FC2ブログ

2019-06

たけちゃん、愛人なんて金の無い老人は捨てますよ!!

たけちゃん、愛人なんて金の無い老人は捨てますよ!!

愛人が汚す「ビートたけし」の晩節 周囲を困惑させる絵画売却話と“1・5倍ギャラ要求”
週刊新潮 2019年6月27日号掲載


このたび、夫人との離婚成立が明るみに出たビートたけし(72)。かねてより存在が報じられていた18歳年下の愛人との「老いらくの恋」に、周囲は困惑を隠せない。国民的スターのカネをめぐり、こんな“実害”も生じているのだ。
 ***
 東京・銀座の、とある喫茶店。店を取り仕切る老婦人とたけしは長年の付き合いがあり、店内にはたけし直筆の絵が何枚も飾られている。ところが最近になり、たけしの所属事務所「T.Nゴン」から、絵を引き揚げると告げられたという。

「たけしさん自身に思うところはないんですが……。勘弁してください」

 老婦人はこう語るのみだが、たけしを知る芸能関係者は “愛人が、絵を売って金にしようとしているんです” と解説する。

「3年前、銀座の老舗デパート『松屋』でたけしさんの個展が開かれ、絵の価値が上がったから、売り時と考えているんだそうです。たけしさんもその気になって、『描いた絵を全部売れば数十億円になる』と豪語しているとか」

 さらに、テレビ出演のギャラをめぐっても、愛人の影が垣間見える。現在、1本300万円程度が相場とされるたけしのギャラだが、

「昨年の独立後、それを1・5倍にするよう要求してきた。愛人の意向としか思えないが、『テレビ不況』が長引いているなか、到底飲むことはできない。『これまでうちの番組ではこの額でやってきていただいていますし……』と言って、何とか要求をはぐらかしています」(民放キー局の社員)

 背景には、100億円とも200億円とも言われるたけしの財産を、離婚協議で夫人が勝ち取ったことがあるという。

「今後たけしに稼いでもらわないと愛人にとっての旨みはなくなってしまう。だから、ギャラの引き上げや、絵の売却を進めているんでしょう。周囲の人は皆、彼女に振り回されるたけしを心配しつつも、聞く耳を持たない彼に誰も直言できず困っているようです」(芸能記者)

 たけし側は、週刊新潮の指摘を〈事実に反する内容〉と否定するが……。
ヘアメイクやスタイリストなど、長年連れ添ってきたスタッフたちが、次々とたけしの元を去って行っているとの証言もある。国民的スターが汚す晩節。6月20日発売の週刊新潮で事態を詳しく報じる。

㊟たけしも過信し過ぎ。愛人というのは“金目当て”を忘れてしまったとしか。今後、何年体力持つ?夜のベッドでも愛人を満足させられないでしょ?そのうち、愛人に若い男が。。。最後の家も失い。。。ホームレス??
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「週刊新潮を告訴します!!」、たけし愛人!!


「週刊新潮を告訴します!!」、たけし愛人!!

ビートたけしの所属事務所『週刊新潮』報道に「法的措置をとることとしております」
ORICON NEWS / 2019年6月20日 13時41分

 ビートたけし(72)が所属する芸能事務所・T.Nゴンは20日、同日発売の『週刊新潮』の掲載内容について「当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております」とコメントを発表した。


 同誌では、民法キー局社員の話として、昨年の独立後にテレビ出演のギャラを「1.5倍の要求してきた」と伝えたほか、愛人とされる女性が、たけしの絵画を飾ってある銀座の老舗喫茶店に対し、絵画を引き上げたいという通知を出したり、たけしの世話を長年してきたヘアメイクや整体師が、たけしから遠ざけられたなどと報じた。


 これに対し、T.Nゴンは「本日発売の『週刊新潮』に掲載の、当社所属タレント ビートたけしに関する記事において、ビートたけし及び当社役員らが、長年良好な関係にあった関係者を困惑させるような無理な要求をしたり、理不尽な理由でお付き合いを終了したり、テレビ局に対して出演料を1.5倍にするよう要求したなどの内容が報じられておりますが、いずれも事実に反する内容であり、なぜこのような報道になるのか驚いております」とコメント。


 「当該記事において当社が関係を終了するなどとしたとされているるヘアメイク、整体師及び喫茶店経営者らは、いずれも現在も良好な関係にある方々であり、この度各人に確認したところ、『週刊新潮』からは取材も受けていない、又は取材を受けた際に良好な関係を説明したにもかかわらず説明と全く異なる内容が書かれた、などの証言を得ております」としている。


■コメント全文は以下の通り。


 報道関係各位

 本日発売の「週刊新潮」に掲載の、当社所属タレント ビートたけしに関する記事において、ビートたけし及び当社役員らが、長年良好な関係にあった関係者を困惑させるような無理な要求をしたり、理不尽な理由でお付き合いを終了したり、テレビ局に対して出演料を1.5倍にするよう要求したなどの内容が報じられておりますが、いずれも事実に反する内容であり、なぜこのような報道になるのか驚いております。


 当該記事において当社が関係を終了するなどとしたとされているるヘアメイク、整体師及び喫茶店経営者らは、いずれも現在も良好な関係にある方々であり、この度各人に確認したところ、「週刊新潮」からは取材も受けていない、又は取材を受けた際に良好な関係を説明したにもかかわらず説明と全く異なる内容が書かれた、などの証言を得ております。また、当社がテレビ局に対して、出演料を1.5倍にするよう要求したとの事実も一切ありませんし、そもそもテレビ局に対してそのような要求することはあり得ないことだと考えております。さらに、本件記事中において、ビートたけしと親しい関係にあるというテレビ朝日元プロデューサー皇氏のコメントが掲載されていますが、同氏とお仕事上のお付き合いがあったのは30年以上前のことで、その後はサウナで数回偶然にお会いした程度でした。昨年楽屋でお会いした際には、週刊新潮の取材に対し勝手なコメントをしてしまったとのお詫びの言葉を頂いたのであり、記事に記載の会話は全くございません。


 当社としては、このような当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております。

令和元年6月20日
株式会社 T.Nゴン

㊟どっちがホントかな。ま、暇潰しにはなるぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ハマのドン、「横浜にカジノ不要!!」、参院選は自民支持せず!!



ハマのドン、「横浜にカジノ不要!!」、参院選は自民支持せず!!
 神奈川にはヒトラー似凶相二人も!!菅義偉と小泉進次郎!!

横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」
日刊ゲンダイ公開日:2019/06/17 06:00 更新日:2019/06/17 06:00


 ミナト横浜の象徴的存在でもある荷役会社を経営し、横浜や日本、世界を半世紀を優に超えて見つめてきた。5月15日に荷役会社や倉庫会社などミナトで働く企業が参加した一般社団法人「横浜港ハーバーリゾート協会」が設立されて会長に就任。協会には横浜港運協会会員の全244社が参加した。会の趣旨は横浜港の再開発とは観光施設をつくることであり、カジノ誘致・建設ではないということ。ミナト横浜のキーパーソンが、なぜカジノに反対なのか――。

――5月15日の記者会見にはマスコミが殺到しましたが、藤木さんの言いたいことは十分、世間に伝わったと思いますか。


 言いたいことは言えてないからね。横浜は今年開港160年でおめでとうと言われるのですが、そういう表面的なものだけではないんです。

  ――と言いますと。


 1週間前、港湾の160年慰霊祭に出席してきました。大正、昭和の時代にはクーリー(苦力=昔のアジア系出稼ぎ労働者)みたいな港湾労働者がたくさんいました。食べたいものは食べられず、言いたいことも言えない時代が続きました。港湾は産業の業種としても取り扱ってもらえず。オヤジ(創業者の藤木幸太郎)たちの苦労を今に伝えたいが、目の前にはそれは存在せず、なんです。


 中央官庁の官僚が「港はどうですか」なんて言うのですがね、私は港湾労働者は米国における黒人問題のように思ってきたんです。経団連や日経連には到底ミナトはわからんですよ。これは港湾産業に限った話ではありませんがね。


  ――ハマっ子でも、知ろうと思わないと知ることはない歴史でしょうね。

人件費はコストだという言い方をするでしょう。人はコストなのだと。日本人1人分の給料で中国人を25人雇えるから中国に移転するとか、いまは15人分になってしまったとか、私のところに来る経営者はそんな話ばかりをします。平気で海外に移す。日本はものづくりの国で日本でつくって、海外に輸出してということではないか。ゴーンを呼んでクビを切って。なにが経団連だ、日経連だ。いまや海運国日本どころではない。荷物のない国になってしまいました。


  ――いまの日本の空気が戦前と似ているとも発言されていますね。


 昭和14年の頃の空気に似ています。私が小学校4年のとき、パーマネント屋は潰れ、おふくろは指輪を金属供出した。県内の新聞社は1社に統制されていった。健康診断に行くといつも私はタンパク質が足りないって結果が出るんです。だからその前に肉とかウナギとか食べるんだけど、いつも同じ。育ち盛りの13歳から15歳の間が戦争中で食べていないからですよって医者はあっさり言うんですよ。私は爆弾が落ちてくる日本を知っているから、戦争は絶対反対なんだ。


  ――「カジノに反対しているのは俺だけだ」と強調されていましたが、その意図は。


 まさに私だけが反対しているという意味。もう88歳だし、崖が見えているから。私だけでいいんだ。
最後は住民投票。主権は国民にある

  ――あらためてカジノに反対する理由は。


 ギャンブル依存症です。カジノは副作用が多い。私はかつて菅さん(内閣官房長官)にカジノをやると言ったんですが、あまりに無知でした。ギャンブルは脳が欲するからなかなか治らないんです。横浜には日本水上学園という施設があるんです。以前の港は大きな貨物船が沖に泊まって、そこにぽんぽん船に引っ張られた「はしけ船」が荷物を取りに行っていました。


  ――かつては元町脇の川に平べったいはしけ船をたくさん見かけました。


 はしけは横浜港だけでなく木更津とか浦安とか東京湾内の港にも荷物を積んで行くから、何日も帰ってこないんです。そうすると住居も兼ねる「はしけ」で暮らす子どもは学校に通えない。そこで水上学園という施設が子どもを受け入れて学校に通えるようにしたんです。いまはこの水上学園は一般的な児童養護施設になっていますが、話を聞くと学園に預けられる子どもたちの母親が朝から晩までパチンコにはまっていたりするわけです。

  ――ギャンブルにはまって子どもの面倒を見られなくなってしまっていた。


 私はエフエム横浜も経営しているんだけど、消費者金融のCMは流さないようにしてきたんです。何回もCMが流れたらお金を借りる人が出てきちゃうんだから。


  ――ギャンブルとサラ金は親和性がありますね。


 私は竹下登さんの後援会長をやっていたんですが、竹さんが総理を辞めたときに後援会も解散して、その貯金をどうするかとなったんです。竹さんもカネはいらないと言うし、後援会に寄付してくれた社長連中も藤木さんが使ってくれと言うので、児童養護施設に全部寄付したんです。横浜市も予算が足りないんです。


 それであるとき、子どもたちのためにチャリティーショーをやることにしたら、勝新太郎もそれならやるよって出てくれて、ホテルもそれならばと会場と料理を無料にしてくれた。チケットの印刷代しかかからなかったな。子どもたちがいつ行っても散髪できるように知り合いの散髪屋にも言ってあるんです。そうするといつもきれいでいられるでしょう。

■参議院選では自民党議員を応援しない


  ――安倍政権はなぜカジノを推進していると思いますか。


 世界の3大カジノ業者にラスベガス・サンズ、MGM、シーザーズがあります。サンズのアデルソン社長はトランプ大統領に莫大な献金をしています。そのトランプ大統領に安倍首相が頼まれたんでしょう。


 横浜は30年前にベイブリッジがかかって、外の港と内の港ができたんです。海外では内の港は観光地になっているんです。私はそのインナーハーバー(内の港)を、スイスのツェルマットのような、みんなで協力して支えるハーバーリゾートにしたいと考えているんです。カジノではない。


  ――今年4月の統一地方選挙ではこれまで応援してきた自民党の議員を応援しませんでしたが、7月の参議院選挙でも応援をしない予定ですか。


 しません。市議や県議は市民や県民の代表としてバッジを着けているはずでしょう。横浜の調査では8割の市民がカジノ反対だと言っているのに、いくじがないよね。菅さんの秘書が5人も6人も横浜で市議会議員をやっているけれど、市民の意見を聞いて上に上げるという民主主義の基本を怠るようになってしまった。

オヤジがいつも言っていました。「金を稼ぐということは汗をかくことだ。それが世の中のために働くことだ。汗をかいて人が喜ばないようなことはやらないほうがいい」ってね。


 カジノはどうなんでしょう。右から左にカネを動かして。その金で豪華なシャンデリアの下でシャンパン飲んでなんて。そんな新自由主義はよくないでしょう。日本人は基本的に二宮金次郎。それが日本人に合う資本主義なんだと私は思っているんです。


 林市長は「立場があって、しがらみがある」って正直に言っていますね。先日も林市長を囲んだ1000人規模の支援する会があったんですが、私は行きませんでした。私が行ったら「藤木さん、話してくれ」って言われるから。話しだしたら何を言うかわからないからね。私だってわからないんだから(笑い)。行かないほうがいいんですよ。


  ――その会を港湾関係者約200人が欠席したとか。

 そうですか(笑い)。ミナトの仲間は一丸となっているので、私が行かないと誰も行かない。カジノは最後は住民投票で決めるのが筋です。それで反対となったら菅さんも安倍さんもカジノをやるとは言えないでしょう。主権は国民にあるって日本の憲法にも書いているんだから。平ったい話ですよ。


 (聞き手=平井康嗣/日刊ゲンダイ)

▽ふじき・ゆきお 1930年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学政経学部卒。1923年に創業された藤木企業取締役会長。横浜港運協会会長。横浜エフエム放送代表取締役社長。


㊟藤木幸夫会長は「戦前に似た空気」と口にされているが、霊的直感が異常に強い鬼神正次郎も同じ空気をひしひしと感じている。その象徴?は語弊があるが菅官房長官と小泉進次郎の顔。二人ともヒトラーそっくりの凶相なのは偶然のなせる業か。。。

 以前にも配信したが菅天皇は「藤木会長の寿命が無いのを読んでドンの死を待っている」(永田町の渡邉機関)のだとか。

 しかも、菅天皇は「藤木会長の息子さんを篭絡してカジノ誘致の先頭に立たす動きを水面下でやっています」(神奈川の渡邉機関)と。これを藤木会長に知られると。。。。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

イケメンもスマホで石破、テリーの醜い斜視に!!


イケメンもスマホで石破、テリーの醜い斜視に!!

スマホ見すぎでモノが二重に見える「内斜視」若者が急増!人と顔を合わせられずにウツ症状に
• J-CASTニュース

若者を中心に、片方の眼の視線が内側に寄ったまま戻らなくなる後天性「内斜視」が増えている。先週(2019年6月)静岡県浜松市で開かれた学会では、その原因にスマホの長時間使用があると指摘する研究結果が発表された。

日本弱視斜視学会などが全国の眼科医369人を対象にしたアンケート調査では、2018年の1年間に「内斜視の若者を診察した」という回答は42%。このうち「スマホなどの使用が関連していると思われる症例」は77%にも上った。

自転車に乗ると対向車が二重に見える

斜視とは眼球がずれることで、両目の視線が合わなくなる病気。スマホを見る時に、距離が近すぎると、寄り目になり、内側の筋肉「内直筋」が縮んだまま戻りにくくなってしまう。

目で文字を追う本と違い、スマホの場合は画面が動くので、眼球が動きづらいことが問題のようだ。子どもは、ピントを合わせる機能が大人よりも何倍も高いのでより注意が必要だ。
日本弱視斜視学会理事長で浜松医科大学の佐藤美保教授は

「スマホと目を30センチは離す必要がある」
と話す。しかし、実際に街で調査すると、距離が20センチ以下の若者が続出。

「小さくて見えづらい」
「離して見ると周りの人に画面を見られてしまう」
というのがその理由のようだ。

2年前に内斜視と診断された男子高生は、1日5~7時間もスマホゲームをしていた。目に違和感を覚えはじめ、教室の時計や先生の板書が二重に見えるようになり、片目で授業を受けるようになった。自転車に乗ると対向車が二重に見えたというから恐ろしい。

「母親がダブって見えるから」と目を合わせない

1日に10時間以上スマホを使っていた別の男子高生は、目を合わせなくなったのを不審に思った母親が理由を聞くと、「ダブって見えるから」と答えたことで内斜視が判明した。

眼科専門医院の海谷忠良院長は「内斜がひどければひどいほど、二重の像が離れて見える。頭も混乱して両目で見ることが不可能になり、片目の生活になってしまいます。人と顔を合わせたくなくなり、外にも行きたくなくなる。精神的にもウツ状態になることもある」と指摘する。

内斜視の治療には、見え方を補正するプリズム眼鏡の使用、内直筋を緩めるボトックス注射、内直筋の位置を変える手術などがあるが、まずはスマホ使用方法を見直すことが賢明だ。海谷医師は30分間スマホを使ったら、10分間目を休ませる「3010法則」をすすめる。

カンニング竹山(お笑いタレント)「高校生で1日10時間以上もスマホを使うのは、ほかに問題があるよね」
司会の国分太一「依存ですよ。これは親が注意しないと」

政井マサ(フリーアナ)「スマホができて10年ほどだから、私たちが追い付いていない。自分が子どもの時になかったから、子どもにどう教えていいか考えてしまう。今、色々とペアレンタルコントロールもできますが」
文 ピノコ | 似顔絵 池田マコト


㊟医学には無知な私でも若者たちのスマホ首っ引きを見れば、「目がおかしくなるぞ」「脳の神経を痛めるんじゃないか」と。


 国分のバカが「親が注意しないと」などと馬鹿発言。今の子は親の注意など聞く耳持たないの!それも分からんからジャニバカと笑われるんだ。


 可愛い息子、娘にこう教えればスマホ依存は止めますよ。


「テリー伊藤のようなお化け顔になっちゃうよ」


「石破茂のように醜い顔になるぞ」


と。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

日産、西川廣人社長も真っ黒!?

日産、西川廣人社長も真っ黒!?

日産・ケリー前代表取締役が明かした「西川廣人社長の正体」
文春オンライン / 2019年6月17日 6時0分

 私が「西川廣人」という人物を初めて目にしたのは、カルロス・ゴーン日産自動車前会長が東京地検特捜部に逮捕された「衝撃のニュース」の直後、日産本社で行われた記者会見の際だった。

 西川氏は会見の冒頭、ゴーン氏について「社内調査の結果、本人の主導による重大な不正行為が大きく3点あった」と述べ、逮捕容疑となった「実際の報酬よりも減額した金額の有価証券報告書への記載」のほかに、「私的な目的での投資資金の支出」と「私的な目的での経費の支出」を挙げた。

 そして、検察当局に社内調査の結果を報告した経緯を明かし、自らの心情についてこう言い切った。

「『残念』という言葉ではなく、(それを)はるかに越えて強い、『憤り』ということ、そしてやはり私としては、『落胆』ということを強く覚えております」

 私を含め、西川氏の記者会見を見たほとんどの人が、日産を経営危機からV字回復させた「国際的経営者カルロス・ゴーン」の下で社長に上り詰めた西川氏が、社内調査で明らかになったゴーン氏の「不正」の内容に驚愕し、検察当局に不正を報告して、会社として捜査に協力する「苦渋の決断」を下したものと受け止めたはずだ。

 ところが、6月10日発売の 「文藝春秋」7月号 に掲載されたグレッグ・ケリー前代表取締役のインタビュー記事「西川廣人さんに日産社長の資格はない」の内容は、記者会見とは真逆の「西川廣人の正体」を示すものであった。

 ケリー氏の証言によって、それまで徐々に高まっていた西川氏に対する「疑念」の多くが裏付けられることになったのだ。

西川氏の高額報酬をめぐる「疑念」

 そもそも、私が最初に抱いた疑念は、西川氏の「役員報酬」に関するものだった。

 ゴーン氏が逮捕された2日後の11月21日、日経新聞の一面トップで、虚偽記載された50億円のうち「40億円分は株価連動報酬」と報じられた。

 日産は役員報酬としてストック・アプリシエーション権(SAR)と呼ばれる、株価に連動した報酬制度を導入している。これは、株価があらかじめ決めた価格を上回った場合に、その差額分の報酬を会社から現金で受け取れる権利である。

 日経新聞の記事では、ゴーン氏にSARで支払われた報酬40億円が有価証券報告書に記載されておらず、東京地検特捜部は、その40億円を有価証券報告書に記載すべきだったとしているというのだ。

 私が日産の有価証券報告書でSARについて確認したところ、日経新聞の記事では触れていない「もう一つの疑惑」に気づいた。

 2017年度の「役員報酬」の欄には、ゴーン氏とともに西川社長の報酬が個別開示され、「金銭報酬」が約5億円と記載されている。ところが、SARを示す「株価連動型インセンティブ受領権」という欄は、西川氏もゴーン氏と同じく、「-」。つまり非開示になっているのだ。

 日経新聞が、ゴーン氏について「SARの金額を記載すべきなのにしていなかった」と指摘したのはこのことだろう。しかし、そうであれば、社長の西川氏も「-」と記載され、金額が開示されていないのはどういうことなのか。

 日経新聞が報じたとおり、ゴーン氏の逮捕容疑である有価証券報告書の役員報酬の虚偽記載がSARに関するものであれば、私は、西川氏のSARの非開示について指摘しようと考えていた。

 ところが、その後、虚偽記載とされたのはSARではなく、「退任後に支払うことが約束された報酬」についてだったという“衝撃の事実”が明らかになった(【 ゴーン氏事件についての“衝撃の事実”~“隠蔽役員報酬”は支払われていなかった 】)。これによってSARのことは話題から遠ざかることになった。

 しかし、今回の「文藝春秋」の記事によってSARが再び俎上にのることになった。ケリー氏は、西川氏が「SARの行使を一週間ずらすことで大きな額の現金を手にした」という“さらに衝撃の事実”を明かしたのだ。

 ケリー氏の証言によれば、西川氏はSARの金額を決める「行使日」が、2013年5月14日とあらかじめ決まっていたのに、それを約1週間ずらして22日にすることで、4700万円を上積みして、合計1億5000万円もの報酬を受け取ったという。

 ところが、2013年度の有価証券報告書を確認してみると、西川氏のSARによる収入は1500万円と記されている。この食い違いはどういうことだろうか。

 それにしても、西川氏の「金銭報酬」の約5億円だけでも、とてつもなく高額だ。逮捕以降、ゴーン氏の報酬が「年間約20億円」だったことが、「高額報酬」として問題にされたが、「プロの経営者」の国際的な市場水準と比較すると一般的なものに過ぎない。しかし、西川氏の場合、14万人の日産社員の中から社長となった「内部昇格者」だ。その報酬が5億円というのは、他の日本企業の内部昇格の社長と比較して破格に高額だ。

 SARの行使日をずらした2013年度でも、西川氏の「金銭報酬」は1億2,000万円にのぼる。西川氏はそれに飽き足らず、SARの行使日をずらすことでさらに報酬を上積みしたというのだ。

退任後の報酬に関する「書類」への署名

 5年分の金融商品取引法違反に続くゴーン氏らの再逮捕事実とされたのが、2016年3月期から2018年3月期までの「直近3年分の虚偽記載」であった。しかも、西川社長が退任後の報酬の合意文書に署名していたと報じられたことなどから、直近2年は「代表取締役社長」として有価証券報告書を提出した西川氏も、ゴーン氏及びケリー氏と同等、あるいはそれ以上の刑事責任があることは否定できない、という見方が強まった。

 しかし、西川氏は逮捕も起訴もされず、現在も日産社長の地位にとどまっている。そのような西川氏について、今年1月、東京都在住の一市民が東京地検に告発を行ったが、検察は、「嫌疑不十分」で不起訴処分にした。

私はその告発人から委任を受け、6月4日に西川氏の不起訴処分について、代理人として検察審査会への審査申立を行い、東京第三検察審査会で受理されている(審査申立書の主要部分は、【 日産西川社長に対する「不当不起訴」は検察審査会で是正を 】で紹介している)。

 実は、この「ゴーン氏の退任後の報酬の合意文書」への署名についても、「文藝春秋」に掲載されたケリー氏の証言によって詳細な事実が明らかになった。

 編集部が、ケリー氏の弁護士に直接確認した結果についてこう記されている。

「ケリー氏の弁護士に書類の確認を求めたところ、書類には次のように記されていることが判明した。

 <日産は、ゴーン氏が日産のビジネスに重要な貢献を続けることができると認識しており、ゴーン氏を取締役ではない立場で雇用することを望んでいる>

 契約項目としては、「ビジネス戦略」「広報活動」「政府との交渉」などとあり、その報酬は、十年間の契約で一時金として「三十億円」(「30 oku yen」)、加えて各年の年間報酬として「三億円」(これは目標を達成した年には五億円まで増額される)。ただし、この報酬額は、青インクのペンで修正され、それぞれ四千万米ドル、四百万米ドル(増額は六百万米ドルまで)と書き換えられていた。さらにリオデジャネイロ、パリ、レバノンの不動産所有権の提供も報酬の一部として記されていた

 書類の最後には、西川氏のものと思われるサイン(筆記体で「Hiroto Saikawa」)もある。」

 それに加え、ケリー氏は、西川氏がその書類にサインした状況についてこう明かした。

「ゴーン氏と西川さん、そして私のオフィスは日産本社の同じフロアにありました。角にゴーン氏の広い部屋があり、少し離れたところに私と西川さんの部屋が隣同士で並んでいました。私は隣にある西川さんの部屋に行ってたたき台の書類を見せ、西川さんはそれを注意深く読み込んだ後、サインをしたわけです」

 これらの事実からすると、ゴーン氏とケリー氏に加えて、法人としての日産まで起訴されているのに、代表取締役社長として有価証券報告書を提出した西川氏について、「犯罪の嫌疑が不十分」ということはあり得ない。

 検察審査会で、市民の常識に基づく審査が行われれば、「起訴相当」の議決が出ることは必至だ。その場合、検察は再捜査の上、西川氏の処分を決することになるが、その判断は非常に微妙だ。ゴーン氏とケリー氏、そして法人としての日産の起訴を維持して西川氏を不起訴にすることができるだろうか。西川氏を起訴するか、ゴーン氏とケリー氏、日産の公訴を取り消すしかないはずだ。

 それでも、検察が「引き返す」ことなく、西川氏を再度「嫌疑不十分」で不起訴にした場合、検察審査会の2回目の審査に委ねられることになる。ここで「起訴議決」が行われれば、指定弁護士が西川氏を起訴することになるが、その場合、西川氏が有罪を認めるとは考えられない。「退任後の報酬についての合意」の有価証券報告書への記載義務などの法律問題も含めて全面的に無罪を主張する可能性もある。そうなると、ゴーン氏とケリー氏及び日産の起訴は根拠を失い、検察の「有罪立証」全体が崩壊することになりかねない。

日産に自宅を購入させようとした西川氏

 実は、ケリー氏は「文藝春秋」の記事で、もう一つ信じ難い事実を明らかにしている。2013年春、日産に新たに不動産を購入してほしいとケリー氏に相談していたという事実だ。これは西川氏が渋谷の新居を購入し、それまで住んでいた世田谷区の自宅から引っ越した直前の時期にあたる。

 西川氏は、ゴーン氏が逮捕された直後の記者会見で、社内調査によって明らかになった不正の一つとして、「目的を偽って、私的な目的で、当社の投資資金を支出した不正行為」を挙げた。この中には、日産の子会社がパリやリオデジャネイロ、ベイルートの高級住宅の購入資金を支出したことが含まれていたはずだ。

 ケリー氏の証言によれば、これらの海外の住宅購入は、海外でのビジネスのために拠点となる場所として日産が購入したもので、西川氏の承諾も得て不動産の契約を行ったということだ。その西川氏が、自分が日本で購入する自宅の資金を日産に出させようとしたというのだ。日本国内の自宅であれば、その購入費用を会社に出させる筋合いは全くない。事実であれば完全な「会社の私物化」である。

会見で語った西川氏の「残念」、「憤り」、「落胆」とは

「文藝春秋」に掲載されたケリー氏の証言によれば、西川氏はゴーン氏が逮捕された直後の記者会見で「不正」だと述べた行為のほとんどを認識、承諾していただけでなく、自らも日産を私物化しようとしていたことになる。

 記事の内容は、当然、弁護人も事実関係をチェックし、慎重に検討されたものであろう。また発売後、日産や西川氏の側から、記事について何の反論もコメントもないことからしても、事実関係に大きな誤りはないと考えてよいのであろう。

 この記事が事実だとすると、西川氏が、記者会見で、ゴーン氏の不正を知って感じたという「残念」、「憤り」、「落胆」という言葉は一体何だったのだろうか。

 自らを、5億円を超える高額報酬を得られる日産社長という地位に取り立ててくれたゴーン氏に対して、自分のやっていることを棚に上げて、そのような言葉を浴びせて非難することができるという「鉄面皮」のような厚顔無恥さは、日本人の一般的な感覚からは凡そ理解できないものだ。

 信じ難いことに、そのような人物がいま、日仏間の国際問題にもなりつつあるルノーとの経営統合問題や急激な業績悪化などの渦中にある日産の経営トップの地位にあることに関して、なぜかマスコミからも、日産社内からも、ルノーとの関係で後ろ盾になっていると思える経産省からも、何一つ疑問の声が上がらない。

 日本の社会は、いつからこんな「異常な社会」になってしまったのだろうか。
(郷原 信郎/文藝春秋 2019年7月号)

㊟この記事を読む限り、西川社長もゴーン被告と同じく、会社を私物化していたようだ。これは今後、面白い裁判になりそう。ただ、ゴーン被告はルノーからも提訴されているし。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

与党、参院選勝つにはこの朗報を大大告知せよ!!



与党、参院選勝つにはこの朗報を大大告知せよ!!

悪名高い“在職老齢年金” 早ければ2021年にも廃止か
NEWSポストセブン / 2019年6月17日 7時0分

 人生100年時代、国は「もはや60代は高齢者ではない」といい、生涯現役で働けるエイジレス社会を目指す方針を掲げている。だが、年金には、60歳以降も働いて多くの給料を稼げば支給額を減らされる「在職老齢年金」(在老)の制度があり、年金受給世代の労働意欲を著しく萎えさせてきた。

 この“悪の年金カット”の制度がついに廃止される。働くシニアには年金増額のチャンスである。あなたが何歳から、どんな働き方と年金のもらい方をすれば年金額を最大化できるのかを見ていこう。

 在職老齢年金は、企業が60歳以上の社員を安い給料で働かせるための制度――という側面がある。関西の機械部品会社勤務のAさん(64)は、60歳の定年後、同じ会社で嘱託として働いている。

「定年後も最初はフルタイムで働いていましたが、62歳から年金(厚生年金の特別支給)約8万円をもらうようになったのを機に週3日勤務にしてもらいました。月給は20万円。経理から、『それ以上稼ぐと年金を減らされますよ』といわれ、長年働いてせっかくもらえるようになった年金が減るのは割に合わないと考えたからです。老後の資金を考えると本当はもっとバリバリ稼ぎたいのに、釈然としない気持ちが続いています」

 在職老齢年金は、60歳以降も厚生年金に加入して働きながら年金をもらうと、給料に応じて年金がカットされる仕組みだ。65歳未満の人は「月給+年金」が28万円を超えると、超過分の半額が年金から減額(支給停止)される。65歳以上の場合は、47万円を超えると同様の年金減額が始まる。

 Aさんの月給と年金の合計は28万円だから、年金を減らされないギリギリの給料に抑えた働き方を選んできたのだ。たしかに、図にあるように年金カットを気にせずたくさん稼いでも、総収入がさほど変わらないのだから、「働き損」で報われない。

 だがここに来て、そんな高齢者の働き方を一変させるニュースが舞い込んだ。

 政府は6月21日に閣議決定予定の「骨太の方針」(経済財政の運営と改革の基本方針)で在職老齢年金の廃止を打ち出し、自民党も参院選公約に「将来的な廃止を展望しつつ見直す」と盛り込んだ。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。

「もともと悪名高い制度だったので、選挙に有利と考えて公約に入れたのでしょう。選挙対策ではあっても、金融庁の報告書問題で年金不信感が高まっているだけに、政府・与党は選挙後に公約を反故(ほご)にはできない。在職老齢年金は廃止の流れと見ていいでしょう」

 廃止までのスケジュールも具体化しつつある。政府は選挙後の年金改革で厚生年金保険法改正案をまとめて来年の通常国会に提出する方針だ。成立すると1年後に施行。早ければ2021年にも在老(年金減額)の制度は廃止される可能性があるという見方が有力だ。
※週刊ポスト2019年6月28日号

㊟これは朗報だが、未だ国民の99・99%は知らない。早く徹底させないと与党(自民、公明)は参院選に負けるぞ!!

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

タピオカがヤクザの資金源に 「こんなに楽な商売はない」

タピオカがヤクザの資金源に 「こんなに楽な商売はない」

NEWSポストセブン / 2019年6月17日 11時0分

 台湾発祥の「タピオカドリンク」が大ブームだ。繁華街を歩けば若者がカラフルなドリンクで喉を潤す姿が目に入ってくる。だが、カップ底に沈む黒いタピオカが暴力団にとって“黒い真珠”に化けていることは知られていない。実態を、暴力団事情に詳しいフリーライターの鈴木智彦氏が明かす。
 * * *

 その店──暴力団経営のタピオカドリンク屋はJR山手線某駅に近い繁華街の一角にあった。立地も、ファンシーな店構えも、笑顔の店員も、暴力団と無関係にしか見えない。実際、働いている店員は、自分が暴力団のフロント企業でアルバイトをしているとは思っていないだろう。ましてや、SNS上にアップする写真を撮影したり、モチモチした食感を楽しんでいる“タピオカ女子”たちは、その代金が暴力団に還流されているとは想像すらできないはずだ。

 若い男女に混じって行列に並び、人気メニューの『タピオカミルクティー』を買ってみた。透明容器に入れられたうす茶のドリンクの底に、黒いタピオカが溜まっている。実質的な経営者の暴力団幹部に

「黒い人間たちの集合体である犯罪組織の暗喩ですか?」と訊いてみたところ、

「まったく関係ない。そもそもタピオカはデンプンで出来ているから着色すればどんな色にもなる。たまたま黒い方が若者にウケるから使っているだけだ。こじつけもほどがある」と呆れられた。

 この幹部は商品であるタピオカを業務用スーパーで仕入れているという。

「ブームで品切れが続くようになったので有名チェーン以外の有象無象は中国からの輸入に頼っているところがほとんどだろう。ネットで『黒糖珍珠粉圓』と調べれば安いのが沢山みつかる。原価は1杯で20グラム使うとして約6円。客はタピオカがたくさん入ってると喜ぶんだけど、あんなん沢山入れても痛くない。むしろ飲み物代の方が高い」

◆「こんな楽な商売はない」

 彼とは別の広域組織の暴力団員は、まだ駆け出しといっていい程度のキャリアだが、不良仲間だった知り合いに資金提供させ、タピオカ店を出店している。

「これほど楽に始められる商売はない。技術が不要だし、開業コストもかからない。店舗は5坪程度あれば十分で、ジューススタンドほどの広さで足りる。乾燥タピオカを戻したり、牛乳や紅茶を沸かすためのスペースや道具さえあればいい。特別な調理技術もいらないからアルバイトが2人いれば店を回せる。これまで狭いテナントではクレープやケバブが主流だったんだけど、いまはどんどんタピオカ屋に変わってる。都心でも家賃や改装費含め、200万程度の資金で開業できる」

タピオカはネットを使い、海外から調達しているらしい。主力商品のミルクティーは、最初、格安スーパーのプライベートブランドを使っていたという。

「ミルクティー1杯15円程度の原価だ。いまは大ブームで、どこも激戦区なので、ちゃんとした茶葉を買い、ミルクを注いで、それなりの手間をかけるようになったので原価は30~40円。飲み物代よりタピオカが安いから、うちも“タピオカ増量無料”をアピールしている。客の9割は増量を選ぶし、店は茶葉やミルクの節約になって一石二鳥、売り値は1杯約500円だからストローや容器代を入れても原価は1割ほど。飲食店の平均原価は3割なので、タピオカは優等生だ」

 肝心の儲けだが、2人の話を総合すると1店舗で月に80万~100万円ほどの利益をあげているようだ。

 もちろん、経営に暴力団が関係しているのは一部の店の話だが、羽振りのよさをみて幹部たちも興味津々となり、先輩たちに出店アドバイスをしているという。今後はヤクザ系のタピオカ屋が増えるかもしれない。

「コストをかけずにブームのうちに稼ぎ、潮が引いたら撤収するつもり。だから店舗より移動販売がいいかもしれない。ヤクザ、カタギに関係なく、経済活動は楽して暴利、一攫千金が基本。クオリティを下げて儲ける努力はしても、こつこつ努力していいものを作るなんて愚の骨頂」

◆「流行はメシの種」

 タピオカ屋は、彼らにとって突飛な商売ではない。暴力団は犯罪組織というよりよろず屋で、幹部や組員たちはそれぞれ個人事業主であり、合法、非合法にかかわらず、様々な仕事で金を稼いでいる。

 ヤクザの商売といえば、非合法、または非合法スレスレというイメージがあり、インターネットカジノや裏DVDの販売、非合法な風俗店、繁華街のぼったくり店を想像するかもしれない。その手の店が暴力団に寄生されやすいのは事実だが、“グレーな商売”ばかりが暴力団のシノギではない。

 これまでも、首都圏でそこそこ知られた喫茶店チェーンを暴力団組員が経営していた例を取材したし、一昔前、バターをふんだんに使った高級食パンがブームになった際、関西の有名店を経営していたのは九州の指定暴力団だった。当時、私が在籍していたヤクザ専門誌にその団体の幹部も連載していたため、編集部にはいつもそのパンが差し入れられた。第3次ブームとされるタピオカ同様、高級食パンも再びブームだから、また手を出しているヤクザがいることだろう。

 数年前、バレンタインデーのチョコレートが高級化・ブランド化し、原材料の価格が上がると、知り合いの暴力団幹部はカカオ豆の買い占めに乗り出した。付け焼き刃の知識で参入したところで失敗するだろうと思っていたところ、海外から仕入れた賞味期限切れカカオ豆やチョコレートを混ぜて問屋に販売し、莫大な利益を上げたのだ。

 ブームの裏には必ず暴力団がいる。

 暴力団が表看板としての正業を持つようになったのは、それまでメインだった賭博事犯が非現行犯で逮捕・起訴されるようになり、違法行為に依存すると行き詰まるという危機感からだった。そのため山口組三代目組長の田岡一雄は、常々組員に「正業を持て」と言い続けた。

 だが、暴排条例が施行され、いかなる理由だろうと暴力団と交流・取引をした一般人が違法とされるようになった。博徒はお天道様の下を堂々と歩けない日陰者を自認し“無職渡世”と称していたが、今や社会的に合法な商売をすると、取引相手が罰せられるため孤立無援で、建前上、文字通り無職でなければならない。

 だが、暴力団は今もしっかりオモテの経済に寄生している。彼らだけを社会悪として排除することは困難であり、我々日本人は知らず知らずのうちに暴力団の共犯者なのである。
※週刊ポスト2019年6月28日号

㊟私が街のゴミ拾いをしていて、黒のストローが差し込まれた透明なプラスチック容器があちこちに増え始めているので、何だろう?と。。。踏み潰してもこの容器はペットボトルのように潰れないから嵩張る。

 これがタピオカと知ったのは3週間ほど前だ。これをヤクザがやっている。。。しかも売れている?
そう、コンビニも暴力団企業舎弟やフロントが、半グレどもにやらせているのが増えている。渡邉機関の調べでは東京とその近郊都市だけでも数百店舗。警察としても取り締れない抜け道を考えての進出。逞しい。。。と言えばヤクザ褒め言葉になっちゃうし。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

山口組を暴対法再指定、10回目



山口組を暴対法再指定、10回目 構成員は昨年末現在4400人 兵庫県公安委
毎日新聞 / 2019年6月17日 11時47分

 国内最大の指定暴力団・山口組(総本部・神戸市灘区)について、兵庫県公安委員会は17日、暴力団対策法に基づいて再指定したと官報で公示した。指定は10回目。期間は現在の指定が切れる23日から3年間となる。

 兵庫県警によると、山口組は1992年に初めて指定された。構成員は昨年末現在、1都1道2府39県の約4400人で、92年当時の約2万3000人から約1万8600人減少した。暴対法による取り締まりの強化や官民挙げての対策が進み、「シノギ」と呼ばれる資金獲得活動が困難になったことが背景にある。

 山口組の再指定の手続きのため、公安委員会は今年4月に代表者から意見を聴く場を設けたが、篠田建市(通称・司忍)組長ら関係者は欠席した。再指定により、構成員がみかじめ料を要求するなどの不当行為に及んだ場合、公安委は中止命令を出すことができる。

㊟浜の真砂は尽きるとも世に盗っ人は。。。で、ヤクザは永遠に生き続けるんですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

中東緊迫も…日本在住イラン人が感じた“日本人の平和ボケ” 「自分の国や世界で何が起きているのか知った方がいい」

中東緊迫も…日本在住イラン人が感じた“日本人の平和ボケ” 「自分の国や世界で何が起きているのか知った方がいい」
夕刊フジ

 米国と軍事的緊張が続くイランだが、日本とは今年、外交関係樹立90年を迎えた「親日国」である。安倍晋三首相も12~14日、日本の首相として41年ぶりに訪問し、緊張緩和を呼びかけた。日本に滞在するイランの方々は現状をどう見ているのか。東京・JR高円寺駅近くにあるペルシャ料理の名店「BolBol(ボルボル)」を訪ねた。

 「NHK連続テレビ小説『おしん』を見て、日本に興味を持ったのがきっかけなんですよ」

 店主のホセイン・ボルボルさんは、約30年前に初来日した理由をこう語った。

 店内には、伝統工芸品やペルシャ絨毯が飾られ、異国情緒であふれている。一番人気という、ラム肉と牛肉のミンチに、バター風味のペルシアンライスという絶品の「ケバブ・クゥビデ」をいただきながら、さらに聞いた。

 「日本は素晴らしい。みんな優しいよね。ただ最近、すごく変わってきたかな。若い女の子が『マジ~!?』とか、『ヤッバ~イ』とか、何を言ってるのか分からないときもあるよ」

 そんな日本にいて感じるのは“平和ボケ”だという。

 安倍首相は、軍事的緊張を緩和するためにイランを訪問し、13日に最高指導者のハメネイ師と会談した。このことを、日本人の友人にメールすると、返信は「珍しいね」だけだったという。

 「それだけ? って笑っちゃいましたよ。安倍首相の出迎えには騎馬隊が出動して、盛大な歓迎式典もやっていたよ。他のどの国も受けないような大歓迎を受けていたのに、日本人は誰も興味を持たない」

 「米国との緊張緩和が簡単ではないことは分かっている。だけど、イラン人は『中東情勢が1ミリでも平和へ向かうかもしれない』と思って、興奮して見ていたと思うよ。日本人はもう少し、自分の国や世界で何が起きているのか知った方がいいよね」

 もちろん、普段はお堅い話なしに、最高のペルシャ料理を楽しむことができる。週末には、ベリーダンスのイベントも開催されている。(松村友二)

㊟ホルムズ海峡がイラクに閉鎖されると、日本への原油が入って来なくなり多くの大企業も活動宇停止で経済活動が完全に止まってしまう。=大不況に突入する。それだけではない。第3次世界大戦開戦となる可能性が大。イラクにはロシア、中国が味方に付き、欧米諸国と。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「ひどいねぇ~野党の勉強不足にゃあ!!



「ひどいねぇ~野党の勉強不足にゃあ!!

老後2000万円問題、野末陳平氏が渇! 野党の年金“争点化”に「ひどいねぇ~、勉強不足も甚だしい」
夕刊フジ

 夫婦の老後資金として年金以外に2000万円の蓄えが必要とした金融庁金融審議会の報告書が、永田町を揺るがせている。麻生太郎財務相兼金融担当相は報告書の受け取りを拒否し、野党は「消えた報告書だ」などと政権批判を強めている。夏の参院選を見据えて過剰反応が目立つ政界の現状について、かつて「税金党」を率いるなど、税金・年金制度に精通する野末陳平元参院議員(87)に聞いた。

 「日本人はバカじゃない。老後を送るには年金のほか、預貯金や退職金などが必要になるというのは、世界の常識だよ。(選挙目当てで)政治家とメディアが大騒ぎしている。愚かだねぇ」

 野末氏はこうあきれた。早稲田大学を卒業し、テレビやラジオの構成作家や放送作家、タレント、経済評論家として活躍し、1971年から参院議員を4期務めた。米寿に近いが頭はシャープだ。

 現職時代、与党にも野党にも所属経験がある野末氏は、まず、「100年安心の年金制度はウソだった」(立憲民主党の蓮舫参院幹事長)などと、年金不安をあおる野党の姿勢を問題視する。

 「夏の参院選を前に、見せ場がなかったので、ここぞとばかりに年金を争点化しようとしている。政府・自民党を攻めるだけで、国民を混乱させている。ひどいねぇ~。『年金制度が危ない』という国会議員がいるなら、勉強不足も甚だしい。年金制度はつぶれないよ」

 問題の報告書は、「人生100年時代」に備え、保有資産の運用など「自助」努力の重要性を説くために作成された。結果的に、「毎月の赤字額は5万円」「不足額は2000万円」という言葉がひとり歩きした。

 野末氏は、政府・与党の狼狽(ろうばい)ぶりも厳しく批判する。

 「麻生氏は報告書を受け取らなかったが、中身を理解していないんじゃないの? 堂々と受け取って、国民に分かりやすく説明すればよかったんだよ。政府・与党は慌てる必要はまったくなかった。逆に、『ここがチャンス!』とばかり、老後の暮らしのあり方をめぐる議論を喚起し、ただ批判して騒ぐだけの野党との違いを出すべきだった。残念だねぇ~」

㊟野末陳平氏に言わせれば「与党議員も野党議員も揃ってお粗末」と。確かにお粗末な議員が多過ぎですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR