩橋脱退!?
キンプリ岩橋玄樹のグループ脱退説が再燃、キンプリメンバーのソロ活動も活発化
wezzy / 2019年8月23日 19時5分

 パニック障害の治療に専念するため、昨年11月から芸能活動を休止しているKing & Prince(以下、キンプリ)の岩橋玄樹だが、今またグループを脱退するとの噂がファンの間で広まってしまっている。


 きっかけは今月19日、匿名のTwitterアカウントが<いわち(岩橋の愛称)脱退の件について知りたい方いますか??><いたらいいねとフォローお願いします。教えます>と投稿したことだった。


 岩橋は今年4月、「文春オンライン」及び「週刊文春デジタル」がコンビニで店員と揉めた末、警察沙汰になったと報道以降、ジャニーズ事務所からは何の音沙汰もない。そのこともあり、このツイートは「岩橋はこのまま脱退するのでは」というファンの不安を煽ったのだった。


 しかし、匿名のTwitter投稿の信頼性は著しく低い。現在この投稿は削除されており、フォロワー数やいいね数を稼ぐための“デマ”だった可能性も否定できない。


 ファンがとにかく気になっているのは、岩橋玄樹が元気でいるかどうか、この一点に尽きるだろう。同時に、岩橋の戻れる場所がキンプリに用意されているかも、懸念されている。

キンプリメンバーのソロ活動が活発化

 昨年デビューしたばかりのキンプリだが、順調に知名度と人気を上げている。本来のキンプリは6人だが、「キンプリは5人」というイメージがお茶の間につくことも予想され、岩橋玄樹の復帰の足枷になるという懸念はある。


 今年6月にはファーストアルバム『King & Prince』を発売し、見事、初週46.8万枚を売り上げ、7月1日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月17日~23日)で初登場1位を獲得した。7月からは7都市32公演を巡るコンサートツアーを開催している。 
  

 また8月28日には、平野紫耀主演の映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』の主題歌になっているシングル曲『koi-wazurai』が発売される予定だ。


 昨年は平野が目立っていたが、今年は他のメンバーのソロ活動も活発だ。永瀬廉は今年秋に放送されるスペシャルドラマ『FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』(フジテレビ系)で主演、髙橋海人は11月公開の映画『ブラック校則』に出演することが決定している。


 今までとはグループの環境が変わっており、岩橋に精神的な負担を与えるのではなかと心配する声も少なくない。

岩橋玄樹を常に意識するキンプリのメンバー

 しかし、メンバーはいつでも岩橋玄樹が戻って来られるよう、岩橋の存在を常に意識している。たとえば、7月19日に行われた横浜アリーナのコンサートでも、岩橋の存在を感じさせる演出があった。


 終盤に披露した「King & Prince, Queen & Princes」では、本来、岩橋が立っている位置に、岩橋のメンバーカラーである濃いピンクのスポットライトが照らされていた。さらに、ツアーで着用している衣装のひとつは、昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場した際に着ていたものを、岩橋カラーにリメイクしたものだそうだ。


 また永瀬廉は、「今、僕たちがライブを守って、いつでも玄樹が帰ってこれる環境を整えつつ、6人揃った時のパワーを改めてみなさんに感じていただけるように今回のツアーを全力で大成功させます!」と宣言している。


 岩橋玄樹の帰りを一番心待ちにしているのはキンプリのメンバーなのかもしれない。ファンもまた、復帰を信じて待つしかないようだ。


㊟一山いくらのナスビから別れて売り物になるのかな。キンブリのファンは怒り狂うだろうが。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「燃えてますね」、天皇の肖像を見て笑う津田カッペ!!


「燃えてますね」、天皇の肖像を見て笑う津田カッペ!!

「表現の不自由展」天皇焼却映像作者“津田大介氏は「燃えてますね!」と笑っていた”
デイリー新潮8/21(水) 8:00配信

“反日プロバガンダ”の象徴である「慰安婦像」が展示され、その近くのモニターでは、昭和天皇の御影が燃やされる様子を映し出す……。中止騒動を招いた「表現の不自由展」は、もともと私設展覧会だったものが、あいちトリエンナーレの企画に発展した経緯がある。


【写真】昭和天皇の御影を燃やしている大浦氏の映像作品

 矢面に立たされた芸術監督の津田大介氏(45)は、実行委員会のメンバーとの間に“溝”があったと明かす。

 ***
 そもそも失態の原因になった「表現の不自由展」は、いかなる経緯で生まれ、また、どんなメンバーが運営しているのだろう。


 美術ライターによると、


「もともとは、2012年に東京・新宿のニコンサロンで予定されていた慰安婦の写真展が、ニコン側の通告で中止されたことから始まりました。このニュースを知って、行動を起こしたのが武蔵大学教授の永田浩三さんでした。永田さんは、知り合いのギャラリーに企画を持ち込んで写真展を実現させる。これをきっかけに『表現の不自由展』の実行委員会が立ち上がるのです」


 以降、永田氏は仲間を募り、展示を断られた作品の展覧会を、民間ギャラリーで開くようになる。今回の展示の実行委員5人のメンバーの一人というわけだ。その行動力たるや大したものだが、永田教授の前歴を知れば、さもありなん、なのだ。


 話はさらに遡って01年1月、NHKが後に政界まで巻き込むことになる番組を放送する“事件”が起きる。慰安婦問題の責任を問う「女性国際戦犯法廷」を取り上げたEテレの「戦争をどう裁くか」である。

あくまで民間団体の活動で、もちろん、法廷は模擬裁判。実効力はないが、日本政府と昭和天皇に強姦と性奴隷制についての責任で有罪判決が下された。さすがに、放送では判決部分はカットされたものの、異様な内容の番組は大きな反響を呼ぶ。しかも、その後、事態は思わぬ方向に転がった。法廷の主催者(VAWW-NETジャパン)が、事前に知らされていた企画と番組内容が違うとしてNHKと番組制作会社を提訴したのである。


 事情通が語る。


「実は永田さん、元NHK職員で番組のチーフプロデューサーだったのです」


 さらに番組の4年後、放送前に故中川昭一代議士と安倍晋三党幹事長代理(ともに当時)が、NHK幹部に圧力をかけていたと朝日新聞が報じる。このことは先述の訴訟でも俎上にあがり、この際、NHK側のはずの永田氏は、原告側の証人に立ち、番組改変を国会担当局長から命じられたこと、政治家の関与がなかったように幹部らが口裏合わせをしたと証言したという。

だが、裁判は原告の敗訴に終わり、永田氏は09年、NHKを退局する。その後武蔵大の教授に転身していた永田氏、津田氏が引っ張り出したとはいえ、今回の騒動の発火点には、そもそも慰安婦問題に特別な思い入れを持つ“黒幕”とも言うべき人物がいたわけである。


 その永田氏に、今回の展示中止について聞くと、


「どうせ面白おかしく書くんでしょう。取材はお断りです」


 と、元ジャーナリストらしからぬ返事。代わって「御影焼却」映像の作家・大浦信行氏に聞くと、こんな経緯を明かすのだ。


「燃えてますね!」

「私が新しい映像作品(昭和天皇の御影を燃やしている映像)を展示してくれないのなら、出品はお断りすると伝えると、津田さんから“一度会ってくれませんか”と誘われた。今年の5月なかばのことです。そこで映像を見せると、ぜひ出品して欲しいと言う。“天皇燃えてますね!”なんて笑っていました」


 にわかに信じ難い話だが、少なくとも映像を肯定的にとらえている口ぶりだったと大浦氏は振り返る。


「津田さんは、今回の展示について、“こういった内容を個人の画廊ではなく、公立の美術館でやることに意義がある”とも話していた。だから、ある程度の批判を覚悟で冒険に出たのだと思いました。抗議電話が殺到したり、街宣車が来たりすることぐらいあり得る。そのぐらい腹をくくっていると思っていたけど、蓋を開けてみれば腰砕けで、たった3日間で中止です。彼も芸術の世界で一目置かれるチャンスだったのに、残念なことです」


 さて、今回の「展示中止」問題を識者はどう見ているのだろうか。評論家で「アゴラ研究所」所長の池田信夫氏が言う。


「問題になった『表現の不自由展・その後』は、いわば“前科”のある作品をもう一度展示するというコンセプトです。しかし、慰安婦像にしても、日本政府が10億円の拠出金を払って日本大使館前からの撤去を求めている最中なのに、公的な場所で展示するのは矛盾している。これは、表現の自由という一般論にとどめておけることではありません。たとえば津田さんは慰安婦像について、それが持つ意味合いをどこまで突き詰めていたのか。結局“表現の自由”という言葉による一点突破しか考えていなかったのではないでしょうか」


 たしかに、今回の「展示中止」問題では、津田氏の負うべき部分は大きい。が、一方で、騒動の裏には、他にも責任を問われるべき人物がいる。


 美術評論家の藤田一人氏によると、


「私も、トリエンナーレはオープニング前日のプレビューに呼ばれ、レセプションにも顔を出しています。そこで目の当たりにしたのは、お役所が絡んだ美術展で見るお決まりの光景でした。最初の挨拶が大村秀章知事で、その後、実行委員長代理の河村たかし名古屋市長が一席ぶつ。その時は、展示物に問題があることなどには全く触れずに楽しそうに乾杯していたのです。河村さんは『燃えよドラゴンズ!』の替え歌を気持ちよさそうに歌っていました。つまり、プレビューに呼ばれても、きちんと作品を見ていない。その程度の問題意識だったわけです。トリエンナーレの開催前から朝日新聞などは慰安婦像が設置されることを報じていたにも拘わらず、気に留めている様子もなかった。だから、水面下で根回しが出来ているのだろうと思いました」


 とまれ、今回の「展示中止」騒動は簡単に収まりそうにない。かつて、NHKと政界を相手に立ちまわった手強い人物を引っ張り出してしまったのだから。

㊟大村汚い野良猫知事と津田カッペ大介は日本から叩き出そう。二人ともカネを払う慰安婦でも目を瞑って抱かれる顔だもの。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

山田涼介、セミの命は短い!!


山田涼介、セミの命は短い!!
Hey!Say!JUMP・山田涼介『セミオトコ』、2.4%で「もはや瀕死」――「歴代ワースト更新」か
2019/08/23 11:45
文=サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman)

 テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠にて放送中のHey!Say!JUMP・山田涼介主演連続ドラマ『セミオトコ』が、「同枠のワースト作品になるのではないか」(芸能ライター)と、業界内で密かに注目されているという。

「同ドラマは、セミから人間の青年に変身したセミオトコのセミオ(山田)と、冴えないアラサー女子・おかゆこと大川由香(木南晴夏)の切ないラブストーリー。山田はこの作品で、同局のドラマに初出演&初主演を果たし、初回の平均視聴率は4.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でした」(同)

 夜11時15分スタートと遅い時間帯ではあるが、前クールに放送されていたTOKIO・松岡昌宏主演の『家政夫のミタゾノ』第3シリーズは、初回8.2%を記録。同じく“ジャニーズ主演ドラマ”だと、昨年10月期に嵐・相葉雅紀が『僕とシッポと神楽坂』で主演を務め、こちらは初回6.6%だった。

「『セミオトコ』は、初回から5%を下回っていたものの、それでも放送時には、Twitterで『セミオトコ』というワードが国内トレンド1位、世界トレンドでも5位に入るほど、ネットは盛り上がっていました。そのおかげか、第2話は4.4%とやや上昇していましたが、第3話で3.6%に下落。8月16日放送の第4話に至っては2.4%と、もはや“瀕死”の状態です」(テレビ局関係者)

 ネット上には「山田くんが可愛くて癒やされる!」「切なさもあるけど、全体的にほんわかした雰囲気で良い」などと好意的なコメントも多数上がっているが、「深夜帯なのもあって、ファンしか見てなさそう」「そもそもこのドラマの存在があまり知られてない」といった指摘も目立つ。

「『金曜ナイトドラマ』全話平均視聴率ワースト作品は、現時点で、昨年7月期放送の山田孝之&菅田将暉ダブル主演ドラマ『dele』で4.5%。一方、『セミオトコ』は1~4話までの平均が3.6%なので、このまま視聴率が上昇しなければ、ワースト記録を大幅に塗り替えてしまうかもしれません」(同)

 ここから奇跡の逆転劇を見せ、“ワースト”回避となるか。今後も見守っていきたい。

㊟山田涼介はジャニ事務所が売り出しに力を入れているようだが化けるタマではないですよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR