FC2ブログ

2019-07

鬼神涙!!「妻を殺した」老老介護疲れ夫自首!!

鬼神涙!!「妻を殺した」老老介護疲れ夫自首!!

「安楽死法」あれば防げた85歳妻殺し、75歳夫悲痛!!


介護疲れか、女性殺害容疑 同居の75歳男逮捕、警視庁
KYODO7/25(木) 10:18配信

 東京都北区の公園で24日夜、同居していた女性(85)の首を絞めて殺害したとして、警視庁滝野川署は25日、殺人の疑いで、同区東田端2の8の15、職業不詳荒井静吾容疑者(75)を逮捕した。「老老介護に疲れ、殺してしまった」と容疑を認めている。


 逮捕容疑は24日夜、自宅近くの公園のベンチで無職遠山ヒナ子さんの首をネクタイで絞めて殺した疑い。荒井容疑者の話では、遠山さんには認知症の症状があった。2人は数十年一緒に暮らしていたという。

 滝野川署によると、荒井容疑者は事件後に近くの交番に届け出た。

㊟皆さん。私が訴え続けています「安楽死法」。今回の参院選で「安楽死制度考える会」は議席を獲得できませんでした。山本太郎のような奇抜戦法でメディアを動員できていたら一議席は獲得できたでしょうがそれは措きます。。この事件は、選挙の3日後の24日です。痛ましい事件。。。

入籍はしていなかったが40年も連れ添い、夫婦同然だったと。妻殺害後、手首を切り自殺を図ったご主人、、、どれほど悩み苦しんだだろうか。。。自宅には妻の弟(50代・無職)も同居していたというが、、、50代で無職、、、残された弟は。。。

 他人事(ひとごと)ではありません。明日、明後日、一年後、3年後、あなた自身が侵すかもしれない介護疲れ殺人です!!

 どうか皆さん、全国会議員さま方に「『安楽死法』成立に真剣に、急いで取り組んでください」、とメールを送ってください。家族を思う皆様の声は必ず実現します。私も動きを強めます。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ギョ!魚くん、宮迫大金持ち!!腕時計3000万円!!

ギョ!魚くん、宮迫大金持ち!!腕時計3000万円!!

宮迫博之 闇営業の裏に浪費癖…小遣い制でも時計に3千万円超
女性自身7/23(火) 0:00配信

「世間の皆さん、応援してくださった方々、とんでもなくとり返しのつかないことをしてしまい、不快な気持ちにさせてしまっている、すべての皆さまにお詫びさせてください。本当に申し訳ありませんでした」


7月20日、涙ながらに謝罪をしたのは雨上がり決死隊の宮迫博之(49)だ。


6月7日発売の『FRIDAY』による、振り込め詐欺グループ主催の忘年会に事務所を通さずに参加していた“闇営業”報道で謹慎処分を受けていた宮迫。さらに7月19日発売の同誌では宮迫が金塊強奪事件の首謀者と酒席をともにし、見返りに金銭を受け取る“ギャラ飲み”に興じていたと報じられたのだ。事態を重く見た所属事務所の吉本興業は同日、「マネジメントの継続に重大な支障が生じた」として宮迫との契約解消を発表した。


一部では芸能界引退も報じられていた宮迫は20日に、同じく謹慎中だったロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに緊急謝罪会見を敢行。亮が「辞めてでも、僕一人でも会見させてくれ」と吉本に嘆願するも、「やってもええけどそんなら全員連帯責任でクビにするからな」と同社の岡本社長から言われていたため“沈黙”せざるをえなかったと暴露した。


また家族にも言及した宮迫は「もう辞めた方がいいんじゃないか。自分のせいなんだから、責任を取って引退を考えたら」と妻が背中を押してくれていたと明かしていた。自らの進退については契約解消されたことは「何も文句はない」としながらも、「今は引退と言う事は考えられません」と芸能界残留を宣言していた。


突然の契約解消によって、テレビ業界にも激震が。TBSは19日、宮迫が司会を務めていた『炎の体育会TV』から彼の降板を発表。各局は対応に追われている。レギュラー番組を多数抱え、超売れっ子だった宮迫はなぜ“闇営業”という暴走を続けたのか。その背景には“宮迫家の事情”が関係していた。


「96年に結婚した奥さんは“鬼嫁”として知られています。宮迫さん本人も『夫婦げんかになるとたとえ自分が悪くなくても謝る。そのほうが平和』と言っていたほどです。同時に真面目な方でもあるので、事務所からの給料は奥さんが管理して、宮迫さんはお小遣い制だったようです。というのも、宮迫さんは金遣いの荒い一面があるんです。よく後輩芸人を連れて飲みに行っていたのですが、支払いはいつも宮迫さん。一度に10万~20万円散財することもザラでした。奥さんは彼がお金で失敗しないよう守っていたのです」(芸能関係者)


05年8月7日号の『婦人公論』では《嫁の喜ぶ顔を見るの、けっこう楽しみだったりするんですよ》と語っていた宮迫。しかし妻への思いとは裏腹に、宮迫にはお金をつぎ込んでいたものがあったのだ。


時計好きの芸人を束ねた「芸人時計部」の会長を務めるなど、腕時計マニアとして知られる宮迫。彼の“高級時計への執着”は驚くべきものだった。


18年8月号の『ゲーテ』ではコレクションしているオーデマ・ピゲやリシャール・ミルといった1千万円越えの超高級時計を紹介。その総額は3千万円を超えていた。また、その際のインタビューでは次のように語っていた。


《会長の僕が飛ばしすぎて、みんなついていかれへんと。この間、税理士経由で嫁に今まで時計に使った金額がバレて、罵倒されました》


そして、腕時計への愛情は次第に常軌を逸していく。


「好みの腕時計以外にも投機目的で買うこともあったようです。親しい投資家から『今後価値が上がるよ』と言われた時計を買っていたと聞いています。会うたびに着けている腕時計が変わっていて、後輩たちに見せびらかすことが多かったです。1年ほど前の飲み会でも、宮迫さんは『お金がなくなったらこれ売るわ!』とうれしそうに腕時計を自慢していました」(後輩芸人)


浪費を続ける宮迫が、たどり着いたのが闇営業だったようだ。


「飲み会ではよく『鬼嫁の財布管理がキツすぎる……』とこぼしていましたが、その割には羽振りがよく、財布には毎回多額の現金が入っていました。そこで奥さんに知られず、口座にも振り込まれない現金を闇営業やギャラ飲みで稼いでいたのでしょう」(お笑い関係者)


安易に手にした“軍資金”の代償はあまりにも大きかった――。

㊟そうなんですって!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

イラン、「米スパイ」17人逮捕=一部に死刑判決


イラン、「米スパイ」17人逮捕=一部に死刑判決

時事2019年07月22日22時37分

 【カイロ時事】イラン情報省高官は22日、米中央情報局(CIA)のスパイとして機密情報を収集していた容疑で17人がイラン当局に逮捕され、うち数人が死刑判決を受けたと明らかにした。AFP通信などが伝えた。真相は不明だが、イランと敵対する米国との緊張が一段と高まる恐れがある。

 イラン側の説明では、容疑者らは全員イラン人で、主にイラン国内の民間企業に勤務。原子力や軍事、インフラ、サイバーなど重要分野に従事し、それぞれ独自に行動していた。米国への入国ビザ申請時に勧誘されたり、ビザ更新のためにCIAから圧力を受けたりした可能性があるという。

㊟戦争が近い…昔なら“軍靴の音ひたひた”ときく表現するのですが、今や軍隊の靴音など耳にする遥か前に国会議事堂にミサイル一発で破壊(どうせなら全国会議員出席中に)だ。

 どうしましょう?四つ本の岡本社長? 「わいにそんな頭あらへんがな」ケッ、腐ったたこ焼き食って死ね!!

 汚わい芸人の親分からかって遊んでる場合じゃないです。99%第三次(大参事)世界大戦は直ぐです。これから防空頭巾と登山靴買いに走らないと。防空頭巾ってなに?私は遠い記憶にある。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

不法滞在ゴキブリよ、小泉平蔵“ヒル”事務所で働きなさい!!

不法滞在ゴキブリよ、小泉平蔵“ヒル”事務所で働きなさい!!

中国人経営の不動産屋は法律を守る気がない 日本人の元従業員が語る“ブラックな実態”
デイリー新潮7/16(火) 5:59配信

現代版蛇頭の暗躍

 中国人が日本に密入国するには、どうすればいいか。90年代は蛇頭(じゃとう)と呼ばれるブローカーに大枚をはたき、命懸けで海を渡ってくるケースが多かった。だが、現在ではそんな必要はない。

政府が外国人の在留に大きく門戸を開いていることも手伝って、日本籍を持つ中国人が経営する会社に名目上雇ってもらえさえすれば、日本語が話せなくても、なんの専門性がなくても、日本の発展に寄与することがなくても、日本滞在に不可欠な査証(ビザ)を保証して“もらえる”――。また、そうした会社は、小金持ちの中国人が、500万円ほどを投じれば興すことができる。


 しかし、条件を満たさず、査証発給の保証を受けられないような中国人を雇うこと自体、裏があると思ったほうがよさそうだ。就労を装って虚偽書類を出して査証を取らせて“あげる”代わりに暴利を貪るビジネスだったり、実際に働いたとしても、劣悪な条件でタダ働きさせられることもある。すなわち、表面上合法的な会社経営者が現代の蛇頭になり得るのだ。


 宅地建物取引士(以下、宅建士)の資格を持つ窪塚陽介さん(仮名、58歳)は一時、そうした中国人経営の不動産屋で働いていた日本人だ。そのときの様子を「どこぞの国の会社なのかと思った」と話す。日本国内に確実に根を下ろしている中国人社会。以下の窪塚さんの証言を基に、その実情を審らかにしてみよう。

とある不動産会社

 私が働いていたのは、関西の地方都市にある会社です。この会社で働くようになったのは、中国人の元カノ経由で話が回ってきたからです。私が転職先を探しているって、どこかから聞きつけたみたいでしたね。年齢不問だというし。この年での就活は大変ですよ(笑)。社長は阿部直子(仮名、46歳)という女性です。中国人です。日本にはもう長いらしく名前こそ日本名を名乗っていますが、頭の中はバリバリの中国人マインドですよ。要は人のことはお構いなしで金儲けしか頭にないんです。


 従業員は、バイトを含め、中国人営業マンが常時20人前後でしょうか。日本人は私だけで、宅地建物取引業者として営業するために必要な「専任宅建士」も私1人だけ。宅地建物取引業法では業務に従事する者(従事者)5人につき専任宅建士1人の設置が義務付けられていて、中国人営業マンはバイトも含めて、皆、直接宅建取引をしているわけですから、明らかな法律違反なわけです。

会社が役所に専任宅建士の申請をする際、行政書士は「従事者は5人で間違いないですね」と確認していましたから、もちろん社長も業法の規定は知っている。故意に知らんぷりを決めこみ、営業するのに一番肝心なところで人件費を削減しているんです。


 業務は中国人向け賃貸と売買の仲介と、そこから派生する投資物件の管理などが中心です。客は間違って入ってきた場合を除いて中国人だから、その点、営業マンは片言の日本語でもいいわけです。日本語の日常会話はそれなりの営業マンもいますが、なにぶん不動産に関する専門知識は乏しく、実務を遂行したり、取引先と商談を進めるには難しいレベルでした。


 そんな彼らの仕事の範囲は、主に中国人の客を取ってくることと、賃貸なら内見から手続き、引き渡しまで。売買なら、内見して買付証明を出して、あとは私が売手側とやり取りしたことをお客さんに伝えたり、面倒みるぐらいですかね。物件管理はオーナーと連絡を取るぐらい。それ以外の実務――物件調査や図面作成、ネット掲載の作業、見積・清算書の作成、マンション管理組合総会への代理出席、トラブルへの対応から問い合わせの電話応対――などは、基本的に私に集中します。あ、そうそう。休み明けに出社したら、私の机の上に求人広告会社の営業マンの名刺が置いてあったことも。「その応対も俺の仕事なんだ」って……(笑)。


 ただ、賃貸に限ってですが、宅建士の独占業務であるはずの重要事項説明書(以下、重説)の説明を、営業がやってくれるんですよ、ここの会社は。賃貸は扱う件数も多いですから彼らも手慣れたもので、日本人の保証人が同席するなどの場合以外、ほとんど私にはお呼びがかかりません。


 でも、いざ立ち会ったら立ち会ったで、結構怖い目に遭いますよ(笑)。重説は、物件の詳細や契約条件などの重要事項を契約する前に説明し、客は契約するかどうかを決める大切なもの。にもかかわらず、遅れて客の席に着くときには、契約の署名捺印が終わっていたりする。普通は逆なんです。それから、契約期限満了前の短期解約違約金の説明のところで中国人の客から文句を言われたことがあります。

「私、1年後に帰国しますから、違約金は困ります」って。営業には「重説は契約書の前」「条件は物件を提案する際に確認」と口酸っぱく言ってきたつもりです。でも、そんなのどこ吹く風。「前もってするわけないだろう!」と怒鳴る営業もいましたよ。


 もちろん、働いていた中国人の皆が皆、そんな適当というばかりではありません。とくに売買仲介は専門性が高いから、素人にはハードルが高すぎる仕事です。それでも意欲的な中国人営業マンの中には、仕事を覚えようと挑戦する者がいて、自分とは関係のない打ち合わせでも、聞き耳を立てて勉強する人間もいました。やる気がある人間とは一緒に仕事を進めながら、ゆっくり仕事を覚えてくれればと思っていました。


 この会社の場合、賃貸は自分たちでやるけれども、それ以外の作業分担はとくに決めていません。報酬体系は社員もアルバイトは完全歩合制なんですけどね。完全歩合制の場合、営業がどこまでの範囲で仕事をするかによって歩合が異なりますが、彼らの取り分は一律50%。だからなのか、自分でできることでもなんでもふってくる者や、「専門的なことは宅建士がやるから、自分は専門知識がなくても金儲けできる」とはっきり言う者もいました。これ、感謝の気持ちでしょうか? (笑)。基本、彼らは客を連れてきて、内見や買付証明書を出すぐらいでいいんです。それ以外、余計なことはやらない。それは端から分かっていました。このあたりは中国人気質といえるかもしれません。むしろ、やらなくていいことをわざわざやるのは、将来は独立したいとか、自分なりの思惑があるからなんでしょう。


 経営者の立場からも、営業マンは余計な仕事はしないで、客だけ連れてくればいいというのが本音でしょう。だって、完全歩合制なのだから、基本給を払わなくて済むし、社保に入る必要もない。客だけどんどん連れてきて、あとの処理は、残業代もボーナスもない固定給の宅建士、つまり私にやらせておけば、社長の取り分は雪だるま式に増えていくから。だから、営業の数は多いほどいい。社員とバイトの求人広告は年中出していますよ。日本語が話せなくても、不動産の経験・知識がなくても、来るものは拒まずの姿勢。広告には「基本給保証」との記述もありますが、実際に基本給を保障されている者は誰もいない、とぼやく営業もいました。


 ちなみに、社長の支出は、事務所の維持経費、歩合給、売上に応じた報奨金、交通費、宅建士の給料など。業務の必要経費は営業マンと適宜分けていたかな。あとは気が向いたときに自分の憂さ晴らしをする社員旅行や社内での食事会ぐらいでしょうか。


 上りはどのぐらいだろう……謎ですね(笑)。賃貸は春夏年2回の留学生入学シーズン前は大忙しで、閑散期でも10件前後はありました。売買は月平均1~2件ぐらいでしょうか。仮に1800万円のマンションを仲介したとしても、最大で売主と買主の双方から満額手数料をもらって単純計算で120万円。営業と折半して60万円。売主が広告料を出していればもう少しいきます。まあ、同業他社とは手数料で競わなければいけないから、買い手から手数料を上限いっぱいもらえることも少ないですけどね。


 社長は会社からしっかり給料をもらっていましたし、マンション物件もいくつか持っていて、家賃収入もある。2000万円ぐらいの物件はキャッシュで買っていましたから、それなりに蓄えはあるようです。

いいとこどりの中国人社長

 それにしてもどうかと思うのは、「社員」と呼ばれる営業マンが完全歩合制で働いていて、保障給がないにもかかわらず、週休2日制で朝9時から夕方6時までのフルタイム勤務をしていること。働く側の完全歩合制のメリットは、基本、出社の必要がなく1日の時間は自分の裁量で使える、直行・直帰OK、副業OK、ノルマなし、扱い金額の大きい案件が成立すれば高額報酬も夢ではない、ということ。

デメリットは、成約がなければ報酬ゼロ……。この会社の場合、勤怠はタイムカードで管理されているし、無断欠勤と遅刻には罰金もあります。毎月売上目標を一人ずつ設定し、目標が達成できなければ、その理由と解決方法を皆の前で発表させられていましたね。

 
 どうしても契約が取れなかったり、成約ゼロの月が数カ月続いた営業マンもいましたよ。一度、社長に聞いたことがあるんです。「客を捕まえられない営業はどうやって生活しているんだ」って。そうしたら「知らない」って言っていましたね。完全歩合制なのだから努力が成果を結ぶといわれれば、決められた就労時間外も努力しなければならない。しかし、フルタイム勤務で日中の時間が拘束されていて自由が利かない分、副業で生活費を稼ぐのは夜しかない。そして、朝がくれば定時の出社……袋小路ですね。フルタイム勤務なのに会社は社保に加入しない。完全歩合制の彼らは国保と年金の支払いがあって、お金がなくて納められないでいると、今後は査証の更新にも影響するようです。なんか、金儲けと支出抑制のために、完全歩合制とフルタイム勤務の両方から社長に都合のいいところだけ抜粋した就労条件に思えるのは、私だけでしょうか。


 それよりなにより、このような就労条件で査証の申請は通るのでしょうか? それにこの会社の場合、何を以て社員とするのかがまず不明。最初はバイトとして入社するのか、入社後3カ月連続して月間の売上が50万円に達したら、査証を保証してもらえるようです。査証が発給されたらそれが双方の関係の継続性を示し、(正規)社員という解釈になるのか? 用語の使い方の適正不適正は置いておいても、査証を保証してもらうのだから、営業マンはたとえ不利な条件で働かされても、文句はいえないですよ。さらに社員という言葉を使って結びつきを強調する? 結局、そこかな。査証を保証してあげるんだから、私のいう通り働いてね、と。ただ、売上目標を達成できなくても、査証を保証して“あげようか”と持ち掛けられたコもいました。もちろん有償でですよ。


 完全歩合制は、日本人社会でも経営側に都合のいい制度ですよね。日本人が経営する不動産会社でも完全歩合制を導入しているところはありますが、ただ、さすがにそこまで時間と場所を拘束したり、一方的に結果を要求したりしませんよ。


 この中国人社長の場合は、よっぽど業績に納得いかないとか、天井知らずの強欲者だとか――営業マンが稼いでくれなければ、一蓮托生で自分の上りが出ませんから、拘束しないと気が休まらないのかもしれません。だから、営業マンがほかの不動産会社に客を連れていかないよう、負担を減らす心遣いも大変なもの。そのしわ寄せは宅建士に来ます。客を横流ししたら法的措置を採るらしいですよ。従業員は奴隷じゃないんですから。どんな契約をしているか知りませんが、訴えたら逆に墓穴を掘ることになるんじゃないの、って思います。

すべて査証のため

 以上が、窪塚さんが経験した中国人向け不動産屋の実態である。


 営業マンらは自分が不利な環境にいることは自覚しており、「査証のためだから」「永住権さえ取れれば、こんな会社はすぐに辞める」という声も聞いたという。永住権の取得まで基本10年。そうまでして日本に住みたいのかとも思うが、逆に日本は中国よりはましということなのだろう。しかし、その日本でも中国人を支配し、金儲けをする同胞はいかがなものか。


 窪塚さんも雇用契約書はおろか労働条件通知書や就業規則はなく、当初の約束通り休んでも「休みすぎ」と文句を言われたり、休日出勤しても休みのまま処理されたりしたとか。もちろん残業代も出なければ、残業した分の遅出の出社もない。そして、ちょっとでも不満な顔をすると、「社長の私に文句あるの?」とも言われ続けたという。


 足元を見て人の褌で相撲をとっているくせに、何でも“してあげる”という上から目線の発想こそ、ザ・中国人。ろくでもない文化を持ち込まないでほしいものである。


 日本で中国人が経営する会社がすべてこうであるとは言わない。不動産業に限っても、日本の不動産会社で経験を積んで独立し、営業マンを積極的にサポートする中国人社長もいる。中国の不動産会社と提携し安定した顧客を確保している会社には、適正に完全歩合制を運用しているところもある。ただ、基礎や母体がしっかりしていない、会社の体を成していないぽっと出の会社などは、ほぼ似たり寄ったりだという。


 税収獲得のため、日本政府は中国人の受け入れを許容しているが、税金が増えて国が潤う前に、夜郎自大で唯我独尊、傍若無人に振る舞うある種の中国人に蚕食される。その前に、対策を練るべきだろう。

週刊新潮WEB取材班

㊟「日本に来て、思う存分働きなさい。金はいくらでも稼げる」と受け入れたのは政府。しかも学力も知能も、能力も無い者でもどこでも働けるように「派遣法を改正」したのは、ご存知小泉部落平蔵内閣ですよ。平蔵は「派遣は爆稼ぎできる」と目を付けたんです。

君たちは不法滞在しても稼げない?なら、「約束が違う!!人の金を奪って何が悪い!」と小泉部落平蔵事務所に押しかけ、「働かせろ!」「金をくれ!!」と訴えなさい。

でダメなら進次郎事務所に泣きついて下さい。彼なら素晴らしい解決方法を。例えば船に乗せて自分の祖父(純也元防衛庁長官)のふる里へ「北帰行」させ、仕事も金も与えてくれますよ、きっと。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「天下の朝日ハメた安倍は許せ~ん、ギャー――っ!!」


「天下の朝日ハメた安倍は許せ~ん、ギャー――っ!!」

"安倍嫌い"で誤報まで出した朝日の言い訳
プレジデントオンライン / 2019年7月21日 11時15分

■1面トップの特ダネは「フェイクニュース」だった

ハンセン病の元患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決について、安倍晋三首相が控訴しないことを表明した。7月9日の午前中のことだった。

これに対し、朝日新聞は9日付朝刊(14版△)の1面トップで「ハンセン病家族訴訟 控訴へ」との見出しを付け、「政府は控訴して高裁で争う方針を固めた」と書いていた。

安倍首相の控訴断念の表明によって、朝日の特ダネは紙面に印刷されてから6時間ほどで"フェイクニュース"であることがわかった。

ちなみにNHKは9日午前2時ごろ、「政府が控訴断念へ」とのニュースをネットで報じていた。

なぜ、朝日新聞は誤報を出したのだろうか。朝日新聞は9日付夕刊と10日付朝刊の一面に「誤った記事おわびします」と題した訂正・おわびの文を掲載して読者にわびた。

夕刊では「朝日は9日付朝刊で、複数の政府関係者への取材をもとに『控訴へ』と報じました。政府は最終的に控訴を断念し、安倍晋三首相が9日午前に表明しました」と書き、朝刊では「取材の経緯を2面に掲載しています」と付け足した。

夕刊と朝刊に計2回にわたって訂正・おわび記事を出したのは、地方の夕刊のない地域のためだろう。深い反省の意を示したわけではないと思う。

■「取材を踏まえたもの」というのっけからの言い訳に驚く

2面に掲載された「取材経緯」の記事を見てみよう。書き出しはこうだ。

「元ハンセン病患者の家族への賠償判決に対する政府の控訴方針を報じた9日付記事は、政権幹部を含む複数の関係者への取材を踏まえたものでしたが、十分ではなく誤報となりました。誤った経緯について説明します」

のっけから「政権幹部を含む複数の関係者への取材を踏まえたもの」と言い訳がましいことを書いているところに驚く。もっと謙虚に反省の姿勢を読者に示すべきである。

それができないのは朝日が読者の存在を軽視しているからだろう。いまどきの言葉を借りて言えば、読者に対して「上から目線」で見ているからではないか。

■組織そのものを改造しない限り、誤報はまた繰り返す

朝日の「取材経緯」の説明はこう続く。

「6月28日、熊本地裁が元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた判決を受け、朝日新聞は政治部、科学医療部、社会部、文化くらし報道部を中心に、政府がどう対応するのかの取材を始めました」

編集局内の複数の部の記者たちが取材していながら、なぜ誤報になるのか。編集局内の部と部の横の情報交換が足りないのではないか。編集局内の風通しが良くないのだろう。

もしそうだとしたら大組織にありがちな問題であり、根本的に組織そのものを改造しない限り、誤報はまた繰り返す。

■朝日自身、「あとは安倍晋三首相の政治判断」と書いている

さらに「取材経緯」の記事は続く。

「法務省や厚生労働省、首相官邸幹部は控訴するべきだとの意向で、あとは安倍晋三首相の政治判断が焦点でした」

「首相は7月3日の党首討論会で『我々は本当に責任を感じなければならない』などと発言しました。しかし官邸幹部への取材で、この発言を受けても、控訴の流れに変わりはないと受け止めました」

沙鴎一歩も3日の党首討論をNHKテレビで見た。確かに安倍首相は「本当に責任を感じなければならない」と強調していた。そしてこの安倍首相の言葉と態度から「何かやらかすかも」と沙鴎一歩は考えていた。案の定、7月9日に控訴断念のという異例の表明が飛び出した。

どうして朝日は異例の事態を予想しなかったのか。

朝日は「官邸幹部への取材で、控訴の流れに変わりはないと受け止めた」と弁明するが、最後に判断するのは官邸幹部ではなく、安倍首相だ。朝日自身、「あとは安倍晋三首相の政治判断」と書いているではないか。そこまで理解しておきながら、なぜ誤報を書くのか。取材が甘いと批判されても仕方がない。

■朝日の総理番は、一体、何をやっていたのか

「取材経緯」は後半でこう説明する。

「8日、『ハンセン病関連で首相が9日に対応策を表明する』という情報とともに、控訴はするものの、経済支援を検討しているとの情報を得ました。さらに8日夕、首相の意向を知りうる政権幹部に取材した結果、政府が控訴する方針は変わらないと判断しました。このため朝日新聞は1面トップに『ハンセン病家族訴訟、控訴へ』との記事を掲載することを決めました」

ここでも「首相の意向を知りうる政権幹部」に対する取材によって「政府が控訴する」と朝日は判断している。繰り返すが、最後に判断するのは官邸幹部ではなく、安倍首相だ。朝日は安倍首相本人にきちんと取材したのだろうか。

新聞社やテレビ局の政治部には、「総理番」と呼ばれる記者が数人いる。総理番は、総理大臣官邸の敷地内にある記者クラブ「内閣記者会」に籍を置き、首相の動向を細かく追っている。安倍首相が海外にでかけるときは、政府専用機に乗って付いていく。首相に密着してきた朝日の総理番は、一体、何をやっていたのか。

「取材経緯」の記事は、政治部長の署名記事である。ここからハンセン病訴訟の行方については、政治部が中心になって追いかけていたことがわかる。

■安倍首相が間違った情報を与えて朝日をはめた?

いまマスコミでは「安倍首相が朝日をはめた」という噂が流れている。朝日は社説を中心に"反安倍"を主張している。7月3日の党首討論会などでの朝日の論説委員や編集委員とのやり取りを見ていても、安倍首相を攻撃する姿勢がにじみ出ているのがよくわかるし、それに対して安倍首相は激しく応戦している。

そんな両者の関係から、安倍首相やその関係者が朝日の記者に間違った情報を与え、恥をかかせたというのが、噂の見立てだ。しかし沙鴎一歩はこの噂は事実無根だと思う。

取材を受ける側、特に閣僚や高級官僚など重責を担う人間は、新聞やテレビの記者に対し、ミスリードさせないことに心血を注いでいる。誤った情報を報道されて一番困るのが、彼らだからである。だから答えられないことは「答えられない」と話すし、ましてやウソをつくことはない。どこかで「ウソをついた」と書かれれば大変なことになるからだ。安倍首相もいくら朝日が嫌いだからと言ってウソはつかないだろう。

こうしたことから、誤報の原因はこう結論付けられる。朝日は安倍首相に直接取材ができないまま、一面トップの記事を書いた。だから結果として誤報になったのだ。

■安倍首相には参院選を有利に進める思惑があった

もちろん安倍首相にも思惑がある。異例の控訴断念は、7月4日に公示された参院選挙(21日、投開票)を有利に進めようと考えたからだろう。

かつて小泉純一郎首相(当時)が、ハンセン病をめぐる訴訟で控訴を断念して、元患者に謝罪したことがあった。

2001年5月、熊本地裁が隔離政策を違憲とみなして国家賠償責任を認めた判決を言い渡した。国の敗訴だった。これに対し、小泉氏は政府内の反対を押し切って異例の控訴断念を決断した。これによって84%という過去最高の内閣支持率を記録した。まさに"小泉劇場"だった。

このときの官房副長官が現在の安倍首相だ。安倍首相は小泉氏のみごとな「政治判断」を目の前で見ていたのである。

しかも今回は参院選の最中だ。与党内からは「野党が控訴断念を求めている。それを控訴すれば参院選の逆風になりかねない」と心配する声もあった。

さらに言えば、控訴見送りとともに、控訴期限の7月12日に今回の判決の問題点を指摘する「政府声明」を出し、「首相談話」を発表した。これらによって安倍首相は判決の問題点を明確に示し、他の国家賠償訴訟への影響を少なく抑えたのだ。これも小泉氏から学んだ手法だった。

安倍首相という政治家は、国民が考えている以上に勝負師なのかもしれない。断っておくが、決して褒めているわけではない。

■厚労省や法務省、首相官邸は「控訴」を主張していた

いつものように新聞の社説を読んでみたい。まずは問題の朝日新聞の社説(7月10日付)。

「判決は、時効の考え方などで法理論や判例に照らして踏み込んだ内容を含んでおり、政府内には『控訴すべきだ』との意見も強かった。しかし首相は判決を受け入れ、『筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族のご苦労をこれ以上、長引かせるわけにはいかない』と語った」

実際、厚生労働省や法務省、首相官邸では「控訴」を主張していた。最後は安倍首相の「政治判断」にかかっていた。ただ、だからといって朝日の誤報は許されない。なぜ誤ったかについて深く検証し、紙面を割いて懇切丁寧に説明してほしい。これはひとりの読者としての願いである。

「隔離政策によって家庭が壊され、家族は差別や偏見、その恐怖にさらされてきた。救済に道を開く、重い判断である」

「重い判断」。これが安倍首相の控訴断念に対する朝日社説の見解である。安倍首相と安倍政権が嫌いな朝日社説にしては、いつもの皮肉もなく、正論だ。

ハンセン病元患者の隔離政策に関し、その家族への損害賠償を国に命じた6月28日の熊本地裁の判決内容も重い。

■「治癒した患者からも感染する」という誤解

「01年に小泉政権が元患者に関する賠償判決の控訴を断念し、補償に乗り出して以降、国や自治体はハンセン病への理解を深めるための啓発や学習に力を入れてきた」

「だが、差別や偏見がなくなったとは言い難い。03年に熊本県内のホテルが元患者の宿泊を拒否。14年には、福岡県の小学校でハンセン病について誤った教育が行われ、児童が『友達がかかったら私は離れておきます』と作文に記していたことがわかった」

「今回の裁判の原告も、16年に提訴に踏み切るまで行動を起こせず、大半が匿名だった。その意味を一人ひとりが考えたい」

ハンセン病をはじめとする感染症には差別や偏見が付きまとう。感染して病に苦しみたくない、命を落としたくないという気持ちはよく分かる。感染症のなかにはアフリカで流行を繰り返す、最大致死率90%というエボラ出血熱のようなキラー感染症もある。

問題はハンセン病のように感染力が極めて弱いにもかかわらず、一部の患者の顔かたちが変形する後遺症だけを見て、恐れるところにある。ハンセン病は抗菌剤で治癒できるようになった。治癒した元患者から感染することはない。こうした正しい知識を啓発することが重要だ。これはハンセン病に限らず、すべての感染症に当てはまる。

■安倍首相の「政治判断」の思惑まで書いてほしい

次に7月10日付の読売新聞の社説を見てみよう。

「(熊本地裁判決は)国家賠償に関する時効の起算点について、独自の解釈を示し、原告の救済につなげた」

「このため、政府内には『控訴して上級審の判断を仰ぐべきだ』との意見が強かった。同種の訴訟で1、2審で国が勝訴し、最高裁で係争中という事情もあった」

「法律上の観点などを踏まえれば、政府が地裁判決を受け入れるハードルは高かった。それを乗り越えるには、首相の政治判断が必要だったということだろう」

安倍首相の政治判断を評価しているが、新聞としてはその思惑にまで踏み込むべきだ。そこを書かないから「安倍政権とベッタリだ」などと批判されるのだと思う。ひとりの読者としては、その点を読売新聞に期待している。

■総額3億7600万円の賠償義務が確定する

読売社説は指摘する。

「控訴の断念で、原告への総額3億7600万円の賠償義務が確定する。今後の課題は、裁判に参加しなかった家族の救済になる」

「今回の訴訟の原告には、元患者の配偶者や子、きょうだいなど様々な立場の人がおり、地裁判決が命じた賠償額は異なった」

「原告以外の家族を救済する場合、元患者とどのような関係にあった人を対象にするのか。差別を受けたことをどう認定するか。救済の枠組みを作る必要がある」

いずれも読売社説の指摘通りである。国は今後、家族を救済するための制度をきちんと構築すべきだ。総額3億7600万円という賠償額は、私たち国民の税金から賄われる。有効な制度を作り上げて税金を効果的に使ってほしい。
(ジャーナリスト 沙鴎 一歩 写真=時事通信フォト)

㊟「確かに第二次大戦、太平洋戦争ではフェイク戦果で国民を騙し続けましたが、戦後は反省から常に正しい報道で政府を追及し続けています。慰安婦虚偽報道した植村記者に関しても本心からではありませんがお詫びしました。誠意を示す、それが朝日新聞です!!」。

「ハイハイ、分りましたよ。なら、政府の忖度で格安で払い下げて貰った築地本社の元国有地を返却しなさい」
――・・・・・

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

デヴィさまッ!!もうお顔の修復無理です!?

デヴィさまッ!!もうお顔の修復無理です!?

「私の大切なセーブルが…」デヴィ夫人が高級毛皮を破損されたと高級ホテルに怒りの声。食い違う両者の主張とは?
FNN7/18(木) 20:37配信

デヴィ夫人が怒りの主張

7月17日、「直撃LIVEグッディ!」のカメラの前で、タレントのデヴィ夫人(79)が怒りの声を上げた。


怒りの矛先は、全国に展開するある高級ホテル。

デヴィ夫人は、ホテルに預けた4000万円相当の超高級“ロシアンゴールデンセーブル”の毛皮コートが破損したとして、ホテルを相手取り、2019年5月に民事訴訟を起こしたのだ。


右腕の部分が切れて、垂れ下がっている毛皮のコート…。デヴィ夫人は「ホテルに預けた際に破損した」としているが、ホテル側は「預かる前からコートが破損していた」と主張している。


最高級の毛皮コートは、一体なぜ無残な姿になったのだろうか?デヴィ夫人に話を伺った。
破損トラブルが起きたのは、2017の12月24日。ホテルで開かれたクリスマスパーティーでのこと。


デヴィ夫人:

床まで届くセーブルのコートというのは、世界にいくつかあるか分からないぐらいまれなものなので、ニューヨークから持ってきたばかりで、初めて着たんです。「やっと着られる日が来たわ」ってうれしかったんですね、とっても。皆さまの前で自慢したかった。


超高級コートを身にまといパーティーに参加したデヴィ夫人は、会場に着いた際、ホテルの女性従業員にコートを預けたという。
その際、コートの破損については何も指摘を受けなかったそうだ。しかし…


デヴィ夫人:

ホテルマンの方が2人来て、しかも私が着いてから30~40分してから来て、「コートのことで見に来てください」と言われて。


パーティー開始から30分以上過ぎたころに従業員に呼ばれ、別の部屋に案内されたというデヴィ夫人。
そこに、右腕部分が破損したロシアンゴールデンセーブルのコートがテーブルに置かれていたのだ。


デヴィ夫人:

初めて着た晩にそんなことになって、本当に涙が出るくらい悲しかった。すごくショックを受けました。もう声にならない叫び…私の大切な大切なセーブルが…という感じでしたね。


しかしデヴィ夫人は、コートが破けたことよりも、従業員の対応に怒りを覚えたという。


デヴィ夫人:

コートが破けたとかどうのこうのよりも、2人の黒服の男性が「私が嘘をついている」「最初から破れていた」と断言して、「ホテルは関係ありません」って態度に怒りを覚えた。「(コートを預けた)女の子に会わせてください」と言ったが、会わせてくれなかった。クロークの女性が涙ながらに謝ってくれたら、私は毛皮よりも彼女の方を気の毒に思って、すぐ許してしまったと思うんです。にもかかわらず「袖が取れたものを着てきた」私が「嘘を言って、言いがかりをつけている」と。私のプライドを傷つけていますよね。そんなホテル、私はないと思うんですよ。


デヴィ夫人は、謝罪もないうえに、結果として「デヴィ夫人が嘘をついている」とホテル側から扱われたことに対し、非常にプライドを傷つけられたと話した。


デヴィ夫人は、実際に世界最高級の毛皮“ロシアンゴールデンセーブル”を見せてくれた。


セーブルというイタチ科の動物を70匹分、使用して作られたコートだという。丈は、デヴィ夫人の身長より長いように見える。お値段は、デヴィ夫人によると4000万円相当!


デヴィ夫人:

日本でこのレングスのものを持っているのは私だけだと思います。長くても大抵膝下10cmで、フルレングスはなかなかないと思います。


6月20日、東京地裁で第1回口頭弁論が開かれたが、解決の見通しはたっていないという。

ホテル側の主張
大村正樹フィールドキャスター:

ホテル側は「預かる前からコートが破損していた」と主張していますが、デヴィ夫人は、あれだけ裂けているコートを気付かないで自宅から着ていくことは考えられない、まして初めから裂けていたものを着て人前に出ることはあり得ないと話していました。皆さんにお披露目も兼ねて、コートを着てパーティーに向かったそうです。だから、何人かの方はあのコートをご覧になっているはずなんですよね。あれだけ破けていたら誰か気付くでしょうし、ご本人も気付くはずだということです。


宮澤智アナウンサー:

ホテル側は、預かったあと少し時間がたってからデヴィ夫人を呼んで「破けている」と話したそうですが、その時間は少し不自然に感じます。


田村勇人弁護士:

裁判になった場合、少しの破れではなく、あそこまで大きく破れていたら「預かる時に気が付くでしょう」と裁判所は突っ込みがちでしょうね。ただ、時間に関しては、返す時に揉め事になるのではなく途中で気が付いて声を掛けに行ったという点は、ホテル側に有利に働く部分だと思います。真実は分からないですけどね。


安藤優子:

どうしてこうなってしまったのか、というのは知りたいですよね。


大村正樹フィールドキャスター:

あの裂け方を見ると、思わぬ負荷がかかったように思えますね。デヴィ夫人も、丈の長いコートなので、預かった女性が裾や袖を踏んでしまったとか、いろんなことを想定されていました。


安藤優子:

裁判では、何をどのように実証していくんでしょうか?


田村勇人弁護士:

最初から破けていなかったことをデヴィさんは立証する必要があるんですが、その立証は厳密には不可能です。なので、裁判所は「破れていたら通常とるべき行動を取っていたか」ということを重視すると思います。写真を事前に撮っている人はいないと思うので、皆さんが合理的な行動を取っているという前提で、「預かった時にあれだけ目立つ破損について何も言わず受け取ったということは、後から何かあったんでしょう」という判断をすることが多いです。


大村正樹フィールドキャスター:

改めて、ホテル側の主張がこちらです。


<ホテル側の主張>

・当社として取り得る手段で事後的に確認したところ、コートを預かる前からコートが破損していたことが認められたため、それを先方にお伝えしました。先方からの訴訟提起に驚いております。


大村正樹フィールドキャスター:

ホテル側は「取り得る手段で事後的に確認した」と主張していますから、ホテルとしても確証があるのかもしれません。一方でデヴィ夫人の主張と請求額も見てみます。

デヴィ夫人側の主張

<デヴィ夫人の主張と請求額>

・最初から一言、言ってくれたらそのまますんなり終わっていたのに。私がホテル側に難癖つけていると…、もう信じられない。

・修理費用等64万8000円、弁護士費用17万円に加え、慰謝料等100万円、合計181万8000円を請求


大村正樹フィールドキャスター:

デヴィ夫人としては「プライドを傷つけられた」という部分が非常に重要で、今回の裁判では慰謝料も請求されています。


ヨネスケ:

男性従業員とともに、最初にコートを預かった女性の方も一緒に顔を出せば、こんなに大ごとにならなかったと思いますよ。


安藤優子:

こういう時、初動をどうするかによって結果がうんと変わるものなんでしょうね。ある意味、今回の例は教訓になり得ると思います。

(「直撃LIVE グッディ!」)

㊟プリンスホテルさん、払っちゃいなさい。あのご夫人、大変お気がつようございますから大変ですよ。
なんといってもデヴィさまはご苦労なさっているんです。大田区の大工の娘に生まれ、赤坂のクラブホステスに。そこに一夜の慰めを求め来店したインドネシアのスカルノ大統領に見染めれら第3夫人になられるまでに。、、人様に語れぬ涙、人様に知られたくない涙の苦労の数々。。。

インドネシアの首都、ジャカルタの日紅ホテル、これは日本の戦後賠償の一部として日本政府が全費用を負担してインドメシアに。。。でも名義はデヴィさまのものなんだそうですよ。なぜでしょうね。ま、これで止めときましょうね。

それにしても顔の修復、補修でなくて良かったです。安心しました。修復を重ね過ぎてもう無理でしたから。ホント、胸を撫で降ろしました。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ほら、私が言った通り、彼は岡田准一と出来てると告白!!


ほら、私が言った通り、彼はゲイをカミングアウトしましたね!!

岡田准一&高橋一生 高校時代からよくキスをしていた
ポストセブン

「恋人に対しては不器用に過剰になってしまうところはとても共感できます」。自身の役柄について、そうコメントしたのは、7月19日スタートのドラマ『凪のお暇』(TBS系)で、主人公・凪(黒木華・29才)の恋人・慎二を演じる高橋一生(38才)。慎二はとても空気が読める男だが、凪に対してだけは不器用。凪を思うほど嫌われてしまう逆走ぶりに、女性ファンはハラハラドキドキさせられそうだ。

 そんな高橋がドラマより一足先にファンをざわつかせている。

 7月13日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)に出演し、高校時代からの親友であるV6・岡田准一(38才)との“赤裸々”エピソードを披露したのだ。2人は堀越高校の同級生で、毎日一緒に過ごし、高橋の家に岡田が泊まることもしょっちゅうの半同棲生活を送っていたという。先に売れっ子になった岡田がファンに囲まれると、高橋は「先に帰ってるから」と言って家で待っていたというから、まるで本当の恋人さながらだ。

 あまりにも仲がよすぎるエピソードに、番組MCの阿川佐和子(65才)が「デキてたの?」とツッこむと、高橋は「デキてたんだと思いますよ」とはにかんだ。

「岡田さんは所属するジャニーズ事務所で登山部を作っていますが、高橋さんが岡田さんを登山に誘ってから、岡田さんがハマったそうです」(テレビ局関係者)

 仕事現場でも“ラブラブ”ぶりを見せていた。初共演となった2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』での出来事だ。

「岡田さんが殿で高橋さんが家臣という役柄でした。クランクアップのセレモニー会見では、出演者の何人かが岡田さんの頰にキスをする流れに。でも、高橋さんだけ、岡田さんの口にしたんです。2人は高校時代からよくキスをしていたそうで、本人たちは平然としていましたが、周囲は赤面していました」(ドラマ関係者)

 お互いに多忙を極める今も変わらず連絡を取り合っている。

「最近、ご飯の約束をしたのに高橋さんが忘れてしまってドタキャン。それでも岡田さんは怒ることもなく、“じゃあ、いつにする?”という感じだったとか」(前出・テレビ局関係者)
 次の共演が楽しみだ。
※女性セブン2019年8月1日号

㊟高橋一生ってキモイと書き、新歌舞伎役者・市川猿之助と夫婦同然と書きましたが、的中しましたね。それにしてもテレビでジャニタレ「岡田準一と出来てる」と告白するなんて。今後、彼と出来た男性は次々名前を出されるよ。これをゲイパワハラ、ホモパワハラと言うのかな。

 ま、芥川賞無残な古市憲寿のような性悪目じゃないのが救い。でも、結婚したんじゃ?妻は松平健の妻のようになるか、、、もね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

警告!!宗教と占いはあなたを不幸にする!!



警告!!宗教と占いはあなたを不幸にする!!

新宗教逆風の中で「真如苑」の信者数が増加している理由は
ポストセブン

「創価学会」「幸福の科学」を筆頭に、「真如苑」「生長の家」「世界救世教」「天理教」「PL教団」「仏所護念会教団」「立正佼成会」「霊友会」を加えた計10団体が日本の代表的な新宗教と位置づけられるが、全体を見渡せば縮小傾向と言わざるを得ないのが現状だ。信者数が軒並み減少しているのだ(各画像参照)。

 各教団側も手をこまねいているわけではないが、勢力回復策が上手く奏功しない例も多々見られる。


「生長の家」は創始者・谷口雅春氏(1893~1985)の存命時は「愛国教団」として知られ、保守系市民団体「日本会議」結成の原動力となった。しかし2008年に3代目総裁に就任した谷口雅宣氏は、新機軸を求めて環境運動に注力。教団の保守色も薄まり、現在では安倍政権批判を口にする。生長の家の元信者は言う。

「もう今の教団は、我々が信じた生長の家ではない。そう愛想を尽かして、私のように脱退した古参信者が多数います」

 新宗教を取り巻く“逆風”の中で、増加傾向を見せているのが「真如苑」だ。信者数はこの10年で87万人から93万人に増加。このままのペースでいけば10年後には100万人の大台に乗る。信者の活動は「接心」と呼ばれるカウンセリングがメイン。政治への関心は低く、“厳しい修行”や生活への縛りもほぼない「現代人のニーズにマッチした新宗教」と言われる。

 ただしその真如苑にも後継問題を不安視する信者もおり、今後の見通しは甘くない。逆に言えばそのほかの教団も“新たなカリスマ”出現で復活する可能性を秘めているのが、新宗教の世界である。
※週刊ポスト2019年7月19・26日号

㊟私は“真如苑”も調べ、「入会、入信止めなさい」と5,6年前に配信しました。「渡邊正次NEWS TODAY」でです.

ここは“偽霊能婆さん”(歩合制?)を数多く抱えていて、白い偽割烹着を着た霊能者を中心にして信者たちがそれを取り囲む車座に正座させます。隣の人と隙間がないようにして。そこに自称霊能婆さんが目をつぶったまま、いざり歩きで寄って来て、目の前の信者にいきなり、頭やお腹を抱えて、
「頭が痛い」
とか
「腹が痛い」

と言い出します。そして次に、

「あなたの家族で頭の病気で亡くなった人は?お腹の病気で亡くなった人は?」

 と。「いません」と答えると、

「あなたの親族か遠い親戚には?小学、中学、高校の同級生にいませんか?」

 と。ある程度の年代の人には必ず一人くらいいます。思い出して「います」と答えると、

「その人の霊があなたに縋っているんです。成仏していないんです。除霊してあげてください。その方があなたを応援してくれますよ」

 と。信者はコロっです。そして次の人には、

「胸が痛い、、、足が痛い、、、喉が痛い、、、あなたの知り合いで胸の病気で亡くなった人は?足を怪我した人は?喉の病気で亡くなった人は?」

 と言い出し、先の人と同じに「除霊してください。運勢がよくなります」と騙すんです。

 また、

「あなたの背後霊が犯罪者です。除霊しないと危険」とか、細木数子と同じです。

ただ、脅し取る金は一人一回、3000円~4000円ですから、その場で出してしまうんです。これが週一,計1万2000円~1万6000円ですから払ってしまうんですね。

今日、真如苑のA支部に来た人は500人とします。1万6000円×500.これを全国の支部でやっているんです。塵も積もれば山となる、、、まったくの詐欺。自称霊能者どもや占いどもは、
「宗教や占いで人を騙しても罰は当たらない」、「地獄はない」、を知ってやっているからワルですね。ですから何度も、「占いは信じるな、宗教は信じるな」というのです。このブログ拡散してあげてください。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

警告!!汚わいは西成へ帰らんか!!


警告!!汚わいは西成へ帰らんか!!

ノンスタ井上が「深夜の大騒ぎ」で近隣トラブル、警察も出動
ポストセブン

 いくら七夕の夜とはいえ、耐え難い“騒音”だったようだ──。7月7日の深夜1時過ぎ、閑静なはずの東京の高級住宅街に、男女の騒がしい声が響き渡っていた。やがて数人の警察官が駆けつけ、彼らの姿を見た周辺住民は安堵の表情を浮かべたという。

「あの部屋は、窓を開けっ放しで大騒ぎしていることがあるんです。それも決まって深夜0時を回ってから。七夕の夜もダンスミュージックを流しながら複数の男女が大騒ぎしていて、うるさくてとてもじゃないけど眠れない。耐えかねた近所の住民が警察に通報し、注意してもらったようです」(近隣住民)

 この部屋の住人は、“闇営業”騒動で揺れる吉本興業所属のNON STYLE・井上裕介(39才)だった。

 井上といえば、2016年12月にタクシーへの“当て逃げ”で約3か月半にわたる謹慎生活を送った過去がある。復帰の際に開いた“号泣謝罪会見”には賛否の声が上がった。


7月7日には単独ライブツアーの告知で、闇営業騒動について報道陣に問われた井上は、

「宮迫さん、亮さんが矢面に立つ勇気が必要だと思います。記者会見をするのがいちばんなのかな」
 と自身の“経験”をふまえつつアドバイスしたが、冒頭の警察官出動騒ぎを起こしたのはまさにその日の深夜のことだった。近隣住民が通報するのは、よっぽどのこと。何をそんなに騒いでいたのか。

 本人を直撃した。

──7日は自宅でずいぶん大騒ぎしていたそうですね。

「え? 7月7日? あぁ、あの夜は後輩とご飯食べてました」

──警察官が来たとか。

「…はいはい。普通にカードゲームとかして、騒ぎすぎちゃいました」

──女性もいたそうですが、合コンですか?

「いやいや、合コンとかじゃないですよ。詳しく言いますと、ふるさと納税で和牛がたくさん届いたので、自宅で焼肉をしようと。焼肉するなら、人数が多い方がいいじゃないですか? だから後輩も呼んで、女友達も呼んで。焼肉したら煙が出るから、窓を開けて、そのまま騒いでしまって。警察のかたが来られて“ご近所迷惑になってます”と言われたので、スミマセンと、すぐにお開きにしました」

 女性セブンが近隣住民に取材したところ、これまでも警察に注意されたことがあったという。

──今回が初めてではないと聞きましたが?

「…以前も、はい。前の時も窓を開けた状態で騒いでしまって。今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」

 とポジティブ笑顔を見せたが、今後は気を引き締めて、窓も閉めてほしいところだ。
※女性セブン2019年8月1日号

㊟オイ、短足井上、“四つ”本の汚わいどもが住む街とちゃうねん。特に渋谷、目黒、世田谷、港区には住むな!!汚わい芸人を毛嫌いしている江戸っ子がますます増えている。何が起きようと責任持たんぞ。いや、一時も早く、西成、釜ヶ崎へ“去ね(いね)”と警告して置く。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

マフィア映画出演のベテラン香港俳優、中国で腹刺される


マフィア映画出演のベテラン香港俳優、中国で腹刺される

朝日新聞香港=益満雄一郎 2019年7月20日18時30分




 香港で人気俳優として活躍する任達華(サイモン・ヤム)さんが20日、中国南部の広東省中山市でのイベントに出演中、包丁(全長約21センチ)を持った男(53)に襲われ、下腹部を刺されたほか、右手を負傷した。任さんは病院に緊急搬送されたが、命に別条はないという。地元の公安当局が発表した。


 発表によると、男は突然、舞台に上がり、任さんを刺した。任さんの下腹部の傷口は幅2センチ、深さ3センチで、包丁は臓器には達していなかったという。男はその場で警備員に取り押さえられた。

 任さんは香港で数多くの映画やドラマに出演してきたベテラン俳優。香港マフィアの激しい抗争劇を描いた「エレクション」などへの出演で知られる。(香港=益満雄一郎)

㊟知りもしない俳優でもジェラシーからヤルのが出る時代です。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

世界の火薬庫導火線に火が点いた!!



世界の火薬庫導火線に火が点いた!!

独裁好き渡邊正次郎の血が滾る!!神なんぞクソ喰らえ!!

英独仏がイラン批判 タンカー拿捕 核合意維持の3カ国足並み
産経新聞2019.7.20 22:42国際欧州・ロシア

• 今、中東は①

 【カイロ=佐藤貴生、ベルリン=宮下日出男】イランの革命防衛隊がホルムズ海峡で英タンカー「ステナ・インペロ」を拿捕(だほ)した事件で、ハント英外相は20日、不法で地域を不安定化させる「危険な道」を選んだと非難し、イラン側に問題解決を急ぐよう重ねて要求した。フランスとドイツの両国も懸念を表明しており、イラン核合意の維持を目指してきた欧州3カ国がそろって厳しい立場を示した。

 ハント氏は20日、英領ジブラルタル沖で4日に英海兵隊などがイランのタンカーを拿捕した事件について「解決策を模索している」とする半面、英船舶の航行の安全確保は譲れないと強調した。

 独外務省の報道官は今回の拿捕を受け、「民間船舶への正当化できない侵害」であり、「最も厳しく批判する」との声明を発表。タンカーの「即時解放」を求めた。仏外務省も「重大な懸念」を表明し、イランの対応を強く批判するとの声明を出した。

 一方、イラン側は「ステナ・インペロ」は位置情報の発信器を切り、警告を無視して誤った航路を進んでいたと主張。イランのメディアは当局者の話として、同タンカーはイランの漁船と衝突し、救難要請を無視したと伝えた。

 タンカーはホルムズ海峡に面するバンダルアバスの港に移動したが、当局者らは「23人の乗組員は捜査が終了するまでの間、艦内に残す」と述べた。必要があれば、船舶操縦などの技術面について事情を聴く可能性があるとしている。

 イラン側は一連の主張を通じ、今回の拿捕に関する自らの正当性を訴えている形だ。トランプ米政権がホルムズ海峡をめぐる有志連合の結成に動く中、国際的な批判が強まるのを回避したい思惑が垣間見える。


米、船舶派遣や資金要請 ホルムズ海峡「有志連合」 各国に説明
産経新聞2019.7.20 20:11国際米州

• 今、中東は②

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省と国防総省は19日、イラン沖のホルムズ海峡周辺でのタンカー護衛に向けた有志連合構想について、ワシントンで非公開会合を開き、日本を含む各国外交団に内容を説明した上で参加を要請した。

 会合では、米当局者がホルムズ海峡をめぐる現状を説明し、船舶の安全な航行のために連携して対処する重要性を強調。自国船舶の護衛を各国の判断に任せる方針を示しつつ、各国に艦船や航空機の派遣、資金拠出を求めたとされる。

 米政府は、米軍や各国の警戒監視活動などで収集された情報を共有する枠組みを構築し、各国が自国タンカーを護衛する際に参考となる情報を提供する。

 関係者によると、今月25日、中東地域などを管轄する米中央軍が司令部を置く南部フロリダ州タンパで2回目の会合が開かれ、参加国の具体的な取り組みについて協議する予定という。

 米政府は会合に出席した国の数を明らかにしていないが、アジアや欧州、中東などの60カ国以上が招待された。日本からは在米大使館の担当者らが出席した。

 米中央軍によると、有志連合構想は「センティネル(監視員の意)作戦」と名付けられ、「アラビア湾(ペルシャ湾)やホルムズ海峡、バベルマンデブ海峡とオマーン湾の安定と安全な航行の確保、国際海域における緊張緩和を目的とする」。同軍報道官は、ホルムズ海峡の状況を監視するため、非武装の哨戒機を国際空域に展開させていることも明らかにした。


サウジに米軍駐留 16年ぶり、対イラン圧力強化
産経新聞2019.7.20 17:47国際中東・アフリカ


• 今、中東は③

 サウジアラビアの国営メディアは19日、同国のサルマン国王が、サウジ国内への米軍駐留を承認したと伝えた。米国が6月、中東への部隊増派を発表したのを受けた措置。米国とサウジには、敵対するイランへの圧力を強める狙いがある。

 米軍がサウジに駐留するのは、2003年に撤退して以来、約16年ぶり。

 ロイター通信などによると、サウジが受け入れる米軍部隊は500人超で、一部はサウジ国内の軍基地に到着したもようだ。

 米国防総省は同日、イランの脅威を念頭に、部隊派遣は「抑止力を高める」ものだと強調。サウジ国防省は「域内の安定維持のため」だと説明した。

 サウジは1990年の湾岸危機の際、自国防衛のために米軍を受け入れたが、国内の宗教界や保守層から強い反発を受け、その後、過激派のテロが頻発した経緯がある。(中東支局)

㊟血沸き肉躍る。。。ムハンマド皇子も殺戮大好きだし。。。なんて書いたらムハンマドに狙い撃ちされるか、サリンかVXで殺されるか、皆さんに激怒されちゃうが。

なんか…ロシアもゴキブリ国もウジ国もだが、イラン、イラク、シリア、アメリカにもサイコパス政治家が次々登場しているし、日本にはヒトラーと顔までそっくりの菅天皇とチンピラ進次郎さまが、、、世界はもう一度、リセットしたほうがいいように思えるんですよ。

ウジ国の連日のウジウジ度も明らかにおかしいでしょ?遠い北の大陸のプーチンも突然「北方領土は返さない」と臭い屁をプー、チンとやりやがったし。戦争したくて堪らないんですよ。

 なら。日本は勝てるか!?敗けます。間違いなく!!一面、焼け野原。。。富士山も消えてしまいます。

生き残るのは新宗教「“アホバ″」の教祖・正次郎と絶世の美女200人。ピン子やアッコの類(たぐい)はとっくに泥海の底です。ウミヘビも顔を背けています。そうだ!茶でも一服立てようか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

興味津津?離婚しそうなあの夫婦たち!!


興味津津?離婚しそうなあの夫婦たち!!

忘れられない有名人の離婚1位は「さんま&しのぶ」、離婚しそうな夫婦1位は?
週刊女性PRIME / 2019年7月19日 8時0分

 磯野貴理子、ビートたけし、早乙女太一と西山茉希、岩崎良美……今年も有名人たちが続々と離婚を発表。夫婦の3組に1組が離婚する時代といわれるが、日本の離婚件数は増えているのだろうか?

 厚生労働省の調査によると、実は日本の離婚率(人口1000人に対する離婚件数)は2003年の2・3%をピークに減り続けて、'18年の離婚率は1・66%に。これって多いの、少ないの??

 ちなみに総務省統計局の'19年調査によると、世界で最も離婚率が高いのはロシアで4・7%、次いでベラルーシの3・4%など旧ソ連圏の国々が目立つ。社会保障制度の充実した北欧各国もデンマークの2・6%を筆頭に、フィンランド、スウェーデンなどで離婚率は高め。離婚大国のイメージが強いアメリカは2・5%だった。これらを見る限り、世界基準では日本の離婚率が高いとは言えないようだ。

 とはいえ、日本で年間20万7000組もの夫婦が離婚しているのは事実。「明日はわが身か」と、他人事とは思えない既婚女性の読者も多いはず! そんな身近(?)な離婚について、30代~60代の女性707人にアンケートを実施した。

1位はさんま&しのぶ。あなたの記憶に残るのは?

 まずは、どんな有名人の離婚劇が心に残っているのかを探ってみた。「忘れられない有名人の離婚」ランキング(下表)で1位に輝いたのが、大竹しのぶと明石家さんま。離婚からなんと30年近くもたっているのに、まさかの首位に! 

「離婚会見での×印が印象的」(37歳・会社員)、「こんなに円満な離婚はなかなかない」(44歳・パート)、「離婚後も共演NGでないのは初めて見た」(37歳・主婦)など、円満離婚で今もいい関係を築いているのが堂々1位の要因のようだ。

「このふたりが1位なのは、アメリカ映画でありがちな設定の“元夫婦”みたいに、別れても仲がいい理想の離婚スタイルなんでしょう。ただし、そんな仲よしの元夫婦なんて幻想。アメリカにもいないよってデーブ・スペクターも言ってましたよ(笑)」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之さん)

 続いて僅差の2位は松居一代・船越英一郎。「松居さんの壊れっぷりが……」(50歳・主婦)、「YouTubeを使うのがエグかった」(38歳・会社員)、「異常だった」(43歳・会社員)と妻側の言動が注目を集めた。しかし、夫婦問題研究家の岡野あつこさんの見方は異なる。

「妻側の過激な行動が、自身の株式投資などで築き上げた資産を守ったとも言えます。つまり『とにかく離婚できたらお金も何もいらない』と夫側に言わせるようにもっていった、妻側が一枚上手のアッパレな離婚ともとれます」

 これが事実であるとするなら、松居は相当な策士と言えるだろう。ちなみに岡野さんが忘れられない離婚ナンバーワンもこのふたり。前出・佐々木さんの1位は“泥沼が最高だった”美元・高嶋政伸と、“1億or芸能界引退を要求した”小柳ルミ子・大澄賢也の2組だという。

 アンケートの3位はモラハラをクローズアップした離婚劇として注目を集めた三船美佳・高橋ジョージ。「おしどり夫婦のまさかの離婚でびっくり」(38歳・主婦)、「モラハラは意外だった」(60歳・パート)。24歳の年の差婚だったが、

「年の差婚は年齢の低い側が成長して気持ちに変化が起きるのは、ままあること。7位の磯野貴理子さんの離婚も同じです。離婚理由の『子どもが欲しい』に対して、最初からわかっていたのに、と感じる人も多いようですが、年を重ねるごとに気持ちが変化するのは当然。年下と年の差婚をするなら覚悟が必要です。

 その点、貴理子さんがスパッと諦め、別れを受け入れた潔さは立派でした。周囲の同情は不要だと思います」(岡野さん)

たけしはどうしても別れたかった?

 5位には6月に離婚したばかりのビートたけしがランクイン。「今ごろなぜ?」(55歳・会社員)、「慰謝料がすごすぎて」(47歳・主婦)と離婚時期と莫大な慰謝料に驚く人が多かった。

「熟年離婚の典型。一般の男性でも不倫関係にあった女性と人生をやり直そうと熟年離婚をする人が増えています。たけしさんが財産のほとんどを元奥様に渡したという報道に驚きました。

 一般論ですが、とてもよい離婚条件でさえ財産の半分プラス自宅くらいが相場。たけしさんは最後に男気を見せたとも言えます。スゴイ! ただ、元奥様目線からすれば“そこまでして自分と別れたかったのか”ともとれるので、おつらいとは思います」(岡野さん)

 9位にランクインした南果歩・渡辺謙には、「妻が療養中の旦那の不倫はさすがにありえない」(39歳・パート)、「渡辺謙には、がっかり!」(53歳・会社員)と渡辺謙へ非難が集中。

「もちろん病気で妻が苦しんでいる最中の不倫など言語道断! とはいえ、世界のケン・ワタナベ。許しも請うていたことだし、いくらでもやり直す機会はあったのでは? 南さんのプライドが邪魔したのでしょうね」(岡野さん)

 11位の河野景子・元貴乃花親方については、「しがらみから? よくわからない」(32歳・会社員)、「ずっと円満だと思っていた」(57歳・自営)など離婚するとは思わなかった、という意見が多かった。

「一般的に言えば離婚はしなくてもいいケース。もともと別居婚だったようですから、このまま別居を続ければよく離婚する理由がはっきり見えません。仮に元親方側の収入が確保できない、借金があるといったお金に関する何らかの問題があって、景子さんがお金を確保するための離婚ということであれば、ありうるケースです」(岡野さん)

 続いて「次に離婚しそうな芸能人」のランキングを見ていこう。2位の約3倍もの得票数を集めた断トツ1位が、蒼井優・山里亮太。「山ちゃんが捨てられそう」(52歳・会社員)、「スピード婚すぎる。山ちゃん騙されてない?」(48歳・主婦)、「合わなそう」(40歳・主婦)と手厳しい。

「予想については、なぜか、われわれ芸能記者よりも一般の芸能好きの女性たちのほうが当たる(笑)。“このふたりは離婚するね”と言われた夫婦は90%が離婚したのでは? そういう意味では危ないかもしれませんね」

 と佐々木さんも心配顔。また、浮気やDVなどが原因の離婚以外では、妻のパワーが夫より勝っているケースが多いという。

「一般人でもそうですが、別れても女性ひとりでやっていける場合の離婚が多い。だからよく、結婚して家庭に入り、しばらく仕事していなかった女性芸能人が急にテレビに出だしたりすると、離婚が近いんじゃないかと思われるんですね。実際、芸能界の歴史を見ても、そんなケースは多いですから」(佐々木さん)

 2位には元AKB48の川栄李奈・廣瀬智紀。「でき婚で旦那の二股騒動があったから」(33歳・パート)、「収入格差と夫の二股の過去で」(36歳・主婦)など夫の女性関係に関する声が多かった。続いて3位は藤原紀香・片岡愛之助。「梨園の妻より芸能人として活動しそう」(63歳・主婦)、「どちらも無理してそう」(41歳・主婦)といった声があがっている。

別れる理由をリサーチ!

 厚労省の調べによると同居期間別の離婚件数の推移は1947年以降、変わらず「5年未満」が最も多く、次いで「5年以上10年未満」の順。そんな中で近年、20年以上の夫婦の離婚が増加傾向だ。前出・ビートたけしも39年の結婚生活を終えたが、35年以上の熟年離婚も目立つ。

 一般的に、どんな原因で別れる男女が多いのか。最高裁判所が開示しているデータによる男女別の離婚理由ランキングを見ていこう。

 第1位は男女ともに性格の不一致。また男性8位の同居に応じない、女性2位の生活費を渡さない以外の離婚理由は、順位は異なるが、男女ともに変わらない。

「以前にはあまり見られなかったのが妻側の暴力や異性関係。異性関係は、30代~50代に増えていて、これは妻が働くケースが増えていることに起因します。また、ランク外ですが妻がお酒を飲みすぎるというのも同様に増加傾向です。ママ友との飲み会で酔っ払い、帰宅後、オラオラ系に豹変して夫に暴言を吐いたり、あたったりする“アルハラ”妻なども増えているようです」(岡野さん、以下同)

 男女ともに上位に入る精神的虐待はいわゆるモラハラ。怒鳴る、物にあたる、呼びかけの無視、不機嫌な態度などさまざまだ。また、暴力をふるうというのは、精神的虐待も受けている状態だと考えるのが妥当だと岡野さんは語る。

「男性側の“同居に応じない”は、夫の両親との同居を拒むケースもありますが、母子密着の顕著なケースも。自分の実家にいりびたりがちな妻に多く、里帰り出産して、そのまま実家を離れないことも。また、子どもの学校や受験などを理由に夫の転勤に帯同しない30代、40代の妻も多いようです」

 そのほか、産後クライシスと呼ばれる、出産前後の夫の態度も大きなポイント。後々まで結婚生活に影響することも。

「妻が出産で大変なときに浮気をしたなどはもってのほかですが、手伝ってくれない、気遣ってくれないという妻の憤りは恨みに変わることも。熟年離婚の根源は産後の夫の態度・行動にあり、それを長年、恨みとして持ち続けていたという話もよく聞きます」

 離婚カウンセラーとして日々多くの相談者の話を聞く岡野さんだが“離婚はしないに越したことはない”という姿勢をとる。法律では解決できない夫婦の気持ちの誤解を解き、修復すると、元の鞘に収まるケースも多いと語る。

「度重なるDVや家計を維持できないほどの膨大な借金など、明らかに離婚という解決策しかない事案以外は、まずは離婚以外の策をすすめます。実際の割合でいうと相談者の約3分の2が後者です」

 最後に、ただでさえストレスフルな離婚を少しでも円満に進めるコツを聞いてみた。

「まずは結婚生活を否定から入らないこと。夫婦でともに過ごした時間でよかったこと、嫌だったこと、受け入れられなかったことなどを冷静に話し合うことが大切。慰謝料などのお金については、法律の範囲を超える要求は関係を悪化させるので欲張りすぎはダメ。いろいろと思うところはあるでしょうが、相手を誹謗中傷しないことも円満離婚に導くための重要なポイントでしょう。

 結婚生活を続けるにしろ、終わらせるにしろ、踏みにじられてくしゃくしゃになった心に向き合った経験こそが、再びよみがえるときに、人間を強く、器を大きくしてくれます。このことを忘れずに、すべての女性に本当の幸せをつかみとってもらいたいと思います」
________________________________________
《PROFILE》
岡野あつこさん ◎離婚カウンセラー・夫婦問題研究家。
佐々木博之さん 芸能ジャーナリスト。

㊟ここだけの話。本当は岡本あつ子は登場させたくなかった。ま、皆様が暇潰しになると我慢して。何故かというと、この岡本の男の交友関係が暗いんです。反社、前持ち(前科が見えるんです。私の異常に強い霊的直感です。当たるんです!!結婚、離婚の相談は止めましょう。法外な要求をする可能性大!!

そう、細木数子タイプですから。「文句あるなら受けるぞ!」と男どもが。。。反論は渡邊正次郎の意忖度する若者が大勢いることがをしっかり調べてからにちなちゃいね。80越した醜いS氏もね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (237)
ニュースの深層 (11058)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR