FC2ブログ

2018-12

緊拡大!!総理、杜撰な『外国人材受(入管法)』と『水道民営化法』は国を滅ぼします!!

緊大拡大!!安倍総理、杜撰な『外国人材受(入管法)』と『水道民営化法』は国を滅ぼします!!
  北朝鮮小泉と部落平蔵が大儲け、暴力団、醜ゴキブリ、北蛆将軍は水源池を抑える!!


 安倍総理の「自衛隊を明記する」の憲法改正を強く支持してきました。が、この杜撰極まる二つの法案だけは断固支持できません。


 入管法改正で外国人材受け入れ法案。北朝鮮部落出身の小泉&平蔵と、派遣業「パソナ」の南部らが莫大な利益を上げるからの嫉妬ではありません。もっと議論を尽くさないと。あまりに急ぎ過ぎ。まして、少し足らない野党議員だからこそ、丁寧にやるべきでした。


 だから11月3日、衆院の大島議長までが、

 「政省令を含む全体像を国会に報告させ、法務委で質疑がしっかりできる環境を整えてほしいと、与党を今から呼んで伝える」

 と厳命し、事実与党国対委員長を呼び。厳しく警告を与えたじゃないですか?



 まして外国人材受け入れなら、その前に「スパイ防止法」を成立させるべきじゃないですか?でないど醜ゴキブリ、北のドンが戸籍、経歴偽造させたゴキブリ、蛆にスパイを義務付け、大量に送り込んでくるのは確実す。何故、スパイ防止法をためらっているのですか?


同様に「外国人による土地買収禁止法」です、これも早く成立させないと危険です!!これは重要な「水道民営化法案」に繋がります。


 世界37か国、235の事業体が民営化を止め、再公営化してるほど重大問題をなのに、11月下旬になって幾つかのテレビワイドショーが「水道民営化」に反対、疑問特集をやり出しました。が、遅すぎ。私はもう数か月も前に、「水道民営化法案、今なら廃案に出来る!」と配信し、同時に週刊誌、テレビにも直接訴えました。


 一番早く応じてくれたのは『SAPIO』と『週刊ポスト』(「サンデー毎日」も早かった)だけ。テレビ局は馬鹿が多いのか、法案が成立する寸前と、もう手遅れになってから取り上げている(日テレ「すっきり」は11月29日。フジ情報プライムは12月2日)。


テレビ局よ、貴様ら、くだらない問題では早漏なくせに、こんな重要問題には遅漏も遅漏。クソの役にも立たない。早漏も嫌われるが、遅漏はもっと嫌がるんだ!!


 渡邉機関の掴んだ怖い情報では、何故か「水道民営化法成立間違いナシ」、の情報を掴んだ西と東の広域暴力団が、早くもフロントを動員し全国の水源地買い占めに入り、ダミーを通じて「水道会社」を設立し始めたという。(この情報を暴力団に流したカジノ大賛成の大物政治家がいるようだ。)


 これで暴力団は永久に,汲めど尽きない資金源を得、肩で風切って歩くだろう。料金滞納者や未払い者の集金は勿論、チンピラがやるのも間違いない。暴力団は泣いて喜ぶ。これにお・め・で・と・うと言うのはあの官邸の天皇か?


 しかもしかもだ。安倍総理、水道民営化に参入する企業に「外資の参入も認める」ですって?こりゃないでしょ。日本人の命を外国人に左右されることになりますよ。


既に6万を超えるスパイを送り込んでいる醜ゴキブリと、全国のパチンコ屋をスパイにしている北の蛆ドンはガハハハでしょう。


醜ゴキブリとしては、莫大な金が掛かり、犠牲も伴う軍隊を送り込まずに、日本を乗っ取れるんですから。。。醜と蛆ドンはもう日本を分割する合意が出来ているでしょう。


日本国民は彼らに水の供給を止められ、「我々の命令に従え!」と、やられたらどうにもなりませんよ。醜と蛆ドンは「言うなりの料金を払え」とやりますよ。払わなければ止め、逆らえば山奥の水源地に呼ばれ、殺されるでしょう。


醜ゴキや北の蛆ドンのこうした卑劣な仕打ちに、命を懸けて抵抗する日本人の大勢動き出せば、「面倒臭い」とばかりに、水源池にサリン、ヒ素を投げ入れ…。一億の民、数日のうちにのたうち死ぬ。。。。


安倍総理。これであなたの悲願の「憲法改正」は無理です。明年、w選挙を仕掛け大多数を確保できても、“憲法改正の国民投票”では間違いなく敗れます。鬼神・正次郎の予言は的中します!!
スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この先、ヤバいぞ!!貴乃花の長男は「息を吐くように嘘を…」母親の血か?

この先、ヤバいぞ!!貴乃花の長男は「息を吐くように嘘を…」母親の血か?

貴乃花夫婦に亀裂を入れた「靴職人」長男の呆れた素行不良
日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年11月29日 9時26分

【貴乃花一家 崩壊の波紋】


 元貴乃花親方(46)の“不肖の息子”は、夫妻の関係に亀裂を入れる大きな要因になった。靴職人でタレント活動もしていた長男の優一氏(23)だ。


「昨年8月から芸能プロダクションに所属してテレビやイベントに出演、事務所がこれから売り出していこうとしていた矢先、その年の6月に結婚したばかりの妻との別居報道が出たうえ、入れ揚げていた銀座のホステスとの密会写真まで撮られた。カンカンになった関係者が、日頃の素行の悪さを注意すると、『悪いのはボクじゃない!』と逆ギレしたというから、とんでもないお坊ちゃんです。当初は、事務所関係者にすら既婚者であることを伏せ、独身だと偽っていた。一緒に仕事をしたテレビ関係者が『息を吐くようにウソをつくタイプ』と呆れていた」(事情に詳しい関係者)


 優一氏は今年に入って弁護士に離婚調停を依頼したが、父親である元貴乃花親方は息子のタレント活動はもちろん、結婚も離婚協議も寝耳に水の話。要するに貴乃花、景子夫人と同様に父子の間でもまったく信頼関係が築けていなかったわけだ。

自身が大反対した芸能活動を含め、何かと息子をかばい、バックアップしようとする景子夫人との関係もいよいよ悪化したという。その不肖の息子は、本職の靴職人としても揉め事を起こしている。日刊ゲンダイが10月22日付でいち早く報じた、金銭トラブルの顛末はこうだ。


 彼がフルオーダーで受注する高級紳士靴は、1足最低20万円と高価にもかかわらず、貴乃花の息子という看板やテレビ出演の影響で全国から注文が殺到。しかし、約束の納期になっても送られてきたのはデザイン画だけで、肝心の商品が待てど暮らせど届かない。

20万円もの代金を前もって受け取りながら、催促の電話やメールにはなしのつぶてで、やっと連絡がついても言を左右にして言い逃れに終始する。カネを返せ! 本当に靴を作っているのか! というクレームが、所属していた芸能事務所にも相次ぐようになったのだ。事ここに至って、ようやく返金に応じ始めているというが、そんなトラブルが何件もあるという。


■靴職人でタレントだが2人の娘は何を?


 元貴乃花親方は「ロクなもんじゃない」と吐き捨てているそうだが、そんな息子を育てた責任はもちろん、元親方にもある。


 長男・優一氏は、靴職人と同時に、タレントとしてバラエティー番組に出演。イケメンが話題になったが、花田家にはこの他に2人の娘がいる。元後援会の関係者が言う。


「娘さんのことはあまり話題にならなかったけど、長女は今年高校を卒業して留学したんじゃないか。優一クンも15歳で米国へ短期留学したし、高校を出てからも靴職人になるためイタリアに3年間行ってたからね。おかみさんもアナウンサー時代にパリに駐在していたことがあったそうだから、子供の留学には理解があるんでしょうね。下の娘さんはまだ中学生のはずだよ。親方は優一クンには相当厳しかったようだが、娘さんは溺愛して、デレデレだった」


 2人の娘は両親の離婚をどう思っているのだろうか。

㊟この長男、上手くすると?いや、下手すると三田佳子の二男そっくりになるかも。これだけ嘘を平然と吐くのは“女子穴”と呼ばれた景子の血を濃く引いているな。楽しみが増えた。ギャハハハ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

明石家さんま、引退匂わす衝撃告白 「笑ってもらってる感ある」と厳しい声も

明石家さんま、引退匂わす衝撃告白 「笑ってもらってる感ある」と厳しい声も
しらべぇ / 2018年11月26日 18時20分

お笑いタレントの明石家さんま(63)が、25日放送の『誰も知らない明石家さんま 初密着! さんま5つの謎を解禁!』(日本テレビ系)に出演。自身の芸能活動の展望について明かし、話題になっている。

■さんまのプライベートに密着

番組では、ゴルフや移動などプライベートのさんまに密着。テレビで見せる姿と変わらぬ軽快なトーク、ファンへのあたたかい対応がカメラに収められた。

そんなさんまが自身の車を運転する移動中、「10年後の自分はどうなっているのか」とスタッフが質問。さんまは、「貧相なジイさんの画しか浮かばへんのよなあ」と未来の姿を想像して嘆く。

■さんま「落ちてきたら言うてや」

そして、「『頭の回転がアカン!』と思ったら(芸能界を)辞めようと思ってる」と衝撃告白。「今のところ落ちない。手ごたえとしてね」と話したが、「10年後テレビに出ていると思うか」というスタッフも質問には、「出てないと思うな」と予想した。

その理由を「10年は持たないと思う」とし、「やから言うてや! 落ちてますよ最近って。テレビ局も気を遣って『イケてますねえ』とか言うから」と密着したスタッフに話した。

■ネットでは「寂しい」と嘆きの声

さんまの「10年後テレビに出ていないと思う」という発言を受け、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、悲しみの声があがっている。

「この人は昔から常に最前線で芸をやってる。大御所なのにずっと現場で汗まみれ。本当に偉い。特別好きではないが、尊敬してる」

「現在活躍している芸人で、変な衣装を着て粉まみれやらなんやらになり一番体を張っているのって、たぶん古希のビートたけしさんだと思うから、さんまさんなら20年後でも大丈夫やろ。

「10年後にはテレビに居ないって言ってたけど、死ぬまでお笑いを続けてほしい~。さんまさんが居ないテレビなんて想像出来ないし、つまらないと思う! だから、まだまださんまさんにはテレビで活躍してほしい~」

■「今も面白くない」と厳しい意見も

さんまの発言を悲しむ声があがる一方、「最近すでに面白くなくなっている」「引退も撤回したし信じられない」といった厳しい意見も見られる。

「最近はめっきり面白くなくなった。 自分の事ばかり話すようになって老人になったなぁと言う印象。紳助と同じ位で辞めとくのが良かったのだろうね」

「共演者の『笑ってあげてる』感が痛い」

「そう言いながら引退も撤回したし、しぶとく生き残ってそう」

■お笑い界のレジェンドと思うのは?

しらべぇ編集部では、複数の大物芸人らをピックアップして全国20~60代の男女1,342名を対象に調査を実施。「お笑い芸人で最高のレジェンドといえば、明石家さんまだ」と回答した人がもっとも多いという結果になった。



お茶の間の人気者として長年テレビを支えてきたさんま。その10年後の展望にショックを受けた視聴者も多いようだった。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)



㊟走り続けたもの。。。倒れるまで頑張るなんて無理。人間誰でも同じ。私の知るさんまさんは義理難い。思い遣りがある、だ。いつかはお礼の言葉を、と思っている。汚い大阪弁でもさんまさん、三枝さん、文珍さんらは許される。それは自分を常に落とすことを知っているから。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

吉本汚わい芸人事務所、生意気じゃないか!?


吉本汚わい芸人事務所、生意気じゃないか!?


イッテQ!」宮川大輔の件で露呈した“超コワい実態”とは!? 「役員が言葉に震えて…」
tocana / 2018年11月27日 7時30分

 やらせなのか過剰な演出なのか誤解なのかは置いておくとして、日本テレビの「世界の果てまでイッテQ」が今年5月20日に放送した人気コーナー「祭り企画」の「ラオス橋祭り」が実際には存在しないという「週刊文春」(文藝春秋)のスクープは世間でも問題視され、最終的に同社の大久保好男社長が「皆さんにお詫びを申し上げます。放送責任はすべて日本テレビが負う」と謝罪した。

 このスクープが出た際、最初の記事で文春が直撃したのは祭りコーナーの出演者である宮川大輔だった。そしてその後の日本テレビの対応に、とある会社が激怒し、業界内ではそちらのバトルのほうが実は大きな問題になっているという。

「宮川大輔さんはコーナーのメイン出演者なので直撃を受けたのは仕方がないにしても、その後の日本テレビの対応に宮川さんの所属事務所である吉本興業が激怒したと言われています。日本テレビは自らの保身ばかりを考え、タレントを守る気構えがないと判断して怒ったというんです」(テレビ局関係者)

 たしかに所属事務所はタレントを守ることが仕事だ。怒る理由はわかるが、具体的にはどのようなことで怒っているのか。

「日本テレビが当初発表したコメントでは現地コーディネーターに全ての責任を押し付け、自分たちも被害者であるかのように装っていました。しかし、すでに宮川さんは直撃も受け、矢面に立たされていたわけです。それなのに他人事のようにコメントを発表する日本テレビに吉本上層部が激怒したわけです」(同)

 激怒とは穏やかではないが、どんな内容だったのであろうか。

「日本テレビの各局員に吉本の役員や社員などから連絡が殺到しました。中には『吉本と全面戦争でいいんですね?』という内容もあったようです。吉本と全面戦争となれば局が完敗します。タレントを引き上げられたらレギュラーがどれだけ終わるかわかりません。そのため、役員まで含めてこの言葉に震えて日本テレビは方針転換したと言われています」(同)

 この方針転換が社長の謝罪に繋がったようだ。普段は温厚な態度の社員が多いというが、いざタレントがおかしな形で不利益を被るとなれば社を挙げて襲い掛かってくるのが吉本興行。その怖さを改めて実感した日でもあったと言えるだろう。ラオスの外交当局やBPOからも日本テレビには厳しい声が届いたと言われるが、それより怖かったのは吉本からの電話だったようだ。
(文=吉沢ひかる)


㊟大手とは言え、芸能プロダクションにこんな力を持たせていけませんね。テレビは公器。私が『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)で、吉本興業と芸人たちに、


「汚ない、下品な大阪弁を止めろ!江戸の文化を破壊するのか!」


 と叱りつけ、全テレビ局社長に同様の文面をメールした。それ以降、汚わい芸人どもの大阪弁はほとんど聞かれなくなった。

 ということはテレビ局より私が怖いってこと?ま、いろんな噂を耳にしているんだろうな。しかも、鬼神だなんて言われてるんだもの。正次郎はイケメンなんで生涯聴こえないな。クソっ!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

紅白落選のBTS、ドキュメント映画公開も「初日なのにガラガラ」ファン悲鳴!


紅白落選のBTS、ドキュメント映画公開も「初日なのにガラガラ」ファン悲鳴!
アサ芸プラス / 2018年11月27日 5時58分

「原爆Tシャツ」着用騒動で注目を集める韓国グループ・BTS(防弾少年団)のドキュメンタリー映画「Burn the Stage:the Movie」が、11月15日から公開された。だがSNSでは、同映画の空席が目立つとの声が殺到しているという。

「映画は、BTSのワールドツアーに密着した初のドキュメンタリー映画ということで、ヒットが予想されていました。しかし公開直前に起こった『原爆Tシャツ』騒動が影響したのか、公開後のSNSでは『公開初日なのにガラガラだったんだけど!』『こんなものなの?』『お客さん少なすぎて悲しかった』と、空席状況を嘆くファンのツイートが殺到。また一部映画館では、上映中に『ギャーー!!』と奇声をあげるファンがいたとも報告されており、マナーが問題となっています」(芸能記者)

 そんなBTSといえば、「NHK紅白歌合戦」への内定が一時噂されていたものの、結局、出場とはならなかった。その後、各メディアが「紅白落選」と報じると、一部ファンは「そもそも世界的に人気のアーティストが年末年始に日本を選ぶと思ってるの?」「紅白なんて最初から出る予定はない」と猛反発。しかし11月20日発売の「週刊朝日」によると、やはりBTSは紅白に出演する予定があったようだ。

「週刊朝日の取材によるとNHKは当初、BTSとの交渉を進めていたものの、Tシャツ問題で『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が出演を取りやめたことが影響。民放が取りやめた後にNHKが使うわけにはいかないという空気が出来上がり、落選に繋がったようです。また、すぐに謝罪ができていれば出場の可能性もあったとも伝えています。やはり謝罪までの対応が遅すぎたのでしょう」(前出・芸能記者)

 一部では日本での活動を縮小すると報じられているBTS。はたして今後、彼らを起用するメディアは現れるのだろうか。


㊟蛆キムチが紅白出場なんて…ゴキブリ芸能人と蛆キムチ芸能人など二度と紅白に出すな!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (397)
ニュースの深層 (13967)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR