FC2ブログ

2019-04

「羽生結弦」心酔のオカルト整体師が追放へ “ユヅ流瞑想法”の出版めぐり?


「羽生結弦」心酔のオカルト整体師が追放へ “ユヅ流瞑想法”の出版めぐり?
週刊新潮


 五輪連覇を成し遂げた平昌から、わずか1年。今年3月の世界選手権で、羽生結弦(24)は絶対王者から転落した。その原因について、日本スケート連盟の関係者は「いつも羽生に寄り添っていたあの人が、ぱったり姿を見せなくなっているのです」と、心当たりを打ち明ける。
 ***

「あの人」とは、15年にわたって羽生を見守ってきた整体師・菊地晃氏(63)を指す。宮城県・仙台市内で「寺岡接骨院きくち」を営む一方、「チーム羽生」のメンバーとしてリンクサイドにも立ってきた人物だ。

「オカルト方面にも詳しい。独自に開発した『奥義』のようなものがあり、身体の一部を軽く押して瞑想することで、そのバランスを整えていく。スケート連盟のメンバーだけでなく、羽生ファンの間でも有名で、“チャクラの仙人”などと呼ばれていました」

 羽生が首にさげるペンダントも、菊地氏からの贈り物だ。〈タイの寺院で思い浮かんだデザイン〉と、菊地氏自身が『女性自身』2019年3月26日号でスピリチュアルな体験を語っている。

 それほどまでに羽生と深い関係を築いてきた菊地氏が、なぜ姿を消したのか。
「菊地さんは、光文社から『羽生結弦 心と体の整え方~強く美しく鍛える20のヒント』というタイトルで、“菊地流体幹ストレッチ”や“ユヅ流瞑想法”を紹介する本を出版する予定でした。その出版のことで羽生ママと揉めてしまったようなんです」(スポーツ紙記者)

 もっとも、光文社ノンフィクション編集部の担当者はトラブルを否定。昨年12月中旬に予定されていた出版がストップとなった事情を「編集作業上の理由」と説明するが……。

 では、菊地氏本人はどう答えるか。出版中止の理由について質すと、

「うーん、わかんない。そっち系は、まったく僕、興味ないんですよ」

 チーム羽生については、“平昌(五輪)終わった後の4月くらい”に辞めたと語る。

「トレーナーは、結弦をチャンピオンにするために、1分1秒を正確にコントロールしなければいけない。その時間のズレを、僕がコントロールできなくなった。年齢的な衰えですよ」

 一方、菊地氏の話には“チームを離れるにあたって、羽生と一度も言葉を交わさなかった”といった不可解な点も。4月24日発売の週刊新潮で菊地氏追放の舞台裏を詳しく報じる。

㊟羽生ファンとしては是非読んでみたい。ただ、私もこの人物が常に気になっていた。もちろん、スピリチュアルなるものをまったく信じていないからでもあるが。。。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

こんなバカがゴキ国に!!少年が尿道に磁石ビーズ挿入し手術相次ぐ、70個の例も


こんなバカがゴキ国に!!少年が尿道に磁石ビーズ挿入し手術相次ぐ、70個の例も
ポストセブン

中国浙江省杭州市の11歳の少年が今年3月、自らの尿道に約70個も連なるマグネット(磁石)ビーズを挿入し、とれなくなってしまい、医師の除去手術を受けていた。また、湖北省でも同じケースが報告されているほか、黒竜江省ではスマートフォンの充電ケーブルを挿入した事例も報じられている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、杭州市在住の11歳の少年が興味本位から約5ミリの磁石が70個分つながっているマグネットビーズを尿道に挿入したところ、磁石部分がそれぞれ磁気で引っ張り合い、猛烈な痛みに襲われた。

 自分でマグネットビーズを引き抜こうとしたものの、すっかりと中まで入っていた。そのため、引っ張ると痛みが激しく、両親に話して、浙江大学医学部の小児科病院に駆け込んだ。

 医師が患部をレントゲンでみてみると、マグネットビーズがしっかりと絡み合っており、全部を一気に取り除くことは難しいと判断。浅い部分にあるマグネット部分の皮膚を切開し、2個、3個と除去することから始め、徐々にマグネットを除去することに成功した。

 このようなケースは年に2~3ケース報告されており、今年1月にも湖北省武漢市の12歳の少年が自分の尿道に挿入した直径約7ミリの39個のマグネットビーズの除去手術を受けたという。昨年7月には河南省の18歳の少年が同じケースで手術を受けている。

 さらに、昨年6月には黒竜江省の13歳の少年が尿道に、約20cmもの長さのスマートフォンの充電ケーブルを挿入。ケーブルは膀胱にまで達しており、やはり病院に行き、手術は成功したものの、その後、回復するまで2週間の入院を余儀なくされたという。

㊟面白いですね。糞尿垂れ流し、エイズ、結核、梅毒がまん延している国だけになんでもあり。そんな連中が日本に押し寄せているんです。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

山口真帆卒業発表の波紋続く 大手アパレル、NGT48起用中止


山口真帆卒業発表の波紋続く 大手アパレル、NGT48起用中止
THE PAGE

 暴行被害を受けたNGT48のメンバー・山口真帆が21日の千秋楽公演でグループからの卒業を発表、山口を擁護していた長谷川玲奈、菅原りこも卒業することがわかったが、その後、騒動の余波はとどまるところを知らない。

荻野由佳のモデル起用に批判殺到 企業側がプロモーション中止

 一連の騒動を受け、NGT48に広告出演契約の保留やスポンサー離れなどの逆風が吹くなか、17日にアパレル大手のアダストリアが自社のファッションブランド「Heather(ヘザー)」の商品を愛用していたというNGT48の荻野由佳をプロモーションに起用することを発表。

20日には同ブランド公式サイトに荻野が登場したが、「なぜこの時期に起用するのか」「コンプライアンスの観点からNGT48の起用を取りやめる企業が多数ありますが、アダストリアはどういったマーケティング戦略で荻野さんを起用しているのですか?」などと、荻野の起用を疑問視するコメントが同ブランドのSNSなどに寄せられた。


 荻野は21日の千秋楽公演後、SNSで山口の卒業にはふれず「これからはN IIIで培ったものを忘れず NGT48、ひとつになって頑張ります!」とコメントしたが、真偽のほどはともかく山口と対立している一人との噂も手伝い、一部ファンから批判される対象になっていた。


 事態を重く受けとめた同社は23日付で荻野を起用したプロモーションを中止、荻野を掲載した特設ページやSNS投稿を削除するなどの対応に追われた。同ブランドの公式サイトは「先週公開したプロモーションについて、様々なご意見を頂戴いたしました。頂戴したご意見を踏まえ、本プロモーションに関するコンテンツを削除することといたしました」とのメッセージを掲載。荻野本人のインスタグラムなどにも批判のコメントが寄せられている状況だ。

事態は深刻 運営側は危機管理を失敗か

 山口が21日の千秋楽公演で明かしたところによると、運営会社AKSの社長から「今は会社を攻撃する加害者だ」と言われているといい、ネット上には運営側に対する抗議の声が噴出している。


 「恐らく運営側が思っている以上にファンの反感は強く、事態は深刻だと思います。このままでは被害者である山口と、山口と仲が良いメンバーが卒業という形で事実上の追放となり、事態収拾が図られたというイメージがつきまとうことになりかねません」と危惧するのは、スポーツ紙の40代男性記者。


 「当初、山口は暴行事件にグループ内の複数のメンバーが関与しているとSNSで吐露していました。その後の一連の流れを追うと、運営側は終始、山口の口を封じる方向で対応をとっていた印象があります。しかしこのネット時代、事件自体が山口のネットでの告白で明るみになったと同様、運営側の対応に山口本人が反論する形で事態が進行していきました。もっと早い段階、それこそまだ事件が明るみになる前の段階で、山口と、関与していたとされるメンバーら双方に、なぜフェアな形で対応できなかったのか。疑問が拭い切れません。この問題は初期段階で対応の仕方を間違えた、危機管理の失敗例といえるのではないでしょうか」と指摘するのは、週刊誌の50代男性編集者だ。

HKT48指原もコメント 尾を引く騒動


 こうした事態を受け、28日に横浜スタジアムで自身の卒業公演を控えるHKT48の指原莉乃もツイッターで騒動に言及。グループを離れることになった山口らに対し「信頼できる違う場所で輝けますように」とエールを送るとともに、「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」とコメントしている。


 騒動はさまざまなメンバーを巻き込み、まだ尾を引きそうだ。

(文・志和浩司)

㊟田舎のアイドルグループを率いる会社の幹部も、、、東京から遠く離れているだけに危機管理なんて言葉も届かないのかも。それにしてもこんなおそまつ大人はいるとは。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

暴フロントエイベックスの傲慢さが出た「AAA浦田」会見!!


暴フロントエイベックスの傲慢さが出た「AAA浦田」会見!!

AAA浦田直也、世紀の"スットコドッコイ会見"のウラにあった「所属事務所の誤算」
4/24(水) 21:30配信

『AAA』のリーダー・浦田直也が起こした女性暴行事件に、のんびり週末を過ごしていた人たちはビックリ仰天だっただろう。



 芸能界の歴史の中で、"暴行事件"は数あれど、コンビニで面識のない女性をビンタした事件は、初めてかもしれない。


 彼は、逮捕された翌21日の夕方5時過ぎに釈放されたのだが、そのあと3時間たらずで謝罪会見を開いたのだった。


 驚くほどスピーディーな対応に、エイベックス所属だけあるな、と思ったのだが──。

“バタバタ”な会見

 会見はエイベックスの本社で行われた。釈放前から会見を開くことを決めていたのかもしれないが、セッティングに十分な時間があったのかどうか疑問が残る。


 18時30分に受付開始というプレスリリースを18時過ぎにメールで受け取った記者もいたようで、取材する側もかなりバタバタだったのだろうと想像できる。


 日曜日ということもあって、エイベックスの広報担当者と名刺交換したことがある記者たちに直接連絡が届いたようだ。


 それにしても、今回のような出来の悪い謝罪会見はあまり見たことがない。


 事件の当事者である浦田の態度が目に余ると感じた人は多かった。会見の冒頭で、カメラのフラッシュを浴びながら浦田は、


「この度は私のあってはならない行動により、被害者の方にご迷惑をお掛けした事をお詫びいたします。本当に申し訳ございませんでした」


 と、深々と頭を下げた。続いて、


「自分の立場があるのに泥酔し、記憶をなくすまで飲み、あってはならないことをしたことを心から反省し、心からお詫びいたします。ファンの皆様、AAAのメンバー、関係者の皆様、家族、本当にたくさんの方にご迷惑をおかけしました」


 と述べ、活動自粛を発表。


 ヘラヘラしていて、ただ謝罪の言葉を並べているようにも思えたが、ここまではまだ良しとしよう。
 だが、肝心の女性に対する暴行について聞かれると、


「記憶に残っていない」

「覚えていない」

 を繰り返し、すべて“酒”のせいにしてしまった。


 これに対し、ネットでは、


《酒を飲んで記憶がないから、しょうがない、というようにしか聞こえない》

 などという、非難の声が殺到。


 中には、


《会見でのヘラヘラしたリーダー見たら、もう怒りしかなくて、本当に本当に許せない》


《個人的にAAA好きになって応援して12年経つけど、今回の浦田直也の逮捕はクソすぎて呆れた。酒飲もうがナンパしようが自由だしいいよ。問題は警察のお世話になること。結婚、熱愛、スキャンダルの方がよっぽどマシ。記憶がない? 36歳にもなってふざけたこと言ってんじゃねーよ!!》


 というAAAファンからの怒りの書き込みも。


 特に、多くの人があきれてしまったのは、逮捕時の金髪からなぜ髪を黒くしたか、という質問に対し、


「黒いほうがいいかな、と」


 とニヤケながら答えたこと。真面目に反省しているとは到底思えない。


 普通、このような、謝罪会見を開く場合、記者から出る質問を想定して、事前に答えを用意しておくことが多い。場合によっては、綿密な打ち合わせに加え、シミュレーションなどを行うこともある。


 もうひとつ問題は、会見で話す内容や態度そのものが、視聴者にどう受け取られるか、常識に則(のっと)って考えられていない点だ。


 たとえば、事務所の幹部や、弁護士が同席し、浦田の受け答えをコントロールすることもできたはずだ。約3時間という準備時間では、会見のセッティングを煮詰めることができなかったのだろう。


 この謝罪会見について、エイベックスも「マスコミ対応は早いほうがいい」と判断したのだろうが、これが裏目に出てしまったのかもしれない。


 まさか浦田があんな"スットコドッコイ"だとは気づかず、しっかりと謝罪してくれると信じていたのだろう──。

文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

㊟バーニングの周防、ケイダッシュの川村と同じに暴力団密接交際というより暴力団フロント企業らしいエイベックスの対応だ。警察との癒着で世の中舐めているのと、国民(ファン)など金にしか見ていないあくどさがそのまま表れた。

 そう、エイベックス大幹部の日頃の言動がタレントにそのまま出たのですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (338)
ニュースの深層 (13207)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR