FC2ブログ

2019-01

「美智子さまが眞子さまロマンスに終止符」英国紙報道の波紋




「美智子さまが眞子さまロマンスに終止符」英国紙報道の波紋
ポストセブン

 日本の皇室は「世界最古の王室」として、世界中から畏敬の念を集める。今春に控えるのは、第126代天皇への歴史的な「御代替わり」。そんなタイミングで、英国を代表する新聞メディアが、「若き女性皇族の恋の決着」を伝え、波紋を広げている。


「帰国すれば警備の手配も大変ですし、マスコミも注目しているというので、小室圭さんは留学先の米ニューヨークで年越ししたようです。そういう事情なら、婚約内定者として、秋篠宮家に出向いて両殿下や眞子さまに年始のご挨拶をすべきところをできなかったのは、仕方ないのかもしれません。


 とはいえ、秋篠宮家には新年の年賀状も届いておらず、秋篠宮ご夫妻への電話でのご挨拶もないようなんです。どうやら、母親の佳代さんからも、なしのつぶてのようで…」


 怪訝な顔をするのは、ある宮内庁関係者だ。


「ほんとうに、よかったね」。天皇陛下は、15万を超える人が集まった1月2日の新年一般参賀で、予定された5回を超え、日没間近に異例の7回目を終えられたとき、美智子さまをはじめとした皇族方に、そうおっしゃったという。


 平成最後の年、御代がわりの年。万感の思いで、両陛下は最後の務めに臨まれている。11日には、学術分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が皇居・宮殿で行われた。昨年、ノーベル賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大学特別教授から「免疫の力でがんを治せる時代」という講義を受け、両陛下は手元の資料に目を落としながら、熱心に聞かれた。


《現在85才の明仁天皇は4月30日に退位する。(中略)その翌日には、息子である徳仁親王が菊の玉座に就くことになるだろう。皇室一家は、その時までに、眞子内親王のプライベートに関する遺憾な騒ぎを終わらせることを決めている。》


 そんな報道が昨年12月30日、遠く英国の新聞紙面に躍った。皇室ジャーナリストが言う。


「できるだけ静粛な雰囲気で御代がわりを迎えたい中、譲位と眞子さまの結婚問題を結びつけて報じられるのは、皇室にとって決して好ましいことではありません。しかも、過去の海外の報道とはまったく違う意味合いを持つ記事だけに驚きを隠せませんでした」


 これまでも、眞子さまの結婚問題は海外でたびたび報じられた。昨年7月、米紙『ニューヨーク・タイムズ』は、《小室氏を眞子さまのフィアンセとは呼ばないで》と題した記事を掲載。皇族の正式な婚約にあたる「納采の儀」が行われていないのに、留学先のフォーダム大学がホームページに「プリンセス・マコのフィアンセであるケイ・コムロ」と載せ、宮内庁の抗議によって削除された顛末を報じた。


 それだけでも、日本の皇室にとっては名誉なことではないが、今回の英紙の報道は、関係者に衝撃を与えた。


記事のタイトルは、《日本の皇后陛下が“ナイーヴ”な眞子内親王のロマンスに終止符を打つ(Japan’s empress strikes to end romance of 'naive' Princess Mako)》というものだ。


「今回の報道が、“世界最古の日刊紙”である伝統あるイギリスの高級紙『タイムズ』で報じられたことがショックでした。タブロイド紙や大衆紙とは違います。さらに、タイトルや記事中で美智子さまについて触れられていて、今までの報道とは重みが違います」(前出・皇室ジャーナリスト)


『タイムズ』の記事にはこう書かれている。


《美智子皇后陛下は、(中略)初めての孫と一般人との「不幸な“婚約”」を終わらせるために、主導的な努力を果たされている》


《伝えられるところによれば、皇后陛下は、小室氏が(金銭トラブルを)秘密にし、不誠実な態度をとってきたことに怒りを表されている》


 さらに、美智子さまが《小室さんが個人的な利益目的で皇室ご一家との関係を利用しようとすることを危惧》されていると報じた。


◆報道が与える影響


「今回の報道が、小室さんの留学にとっても、大きな転機になるかもしれない」と、別の宮内庁関係者が言う。


「小室さんは留学先の大学で、VIP待遇を受けています。3年間で2000万円以上とされる学費が免除され、日本の弁護士資格がないと受講できないはずのカリキュラムで学び、ニューヨーク州の弁護士試験に合格できるように教授によるマンツーマン授業も受けているそうです。日本の弁護士事務所に勤める事務員の小室さんが、それだけ優遇されるのは、皇室との関係を利用したのではと指摘されても仕方ありません」


 小室さんは留学直後、大学職員までも「日本のプリンス」と勘違いしていたほどの特別待遇で、全米有数のセレブ大学で学んでいる。


「日本では小室さんについていくつかの問題が大きく報道されていますが、留学先の米国ではほとんど認知されていません。むしろ、内親王は結婚すると皇籍を離脱するという日本の皇室のルールを知らない人も多く、“小室さんは間もなくプリンスになる”という誤解も多かった。


 しかし、今回の『タイムズ』の報道では、美智子さまが“皇室ご一家の非常に強い守護者”であると紹介されました。その美智子さまが、小室さんの皇室利用を懸念されていると報じられ、大学当局や現地の関係者たちも重く捉え始めているといいます」(前出・宮内庁関係者)


 小室さんとしては、弁護士資格を取るまでは婚約内定者の立場のまま、優遇され続けたいだろう。「試験でも点数に“ゲタを履かせてもらう”のを期待している」(前出・皇室ジャーナリスト)とさえいわれている。


「しかし、異常な待遇を受けていることが現地で知られつつあるので、不公平を訴える大学関係者や学生も出てきかねない。いよいよ、そのVIP待遇も剥奪されるかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

『タイムズ』は、紀子さまが眞子さまに語ったとされる言葉で原稿を結んでいる。


《愛は個人的な問題だが、結婚は家族の問題だ》


※女性セブン2019年1月31日号


㊟天皇陛下、皇后陛下は心やすらかにご退位されてほしい。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

プーチン大統領が不当要求なら安倍首相は「4島返還」に戻れ



プーチン大統領が不当要求なら安倍首相は「4島返還」に戻れ
ポストセブン

 北方領土が戻ってくるかもしれない──。そんな期待がメディアから漂う。だが、今はむしろ交渉するには最悪のタイミングだと、ロシア事情に詳しい名越健郎氏(拓殖大学海外事情研究所教授)は指摘する。

 * * *
 日露平和条約締結を悲願とする安倍晋三首相は遂に、歯舞、色丹の2島引き渡しをうたった1956年の日ソ共同宣言を基礎に決着させることを決め、ロシア側との本格交渉に入る。


 平和条約を結ぶ切迫性もないのに、なぜ急ぐのか。面積で4島全体の93%を占める国後、択捉を放棄していいのか。平和条約締結は政権のレガシー(遺産)狙いではないのか。突っ込みどころは満載なのだが、首相はプーチン大統領と交渉の枠組みを決め、2019年6月の大統領訪日時に平和条約基本合意を目指す意向という。3年を切った自らの任期から逆算して、このタイミングしかないと踏み切ったのだろう。


 だが、安倍首相は任期中の締結を急ぐあまり、交渉をめぐる内外の環境を十分勘案していない。日露交渉を本格化させるには、ロシアを取り巻く環境は最悪である。特に、欧米が対露非難を強める中、日本の融和姿勢が突出している。


 2018年11月末に起きたロシアによるウクライナ艦船拿捕事件も、欧米とロシアの対立を激化させた。


 日本を含むG7(主要7カ国)外相は艦船拿捕に「深刻な懸念」を表明し、ロシアによるクリミア併合を改めて非難した。北大西洋条約機構(NATO)はクリミア周辺への偵察飛行を開始、黒海への海軍プレゼンスを拡大している。ウクライナ東部では数カ月前から、ロシアが支援する親露派武装勢力とウクライナ政府軍の武力衝突が続いており、ウクライナ危機が再燃する気配だ。


拿捕事件を受け、トランプ大統領はアルゼンチンでのプーチン大統領との首脳会談をキャンセルした。米国の中間選挙で下院を制した民主党は、ロシアへの新たな大型経済制裁を準備中だ。米議会は超党派で親露派・トランプ大統領の対露制裁緩和権限を奪い、ロシアを封じ込めている。


 米露関係がますます悪化する中、プーチン大統領は返還後の2島に米軍基地を設置しない確約を要求している。しかし、歯舞、色丹を日米安保条約の除外地域とすれば、日米地位協定の改定が必要になり、米政府や国防総省は対日不信を強めよう。尖閣には適用し、北方領土には適用しないという都合のいい構想を米側は受け入れないだろう。


 日米同盟を危惧するロシアは交渉で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備中止や、クリミア併合に伴う日本政府の対露制裁撤廃を要求するかもしれない。



「日米離間」は、ソ連時代からロシアの常套手段だ。プーチン大統領が日米同盟弱体化を狙う要求を貫くなら、安倍首相は交渉を打ち切り、「4島返還」の原則に戻るべきだろう。


 ロシアが秋以降、ウクライナだけでなく、世界的に冒険主義路線を取っていることも、交渉のタイミングとしては良くない。ロシアは駐留するシリアでも、11月から反政府勢力支配地区への空爆を再開した。


 10月以降、内戦の続くリビアやイエメン、中央アフリカにも数十人から100人の義勇軍や軍事顧問団を派遣し、一方の側を支援している。


ウクライナ東部とシリアで「2つの戦争」を抱えるプーチン政権はここへきて、中東・アフリカで広範に対外冒険活動を展開し始めた。年金問題や経済失速で政権支持率が低下する中、外敵との対決姿勢をアピールし、求心力を回復させようとする思惑が垣間見える。


 政権延命を重視するプーチン政権は、領土割譲のような不人気な政策を回避したいところだ。ロシア人たちのブログでは、「プーチンが3月の大統領選で公約しなかった年金改革や日本への領土割譲を行うのは裏切り行為だ」「神聖なる領土は1センチたりとも渡すべきでない」といった勇ましい書き込みが目立つ。


「日本のように国際的評価が高い国と平和条約を結ぶことは、ロシアの孤立回避につながる」といった賛成論もあるが、少数派だ。プーチン大統領が自ら高揚させた戦勝神話と民族愛国主義が、返還の障害となって跳ね返っている。


【PROFILE】なごし・けんろう/1953年岡山県生まれ。東京外国語大学ロシア語学科を卒業。時事通信社ワシントン支局長、モスクワ支局長、外信部長、仙台支社長などを歴任後、2011年退社。2012年より現職。著書に『北方領土の謎』(海竜社)などがある。

※SAPIO2019年1・2月号


㊟SAPIO、週刊ポストは実に良い記事を掲載している。ロシアを信じたらとんでもない事になる。安倍総理はそれを分かっていると思うが。側近はこのSAPIOの記事を是非、読ませてほしい。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

逆ギレ「韓国」に対して「遺憾」を繰り返すだけで国は守れるのか


逆ギレ「韓国」に対して「遺憾」を繰り返すだけで国は守れるのか
デイリー

「誠に遺憾」「冷静に対応」「適切な説明」「毅然とした対応」……近隣国とのトラブルが起きるたびに、政府や政治家からはこうした言葉が繰り返される。直近で言えば、レーダー照射事件や徴用工問題に関連してのコメントがそれにあたるだろう。


「韓国側の責任を日本側に転嫁しようというものであり、極めて遺憾だ」


「差し押さえの動きは極めて遺憾」


「日韓関係は非常に厳しい状況にありますが、わが国の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を求めていきたい」


「このような事案(レーダー照射)が発生したことは極めて遺憾であります。引き続き韓国側に再発防止を強く求める」


 改めて年末年始にかけて菅官房長官の談話を並べてみても、いつも通りのテイストで一貫しているように見えるだろう。官房長官に限った話ではなく、これは日本政府の通常の姿勢である。首相も外相も大差ない。


 逆ギレ的な振る舞いを続ける隣国に対して、日本は一貫して「大人の対応」をしている、と言えば聞こえは良い。しかし、こうした対応に対して国民の間にはフラストレーションが溜まってきているようにも見える。ネットの関連記事のコメント欄には、「もっとハッキリとモノを言え」という比較的マイルドなものから「国交断絶だ」「実力行使だ」といった過激なものまで、さまざまな批判的意見が多く寄せられている。


 こうしたフラストレーションの背景にあるのは、こんな気持ちだろう。


「これまでも常に日本は、冷静で常識的な対応をしてきた。きちんと振る舞えば、相手も、国際社会も理解してくれるはずだ――と。しかし、実際には何度説明しようが、相手は変わらない。これではなめられっぱなしではないか」


 実のところ、断交や実力行使などがすぐに採れる解決策ではないことは多くの日本人が理解している。しかし一方でフラストレーションが解消されないのは、政治家たちのコメントに、国民の気持ちに訴えるところがない点かもしれない。


 言っていることは正しくても、血が通っていない。

 これでは国民の気持ちは掴めない。ましてや外国にアピールできるはずがない。それでは相手に圧倒されてしまうのも無理はない。

ベストセラー『国家の品格』の著者で数学者の藤原正彦氏は、新著『国家と教養』の中で、知識だけを詰め込んだ「頭でっかち」では、国を率いるリーダーとしては不適格だ、と指摘している。知識に「日本人としての情緒や形」が加わってこそ、意味がある、しかし日本の官僚や政治家などには、それを身に付けている人が少ない、というのだ。


 日本が諸外国に圧倒されることが多い根本の原因を辿っていくと、ここにある、というのが藤原氏の主張である(以下、引用は『国家と教養』より)。


「日本人としての情緒や形を持たない人間は、舶来の形にあっと言う間に圧倒されてしまいます。大正時代以降の教養層は、大正デモクラシーに圧倒され、次いでマルクス主義に圧倒され、ナチズムに圧倒され、戦後はGHQに圧倒され、今ではグローバリズムに圧倒されています」


 こうした「日本の知識人のひ弱さ」は、日本人としての情緒や形を軽侮したことに原因があるのではないか、情緒や形も含んだ真の教養こそが、国を守ることにつながるのだ、と藤原氏は指摘したうえで、興味深い逸話を紹介している。


「江戸末期、江戸に来たイギリス人達は、普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て、『この国は植民地にはできない』と早々と諦めました。『自国を統治できない無能な民のために我々白人が代わって統治してあげる』というのが植民地主義の論理でしたが、庶民が立ち読みする光景は本国にもないものだったからです。読書は国防ともなるものです」


 先人たちは、その日常の姿を見せることで、外敵を退けた。

 現代の政治家たちの官僚答弁にはそうした効果は期待できない。情緒のみで判断する政府は問題としても、国民の気持ちを掴めない政府にもまた別の問題があるのではないか。

デイリー新潮編集部


㊟日本政府は断固たる姿勢を示すべき。それをしないから蛆キムチが舐めやがって。。。例えば、南蛆、北蛆が経営するパチンコやと焼肉屋をすべて営業停止にし、蛆売春婦を全員逮捕し、有楽町交番前などで世界のメディアを集め、顔写真や実物を公開するとか。。。売春婦を買った男たちの名を公表するとか。。。


よくそんな事を考えますね。


ハイ。武力で攻撃する訳にはいかないからです。


なるほど。それならやってよろしい。


早速、警察庁から全国警察本部に指令を出させます。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

花田優一だけじゃない! キャラ立ちが半端ないNEO二世タレント2019


花田優一だけじゃない! キャラ立ちが半端ないNEO二世タレント2019
週刊女性

 すっかり珍しくない存在となった二世タレントたち。テレビで見ない日がないほど大活躍している。「昨年、ブレイクした二世の代表格といえば、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女・Koki,さんでしょう。昨年5月、ファッション誌『ELLE JAPON』でモデルデビューし、8月には日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに。大手飲料水メーカーのCM出演を果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです」(スポーツ紙記者)


 昨年1月、芸能界デビューとほぼ同時にCMに起用された二世が、小日向星一だ。


「星一さんは、ドラマや映画にひっぱりだこの実力派俳優・小日向文世さんの息子です。昨年1月1日から放送されたいすゞ自動車小型トラック『エルフ』のCMで親子共演を果たし、文世さんそっくりのやさしい顔つきが話題になりました。今年は松田龍平さん主演の舞台に出演も決まっています」(芸能プロ関係者)


 星一の所属事務所に話を聞こうとしたところ、


「そのような取材を受けさせていただくのはまだ早いと考えております。今年はまずは役者としての地固めの年です」

 とのこと。


 父のような、いぶし銀の演技が光る名バイプレーヤーになることを期待したい。


Matt
 デビューのきっかけは親の七光でも、その後は親に頼らずに独自の路線を突き進んでいく二世も少なくない。

 昨年、奇抜なビジュアルで注目を集めたMattは、プロ野球界のレジェンド・桑田真澄の次男。

「父親の桑田さんとあまりにもかけ離れたビジュアルが話題となり、日本テレビ系のバラエティー番組『踊る! さんま御殿‼』や『しゃべくり007』など多くの人気番組に出演しました。さらに、その美意識の高さから、美容雑誌『VOCE』にビューティーマニアというモデルとしても登場しています」(テレビ誌ライター)


 そんなMattに目標としている人物を聞いてみると、


「目標の人はつくらないようにしています。なぜかというと、オリジナリティーがなくなるからです。独自の感性を大事にするように心がけています」


 二世でトクしたことがあるか、という質問に対しても冷静な答えが返ってきた。


「“経験者”が家にいるということは、とても心の支えになっています。何か問題や悩みごとがあった際は、的確なアドバイスをしてくれて、本当に助かっています。


 小さいころから父が仕事をしている姿を見たり、現場にも連れて行ってもらったりしていたので、人前に出るときの責任感や他人との接し方が自然と身についていました。なので、初めてテレビに出たときや、アクシデントが起きたときも、緊張せずに冷静に考えることができました」


 自分の恵まれた環境に対しては、


「人一倍、努力しなくてはいけないと思っています。この家に生まれてよかったと思っていますし、好きなことができる環境にいられることはとても幸せなことです。今いる場所でベストを尽くしていきたいです」


 この謙虚さは父・桑田から学んだという。


「有名になりチヤホヤされると、天狗になる人がほとんどですが、父はいつどんなときでも謙虚な姿勢で、誰に対してもやさしく振る舞い、人を幸せにしています。そんな姿にいつも感動しています」


 今年は音楽をメインに活動していくというMatt。一昨年は『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)でピアノ演奏を披露して視聴者を驚かせたが─。超進化し続けるビジュアルだけでなく、音楽家としての彼にも注目してみたい。


ゆりあんぬ
 Matt同様、親と似ても似つかないビジュアルで話題となったのが、ゆりあんぬ。

「昨年12月、フジテレビ系の情報番組『ノンストップ』で、昭和のアイドルグループ『おニャン子クラブ』の元メンバーで、タレントの内海和子が、ホラーパンクバンド『XTEEN』としてデビューしたゆりあんぬさんが自分の娘であることを告白しました。


 ビジュアル系バンドに憧れ、大学生のころから個性的な服装や髪型にするようになった娘に対しは、内海さんは悩んでいたそうです」(前出・テレビ誌ライター)


 ゆりあんぬに母・内海の尊敬できるところを聞くと、


「美意識の高さ。50代なのに姉妹に見られるくらい、ママはカワイイから。まねしているけど、あんぬは整形手術とかまでしたから、ちょっと行きすぎた美意識をもっちゃった。でも、それはそれで悪いことじゃないと思う」


 と、自身が整形手術したことをあっけらかんと告白。二世であることには、


「トクしたことは、仕事が増えたこと。ソンしたことは“親の七光”ってすぐ言われること。ママとあんぬは、同じアイドルでも水と油くらい違うし、七光ってたら、もっと別のことをしていると思うし、もっと頭もいいと思う」


 そんな彼女に母・内海も今では“自分の個性をちゃんと前に出している”と評価し、“やるならやり遂げる。自分の生きる力にしてほしい”とこれからのアイドル活動にエールを送っている。そこで、ゆりあんぬに今後の活動についても聞いてみると、


「『XTEEN』は'19年2月で1周年を迎えますので、2月下旬はみんな予定を空けておくこと。常に叛逆と殺意を持ってGIG(ライブ)に挑んでるから、みんなも全力でかかってこいや卍」


 母親のお許しを得た彼女は、自分のやりたい道を突き進んでいるようだが─。親としては、ほどほどにしてほしいのも本心か⁉

野沢オークレア

《本当に好きな道を見つけて、さらにそれを仕事にするって、また別の勇気がいる。でも長女は躊躇なく飛び込んだ。それは親としてはいちばんうれしいこと。だからもうね、こちらが長女の仕事に慣れるしかないんです》


 雑誌のインタビューで娘への思いを語ったのは、お笑い芸人の野沢直子。


「野沢さんの長女、真珠・野沢オークレアさんは、総合格闘家なんです。一昨年7月、さいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント『RIZIN』に参戦して圧勝。さらに水着姿の写真集を出版するなど、美人格闘家として注目を集めています」(前出・スポーツ紙記者)


 昨年末の同イベントでは、プロ初黒星を喫し、崩壊した顔面を自身のインスタグラムで披露した。親の心、子知らず─。娘がボコボコに殴られた姿は、たとえ女芸人・野沢でも笑いに変えることはできないだろう。

渡辺裕太・小園凌央
 両親ともに有名人という“十四光”二世にも注目したい。その筆頭が、俳優の渡辺徹とタレントの榊原郁恵の長男・渡辺裕太だ。


「'13年にタレントデビューし、今では日本テレビ系のニュース番組『news every.』の中継レポーターや、『幸せボンビーガール』のロケ担当などレギュラー6本。両親の血を受け継ぎ、ロケでの振る舞いやレポーター技術は二世タレントの中ではピカイチですね」(前出・テレビ誌ライター)


 ヒロミと松本伊代の長男・小園凌央は、両親の名を伏せて受けたオーディションに合格して芸能界デビューを果たしてはいるが─。


「やはり、仕事は両親をネタにしたトーク番組の出演がほとんど。最近は吹っ切れたのか、自身のインスタに両親の写真を掲載するなど、有名人である親の恩恵を甘んじて受け入れている感じがしますね」(テレビ誌ライター)

薬丸玲美

 タレントの薬丸玲美は、昭和の人気アイドルだった薬丸裕英・石川秀美夫妻の長女だ。昨年4月、ゴールデン帯番組『踊る! さんま御殿‼』に初出演を果たした。


「仕事現場で交流のある方がいることが多く、緊張しないように話しかけてもらっています」


 そう語った玲美。同番組への出演時もリラックスしていたのか、司会の明石家さんまに対してもタメ口で、ツッコミの洗礼を受けていた。


「どんな大物タレントに接しても物怖じしないで発言できるのが、二世がバラエティー番組で重宝がられるところ。


 番組のオファーが殺到している長嶋一茂さんや石原良純さんもそうですが、思ったことをズケズケ言っちゃうのが視聴者にウケているので、玲美さんもその路線で花開く可能性はありますね」(前出・テレビ誌ライター)


 同番組で、彼女は「父に認められるぐらい頑張って、父と共演するのが夢」と語っていたが、『週刊女性』にもこう話した。


「目標とする人はいません。尊敬する人はたくさんいますが、自分らしく今までにいないタレントを目指し、目標とされる人物になれるように日々、努力していきたいと思っています。ひとつひとつの仕事に全力で取り組み、明るく元気にいろんなことに挑戦したいです」


 “はなまる”なタレント人生が待っているかも⁉


 千葉真一の長男である新田真剣佑はイケメンっぷりで人気だが、昨年10月、次男の眞栄田郷敦も芸能界デビュー。俳優、アイドル、格闘家、イケメン……。'19年も二世タレントが芸能界を席巻するのは間違いなさそうだ。


㊟「何してもダメだろうから芸能人」なんて書いたら怒られるか。でもそうだと思うな。どの子を見ても、他の仕事など出来そうにない頭の持ち主と分かるもの。。、て言いながら私も芸能人の子に生まれたかった。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

芸能界に復帰できるか?この四人!!



芸能界に復帰できるか?この四人!!

山本裕典・小出恵介・成宮寛貴・山口達也らの「今」2019年復活するのは
週刊女性

浮き沈みの激しい芸能界にあっては、わずか1年でも活動を休止し表舞台から消えた芸能人は“あの人は今”扱いされる。

 2017年3月に当時所属していた事務所から契約を解除された山本裕典が昨年12月20日に約2年ぶりに俳優活動の再開を発表、今月16日には、LINE LIVEで生配信を行い、自ら近況を報告した。

「山本は前事務所との契約中に副業として飲食店を経営していたことが発覚し、これが『マネージメント業務委託契約違反』に当たるという理由で契約を解除されました。

 昨夏には個人事務所を設立したことをInstagramで発表していましたが、今年から心機一転、舞台、映画、CMなど幅広い活動をしていく予定だそうです」(スポーツ紙記者)

 ネット上では山本の復帰を喜ぶファンがほとんどだが、一部では「そういえばいたね」「何で契約解除されたんだっけ?」「需要あるのかな?」といった冷めた声も少なくない。

小出恵介と成宮寛貴は?

 事情は異なるが、昨年から“復帰”をうわさされているのが、小出恵介と成宮寛貴だ。
 小出は’17年6月に発覚した未成年女性との飲酒と不適切行為で無期限活動停止を発表し、昨年6月には所属事務所との専属契約を終了した。一方の成宮は’16年12月、『FRIDAY』で薬物使用疑惑が報じられると、「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」とコメントを残し芸能界を引退した。

 小出の復帰を予感させたのは出演した映画『シン・ゴジラ』の1シーンだという。

「'17年11月に地上波で放送された『シン・ゴジラ』では、小出の出演シーンがカットされていましたが、昨年12月に放送された同作ではカットされていませんでした。そのせいかSNSではファンから『カットされなくてよかった!』『戻ってくるってことかな?』と歓声があがっていました」(テレビ誌ライター)

 小出の近況をテレビ関係者はこう話す。

「昨年秋に渡米、ニューヨークで自らエージェントと契約し、語学学校にも通っているそうです。12月4日にはインスタグラムも開設し、今後はハリウッドのオーディションを受けながら経験を積み、いずれ“逆輸入”俳優として日本での復帰を探っているようですね」(同)


 一方の成宮はドラマ『相棒 season17』(テレビ朝日系)の10月24日放送の回想シーンで登場した。
「成宮は水谷豊演じる杉下右京の3代目相棒としてseason11から13まで出演していましたが、成宮の回想シーンにファンは、『番組からのメッセージ?』との声もあがりました。引退後はInstagramで近況を報告していますが、投稿のたびにファンからは復帰を望む声が後を絶ちません」(スポーツ紙記者)

「成宮の復帰はテレビ関係者の間でも検討されているようだ」と話すのは芸能リポーターだ。

「どのような形でも復帰するなら、やはり彼自身が自分で真相を話す必要があります。それをクリアすれば、復帰への道はすぐ開けるのですが……」(同)

山口達也は……

 さらに復帰の有無が取り沙汰されているのは元TOKIOの山口達也。山口は昨年2月、テレビ番組で知り合った女子高校生を酒に酔った状態で自宅マンションに呼び、わいせつな行為をしたとして、4月に書類送検され、のち起訴猶予となった。ジャニーズ事務所は5月に契約解除を発表した。

「山口は謝罪会見した直後に入院し、現在も治療中。治療費と離婚した妻子への養育費などかなりの出費で貯金を切り崩している状態です。このままいけば、いずれ金銭的に逼迫(ひっぱく)するのは避けられないでしょうから、本人も復帰はしたいと思いますが……」(スポーツ紙記者)
 芸能生活第二章をスタートさせられるのは、いつになるのだろう。
<取材・文/小窪誠子>


㊟ま、戻って来ても居場所があるのは成宮くらいじゃないの‽新人が次々登場しているし。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

オリラジ藤森慎吾が「デビュー時の嫌がらせ」実名で暴露



オリラジ藤森慎吾が「デビュー時の嫌がらせ」実名で暴露
FLASH

 1月15日の『ジンギス談!』(HBC北海道放送)で、オリエンタルラジオの藤森慎吾が、デビュー当時に先輩から妬まれ、ひどい仕打ちを受けたことを明かした。


 2005年、養成所時代に「武勇伝」ネタで人気が出たオリラジは、デビュー1日目からレギュラー番組を持つなど、異例中の異例の扱いを受ける。


「吉本は君らのために劇場も作る」と吉本の社長に言われたと藤森は明かす。渋谷のヨシモト∞ホールは、当時オリラジのレギュラー番組でネット配信していた「ヨシモト∞」のスタジオとして使うためにオープンしたのだ。


「1年目でマンションもいいところに引っ越して、車を買って、ゴルフを始めて」


 初めて買った車はジープで、1年目の芸人とは思えない羽振りのよさ。そんな会社をあげてブレイクしたオリラジに対して、先輩の妬みはすさまじかった。


「やっぱりもう、すごかった、当時。言い方悪いけど、嫌がらせが」藤森は話を続ける。


 デビュー1カ月でルミネの舞台に立ったオリラジ。次長課長の河本淳一、品川庄司の品川とタカアンドトシのトシがいる楽屋に挨拶に行き、楽屋で寝そべる3人に「初めまして、オリエンタルラジオです! 1年目です!」と2人が挨拶すると。


「あれ? 君たちが噂の天才君ですかー? 」と寝そべりながら品川が言うと、河本もそれに加わり、嫌味を言われる。トシも止めずに、品川と河本の後輩いびりをニヤニヤしながら傍観するだけ。


「怖くて、それからぱたっと(心を)閉じちゃって」と語り、それを機にルミネがトラウマになったという。さらに関西での風当たりは、もっと強かった。


「笑い飯の哲夫さんとか、怖かったもん、俺」と話す。


 関西を中心に活躍する笑い飯の中西哲夫からホテルに呼び出され、「お前らオモロイらしいなぁ。裸になってなんか面白いことやれ!」と言われ、藤森らがもじもじしていると「全然オモロないやないか!」と怒られる始末。


 番組内で共演したオリラジの1つ後輩・桜稲垣早希も、「後輩もみんなオリラジさんの悪口言ってました」と話すほど、全方位から妬まれていたようだ。


 そんなオリラジも、ブレイクは長くは続かず、人気は急降下。それを救ったのは藤森だった。


「(人生の転機は)チャラ男のキャラが生まれたことですかね。『しゃべくり007』(日本テレビ系)の収録のときに『オレ、今日変わった』という感覚があって、そのオンエアの日から如実に生活が変わりました。その日だけで13本仕事のオファーがきて、チャラ男ブームですよ」


 と、2015年4月8日のORICON NEWSのインタビューで語っている。チャラ男キャラで人気が出て、オリラジ再浮上のきっかけをつくり、今では芸人だけでなくマルチに活躍している。

 嫌味を言った人たちも、今では2人のことを認めていることだろう。


㊟大変なんですね。ま、頑張って。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

メリー婆さん、怒り爆発!?髪ふり乱して怖い顔になってるもの!



メリー婆さん、怒り爆発!?髪ふり乱して怖い顔になってるもの!

「中居正広」のレギュラー番組が2つ同時に打ち切り 不可解な理由にテレビ業界は衝撃

理由は「視聴率低迷」の怪
 広告代理店やテレビ局の関係者は、驚きを通り越して唖然としたという。デイリー新潮の調べで1月16日、中居正広(46)のレギュラー番組のうち、複数で“打ち切り”が決まったことが分かった。

 ***
 中居正広の公式サイトには、現在、5本のレギュラー番組が紹介されている。


【1】中居正広の身になる図書館(テレビ朝日系列:月曜・午後8時~午後8時54分)
【2】中居くん決めて! (TBS系列:月曜・午後11時56分~午前0時55分)
【3】ザ! 世界仰天ニュース(日本テレビ系列:火曜・午後9時~午後9時54分)
【4】ナカイの窓(日本テレビ系列:水曜・午後11時59分~午前0時54分)
【5】中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS系列:午後8時57分~午後10時)

 しかも打ち切りになる番組は1本ではない。なんと2本だという。広告業界の関係者が明かす。


「打ち切りを決めたのは、テレビ朝日の『中居正広の身になる図書館』と日テレの『ナカイの窓』です。1本だけでも大きな衝撃が走るはずで、それが2本となると、業界は上を下への大騒ぎになります。『図書館』は2011年から放送され、深夜番組からゴールデンへの昇格を果たしました。『窓』も12年からオンエアされてきた人気番組です。まるで申し合わせたかのように両方が同じ時期に終わるわけですから、様々な憶測を呼ぶのは間違いありません」


 理由は「視聴率の低迷」だという。ところが広告代理店の関係者は「両番組の視聴率は打ち切りが必要なほど悪くはないんです」と首を傾げる。


「もちろん、視聴率は1桁台です。ただ、似たような数字でも存続している番組は珍しくありません。中居さんは今でも、司会者としての人気と実力を持っています。だからこそ、少しくらい視聴率が悪くても、テコ入れを行うことで放送を続けてきたわけです。そして今でも、中居さんのレギュラー番組をオンエアする価値は、まだまだ存在するはずなんです。両番組のスタッフも『まさか終了するとは……』と驚いていると聞きました」


一体、何が……

 ご存知の通り、16年にSMAPが解散しても、中居正広はジャニーズ事務所に残留した。契約の更新も重ねてきた。

 ジャニーズ事務所が持つ“権力”について、贅言は必要ない。「嵐やKing & Princeを擁する事務所」と説明すれば充分だ。


 ジャニーズを敵に回す民放キー局は存在しない。旬で人気を誇るジャニーズのタレントに出演してもらうため、常に事務所の顔色を伺いながら、番組編成を決めてきた。


「キー局がジャニーズ事務所と出演交渉をした結果、バーター出演が決まるなんて日常茶飯事です。人気のタレントに出演してもらうため、少し人気の劣るタレントを別の番組にぶっ込むわけです。ですから、依然として人気のある中居さんのレギュラー番組が2本も同時に終わるというのは、我々の常識をはるかに超えています。一体、何があったのか」(同・広告代理店関係者)


 中居正広の契約更新は6月に予定されているという。芸能メディアは当然として、民放キー局や広告代理店も事態の推移を注視することは間違いない。

 果たして、中居正広の胸中や如何――? 

週刊新潮WEB取材班


㊟メリー婆さん、未だに中居を許していないようだ、このまま飼い殺しする気だな。、昔から知っているが人間としての情愛など欠片もない女だった。ま、和歌山のど貧民が米国移住して生んだ子だしね。金に対する執着は貧乏人らしいですよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

銀座ホステスが提訴! 「自動運転」ベンチャー社長の“下半身暴走”

銀座ホステスが提訴! 「自動運転」ベンチャー社長の“下半身暴走”
デイリー新潮

 夜の蝶にも、堪忍袋の緒はあるのである。2018年11月、一通の告訴状が警視庁築地署に提出された。銀座の老舗高級クラブに勤めるホステスが告訴人だ。告訴事実は、強制わいせつ罪。〈執拗に胸や陰部等に触れられるなど極めて嫌悪すべき〉被害に遭ったという。

 ***
 刑事告訴されたのは、クルマの自動運転で知られるベンチャー企業「ZMP」の谷口恒社長(54)。安倍政権が2020年までに無人自動走行の移動サービス実現を目標に掲げたこともあり、注目されている会社の社長だ。


 最近では、大手運送業者と組み、空港制限区域内での自動走行車両の事業化を目指すと発表。夏に行った世界初の自動運転タクシーの実証実験は大々的に報じられた。ちなみにこのタクシー、小池百合子東京都知事も試乗している。ほかにも、倉庫内で自律移動する物流支援ロボットなどが有名だ。


 そんな谷口社長が、1人の男性をともなって銀座の高級クラブを訪れた。18年5月末の午後9時半ごろのことだ。以降の流れを、告訴状から振り返る。


 まず、谷口社長の横には、〈左肩ワンショルダーで丈が太ももまでの短い紫色のワンピースドレスを着用〉した20代のホステスがついた。彼女こそが、今回の告訴人である。社長の席は初めてだ。


 ほかの席からは見えないつくりになっているVIPルームに、高級なワインやシャンパンが並んでいく。

覆いかぶさり腰をふる
 そこで社長は、〈入店直後から、突然(中略)ドレスの裾から手を入れて下着(パンツ)内部にまで指を差し入れて陰部を触れるなどした〉という。


 彼女は座る位置を変えたりしたものの、〈追いかけるような形で被告訴人は告訴人に覆いかぶさり、さらには腰をふるなど、極めて卑猥な行動を繰り返した〉


 挙げ句、〈強引にキスをし、自身の舌を告訴人の口腔内に差し入れるなどした〉


 このあともズボンを脱ごうとしたりと、やりたい放題。だが、午後11時前。見かねた同行者に一喝されて、一人で帰っていった――。


「本来、お客さまのことは口外しないのですが」


 と、店のママが苦渋の色を浮かべて語る。


「あの方は数年前からいらしてましたけど、“常習犯”だから誰もつきたがらないんです。それで彼女についてもらったら……。ひと月経って、彼女から“どうしても許せない”と相談されましてね。警察に被害相談をした末に、半年かかって告訴状を出したのです」


 もっとも、社長の代理のZMP関係者によれば、


「告訴状の内容は、まったくの事実無根です。一緒にいた男性とうちとの商談が破談になったことへの報復でしょう。店側も協力して、でっち上げられたんです。恐怖を感じています」


 と、“下半身の暴走”自体を否定。同行した男性は、


「僕の仲介で、中国の取引先に自動走行車を納入する予定が滞った。破談ではないです。告訴の件もホステスやお店の判断で、僕とは関係ない。でっち上げなんてとんでもありません」


 場合によっては逮捕までありえる事案だが、真相解明は警察に委ねるほかなさそうだ。いずれにせよ、そのような会社が日本の自動運転の一翼を担っているとは……。

「週刊新潮」2019年1月3・10日号 掲載


㊟成り上がりらしい破廉恥行為ですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

事務所に恩なんて感じま~せん!!剛力したたか!!




事務所に恩なんて感じま~せん!!剛力したたか!!

1億円「前澤社長」の陰でオスカー年賀状から消えた「剛力彩芽」 業界で囁かれる噂
デイリー新潮

 ZOZOの前澤友作社長(43)は100人に100万円のお年玉を配って上機嫌だが、その彼女である剛力彩芽(26)には新年早々、穏やかならぬ噂が――。


 所属事務所のオスカープロモーションが彼女に見切りをつけた、さらには、結婚間近では、という噂が業界内に広がっている。毎年、関係者に送付するオスカーの年賀状から、今年は彼女の姿が消えたからというのだ。

 ***
〈あけましておめでとうございます
新しい年が皆様にとって幸多き年になりますことをお祈り申し上げます〉

 という文面と共に、その年イチオシの所属タレントが晴れ着でズラーッと並ぶ賑やかな年賀状がオスカーの名物だ。


 2019年は、是永瞳、川瀬莉子、井本彩花、吉本実憂、岡田結実、高橋ひかる、小芝風花、本田望結、玉田志織、宮本茉由、にこるんこと藤田ニコルの総勢11名が、振り袖姿の競演だ。


「今年は、2014年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した高橋が初めてセンターを務めています。本格的に女優として売り出すつもりでしょう。彼女の両脇を固めるのが、1月期のドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)で主演の岡田結実と、『トクサツガガガ』(NHK総合)で連ドラ初主演の小芝風花。ニコルンは背が大きいということもあるのでしょうが、どういうわけかいつも端っこですね。昨年は剛力がセンターだったので、とうとう事務所から見限られたか、と話題になっているんですよ」(テレビ局関係者)


 オスカーに訊いてみると、

「毎年12月に所属タレントたちの晴れ着の撮影会が行われているのですが、その写真を年賀状に使っています。今年、力を入れていきたい“若手”タレントです、という気持ちを込めて。剛力は確かに今年の年賀状には写っていませんが、特に意味はないですよ。強いて挙げれば、大体25歳くらいになったら、次の世代に譲ろうかというくらいで……」(オスカー広報)

「いつまで振り袖を着られるんだろう」
 ちなみに昨年(18年)の年賀状の写真の並びはどうだったかというと、左から、是永、井頭愛海、岡田、小芝、吉本、剛力、本田、高橋、井本彩花、にこるんという順だった。


「昨年の年賀状に出ていたのに今年出ていないのは、井頭と井本、そして剛力です。井頭はオスカーのAKB的な存在だった、美少女コンテストのファイナリストたちで構成された次世代ユニットX21の所属メンバーでしたが、グループは昨年11月末を以て解散したからでしょうね。また、井本は昨年10月に日枝神社(東京・千代田区)の広報大使に就任したばかり。振り袖撮影会は明治記念館が行われていますから、気を使ったのかもしれません」(同・テレビ局関係者)


 では、剛力が出ていない理由は何だろうか。


「昨年の年賀状の撮影会、つまり17年12月の時点で、剛力はこう言っていました。『長く一緒にやってきた子が、どんどん参加しなくなって寂しい。私もいつまで振り袖を着られるんだろう』と。16年の撮影会でセンターだったのが、剛力と武井咲だったんですよ。武井といえば、15年4月にEXILE のTAKAHIROとの交際が発覚し、昨年9月に結婚しています。振り袖は未婚女性の礼装ですから、彼女はこの年の撮影会から出なくなっているのです。さらに前年(15年)の撮影会には、忽那汐里も参加していました。忽那と武井、そして剛力は“オスカー平成3人娘”と言われていましたからね。唯一残った剛力は、仲間がいないことを嘆くと同時に、自分の年齢についても思いをめぐらせたのでしょう。この時がちょうど25歳でしたから」(芸能記者)


 だが、「いつまで着られるんだろう」ということは、まだ数年は着られる、少なくとも今年の年賀状には出る気でいた、ということではないのだろうか。


「そうなんです。となれば、武井と同じように結婚が近いのか、ということにもなりますが、お相手の前澤社長は結婚の可能性についてハッキリ否定しましたからね。結婚でないとするなら、事務所が彼女を見限ったと考えるのが自然です。今年に入ってから、彼女は長くCMを務めてきた山崎製パンの『ランチパック』も山崎賢人へと代わり、ヤクルト『ジョア』も新しいCMも予定はないという。さらに、長年MCを務めてきたオスカータレントのためのバラエティー番組『オスカル! はなきんリサーチ』(テレビ朝日系)も降板しました。新MCは小芝風花と岡田結実らで務めることになっていますから、剛力に対しては明らかに消極的になっていると思います。テレビ局側としても、剛力にはあまりに前澤社長の色がつきすぎてしまって使いにくい、ということもあるようです」(同・芸能記者)

 前澤社長が目立つことは、剛力にとってあまりプラスにはなっていないようで。

週刊新潮WEB取材班


㊟ああ、花(華)の命は短くて。。。老いが長くなります。それにしてもオスカーの社長、全力坂で売り出した女に次々裏切られても、よく頑張ってるな。偉い!!正次郎は敬服していますよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (332)
ニュースの深層 (13035)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR