FC2ブログ

2019-06

「ホルムズ海峡は日本、中国が守れ!!」トランプ発言正しい!!

「ホルムズ海峡は日本、中国が守れ!!」トランプ発言正しい!!

トランプ氏 ホルムズのタンカー「自国で防衛すべきだ」 日本、中国を名指し
毎日新聞

 トランプ米大統領は24日、ツイッターで日本や中国を名指しし、原油輸送の要衝となっている中東ホルムズ海峡を通過する石油タンカーについて「それぞれが自国で防衛すべきだ」と述べた。

「米国は今や最大のエネルギー生産国になっており、(この地域に)とどまる必要もない」とも指摘した。日本などのタンカーが攻撃された事件や米無人偵察機の撃墜を受けて急速に高まった対イランの緊張状態を緩める意図があるとみられる。

 トランプ氏はツイートで「中国は91%、日本は62%の原油を(ホルムズ)海峡を経て輸入している」と指摘。「何の補償もなく、なぜ米国が他国の輸送路を守っているのか」と述べた。引用した統計の根拠は不明だ。

 ホルムズ海峡では今月13日、日本の海運会社などが運航するタンカー2隻が攻撃を受けた。米国は「イランによる犯行」と断定。同海域に展開する米海軍第5艦隊が救援活動にあたった。20日にはイランが米無人偵察機を撃墜。米側は大規模な追加制裁に加え軍事報復を示唆するなど一気に緊迫した。一方でトランプ氏は「戦争は望まない」と述べ衝突回避を模索している。

 24日のツイートでも「イランへのメッセージはシンプルだ。核兵器開発とテロ支援をやめてくれ」と呼びかけた。【ワシントン高本耕太】

㊟正論そのもの。自国のタンカーなら自国が守る義務がある。それを米国海軍に頼りっ放しはおかしい。これまで与野党とも議論一つして来なかった。これを参院選の争点にしてもいいのでは、、、

 それどころか、トランプ氏は「日米同盟見直し」まで発言(6・25)している。後日詳細。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

他に闇営業あれば宮迫もクビ!!


他に闇営業あれば宮迫もクビ!!

闇営業はカラテカ入江を切る絶好の機会だった?彼がのめり込んだ裏ビジネスと吉本の思惑
Business Journal / 2019年6月20日 11時0分

 山里亮太と蒼井優の結婚報道で日本全土が温かいムードに包まれた直後、お笑い芸人による、まるで対照的な“黒い交際”のニュースが日本全国を駆け巡った。6月7日発売の「FRIDAY」(講談社)がスクープした、カラテカ入江慎也による「反社会的勢力との闇営業疑惑」である。

 その内容とは、2014年12月に開かれた大規模詐欺グループの忘年会に、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮らが出席したというもの。その間を取り持ったとして、入江はすでによしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇。宮迫や田村亮ら人気芸人も「金銭は受け取っていない」としつつも、SNSやラジオで謝罪することとなった。

 続く6月14日発売の「FRIDAY」誌上でも、同じ詐欺グループを率いる首謀者の誕生日会に入江やムーディ勝山、くまだまさしらお笑い芸人たちが参加していたことが、写真とともに掲載された。さらに6月18日発売の「FLASH」(光文社)では、「ノーギャラだったというのは嘘。宮迫さんは100万円を受け取ったはず」といった趣旨の関係者証言も報じられている。

 では、それでも芸人らは「反社会的勢力だとは知らなかった」という通り一遍の説明でうやむやにしてしまうのだろうか? お笑い業界に詳しいある放送作家は、次のように語る。


「入江さんは今回の件の“窓口役”ですし、お金も受け取っていたはずですから、『ヤバい筋の人だと知らなかった』というのはちょっと考えにくい。ただ、そのパーティーに呼ばれた芸人たちは、本当に知らなかったかもしれないです。

 たとえば宮迫さんや田村亮さんは『金銭は受け取ってない』と強調していますが、実際、彼らぐらいのキャリアがあって、わざわざ闇営業のギャラほしさに忘年会に出席したとは考えづらい。酒の勢いでパーティーに参加したというのが実際のところではないかと僕は思いますけどね。また、2014年末といえば、入江さんが『イリエコネクション』という会社を立ち上げようと奔走していた時期と重なります。そんな話を聞いて、おれらもひと肌脱ごうと、先輩芸人らが加勢したとも考えられます。

 今回の件で、ほかにも動画ネタや金銭授与の証拠が隠されているなら、吉本興業は先回りにして、宮迫さんたちですら解雇してますよ。だって、あの島田紳助さんですら切ったわけですから(島田は2011年に芸能界を引退)。それぐらい、今や大企業となった吉本興業は黒社会と一線を引くことにこだわっているんです。宮迫さんや亮さんは確かに売れっ子ですが、彼らをクビにしても、その穴を埋められる芸人はほかにもゴロゴロいる。そういう観点から見ても、宮迫さんらは本当に“知らなかった”可能性が高く闇営業の常習性も低いと判断され、今回は厳重注意のみとなったのではないでしょうか。

 しかし、入江さんは脇が甘すぎた。詐欺グループだと知らないわけがないし、そんな場所に事務所を通さず芸人仲間を連れて行き、写真を撮られまくってたわけですから、今まで明るみに出なかったほうが奇跡ですよ。とはいえ、入江さん経由でパーティーやら忘年会で闇営業をしていた芸人はほかにもたくさんいますから、彼らはいつそれが明るみに出るんじゃないかと、戦々恐々としてるそうですよ」

●入江を切る絶好のタイミングだった

 同じく闇営業をしていたという芸人・楽しんごは、3月末によしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇済み。入江事件から広まった一連の闇営業問題に対し、「闇営業なんてみんなやってるわ!」とSNSで声を荒げてみせた。では実際問題、闇営業というものはそこまで広く行われているものなのか? 吉本興業に近いあるスタッフはこう話す。

「パーティーでの余興だけでなく、どこぞの社長との会食終わりにタクシー代をもらう、セレブの誕生日会に参加して謝礼をもらうなど、広い意味での闇営業には、多くの芸人が関与しているのは間違いない事実。特に吉本所属の芸人が圧倒的に多いのですが、それは、よく知られている通り、吉本の若手芸人は給料だけではとても食べていけないから。

吉本の場合、ひとりのマネージャーが30人ほどの若手を担当することさえ珍しくないので、マネージャーが担当芸人のすべてを熱心に売り込んでくれる可能性など極めて低く、となれば若手自らが仕事を取ってくるケースのほうが多い。そのため、事務所を通すのがバカらしくなってくるのも当然で、そこにイリエコネクションを立ち上げた入江という先輩がいたら、頼ってしまうのも仕方ないと僕は思います。

 年商1億円ともいわれたイリエコネクションは、企業PRやコンサルがメインの会社で、当然ながら夜の付き合いも多かったと聞きます。そして、彼が武器としていた“人脈”をより広げるべく、自分の後輩を闇営業で使い、そして先輩をも巻き込んだ。彼が得意とする社長人脈に芸人人脈を絡ませ、利益を得る……入江さんはある意味、誰も損しないマッチングビジネスだと勘違いしてたんでしょうね。しかし吉本内にも、若手に平気で闇営業を斡旋するイリエコネクションをよく思ってない人間がいて、今回の一件は入江さんを切る絶好のタイミングだったのかもしれません」

●ナダルが告白した闇営業

 でははたして、この騒動はいつまで続くのか? 前出の放送作家は次のように語る。

「中途半端な芸人の闇営業スクープならまだまだ出てくるかもしれませんが、売れてる人は警戒心が強いため、今回ほどわかりやすい写真は、これ以上は出てこないのではないでしょうか。しかし、こういった事件があると、吉本の芸人はたいてい全員が本社に集められ、コンプライアンスを叩き込む座学研修を受けさせられる。今後、おそらく闇営業は禁止になり、取り締まりも厳しくなるでしょう。

 コロコロチキチキペッパーズのナダルなどは、仕事は多いもののまだ単価が安いためか、闇営業を率先してやっていることを、今回の事件が発覚する直前の『水曜日のダウンタウン』で明かし、事件発覚後に話題になっていましたよね。実際この事件が起こるまでは、闇営業というワードはテレビでもネタ的に使われていましたが、今後はテレビでもNGワードとなりそうです。

ただ、反社会的勢力とつながりを持つのは言語道断ですが、普通の企業や真っ当な社長さんとの、お付き合いのなかでの直営業でさえも、会社を通さないという意味では“闇営業”とされてしまう。そうした仕事のすべてを闇営業として禁止にされてしまうと、食っていけない若手芸人にとってはきついでしょうね」

 若手芸人たちの生活を支えてきたという側面もある「闇営業」。所属事務所が決めた守るべきルールとはいえ、今回の一件でお笑い界がより息苦しくなるのは間違いないようだ。
(文=藤原三星)

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara>

㊟既配信しましたが、やはり事務所入りをさせた芸人どもには、最低限の生活保障ギャラを払うべきです。吉本にはまだまだ昔の体質が残っていますね。

昔は映画の世界でも新人クラスなど現場への交通費も自分持ちだったんです。ですから、自ら援助交際相手を見つけて。。。女も男も身体を売って。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

認知症はいかい者は安楽死で救え!!


認知症はいかい者は安楽死で救え!!

認知症 行方不明者1万6900人 過去最多 警察庁
2019年6月20日 12時32分

認知症やその疑いがあり、去年、行方不明になった人は全国で延べおよそ1万6900人と、これまでで最も多くなったことが警察庁のまとめで分かりました。

警察庁によりますと、認知症やその疑いがあり、はいかいなどで行方不明になったとして、去年警察に届け出があった人は延べ1万6927人で前の年より1064人増えました。


6年連続で1万人を超え、これまで最も多かったおととしを上回って、統計を取り始めた平成24年以降で最も多くなっています。


都道府県別では、大阪が最も多く2117人、次いで埼玉の1782人、兵庫の1585人などとなっています。

99%の人は、去年のうちに所在が確認されましたが、197人は行方が分からないままでした。


一方、認知症やその疑いがある人で過去に行方不明の届けが出され、去年死亡が確認された人は全国で508人でした。


警察は、認知症の人の行動の特徴などを学ぶ専門の講座を警察官に受講させたり自治体から提供された認知症の人の顔写真などの情報をデータベース化したりして行方不明者の早期発見に向けた取り組みを強化しています。

国家公安委員長「日頃から気にかけ見守りを」

山本国家公安委員長は、20日の記者会見で、高齢化が進み認知症の行方不明者は今後も増加が見込まれるとしたうえで、「地域の方々が日頃から気にかけ見守っていくことも大切だ。今後もご家族や関係機関と連携して、発見や保護を適切に行うよう警察を指導していく」と述べました。


㊟この判明した数は家族がいた人たちでしょ?現在、独居老人は相当数います。今は隣の部屋、隣の家の人とあいさつもしない時代、そうした人たちを誰がどう見守れるんですか?


 独居老人の認知症はいかいが発見され保護されても、誰が引き取るんですか?ですから、一日も早く『安楽死法』をと声を大きくしているのです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

激怒!!たけし前夫人「デタラメ報道、度が過ぎる!!これが真実!!」

激怒!!たけし前夫人「デタラメ報道、度が過ぎる!!これが真実!!」
  ―これで“たけし”と”愛人“のあくどさも判明―

「真実を話すしかない!」ビートたけしの”離婚コメント”に関係者が大激怒で、いよいよ実像が暴かれる!?
日刊サイゾー / 2019年6月20日 17時55分

 5月12日、ビートたけしが約40年間連れ添った妻・幹子さんと協議離婚していたことを一部スポーツ紙が報じていたが、15日に生放送された『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(TBS系)で、たけし本人が「バレちゃったんだよ」とコメント。離婚の事実を認めたものの、報じられた内容をめぐって、早くもバトルが繰り広げられている。

「当初、離婚を報じたスポーツ紙では、『日本の芸能界で史上最高額の200億円』『たけしがほぼ全ての財産を幹子さんに渡すことで同意した』『自らの資産を捨てて、(新しいパートナーとの)““愛”を選んだ”』など、まるで美談扱いで、なかには幹子さんを悪者扱いしたような記事もありました。けれど、5年前、『週刊文春』(文藝春秋)に『ビートたけし“100億円の愛人” カミさんの全財産渡して一緒になる』と報じられたとき、『そんな金、あるわけねぇだろ』と激怒していたのは、当のたけしです。実際、事情を知る関係者は『どこにそんな金があるのか?』と呆れてますよ」(テレビ関係者)


 事実、一連の報道を受けて、離婚の経緯や合意内容について口をつぐんできた幹子さんは、18日、代理人を通じて報道各社にコメントを送付。

「一連の報道において、武氏(=ビートたけし、北野武)の資産が100億円ないし数百億円もあり、それらの(ほぼ)すべてが幹子氏に分与されたなどという内容がまことしやかに報道されております。しかしながら、(中略)上記のような規模の財産が現存するという事実はありませんし、それらの『(ほぼ)すべて』が幹子氏に『分与』されたという事実もございません」と、数百億円ともいわれる慰謝料を否定したうえ、『新・情報7DAYS』でのたけしの発言に対しても、「『(離婚に際し)お金を取られたー』とか『(離婚後に残った財産は)家だけ』などという発言がありましたが、これらの発言内容は、当方の認識とはまったく異なります」と反論した。

「だいたい、今回の離婚は、たけしが愛人Fとの出会いで豹変してしまったのが発端。それまでは、金に固執しなかったたけしが、急に『金、金』と言うようになった。そんな男が、たとえあったとしても、200億円もの慰謝料を払うとは思えません」(前同)

 約40年間の結婚生活に終止符を打った2人だが、漫才師だった幹子さんがたけしと出会ったのは、たけしがツービート時代の1978年のこと。まもなく同棲をはじめ、幹子さんは、当時まだ売れない芸人だったたけしをキャバレーやスナック勤めで支え、たけしが“漫才ブーム“でようやくブレイク。81年に長男が、82年に長女が誕生し、83年に入籍したが、やがてたけしは、家に帰らず“火宅の人”となった。

「まさに“糟糠の妻”ですが、幹子さんが耐えたのはそれだけではありません。たけしが逮捕され、謹慎を余儀なくされた“FRIDAY襲撃事件”はよく知られていますが、その発端となったMさんとの交際が始まったのは、彼女が高校年生のとき。つまり今でいう淫行でしたが、その後、愛人となった彼女は、後にたけしの“隠し子“を出産しているんですから」(スポーツ紙記者)

 1986年に起きた「FRIDAY襲撃事件」は、当時たけしが交際していた、女子大学生になっていたMさんが、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)の記者から追い回され、怒ったたけしがたけし軍団メンバーを引き連れ、編集部を襲撃したもの。この事件で逮捕されたたけしは、懲役6か月、執行猶予2年の有罪判決を受けている。

「当然、Mの両親は激怒しましたよ。けれど、たけしは『家を一軒、建ててやる』と言って両親を黙らせたんです。やり方が卑劣ですが、幹子さんはそのことを知りながらもじっと耐えていました。それどころか、たけしがバイク事故を起こし、生死の境を彷徨ったときも、付きっきりで献身的に看病していました」(たけしと親しいお笑い関係者)

 奇跡的に助かったたけしは、“火宅の人“を続けたが、それでも時々は自宅に戻ったり、週に一回程度は幹子さんとの外食デートを重ねたりして、夫婦仲は円満だった。その状況が一変したのは、6年前に知人を通じてFと知り合ってからだ。

「初対面だったFが、“世界のキタノ”に向かって、『あなたのことは知らなかった』と言ったそうです。もっとも、Fはたけしと出会う前から『オフィス北野』のマネジャーと親しくしていましたから、知らないはずはないんですけどね。にもかかわらず、たけしはその嘘に騙され、感激してしまった。また、Fが神戸の有名ホテルのスーパーバイザーの肩書を持っていたことにも惹かれたようで、そこからビジネスパートナーとしても信頼し、やがて一緒に暮らすようになりましたが、実際に事務所に持ち込まれた話は詐欺まがいのものばかり。しかも、Fが銀座の元クラブホステスだったことは、どこも報じていません」(元事務所関係者)

 一部スポーツ紙のなかには、Fが“やり手のビジネスウーマン”であるかのような記述もあったが、関係者によれば、銀座のホステス時代にFが“太い客“として出会ったのが、後に“神戸のラブホテル王”と呼ばれ、昨年7月、留学生を不法就労させたとして入管難民法違反容疑で逮捕されたラブホテル運営会社「レジャー計画」会長・関則之氏だという。

「Fは、関氏とかつて、仕事の関係以上に親密な関係にありましたが、たけしにはそのことを隠して紹介。『オフィス北野』からの独立や新事務所『T・Nゴン』の設立に関氏を協力させました。たけしも彼に信頼を寄せていて、新事務所のNは則之のNとも言われるほど。同社で経理を担当しているのも関氏が紹介した人物。事務所は完全にFに主導権を握られている状態です」(元『オフィス北野』関係者)

 Fの横暴で事務所スタッフが次々と辞め、たけしが“裸の王様”状態であることは既報の通りだが、4月には、たけしの長男が「週刊文春」のインタビューを通じてたけしに苦言。その内容は「たけし 長男(38)怒りの激白『お父さん、ダサいよ』」とのタイトルで掲載された。

「ただ、この記事をめぐって、長男側に“外圧”がかかったようで、幹子さんは“これ以上子どもを巻き込みたくない”と、離婚を決断したようです。要するに、すべてはたけしが惚れた弱みでFの掌で踊らされたんです。それなのに、スポーツ紙は憶測で“愛を選んだ”とか美談仕立てで報じていて許せません」(同)

 たけしに人生を狂わされた周辺スタッフは呆れて、“真実を話すしかない”と激怒しているというが、別の「オフィス北野」の元関係者も、「たけしの年収は把握してますからね。財産だって、200億円どころか100億円もないでしょう。離婚が長引いたのは、たけしサイドが金銭面でゴネたからという情報もあります」と憤る。

 今後、関係者の逆襲が始まれば、真相が明らかになり、たけしの実像が暴露されるだろう。世論がたけしに引導を渡す日は、そう遠くないかもしれない。

㊟有名人、特に芸能界の有名人に群がる99・9%は金が目当てです。遥か昔の話ですが、私が『オリコン』編集長として、新曲のヒット予想100%的中する男として有名だった当時、知人が「どうしても会ってほしい」と、超有名だったロカビリー歌手の山下敬二郎さんを引き合わせ、簡単な食事。勿論、この頃は山下氏も既に過去の人になりつつあったからか。

 もう一人、愛人だったホステスを殺害し、自分の車のトランクに入れ、羽田空港の駐車場に放置し、北海道の営業に出ていた歌手の克実しげる。彼はまだ人気絶頂。彼とも同じ知人の紹介で食事。勿論、事件を起こす前。

 勿論、二人と会ったのは大きく時間差がある。私は確かな記憶はないが、

「自分を大事にしないと…近寄る人はあなたを利用するのが目的ですよ」

 のような事を言ったと思う。

 二人から返った言葉が同じだった。

「いままでそんな事を言ってくれた人は正次郎さんが初めてです」

 二人とも驚いた顔をしていたのは記憶に残っている。心配してくれる人などと出会わなかったのだろう。もちろん、私はそれ以降、二人とは会っていない。芸能人と個人的付き合うのは好きじゃなかったからだ。これは今でも。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

風雲急!!遂に独裁者登場!!日本の将来真っ暗!!


風雲急!!遂に独裁者登場!!日本の将来真っ暗!!

自民党
中堅が「令和の会」 菅氏応援団、次々
毎日新聞2019年6月21日 東京朝刊


 菅義偉官房長官に近い自民党の無派閥議員による動きが活発化している。菅氏を支える中堅議員を中心に新たなグループ「令和の会」が発足し、20日、菅氏と会食した。新元号「令和」発表で知名度が急上昇し「ポスト安倍」としての期待感が高まる菅氏に対し、無派閥議員間の主導権争いが過熱しそうだ。【遠藤修平、立野将弘】

㊟私の心配が現実となりつつある。ヒトラーそっくり顔の令和じいさんこと菅天皇が首相の座を狙いだした。菅が全権を握ると必ず怖い時代が来る。世界各国でサイコパス政治家(米トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領、中国・醜キンピラ、北朝鮮・金正恩)が登場しているのもそれを裏付けている。

菅は典型的サイコパス政治家で、しかも凶相(ヒトラーそっくり)だけに「気に食わない奴らのスキャンダルを掴み叩き潰す」政治をやるのは間違いない。これに続くのがやはり凶相の小泉進次郎だ。こいつもヒトラーそっくり顔。

しかも、サイコパス政治家らの身勝手な動きで世界情勢は第3次世界大戦前夜そのものになりつつある。そこにアジアの大国日本にも独裁者登場となれば。。。地球上の3分の一の人類は紅蓮の炎に焼け死ぬ(その前に自死をお薦めする)。

どのメディアも凶相・菅天皇の独裁を知っていながら報道しようとしない。同じ凶相の進次郎にもその独裁傾向が強くなりつつあるのにやはりメディは報道しようしない。それどころか逆に二人を持ち上げる報道ばかり。これこそが大変怖い傾向。戦前の日本と非常に似て来ている。

ゴキ国の腐れパンダ醜キンピラ、ロシアのプーチン、北の金正恩、アラブ諸国の大統領らへの国内報道にもそっくり。メディアが本人たちを煽り、オーバーな表現だが救世主のごとき扱いをしている。こうして原稿を進めていても怖さが募ってくる。

さしずめ凶相・菅天皇、小泉進次郎の二人は、怒り狂うようなことを書く、渡邉正次郎など、今直ぐ叩き潰したい、殺したい心境だろう。

が、2人には渡邉機関(表、裏を含むあらゆる階層に)の目があることをお忘れなく。彼らはいつでも動く。だから、警察キャリア出の平沢勝栄衆院議員も、

「渡邉正次郎を刑事告訴しようとしたが、調べたらヤバいので止めた」

とまで言い、告訴を取り止めたのだ。

この平沢議員との面白い詳細は『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)でお読みください。勿論、同じ警察官僚出の総理候補だった亀井静香元議員もそうだった。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

恐怖の時代!?「現代の特高」…前川元次官が


恐怖の時代!?「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

毎日新聞2019年6月20日 05時00分(最終更新 6月20日 05時00分)


 元警察庁キャリア官僚がペンネームで書いた告発ノベルとされる「官邸ポリス」(講談社)が「リアルだ」と、霞が関で話題という。

その中に出てくる文部科学省の「前田事務次官」は、警察出身の内閣官房副長官の指示で尾行され、弱みを握られる。これが現実なら、日本の「警察国家化」は相当進んでいることになる。

「前田次官」のモデルが加計学園問題で安倍晋三首相に不利な証言をした前川喜平・元文科事務次官(64)なのは明らかだ。最近、「思うところあり」として本名でのツイートを始めた前川さんに本の感想を聞き、自身の体験を振り返ってもらった。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

㊟若い人たちは“特高”と言っても「何、それ?」だろう。特高の怖さをネットで調べてね。

前川氏は職を辞めているとしても、嘘を平気で吐くような人とも思えない。私が何度も指摘しているが「官邸(=菅天皇)の意向に逆らうヤツは潰せ!」が定着している。

 官僚は菅天皇に恐怖しており、その命令は絶対服従だ。だから前川氏の行動確認をしたのだろう。これでは「戦前の特高」と非難されても反論はできまい。菅にはそういう体質があるのだから。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (338)
ニュースの深層 (13207)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR