FC2ブログ

2019-01

南蛆キムチ族、完全に狂い出した!?


南蛆キムチ族、完全に狂い出した!?

在寅政権、元「三権の長」3人拘束の異常事態
産経新聞

 【ソウル=桜井紀雄】韓国で朴槿恵(パク・クネ)、李明博(イ・ミョンバク)両被告という2人の元大統領が逮捕・起訴されたのに続いて前最高裁長官の梁承泰(ヤン・スンテ)容疑者が24日に逮捕され、「三権の長」経験者3人が同時期に拘束される異例の事態となった。文在寅(ムン・ジェイン)政権が「積弊清算」と称して旧保守政権を糾弾する流れに司法界がのまれた形だ。日韓関係に配慮した措置が不正な介入だとみなされただけに、日韓関係に与える傷も小さくなさそうだ。

 判事同士の身びいきもあり当初、裁判所が前トップの逮捕状発付を認めるのは困難だとの見方があった。司法行政に批判的な判事を選別する「ブラックリスト」を作成したとの疑惑から始まった検察の捜査では、元職を含めて判事約100人が事情聴取されたという。裁判所に令状発付を踏み切らせたのは、ほかでもない梁容疑者の後輩判事らの証言だったとされる。

 梁容疑者逮捕を受け、与党「共に民主党」報道官は24日、

「司法介入の最終責任者に下された当然の帰結だ」と強調した。保守系最大野党「自由韓国党」報道官は
「現政権が司法府の掌握を図ったものなら、それこそ(清算すべき)弊害だ」
と非難した。今回の逮捕は、文大統領を支持する左派層には司法は不正まみれだと印象づけ、保守層には前司法トップも旧政権たたきから逃れられないとの失望感を与えるという“二重の不信感”を生んだ。


日韓の協定に反して日本企業に賠償を求めるいわゆる徴用工訴訟をめぐって梁容疑者は「判決が確定すれば、日本が国際司法裁判所に提訴するなど反発する」として見直しを促したと報じられている。最高裁トップが外交的配慮を指示する行為が違法だとの見方がメディアを通じて広がった。

 文氏は年頭の記者会見で「三権分立に基づき、司法判断を尊重しなければならない。日本も同じだ」と主張したが、司法尊重を傷つけたのは皮肉にも自身が推進した「積弊清算」だ。対日関係に配慮した措置を不正だと決めつけることで、確定判決に対して政府が取れる対応策の幅も狭める結果までもたらせている。

㊟蛆、文大統領ってのは言う事と真逆の権力を振るう。こんな国に生きる蛆たちに同情すべきなんだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ここまで来たら、蛆政権と話し合いは無理!!



ここまで来たら、蛆政権と話し合いは無理!!
「日本の挑発に強力対応を」 韓国国防相が海軍作戦司令部に指示
産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相は26日、釜山(プサン)の海軍作戦司令部を訪問し、海上自衛隊哨戒機が韓国海軍艦艇に「低高度で接近し威嚇飛行」をしたと韓国側が主張している問題について、「友好国への甚大な挑発行為だ」と批判した。韓国軍の規則に従い
「強力に対応するよう」
指示した。聯合ニュースが韓国国防省の情報として報じた。

 昨年12月の韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題をめぐり、韓国国防省は、自衛隊哨戒機が最近までに計4回、韓国艦艇に威嚇飛行をしたと主張している。

 鄭氏は「4回の威嚇飛行は、世界のいかなる国の海軍も容認できない非常に威嚇的な行為だ」と強調。「日本はそれを認めるどころか、韓国海軍によるレーダー照射を主張し韓国側に謝罪を求めている。これは友好国に対する『非常識』な言動だ」と強く非難したという。


㊟これは宣戦布告に等しい発言。これだけ強気になったということは腐れパンダ醜キンピラゴキブリとロスケを味方にした北朝鮮とがっちり握手が出来ているのだろう。南蛆族は共産主義を選ぶのか?

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

矢張り、消せない過去アリZOZOの前澤くん!!

矢張り、消せない過去アリZOZOの前澤くん!!


ZOZO「前澤社長」の1億円バラ撒きでも消せない悪い評判(1/2)
 年明け早々、100万円を100人に配るというキテレツな作戦に打って出たZOZOの前澤友作社長(43)。他方、株価は一時の勢いを失い、大手ブランド離脱のニュースも伝わってきた。果たして、1億円のバラ撒きでも消せない悪い評判が聞こえてきたのである。
 ***
 企業の成長には限界があることを指して、地球より大きくなれないという言い方がある。その地球を飛び出して月へ向かう計画を昨年9月に発表したのが、ZOZOの前澤友作社長だった。

 26歳の女優との交際、プロ野球への参入プランなどが世間の耳目を集めたこともあり、株価は夏に4800円、時価総額で1兆円を軽く超えていた。しかし、その後は右肩下がりを続け、大納会当日には一時約13%下落、2千円を割る局面もあった。世界同時株安という地合いの悪さもさることながら、その急落の原因を、「オンワードのZOZO退店」に見る向きは少なくない。

 これは、ZOZOが運営する衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」から、オンワードが出品を取りやめたものだ。同社が「23区」などの主要ブランドをZOZOで展開しておよそ10年を経ての“離縁”だった。

「ZOZOさんが昨年12月25日から導入した新サービスというのは、言ってみれば恒常的な値引きサービスのことで、ブランド価値を毀損する危険性が高いと判断致しました」

 と、オンワードHDの担当者。この新サービスとは、「ZOZOARIGATO」と言って、年会費3千円または月会費500円を払うとZOZOTOWNでの買い物が常に10%引きになるというものだ。割引分はZOZOが負担するのだが、新商品を投入したそばからバーゲンセールが始まることになり、リアル店舗との価格差など少なからぬ混乱が生まれることに繋がる。

 オンワードの保元道宣社長は新サービスについて、「事前に十分な時間や相談がなかった」とも指摘した。

守ってきたブランド・イメージが…

 売上高500億円弱のある著名ブランドも、オンワードと同じ理由で撤退を決めた。執行役員に聞くと、

「“キャンペーンを始めます”というお知らせのメールがウチのEC(ネット通販)担当に届いたのは、よりにもよって年末の繁忙期。ZOZOからの連絡は常にメールで送られてくる。一斉送信みたいな文面です。“値引き分はZOZOが負担する”旨は確認できましたが、実際にZOZO上で商品がどのように表示されるのかなどの詳細については全く分からない状態でした。その時点では特に問題視せず受け入れてしまったのですが、年明けの始業日にZOZOのページを見て衝撃を受けました」

 そこには「ARIGATOメンバー価格」として、定価から割引された金額が表示されていたからだ。

「私たちは店舗でセールを一切行なっておらず、どんなに営業を受けてもアウトレットへの出店もしてこなかった。そうして守ってきたブランド・イメージから大きく逸脱してしまうと思い、大急ぎでZOZOの担当営業に連絡を取りました。“こういう形のキャンペーンだったら退店を考えざるを得ない。直接上司と話したい”と伝えたのですが、この件で担当部署には問い合わせが殺到中。上司との面談が叶うのは最短で月末だと言うんです。反発するブランドに対して“どういう形であれば継続して出店していただけますか”とヒアリングに回っているとも聞きました。ウチとしてはその時期まで放っておくわけにはいかないので、“申し訳ないけど、とりあえずZOZOの弊社商品ページは非公開にさせて頂きます”と伝えたのです。同業他社の担当さんも頭を抱えており、“新商品や限定商品はZOZOに出さない”など、対策を考えて動き出してるみたいです。ウチにはメール一通のみだったけど、外資のラグジュアリー系のブランドさんには、直接足を運んで説明しているみたいです」(同)

 このブランドの場合、商品が売れると代金の30%強を手数料としてZOZOに差し引かれる。日本で最も手数料が高いリアル店舗は伊勢丹新宿店で、ブランドによってマチマチだが、3割前後を徴収しているという。ZOZOでは更に「クーポン」と言って、対象ブランドの商品を安く買える仕組みがあり、この割引分は各ブランドが負担する。これは販売ツールとして強力だからブランドは頼りがちになるのだ。

「“いっそ止めてもいいのでは”という声はかねて社内で上がっておりました。ウチが支払っている手数料は30%ですが、あとから参入したところはもっと取られています。同じ会社が手掛けていても、最初から出していたブランドと後から参入したものとでは手数料が異なるようです。そもそもZOZOに出店したのは、ファッション感度の高いユーザーが集まっているという印象を持っていたからです。でも、今はしまむらや西松屋の商品もたくさん並んでいて見え方が変わってきている。ウチの商品はギフト需要も高いので“どこでも買える”イメージは避けたい。今回のキャンペーンをきっかけに、オンワードさんが撤退したことにも背中を押されました。他にもミキハウスさんなんかもZOZOとの付き合い方に悩んでいるそうです」(同)

「ガックリきちゃいました」

 昨年末には、〈ユナイテッドアローズがZOZO離れへ、ECサイトの開発委託先を変更〉と報じる記事もあった。

「“前澤社長がZOZOを売るんじゃないか”という噂も耳にしましたし、ウチみたいな堅い会社にとって、永続的に真面目なビジネスが出来る相手としてZOZOってどうなんだろうという疑問はあります。一部の人が利益を搾取している印象があり、不信感は募っています。年始に前澤社長がツイッターで『お年玉キャンペーン』をしていましたよね。個人のお金だから会社とは関係ないんでしょうけど、株価も落ちている状況でよくやるなぁと思いました。それなのにウチの奥さんも息子も参加していたことが判明して、ガックリきちゃいましたよ」(同)

「お年玉キャンペーン」とは、新春セールの取扱高が史上最速で100億円を突破したことに感謝を込め、前澤社長個人から100名に100万円をプレゼントしたものだ。ツイッターで社長をフォローし、リツイート(拡散)するだけで資格を得られるということで、フォロワーは約12倍、リツイートは554万を超えた(世界記録)。NHK『ニュース7』をはじめスポーツ紙は一面で報じ、各ワイドショーもこぞって取り上げる。対価を取らずに大量の貨幣を市中に供給するヘリコプター・マネー政策は中央銀行あるいは政府の専売特許だったはずだが、そのお株を奪うとまでは行かずとも話題性は十分。費用対効果は十二分だった。

 ZOZOには消費者という顧客と同時に、出品者という顧客が存在する。既に触れ、そして後章でも紹介する通り、出品者から悪評がどんどん出てくる。彼らの血涙を原資に1億円のバラ撒きが行なわれたと論難されないためにか、ツイートでは「僕個人から」と言い添えていた。彼自身、〈2016年度77億円、2017年度34億円、2018年度70億円(予定)。個人での国内における所得税や住民税などの納税額です〉と呟いたことがある。収入の多くはZOZOからの配当と株の売却益が占めているのだから、出品者という顧客の血涙が巡り巡って流れていると言えなくもない。

 顧客かどうかもよく分からない新規フォロワーに大盤振る舞いして「日頃の感謝」と称する陰で、なおざりにされる出品者たちの落胆……。先の執行役員の「ガックリ」はそういうことになる。


㊟ブランド価値を落としたくない会社は離れるべきでしょう。売り上げが上がるからとその気になると地獄が。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

韓国に「仏の顔は使い切った!」 自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声



韓国に「仏の顔は使い切った!」 自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声
FNNPRIME1/22


韓国の“虚偽説明・約束の反故”に「仏の顔は使い切った」

自民党は1月22日、韓国軍の駆逐艦による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題を議題について、岩屋防衛相出席のもとでの国防部会を開催した。


この件については、もはや韓国側の主張は二転三転した挙句に、レーダー照射した側の韓国が、された側の日本に「謝罪を求める」摩訶不思議な事態に陥っている。そうした韓国とやり取りすることが、もはや馬鹿らしくなったのか、防衛省は21日に最終見解を公表して、韓国側との交渉を打ち切った。


山本朋広国防部会長は、「礼節をもって韓国に相対していたにも関わらず、韓国政府は嘘をつく、虚偽の内容を公表する、約束を反故にする。こともあろうに向こうがこちらに謝罪を求めてくる。無礼であると言わざるを得ない!仏の顔も使い切った!」と述べた。先週は「仏の顔も三度まで」と発言していたが、その先の段階に突入したということで、「もう堪忍袋の緒が切れた」とさらなる怒りを露わにした形だ。そして、山本氏は韓国に対して、独自の経済制裁や具体的な対抗措置に向けた動きを前に進めるべく、出席議員に訴えた。

出席議員からは「韓国との防衛協力は一定期間はやめるべき」との声

出席した議員からは、韓国への制裁を求める声がさらに強まり、徴用工問題や慰安婦問題とレーダー照射問題を切り離さず、一括して韓国に対する制裁を行うべきだとして、「韓国艦船の日本の港への入港拒否」や「国連安保理の場で協議し、国際社会の下で制裁を実行すべき」などの意見が出された。


また別の議員からは、「事実がはっきりするまでは防衛協力をやめるべき」「防衛協力には違和感があるのが国民感情だ。一定期間は(防衛協力を)やらないとかしないと、確実に政権批判になる」などと、日韓の防衛協力自体の一時見直しを求める声があがった。

協議打ち切りには支持が多数の一方で疑問の声も

また、防衛省が、「これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」として日韓の協議を打ち切ったことについては、支持する声が多く上がった一方、疑問の声も出た。ある出席議員は「出るところに出ると思ったら、幕引きになった。それこそ遺憾だ」と怒りを示した上で、交渉を打ち切った以上、次の制裁措置などに話を進めるべきだと主張した。


終了後、記者団の取材に応じた中谷元防衛相は、「事実関係の解明が基本であるにも関わらず韓国側がまったく事実を公表せず誠意を示していないことは極めて遺憾だ」と述べ、韓国側の度重なる説得力のない主張に苛立ちを露わにした。


自民党は国会での韓国非難決議に動き出した

山本部会長は終了後、記者団に対して「政府全体として制裁、対抗措置を考えていくという答弁があった」として、今後の政府側の対応に期待感を示した。さらに、会議の中で、国会において韓国への非難決議を行うべきだとの声が挙がったことについても、「各方面と調整したい。できるなら全会一致で非難すべきことだと考えている」として、28日から始まる通常国会での非難決議に向けて動き出すことを明らかにした。


最新のFNNの世論調査でも、今回の事件で映像を公開した日本の対応を「支持する」国民は8割を超え(85.0%)、韓国の主張に「納得できない」と答えた国民は9割(90.8%)を超えている。正しいことが、嘘や虚偽で捻じ曲げられるならば、国際秩序は崩壊しかねない。


韓国への制裁は「日本にとってマイナスだ」と言う意見は政府内にも根強いが、これまで日本が韓国に対し「大人の対応」をとり「譲歩」し続けてきたことが問題の全ての根幹であり、今回こそ強硬に対応すべきだとの意見は自民党内で広がっている。


いずれにせよ短期的な目線ではなく長期的な視野にたって、日韓関係が本当にどうあるべきなのかを真剣に考えた上での対応が求められている。


㊟相当な時間が。。。結果、また、裏切ります。これが蛆なんです

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説・・・・溝口敦の「斬り込み時評」



警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説・・・・溝口敦の「斬り込み時評」
日刊ゲンダイ

 今年10月、6代目山口組・高山清司若頭が刑期満了で府中刑務所を出所する予定だが、早くも再逮捕という情報が流れている。警察庁は絶対、彼をシャバに戻さない、山口組の運営にタッチさせないというのだ。


 警察に詳しい東京の事業家が語る。


「来年の東京オリンピックでは海外マフィアやテログループの日本潜入を当然、警戒しなければならない。そういうときに高山が若頭に復帰して、山口組を仕切るのは剣呑すぎる。高山が出所すれば、山口組の分裂・対立を激化させ、治安をさらに不安定化させる。それが海外勢のつけ込む隙になるのだ。高山に比べれば、まだしも篠田建市(司忍)が組長を続けた方が安心できる。かつて警察庁の安藤隆春長官が言った『弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化なし』の弘道会は司でなく、高山が仕切る弘道会のことだ。高山が警察を恫喝し、尾行し、探偵を使い、警察を敗訴させるなど、過激派じみた手を使った。警察はメンツにかけて高山の組長就任を認めたくない。そのためには脊椎という高山の持病を材料にすることさえ検討している。そうなれば、昔の山本健一(初代山健組組長、若頭)同様、獄死同然の死になる」


 警察とすれば再逮捕の罪名など、なんとでもなるのだろう。


 他方、弘道会にとっても、高山の「社会不在」の継続は、今の竹内照明会長を除けば、歓迎すべき事態という。弘道会でハバを利かせているのは高山直系というべき高山組であり、それ以外の組は幅寄せを食っているかららしい。


 もともと山口組の3派分裂は高山若頭の恐怖政治から始まった。だから、彼が最高裁への上告を取り下げ、服役したとたん、神戸山口組の分裂計画がスタートした。


 高山若頭が出所し、3派分裂を収拾、再統一化に動いても、分裂した側は再び始まる彼の恐怖政治を受け入れられまい。高山若頭は山口組の若頭に就いた直後、菅沼光弘・元公安調査部長に会い、「山口組の幹部連中にカマシを入れてやった。今じゃワシに報告するんでも、ヤツらは直立不動ですわ」と愉快そうに笑ったという。分裂した後では、高山若頭の強烈なカマシも物を言わないだろう。

 そして警察は、司組長は7代目組長候補に高山若頭でなく、直参の森健司・司興業会長を擬す形で、3派分裂の収拾を図っていくという見方をしている。意外な観測である。森会長は司組長の古くからの子飼いだが、高山若頭に比べれば、3派全体にわたって敵が少ないとはいえそうだ。


㊟暴力団、、、末端のメシも喰えない彼らを救ってやらねば親ビンとは言えないんじゃないですか?

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か




劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か
日刊ゲンダイ

「素直にうれしい。(最終セット10点先取のタイブレークで)5―8のときはヤバいと思ったけど、最後は集中してた。疲れが先行しているので、まずは回復して、次の試合に臨みたい」


 21日の全豪オープン4回戦。今大会最長試合となる5時間5分、フルセットの末にタイブレークにもつれ込む熱戦を大逆転で制して3年ぶり4度目の8強入りを決めた錦織圭(29=世界ランク9位)はこう言った。


 23日の準々決勝は第1シードで世界ランク1位のジョコビッチ(31=セルビア)との対戦だ。


■「話は試合のことだけ」


 ここまで4試合中3試合がフルセット。錦織の勝負強さと粘り強さは相変わらずとはいえ、周辺では“異変”が生じている。海外メディアから露骨に敬遠されるようになったのだ。


劇的なマラソンマッチ後の会見にしても、海外の記者はなんと1人だけ。象徴的だったのは大会前の記者会見。有力選手をメインプレスルームに招いた大会展望用の特別会見でこんなシーンがあった。


 錦織の会見は、大坂なおみ(21)に続いて行われた。大坂は前年の全米を制し、英語もネーティブ。外国人記者との間でも活発なやりとりがあったが、会見が終わり、さあ、次は錦織……というタイミングで“事件”は起きた。日本人記者以外のほとんどの海外メディアが立ち上がり、ぞろぞろと会見場を後にしたのだ。


 今大会第8シード、前哨戦を制した選手に対して、それはないだろうと感じた日本人記者は一人や二人ではない。錦織の会見が海外メディアの間で不人気なのはいまに始まったことではないにせよ、ここまで露骨な場面はかつてなかった。


 会見でも英語の質問は出ない。最後に初戦の対戦相手であるポーランドの新米記者が拙い英語でしかも自国の選手をどれくらい知っているかと聞いただけだった。さる米国人記者がこう言った。


「ケイ(錦織)はいいテニスをする。我々もいつか大きいところを勝つと期待してきたけど、故障などが続いて期待はことごとく裏切られた。フツーは前哨戦を制した選手を気にかけるが、どうせまたダメだろうと思い込んでいるのさ。だれも本気でケイが全豪を勝つとは思っていない。要は信用してない。我々が求めるのは結果だ」


 なにしろ、前哨戦のブリスベン国際でのツアー制覇は約3年ぶり。それまで決勝は9連敗だった。万年銀メダルだから、どうせ今回の全豪も勝つはずがない。だから、あえて質問をする必要がないというのだが、「ケイのテニスはものすごく面白い。さまざまなショットを繰り出して我々を飽きさせないが、いかんせん話がつまらないからね」と、英国人のベテラン記者がこう続ける。


「例えばすでに引退表明したマリーは、性差別などに関しても積極的にコメントする。だから我々も彼の話を聞きたいと思うし、聞けば話も広がっていく。ジョコビッチやナダルにしても、あえて外交や政治問題に触れることはないけど、我々は質問する。なんらかのリアクションは期待できるからね。アンドレ・アガシ(スーパースラム達成者で06年引退)なんかは10代のころから我々と人生論を交わしてた。そこへいくとケイからは、そういったコメントが出てきたためしがない。しゃべるとしても試合に関することだけというのを、我々は知っているからね。見ていれば分かることを、わざわざ聞きに行く必要はないだろ」


■協会やマネジメント会社の責任も


 そして話が面白くないのは、錦織がアカデミー育ちということに関係しているのではないかと、この英国人記者がこう続ける。


「ケイはフロリダのアカデミー育ちだろ? だからテニスのことしか知らないんじゃないのか? 例えばマッケンロー(4大大会7勝・92年引退)はアカデミーに反対の立場をとっている。マッケンローは、ただボールを打つだけでは強くならないし、面白い選手にもならない。自宅から学校に通い、世間と関わりを持ちながらテニスを学べと言いたいのだろう。フェデラーやナダルやジョコビッチも、主に自宅からテニスクラブに通って腕を上げた。彼らが勉強熱心だったという話は聞かないけど、政治の知識はあるし、自分の意見をきちんと言葉にすることもできるからね」


 錦織が政治の話題をどこまで話せるか、29歳なりの問題意識をもっているかはともかく、「大坂なおみやダニエル太郎(25)といったハーフ選手は別として、日本人選手の話がつまらないのは錦織に限らない。原因は周囲の大人たちにもあると思いますね。古臭いテニス協会の体質、それにメディアやマネジメント会社の責任は大きい」と、別の米国人記者がこう続ける。


「例えば楽天オープンの会見で記者からテニス以外の質問が出たとき、協会の広報が『試合の質問に限ります』と遮ったことには驚きました。通路で顔馴染みの選手と話しているだけなのに、やめて欲しいと怒られた記者もいるそうです。なのに日本の新聞記者は協会に抗議するどころか、ワンパターンで当たり障りのない質問しかしない。錦織の例で言えば、デビュー当時から本人や家族のご機嫌取りのような記者が多いと聞きました。メディアとの間の甘えた関係にどっぷりと漬かっているから、本人もそれでよしとしてしまう。英語の質問がないのは以前から分かっていることなのに、手を打たなかった、錦織を教育しなかったマネジメント会社の怠慢もあると思う」


 錦織はプロ。注目されてナンボだ。4大大会未勝利も実力は世界トップクラスなのに、海外メディアには注目されない。もったいない話ではないか。


㊟私は昔からテニスが好きじゃないんです。ですから、今回、取り上げるのは初めてですが、錦織も大阪なおみも顔が大嫌い。大阪なんてハーフですよ。ハーフって美女、美男になるのに。。、母も父も相当なブスだったんでしょうね。コレ、セクハラですか。。。


 それより、日本のスポーツ選手って自分のやってるスポーツ以外を語れないんですね。スポーツ馬鹿というか、ま、それで普通の生活を送れるなら私どもが心配する必要はないが。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

有名人になったらスーパーの見切り品買うとこも撮られてる!?

有名人になったらスーパーの見切り品買うとこも撮られてる!?

深田恭子、不動産会社社長との交際報道当日にお泊り密会
ポストセブン

 1月7日の夜、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の収録が東京郊外で行われていた。ヒロイン役の深田恭子(36才)は、撮影の合間、少しでも時間ができるとスマホを取り出し、人目を避けるようにしてメッセージを打ち込んでいる。かと思うと、時計を見上げ、目を伏せる。誰かを待たせているのか、時間が気になって仕方がないようだ。


 収録が終わったのは夜も更けてから。スタッフに挨拶を済ませると、深田は慌ただしく車に乗り込んだ。車は一路、都心へ。そして深夜2時、東京・西麻布で車を降りた深田は、慣れた足取りで隠れ家バーへと入っていった──。


 この日、深田の熱愛がスポーツ紙で報じられていた。お相手は、不動産会社・シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(41才)だ。この報道を受け、取材を受けた杉本氏は「プライベートなことはお答えできない」と回答。一方、深田の所属事務所は「食事は一緒にしたことがあるが、それ以上の関係はない」と“熱愛”を否定した。


「久しぶりの大物熱愛ニュースかと報道陣は色めき立ったのですが、事務所が即座に否定したので、“フライング報道”という声も出ました。こうした場合、双方が“プライベートのことなので”または“友人のひとり”などと、回答を揃えることはよくありますが、ここまで違う対応は珍しい。回答が異なるのは、双方の気持ちに“温度差がある”からでしょう。起業家である杉本氏が、話題作りのために“やらせ交際報道”を仕掛けたのではないかという声もあがりました」(芸能記者)


 深田にとっては知り合いのひとり、杉本氏にとっては恋人のつもり――そうした気持ちのすれ違いかと思われたが、しかしこの日、収録を終えて深田が向かったバーで、彼女の到着を待ちわびていたのは、その杉本氏だった。


 深田が店に入ってから1時間ほどすると、ふたり揃ってバーを出た。身長180cmほどの杉本氏と並ぶと、163cmの深田がかなり小柄に見える。


 ふたりは当たり前のように同じハイヤーに乗り込んだ。杉本氏の腕には、毛皮のようなものが抱かれているが、それは、深田の愛犬、トイプードルのメロンパンナちゃんだった。犬もすっかり気を許しているのか、嫌がる素振りなどを一切見せない。ふたりを乗せた車は、深田のマンションへ。


「深夜にごめんなさい!」


 深田はコンシェルジュに笑顔で挨拶し、杉本氏とエントランスをくぐった。翌朝、杉本氏は深田の部屋を出ると、そのまま会社へと向かっていった。


◆出会った当初は互いに別の恋人

出会いは昨年秋のことだったと、深田の友人は明かす。


「共通の知人からお互い紹介されたそうです。その後も、たまたま行きつけのお店で出会ったり、ハロウィンパーティーで再会したりと偶然の出会いが何回か続き、友人を交えて食事に行くようになったそうです」


 その頃、深田には恋人がいた。亀梨和也(32才)だ。昨年11月1日、深田の誕生日前日に女性セブンは深田と亀梨が知人たちと食事をする姿を目撃している。しかし、このときすでに、深田の心には変化の兆しが見えていたという。


「誕生日は深田さんが杉本さんと出会って間もない頃でした。もう気持ちは揺れていたと思います。そもそも夏前から、亀梨くんとは家族のような関係になっていて、“全然恋人同士という感じではないんだ…”と漏らしていたこともありました。深田さんは杉本さんや友人たちとも誕生会をしていましたが、とてもうれしそうでした」(前出・深田の友人)


 深田の心を揺らした杉本氏とはどういった人物なのか。


 杉本氏は茨城県生まれ。父親は不動産業を営んでいたが、杉本氏が生まれた年に会社が倒産し、極貧生活を強いられるようになった。13才のときに母が病死。以後、一人っ子の杉本氏は、父親の受ける生活保護を頼りに暮らすことに。


 奨学金を頼りに高校、専門学校へと進み、そこで手に入れた宅地建物取引士(宅建)の資格をもとに不動産業界へと入った。


 ハングリー精神でワンルームマンションの販売会社に飛び込んだ杉本氏はメキメキと頭角を現し、瞬く間にトップセールスマンに。そして2001年、24才で起業。2005年に上場させ、当時の不動産業界で史上最短、最年少での上場記録を作った。一方で地獄も味わった。最初に起業した会社は400億円近い負債を抱えて2009年に倒産。杉本氏自身も自己破産し、一文無しとなったが、翌年には今の会社を設立、グループ全体で売上高が200億円に迫る企業へと育て上げた。


「若い頃は地元の不良グループにいたこともあって、やんちゃな面もあるが、義理人情に厚い。エリート社長というより叩き上げの苦労人社長ですよ。堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さんからも信頼されており、ZOZOの前澤友作社長とは、プライベートを含め親しい。若手起業家の中でも人望があります」(杉本氏の知人)


 プライベートも波瀾万丈。杉本氏には2度の離婚歴があり、娘もいる。


「最初の奥さんとの間には12才の娘さんもいます。娘さんとは今もよく会っています。2度目の奥さんは韓国人女優でしたが、彼女が母国でビジネスをしたがったことが原因で約2年ほど前から別居状態でした。離婚協議を続けていましたが、昨年の11月に離婚が成立しています。ただ深田さんと出会った頃、杉本さんには、1年ほど交際していた恋人がいました。北海道との遠距離恋愛でしたね」(前出・杉本氏の知人)


 杉本氏にも別の恋人がいたのだ。しかし、出会ってからふたりの仲が交際に発展するまで時間はかからなかった。


「出会ってすぐに杉本さんから自己紹介された深田さんは“近づいちゃいけない人だ~”と言っていました。バツ2で子持ち、おまけに彼女もいて、過去に倒産もしていることもはじめから隠さず話していましたから。お互い恋人もいたし、つきあおうなんて思っていなかったはず。でも2回、3回と会う中で、急速に仲よくなっていった。深田さんが“好きになっちゃったかも…”と言いはじめたのは、出会って1か月もたたない頃だったと思います。それからお互いにケジメをつけてつきあおうという話になったんです」(ふたりの知人)


 その後、2人は元の恋人と別れ、交際することになったという。

※女性セブン2019年1月31日号


㊟嫌ですね。こんなトコまで張り込まれて。。。親しい芸能記者は言う。


「今は一般人が見つけると週刊誌やスポーツ紙にタレ込むんです。いいネタがあります」


「ほう」


「しかもとっぽいですよ。有名人の名前で関心を示すと、『いくら情報料を出せますか』ですから」


「そうなんだ。怖いね」


㊟私は街を歩くのも、買い物するのも気を付ける。「誰も狙わない?」ああ、そうですか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

世の中狂ってる!!ゴキが家政婦雇い


世の中狂ってる!!ゴキが家政婦雇い、そのゴキ家政婦の賃金が高騰してるんだと!!
中国の家政婦の賃金が高騰 外資系エリートさえ凌ぐ勢い
ポストセブン


 ものの価格は需要と供給で決まる。とはいえ、外資系企業に勤めるビジネスパーソンより家政婦のほうが高賃金と聞くと、首を傾げたくもなる。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 良いことか、悪いことか──。いずれにせよ中国での賃金の高騰が話題となっている。


 なかでも昨年から話題となっているのが家政婦の賃金の高まりである。ベテランで評判の良い家政婦でも頼もうものなら、軽く1万元(約16万円)を超えてしまい、場合によっては1万4000元(約22万4000円)にもなるというのだ。もはや気軽に雇う感覚ではない。


 そんな中国のいまをレポートしたのは、南京の『現代快報』(2018年12月9日)である。


 冒頭に登場する南京在住の女性は、外資系企業に勤める、いわばエリートだ。出産を控えて数か月だけ家政婦を雇おうと問い合わせたところ、業者から月額1万4000元だと告げられたという。

「第一子を出産した10年前は、3000~4000元(当時のレートで約4万3400円から5万7800円)でした。いま私は外資系企業で働いて、月収は約1万元ですから、私より4000元も高いんです」


 と『現代快報』の記者に語っている。


 南京市内では、もはや1万元以下の家政婦はいないという。

 これは通いのケースだが、住み込みの家政婦の場合も、値段の高まりが顕著だという。面白いのは、月5000元(約8万円)で契約しても、もっと高い値段で引き抜かれ、数か月でやめてしまうケースが続出しているのだ。


 背景には何があるのか。一つには共働き夫婦の子育ての手が足りないことや年老いた両親の世話などに家政婦需要が高まり、家政婦の供給が追い付かないことだ。実際、江蘇地区には約35万人の家政婦が働いているが、実需に対して約70万人不足しているというのだ。


 そしてもう一つが、昨年8月に導入された最低賃金が要因としてあるという。南京市の水準で1時間18.5元(約296円)と、日本の状況から比べると決して高くはないが、影響は少なくないようだ。これは中国が、経済のけん引役として個人消費を中心に据えようとする政策の反映でもある。


 興味深いのは、いま家政婦の年齢の中心は40代から50代で、その下の世代には家政婦がいないという事実だ。つまり、中国も早晩、外国から大量に人を受け入れなければならなくなるのだ。


㊟どうです?驚きですね。ゴキブリの分際で家政婦雇って、そのゴキブリ家政婦が引っ張りだこ。。。腐れパンダ面醜キンピラ国も崩壊に向かいつつあるようだ。それは喜ぶべきことだが。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

中国当局 汚職で昨年62万人起訴、1日1701人の計算に




中国当局 汚職で昨年62万人起訴、1日1701人の計算に
ポストセブン

 中国共産党中央規律検査委員会は2018年の1年間で、62万1000人を党規律違反や汚職などの罪で起訴したことが分かった。これは土曜日、日曜日、祭日の休みもなしで365日間、毎日1701人を起訴した計算となる。1人の被告人を起訴するには、裁判所や検察、規律検査委メンバーが手続きをしなければならず、被告人と同じくらいの人数が必要で、当局側の負担は極めて大きい。


 さらに、この中でも51人は次官級の高官で、捜査も長期化、複雑化せざるを得ない。それなのにこのように大量に起訴されているだけに、しっかりとした証拠固めが行われているかどうかを疑う向きも多い。


 党中央規律検査委員会によると、習近平指導部は汚職が、政府が目標とする国民の生活水準を意味する「小康社会」実現と貧困根絶といった目標達成の大きな障害になると考えており、同委は昨年も活発な汚職摘発活動を続けてきたという。


 同委によると、このような反腐敗運動は習近平指導部が発足してからの昨年までの6年間で、150万人の官吏が党規律違反と汚職で処罰されているという。


 これも同様の単純計算をすると、平均685人の汚職官吏が党規律違反と汚職で処罰されていることになる。


 1人の容疑者を起訴し、裁判で有罪判決を受けるには、平均で1年以上の歳月がかかっている。それを考えると犯罪の内偵期間や逮捕起訴までの取り調べに要する同委や検察など、莫大な数の人員が関わっていることになる。


 ネット上では「当局はまず犯罪者ありきで、習近平指導部に都合が悪い人物をピックアップして、確固たる証拠もなしに逮捕してから、長期間拘留して、汚職や規律違反の事実を白状させているのではないか。10年も20年も役人をやっている者ならば、中国では汚職の経験がない者はいないというのは常識だ」といった批判が出ている。

㊟これこそがゴキ国の実態なんです。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR