FC2ブログ

2019-03

「飯島愛さんは振り切って生きた」鈴木紗理奈が明かす死の前日のやり取り【没後10年】



「飯島愛さんは振り切って生きた」鈴木紗理奈が明かす死の前日のやり取り【没後10年】
週刊朝日
飯島愛のプラトニックな素顔

 タレントの飯島愛さんが2008年12月に36歳の若さで亡くなって、ちょうど10年が経つ。クリスマスイブに突然の訃報。そのミステリアスな死をメディアが連日のように取り上げたが、その詳細は今でも多くの謎が残されている。


 飯島さんは人気絶頂だった01年から03年までの約2年の間、「週刊朝日」で「飯島愛の錦糸町風印税生活」というコラムを連載していた。のちに『生病検査薬≒性病検査薬』(朝日新聞社)のタイトルで書籍化。当時あまりオープンにされることのなかった少女たちの「性感染症予防」を広く訴えていた。


 連載中から亡くなる間際まで飯島さんと付き合いがあった担当編集者・福光恵が、親しかった芸能関係者、両親をあらためて取材。第5回は、大阪から上京して間もなく飯島さんと知り合い、「姉妹のような関係」を続け、死の前日とされる16日、連絡を取り合っていた女優の鈴木紗理奈さんだ。

*  *  *
「愛さんは、救いの神です。人を救う天才というか、上っ面じゃないねんな、全部が」


 女優の鈴木紗理奈さんが飯島愛さんと出会ったのは、「紳助のサルでもわかるニュース」(1994~97年 読売テレビ)。18歳だった紗理奈さんが上京して初めて迎えたクリスマスの夜。飯島さんに「ショートケーキを買ってきて、一人で食べてます」とメールを送ると、「そんなしょうもないクリスマス過ごすなよ! おいで」と、自宅で開いていたクリスマスパーティに呼んでくれたという。


「それからは、すっごくかわいがってくれた。なんでも聞いてくれました。ホームシックになっていた私とよく遊んでくれたり、しょっちゅう朝まで話を聞いてもらった。話の内容? 恋愛話です。彼氏とけんかしたとか、こんなんされたとか言うと、愛さんは『わかった。今から襲撃しに行くか』って(笑)。もちろん襲撃なんてしませんけど、それだけで気が晴れました」


 彼氏のことだけでなく、何かあればいつも飯島さんに連絡した。ときには、「彼氏とけんかしたときばっかり、何だよ、面倒くさい」「もう電話してくんなよ~」と言って、電話を切られることもあった。でも飯島さんの手が空いた2時間後、「大丈夫かよ」と電話が鳴るのがパターンだった。


「愛さんは口が悪いけど、誰よりもやさしい。自分も愛さんのようなやさしい人でありたいなと思うようになりました。ほんまに人のために動く人で、相手のほしい言葉をあげる。自分のためじゃなくて、それが愛なんですよね」


 自伝のヒット以降、飯島さんが「めっちゃ忙しくなった」ことで、何年か会わない時期もあったという。だが2007年に飯島さんが芸能界を引退する前後から、ニューヨークに旅行に行くなど、姉妹のような関係が復活した。


「引退後はいろんなことをやりたいと言っていたけれど、『手始めは(今で言う)ユーチューバーになる』なんて言っていたこともあった。『きっとそういう時代になる。テレビに縛られているのはイヤだ』とも。当時、『レッツゴー!陰陽師』というダンス動画が流行っていて、そのビデオを録りたいからとお願いされて、どっかの廃墟に白装束を着て行って、ダンスしている動画を友達と録らされたこともありました(笑)。結局それはYouTubeには上げなかったですけど」


 飯島さんの連載をまとめた『生病検査薬≒性病検査薬』には、こんなコラムも掲載されていた。


<<いいなあ、今の子供たちは。小さいときからビデオカメラがあって。私の子供のころの思い出は全部静止画。やっぱり動く絵は魅力的だよね。そのせいか、私は若い頃からビデオを撮るクセがあります。お誕生日とか、パーティ、旅行、ボウリング大会、そして好きな人とのデート。はっきりいってそのころ、今みたいにちいさくないビデオカメラを持って出かけるのはめんどくさいし、観光客丸出しでカッコ悪くはあったけど、でも今は思い出が残ってすごくよかった。ただビデオを撮るほうに夢中になって、ちゃんと肉眼で見て、五感を使うっていうことを忘れていたかもね>>
(「ビデオカメラ」より)


 またこのころの飯島さんは、アニメの原作小説を書いて、映画監督の押井守さんに持ち込んでいたようだ。紗理奈さんも完成途中を読ませてもらったというが、その作品は没後の2010年、映画監督の押井守さんの監修で、『Ball Boy &Bad Girl』(幻冬舎)という小説になって発売されている。

 こうした創作活動に加え、コンドームやアダルトグッズを扱う事業の立ち上げなど、さまざまなこと全部が同時進行で進んでいた。資金を集めるため、毎日いろんな会社の社長に会う飯島さんを、紗理奈さんは覚えている。


「新会社で売り出す予定だったコンドームも、たくさんもらいました。コンドームを持つことも恥ずかしいことじゃないし、ラブグッズも普通の女の子が気軽に手に取れるようなオーバーグラウンドなものにしたいと言っていましたね」


 飯島さんが手を差し伸べるのは、いつも弱い人。


「私も愛さんに助けてもらった一人ですが、いつもマイノリティの味方だった。理解者が少ない人や、人と同じように生きられない人をかわいがったり。一方で人の悪口を言ったり弱い者いじめをする人は、ほんまに許さなかったんですよ。私が『あの子って、こうだから』と悪口を言ったときも、怒られたことがある。『知らないでしょ? あの子も苦労してんだからさ』って。悪口を言う人や権力を振りかざす側の人には食ってかかっていき、正面で戦っていた印象。すごい人ですね。だからみんな、愛さんが大好きだったんだと思います」


 かと思えば、飯島さんを張り込んでいた写真週刊誌の記者に「寒いだろ。今日も何も撮るもんないぞ。紗理奈といるだけだから」と、スープを差し入れたりもしていたという。コンビニの店員にも「頑張れよ」と声をかけたり、紗理奈さんにとっての飯島さんは、「口は悪いけど、愛のかたまり」だった。


 そんな飯島さんと最後に連絡を取ったのは、2008年12月16日。亡くなったとされる17日の前日のことだ。疲れていたのかこの頃には、「いつも愛さんに話を聞いてもらう絶対的な妹」であったはずの紗理奈さんに、逆に飯島さんが相談を持ちかけるようなことも増えていた。この日も「疲れたからマッサージ行きたい。付き合って」というメールをもらったが、その日、ひどく疲れていた紗理奈さんは「もう寝ます」と断ってしまう。


「あんたは強いから大丈夫。スーパーウーマン」


 その後返ってきたそんな不思議なメールが 飯島さんからの最後のメッセージとなった。


「ほんまにおらへん人やと思う。あんな人、もう出てこないと思うから。メディアの人はこれから先もずっと、愛さんのことを伝えていってほしいです。やっぱり他の人とは違うんです。してきた苦労も違うと思う。泥水もすすってきたやろうし、遊んだ数も半端ないやろうし。ほんまに振り切って生きた人だから」


 飯島さん、よかったね。そのDNAを受け継いだ妹分の紗理奈さんは、今もバラエティで活躍するほか、昨年、海外の映画賞を受賞するなど、マルチに活躍中だ。

(文/福光恵 編集協力/福井しほ)

㊟うん、いい記事だね。紗理奈くんの顔はタイプじゃないし、大阪弁が。。。でもよく見ている。飯島愛くんて壮絶な経験をしたことを知った後も、「この子は優しい」と思っていたがやはりだった。なぜか涙が。。。歳だから涙もろいんじゃありまっせん!!
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

フラれた!?清水富美加、大川隆法・長男から“結婚拒否”された理由

フラれた!?清水富美加、大川隆法・長男から“結婚拒否”された理由
アサジョ

 2月21日発売の「週刊文春」が、宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の長男である宏洋氏をインタビュー。宏洋氏は、大川氏から女優・清水富美加(法名・千眼美子)との結婚を強要されたことで、教団と決別したことを告白した。

 宏洋氏は1989年、5人きょうだいの長男として生まれ、青山学院大学を卒業後、「幸福の科学」の理事長や系列会社を歴任。教団の映画制作などを担当していたが、2018年10月、動画サイト「YouTube」の自身のチャンネルで「幸福の科学」との決別を宣言。記事では、その驚きの理由が明かされていた。

「17年1月、大川氏が、宏洋氏に清水との結婚を強制したことが発端とあります。そのとき、大川氏は結婚のために清水には芸能事務所を辞めさせると言ったそうです。実際、清水は同年2月に突如、芸能界引退を表明し、千眼美子として『幸福の科学』への出家を発表。ところが、宏洋氏は清水との結婚に難色を示し、大川氏は激怒したとか。埒が明かないと判断した宏洋氏は、教団を去ることを決意したというのが真相のようです」(週刊誌記者)

 それにしても、美人女優として名を馳せた清水のどこが気に入らなかったのか?

「二面性があるから信用できない、というのが結婚を拒んだ理由のようでした。表向きはニコニコしているそうですが、映画の撮影中、撮影スタッフの陰口を言うなど、裏表の激しい性格を見て、一緒に生活できないと感じたとか。また、教団の基本となる経典『悪霊撃退の祈り』を清水が読んでないことも宏洋氏は記事で明かしています」(前出・週刊誌記者)

 宏洋氏が結婚を拒んだ理由は、実はもう1つあった。2月20日のツイッターで「清水富美加さんと恋愛関係にあったと言うのはデマなんですね…」という質問に対し、宏洋氏は「ガッツリ他に彼女いました笑」と回答。教団が誇る美人女優も、形無しだ。
(石田英明)

㊟教祖ってのは“世の中と世の人達は自分の意のままになる”、と信じて疑わないんです。地獄で釜茹でにされているイケーダ・駄作もそうでしたね。

 私を小峰柳多衆議院議員秘書から引き抜いて迫水久常参議院議員の秘書にしたある大先輩(東京選出の某参議院議員秘書)が、突然、

「渡邉、お前、教祖になれる。宗教を作れ」

 と言い出したことが。未だ美青年真っ盛りの私は意味が分らなかった。

 が、迫水久常参議院議員の秘書になり、全国の暴走族を集めて『関東連合』を結成、最高顧問にさせられたり、オウム真理教の看板男・上祐史浩に、

「何百人ものジャーナリストとお会いしましたが、唯一、信頼できたのは渡邉正次郎先生です。僕の身元を引き受けていただけませんか?」

 と頼み込まれたり、、、やはり大先輩の目は正しかった。でも、無神論の私には宗教そのものがまったく解らなかった。

 この大先輩ですよ。私が『関東連合』を結成した事がバレた数日後、議員会館の迫水の部屋に来て、

「渡邉、ついて来い!」

 と勝手に歩き出した。何処に行くのか?議員会館を出て、自民党本部の方向に。本部に入るとエレベータのボタンを押している。何処に行くのか、質問したら怒鳴れそうで。。

 降りた目の前に「総裁室」。何だろう?田中角栄総理??

 「連れて参りました!」

 と大先輩。先輩の背中から少し顔を出して覗くと、ちっちゃなしなびた爺さん。『あ、副総裁の椎名悦三郎…』

 途端に、

「お前か!暴走族なんか面倒見やがって!!」
 の怒鳴り声。

「彼らも抗争事件を起こしたくないって言いますし、誰かが面倒みないと・・・」

「馬鹿野郎!!来年選挙だ!!」

 そうでした。明年、迫水が改選になる参議院選挙でした。迫水の親父が怒っても言うことを聞かない秘書と知ってこんな手段に。

ま、でも面倒見るのを止めませんでした。自分で『警視総監になります』と豪語した警視庁キャリアの二度、三度の約束破りで「貴様、飛ばしてやる!」と大喧嘩するまで。この約束破りは
『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)でお楽しみくだだい。
 少し紹介します。

その為に、ある雨の日の夜、東京中が暴走族で溢れかえったのです。東京・砧、馬事公苑、駒沢公園、青山絵画館前、皇居前広場、晴海ふ頭等々。それは計相姦を豪語した馬鹿課長が、“集会日と時間を決め”場所を二転三転、四転、五転したためです。

あの日は夕方から東京は雨が降っていました。夜九時、風呂を上がってパジャマで寝る準備をしていましたが、電話が呼びます。明日の選挙対策会議の打ち合わせか?と電話に出ると、

「渡邉先生、警視庁です」

―何だ?

「東京中が暴走族で溢れ返っています。何とかしてください」

―ふざけるな。私は手を引くと言ったろ?君らが得意の機動隊で蹴散らせばいいじゃないか!

「先生、今日は集会はないと言っても、彼らは「渡邉正次郎先生の言うこと以外信じない」と静かに待っているんです」

 途端に雨の中に佇む少年少女たちの姿が目に浮かび、可哀想になり、

―わかった。着替えるのは嫌だからパジャマのままだぞ。

「結港です」

―パトカーを回せ

「下でお待ちしています」(マンションの二階に住んでいましたから)

 クソ野郎ども、交通執行課長の野郎が電話を寄越すべきじゃないか、と腹を立てながらパトカーに。髪は総髪、パジャマに革靴姿に、若いの警官2人はブルった顔している。

 これで渋谷代々木初台から砧公園、馬事公苑と回ったのです。雨の中、300人近い男女の若者たちは静かに私を待っていました。

深く頭を下げ、

―渡邉正次郎だ。今日は集会はない。改めて日時と時間を連絡する。今日は解散してくれ。

「分かりました。解散します」

 とリーダー

―いいか、雨でスリップするぞ。二輪は5台編成で3分間隔で走りなさい。四車は二台、一分間隔で、

「わかりました」

 10代後半のリーダは見事に支持を出し、全員を送り出した。「このリーダーは大きくなるぞ」と思いいながら、次の会場馬事公苑。ここも500人は超えていた。次は駒沢公園と、、、

 最期の晴海ふ頭の1000人近い若者を解散させ終えると、空が白んできた。。。くたびれた。で、このお礼の電話もない警視総監を豪語した課長を左遷したのです。左遷された仙台でも問題を起こし、依願退職。おめでとう。

あ~あ、教祖の一日は辛かった。立派な教祖になっていたら今も大金持ちなのに。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「ハム出されるなら辞める」とほざいた泥ハンカチ斎藤佑樹!!

「ハム出されるなら辞める」とほざいた泥ハンカチ斎藤佑樹!!

日本ハム・斎藤佑樹、最速137キロと向き合う現実 「ファイターズを出されるなら辞めます」 球威捨て必死で覚えた秘密兵器とは
株式会社 産経デジタル
2019/02/22 17:11

 日本ハム・斎藤佑樹投手(30)が20日の楽天との練習試合(金武)に先発し、3回無安打無失点3奪三振の快投。米アリゾナでの韓国NC戦でも2回、打者6人をパーフェクトに抑えており、これで5イニング連続無安打投球となった。とはいえ、誰が見ても崖っぷちのプロ9年目。この日の最速は137キロにとどまった。現実を見据え、自分の身の丈に合った投球術に生き残りをかけようとしている。(片岡将)

 “春の珍事”で終わらせるわけにいかない。「毎年この時期は比較的抑えられているので…。結果が出たとはいえ、楽天打線がまだ試合に慣れていないのもある」。文句の付けようのない結果にも、浮かれたところはみじんもなかった。

 立ち上がりは昨季新人王の田中和、島内、西武からFA移籍の浅村を3人で退け、2回にはさらに“進化”を示した。

 先頭の新外国人ブラッシュ(前エンゼルス)は内角をツーシームで攻めながら四球で歩かせたが、続くウィーラーに対してもひるまず内を突き、最後は外角スライダーで遊直。

 銀次にも内角を存分に意識させた後、カウント2-2から、外角のボールゾーンからストライクに飛び込む“バックドア”のスライダーを打たせて、遊ゴロ併殺打でこの回を切り抜けた。

 銀次は「ちょうど打ちたくなるコースに、予想していなかったボールが来た。スピードはないけど、変化量が大きい。これまでにはなかった攻めだと思います」と面食らった様子。

 「使えるボールになっている」と斎藤自身がうなずいたバックドアは、オフから練習を積み重ねてきた秘密兵器だったが、出し惜しみせず遮二無二結果を求めた。

 バックドアを効果的に使う上で前提となるのが、打者に厳しい内角球を見せておくこと。随所で執拗な内角攻めをみせ、「僕みたいな投手はインコースを使って、ストライクゾーンを広く使わないといけない」と意を決している。

 続く3回も三者凡退で終え、平日にも関わらず2000人のファンが詰めかけたスタンドには歓声と指笛が響いた。

 「“これが自分の生き方だ”という道を見つけたのかもしれない」と評したのは、ネット裏で視察したロッテ・山下徳人編成調査担当。「右打者の内角をシュート系の球で丁寧に突き、最後は外のスライダー系。左打者に対しても同様に内外角をワイドに使っていた。攻め方が多彩になっている。効果的なコンビネーションですね」と警戒を強めた。

 一方、まだ調整段階とはいえ、この日の最速は137キロと寂しい数字。他球団のスコアラーからは

「あのスピードでは、2月はよくても、シーズンに入れば1軍では通用しないよ」

と冷ややかな声も上がっていた。

 昨季は1軍登板3試合で勝ち星なしに終わり、通算15勝24敗。年俸は3年目の2013年の3500万円をピークに年々減り続け、今季はとうとう1600万円。1年目の1500万円とほぼ同額で“振り出しに戻った”格好だ(金額はいずれも推定)。

 ここ数年右腕にはトレードの噂が絶えないが、球団は交換要員に斎藤を要求されるたびに拒否。斎藤自身も親しい関係者に「ファイターズを出されるなら辞めます」と明かし、不退転の決意で日本ハムで結果を出すことにこだわっている。

 そんな中、昨年まで球速や球威を追い求めていた姿は影をひそめた。内外角を丁寧に攻める制球力とコンビネーションを生命線に、打者の打ち気とタイミングを外す投球術に、現実と向き合い泥臭く結果を求める姿勢が見える。

 栗山英樹監督(57)は「覚悟してしっかり投げてくれているし、気持ちは伝わってきている。必死になって結果を出しているが、これを続けるしかない。いいスタートを切ったけど、勝負するのはウチの投手陣とだから…」と実戦で好結果を出していくことでしか先発、リリーフを問わずポジションを獲得できないとした。

 栗山監督はすでに、3月29日の開幕戦(対オリックス=札幌ドーム)の先発に25歳の上沢直之、同30日の第2戦先発に移籍1年目の金子弌大(ちひろ、35)を指名。昨季リーグ2位のチーム防御率3・77をマークした日本ハム投手陣は充実度を増し、昨季0勝の斎藤が付け入るのは容易でない。

 かつての“ハンカチ王子”がなりふり構わずサバイバルに全てをかける姿には、これまでとひと味違った趣がある。

㊟今も一番の関心は女。こんなバカを庇う栗山監督は祐樹を愛してやまないらしい。このままだと栗山も人生の悲哀を。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12719)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR