FC2ブログ

2018-11

ゴキへ行くのは危険!!ホテルの食事は汚染された地下水!!

ゴキへ行くのは危険!!ホテルの食事は汚染された地下水!!

トイレふいた布で食器まで 中国五つ星ホテルの実態暴露
国際 朝日新聞デジタル

 世界的な五つ星ホテルの清掃員は、客が使ったタオルでコップもトイレも拭いていた――。中国の著名なネットユーザーが高級ホテルの清掃の実態を動画付きでSNS上に暴き、衝撃が広がっている。ホテル側は事実関係をおおむね認めて謝罪し、衛生当局も検査に乗り出した。

 問題の動画は14日夜、中国版ツイッター微博に「コップの秘密」と題して投稿された。投稿主は、かつて政府高官が身につけている高級腕時計の値段を暴き、反腐敗運動の一助になったことで知られるネットユーザーだった。

 投稿主は、自らがこの1年に宿泊した14の高級ホテルで、国の基準を無視した不衛生でずさんな清掃が行われていたと指摘。清掃員が客の使ったタオルで風呂やトイレを掃除し、客室のコップまで拭いている様子などを撮影した動画を投稿した。名指しされたホテルは、シャングリラやシェラトン、コンラッド、リッツ・カールトン、フォーシーズンズなど国際的な五つ星高級ホテルばかりだった。

 動かぬ証拠を突きつけられ、多くのホテルが清掃の不備を謝罪し、職員の教育を強化するとの声明を発表。衛生当局の怠慢を指摘する声も上がり、北京や上海の衛生当局は15日から立ち入り検査に乗り出した。

 ネット上では「五つ星でさえこんな状況なら、普通のホテルはもっとひどいはず」「今後はコップも枕もタオルも持参しよう」といった書き込みが続いた。北京紙・新京報は「低賃金で清掃員が集まらず、清掃した部屋数に応じて報酬を上げるホテルもある」と指摘し、背景に構造的な問題があるとの見方を紹介した。


㊟彼らは反省などしていません。何故なら、この投稿で大騒ぎになった後、パスポートなどでこの投稿した人物を調べ上げ、


「この男、要注意。宿泊したら情報をホテル同士で共有しましょう」

と、各ホテルに手配したというのですから。。。まるで反省などしていない上に、今後もこうした事を続けると表明したのですから。


私が中国地方政府の招きで、いやいや初訪中したのは30数年前。幾つかの都市を案内され、宿泊は一流ホテル。


 長い年数、政治家の秘書、政治家ブレーンをしていたことで夜の10時、11時にベッドに入っても3時間くらいで目覚めてしまう。ヤルことが無い深夜、外は真っ暗だが外に。ホテルの警備、監視員もさぼり(いねむりとゲームに夢中)をしているのを見計らってホテルの外に出て数時間歩く。


この散歩時に「この国の国民は清掃観念ゼロ。ホテルの裏は小便ウンチの垂れ流し」を目にしたのです。


しかもホテル周辺や街をうろうろしている連中に近づくと糞尿の臭いプンプン。衣類はホームレスそのもの。ぺちゃくちゃ喋りながら痰を吐き、唾を吐き、鼻は手て吹き飛ばし。。。行く先々のホテル周辺でこれを見て、この国は二度と来ないと決めたのだが。。。


21世紀になり、経済大国世界2位にまでなりながら、未だに衛生観念がないようですね。汚い顔だからですかね。


 以前にも配信しましたが、ホテルの料理もバス、シャワー、洗濯、掃除の水もすべて汲み上げた地下水です。その地下水は、李首相が「我が国の地下水の90%は汚染されている」と発表したように化学薬品や農薬、ウンチ、小便、家庭排水などで汚れ切っているのです。


 ですから。。。絶対に公表しませんが、両手、片手の無い子や目が一つしかない幼児、鼻や耳の無い子や、豚、牛とそっくりの赤子が産まれたりするのです。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

分を弁えずのさばる醜ゴキブリで世界は大混乱!!


分を弁えずのさばる醜ゴキブリで世界は大混乱!!

APECが閉幕、史上初めて首脳宣言採択できず
AFP2018年11月18日 22:14 発信地:ポートモレスビー/パプアニューギニア [ パプアニューギニア アジア・オセアニア 中国・台湾 北米 ]


【11月18日 AFP】パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が18日、閉幕した。今回は貿易問題をめぐる米中の溝が埋められず、APEC史上初めて首脳宣言の採択が見送られた。

 国際貿易のルールをめぐって鋭く対立し、地域の影響力をめぐっても競い合う、世界の二大経済大国である米中両国は、首脳会議で激しい舌戦を展開。参加した各国の首脳らは共同宣言で合意に至ることができなかった。

 開催国のパプアニューギニアのピーター・オニール(Peter O'Neill)首相は、首脳宣言での合意に当たり、世界貿易機関(WTO)をめぐる問題が障害となったことを示唆した。(c)

その②

緊張高まるAPEC、中国代表団がパプア外相の執務室に「乱入」試みる
AFP2018年11月18日 20:48 発信地:ポートモレスビー/パプアニューギニア [ パプアニューギニア 中国 中国・台湾 アジア・オセアニア ]
❮ 1/12 ❯ ‹ ›
【11月18日 AFP】(更新)アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開催されているパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで、中国の当局者がパプアニューギニアのリムビンク・パト(Rimbink Pato)外相の執務室に「乱入」しようとしていたことが、18日に明らかになった。

 事情を知る複数の関係者がAFPに語ったところによると、首脳会議の声明をめぐるギリギリの交渉が続く中、中国代表団のメンバーらが17日、パト外相の執務室への「乱入を試みた」ものの、パト外相は中国代表団との面会を拒否。その後、外相の執務室前に警官が配置されたという。

 APEC首脳会議では米中間のつばぜり合いにより、すでに外交的な緊張が高まっていた。

 中国代表団の「乱入」について、関係者の一人はAFPに対し「外相が単独で中国と交渉することは適切ではない。交渉に臨んでいる中国側もこれは承知している」と述べた。

 だがパト外相自身は事態を重大視しない方針で、AFPに対して「問題は起きていない」と語った。
 中国外務省の高官はこの騒ぎについて、報道陣に対して「真実ではない。断じて真実ではない」と話した

その③

ナウル大統領、「傲慢」な中国に謝罪要求 国際会議での態度を批判
AFP2018年9月6日 17:32 発信地:ヤレン/ナウル [ ナウル 中国 中国・台湾 オーストラリア アジア・オセアニア ]

【9月6日 AFP】南太平洋の島国ナウルのバロン・ワガ(Baron Waqa)大統領は5日夜、南太平洋地域の独立国・自治政府が加盟する「太平洋諸島フォーラム(PIF)」の年次首脳会議での中国特使の態度が常軌を逸していたとして、中国政府に謝罪を求めるとともに、中国が同地域で「傲慢(ごうまん)」に存在感を強調していると強く非難した。

 ワガ大統領は記者会見で、

「中国はわれわれ(PIF加盟国・地域)の友人ではない。中国は、自らの目的のためわれわれを必要としているだけだ」

と述べ、

「申し訳ないが、この問題については強い態度で臨まなければならない。なぜなら、誰もここ(南太平洋)へ来て、われわれに指図するべきではないからだ」
と続けた。

 今年のPIF首脳会議は、6日の閉幕を前に、49年の歴史で最も紛糾する年次会議の一つとなっている。主催国ナウルは中国ではなく台湾と外交関係を結んでおり、首脳会議の開幕前にもビザ(査証)発給をめぐって中国政府の反発を招いた。

 さらに4日、中国代表団の杜起文(Du Qiwen)団長が会議の席上で気候変動について演説しようとしたところ、議長を務めるワガ大統領がこれを制止。PIF加盟国・地域代表の演説が終わるまで発言を認めないとしたため、中国代表団は退席して抗議した。報道によると、杜氏は退席する際、会場内を歩き回って不満をあらわにしたという。

 5日夜の記者会見でワガ大統領は、杜氏の振る舞いについて「中国国家主席の前でもあんな態度をとるだろうか?」と疑問視した上で、

「太平洋諸国やPIF加盟国、他の参加国の首脳・閣僚たちを見下したのだ。全く冗談じゃない」

と批判。

「杜氏は閣僚ですらないのに、自己主張してツバルの首相より先に発言しようとした。頭がおかしいのではないか」

とこき下ろした。

 ナウルは人口1万1000人、面積21平方キロの小国だが、ワガ大統領は今回の一件について

「中国に謝罪を要求するだけでなく、国連(UN)でも問題にする」

と主張。

「国連をはじめとするあらゆる国際会議で、この問題について言及していく」

と述べている。

 中国はPIF加盟国ではなく、「対話パートナー」18か国・地域の一つとして首脳会議に参加している。(c)AFP

㊟どうです?ゴキブリは人間じゃないから、と看過してはいけないんです。ゴキブリは踏み潰すべき。
驚いた!!ゴキブリがケニア大統領を「猿」呼ばわり!!

その③
ケニア大統領を「猿」呼ばわり、中国人の男を国外退去処分
AFP2018年9月6日 23:51 発信地:ナイロビ/ケニア [ ケニア アフリカ ]

【9月6日 AFP】ケニアで、同国在住の中国人実業家が人種差別的発言を繰り返す動画がソーシャルメディア上で広まり、ケニア政府は6日、この男を逮捕したと発表した。

 ケニア移民局によると、逮捕されたのはリュウ・ジャクイ(Liu Jiaqi)という名の中国人で、国外退去の手続きが行われているという。

 ツイッター(Twitter)などで共有された2分半の動画には、従業員と口論になったとみられるこの男が人種差別的な暴言を繰り返す様子が捉えられている。

 この中で男は、「ケニア人は皆、猿みたいだ。(大統領の)ウフル・ケニヤッタ(Uhuru Kenyatta)だってそうだ。一人残らず」と発言。

 従業員が、そう感じるなら「中国へ帰る」べきだと言うと、男はさらに

「ここは合わない。ここは嫌いだ、猿みたいなやつらもそうだ、話したくもない。臭くて貧乏でばかで黒い。嫌いなんだよ。どうして白人みたいじゃないんだ、米国人みたいじゃないんだ?」

とまくしたてた。

 その後、ケニアに居る理由はただ「金が大事」だからだと言い放った。男の職業は、動画からは不明。

 これを受けて一部のケニア人からは、国外退去処分で済まさず訴追すべきだいう声も上がっている。(c)AFP/Tristan MCCONNELL

㊟腐れパンダ醜キンピラどもは自分の顔を鏡で見た事が無いのか、それとも鏡が無いのか?

4年前、山形の自宅居間で殺された男性がいた。その犯人として先日逮捕された女は、男性の妻で、中国人だった。顔をテレビで観たが、まるでゴキブリ。オイ、腐れパンダ醜よ、お前に似てるじゃないか。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

ビートたけしよ、目を覚ませ……新事務所「T.Nゴン」名称の秘密と、犯罪者になった“愛人の元愛人”の存在

ビートたけしよ、目を覚ませ……新事務所「T.Nゴン」名称の秘密と、犯罪者になった“愛人の元愛人”の存在
サイゾー

 今年3月、芸能界の重鎮・ビートたけしが「オフィス北野」から独立し、芸能界に衝撃が走ったが、この独立に大きく関与した人物が、今夏、不法就労助長容疑で逮捕されていたことが判明した。

「その人物とは、ラブホテル運営会社『レジャー計画』会長で、“神戸のラブホテル王”と呼ばれる関則之氏。たけしの愛人で仕事上のパートナーでもあるF女史の元愛人ですよ」(出版関係者)

 たけしの独立をめぐっては、弟子のたけし軍団が森昌行社長の経営責任を追及したうえ、謝罪を求める声明文を発表。これに森社長が「週刊新潮」(新潮社)誌上で反論するなど、双方の対立が表面化し、いちタレントの独立問題にとどまらず、芸能界を揺るがす大騒動にまで発展したが、関係者によれば、この独立を主導したのは、たけしの愛人とされるF女史だという。

「独立騒動の発端は、新事務所『T.Nゴン』の役員に収まったF女史VSオフィス北野の対立でした。というのも、F女史はたけしの仕事に口出しするようになり、たけしもそれに従うようになったんです。その内幕は、『週刊新潮』(3月29日号)に《たけしは愛人に洗脳された》と報じられたのですが、これにたけしが激怒。愛人スキャンダルを経営問題にすり替えるため、軍団は仕方なく森社長にケンカを仕掛けた。

しかし、事実関係をことごとく否定され、返り討ちに遭ってしまった。森社長は誌面で《どういうわけか、4年前から、たけしさんはそれまで無頓着だったカネ絡みのことを気にし始めるようになった》と語っていますが、軍団もそれにいち早く気づいていたんです」(元オフィス北野関係者)

 4年前の2014年といえば、「週刊文春」(14年7月17日号/文藝春秋)が「ビートたけし“100億円の愛人”『カミさんに全財産を渡して一緒になる』」として、F女史の存在をスクープした時期だ。

「F女史の父親は元電通の役員で、その後、熊本県議を務めた人物。F女史は、そんな恵まれた環境に育った生い立ちを話したうえ、神戸市内の高級ホテル『R』のスーパーバイザーの名刺を見せて、たけしを信用させた。下町で貧乏育ちのたけしは、“いいところのお嬢さん”とノロけて、世田谷区内の豪邸、通称“等々力ベース”で同棲をスタートさせたんです」(バラエティ番組関係者)

 しかし、F女史は、たけしが憧れるような“セレブ”ではなかったという。

「彼女は、生まれたときはお嬢様だったかもしれないけど、その後、母親が蒸発したことで生活が一変。高校も行けず、20~30代の間は銀座のクラブホステスをやっていた」

と話すのは、元同僚のホステスだ。彼女によれば、F女史と冒頭の関氏は、銀座6丁目にあった有名クラブ「H」で出会ったという。

「ホステスだった彼女に関さんが貢いで愛人関係になったんだけど、彼が静岡で展開していた事業が失敗。そのとき彼女が、関さんから貢いでもらった宝石類なんかを売って、助けてあげたとか。その後、彼が神戸のラブホテル経営で成功したんで、系列の高級ホテルのスーパーバイザーにしてもらったのよ」(同)

 F女史は関氏との関係について、“彼が事業で失敗したときに自分の父親が援助したことで親しくなった”と説明し、たけしもそれを信じていたという。また、前出の「週刊新潮」によって、F女史が元銀座のホステスだったと報じられた際にも、「ホステスは3カ月くらいのアルバイト」と、巧みなウソでたけしを納得させたというが、裏を返せば、それほどまでにたけしが彼女を盲信している証しともいえる。


「たけしは、F女史だけでなく、関氏にも信頼を寄せています。一度事業に失敗しながらも、約20年で復活を果たした関氏に敬意を表して、“会長”と呼んでいましたしね。ある時、たけしが“会長とビッグビジネスをやるんだ”と言い始めたから何かと思ったら、ラブホテルに置いてある歯ブラシセット、あの納入の仕事だという(笑)。あまりにセコすぎて、開いた口がふさがりませんでした。とにかく、たけしはF女史と関氏にのめり込んでいましたよ」(レギュラー番組のプロデューサー)

 実際、新しく設立した事務所の名前は「T.Nゴン」。一部では、《ゴンは飼い犬の名前》と報じられているが、Tはたけし、Nは則之、ゴンはF女史のあだ名からとった、という説が有力だ。

 さらに、たけしは独立後、「週刊文春」に短編小説『ゴンちゃん、またね。』を発表しているが、その内容は、作家志望の則之と飼い犬のゴンの生活を描いたもの。名前の出どころは一目瞭然だ。

 ところが、そんな関氏が今年7月4日、ベトナム人留学生を不法就労させたとして入管難民法違反(不法就労助長)の容疑で大阪府警生野署に逮捕されていたのだ。

 関氏が会長を務めるホテルチェーン「ファイン」は、グループ年商100億円を超え、従業員はパートを含め1,000人以上。全国に40店舗以上を展開しているが、実は、以前から警察にマークされていたブラック企業だという。

「不法就労だけでなく、労働基準法違反や、社会保険の未加入、誇大広告、脱税などの疑いもあるのではないかといわれています。また、兵庫県警と大阪府警は、関氏と神戸山口組の“黒い交際”にも重大な関心を持っているようです」(暴力団専門ライター)

 同グループは、会長はじめ役員3人の逮捕に続いて、7月23日には「ファインガーデン大阪十三店」にも警察の捜査が入っている。

 関氏は「T.Nゴン」の役員にこそ就任していないが、F女史を介してたけしの独立に大きく関与したのは間違いない。このまま関係を続ければ、たけしにも道義的責任が問われることとなるだろう。

 ちなみに、「T.Nゴン」では、F女史がスカウトしたマネジャーたちが、彼女のパワハラによって相次いで退職し、早くもブラック企業化しているという。元愛人関係というだけあって、似た者同士なのかは不明だが、たけしはそんな2人の関係がいまだに続いているのではないかと嫉妬し、ケンカの原因になっているというウワサもある。

 なんともトホホな話だが、「晩節を汚さないためにも、一日も早く、2人とは決別すべきだ」(たけしと親しかったテレビ関係者)といった声に耳を傾け、たけしが目を覚ます日は来るのだろうか?


㊟ヤクザ同様な男を愛人にしていた女を信じる?ヤクザは女を逃がさないために、クスリを仕込んだり、珍棒にコブを作り女をsex狂いにしてしまう。そんな珍棒を味わった女にたけしの珍棒が敵うはずもない。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

桜井翔の司会じゃ紅白視聴率落ちるぞ!!

桜井翔の司会じゃ紅白観なません!!
嵐・櫻井翔、『紅白』白組司会にマスコミ騒然! 「松本潤が最有力だったのに」抜てきされたワケ
サイゾーウーマン
 大みそかに放送される『NHK紅白歌合戦』の司会者が、11月9日に発表された。総合司会は昨年と同じくウッチャンナンチャン・内村光良、紅組は広瀬すず、そして白組は、「東京スポーツ」で「5年連続司会持ち回り説」が報じられた嵐のメンバー・櫻井翔である。

 例年、司会者の発表は11月上旬で、この時期が近くになるにつれ、各メディアは誰が司会者に選ばれるか取材を繰り広げるという。

「今年は、9月時点で『スポーツニッポン』が、白組司会は松本潤が最有力候補と報道。紅組司会には、広瀬や安藤サクラの名前を挙げつつ、綾瀬はるかが最有力と大々的に伝えました。その後、一部週刊誌も、松本の司会説を報じていたため、マスコミ関係者の間でも『今年は松本で決定かな』などといわれるようになったんです」(週刊誌記者)

 しかし実際には、「スポニチ」が報じた時点で、まだ嵐の誰が司会なのかは決定していなかったようだ。

「ほかにも、総合司会には、大ヒット中のクイズバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』(同)に出演するナインティナイン・岡村隆史の名前も浮上していました。しかし、ふたを開けてみれば、今回発表された3人は、マスコミ各社がそこまで有力視していなかったメンツに。NHK関係者は、毎年情報漏えいには気を使っているだけに、今回は『バレなかった!』と、さぞニンマリしていることでしょう」(同)

 しかし、松本が司会と目されていた中、櫻井が就任したとあって、ファンも驚きを見せているようだ。ネット上でも「翔さんはラストの2020年の司会を飾るんだと思ってた」といった書き込みが散見される。

「MCやキャスターなどでの活躍ぶりから、櫻井をオオトリと予想していたのはメディア関係者も同様。ただNHKとしては、今年どうしても櫻井を司会にしなければいけない事情があったようです」(テレビ局関係者)

 というのも、19年にはラグビーワールドカップ日本大会、20年には東京五輪が控えており、櫻井は両大会で、日本テレビのキャスターを務めることが予想されている。

「櫻井は、来年・再来年と、まさに“日テレの顔”となる可能性が高い。そこでさらに、『紅白』白組司会という“NHKの顔”まで任せるのはいかがなものか……という理由で、NHKとジャニーズが協議した結果、今年司会に起用されることになったのでは。広瀬とは今年、映画『ラプラスの魔女』での共演という縁もありますしね」(同)

 当初は“ガセ”といわれていた嵐メンバーの5年連続司会説だが、もはや疑いようもない状況。果たして、再来年のオオトリを飾るのは松本と大野智、どちらになるのだろうか。


㊟ジャニッタレファンは嬉しいだろうが、桜井のカマ男顔が大嫌いな私はまったく興味なし。櫻井を司会にしたことで前年より視聴率は落ちるな。そっちに期待したい。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

安倍首相、「スパイ防止法」を急いで!!

安倍首相、「スパイ防止法」を急いで!!

「スパイ天国」日本を狙う中朝工作員の恐るべき活動
IRONNA
青林堂
濱口和久(拓殖大大学院特任教授)
(青林堂『日本版 民間防衛』より)

 日本は工作員天国といわれている。日本には世界の国ならどこでも持っている「スパイ防止法」がない。


 工作員にとっての天国とは次のような状態だ。①重要な情報が豊富な国、②捕まりにくく、万一捕まっても重刑を課せられない国のことである。

 日本は最先端の科学技術を持ち、世界中の情報が集まる情報大国でもある。しかも、日本国内で、工作員がスパイ活動を働いて捕まっても軽微な罪にしか問われない。スパイ活動を自由にできるのが今の日本なのである。つまり、工作員にとっては何の制約も受けない「天国」だということを意味している。
 アメリカに亡命したソ連KGB(国家保安委員会)少佐レフチェンコが「日本はKGBにとって、最も活動しやすい国だった」と証言している。


ソ連GRU(軍参謀本部情報総局)将校だったスヴォーロフは


「日本はスパイ活動に理想的で、仕事が多すぎ、スパイにとって地獄だ」

と、笑えない冗談まで言っている。日本もなめられたものである。


 日本は北朝鮮をはじめとする工作員を逮捕・起訴しても、せいぜい懲役1年、しかも執行猶予がついて、裁判終了後には堂々と大手をふって出国していく。

 
 中国が得意とするスパイ活動に「ハニー・トラップ(甘い罠)」という手段がある。ハニー・トラップは、女性工作員が狙った男性を誘惑し、性的な関係を利用して、男性を懐柔、もしくは脅迫して機密情報を聞き出す諜報活動のことだ。中国にとって、ハニー・トラップはサイバー攻撃と並んで機密情報を奪い取るための重要な手段となっている。

 イギリス紙タイムズ(電子版)が2014年11月に報じたところによると、イギリス国防省の諜報機関の上級職員向けに、中国のハニー・トラップ対策マニュアルを策定。マニュアルは中国のハニー・トラップに関して「手法は巧妙かつ長期的。中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている」としたうえで、「中国の情報に対する貪欲さは広範囲かつ無差別だ」と分析。

「中国には諜報員が存在するが、彼らは国の諜報機関の命令によって動く中国人学生、ビジネスマン、企業スタッフの裏に隠れている」

と指摘した。

 また、中国でのイギリス製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)の汚職疑惑に絡んで、同社の中国責任者が自宅で中国人ガールフレンドとセックスしているところを隠し撮りされ、その動画がGSK役員らに送りつけられた。中国のハニー・トラップの標的になるのは、政府や諜報機関の関係者にとどまっていない。

 中国人女性工作員の“活躍”はイギリスだけではない。アメリカ軍の最高レベルの機密情報にアクセスできる立場にあった元陸軍将校が、国際会議で出会った女性と2011年6月から恋愛関係となり、戦略核兵器の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、環太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画といったアメリカ軍の機密情報を伝えたという。この元陸軍将校は国防機密漏洩の罪などで逮捕、刑事訴追された。(SankeiBiz 平成28年1月11日付)


 中国人女性工作員は、日本人男性に対しても、ハニー・トラップを仕掛けてきている。中国の公安当局者が、女性問題をネタにして日本の領事に接近。この領事は総領事館と本省との間でやりとりされる暗号通信にたずさわっている電信官で、中国側は日本の最高機密であるこの電信の暗号システムを、領事に強要して手に入れようとした。


だが、電信官は「自分はどうしても国を売ることはできない」という遺書を残して、平成16(2004)年5月に総領事館内で首吊り自殺をしている(上海日本総領事館領事の自殺事件)。



 領事の自殺により、電信の暗号システムの情報流出は防げたが、中国に出張した際、ハニー・トラップに引っ掛かった政治家、企業家、研究者(技術者)は1000人をはるかに超えているといわれている。

彼らの中には、中国側が欲しい情報を提供したことがある日本人もいるかもしれない。いや、発覚していないだけで、間違いなく情報を提供していると考えるべきだろう。

 もしあなたが、これらの職業に就いていて、中国人女性が近づいてきた場合は、ハニー・トラップを警戒し、不用意に女性と深い仲にならないようにすべきだろう。

また、中国人女性と結婚した自衛官は500人を超えている。その中には幹部自衛官も含まれる。女性から自衛官に接触し結婚したケースが大多数だ。自衛隊の情報が中国側に漏れているとしたら、日本の安全保障上にも影響を与えていることになる。


 実際、平成19(2007)年1月、神奈川県警が海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」(イージス艦)乗組員の2等海曹の中国籍の妻を入管難民法違反容疑(不法残留)で逮捕。家宅捜索したところ、イージス艦の迎撃システムなど機密情報に関する約800項に及ぶファイルが発見されている。


2005年6月に中国のシドニー総領事館の一等書記官だった陳用林がオーストラリアに亡命した。彼は、日本国内に現在1000人を優に超える中国の工作員が活動していると証言している。



 日本国内に北朝鮮の工作員はどれくらい潜伏しているのだろうか。不審船や木造船を用いて不法上陸したり、他人に成りすまし偽造パスポートなどで入国している工作員も間違いなくいる。


 一方、工作員は日本人の協力者や在日本朝鮮人総聯合会(略称は朝鮮総聯)に関係する在日朝鮮人らと共謀して、日本からヒト、モノ、カネなどを持ち出してきたことは周知の通りだ。日本人拉致、核開発関連の研究者の勧誘、ミサイル技術流出への関与、日本製品の不正輸出、不正送金など。麻薬・拳銃売買などの非合法活動にも手を染めているのが朝鮮総聯である。祖国防衛隊事件や文世セ光事件を引き起こした歴史的経緯から、公安調査庁から破壊活動防止法に基づく調査対象団体に指定されている。

 
 北朝鮮で製造されるミサイル部品の90%は日本から輸出されていた(2003年5月、米上院公聴会での北朝鮮元技師の証言)。

北朝鮮の核施設元職員で1994年に韓国に亡命した金大虎は、各施設には多数の日本製の機械や設備があったと証言。平成24(2012)年3月、北朝鮮にパソコンを不正輸出したとして外為法違反罪で在日朝鮮人の会社社長が逮捕された。北朝鮮への経済制裁で全面禁輸となった後も、パソコン機器1800台を無承認で輸出。関連機器の輸出総数は約7200台にのぼるとみられている。


 平成29(2017)年秋ごろから日本海沿岸に北朝鮮船籍と思われる木造船が数多く漂着している。以前から同じような木造船が日本海沿岸で発見されていたが、報道はほとんどされてこなかった。同年11月23日、秋田県由利本荘市の船係留場に全長約20メートルの木造船が流れ着き、乗組員8人が警察に保護された。8人は調べに対し、イカ釣り漁の最中に船が故障し、およそ1カ月漂流していたと話したという。

 これ以外にも、北海道や青森、秋田、山形、新潟、石川の各県で北朝鮮籍の漁船と思われる木造船が漂着・漂流している。中には船内から遺体が発見されたケースもあった。だが、一連の漂流・漂着を単なる漁民の漂流・漂着として片づけることのできない事態が起きた。日本は6852の島嶼(周囲が100メートル以上)から構成されているが、そのうちの約6400が無人島で、それに伴う海岸線の総延長距離は3万3889キロメートルに達している。


 24時間体制で海上保安庁が海上から不審船等を監視・警戒しているとはいえ、すべてを確認することは難しい。木造船はレーダーでは見つけにくいという問題もあるなか、北海道松前町の無人島である松前小島に一時避難した北朝鮮籍の木造船が、北朝鮮人民軍傘下の船とみられることが同年12月5日に明らかになったのだ。船体には「朝鮮人民軍第854軍部隊」というプレートがハングル文字と数字で記されていた。


 北朝鮮では、軍が漁業や農業などの生産活動にも従事しており、乗組員9人は、北海道警の事情聴取に対して、秋田県由利本荘市の事案と同様に「約1カ月前に船が故障し、漂流していた」と話しているが、信用していいか疑わしいところだ。普通に考えれば、1カ月も海上を漂流すれば、食料や水が底をつき、栄養失調になったり、衰弱していてもおかしくない。


 乗組員が元気ということは、普段から訓練をしている軍人もしくは工作員であると思って間違いないだろう。平成29年12月23日に見つかった秋田県由利本荘市の船係留場に漂着した木造船が、2日後の25日朝に沈没したが、明らかに海保や秋田県警が船内を捜索する前に、証拠隠滅を図ったと考えるのが妥当だ。また、発見を免がれた乗組員以外の工作員が、上陸し潜伏している可能性もある。

 また、日本海沿岸は北朝鮮による拉致事件が多発した場所でもある。拉致被害者の1人である横田めぐみさん(当時13歳)が、新潟市内で学校からの下校途中に拉致されたことを考えれば、一連の木造船が漁業だけを目的とした船とは到底思えない。間違いなく何らかの任務を与えられていると考えなければならない。


 平成29(2017)年11月30日の参議院予算委員会で、自民党の青山繁晴議員が


「北朝鮮の木造船が次々に漂着している。異様だ。北朝鮮は兵器化された天然痘ウイルスを持っている。もし、上陸者ないし侵入者が、天然痘ウイルスを持ち込んだ場合、ワクチンを投与しないと無限というほど広がっていく」

と問題提起したうえで、バイオテロにつながりかねないとの認識を示した。



 青山議員が提起した天然痘ウイルスの感染や生物兵器を使用しバイオテロが現実となれば、日本国内は間違いなくパニックに陥るだろう。

韓国国防白書によれば、北朝鮮は複数の化学工場で生産した神経性、水泡性、血液性、嘔吐性、催涙性等、有毒作用剤を複数の施設に分散貯蔵し、炭疽菌、天然痘、コレラ等の生物兵器を自力で培養及び生産できる能力を保有していると分析している。


 アメリカ科学者連盟(FAS)は、北朝鮮は一定量の毒素やウイルス、細菌兵器の菌を生産できる能力を持ち、化学兵器(サリンや金正男氏の暗殺に使われたVXガスなど)についても開発プログラムは成熟しており、かなり大量の備蓄があるとみている。アメリカ国防総省も、北朝鮮は生物兵器の使用を選択肢として考えている可能性があると指摘している。

 そのため、韓国に駐留する在韓アメリカ軍兵士は、2004年から天然痘のワクチン接種を受けている。アメリカはテロ対策のため天然痘ワクチンの備蓄を強化し、2001年に1200万人分だった備蓄量を2010年までに全国民をカバーする3億人分まで増やしている。日本でも天然痘テロに備えて、厚生労働者がワクチンの備蓄を開始しているが、備蓄量は公表されていない。

 ここで青山議員が提起した天然痘ウイルスについて、もう少し詳しく説明したい。日本では、昭和31(1956)年以降に国内での発生は見られておらず、昭和51年にワクチン接種は廃止された。感染経路は、くしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことによる感染(飛まつ感染)や、患者の発疹やかさぶたなどの排出物に接触することによる感染(接触感染)がある。


 患者の皮膚病変との接触やウイルスに汚染された患者の衣類や寝具なども感染源となる。潜伏期間は平均で12日間程度。急激な発熱(39度前後)、頭痛、四肢痛、腰痛などで始まり、一時解熱したのち、発疹が全身に現れる。発疹は紅斑→丘疹→水疱(水ぶくれ)→膿疱(水ぶくれに膿がたまる)→結痂(かさぶた)→落屑と移行していく。ワクチン未接種の場合、20~50%の感染者が死亡する。


 ただし感染後、4日以内にワクチンを接種すれば発症を予防したり、症状を軽減できるとされている。だが、日本では半世紀発生していないため、医師も実際の症状を見たことがない。そのため医師によるスムーズな対応ができず、感染の拡大を招く恐れもある。


北朝鮮による天然痘ウイルスをはじめとする生物兵器を使用するバイオテロは、私たちの身近なところで起きる可能性もある。不法に上陸をする工作員によって、日本国内に生物兵器が持ち込まれる可能性は拭いきれない。



 「スリーパー・セル」。この言葉をめぐり論争が勃発した。平成30(2018)年2月11日放送のテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、東京大学の三浦瑠麗講師が「スリーパー・セル」に言及すると、途端に激しいバッシングを浴びた。



 英語で「潜伏工作員」の意味で用いられる表現だ。平時は一般市民に同化して目立たないように生活しており、有事には組織から指令を受けて諜報活動、破壊工作、テロ行為などに及び、内部から攪乱する。スリーパー・セルの個々の分子は単に「スリーパー」と呼ばれることもある。
 日本において北朝鮮のスリーパーが都心部などに潜伏している可能性は決して否定できない。北朝鮮からの呼びかけに応じて、各都市で破壊活動やテロ活動をする準備をしながら、一般市民に紛れているとみられている。

現在、日本に潜伏しているスリーパー・セルだが、その活動内容は、北朝鮮のサポートをすることが目的とみられている。ただ、公安当局も詳しくはつかんでいないようだ。

 スリーパー・セルは、北朝鮮のラジオなどから流される暗号を受信して行動に移ることになっている。現在は目立った活動はしていないが、北朝鮮がいつ、どんな指令を下すのか。それは分からない。スリーパー・セルは銃器も持っているし、もちろん扱える、爆発物や生物・化学兵器なども扱える可能性がある。それに加えて情報操作などを行い、嘘の情報を流すことでパニックを起こさせることだってやりかねない。


 韓国の高永喆元国防相専門委員・北韓分析官によると、日本人を拉致し、そのパスポートで韓国に入国し、工作活動をした辛光洙が代表的なスリーパー・セルだったと。現在も、日本国内には第2の辛光洙のようなスリーパー・セルに包摂された協力者が、約200人は潜伏している可能性があるとしている。

 2017年2月、金正男氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港で毒殺されたが、当時、協力者として逮捕された李正哲という北朝鮮人は、現地製薬会社の社員に成りすまして暗躍したスリーパー・セルであることが明らかになっている。


スリーパー・セルは、あなたの近くに普通の会社員や学生として潜んでいるかもしれない。また、不審な行動をする人がいたら、すぐに警察に通報することも忘れずに。


㊟ゴキの牝ブスゴキブリ通訳にハニートラップ仕掛けられたのが、私が「ポマード固めチックのシークレットシューズ男」と命名した橋本龍太郎元総理です。


 橋本は弱みに付け込まれ、この牝ゴキブリの帰化を、なんと半年で認めさせたんですよ。犯罪者≪スパイ≫を日本人にしてしまったんです。


 こんな事は絶対に許されることではありません!!さらに、もう一つ、思い出して下さい。ゴキ国は歴史から消し去りましたが、日本を含む欧米諸国がゴキ国へのODAを打ち切ることになった血塗られた「天安門事件」です。

1989年6月4日≪日曜日≫、「共産党一党独裁の社会主義は嫌だ!。国民に自由を!」と、自然発生的に立ち上がった数千人もの学生が天安門広場に集まりシュプレヒコールを挙げると、当時の胡耀邦元国家主席を追い落とした鄧小平(中軍委員主任)が勝手に戒厳令を敷き、軍を総動員。無防備の数千を超える学生らを機関銃でなぎ倒し、戦車で踏み潰し鎮圧したのです。


 この事件は瞬く間に全世界に広がり、大きな衝撃を与えました。激怒した日本を含む欧米諸国は、それまで「後進国の中国を途上国に」とODA開発援助をしていましたのを即座にストップしました。


 これには中国も参った。タダ同然の世界各国の援助がストップされたからです。これを打開するために、中国政府は、橋本龍太郎総理をハニートラップで仕留めたスパイ女に、「橋本を脅せ!」と指令。


この牝ゴキブリが橋本とベッドを共にしながら、「日本のODAを再開して」と。。。


女に人一倍甘い橋本、(父。元厚労相の圧力で麻布高校補欠入学、慶応大学裏口入学)は、関係国に説明もせず、いきなりODAを再開してしまったのです。これには欧米諸国は激怒、日本を強く非難しましたが、結局なし崩しになってしまいました。。


 女性に甘い政治家は多いんです。ですから女を見極めることが出来ず、牝ゴキブリにまでハニートラップを仕掛けられるのです。


進次郎の父・小泉元総理が初訪中した時、「ヨンさまと会いたい」と言い出し、ヨン様に断られたのです。が、中国政府はその夜、女遊びをしない小泉元総理の宿泊ホテルの部屋に美少年、美青年を。


この怖い詳細は『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)でお楽しみください。ま、私もよくぞここまで書いたものです。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

やはりか!!徴用工賠償判決は南の文蛆虫と北の蛆ドンの出来レース!!



やはりか!!徴用工賠償判決は南の文蛆虫と北の蛆ドンの出来レース!!

訪韓の北朝鮮高官、植民地時代の強制労働巡り日本に賠償要求
ロイター


[高陽(韓国) 16日 ロイター] - 北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長は16日、日本に対し、植民地時代の強制労働を巡り「十分な賠償」の支払いを求めた。
李氏が率いる北朝鮮の代表団が韓国を訪問。同氏は高陽での会合で、「人権を侵害した犯罪」があったとし、日本に「強制拉致を公表し」、戦後のドイツの例に倣って十分な補償を行うよう要求した。
韓国最高裁は先月、新日鉄住金<5401.T>が、植民地時代に強制労働させられた元徴用工の韓国人に賠償すべきだとの判断を示した。
李氏は、韓国最高裁で判断が示されたが日本は補償を行わない方針を示しているとし、日本による謝罪と十分な賠償を強く要求すると述べた。

㊟南ウジと北ウジの出来レースだったことがバレバレ。南の蛆、文大統領が。


「日本から20兆円引き出して山分けしませんか?」


 と北の蛆ドンに持ち掛けたのだろうと想像はつく。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

売国、鳩山元首相、やはり母の国、蛆キムチを擁護!!


売国、鳩山元首相、やはり母の国、蛆キムチを擁護!!

鳩山元首相、徴用工に言及…韓国で戦争被害シンポ
産経新聞11/17(土) 1:12配信

 韓国京畿道(キョンギド)で16日、徴用工問題など日本による「戦争被害」をテーマにした国際シンポジウムが開かれた。北朝鮮から参加した朝鮮アジア太平洋平和委員会の李種革(リジョンヒョク)副委員長は「日本は謝罪や補償はおろか認めさえしていない」と批判。「北と南が手を握って日本の罪悪を暴き、不幸な歴史が繰り返されないよう努力すべきだ」と強調した。

 鳩山由紀夫元首相も講演し、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた徴用工判決について「日本企業や政府は厳しく受け止めなければならない」と指摘した。(ソウル 桜井紀雄)


㊟私が鳩山由紀夫、邦夫兄弟を「マザコンランドセル議員」と夕刊紙、週刊誌、月刊誌等で書き、ブログで配信したことですっかり定着したのだが、、、これを受けて、邦夫議員がと都知事選に立候補した時(石原慎太郎が当選)、テレ東の女性記者に、


「(都知事選にでることに)お母様のゴウが出たんですか_」


 とマイクを向けた。


 受けた邦夫氏、少し不貞腐れ顔で、


「どうせマザコン一家と言われているからいいんだよ」


 追い打ちをかけた女性記者、


「それでお母様は?」


「そんな事、自分で決めろって…」


 これには腹を抱えて笑った。しかもその後が凄い、この女性記者、なんと、


「自称マザコンの鳩山さんもお母様のゴウが出たようです」


 とやったのだ。こりゃ、言い過ぎだぞ、と思っていたら、この女性記者、以降、番組から外されてしまった。


 それは措くが、


 何度か配信したが、やはり父、威一郎(大蔵事務次官~自民党参議院議員)氏が、結婚していながら韓国人慰安婦(妓生)に産ませたのが長男・由紀夫、、、と噂があった。(確かに邦夫議員とは顔がまったく似ていない。)


 16日のこの記事で、やはり母の血が色濃く出ているのか、と情けなくなる。


 その由紀夫氏が日本国総理大臣になった時のことだ。首相になってもママから小遣いを貰っていることが発覚し、国会もマスコミも賑わせた。


それ知った映画監督、マイケル・ムーアが辛辣な皮肉を放っている。どうぞお読みください。



マイケル・ムーアを直撃!鳩山首相の母からの政治献金に「ママからのお小遣いすごいなぁ、僕も欲しいなあ」
シネマトウディ 2009年12月4日 8時00分

「いや~、どもども。」-発言は過激だけど、笑顔はスウイートなマイケル・ムーア監督
 映画『華氏911』、『シッコ』などのドキュメンタリー映画で、常にアメリカに問題提起し続けてきたマイケル・ムーア監督が来日し、直撃インタビューを敢行! 話を聞くことができ、得意の毒舌がさく裂した。

 今回、新作映画『キャピタリズム マネーは踊る』のPRのために初来日を果たしたマイケル監督は、日本の政治にも興味津々。現在、日本の政界を揺るがしている鳩山由紀夫首相の政治献金について、どんな印象を持ったか聞いてみると「まるでコメディーだよね」と苦笑い。政治家たちを辛らつに批判してきたマイケル流に、鳩山首相を斬った。 


「彼の場合は、やっぱりママがテーマだからね(笑)。どんなに鋭く斬り込もうとしても、ママからもらうお金は自由なんじゃない? 責めたくても責められないよ! だってママなんだから! ママから、それだけのお小遣いをもらえるなんてなかなかないけど、すごいじゃん! 僕も欲しいなあ……」

と渦中の首相一家のすご過ぎる家族愛をチクチクと絶賛(?)していた。

 くしくもこの日、アメリカのオバマ大統領はアフガニスタンへの兵力の増強(2011年より撤退を目指す)を発表。これまで彼を支持し、大統領当選まで応援してきたマイケルにとって、悲し過ぎるニュースだった。

大きな裏切りに怒りのコメントを発表したマイケルの元には、午前中だけで約1,000通を超えるメールが殺到し、取材中も携帯電話からメールをチェックし、自らのメッセージを24時間発信し続けるマイケルは、まさに眠れない映画監督だ。

 映画『キャピタリズム マネーは踊る』は、資本主義国家であるアメリカの現状を訴えた作品。監督デビュー当時からの、アポなし取材スタイルは変えずに貫き通し、今回も多くの投資家への鋭いインタビューで、アメリカが持つ根深い問題に鋭く斬り込んでいく。映画では、「この映画を最後の作品としたい」と語っていたマイケル監督だが、オバマ大統領のアフガン問題が浮上した今、彼が撮らなければならないテーマはまだまだ残されているように思えた。

㊟明治の賢母、薫子(鳩山一郎の妻)の躾を受けた由紀夫氏のご母堂。自分の腹を痛めた子ではない由紀夫を育て上げたのは立派だが。。。いつまで蛆キムチ、ゴキブリ国を応援し、育った日本を悪く悪く言い続けるのか。もう、大人を通り越して老境に近いのに。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12728)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR