FC2ブログ

2018-10

さつき婆あ大臣辞任どころか議員辞職も!!


さつき婆、大臣辞任どころか議員辞職も!!貴様の何処が正義の味方だよ!!

片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑
文春オンライン

10月に発足した安倍改造内閣で、唯一の女性閣僚となった片山さつき地方創生担当大臣(59)に古巣の財務省に対する口利き疑惑が浮上した。

「2015年当時、私の会社に税務調査が入り、青色申告の承認が取り消されそうになっていました。何とかならないかと片山先生に相談したのは紛れもない事実です。そして片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二という男を紹介されました」


「週刊文春」取材班の再三の取材申し込みに、製造業を営むX氏が初めて重い口を開いた。


「南村氏に『とにかく青色申告取り消しだけは困るんです』と話すと、『大丈夫ですから、安心してください』などと言われ、税務調査の対応をお任せすることにしたのです。そして15年7月、指定された口座に100万円を振り込みました。これで片山先生が働きかけてくれると信じていました」


ベトナムでの会談。左端が南村氏(南村氏のSNSより)


「週刊文春」取材班は、X氏宛ての「書類送付状」を独自に入手。この書類では“口利き”の対価として、100万円の支払いを求めている。日付は、〈15/07/01〉。差出人欄には〈議員名 参議院議員 片山さつき〉〈秘書名 秘書・税理士 南村博二〉とあり、議員会館の住所が記載されている。


 そして、書類の末尾には、こうあるのだ。


〈着手金100万円を、至急下記にお願い申し上げます。ご確認後、国税に手配させて頂きます〉

 片山事務所は次のように回答した。


「事務所にご質問の会社が税務調査を受けているようだとの連絡があり、当時の秘書が片山に相談し、知り合いの税理士である南村を紹介しました。南村税理士に聞いたところ、税理士報酬をもらった旨を知りました。事務所の認識では、南村氏は15年5月に私設秘書を退職しています」

 元特別国税調査官は疑問を呈する。

「今回のケースをみると、税務署に承認取り消しといわれた段階で、簡単に『任せてください』と100万円を受け取るのは詐欺的です。税理士の仕事とは到底いえません」

 X氏が語る。

「私は税理士の南村氏に仕事を依頼したのではなく、片山事務所から彼を紹介されただけで、片山先生にお願いしたと認識しております。わざわざ100万円を払って南村氏に頼む理由がありません」

 元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏が指摘する。

「疑惑の構図は、甘利明経済再生担当相(当時)のURをめぐる口利き疑惑に近く、あっせん利得処罰法違反の疑いがあります」
 10月18日(木)発売の「週刊文春」では、X氏の証言、上記の証拠文書を公開し、片山大臣の口利き疑惑について6ページにわたり報じている。


片山さつき氏100万円“口利き疑惑”浮上 大臣辞任は不可避か
日刊ゲンダイDIGITAL

 やっぱり、口は災いのもとだ――。女性候補のタマ不足の中、“紅一点”で、悲願の入閣を果たした片山さつき地方創生担当相。目立ちたがり屋な上、暴言・失言癖があり、何かやらかすのではないかとささやかれていたが、口は口でも、税務当局への“口利き疑惑”が浮上した。18日発売の「週刊文春」が報じている。


「週刊文春」によると、2015年6月、製造業を営むX氏の会社が税務署に青色申告を取り消されそうになり、旧大蔵省出身の片山さつき参院議員に“口利き”を依頼。片山事務所の南村博二秘書(当時)が面談に応じ、翌月、X氏は片山氏、南村両人が差出人の着手金依頼文書を受けたという。


<着手金100万円を、至急下記にお願い申し上げます。ご確認後、国税に手配させて頂きます>


 文面にはこう書いてあり、X氏は南村氏が代表を務める税理士法人に100万円の着手金を振り込んだ。


 同9月、X氏と面談した片山氏は「じゃあやっておきますよ。任せてもらえば大した問題じゃないから」「うまくいったら、100万円なんて決して高いものじゃないわよね」と発言したといい、X氏が11月に税務署職員と面談した際には、同席した南村氏に職員が「片山先生に渡してほしい」と言って書類を手渡したという。


 結局、X氏の青色申告は取り消されてしまうのだが、いやはや、これが事実であれば大臣室で業者からカネを受け取って経済再生担当相を辞任した甘利氏のケースと変わらない。本紙は、文春が報じている着手金や口利きに関して、片山事務所に問い合わせたが、期限までに回答はなかった。

 甘利氏と同様、片山氏の一連の行為は「あっせん利得処罰法」に触れないのか。


「片山氏議員が旧大蔵省OBとはいえ、税務署の行政処分に影響力を行使できるような権限があったとは思えない。政治的な責任はともかく、あっせん利得処罰法の成立は難しいと思います」(元特捜部検事の郷原信郎弁護士)


 刑事事件としての立件は難しくても、税務当局への“影響力”に期待した依頼者に「片山さつき」の名前でカネを要求した責任は重いだろう。24日召集の臨時国会で、野党がこの問題を追及するのは確実。おそらく「秘書がやった」「知らない」で逃げ回るのだろうが、大臣辞任は避けられないのではないか。


㊟さつき婆あ、文春に記事を受け、18日、会見し、

「事実無根。名誉を大きく傷つけられた。可及的かつ速やかに提訴する準備をしています」


 と。私設秘書兼税理士は、


「税理士の仕事として100万円を受け取った」


 と当然のようなコメント。

 これは明らかにおかしい。二人で口裏を合わせたのは間違いない。なぜなら、一税理士が税務署に働きかけただけで青色申告を申立人の都合のいいように便利を図るなどあり得ないからだ。片山さつき秘書の名刺を出して交渉したからこそだろう。

 しかも提訴すれば地裁、高裁、最高裁と時間は稼げる。卑怯なやり方である。これがこの女の生き様なんだろうな。

 この問題は今月24日から始まる臨時国会で野党は徹底追及するのは間違いない。その攻撃を躱すために片山は提訴したのだ。追及されても、

「現在、訴訟中ですので、お答えは控えさせていただきます」

で逃げられる。成程、こういうとこだけは東大法学部卆だ。

 それより「週刊新潮」の記事が面白いので紹介する。嗤ってください。


新大臣「片山さつき」パワハラ伝説 秘書にハサミ投げつけ、段ボールにハイヒールの穴…

「第4次安倍改造内閣」は、存在感の薄い閣僚ばかり。そのなかで、やはり目立っていたのは片山さつき地方創生大臣(59)である。もともと、上から目線の傲慢な態度で煙たがられる存在だったが、数々のパワハラ伝説も残していた。

怒号とハサミが飛び、段ボールをハイヒールで蹴り上げ、穴を空ける。その夜叉の如き形相に大の男も泣き出してしまうという。

「小泉チルドレン」からスタートし、衆院1期参院2期を務め、ようやく片山大臣はその座を手にした。

 政治部デスクによれば、

「片山さんの入閣が決まったあと、菅義偉官房長官は“これまでは猟官運動が激しかったけど、今回はそれほどでもなかったから逆に選ばれた”と明かしていました。片山さんは大臣ポストが欲しくて堪らず、安倍首相に直談判したことまであった。そのため、安倍首相は一時期、彼女と距離を置くようになっていたのです。ですから、片山さんは大臣指名の一報を聞いたとき、かなり驚いていました」

 片山大臣が所属する「二階派」の二階俊博幹事長は、安倍首相に大臣ポスト三つを要望していたという。

「二階派の“入閣待機組”には、当選8回の平沢勝栄、今回五輪相になった当選7回の桜田義孝、農水相に就いた当選6回の吉川貴盛と3人の代議士が並んでいました。つまり、積極的に片山さんを推しているわけではなかった。一方、女性活躍推進を掲げる安倍首相としては、一人くらいは女性を登用しなければならなかった。ですが、閣僚に相応しい人材がすでに枯渇し、仕方なく、片山さんが起用されたというわけです」(同)

 もともと、片山大臣といえば、自他ともに認める「エリート中のエリート」。

 東大法学部を卒業し、旧大蔵省に入省。女性初となる主計局主査に抜擢され、その後、主計局主計官などを歴任した。2005年、「小泉チルドレン」の一人として、自民党から衆院選に出馬し、政界へ。まさに、絵に描いたようなエリート街道を歩んできたのだ。その過程で、数々のパワハラ伝説を打ち立ててもいる。


被写体はいいのに…

 片山大臣の事務所関係者が明かす。

「彼女は、何ごとも自分の思い通りにしたいという気持ちが強い人です。少しでも、秘書が意に沿わないことをすると癇癪を起こす。そして、怒号を浴びせかけ、手当たり次第に物を投げつけてくるのです。ペットボトルやノートばかりか、ハサミが飛んできたことまである。さすがに、ある秘書が“刃物は危険なので、やめてください”と言うと、“口答えするな”と怒鳴り返されていました」

 しかし、事務所では鬼の形相を見せても、外面にはこだわっているという。

 元秘書に聞くと、

「わざわざ一眼レフを買い込み、秘書にSNSなどに載せる写真を撮らせています。でも、そのカメラの扱いが難しく、秘書が上手に撮影できないと、“被写体はいいのにカメラマンの腕が悪い”とキレる。さらに、写真をアップするときに犬猿の仲の佐藤ゆかり代議士が一緒に写っていたりすると、そこはカット。片山さんが一番目立つように加工しなければなりません」

 一方、片山大臣は「遅刻魔」としても知られている。
 例えば、3年前に参院外交防衛委員会で、委員長という立場にありながら、立て続けに2回も遅刻。涙目になって、謝罪するということがあった。

「時間には、本当にルーズ。乗車予定の新幹線に乗り遅れることも度々でした。でも、自分のせいなのに段取りが悪いからだと秘書に八つ当たり。そういう時など、むしゃくしゃすると片山さんは怒りに任せて、事務所に置いてある段ボール箱を思いっきり蹴り上げたりする。なので、ハイヒールで空いた穴だらけです。安倍首相は組閣後の会見で片山さんを“2人分も3人分もある持ち前の存在感で”などと評していましたが、大臣になって2倍も3倍もパワハラの被害者が出るのではないかと戦々恐々ですよ」(同)

 すでに、片山大臣のもとからは、50人近い秘書が去っているという。「このハゲーーー!」の罵声で渦中の人となった、あの豊田真由子元代議士を彷彿とさせるではないか。

 実は、かつて本誌(「週刊新潮」)も、片山大臣の逆鱗に触れたことがあった。

 5年前、佐藤ゆかり衆院議員との「犬猿の仲」を赤裸々に語ってもらい、それを記事にした際のことだ。当初、片山大臣は「佐藤さんは論評に値しない人です」などと饒舌だった。ところが、記事の内容確認をしたところ、突然、「オフレコのつもりだった」「こんなのが出たら永田町で生きていけなくなる」と騒ぎ始めたのである。

 担当記者は、片山大臣の事務所に駆けつけた。すると、片山大臣はそこに同席した取材仲介者の都政関係者を睨みつけ、「あんたのせいで、こんなことになったのよ。どうしてくれるのよ!」と罵倒し始めたのだ。都政関係者は、あまりの剣幕に涙を浮かべ、「すみませんでした……」とうな垂れるほかなかった。

 大の男を泣かせるほど責め立てたのである。

 そもそも、片山大臣のパワハラ伝説は財務省のころから始まっていた。

 財務省担当記者によると、

「省内に出回る“財務省新恐竜番付”なる怪文書があります。若手官僚が上司を格付けした、いわばパワハラ番付です。最近のものでは、例えば森友文書改竄問題で国税庁を去った佐川宣寿前長官が西前頭6枚目にランクインしていた。その番付で、片山大臣は主計官時代から前頭筆頭に名前が挙げられ、退官後も“おかみさん”として掲載され続けています」

 つまり、パワハラは永きにわたっているのだ。

 片山大臣に取材を申し込んだものの、何も語らず。都合の悪いことには饒舌ではなくなるようだ。
 今後も、秘書の求人募集は欠かせないはずである。


㊟さつき婆あ、”噴火火山”のような顔して「被写体がいい」と思ってるのかねえ。性格は本当にワル。立憲の山尾パコパコリーヌ志桜里も悪で精力絶倫顔だが、片、山婆あも絶倫顔。男女共同参画社会時代どころか、女性が活躍できる社会を代表するような顔と犯罪ではないか。


 こんな女上司を持つ部下は辛いよ。ゼックス相手が居ないから下半身の欲求不満を、必ず部下にぶつけるから。私のような男前?は必ず狙われる。断ったら?もちろん、左遷です。受け入れたら?毎夜毎夜、のし掛かられて絞り取られ廃人同様に。


女性の部下も美人なら大変。毎日、いじわるされて自殺に追い込まれる。前都知事の舛添要一氏も、よくこんな女と結婚したものだ。もちろん、離婚したが、、、その後は「あんな女!」と言っていたから、毎晩攻められて、、、、あ、それで舛添は髪が極端に減ったのか?


 自民党の某幹部は「どうなるんです?」の問いに、


「議員辞職までいくでしょうね。普段の言動と真逆ですから。。。こんな問題を抱えて地方を回れば何を言われるか。、、来年の参院選に響きますから」

 と、さつき婆あさんをまったく庇わず突き放した。
スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

マレーシアで同性愛が解禁?されジャニーズ天国に!?

マレーシアで同性愛が解禁?されジャニーズ天国に!?


同性愛行為の罪で服役、元副首相が政界復帰 マレーシア
朝日新聞シンガポール=守真弓

[PR]
 マレーシアのアンワル元副首相(71)が13日、下院議員補選で当選し、3年ぶりに政界復帰を果たした。同性愛行為の罪で3年にわたり服役したアンワル氏は、かつて対立したマハティール首相と和解し今年5月の総選挙で共闘。

マハティール氏は2年以内にアンワル氏に首相職を譲ると公言しており、下院議員資格を得たことで「禅譲」への道が開けた。


 補選は同国中部ネグリセンビラン州ポートディクソン選挙区で行われた。アンワル氏が所属する人民正義党(PKR)の下院議員が辞職したことに伴う選挙だ。公式集計によると、アンワル氏は次点候補に4倍以上の差をつけた。


 アンワル氏は1998年、当時も首相だったマハティール氏と対立。副首相を解任され、同年に同性愛行為の罪などで起訴された。その後、野党指導者として「改革派の旗手」と人気を集めたが、2008年に再び同罪で起訴され、15年に有罪判決を受け服役した。


 補選にはアンワル氏を同罪で告発した当事者の元事務所スタッフらも立候補したが、アンワル氏は他候補を大きく引き離した。(シンガポール=守真弓)


㊟イスラム国は同性愛を厳しく禁じている。サウジアラビアなどは死刑。ところがマレーシアは同性愛で服役した元副首相が対立候補の4倍もの得票で議員に当選。2年後には首相の可能性もだと。

 
 そうなったらこの国はジャニーズ天国。暖かい、気の緩む国。日本からのその道の専門家観光客がどっと押し寄せ、永住者も出るだろう。そうなると経済効果は大きいかも。基幹産業が無い国だけに藁にも縋る?

 でも、結果、日本同様少子化が進み、やがて衰退、、、世の中ってうまくいかないものですね。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

三白眼・石破に日本語る資格ないッ!!


三白眼・石破に日本語る資格ないッ!!初訪朝の夜、北の女を買った貴様は辞職しろ!!


石破氏「日本に残った時間ない。国を変えるのは地方だ」
朝日新聞


 日本の国にそんなに残った時間はありません。1718市町村あるんですが、この町をどうやったら良くするかは霞が関ではわかるわけない。それはその地域でないとわからない。(統一地方選、参院選では)野党がバラバラで自民党に勝てるわけないんだけど、野党がダメだから自民党が勝っても、あまり意味があると思っていない。


自民党は危機感を強く持つべきなんです。過去の遺産を食いつぶすのではなく、次の時代にツケを送るのではなく。いつの時代も国を変えるのは地方であって、地域の民衆が変えていくのだ。私はそのように思っております。(13日、金沢市内での講演で)

㊟メディアももう石破茂を取材するのを止めなさい。総理どころか国辱男に議員の資格もないのを知ってて何故?

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

さんまくん、こんな失礼なこと言われちゃったよ!!

さんまくん、こんな失礼なこと言われちゃったよ!!

明石家さんま、芸能界引退後は“吉本の講師”に!? 「ガチの老害になりそう…」と心配の声
サイゾー

 さんまが引退後のプランを明かしたのは、10月10日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)。番組では、出演者と食事を楽しみながら、老後についてのトークを展開していった。

 さんまは「人生設計を組み立て直そうとしてる」と明かし、「仕事のペースを変えようとか、老後の趣味を3つ増やさないとあかんとか」と告白。出演者から「趣味だけじゃ頭がよく回らない。仕事が少し残ってないといけない」とアドバイスを受けると、「吉本の講師やろう」とコメントして笑いを誘っていた。

「さんまのプランを聞いたブラックマヨネーズ・小杉竜一は、『生徒めちゃくちゃ辞めると思うけど!』と発言。さんまが『基本から教えたらええんやろ?』と返すと、小杉は『養成所で「なんでや」ってあの顔で言われたらみんな辞めると思いますよ』と予想していました。かねてより、さんまが“お笑いのセオリー”を後輩に押しつける姿は、世間からも不評。『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)はカメラが回っている時にダメ出しするのが恒例ですが、視聴者からは『さんまの老害アドバイスが見ててキツいときある』『セオリーに沿った、お決まり的なノリが寒すぎて無理』『「裸の王様になってる」って誰か言ってやれよ』といった声が上がっています」(芸能ライター)

「好きなお笑い芸人ランキング」では、常に上位を獲得するさんま。お笑いビッグ3では唯一バラエティにこだわり続けているが、最近では時代に合わない発言が目立ってきている。
「今年8月放送の『ホンマでっか!? TV』では、“バイキングで取った食べ物は残していい”との自論を展開して批判が殺到しました。また昨年5月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、妊娠中の出演者を紹介した後に離婚直後の小倉優子へ『(妊娠が)うらやましいか、ゆうこりんは』と発言。このコメントには視聴者から『公開パワハラ、公開セクハラ以外の何者でもない』と大ブーイングが。さらに今年5月放送の『さんま&女芸人お泊まり会』(フジテレビ系)で『加藤綾子アナと付き合ってるって本当?』と質問され、『付き合いたいし、抱きたい』と回答。こちらのコメントも『普通にセクハラだよね』『なんで自分が選べる前提?』と批判を招いていました」(同)

 以前は「60歳で引退する」と発言していたさんま。今年7月で63歳になったが、今後はどのような身の振り方をしていくのだろうか。

㊟ま、俳優は70代後半でも役(ボケ老人とかホームレスや寝たきりとか)はある。が、お笑い芸人は時代を映し出すものだけに老人は難しくなるだろうな。ま、体の動きが極端に減ると足腰にくるぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

醜キンピラはこんなに非道、酷薄!!


醜キンピラはこんなに非道、酷薄!!

ICPO総裁・孟宏偉氏の拘束にトランプ政権が重大関心 河添恵子氏緊急寄稿
夕刊フジ

 国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)の孟宏偉前総裁(64)=7日辞任発表=が、中国・国家監察委員会に収賄容疑で拘束・取り調べを受けている問題で、ドナルド・トランプ米政権が強い関心を寄せている。

この件との関わりが指摘される中国人財界人の不審死に、トランプ大統領の懐刀といわれたスティーブ・バノン前首席戦略官や、CIA(中央情報局)が調査・捜査に乗り出していたとの情報があるのだ。中国事情に精通するノンフィクション作家の河添恵子氏が緊急寄稿した。

 孟氏が妻へ送ったとされる最後の短いSNSの内容が7日(日本時間8日)、世界に公開された。その内容は、9月25日午後0時26分、「私の電話を待て」。ラストは同0時半の、ナイフの絵文字(アイコン)。これは、「殺される」との隠語(叫び)だと考えられる。

 彼が在住するフランス・リヨンで、若妻とおぼしき女性が顔を出さず背中で記者会見に臨んだ趣旨は、「夫は、私(妻)と幼子の“政治亡命”を求めることを希望していた」だった。

 昨年12月に中国海警局長ほか要職を失った孟氏が切羽詰まった状況にあることを、夫婦はすでに話し合っていたようだ。
 一方、米ニューヨークへ逃げ込んだ、中国の“お騒がせ大富豪”郭文貴氏が、ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創設者、カイル・バス氏との番組中に明らかにしたのは、さらにディープな次のような話だった。

「米政府はCIAと共同で、ニューヨーク警察を含む3つのグループでフランス・プロバンスへ赴き、7月に起きた(中国海南省に拠点を置く航空会社グループ)『海航集団』の王健会長の不審死(=転落死)について調べてきた。中国当局は『調査をやめるように』と電話をしてきたり、邪魔をした。私に対する殺害への脅しもあった。これと、孟氏のこの度の拘束は関係がある」

 ちなみに、郭氏は先月、「(トランプ米大統領に近い)バノン氏を中心に、海航集団の王氏の死因に関する映像、写真、証拠などを出して、11月19日に記者会見を行う予定」とも語っていた。

 郭氏は、孟氏が今回拘束された理由について、

「王氏の不審死に、中共の超大物幹部とともに関わっているとされる孟氏が、自己保身のために今後、真実を欧米諸国に語ってしまうことを、中国政府が恐れていた。それで、彼に『重要な会議がある』と中国へ呼び寄せ、拘束したのだ」といい、
「(孟氏には)刑務所、そして死しかない」
とも述べている。

 「インターポールから指名手配の身」でありながら、現在、ニューヨークに拠点を置く郭氏は、1990年代以降の江沢民時代の全盛期に“情報帝国”を築いた曽慶紅元国家副主席や、その手足に近い人物とされる。

 そして、昨年4月、米フロリダ州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」で開かれた米中首脳会談で、習近平国家主席がトランプ氏に対し、「中国への送還や横領品の回収への協力」を願い出たとされる人間の1人でもある。つまり、習氏が警戒する人物である。

 米中の貿易・軍事の対立が、この“事件”にも影響してくるのか。

 ■スペインの「逮捕状」が契機に
 さて、中国政府がインターポールを強烈に意識し、掌握すべく工作に力を注ぐようになった契機は、実のところ、スペインの“ある逮捕状”が関係するとされる。

チベットを支援する2団体とスペイン国籍を持つ僧侶が2006年、江元国家主席や李鵬元首相ら5人について、「在任中にチベットでのジェノサイド(大量虐殺)に関与した」として告発した。

スペインの裁判所が13年11月、5人への逮捕状を出すとの決定を下し、翌年2月、江氏ら共産党幹部5人について、インターポールに国際手配を要請した。無論、中国政府は強く反発し、取り下げを要求している。

 そして、中国公安部副部長(次長)の孟氏が16年11月、とうとう、インターポール総裁のイスを仕留めることになった。だが、習一派にとっては、孟氏はすでに敵対関係にある江沢民派の周永康元政治局常務委員(無期懲役)の手下だった。

 しかも、インターポールは世界的な捜査協力、特にテロリスト、資金洗浄、国際犯罪組織、麻薬武器密輸の取り締まりを目的に組織されている。とすると、敵対勢力の中国人総裁に、習政権の恥部すら握られて、政権をさらに危ういものにしてしまうとの危惧もあったはずだ。

 「偉大なる中華民族の復興」を掲げ、世界の中枢に躍り出たつもりの習政権だが、「狂気にも似た死闘」を世界にさらしていくだけのようだ。

 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。1963年、千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、遼寧師範大学へ留学。著書・共著に『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)、『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)、『中国・中国人の品性』(ワック)など。

㊟放置国家、「法律」は共産党大幹部のその日の気分か金次第。こんな国に生まれればゴキブリになるのは当然か。


P

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (332)
ニュースの深層 (13035)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR