FC2ブログ

2018-11

醜キンピラ国がサッカーなんて、同じゴキブリも嗤うぞ!!


醜キンピラ国がサッカーなんて、同じゴキブリも嗤うぞ!!

ACミラン買収の中国人実業家が破産、中国のW杯制覇の夢は…
NEWSポストセブン / 2018年10月31日 7時0分

W杯制覇は遠のいたか

 イタリアの名門サッカーチーム「ACミラン」を買収し、一時オーナーの座に就いていた中国人実業家が事業で失敗し、約7200万元(約12億2400万円)もの借金を抱えて、ACミランを手放していたことが分かった。

 ACミラン買収については、サッカー好きといわれる習近平・中国国家主席も支持していたといわれるが、無理な資金調達によって破産に追い込まれた形だ。この実業家の所在は現在、分かっていない。フランス通信(AFP)が報じた。

 この中国人実業家は李勇鴻(リ・ヨンホン)氏(49)で、李氏はロッソネーリ・スポーツ・インヴェストメントを創設。昨年4月、元イタリア首相でACミランのオーナーだったシルヴィオ・ベルルスコーニ氏からACミランの株式を買収し、オーナーの座に収まった。

 李氏はこの買収資金を米ヘッジファンドのエリオット・マネージメントから調達。その額は3億ユーロ(約384億円)以上で、その利子は最大24%だと伝えられていた。ところが、李氏は返済期限の昨年10月までに借金を返すことができなかったため、ACミランの所有権はエリオット・マネージメントに移譲されてしまった。

 さらに、中国内でも、李氏は裁判で、湖北省の投資会社から借り入れた6000万元と滞納違約金1200万元の計7200万元の返済を求められているという。

 しかし、李氏の消息は現在でも途絶えたままだ。香港メディアの報道によると、李氏は脱税や汚職などの容疑で、当局に身柄を拘束され、取り調べを受けているという。

 李氏によるACミラン買収については当初、習氏が自らの最大の願望について「サッカーワールドカップを中国で開催し、しかも優勝すること」と公言していることから、「習近平主席を中心とする中国政府の強い後押しがある」との報道もあった。

 習氏としては、名門サッカーチームの買収によって、サッカー中国代表チームを強化しようと考えており、李氏を支援していた。だが、肝心の李氏がACミランの買収のために用意した資金を事業につぎ込んで失敗したことから、習氏の夢も破れる結果となり、習氏が激怒し、李氏の身柄拘束につながったとの憶測も生んでいるという。

 習氏は自身の政治信念として「中国の夢の実現」を掲げているが、中国チームがワールドカップを制するという習氏の「中国の夢」は、夢のままか。


㊟美男・美女のイタリアがゴキブリにチームを売るなんて。。。イタリア国民よ、ゴキブリが近づいただけで結核に感染し、握手や抱擁しただけでエイズ、梅毒に感染しますよ。ゴキブリだけに逃げ足が早い。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この解説委員、NHKではお荷物でした!少し足らないんで。。。

この解説委員、NHKではお荷物でした!少し足らないんで。。。

「貴ノ岩訴訟撤回」への元NHK解説委員「貴乃花の呪縛解けた」発言に批判の嵐!
アサ芸プラス / 2018年10月31日 17時58分

 元横綱日馬富士による傷害事件で、被害者の貴ノ岩は10月30日、約2400万円の損害賠償を求めた訴訟を取り下げた。その理由として貴ノ岩は「モンゴルでは私に対する想像を超える強烈なバッシングが始まり、私の家族もモンゴルで非常につらい目に遭った」とし、家族から「裁判をやめてくれ」と要請されたと文書で説明した。

 この報に対しネット上では「被害者がつらい思いをするなんて許せない」「被害者が泣き寝入りなんて許せん!」「被害者なのに気の毒で仕方ありません」「こんな形で取り下げないといけないなんてひどい」など、貴ノ岩関に同情するコメントが多数を占めた。

 翌31日放送の「ひるおび!」(TBS系)では、現地モンゴルのSNS上に「そもそも貴ノ岩関の無礼な言動が発端だろう」「貴ノ岩が辞めろ! モンゴルの男として情けない」との意見があると紹介した。

「このコーナーに登場した、元NHK解説委員でジャーナリストの鎌田靖氏は、日馬富士の弁護士関係者を取材した際『貴乃花の“呪縛”が解けた』から提訴を取り下げた、と解説しました。貴ノ岩が裁判を起こしたのは、元貴乃花親方主導によるものだったとでも言わんばかりの発言に、ネット上では『鎌田解説は相撲協会の代弁者か! 真実を曲げないで』『頭から出血するほどの暴力をふるった日馬富士、見ていて止めなかった白鵬、こいつらのほうが圧倒的に悪いに決まってる』『どこまでも貴乃花を貶めるつもりなんだろうな』と反論の声があがっています」(芸能ライター)
 解説者という立場であるならば、鎌田氏には「公正な視点」が求められるのではないだろうか。


㊟オイ、鎌田、貴様、何処見て言ってるんだ?NHKでも仕事が出来ないで有名だったが、民放に来てもヤッパだちゃんですな。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

暴力団密接交際者で自称、「芸能界のドン」こと“鈍感のどん”周防の因果が、、、、


暴力団密接交際者で自称、「芸能界のドン」こと“鈍感のどん”周防の因果が、、、、

“芸能界のドン”長男が継承を否定「バーニングは一代限り」
「週刊文春」編集部

 10月27日、水着グラビアを中心に活躍してきたマルチタレント杉原杏璃(36)が、イベントで結婚を報告した。「音楽出版社社長」とのみ報じられたそのお相手の名は、周防彰悟氏(43)。

 氏の父親は“ドン”と異称される芸能界随一の実力者、バーニングプロダクション社長の周防郁雄氏(77)。彰悟氏は関連会社バーニングパブリッシャーズの社長を務める。かねてより業界内では、彰悟氏はゆくゆくは父親の後を継ぎ、バーニンググループのトップに納まると目されてきた。

 となると杉原は“次期ドン夫人”として玉の輿に乗ったのか。週刊文春が彰悟氏に結婚と今後について尋ねたところ、自らの後継説を明確に否定した。

 「僕はそんな器じゃない。バーニングプロダクションは周防郁雄一代限りのもの。僕が後を継ぐなんて話はないし、父も最後までやり遂げると言っている」(彰悟氏)
 彰悟氏の発言や杉原とのなれ初めなど、詳細は11月1日発売の「週刊文春」で報じている。



㊟オイ、周防くん、私が創設し最高顧問だった『関東連合』だ、私が手を引いた後、君が彼らをカネまみれにし、殺人集団にまで追い込んだんじゃないか。その責任を取って地獄へ“逝く”んだな。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ハシケンこと前市(歯)議、今度は今井絵理子に捨てられるよ。予言して置く。

ハシケンこと前市(歯)議、今度は今井絵理子に捨てられるよ。予言して置く。

新潮さんには恨みしかない――「今井絵理子」と不倫の「ハシケン」判決直前も反省の色ナシ
デイリー新潮


 10月29日、詐欺罪で起訴 されていた橋本健・元神戸市議(38)に懲役1年6月、執行猶予4年の判決が下された。週刊新潮はその4日前に本人を直撃。反省の色ナシの心境を語ってくれた。
 ***
 橋本氏と今井絵理子・参議院議員(35)の関係を本誌が報じたのは昨年7月 のことだった。

 新幹線での手つなぎ、ホテルへの宿泊などなどが確認された今井議員の略奪愛が、現在まで続いていることは今年10月の本誌報道で明らかになったとおり。今井議員が堂々の交際宣言を行ったのだ。

 だが、得るものがあれば失うものも。本誌による第一報が出る直前、橋本氏は妻に離婚届を突き付け、「不倫ではない」「婚姻関係は破綻していた」と体裁を取り繕おうとした 。この時の試みは失敗に終わったものの、昨年末に離婚は成立。橋本氏は独身となり、彼の元妻は2人の子を抱えたシングルマザーとなった。

 そして失ったものといえば、神戸市議のバッジもある。政務活動費の不正受給がバレて議員を辞職、今年2月に起訴された裁判が懲役1年6月、執行猶予4年という結果に終わったことは冒頭で触れたとおり。現在はかねてより経営していた自身の歯科医院で働いている。

 10月25日、その医院から出てきた橋本氏を直撃すると、「判決が出るまで取材はお断り」としつつ、以下のように語った。
「特にテレビ局、ちゃんと事実を報じてほしい。キャバクラとかね、ガールズバーとか(に政務活動費を使ったのは)、僕は否定してるからね」

 とメディアに一言モノ申したいご様子。そして、

「新潮さんには恨みしかない。だって事実を書かへんもんな」
 少しは反省の弁を伺えるかと思いきや……。
週刊新潮WEB取材班


㊟週刊誌が事実を書かない?なら、君は一線を超えていたことを隠していたじゃないか。ま、ハシケンの不倫相手、今井絵理子は沖縄出身。沖縄の女性には失礼ではあるが、南国だけに性に関しては本土の人達と感覚が違い過ぎるところがあるようだ、


 その昔、私が実権を握ってたが編集長になる前の「オリコン」記者当時に、「川は流れる」という歌謡曲を大ヒットさせた仲宗根美樹という歌手がいた。沖縄出身だ。そのプロダクションの別所社長と新宿の沖縄料理店で飲んだ時(当時は津山洋子の『新宿育ち』をヒットしていた)だった。


仲宗根美樹が裏切って事務所を離れた内実を


「美樹も男に走ってね。。。デビュー前から男がね…男に狂うと仕事も忘れてしまうんだ…」


と寂しそうにつぶやき、


「正次郎さん、沖縄の女は『浮気をするなら旦那の兄弟とヤレ。似た子が産まれるからバレない』、平然と

 と言うんだから呆れるね。しかも、それが普通だと言うんですから」


 と教えてくれた。そう言えばスピードのメンバーの上原多香子の男性遍歴は今井以上と報道され、結婚していながら、他の男と不倫していた。それに気付いた夫は衝撃から自殺している。それでも平然としているからたくましい。


別所社長はそんな話をしながら“豚の耳”を薦めらたが、片山さつきのような豚顔が浮かび、口に運べず、酔いが醒めてしまったのを記憶している。あ、仲宗根美樹は大空まゆみと従姉のはず。大空まゆみは西武流通グループの堤清二のお妾さんでしたね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

中国の「IT化」をナメるな。これから日本企業が最も警戒すべき点


中国の「IT化」をナメるな。これから日本企業が最も警戒すべき点
MAG2ニュース


2011年に主要国の研究開発費で米国を抜き、世界トップレベルになった中国。政府が一丸となって幾多のITベンチャー企業を生み、ついにその内の2社は、世界有数のIT企業にまで成長しました。今回の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』で嶌さんは、中国がIT大国に成長した要因として「巨大マーケットとスピード感」があると分析。隣国の日本が「中国から学びとれる点」は何かについて詳しく解説しています。

日本を抜いた中国のIT化

バイドゥ、アリババ、テンセント──といった名前を聞いてすぐに「それは中国のIT企業」と答えられる人は、かなりの中国IT通だ。しかも世界のトップIT企業のうち2社は中国企業なのである。いまや中国のIT企業は世界の最先端で活躍しているのだ。

企業価値が10億ドル(約1120億円)以上の未上場企業のことを最近「ユニコーン企業」と呼び将来性が期待されている。2018年8月16日現在で世界に260社あるが、1位はアメリカの121社、2位がなんと中国の76社でこの両国が断トツに多いのである。3位がイギリスの15社、4位がインドの11社などとなっているが、日本はわずか1社のみだ。

中国の先端IT企業は、決済サービス、旅行サイト、シェアサイクルなど様々なサービスを提供している。例えば今急速に普及している決済サービスでは、現金を持ち歩かなくてもスマートフォンをかざすだけで決済ができてしまう。タクシーに乗ってもいちいち小銭を出して支払わずともスマホで決済が完了する。中国の電子決済の比率はすでに約6割を占めているという。日本でもスマホ決済が始まっているがまだ2割程度で、経産省は2025年までに40%到達を目標にしたいとしている。

かつて日本はモノづくりでは最先端の技術を作り出し世界を席巻していた。現在は中国が既存技術を組み合わせて新製品、サービスを提供することに優れているという。そこでは政府が規制するのではなく、たとえ失敗があっても民間に自由にやらせてみるというベンチャー精神が社会全体に根付いている。いわば社会実験をしながらIT社会の進化を遂げているとみる事ができる。

日本が恐れる「技術の模倣」


むろんその過程では、技術の盗用、模倣問題も少なくない。日本企業が中国などに進出して警戒するのは、技術の模倣だ。ただ、巨大なマーケットで似た技術があちこちで応用されれば社会の発展のスピードも早くなる。

何せGDPは日本の2.5倍、アメリカの6割という巨大な国内マーケットを持ち、毎年50万人近い留学生が帰国して起業を争っているお国柄なのだ。最近は逆に中国市場で広がる技術が世界のグローバルスタンダードになるという現象すら起きている。

しかも中国政府はこうしたオープンな技術開発競争を奨励しているので進化のスピードと広がりは、とてつもないわけだ。

主要国の研究者数と研究資金で比較しても中国は2002年に日本を抜き、2011年にアメリカを抜いた。研究資金でも日本の2倍以上でアメリカに近づきつつある。IT大国としての中国を見誤ってはいけない。(財界 2018年9月25日号 第479回)


㊟16億人以上(ゴキ政府は14億と)もの人口を抱えている上に、共産党一党独裁だけに自由主義国では想像もできない腐敗も多いのも事実だか、トップダウン式だけに動きが速い。

日本は会議、会議が好きで結論を出すまで、石橋を叩いてだからどうしても遅れを取る。ここを何とかしないとゴキブリ国に蔑まれてしまうのでは。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (147)
ニュースの深層 (7889)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR