FC2ブログ

2019-06

拡大希!!「一人で死んでくれ」の志らく氏発言100%支持!!

拡大希!!「一人で死んでくれ」の志らく氏発言100%支持!!

立川志らく 川崎19人殺傷事件の容疑者に「こういうことするってことは誰も想像つかない…根深い」

落語家の立川志らく(55)が30日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件の容疑者について言及した。

自殺した容疑者の近隣住民が、容疑者のいとこ2人がカリタス小に通っていたと証言。いとこ2人と同居していた容疑者は公立小を卒業しており、幼い頃の複雑な家庭環境を背景に、一方的で理不尽な恨みを抱いてカリタス小の児童を狙った可能性が出てきた。一方、川崎市は、容疑者について、別に暮らす親族から「長期間就労しておらず引きこもり傾向にある」などと、生活ぶりに関する相談があったと明らかにしている。

志らくは、容疑者について「引きこもり傾向にあったと、でも、決して引きこもりの人がそういった予備軍であるということではないですから」とした上で、「やっぱり何か精神的な問題があったとか、50(歳)過ぎているのに、小遣いもらって、それからご飯までおじおばにつくってもらってる。いろいろ問題がある人だってことは間違いないでしょうね」と指摘。そして「でも、まさかこういうことするってことは誰も想像つかない。普段、狂暴なことがあったとか何かあったらすぐ暴れるとか、そういうのがなかったから、これは本当に根深いですね、問題が」と厳しい表情で話した。

28日の事件当日に志らくは、容疑者に対し「死にたいなら1人で死んでくれよって。本当にそういう人は」などと発言。インターネット上で、この発言の賛否をめぐって議論されている。


立川志らく、19人殺傷事件で「『一人で死ぬべき』は控えて」に反論「親のほとんどはおもっています」
2019年05月30日 06時49分 スポーツ報知

 落語家の立川志らく(55)が29日、自身のツイッターを更新。川崎市多摩区のJR登戸駅近くで起きた19人殺傷事件で「死にたいなら一人で死ぬべき」という言葉を使うことに賛否の声が挙がっていることに持論を展開した。

 志らくは事件当日の28日にテレビで「死にたいなら一人で死んでくれよ」とコメント。29日にNPOほっとプラス代表理事で聖学院大学人間福祉学部客員准教授の藤田孝典氏が「川崎殺傷事件『死にたいなら一人で死ぬべき』という非難は控えてほしい」という記事をネットに投稿し議論を呼んだ。

 志らくはこの記事を引用し、「でも日本中の幼い子供を持っている、愛している親のほとんどは、死にたいならひとりで死ぬべきとおもっています。その気持ちをその怒りをぶつける事が悪い事なのか。ましてや非難されるべきなのか。本当に悪魔を生みだす言葉だとしたら二度と言いませんが」と改めて自身の思いをつづった。

 この議論には「THE虎舞竜」のボーカル・高橋ジョージ(60)も「『勝手に一人で死ねば』の前には『人を巻き込むくらいなら』が入るのです。非難されて当然です」などとツイートした。

㊟岩崎容疑者が心を閉ざし、根強い恨みを持つようになったのは、厳しい言葉ではあるが養父母と二人の従兄弟にあったのではないか。例えば従兄弟二人との差別。。。勿論、その恨みを赤の他人にぶつけてはいけない。まして自死するほどの固い決意があったなら遺書を残すべきだった。

 私も「恨み晴らさで死ねるか」のヤツ等はいる。大金を借りながら返さない連中や、大金を恵んでやったのにお礼一つ言わない民族運動の大幹部もいる。が、気にもならない。自分がバラまいたバカだっただけのこと。
だが、だが、私に世話になっていながら裏切り、ネットでデタラメ中傷したゴキブリO,N,K。この3匹。。。ま、このゴキブリ3匹は私の力、怖さを知っている。

こんな虫けらが世の中に蔓延ってはならん。が、こいつらは自ら墓穴を掘り、苦しみ、のたうち地獄へ行く。。。霊的直感が異常に強い私には見えている。楽しみ。。。心して置け、蛆虫O,N,Kよ。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

野村周平、アンチ急増も事務所は“芸能人狙い”を指示



野村周平、アンチ急増も事務所は“芸能人狙い”を指示!? 「赤西仁以来の要注意人物」
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

野村周平と広瀬すず/野村の公式Twitter(@n_o_m_u_r_a)より

「彼自身、周りに媚びない性格ですから、どうしてもアンチが多くなってしまうのは仕方ないですよね。実際、彼が所属するアミューズもプライベートを管理しきれてないようで自由にさせてるみたいですよ」(芸能事務所関係者)

 3月に放送されたスペシャルドラマ『砂の器』(フジテレビ系)でも好演を見せた野村周平。

「若手俳優の中でもその演技力を評価されているひとりですが、いかんせん素行が悪いのが問題視されています。SNSでの問題発言など、歯に衣着せぬ物言いは、見ている方からすれば面白いんでしょうけど、事務所は頭が痛いはずですよ。実際、プライベートを管理できなくて問題を起こした小出恵介の例もありますからね」(テレビ局関係者)

 野村も女性関係については、いろいろとマスメディアを騒がせてきた。

「他の事務所では『野村には気をつけろ』という指令が出ているようですよ。逆に、アミューズサイドは『一般人だけはやめてくれ』と野村に言ってるそうです(苦笑)。まあ、小出の例がありますから、事務所からすれば年齢がはっきりしている芸能人の方が、大きなトラブルにはならないと考えているんでしょうけど、他の事務所側からしたらたまったもんじゃないですよね」(ドラマスタッフ)

 映画『帝一の國』(2017)に出演していた同世代の菅田将暉や竹内涼真に比べて、どこか危うげな雰囲気を持つ野村。

「あるマネジャーは、『タレントにあいつは気をつけろって名指しで言ったのは、元KAT-TUNの赤西仁以来だな』なんて言ってましたけど、野村は良い意味で同世代の中でも異質な存在。うまく化ければ菅田、竹内あたりとは違う路線で活躍できそうですよ」(スポーツ紙記者)

 問題さえ起こさないことを祈るばかりだ。


㊟野村周平のヤツ、バラエティ番組で久本雅美に「モテるでょ?」と振られると、「モテますね」と平然と答えていたものな。芸能界の女たちは殆ど淫乱そのもので、いい男と見ると自分から口説くんですよ。売春婦以下なんです。

 イケメン顔だが少し??どうやら中国人とのクォーターだけに切れやすいとこがありそうだ。あまり近づかないほうが。。。

 この際、鬼神正次郎がモテる男と男を口説く女どもに呪いをかけてやる。刺されるか性病で死ね¡!明年辺りから芸能人に次々事件が起きるぞ。期待してください。


内野聖陽新恋人発覚! 人気でも「内野はやめたほうがいい」と言われるワケ
サイゾー

 現在放送中のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)でのゲイの美容師・ ケンジこと矢吹賢二役がハマッていると評判の俳優・内野聖陽(50)に、17歳年下の恋人がいるということが分かり、話題となっ ている。

5月21日付けの一部スポーツ紙によると、お相手は内野の元付き人だった女優の小山あずさ(33)で、数年前から交際しているという。 

このニュースを受け、ネットでは「モテるよね〜」「本気でショッ ク受けてる……胸が苦しい(笑)」「うらやまけしからん!」と小山をうらやむ 声や、小山の顔立ちについて「宝塚顔だね〜、彼女さん」「 元嫁に似てる! こういう冷たい感じの顔が好きなんだね」と、2011年に内野と離婚した元妻である宝塚歌劇団出身の女優・一路真 輝と比べたりする声が上がっていた。

 芸能界では若手女優が自分よりだいぶ年上の男性と交際するのはよ くあることで、例をあげると05年に結婚した演出家の野田秀樹と女優の藤田陽子さん25歳差、12年に結婚した俳優の大 森南朋と女優の小野ゆり子は18歳差、09年に結婚した俳優 の上川隆也と元舞台女優の小垣外翔は19歳差だったりする。

「まだ駆け出しの女優というのは上昇志向が強い部分があるので、 ベテランで仕事が尊敬できる業界の男性にコロッといってしまいが ち。小山さんも内野さんのそばで仕事ぶりをみているうちにゾッコ ンになってしまったのでは」(テレビ局勤務)

 とはいいつつ、関係者からは内野の性格や女性遍歴を鑑み、この交 際を不安視する声が上がっているという。

 内野といえば10年9月に、車中で既婚の一般女性熱いキスな どの抱擁を交わしている姿を「FRIDAY」(講談社) にスクープされた過去が。当時は「ダブル車中不倫」 として大々的に報道され、11年8月に離婚。 その後は独身生活を送っているが……。

「離婚の際は、4歳になる娘さんへの養育費を成人まで払うことで 決着がつき、慰謝料が無かったことが話題になりました。明らかに 自分の過失での離婚なのに慰謝料を払わない姿勢を見せた内野の態 度に、世間からは『ケチ』『がっかり』という声がたくさん出てい たことを思い出します。元妻に見せた薄情な態度に驚く関係者は多 かったので、小山さんも同じようにひどい捨て方をされなかったら いいが、と心配する声は多い」(芸能事務所勤務)
 元付き人なら内野の人柄をよく分かっているような気もするが……。 今後の展開に要注目だ。

㊟女優は淫乱。売春婦以下なんです。金を払わなくてもOKなんですから。家田壮子の「イエローキャブ」(金を払えば誰でも乗せる)以下。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

必見、アボカドは危険!!ゴキ食品と同じに劇薬塗れ!!


必見、アボカドは危険!!ゴキ食品と同じに劇薬塗れ!!

日本人が大好きなアボカド生産農家を襲う危険
カルテルの暗躍がもたらす環境悪化
東洋経済

白石 和幸 : 貿易コンサルタント 著者フォロー

サラダやディップなど今や日本の食卓でもおなじみのアボカド。輸入量は右肩上がりで、財務省貿易統計によると、2018年は7万4096トンと10年前の(2万4073トン)の3倍以上が輸入された。そのうち88%がメキシコ産だが、そのメキシコでアボカド生産農家が、麻薬組織カルテルからの脅威にさらされていることは前回の記事(日本人が知らない「アボカド」生産農家の悲哀)で少し説明した。今回は、これについてさらに深く説明したい。

生産地では強奪や暗殺が増えている

アボカド生産農家が最も脅威にさらされているのは、アボカドの主要産地である中西部に位置するミチョアカン州である。同州では4つのカルテルがアボカドの生産業者と販売業者を対象に、土地代や収穫に対しての手数料を徴収する“ビジネス”を行っている。

メキシコのメディアによると、目下メキシコには52のカルテルがあるが、ミチョアカン州には、「ハリスコ・ヌエバ・へネラシオン」「ロス・ビアグラス」「ロス・カバリェロス・テンプラリオス」「ラ・ファミリア・ミチョアカナ」という4つのカルテルがある。それに加えて、暴力組織「ロス・クイニス」などがある。

ハリスコ・ヌエバ・へネラシオンはもともと、メキシコ最大のカルテルと言われる「シナロア」の配下で分派として存在していたのが独立してカルテルとなり現在12州で暗躍。メキシコで最も凶暴なカルテルだとされている。

そのリーダーのルベン・ルセゲラ(通称はエル・メンチョ)は貧困家庭に生まれ、幼少の頃はアボカドの生産を手伝っていたという人物だ。一方、ロス・ビアグラスの場合、アボカド農家に対抗するために自警団を雇ったのが独立し、カルテルとなった。

アボカド農家がカルテルの標的となる中、メキシコメディアでも農家や販売業者の葛藤を取り上げることが少なくない。例えば、人口30万人の都市ウルアパンはミチョアカンの重要なアボカド生産都市の1つであるが、スペイン紙の日刊紙「エル・パイス」の現地駐在記者によると、ベテラン販売業者アレハンドゥロ・ガルシアの息子ガブリエル・ガルシア(26歳) は父親の会社を出たところで殺害された。

「カルテルの要求に応じなかった」というのが理由だ。父親の説明によると、カルテル側はアボカドの売り上げに対して、カルテルがかつて決めた取り分を要求していたという。アボカドの生産と集荷包装業者組合のガブリエル・ビリャセニョール会長によると、最近は強奪や暗殺が増えていると話す。

同組合のセルヒオ・ゲレロ前会長が辞任したのは、カルテルの1つ、カバリェロス・テンプラリオスのリーダー、セルバンド・ゴメスと、他の企業家や地元政治家を交えて談笑しているビデオが明るみになったからである。すなわち、カルテル、一部企業家そして政治家などが癒着しているわけだ。

とくに政治家は行政面で権力を持っているため、カルテルは彼らと癒着することに熱心。政治家側も、カルテルと良好な関係を維持していないと本人や関係者が殺害される危険性がある。実際、過去5年間ミチョアカン州政府の内務長官を務めたホセ・マルティン・ゴドイ在職中には、19人の国家警察がカルテルによって殺害されている。

さらに問題なのは、犯人が捕まらないことで、ミチョアカン州では殺害事件の約9割が、犯人がわからないまま終わってしまうという。同州で犯罪をめぐる公判が開かれる確率はわずか0.54%だというから、いかに殺人犯の罪を問うのが難しいかわかるだろう。背景には、カルテルと警察が癒着し、犯人を追及しないことが常態化していることがあるようだ。

殺虫剤や除草剤乱用への懸念

こうした状況下、ラテンアメリカやカリブ諸国における組織犯罪の調査・研究を行う「インサイト・クライム」によると、カルテルがミチョアカン州で2009年から2013年にカルテルが稼いだ金額は7億7000万ドル(850億円)と推計されている。

ミチョアカン州ではカルテル同士の縄張り争いも頻繁に起きている。今年4月にはウルアパン市で1人の母親と彼女の10歳の子どもがカルテル同士の争いで流れ弾にあって死亡。カルテルで生産農家や販売業者からお金を徴収する担当者が別のカルテルによって殺害されるケースもあるという。

アボカド生産農家と販売業者を苦しめていることがもう1つある。アボカド畑に噴霧する農薬の弊害だ。2000年から現在までアボカド生産量はほぼ5倍に拡大。野菜を栽培していたのをアボカドに切り換えた農家も多くある。

生産量を増やすのに農家が使っているのが、ダイアジノン、パラチオン、グリフォサートという殺虫剤や除草剤だ。アボカドは一年中、夏でも冬でも気の向くままに実をつけるため、働く人たちはこうした農薬に一年中さらされているといっていい。

実際、ジャーナリストのヘスス・レムス氏によると、ミチョアカン州では、13万7000ヘクタールほどの土地で、メキシコのアボカド生産量の約8割が生産されているが、同州で生産が最も盛んな22の自治体では、子どもががんで亡くなるケースは肺炎、感染病などよりもはるかに多いという。こうした状況下での殺虫剤や除草剤の乱用は、発がん要因になりかねないと世界保健機関(WHO)は警告している。

レムス氏によると、ミチョアカン州でがん患者が増え始めたのは2011年からで、それはカルテルがアボカドの生産に目をつけて侵入して来た時期と重なる。特に、ロス・カバリェロス・テンプラリオスがアボカドの生産のコントロールに干渉するようになった2014年から2016年にはがん患者が急激に増えたようだ。

自身もカルテルに3年間拘束された経験を持つレムス氏は、実際にがんに罹患(りかん)した子どもを持つ家族に取材。例えば、マリア・グアダルーペの子どもルベン(7歳)とファン・カルロス(9歳)は、それぞれ白血病と肺がんと診断されたという。彼女がアボカドの栽培の仕事に従事している間は、夫のぺぺが病院で子どもの看護にあたっているほか、彼女の母親と妹も看護の手助けをしている状態だ。

マリアは、「ロス・カバリェロス(テンプラリオス)は、私を殺してはいないが、私に死をもたらした」と、重病の2人の子どものことを思い浮かべて涙ながら語っている。「死の瀬戸際にいる2人の子どもを看護せばならないという罪を償わねばならないほどのことを私はこれまでした覚えない」と語りながらも、彼女は神に感謝しているという。なぜなら「私が健康であるということで子どもたちを看護できるからだ」。

アボカド畑で働くのは多くが日雇い労働者

同じように、ホセ・ルイスの子ども(12歳)も5カ月前にがんと診断され、医者からは回復の見込みはほとんどないと言われている。子どもはカルテルでなく武装グループによって連れだされ、1年間わずか35ペソ(200円)の報酬でアボカドへの農薬噴射のために働かされた後解放されたが、そのときすでに罹患していたそうだ。

メキシコ保健局によると、ミチョアカン州でアボカドの生産に従事している自治体でがんと診断された子どもは昨年だけで42人に上る。アボカド畑で働く人たちは日雇い労働者が多く、身体の安全への保証は一切なく農薬を噴霧する仕事に従事させられているという。彼らの90%は社会保健のサービスなど享受していない。

一時はカルテルから身を守るための自警団も誕生し、サルバドル・エスカランテなど2つの自治体では、犯罪組織が駆逐された。しかし、その2年後にはその監視が緩まったため、その隙を狙ってカルテルが再び権力を持つようになった。一方、タンシタロ自治体の場合は、4年前に生産農家と販売業者が自警団に給料を払ってカルテルからの侵入を防いでいるという例もある。

カルテル同士の縄張り争いは依然続いている。こうした中、昨年12月に大統領に就任したアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(通称:アムロ)は、これまで3人の大統領(ビセンテ・フォックス、フェリペ・カルデロン、エンリケ・ペーニャ・ニエト)とは異なり、カルテルに対して軍隊と連邦警察とで武力でもって真っ向から対決する姿勢を控えるようにしている。

むしろ、アムロはカルテルが伸展するのを抑える方向に重点を置いているという。

しかし、アメリカからカルテルの取り締まりの強化を求める要求があった場合、アムロもこれまでの大統領と同様、カルテルとの武力対決を展開して行くことを余儀なくさせられる可能性がある。アボカドの消費は日本を含めて世界中で伸びている一方、当面アボカド農家を囲む環境が劇的に改善する気配はない。消費者も自らが口にするアボカドがどんな状況下で作られているのか、思いをめぐらせたほうがいいだろう。

㊟私は相当以前に一度食べて以降食べない。毒薬塗れ。。。これは親しい人に教えたほうが、、、仲の悪いヤツには大いに薦めよう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

元KAT-TUN・田口淳之介、小嶺麗奈との「隠し子」疑惑ささやかれる男児の正体

元KAT-TUN・田口淳之介、小嶺麗奈との「隠し子」疑惑ささやかれる男児の正体
サイゾー

 元KAT-TUN・田口淳之介と交際相手の元女優・小嶺麗奈が、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、多くのジャニーズファンから怒りや悲しみの声が続出している。昨年には一部ネット上で2人の“隠し子”に関するウワサが出回っていたのだが、この件の真偽がはっきりしない中で薬物逮捕に至り、さらなる衝撃を与えてしまったようだ。

「田口は2006年にKAT-TUNメンバーの一員としてCDデビュー。翌年に小嶺との熱愛が報じられ、以降もツーショットを週刊誌に撮られたほか、仲間とのプライベートの記念写真が流出したことも。そんな田口は16年3月31日付でグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退社。その後、個人事務所『株式会社Immortal』を立ち上げ、小嶺はここで会社員として勤務。東京・世田谷区のマンション一室を事務所兼自宅にし、同棲生活を送っていたようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 報道によれば、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(麻取)は「2人が違法薬物を使用している」との情報をキャッチし、5月22日の朝から当人立ち会いのもと、世田谷区内の自宅を捜索。そこで乾燥大麻数グラム、大麻を砕く「グラインダー」と呼ばれる器具や、吸引用の巻紙などを押収したそうだ。取り調べに対して、田口は「大麻は2人のもの」と説明し、かたや小嶺は「大麻は自分のもの」と述べ、供述に食い違いが生じているという。

 一方、ジャニーズ在籍時から「結婚間近」と言われてきた田口&小嶺。15年12月には「週刊女性」(主婦と生活社)が小嶺の妊娠説を報じ、田口のグループ脱退宣言との関連性を指摘していた。

「記事の中では、彼女の知人が『小嶺さんは最近、ノンカフェインのお茶や漢方薬を買って自宅で飲んでいるって聞きました』と証言。さらに、“若干ふっくらした小嶺”の姿を捉え、その人物に『田口さんの脱退は小嶺さんとの結婚と妊娠が理由なのではないかという声がありますが、どうなんでしょうか?』と尋ねたものの、回答は得られなかったと伝えていました」(前出・ジャニーズに詳しい記者)

 昨年2月頃には、小嶺がひっそりと子どもを出産していたのではないかという疑惑が一部ネットユーザーの間で注目を集めた。その発端は、熊本県のあるショップ経営者・A氏がアップしたインスタグラム。田口が小さな男の子と写っている1枚で、子どもが田口のワンマンツアー『DIMENSIONS ~JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018』のツアーグッズであるロゴタオルを広げて持っている写真だった。その投稿に「田口君」「田口ハーフ」といった記述があったことから、隠し子を疑う声が上がったのだ。熊本は小嶺の故郷であるため、そのつながりでA氏と知り合った可能性が高いだろう。

「同じ時期のA氏のインスタグラムには、田口&小嶺らしき2人とその男の子が一緒に写るものもありました。過去の投稿をチェックしたネットユーザーは、小嶺の妊娠報道と関連付けて、この男の子が田口&小嶺の子どもであると確信。

しかし、同じく熊本在住でA氏と親しい人物のインスタグラムに、例の男の子が何度も登場しているんです。肝心なのは、この人物の名字が『田口』である点。田口淳之介とはまったく別の“田口さん”の子どもとの記念写真だったため、A氏は面白おかしく『田口ハーフ』と、書いたのかもしれませんね」(同)

 熊本の田口氏は、インスタグラムに『DIMENSIONS』ツアーを見に行った際の仲間との写真を上げていたほか、昨年7月に“田口淳之介”と男性2人、女性1人の計4人でカメラ目線を決める1枚を公開している。

小嶺の地元・熊本の知り合いが偶然自分と同じ名字とあって、田口は兄弟や親戚のような付き合いをしていたのだろう。そもそも、田口本人は16年9月に「女性自身」(光文社)の直撃を受けた時、小嶺の妊娠を否定した上で、「違う写真を使われたりして、誤解されているんです」と、キッパリ回答していた。今回のスポーツ紙などの記事でも、2人は“内縁関係”と記されており、入籍すらまだしていなかったものとみられる。

 こうした背景を知らないネットユーザーからは「田口が実は結婚してて、子どももいるってうわさがあったけど、今回の報道でそこも明るみになるだろうね」と期待する声も出ていたが、23日時点で2人の間に子どもが生まれていたという情報は表沙汰になっていない。
 今後の供述を含めて、ひとまず事件の行方を見守りたい。

㊟隠し子も面白いがこの二人、確か犬を二匹飼っているんじゃないか?それで逮捕されたら犬たちはどうんるんだ?そっちの方が心配。厚労省に問い合わせて見ようか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ジャニーズJr.、“問題児”メンバーが退所で「カス」「伝説作りすぎ」と波紋広がる

ジャニーズJr.、“問題児”メンバーが退所で「カス」「伝説作りすぎ」と波紋広がる
サイゾー

 東西合わせて、現在約300人が在籍しているというジャニーズJr.。CDデビューを目指す中で別の道を選択する者も多く存在し、一年間に数名がジャニーズ事務所を辞めて一般人に戻るか、もしくはほかの事務所に移籍してタレント活動を続けるパターンも増えてきている。先日は総勢25人からなるJr.内ユニット・少年忍者の“問題児”がコンサートの最終公演をもって退所したことが明らかになり、ファンに衝撃を与えた。

「退所が判明したのは齋藤悠杏(さいとう・ゆうあん)。昨年入所するなり、インスタグラムにプライベートショットが流出するなど、悪い意味で注目のJr.でした。彼の所属する少年忍者は、5月8~12日にかけてライブイベント『ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience』の単独公演を開催。

最終日となる12日の2公演目は、メンバー数人がライブ中に涙を流しており、終盤はほぼ全員が号泣状態だったとか。最後の挨拶で横一列になると、グループのまとめ役である川崎皇輝が『この25人の姿を目に焼き付けてください』と、ファンに訴えていたそうです。そして同日、Jr.の公式エンタメサイト・ISLAND TVから齋藤のプロフィールが削除されたことがわかり、ファンは騒然となりました」(ジャニーズに詳しい記者)

 齋藤は2002年2月15日生まれの現役高校生で、Jr.デビューとしては遅いスタート。昨年は、『ザ少年倶楽部』(BSプレミアム)で気だるそうな表情を見せながらダンスする姿がネット上で話題になり、「やる気ない。なんでジャニーズ入ったんだろう」と指摘が上がったり、友人のインスタグラムのストーリーに写真や動画が何度も載るなど“カスジュ”とJr.ファンから批判されていた人物だ。

「インスタにアップされたものには、駅のホームにいる齋藤がカメラに目線を向けた写真や、カメラに向かってピースする動画などがあります。ピース動画には『急遽晩ごはん笑 明日も頑張ってねぇ』というテロップも入っていて、インスタのアカウント主は同級生の女性だという説も。ジャニーズにもかかわらず、本人が撮影を容認しているフシがあったため、『齋藤悠杏、やらかしすぎ』『少しはJr.になった自覚を持って。女友達の関係絶った方がいい』と、Jr.ファンから呆れた声が出ていました。しかし、最近はパフォーマンス中の笑顔や、ダンスを頑張っている様子が評価され始めていたんです。齋藤と仲の良い少年忍者・織山尚大とのコンビを応援する人も増えていました」(同)

 そんな齋藤は、グループの単独公演終了後にJr.の活動に終止符を打ったようだ。ISLAND TVはプロフィール以外にも出演動画がほとんど削除され、退所が確定に。一部ファンからは「去年入ったばっかりでしょ? カスジュだと思ってたけど、こんな早く辞めるとは」「やらかしまくって、スピーディー退所って伝説作りすぎ」と率直な感想が漏れているほか、「問題起こしたけど、最近スゴい頑張っててうれしかったのに。残念」「カスジュだのいろいろ言われてたけど、ダンスもうまくなってるし、踊る位置が少し前になったのもうれしかった」と、惜しむ声も少なくない。

 12日夜には、齋藤悠杏を名乗るTwitterアカウントが出現し、進学に専念するため退所を決断したという説明や、ファンへの謝罪と感謝の言葉をツイート。しかし、本人だと証明する写真は載せておらず、「Twitter開設まで、さすがに早いすぎるから偽物じゃない?」「これが本物だったら本当のカス」「公演で泣いてたのに、すぐにTwitter始めたら本当にやばいやつ」と、“なりすまし説”が浮上している。

 今のところ具体的な退所の理由はわかっていないものの、将来について考える年頃とあって、勇気を出して仲間との別れを決心したのかもしれない。今後は、Jr.としての約1年を無駄にしないような日々を送ってほしいものだ。

㊟ジャニーズを早く辞めるのは正解。長く居ると必ず人生を棒に振る。それは保証して置く。Jrに入って学校にも行かず、漢字読めない書けない大人なんて建築現場の交通整理や倉庫などのベルトコンベア作業員しかないよ。あとは風俗の店員か呼び込みだろう。キャバ嬢のヒモになるか、偶然にもその道の金持男に援助交際を受けても、バカは捨てられるのが早い。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

外国人の日本語教育、地域により大きな格差


外国人の日本語教育、地域により大きな格差
自治体任せの状況に終止符を
朝日デジタル

田中宝紀 NPO法人青少年自立援助センター  定住外国人子弟支援事業部・事業責任者

 2019年4月から、昨年末の臨時国会で可決・成立した改正入管法が施行されました。この改正入管法では新たに単純労働分野に外国人労働者を受け入れるための在留資格「特定技能」の新設が盛り込まれたことは各メディアでも大きく報じられました。

 一方で、この改正入管法ができる以前から日本で暮らす在留外国人は増加を続けており、法務省の統計によると2018年6月の時点でその数は約264万人に上っています。今後、上述の特定技能での受け入れを含め、この数はさらに増えることが見込まれており、多様な人々が共に生きる社会への転換が始まっています。

 入管法改正に時を同じくして、政府は「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」を取りまとめ、閣議決定しました。外国人との共生社会の実現に向けた環境整備を推進する目的で126項目(予算総額211億円)に上る対応策が盛り込まれ、多言語相談体制の整備や生活サービス環境の改善に加え、円滑なコミュニケーションのための日本語教育の充実に関する施策などが含まれました。

今回、適切な言語教育機会や安心して暮らせる環境を整備することが必要不可欠であると政府が認め、推進に動き出したことは大きな意義を持っていますが、その実現には多くの課題が残されています。

 これまで、外国人の地域への受け入れ体制整備については自治体に一任(丸投げ)された状況が続いてきました。その結果、外国人が多く暮らしている自治体やボランティア活動の盛んな地域と、外国人が少なく、予算も人材もいない自治体・地域との間で大きな格差が生じています。

言葉がわからない困難、多岐にわたり長期的な影響も懸念

 特に定住者や外国人労働者の家族、日本国籍を有する海外ルーツの方々や子どもたちなど、日本語学校等で学んでいる留学生以外が日本語を学ぶ機会はその質も量も限定的です。日本語がわからないまま、学ぶ場もなく、日本での生活に必要な行政手続きや医療や子どもの教育等の場面において、多くの困難な状況に直面しているのが現状です。

 例えば、海外にルーツを持つ子どもたちの内、日本の学校に在籍しているものの日本語がわからない子どもたちが全国で43,000人以上いることは、拙稿でもご紹介をしました。その内10,000人以上が学校の中で日本語支援が受けられず、無支援状態にあることが先日もメディアに取り上げられていましたが、教育を受ける権利の観点からも危機的な状況にあると言って過言ではありません。

 日本語を学ぶ機会が得られない子どもたちが、教室の中で友達も作れず、勉強についていくこともできず、孤立して学校に行けなくなってしまうようなケースを筆者は数多く目の当たりにしてきました。母語も日本語もどちらも中途半端な状況となり、心身のバランスを崩してしまう子どもたちもいます。

このような状況に陥っている海外ルーツの子どもたちやその家族は日本への永住・定住を希望している場合が多く、筆者が支援する家庭の子どもたちも、97%は帰国の予定がないと答えています。彼らが日本の学校で十分に学び、成長し、日本社会に巣立っていけるよう適切なサポートを行わないことで生じるリスクは、その子どもや家族に留まらず、日本社会全体に及ぶ可能性が高いのです。

懸念される日本語教育の担い手不足

 多様な人々が共に生きる社会を実現するために、日本語教育が重要な役割を担うことは間違いありませんが、実は現在に至るまで、日本語教育には法的な足場が整備されていない状況が続いています。一般的に「日本語教師」と呼ばれている人々の「資格」は公的なものではなく、民間の養成講座を受講したり、日本語を教える能力をはかる試験に合格した人々がその担い手となっています。


さらに日本語教師の内、常勤で働く日本語教師は全体のわずか13%で、約30%は非常勤で働いており、残る57%は無償のボランティアが担っていることが文化庁の調査(平成29年度「国内の日本語教育の概要」)から明らかとなっています。給与水準の低さから、日本語教師になりたいけれどなれない若者が少なくありません。

 日本語教育の多くを担うボランティアも高齢化が進み、活動が維持できないと言った問題が生じるなど、今後、増加していく日本語教育の需要にどこまで対応できるのか、担い手の不足が懸念されています。

日本語教育の現状打開へ―超党派議員連盟が日本語教育推進法案

 このような日本語教育を取り巻く現状と課題を打破しようと、2016年11月、超党派の議員連盟「日本語教育推進議員連盟」が誕生しました。日本語教育関係各所への聞き取りや議論を経て2018年12月には「日本語教育の推進に関する法律案」(以下、日本語教育推進法案)をまとめ、承認されました。

この日本語教育推進法案の目的には、日本語教育の推進が、外国人が日本国民と共に日常生活と社会生活を円滑に営むことができる環境の整備と、日本に対する諸外国からの理解と関心を深めるために重要であり、その推進に関して国や地方公共団体および事業主の責務を明らかにすることが謳われています。

 また、日本語教育を必要とする人の多様性に配慮し、その対象者を「日本語に通じない外国人及び日本の国籍を有する者」(第二条)と定めている他、子どもについては家庭で使用される言語(母語等)への配慮も盛り込まれました。この他、日本語教育推進会議や地方公共団体における審議会の設置なども含まれ、これからの日本語教育が拠って立つ足場として、これまでの日本語教育の現状を変えうるものとして関係者を中心に期待が高まっています。

法律を生かせるかは私たち次第

 日本語教育推進法案は現在開催されている通常国会での提出を目指してきましたが、その可能性が高まっていると見られており、その動向に注目が集まる一方で、この法案の早期成立を目指して署名活動などを展開してきた武蔵野大学言語文化研究科の神吉宇一准教授は自身のブログの中で、


「法律ができても,それを運用するのは「人」ですので,次は,どうすればよりよい外国人支援や日本語教育を行うことができるのか,一般の人々に対する理解を広げていく必要があると思っています」と述べ、社会全体の課題として日本語教育についての関心を高めてゆくことが引き続き重要であると指摘しています。


外国人の日本語教育を他人事として社会の中での無関心が続けば、法律は形骸化しかねず、日本語教育機会の地域間格差やそれに端を発する諸課題の解決は遠のいてしまいます。


 筆者が2019年1月にインタビューを行った日本語教育推進銀連盟事務局長の馳浩衆議院議員は、この法案について

「これは、コミュニケーション+(プラス)相互理解なんです。日本人もイスラム教徒の習慣やキリスト教徒の習慣や、あるいは国の違う、民族の違う方々の立場を尊重するからこそ、日本のしきたり、習慣、制度を理解してもらえるように配慮ができます。それこそが相互理解。その一丁目一番地は日本語教育に他ならない。移民政策というふうな捉え方ではなく、必ず外国人労働者が日本社会の一員として、法治国家である日本の中で重要な構成員として存在してもらわなければいけない。もっと言えば選んでもらわなければいけない」と、その成立にかける思いと共に危機感をにじませました。

 日本社会にはすでに300万人に迫ろうとする外国人が日本で暮らしを営んでいますが、さらに多くの担い手を海外から呼び込まなくては間に合わない状況です。「(日本で働きたいなら)日本語を学んでからくればいい」「日本語がわからない外国人の子どもの教育は親の責任」と言った声も聞かれますが、その自己責任論は近い将来、私たち自身を追い込んでいくことになるでしょう。これからの共生社会ニッポンの未来に向けて、今必要なこと、すべきことは何か。現状と現実を一人一人が認識し、考え、取り組んでいくことが求められています。

㊟国会議員の連中もやっと気付いたようだ、遅いんだよ君たちは。急いで推進しなさい。あ、但し、茂木通産相のように栃木訛りのひょうずんご話す教員を雇用しちゃだめです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ゴキ国こそ天国!!だそうです!!

ゴキ国こそ天国!!だそうです!!
16億人の毒薬塗れの排便はどこで処理しているんでしょうね。

日本は暮らしにくそう・・・「訪日して中国こそ天国だと知った」=中国メディア
サーチナ / 2019年5月21日 11時12分

 隣の芝は青く見えるという諺(ことわざ)があるが、他人のものや他の土地のことは良く見えてしまいがちだ。近年、中国では旅行がブームとなっていて、多くの人が日本を訪れているが、初めて日本を訪れる中国人は大きな期待を抱いて訪日するのだという。


 では、実際の日本は中国人の期待に応えることができているのだろうか。中国メディアの捜狐はこのほど、日本を旅行で訪れた中国人の手記を掲載し、「日本を訪れたことで、中国こそ天国だと知った」と伝えている。


 記事はまず、日本には中国が学ぶべき点があるのは事実だと指摘し、特に「交通ルールが自発的に守られている」という点は是が非でも学ぶに値すると主張。日本では歩行者優先であるため、車は横断歩道に人がいれば必ず歩行者を優先させると強調した。また、信号を無視している人はまず見かけないと紹介する一方、日本に滞在しているうちに「ホームシック」になってしまったのも事実だと主張した。


 続けて、この中国人が「ホームシックになった理由」と「日本より中国の方が良い」と言える理由について、日本は「物価が高すぎて不自由ばかりだったこと」を挙げた。たとえば、「交通費」の点では、北京で地下鉄を利用した場合の交通費は1カ月でも100元(約1600円)もかからないが、日本では郊外に住んでいた場合は1日1000円以上は必要になってしまい、地方であれば車がなければ生活できないことを強調した。


 他にも記事は、「宿泊」や「飲食」の値段も高く、特に宿泊費は「小さな部屋でも料金は高く、そもそも日本の都市部は宿泊施設に限らず、一般の家屋も非常に狭い」と指摘。中国の所得水準は日本ほどには達していないため、確かに物価は高く感じられるのは想像に難くないが、中国人からすると「日本は暮らしにくそうだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

㊟いまも歩行中、待ち合わせ中、電車の中、スーパーの中でも痰唾吐き飛ばし、街の飲食店では食べかすを床に吐き捨てることが日本じゃできないもの不自由だろうな。天国はそれができるから。

 それよりあなたたちの国、あなたたちの毎日の糞尿は地下に流しているの?河も海も遠いし、、、あ、地下に浸み込み、その地下水を汲み上げて飲んで、顔を洗い(ゴキ人に顔を洗う習慣はないはず)食事に利用しているんだよね。一流というホテルも同じ。だから強烈な香辛料で臭いを消しているんだ?知ってるんですよ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (338)
ニュースの深層 (13207)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR