FC2ブログ

2018-10

悪あがき?藁にも縋るさつき婆さん、弘中弁護士選んだ!!


悪あがき?藁にも縋るさつき婆さん、弘中弁護士選んだ!!

“強気姿勢”片山さつき氏、背後に「カミソリ」「無罪請負人」の存在 野党は国会で徹底追及へ
夕刊フジ

 片山さつき地方創生相に今週、週刊文春の「国税庁への口利き疑惑」に続き、週刊新潮も「財務省への口利き疑惑」報道で参戦してきた。第4次安倍改造内閣で唯一の女性閣僚に炸裂(さくれつ)した連続疑惑に、野党は臨時国会で徹底追及する構えだ。ただ、片山氏は強気の姿勢を崩していない。背景に、代理人を務める「あの」弁護士の存在もありそうだ。

 「その事実はない」「(業者とは)全く接触がない。前提事実もない」

 片山氏は26日の記者会見で、こう言い切った。前日発売の週刊新潮で、大阪のパチンコ業者の依頼で、財務省幹部に口利きしたという疑惑が報じられたが、これを全面否定したのだ。

 週刊文春の疑惑報道については、22日、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。訴状では「記事は虚偽で、著しく名誉を傷つけるものだ」としている。

 記者会見で詳細な説明を求められても、片山氏は

「弁護士から裁判外で今まで以上の説明は控えてもらいたいと言われている」

と回答。臨時国会のでも、同様の対応を取るとみられるが、野党が反発して予算委員会は混乱しそうだ。

 こうした対応の背景として、代理人弁護士の存在が注目されている。

 週刊文春は25日発売号で「片山さつき事務所のウソを暴く!」と続報しているが、文中で《片山氏の代理人・弘中惇一郎弁護士が十月二十二日、東京地裁に提出した訴状には…》と記しているのだ。

弘中氏は、法曹界で「カミソリ弘中」「無罪請負人」などと呼ばれている。
 検察側の証拠や、構図の矛盾点を鋭く突く手法に定評があり、これまで、ロス疑惑銃撃事件の三浦和義氏や、薬害エイズ事件の安部英(たけし)元帝京大副学長、郵便不正事件では村木厚子元厚労事務次官、「陸山会」事件では小沢一郎自由党代表らの弁護人として、無罪判決を勝ち取ってきた。

 片山氏としては「凄腕弁護士」の援軍を得て、裁判対策は万全かもしれないが、国会では野党の猛者たちが牙を磨いている。この追及を乗り切るのは簡単ではない。

㊟私が予言した通り、国会で追及されても「係争中ですのでお答えは控えます」の戦法に出ましたね。

それにしても弘中弁護士って「体制側の弁護はあまり好きじゃない」と、ある弁護士が言ってたが、さつき婆さんの魅力に負けた?それともやはりアレ次第なんだろうか。尊敬値が下がるな。な、弘中氏に弁護してもらった上祐史浩くん。
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

キムタク、静香の娘、知能足らなさそう、、、


キムタク、静香の娘、知能足らなさそう、、、

 メディアが持ち上げっぱなしのキムタク&静香の“娘”のCMを観た、唇を少し開いて、、、目がうつろで、少し知能が足らないんじゃない?

 どこの学校出てるの?大学にも行けない?ま、最近の大學は進次郎でも卒業させるレベルじゃ行かない方がいいか。

 それにしても深夜の繁華街をふらつく少女によく見られ卯顔ですね。あ、こういうタイプ誘いやすいですよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

嗤えるネ。“家具や姫”は童話の世界だった大塚久美子の末路!!


嗤えるネ。“家具や姫”は童話の世界だった大塚久美子の末路!!

やれヨドバシだやれTKPだと身売り先が浮上しては消え、消えては浮上しを繰り返す大塚家具。情報が錯綜する裏には、現在の大塚家具が直面する深刻な問題が見え隠れしていた。
 ***
 目の前に東京湾を見下ろす大塚家具の有明本社。さる9月中旬の金曜日、ショールームも兼ねた本社ビルの会議室で行われた役員会では、堂々巡りの議論が実に5時間にもわたって繰り広げられていた。

 それも、紛糾のタネは久美子社長の辞任要求だという……。

「役員会が紛糾するようになったのは、ここ2カ月ほどのことなんです」

 そう溜息交じりに打ち明けるのは、大塚家具のさるベテラン社員である。

「ちょうどメディアでうちの会社の身売りが報道され始めた頃からで、この日のように数時間にも及んで紛糾することも珍しくありません。会社の危機がいかに深刻かを物語っていますよね」

 世間の耳目を集めた父・娘のプロキシーファイトから早3年。以来、坂を転げ落ちる石のごとく、かの会社の業績が急落していったのは今さら説明する必要もあるまい。しかし、役員会で久美子社長の辞任要求までなされていると聞けば、ただごとではない。

 しかも、先の社員が興奮気味に付け加えるには、

「なんと、久美子社長に辞任を要求しているのは3人の社外取締役なんですよ。一橋大学で教鞭をとっていた阿久津聡氏や弁護士の長沢美智子氏といった社外取締役が旗振り役となって、久美子社長を引きずりおろそうとしているんです」

忠臣に謀反

 この社外取締役によるクーデターには、さる金融関係者も驚きを隠さない。

「阿久津氏や長沢氏は久美子社長が父・勝久氏の反対を押し切って、三顧の礼で迎え入れた人物。プロキシーファイトで評価された“ガバナンス”の象徴的存在でもありました」

 企業ガバナンスの象徴にしては、声を上げるのが遅すぎた感が否めないが、

「大塚家具はこのままいけば数カ月以内に資金繰りがショートするというところまで来ている。そんなときに頑なに久美子社長の退任を求め、久美子社長が役員会にどんな議題を諮ろうとも議論には応じないというのですから、あまりに子どもじみていますよ。坐して死を待つと言えば聞こえは良いですが、これでは結局、責任を久美子社長に押し付けようとしているようにしか見えません」

 忠臣に謀反を起こされた久美子社長の悔悟はいかばかりか。

 もっとも、この件について大塚家具に取材を申し込んだところ、

「そのような事実はございません」

 と、そっけない。ところが、別の社員によれば、

「久美子社長は何とか会社を再建しようと様々な案を取締役会で提案しているんです。でも、社外取締役の謀反によって役員会は空転を続けており、何の打開策も打てていないのが現状で、久美子社長もさすがに頭を抱えてしまっている。このままいけば本当に民事再生法の適用という事態にもなりかねない。1400人の従業員が路頭に迷う日も近いかもしれません」
従業員たちの気苦労はまだ続きそうだ。
週刊新潮WEB取材班


㊟本当に、「バカな子に育ててしまった…」。?それとも“家具や姫”の後ろに誰かいるのかも。。。ただ、疑問なのは家具や姫、ヒス顔なんですよね。性欲を満たしてくれる男が居ないんですかね。ま、私は断りますが。。。相手が断る?結構結構。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

進次郎よ、「お前が障害者雇ってか」ら生意気言え!!

進次郎よ、「お前が障害者を雇ってか」ら生意気言え!!

障害者雇用、不正3700人=中央省庁28機関、水増しは「恣意的」―第三者委報告
JIJI.COM10/22(月) 9:41配信



 中央省庁の障害者雇用水増し問題を調査した第三者検証委員会(松井巖委員長)は22日、2017年6月1日時点で、不正に3700人を障害者として計上していたとする報告書を発表した。


 「法定雇用率(当時2.3%)を充足するため、恣意(しい)的で不適切な基準を用いた」と認定。障害者雇用に対する意識が低く、ルールを無視したずさんな運用を少なくとも20年以上続けていた実態が明らかになった。


 問題があったのは、省庁に会計検査院などを加えた国の33行政機関のうち28機関。当初はほとんどで法定雇用率を超えたとしたが、実際にクリアしていたのは不正のなかった5機関と厚生労働省の6機関にすぎず、省庁全体の障害者雇用率は1.18%にとどまった。政府は雇用率(現行2.5%)を達成するため、0.5人と数える短時間勤務者も含め、19年末までに障害者4072.5人を採用する計画だ。


 不正の開始時期は確認できなかったが、遅くとも1997年ごろから4機関で現行の手続きが始まっており、報告書は「大規模な不適切計上が長年にわたって継続するに至った」と結論付けた。記者会見した松井委員長は『公務員の仕事とは何なのか、あぜんとする思いがした』と心証を語った。


 省庁別では国税庁が1103人で最多。制度を所管する厚生労働省でも不正は行われていた。障害の種別では身体障害者が3390人と全体の9割以上を占め、総務省では裸眼視力が0.1以下の人を障害者と認定していた。


 また、91人は退職者などすでに在籍していない人で、中には死亡していた人もいた。財務省と観光庁は職員となっていない人を計上していた。 

㊟この問題が発覚すると、自民党厚労部会長になった進次郎が、まるで正義政治家のように役所を非難した。それをまたTBSがやたら持ち上げていた。

 メディアも本当にレベルが落ちた。バカとしか。進次郎が月光仮面のようなツラで正義を振りかざした会見で、


「官僚を非難する前に、国家議員ひとりひとりが障害者を事務員に雇うべきじゃないか?まず、手本を示す。それが法を作る議員の在り方じゃないのか?」


 と質問しないんだよ。私ならやってる。もちろん憎まれるが。それがジャーナリストのあるべき姿だから。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

東国原さ~ん、あなたの頭髪、増えていないんですけど?

東国原さ~ん、あなたの頭髪、増えていないんですけど?


 私がネットで新聞を読むと、必ず、必ず、必ず“東国原英夫(好きなタレントの一人)さんの頭に毛が増えた!”のCMが。。。


 バイキングも見るが、ち~っとも増えていないんですけど。こりゃ、マズいでしょ。昔、「週刊現代」のPR記事と知らずに買った『101』毛生え薬、クソの役にも立たなかった。ああ、髪は私を見離しやがって。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

この歯医者、「口に手を入れ、奥歯ガタガタにしてやる!!」


この歯医者、「口に手を入れ、奥歯ガタガタにしてやる!!」

詐欺容疑で歯科医2人逮捕 不正な診療報酬6億円超か
産経新聞

 神奈川県警は23日までに、診療報酬を不正請求したとして詐欺の疑いで、いずれも歯科医師の大石旭容疑者(55)=東京都品川区荏原=と、関口了太容疑者(37)=東京都目黒区上目黒=を逮捕した。いずれも容疑を認めている。逮捕は22日。

 県警によると、大石容疑者は複数の歯科医院で診療報酬の不正請求に関与していた。記録がある2011年10月~今年5月の請求額は約9億円に上り、大石容疑者は「7、8割は不正請求だった」と供述。県警は6億円超を不正に得ていたとみている。

 大石容疑者が関わった歯科医院は東京都や神奈川、千葉両県にある。

 逮捕容疑は16年9月~17年10月ごろ、関口容疑者が経営する東京都港区の歯科医院に通う女性患者の診察日を水増しするなどして診療報酬約12万円をだまし取った疑い。

㊟この㊟を医者と歯医者に読まれると困るんだが。。。医学部の試験落ちたヤツに「歯医者になったらどうだ?痛いって言う患者に注射して抜けばいいんだから」、なんて、読者が驚くようなことを言って、歯学部に入れたのもいたような気がする。反省は猿でもするかな。

罰が当たって、今や、上奥歯4本と下奥歯2本抜かれちゃった(酒飲んでスルメを噛んでいてガリっと欠けちゃったんです。スルメ齧っていた歯が欠ける時の音って、凄いですよ。いきなり「ガーン!」ですから。あ、痛くはないんです。口の中のポロっと。。。それからスルメは止めました。あんな美味しいものを)。

歯医者に「歯周病が進んでいますよ」と言われ、「歯周病ってなんですか?」と訊ねたら、「昔は歯槽膿漏って言ったんです」と。あ、それなら聴いた事あります、と。

あ、参考までに。。。私は毎日、ガムを噛み続けています。起きてすぐ。外に出る時は止めてます。老いると噛む力が無くなるんです。そうなったら毎日おかゆですよ。こうなればもう死が目の前です。いいじゃないですか。長生きして良かったあ、なんて思う人はごくごく一部です。
 世界の大富豪、ジョージ・ソロスも高齢でもうヨイヨイですよ。ゴキブリの親分、江沢民も車椅子とか。まこんな汚いツラのゴキブリは踏み潰されて死ぬべきですが。


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

テレ朝、早河 洋社長公認の玉川徹の安田ウマル純平、大絶賛発言!!


テレ朝、早河 洋社長公認の玉川徹の安田ウマル純平、大絶賛発言!!


安田さん解放に「英雄として迎えないでどうする」 テレ朝・玉川徹氏、「自己責任論」を批判
JCASTニュース

3年に渡ってシリアの武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放されたとの情報を受け、安田さんをめぐる「自己責任」の議論がインターネット上で再燃している。だが、テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は「釘を刺しておきたい」として自己責任論を強く否定した。

玉川氏は2018年10月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、紛争地帯に飛び込むフリージャーナリストの役割の大きさを力説。安田さんを「英雄として迎えないでどうするんですか」と主張した。

「フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです」

安田さんが解放されたとの情報は23日深夜、菅義偉官房長官が緊急会見を開いて発表。トルコ南部の入管施設で同日に保護されたとの知らせが、カタール政府から届いたという。安田さんであると確認されれば、近く日本に帰国すると見られる。

安田さんは15年6月、トルコ南部からシリアに入国したことを知人に伝えた後、消息を絶った。シリア取材中にアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」(現・シリア征服戦線)に拘束され、何度か映像がインターネット上にアップされてきた。18年7月には2人から銃を突き付けられた状態で、安田さんとみられる男性が「私の名前はウマルです。韓国人です」「助けて」などと話す動画が公開された。

安田さんをはじめ、紛争地帯で取材するジャーナリストに関する新情報が報道されるたびに、自ら現地に入っていったのだから「自己責任」だとする声がインターネット上では噴出する。だが、こうした風潮に、政治や社会問題などを30年取材している玉川徹氏は「モーニングショー」で、「自己責任論というのを僕は否定しておきたい。釘を刺しておきたい」と反論。「そもそも、ジャーナリストは何のためにいるんだ。民主主義を守るためにいるんですよ」として力説した。

「民主主義といっても国や企業で権力を持っている人たちは、自分達の都合のいいようにやって隠したいんですよ。隠されているものを暴かない限り、私たち国民は正確なジャッジができないんです。それには情報がいるんですよ。その情報をとってくる人たちが絶対に必要で、ジャーナリストはそれをやっているんです。フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです。一番危ないところに行かれているんですよ、安田さんは。そういう人を守らないでどうするんだ」

「兵士は国を守るために命を懸けます」

さらに、「たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。その兵士が外国で拘束され、捕虜になった場合、解放されて国に戻ってきた時は『英雄』として扱われますよね。同じことです」と、「兵士」を引き合いに出し、安田さんが解放されて帰国するとなった場合について、

「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」
と主張した。

その上で改めて「何ですか自己責任論って。国に迷惑かけたって何ですか。その人たちは民主主義がいらないんですか。僕は敬意をもって迎えるべきだと思います」と、「自己責任」と突き放す風潮を批判した。

玉川氏は「解放されて国に戻ってきたら『良かったね。命をかけて頑張ったね』と声をかけますよ」とも述べている。安田さん解放情報を受け、同様の考えを表明しているジャーナリストは少なくない。

戦場ジャーナリストの志葉玲氏は24日未明、ツイッターで「安田純平さん、これまでの水面下の動きでの経緯から考えて、身代金を日本政府が払った可能性は極めて低い。なので、バッシングしないでね」とし、「あと、報道各社も取材したいのは同業者としてわかるけど、まずは安田さんやそのご家族を休ませてあげて」と労いの言葉を投稿した。

ジャーナリストの布施祐仁氏は23日深夜、ツイッターで「あぁ本当によかった。それしか言葉が出ない。2004年4月の時のことが蘇る」と投稿。当時、イラクで武装勢力によって日本人が立て続けに拉致され、そのうちの1人は安田さんだった。布施氏は続けて、

「ジャーナリストは生きてこそ取材したことを伝えられる。安田さん、生きていて本当によかった」
と安堵している。



㊟早河社長公認の社員コメンテーターだけあって、素晴らしい?発言。永田町では与党議員のみならず野党議員まで、


「公共の電波での発言とは思えない。ジャーナリストの仕事をはき違えているんじゃないか?」(野党ベテラン衆院議員)


「国民は怒るでしょ?。あんな男に味方されると我が党も困る」(野党新人衆院議員)


「テレ朝の早河社長が玉川の発言を黙認しているとしか。国際問題だけに看過できない。現在、十数人の仲間たちと場を持つ準備をしています」(自民党3回生議員)

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

安田救済に“日本国民の税金”を無駄遣いしてくださってあ・り・が・と・う!!


安田純平解放に“日本国民の税金”を無駄遣いしてくださってあ・り・が・と・う!!

 政府は米国に依頼し、安田純平の銀行口座を洗い出して貰うべき。数億は溜め込んでいるかも、

安田純平さん解放劇の裏で…「身代金3億円」漏洩のお粗末
日刊ゲンダイ


シリアで拘束されていたフリージャーナリスト・安田純平氏(44)の解放が24日、確認された。2015年6月から、取材で訪れた内戦下のシリアで行方不明となり、武装勢力に拘束されていた。


 23日深夜、解放情報を発表した菅官房長官は「官邸を司令塔とする国際テロ情報収集ユニットを中心にカタールやトルコに働き掛けた結果だ」と自慢げだったが、実は安田氏が解放されたのは会見の4日も前。情報入手が遅すぎる上、菅の“寝耳に水”のような表情は、到底「司令塔」には見えなかった。



「国際テロ情報収集ユニット」は、外務省や警察庁などの職員が、中東やアフリカなどの現地に赴任し、情報収集を行う組織だ。15年12月に20人規模でスタートしたが、現在の人員は80人。今年度は4.3億円の予算がついたが、外務省は来年度に6.9億円への増額を要求している。立派な組織とはいえ、菅が胸を張るように、安田氏解放に向け活躍したかは疑問だ。


「武装組織と直接交渉できる日本の職員はいないため、結局、交渉はトルコやカタール頼みです。先週、安田さんが拘束されていたシリアのイドリブ県に『非武装地帯』が設置されたことで、国外に移動を余儀なくされた武装勢力にすれば、安田さんが“足手まとい”になっていたともっぱらです」(外務省関係者)


 さらに、問題なのが身代金だ。在英のシリア人権監視団のアブドルラフマン代表はカタール政府が武装集団に多額の身代金を払ったことを明らかにした。その額は、300万ドル(約3億3000万円)との情報がある。日本政府は身代金の支払いを否定しているが、国際ジャーナリストの春名幹男氏はこう言う。


「真偽は分かりませんが、仮にカタール政府が自らの判断で身代金を払ったとして、邦人を助けてもらった安倍政権はどう対応するのか。官房機密費から支払う可能性がないわけではない。そうすると、テロには屈しないとしてきた方針が崩れてしまいます。そもそも、身代金の情報が報じられたこと自体がお粗末です。情報が漏れないよう、現地のスタッフが関係国としっかり根回ししていたのか疑問です。身代金報道は安倍政権に大きなダメージになるでしょう」



 今後、解放の見返りにカタールにどれだけ吹っかけられるか分からない。解放劇のウラに安倍政権の外交無策が見え隠れする。


㊟反日「日刊ゲンダイ」らしい皮肉たっぷり記事ですね。ガハハハ、、、他の記事も見てみよう。



【問題視】安田純平がテロ支援に利用された疑惑浮上 / カタール政府がテロ支援のため「身代金という名目」で支払った可能性あり
________________________________________
yamashiro
2018.10.27
自称ジャーナリストの安田純平氏(44歳)が、シリアのアルカイダ系テロリストグループ「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)に拉致され、3年間も監禁されたのち、2018年10月23日に解放された事件は、いまだに多くの人たちに衝撃を与えている。

・日本政府はテロリスト集団に身代金を支払わないポリシー

日本政府は安田純平氏の救出に力を注ぎ、トルコ政府とカタール政府に協力要請。日本政府はテロリスト集団に身代金を支払わないポリシーのため、カタール政府がテロリスト集団に3億4000万円を支払って安田純平氏を解放した。

・安田純平が生きていた事は祝福すべき

安田純平氏は「日本政府をチキン国家と批判していたのに日本政府に助けられた」「助けられたのに日本政府に恩を感じていない」「拘束は自作自演なのではないか」とバッシングを受けているが、彼のの命が助かり、家族や知人らが安心できる日々に戻ったことは非常に嬉しいことだし、ゆっくりと心身ともに癒やしてほしいところだが、新たな疑惑が浮上し、物議を醸している。

・驚くべき「説」が浮上

FNNの取材に日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究理事が、

「想像ですが、おそらく今回も日本政府やどこかから仲介を依頼された可能性は非常に高い」「これはカタールとあまり仲の良くない国などから出ている報道レベルの話なので全く確証はないんですが」

と前置きしながらも以下のように発言したのである。


・中東研究センター研究理事のコメント(FNN引用)

「私自身が把握しているだけでも、カタールが人質解放にあたって仲介や身代金を支払ったのではないかと思われることは何件もありますから、今回もそういう可能性は十分あると思います」

「これまでカタールはシリア国内の過激組織に資金援助をしていたと言われていました。当然、国際社会の非難が集まり援助は難しくなります。その結果、人質の「身代金」という、誰からも文句を言われない形で過激組織にお金を支払っているいう説が出ているのです。したがって誘拐された外国人の人質の本国に対して後で請求書が行くようなことはありません」(FNN引用ここまで)

・正当な理由をつけてテロリストに資金を渡すためのカモにされた

あくまでも推測や未確認情報や「説」がもとではあるが、カタール政府が日本人(外国人)の身代金をポンと支払ったことに対して非常に納得がいく説明なのは確かだ。これが事実であれば安田純平は

「正当な理由をつけてテロリストに資金を渡すためのカモにされた」

ということになる。

・テロリストの武器や少年兵の資金にされる

身代金という名目であれば、「カタール政府は外国人のためにお金を払う素晴らしい国」「カタール政府は人道的な国」というイメージを得つつ、テロリストに支援することもできる。これが事実であれば、安田純平氏にとって残酷な事実と言わざるを得ない。それもそのはず

「自分の命は助かったがテロ支援に利用されたあげく3億4000万円がテロリストの武器や少年兵の資金にされる」のだから。



安田純平さん、”傷一つない顔”と”歩行障害なし”に「VIP捕虜」説まで浮上の背景
2018年10月29日 06時55分 デイリーニュースオンライン

 シリア武装組織の拘束から解放されたフリージャーナリスト・安田純平氏(44)。大手メディアが「英雄として迎えないでどうする」(テレビ朝日・玉川徹氏)などと持ち上げる一方、ネットでは解放後に明かした言動に矛盾や不整合が指摘され、「ホントに捕虜だったの?」などと”自演”疑惑さえ続出しているようだ。

「問題になっているのは、安田氏自身が捕虜生活を『地獄だった』と語っているにもかかわらず、あまりに血色の良い、「傷一つないキレイな顔」で朝日新聞の取材に登場していたことです。朝日の映像を見る限り、顔色はいいし、傷一つない。ニュース記者たちの間でも、ヒゲだけボーボーに伸ばしているのは、無理に”ヤツレ”を演出してるのではと囁かれていました。虐待や暴行があれば、手錠傷や圧迫痕なども気になるはずのに、ふつうに半袖で登場したのもツッコミポイントになってます」(週刊誌記者)

「頭を洗ってはいけないというルールが設定され、服も洗えない。指を動かして関節が鳴ってもダメ。歯磨きもダメ。頭も体も洗っていないから、かゆくてかくと音が鳴る。鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ」(2018年10月26日 朝日新聞)と語った安田氏。

 これにはSNSでも

「3年も拘束され暴行を受けまともな食事も与えられてないはずなのに傷もなく色艶の良いお顔でテレビに出ちゃったな」「殴られれば鼻の骨などすぐ折れるし、傷が残る。キレイな顔だな」「肌荒れすらないってどんなVIPホテルに滞在してたの?」などと疑問の声が続出した。

 中国人漫画家で保守論客の孫向文氏も、健康そうに見える安田氏の写真に

「『長期間(数ヶ月間?)に歯磨き禁止』だったと告白しましたが、以前NHKの健康ヲタ番組『ガッテン!』では、一週間くらい歯磨きしないと歯が黄色になって、口内細菌は体内に侵入し、病気になる恐れもあると伝えてました。安田純平氏の歯は真っ白のようです。」

とSNSで疑問を呈している。

 かつて、摂津有岡城で荒木村重に拿捕された黒田官兵衛は、1年間の幽閉生活で髪はボサボサに伸び、全身に皮膚病を患い、膝を悪くして、歩行もままならない状態になっていた。そこまで劣悪な状況でなくとも、現代の我々もわずか数週間の入院生活で歩行障害が出たり、背骨が湾曲したりするものだ。1.5m四方の部屋で、体を伸ばすことも許されなかった安田氏は、驚くべき肉体の強靭さをお持ちのようである。

 安田氏の3年間の略取誘拐・監禁には、まだまだ知られざる一面が隠されているように思われる。当面の間、彼の言動と警察当局の捜査から目を離せそうにない。

㊟どうです?私を極右だとか、右翼のボスだとかテレビ局スタッフや週刊誌記者に中傷しただけでなく、オウム真理教が「坂本堤弁護士一家殺害」の原因をタレこんだ、蛆キムチ女。江川紹子がいますが、私の顔を見てください。昔昔の“紅顔の美少年”そのもですよ。


 紅い林檎大好きな、その昔の紅顔の美少年の発言は間違っていますか?


何度も言います。シリア政府が悪いのか、反政府側が正しいのか、安田などに判る筈ないでしょ。まして日本に居て、一方的報道しか目にしていない自称ジャーナリストどもに何が分かる?


 安田は日本国民に身代金を返還しなさい。返し終わって語れ。でないと“反安田連中”を怒らせるぞ。皆さんは決して怒りをぶつけないでください。誰も擁護してくれませんし、逆に安田を英雄にしてしまいます。

 忘れるとこだった。安田ウマルよ、声も出せない、足も伸ばせぬとこに閉じ込められていた毎日、ウンチと小便、どうしてた?ウンチの後の尻を拭く紙、どうしてた?風邪もひいたろ?鼻紙はどうしてた?髪や衣服、にシラミも、、、どうしてた?答えなさい。

 まだある。監禁室から解放されて、足腰のリハビリはどうやってしていた?それに帰国した時の髪と髭だ。3年数か月も自由がなかったら、髪は腰までのびている筈、鼻髭は口を覆い、あご下までのび、あご髭は胸のあたりまでのびていなきゃおあkしいだろ?

それに、「歯磨きも許されなかった」と本人。帰国した口を開いた歯はきれいでしたね。抜けやすい、欠けやすい前歯もきれいにそろってましたよ。凄い、君は異星人だ!!

 記者連中はなんでこれらを質問しないのかねえ。朝日も毎日も東京もロクな記者が居ないが、蛆TBS、北テレ朝など低能ばかりなのは十分知ってるが。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

片山さつき大臣「口利き疑惑」 ウソを暴く

片山さつき大臣「口利き疑惑」 ウソを暴く
文春オンライン

「100万円国税口利き疑惑」を報じた「週刊文春」記事を「事実誤認」として、名誉毀損で提訴した片山さつき地方創生担当大臣(59)。100万円を受け取った南村博二氏(62)について、10月22日に東京地裁に提出した訴状の中で、「私設秘書ではない」と主張している。

 社会部記者が解説する。

「片山氏は『100万円を受け取った事実はない』と主張していますが、自身の秘書が受け取っていれば、政治家としてそうした説明は通らない。南村氏は既に100万円の受け取りを認めているため、彼は秘書ではなかったと主張せざるをえないのではないか」

 だが、1週間前の10月15日、片山氏の事務所は、「週刊文春」の取材に対し、次のように回答していたのだ。

〈事務所の認識では、南村税理士は平成27年5月に私設秘書を退職しています〉

10月15日の回答書

「退職」――。つまり、南村氏が私設秘書だったことを、片山事務所が認めているのだ。

 また、南村氏も、「週刊文春」の記者に対し、片山事務所の秘書である旨を何度も繰り返していた。

〈片山事務所の南村です〉(2016年7月15日)

〈(秘書の中で)一番古いけども、2月で一応議員会館に登録している正式秘書は退任しましたけど、選挙中も議員から電話が何度も入ってますしね〉(2016年7月16日)

〈私設秘書は今年の2月25日に退任していますので〉(同前)

 改めて南村氏に確認すると、「片山さつき氏の代理人からの回答が『私設秘書であったことはない』であればそのとおりです」と回答するのだった。

「週刊文春」編集部では、片山氏の説明の矛盾を明らかにするため、南村氏の音声を公開することにした。片山氏は訴訟を理由に、メディアの事実確認を避けているが、公人中の公人である国務大臣として、丁寧な説明が求められることになりそうだ。


 また、10月25日(木)発売の「週刊文春」では、片山氏、南村氏の他のウソや、片山氏と告発者の直接交渉など、一連の口利き疑惑について6ページにわたり詳報している。南村氏の音声《完全版》は「週刊文春デジタル」で同日朝5時に公開する。

㊟さつき婆さん、下半身からダダ漏れしてますよ。タンポンは入らないだろうから、厚手のオムツしないと。おお、汚い。この婆さんも孫が出来たら殺されるかも。その日を楽しみにしている。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

ここまでやるゴキ醜、トランプ氏の携帯盗聴!!

ここまでやるゴキ醜、トランプ氏の携帯盗聴!!

中国情報員、トランプ氏の携帯盗聴=「会話人物リスト」作成-米紙
時事通信

 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が24日、米当局者らの話として報じたところによると、米情報機関は、中国の情報員がトランプ大統領の携帯電話をしばしば盗聴していることを示す報告をまとめた。貿易や安全保障で対立する米中のこれ以上の関係悪化を防ぐため、盗聴内容を活用しているという。

録音公開、危機管理問う声=作戦司令室で「解任通告」-米政権

 同紙によると、中国側は通話内容から、トランプ氏の思考のほか、同氏がどういう話題に関心を持ち、誰の話を聞く傾向があるかなどを分析。同氏が頻繁に会話する人物のリストも作成している。


 リストには米投資会社ブラックストーンのシュワルツマン共同創業者・最高経営責任者(CEO)らが含まれ、中国側はトランプ、シュワルツマン両氏の共通の友人も特定している。


 トランプ氏はスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を使用し、政敵攻撃や政策発表にツイッターを多用している。側近は「通話の安全が確保されていない」と繰り返し警告してきたが、同氏はスマホを手放していないという。

 タイムズ紙によれば、ロシア情報員もトランプ氏の携帯通話を傍受している。ただ、元当局者は「トランプ氏への影響力行使という点で、ロシアは中国ほど洗練されていない」と話している。(2018/10/25-11:42)

㊟醜キンピラとロスケには怒り心頭だが、トランプ氏も携帯に気を付けんと。それが大国の大統領として基本の基本だろうに。困ったちゃんですな。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

北朝鮮に石破茂の子??、北女と寝た国辱行為に支持議員悉く逃げる!!

北朝鮮に石破茂の子??、北女と寝た国辱行為に支持議員悉く逃げる!!
    北の孫、進次郎あっと寝返り!!

【政界徒然草】次を見据える石破元幹事長、連日の慰労会も 人付き合いの“残念さ”にじむ
産経新聞

 9月の自民党総裁選で、石破茂元幹事長(61)が一定の存在感を示すことができたのは、竹下派(平成研究会)の参院側をまとめた吉田博美参院幹事長(69)と石原派(近未来政治研究会)最高顧問の山崎拓元副総裁(81)、投票直前に支持表明した小泉進次郎厚生労働部会長(37)の影響が大きかった。

石破氏は総裁選の支持基盤をつなぐことが「ポスト安倍」を目指す一里塚となるが、石破陣営が開いた複数の慰労会を検証すると、なぜ人脈が広がらないのか、理由の一端がみえてくる。

 石破氏は17日夜、総裁選で支持を受けた中堅議員を慰労しようと、石破派(水月会)幹部とともに東京・赤坂の中華料理店に招いた。石破氏への支持表明は、安倍晋三首相(64)に反旗を翻したことにもなるが、出席者は「これからは協力して政権を支えていこう」と“ノーサイド”の精神を確認したという。

 慰労会に出席したのは、竹下派の橋本岳(44)、渡嘉敷奈緒美(56)の両衆院議員。
竹下派の小渕優子(44)元経済産業相や小泉氏、橘慶一郎(57)と加藤鮎子(39)の両衆院議員にも声をかけたが、いずれも欠席したという

 中堅議員6人に呼びかけて参加が2人というのは、日本のリーダーを目指す立場からすれば若干寂しい。特に若手中堅に影響力のある小泉氏には感謝を伝えたかっただろうが、石破派幹部は欠席の理由を「思惑を持って報じられるのを嫌がったのでは」とみる。“小泉氏はその晩、若手議員と別の会合に顔を出していた”。
   × × ×
 集まった人数以上に、石破氏の番記者としてむなしく感じる場面があった。会場の一番乗りはゲストであるはずの橋本氏で、メーンホストの石破氏は開始予定時刻から数分遅刻して登場した。わずか数分だが「苦しい状況で支えてくれた」(石破氏)支援議員への慰労会に遅れてしまう姿は残念だった。

 「遅刻話」はこれだけではない。関係者によると、3日に参院竹下派相手に開いた慰労会でも石破派の複数人が遅参したという。

 吉田氏は、先の総裁選で主要派閥が安倍首相支持を打ち出す中、石破氏支持で参院竹下派をとりまとめ、首相陣営の一部も切り崩した。石破派は連携を今後も維持しようと考えたが、吉田氏は同日の会合で「関係は今日でひとまず終わり」とピシャリと伝えた。

 会合の半日前、吉田氏は石破氏に、石破派と参院竹下派による合同政策勉強会を断っている。遅刻が吉田氏を怒らせたわけでもないだろうが、最大の支援者相手の失態はいただけない。
× × ×
 石破氏は12日夜、石破派幹部を交え、山崎氏と東京・銀座の夜景を見下ろす和食料理店で会食した。
 石原派は総裁選で安倍首相の支持に回ったが、同派最高顧問の山崎氏は派内に石破氏の支持を呼びかけた。さらに自身の地元の福岡で石破氏の街頭演説会を主催するなど、後方支援にも力を入れた。

 山崎氏との会合には、総裁選で石破陣営に加わった無派閥の村上誠一郎元行政改革担当相(66)に渡海紀三朗元文部科学相(70)、谷垣グループ(有隣会)の中谷元(なかたに・げん)元防衛相(61)も出席した。

 会合では、村上氏が安倍首相の財政政策批判を展開。主賓の山崎氏はその合間に、石破氏をこう持ち上げたという。
 「この総裁選を通じ、石破氏が総裁たらん人物であることを確認できた」
 一見すると、会合は円満に流れたように映ったが、中座した出席者は残念な事実を口にした。山崎氏に謝意を伝えるこの会を呼びかけたのは、石破派ではなく中谷氏だったという。会場の外にいた石破派担当の記者団に落胆が広がった。


石破氏は永田町界隈(かいわい)で、人付き合いの悪さをかねて指摘されていた。政治家は政策を実現するのが仕事であり、夜の宴席より書籍に向き合う石破氏こそ政治家の本来あるべき姿かもしれない。しかし、石破氏の師である田中角栄元首相が言うように「政治は数」でもある。

 ただし、石破氏に限ると問題の真意は「飲み会の参加頻度」といった矮小(わいしょう)なものではない。幾万の有権者が背後にいる個々の国会議員に対し、誠実な付き合いが不足しているということではないか。

 「個別議員との付き合いにおける至らなさは、石破氏本人に責任があるのか、周囲が悪いのか。とにかく、総裁選で石破氏に投票した国会議員のなかで、石破氏を積極的に支持する議員が少ないのは明らかだ。有力な『ポスト安倍』が出れば、すぐにアウトサイダーになってしまう」

 今回、石破氏に投票したある議員は、こう警鐘を鳴らす。

 石破氏は総裁選の党員・党友票で全体の44・7%を得たが、国会議員票は18%に過ぎない。この落差の分析を、安倍首相陣営による派閥単位での票固めという単純な結論に終わらせれば、石破氏が党内で頂点を極めるのは無理だろう。
(政治部 奥原慎平)

㊟こんな顔で北朝鮮政府に夜の慰安婦を要求した。。。こんな男を支持した議員どもの資質にも大きな問題。
 石破くん、君は議員を辞職し、北朝鮮に移民しなさい。どうやら初訪朝の夜、関係した女性が三白眼の子を産んでるようだぞ。進次郎の寝返りの速さ…これは北朝鮮の血だろうな。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

羽生結弦くんの発言を強く強く支持!!

羽生結弦くんの発言を強く強く支持!!

羽生結弦 衝撃の終盤発言…4回転半に秘めたジュニア時代の夢
WEB女性自身 / 2018年10月23日 0時0分

10月20日より開幕したフィギュアスケートのグランプリシリーズ。11月の初戦を前に、“絶対王者”羽生結弦選手(23)の“ある発言”が注目を集めている。


「もう勝つとか負けるとかに固執しすぎることはないです。自分のために滑っていいかなと」


この発言は8月下旬、トロントで報道陣のインタビューに答えたもの。平昌オリンピックでは「圧倒的に勝ちたい」と述べるなど、常に勝利へのこだわりを見せてきた羽生。そんな彼がこのタイミングで見せた変心。さらにインタビューではこんな発言も……。


――競技者として終盤に差し掛かったという気持ちは?


「それはあります。でもいつやめるかは全然考えていない。今は4回転アクセルを跳びたいです。とりあえずアクセルまでは何とかしたいと思っています」


ファンのみならずフィギュアスケート界に激震が走った。


「新シーズンの羽生選手は4回転半ジャンプの成功を目標に掲げています。『アクセルが今一番のモチベーション。今シーズン中に跳びたい』と語るなど、熱意は今まで以上です」(スケート連盟関係者)


今季からルール変更によりジャンプの得点は大きく下がることに。ただ、そんななか羽生はオータムクラシックでも4回転ジャンプにあえて挑戦していた。


「羽生選手はこれまでひたすら周囲の期待に応え続けてきました。そんな彼が勝利よりも自分のために挑戦することを選んだということは、よほどのこと。いよいよ彼のキャリアも終盤に差し掛かったという気がします」(前出・スケート連盟関係者)


最後を見据えた4回転半ジャンプへの強いこだわり。その背景にはスケート人生の原点が影響しているという。


「羽生選手はジュニア時代から『人類初の4回転アクセルが僕だったらいいな。羽生結弦の名を歴史に刻みたい』と宣言していました。1時間の内45分をアクセルの練習にかけるなど、とにかくジャンプにかける思いが人一倍強かったそうです。そしてそのときジャンプのお手本にしていたのが、彼にとって憧れであるロシアの“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ元選手(35)。羽生さんはプルシェンコ選手の演技を録画して、ビデオを擦り切れるまで見ていました」(前出・スケート連盟関係者)


幼少期の憧れをなぞるように、今シーズンのフリー演目で羽生が選んだ曲は「Origin」。プルシェンコがかつて使用した曲目に、アレンジを加えたものだ。日本語で“起源”を意味する言葉からも、羽生の原点への強い思いがうかがえる。実際、羽生もインタビューで次のように語っている。


「スケートを始めたきっかけは楽しかったから。その楽しかった気持ち、今まで歩んできた大変だった道のりを思い返して、その自分に対して恩返しというか、自分が報われることをしてあげたい。初心に帰って、スケートを楽しんで、自分のために滑れたらと思いました」


自分への恩返し――。それは前人未踏の五輪連覇という偉業を達成した今だからこそ、できることなのだろう。


「五輪2連覇という夢を叶えたことで『もっと上手くなりたい!』と夢中で練習をしていた幼少期の気持ちに立ち返ったのでしょう。そうした思いが、4回転半への原動力になっているのです」(前出・スケート連盟関係者)


新たな目標に向けて走りだした羽生。だが、その道は前途多難だ。羽生自身も「まだプログラムに入れる予定はない。かなり練習しないといけない」と語っている。果たして、その目標が達成されるのか。羽生の兄弟子でもある元フィギュア選手の佐野稔さん(63)はこう期待を寄せる。


「恐らく4回転半を最初に完成させるのは羽生君になるんじゃないかなと思っています。トリプルアクセルを跳べる人はたくさんいますが、羽生選手クラスの完成度で跳べる選手は少ないです」

これまで数々の伝説を残してきた羽生。最終章が今始まろうとしている――。


㊟羽生結弦の大ファンだけにいつも心配して見ている。もう、あまり無理せず美しい演技を見せてくれればいい。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

オリラジ中田も慶応だっ!やはり「ミスったー慶応!」?


オリラジ中田も慶応だっ!やはり「ミスったー慶応!」?

吉本興業は否定も…中田“迷走”でオリラジにくすぶる解散説
日刊ゲンダイDIGITAL

「“ごめんなさい先輩”と。オレは皆さんが半年分で稼ぐものを先週だけで稼ぎましたよ」


 10月10日にオンエアされた「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)で、高収入ぶりをアピールした中田敦彦(36)。自身がプロデュースした高額Tシャツがバカ売れしていることをつい漏らし、思わぬ波紋を広げているという。


「先輩芸人を刺激するような発言は、芸人の間でも噂になっていますよ。今夏にはスリムクラブの真栄田賢がテレビで、後輩の中田から挨拶されたことがないと明かしていました。他にも彼のことを“生意気だ!”という先輩芸人はいて、ラジオの発言はまさに火に油を注ぐ感じになってしまいました」(構成作家)


 昨年2月には、ダウンタウンの松本人志と脳科学者の茂木健一郎氏が“笑い”で衝突。松本がMCを務める番組で茂木が釈明する場面もあった。それを見た中田が、名指しこそしなかったものの、暗にブログで松本を批判したのではないかという疑惑が一部で報じられた。


「今年に入って中田は『ビビット』(TBS系)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と、長くレギュラーだった番組から卒業しました。それについてネットなどでは“松本が干した”という噂が広がったのですが、先週発売の『週刊女性』がその真相を中田に直撃したところ、“仕事を整理しただけ”と、本人が干され疑惑を否定していました」(スポーツ紙記者)


■藤森慎吾も愛想を尽かし


 だが、松本といえば吉本興業では“絶対的存在”。スタッフらも、かなり気を使っているという。


「松本さんが映画の宣伝のため地方のテレビ局に出演した際、3日も前から所属事務所の本社社員がわざわざ現地に来て下見をしていました。“楽屋が狭い”“○○を用意してほしい”など、とにかく注文が多い。超VIP扱いを要求してくるので、そりゃこちらはてんやわんやでしたよ」(地方のテレビ局関係者)


 そんな彼と距離を置こうとしているかに見える中田。事務所社長や幹部から「謝れ」と言われたにもかかわらず、拒否したことも伝えられた。


「女性誌の“干された疑惑”の記事が出ると、妻の福田萌が《干した人物がいるのなら、それは紛れもなく“私”です》とブログを更新。これ以上、松本の名前が出ないよう、援護射撃したのかもしれませんが……」(ワイドショー関係者)


 そんな状況に一番、ナイーブになっているのが相方の藤森慎吾(35)だという。


「松本や先輩芸人たちを向こうに回す中田の姿勢に、藤森は愛想が尽きたようです。女性誌の直撃に中田はコンビ解散を否定しましたが、藤森が距離を置きたがっているのは間違いないところ。巻き込まれたくないというのが本心でしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)


 吉本興業に聞いたところ、「中田は番組の企画会議にも参加していますし、コンビとして藤森とも打ち合わせもしてます。週刊誌に報じられたようなトラブルはありません。中田は若い世代の芸人であり、これまでベテランがやらなかったようなことに挑戦し続けているため、誤解を招くことがあるのかもしれません」と回答があった。
 コンビ解散説がくすぶり続けるオリラジは、これからどこに向かうのか。


㊟ま、どうでもいい芸人。中田も藤森も、もちろん、松本人志、浜田雅功もです。消えても惜しむ人はいないでしょう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

“ルール作りが目的”の日本 息が詰まる「コンプライアンス社会」

“ルール作りが目的”の日本 息が詰まる「コンプライアンス社会」
週刊新潮 2018年10月18日号掲載

 明治維新から150年、東洋の島国は、文明開化の名の下に欧米の概念を輸入し、独自の解釈を加え発展を遂げてきた。翻って昨今の「コンプライアンス社会」である。カタカナを訳せば「法令遵守」となるが、現場から聞こえてくるのはこんな声。もう息が詰まるよ!

 製造業に従事する大手メーカーの社員はこう嘆く。

「うちの会社では、コンプラの観点から情報漏洩を防ぐため、USBメモリーなど外部に情報を持ち出せる機器を使うことが禁止されています。特に困るのは出張の時で、専用のノートPCを借りるために申請を出してから届くまでに半日。そのPCに自分のデータを取り込む作業に数十分かかる。台数も不足していて、他部署に借りに行く場合もあり……。このままでは、急な出張が入っても、現場に直行できません」

 そのため、著しく業務が停滞していると言うのだが、ある大手ゼネコンの社員も、

「わが社にはコンプライアンス専門の部署があるのですが、担当社員が何十人もいて暇なのか、しょっちゅう規則を変更しては社内勉強会を開くんです。上司から出席するよう厳命されるけど、内容はほとんど同じ。その時間を顧客に割いた方が、よっぽど会社の利益になるよと考えてしまい、肝心の研修も上の空ですよ」

 本業が疎かになっては本末転倒だが、そんな現場の悲鳴が鬱積すると、社会的な騒動に発展してしまう。

 それを象徴する事件が、ちょうど1年前に起きた神戸製鋼の品質改竄問題だ。

「顧客が必要とする品質よりずっと厳しい基準を設定した結果、現場では、どうせ守れないから破ってもいいと判断されてしまい、不正が生まれたのだと思います」

 とは、京都大学客員准教授の瀧本哲史氏だ。

「海外では目的にあった合理的なルールを作り徹底的に遵守します。ところが、日本ではルール作りが目的化し、過剰なルールが歓迎される傾向がある。実際、コンプライアンスを生業にする弁護士やコンサル会社は、長文で複雑な方が顧客に喜ばれ儲かるという話を聞いたことがあります。これだけ日本でコンプライアンスが叫ばれても、自動車メーカーの燃費偽装や東芝の不適切会計のような大規模な不正がなくならないのは、欧米ではあたり前の倫理教育が不足していることも挙げられます」

企業の活力も低下

 振り返れば多くの日本人は、義務教育の段階から校則に縛られる日常を過ごしてきた。髪や爪の長さに始まって、制服の丈から靴の色までその中身は色々だが、

「守らなくても学業に支障がないような“不要なルール”を叩きこまれたことで、日本人はなぜその規則があるのかを考える機会が与えられなかった。ハーバードでは、倫理的になにが正しいのか、その判断を巡ってとことん議論する授業がありますが、日本ではそのルールが正しいから守るのではなく、上から言われたことなので……となりがち。本当に必要なルールを作り、守っていこうという意識が芽生えづらいのです」(同)

 最終的には、企業の活力が著しく低下すると警鐘を鳴らすのは、『コンプライアンスが日本を潰す』の著者で京都大学大学院教授の藤井聡氏だ。

「会社の中で、個々の社員が何が正しいのかを考え行動することが企業活力の源泉なのに、日本は顧客からのクレーム対応や、個人情報保護などの問題で『訴えられないようにする』ことがコンプライアンスの目的となっています。テレビも自主規制が多くなってつまらなくなったとよく言われますが、これも過剰なコンプライアンスが招いた結果だと思います。世間からバッシングされることを恐れ、守れない過剰な規則を設けて、ルール違反が起きたらさらに厳しいルールを作ってしまう。そんな悪循環に陥っているのが現状です」

 こんな有り様では、人々が息苦しさを覚えるのも無理はない。

㊟テレビに規制が掛かるのは当然、公共の電波を悪用してサブリミナルをやるTBSなどゴキブリ、蛆キムチ社員をやたら増やしているのだから。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

市原悦子さん、82歳なんだもの、頑張らないで!!


市原悦子さん、82歳なんだもの、頑張らないで!!

難病でリハビリ中の市原悦子 自宅で「決死の収録」に臨む
ポストセブン


10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。


「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなどの仕事をこなしています。外出できる状態ではないため、テレビ局の番組スタッフが自宅を訪れて、なんとか収録をこなしています」(市原の知人)


 壁や柱から、私生活をそっとのぞき見する家政婦のように、市原のプライベートを垣間見ると、今、重大な局面を迎えていた──。


「むかーし、むかし、あるところに…」


 という『まんが日本昔ばなし』(TBS系)のナレーションや、ドラマ『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)の家政婦役で親しまれる市原が難病に襲われたのは、2016年11月のことだった。


「それまで健康だったのに、急に手足のしびれや痛み、かゆみや寒気などが発生して、市原さんはパニックになりました。救いようのない症状に“もうダメだ”と絶望して、錯乱状態で入院した彼女は、当時のことをほとんど覚えていないそうです」(前出・知人)


 市原の病名は「自己免疫性脊髄炎」。南相馬市立総合病院脳神経外科の嶋田裕記医師が説明する。


「何らかの原因で体内の抗体が自分の体を攻撃して、脊髄に炎症が起こる難病です。イメージとしてはリウマチに近いが、症状はかなりつらい。手足が動かなくなったり、麻痺や感覚障害、排尿や排便に支障が出ることがあります。薬物投与とリハビリが治療の中心で、まず強力な薬で炎症を抑え、その後、再発を防いでいきます」


 昨年夏前に、市原はリハビリ専門病院から退院して自宅に戻った。外出の数は極端に減ったという。その後の体調も芳しくなく、決定していた今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションも昨年11月に降板した。


「以前はよく若手を引き連れて食事に出て、お会計はすべて市原さんが持っていましたが、病気になってからはまったく見かけません。お手伝いさんやお付きのかたが身の回りの世話をしているようです」(近隣住民)


◆最初の数回が自宅ベッドの上で


 市原は1957年、21才で劇団俳優座に入団。朝から晩まで稽古に明け暮れ、『ハムレット』のオフィーリア、『三文オペラ』のポリーなど多くの舞台で大役を務めた。


1961年には、俳優座養成所時代の同期だった演出家の塩見哲さん(享年80)と結婚。その10年後には塩見さんと退団し、ふたりでプロダクションを立ち上げた。それから、市原はテレビドラマや映画など多方面で活躍した。


「家にいても演劇仲間だったという関係のふたりは、おしどり夫婦として知られていました。子供を望みましたが、2度の流産に見舞われ、お子さんはおりません。それ以来、2014年に塩見さんが亡くなるまで、夫婦ふたりで支え合ってきました」(前出・知人)


 最愛の夫を失ってから仕事も手につかず、自宅に2か月ほどひきこもったこともある。そこから復活したが、今度は自身の闘病生活が始まった。


 活動休止期間は1年4か月。今年3月に『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)内で担当するコーナー『日本眠いい昔ばなし』で仕事復帰を果たした。


「何とか仕事は続けたいと本人の強い希望で、それならば…と異例の自宅収録を行うことになりました。最初の数回は自宅のベッドの上でパジャマ姿のまま、朗読を収録しました。その後は車椅子に座っての収録に切り替えました。病気で不自由になった足のリハビリを続け、最近は何かにつかまりながらゆっくり歩けるようになりましたが、車椅子は欠かせません。それでも夏ごろには体調が回復し、表情にもゆとりが出るようになりました」(芸能関係者)


 だが最近は少し落ち込む様子を見せていたという。

 きっかけは「同志」の死だ。

「9月15日に樹木希林さん(享年75)が亡くなったことがショックだったようです」(前出・知人)

 ともに日本を代表する女優でありながら、市原と樹木さんが初共演したのは、3年前のことだった。樹木さんの最後の主演作となった2015年公開の映画『あん』だ。


「樹木さん演じる主人公の親友を誰にしようかと監督が悩んでいたら、樹木さんが“市原さんに出てほしい”とリクエストした。樹木さんとしては、重要な役どころだけに熟練の俳優さんにお願いしたい。そこで頭に浮かんだのが市原さんでした。樹木さんと孫・伽羅さん(19才)の初共演作でもあり、市原さんは“お孫さんとてもいいわね”とベタぼめでした。そんなこともあり一気に距離も縮んだようです」(映画関係者)


どら焼き屋を舞台にあん作りの名人を演じた樹木さんと、親友を演じた市原。初共演を境に親交を深めた。


「年齢は市原さんが7才も上ですがその差を感じさせない“同志”といったお2人でした。一本強い芯が通っていて、慣れ合わない。一緒に『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演されていましたが、秀逸なやりとりでしたね」(前出・映画関係者)


 9月30日に営まれた樹木さんの告別式に市原は出席できなかったが、今、樹木さんへの思いを強めているという。


 共演当時、樹木さんは全身がんを患いながら仕事を続けていた。平常心とユーモアを忘れず、病気を受け入れる樹木さんの姿を市原は見ていた。


「樹木さんは、病院にかかりきりは嫌だと自宅療養を選んでがんと向き合い、オファーがあればできる限り仕事を受けていました。市原さんも最期まで仕事をしたい、入院、通院や治療ばかりの生活でなく、自宅で自分らしく生きたいと決心したようです」(前出・知人)


 現在、市原は自宅マンション1階にあるフリースペースで、器具を使い、腕力や足腰のトレーニングに励んでいる。


「発症後はあまり喋らないので声帯が細くなりましたが、今は自宅に友人を呼んで一緒に歌を歌うことで、腹筋を鍛えて大きな声が出せるようになりました。彼女は、“出さないでいると声は縮んで小さくなっちゃうのよ”と言って、普段からなるべく大きな声を出し、大きな声で笑うよう心がけています」(前出・知人)


 もちろんそれらはすべて、仕事をこなすため。そして、生涯現役を貫くためだ。


「市原さんは自宅で決死の収録に臨んでいます。収録のため自宅を訪れるスタッフの前で、最低でも3分、自分の足で立ってお話をすることが彼女の今の目標。そして、いずれ車椅子なしで舞台に出たいと言っているそうです。完全復活にはまだ時間がかかるでしょうが、市原さんは必ずやり遂げるつもりです」(前出・芸能関係者)

 闘病と真っ向から向き合う、市原の生き様を見た。

※女性セブン2018年11月1日号


㊟素晴らしい俳優。生き様も凄いですね。参考になったのは独居老人や高齢夫婦は会話が無くなり、声が出なくなり、体が日に日に委縮していくことです。一人カラオケをお薦めします。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

速報!!私も大きな疑問を持っていた仏人行方不明!!


速報!!私も大きな疑問を持っていた仏人行方不明!!

仏人女性不明3カ月 安全な日本でなぜ 「家族の絶望大きい」駐日大使
産経新聞10/28(日) 20:49配信


 今年7月、栃木県日光市へ観光に訪れたフランス人女性、ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)が不明になってから、29日で3カ月を迎える。フランス人観光客に人気の「安全な日本」で起こった事案に、仏国内でも関心は高く、捜索強化などのため、在日フランス大使館が積極的に関係当局に働きかけている。ベロンさんの家族はマクロン仏大統領とも面会。同大使館は「行方がわかるまで継続的に関わる」としている。(佐々木正明)


 ベロンさんは7月28日から日光に滞在。翌29日午前、消息が途絶えた。宿泊先には荷物やパスポートが残され、軽装で外出したとみられる。栃木県警は捜索を続けているが、有力な手がかりは得られていない。

 心配する家族がたびたび来日し、情報提供を呼びかけている。ベロンさんにはてんかんの持病があったが、10月初旬から日光に滞在している兄のダミアンさん(38)は

「ここ2年、病気は安定していた。彼女は身体に危機があったときのためにどうしたらよいかを示す日本語と英語の注意書きを持っていた」
という。仏西部ポワチエに居住し、小学校に勤務しているベロンさんのことを心配し、学校ではチャリティーをして、捜索のための資金を家族に援助しているという。


 10月17日、パリのエリゼ宮(大統領府)でマクロン大統領と安倍晋三首相が首脳会談した際には、ベロンさんの妹でジャーナリストのシビルさんが両首脳と面会を果たした。ダミアンさんは「会談の後、警察や大使館とも話をした。より広範囲な捜索が進むことを期待している」と語った。

     ◇

 ベロンさんの不明事案について、ローラン・ピック駐日フランス大使がインタビューに応じた。

 --大使館はどのように関わっているのか

 「同胞の保護は大使館に課された使命であり、彼女の家族と関係当局との橋渡しをしている。ベロンさんは美しい日本で休暇を過ごすことをだいぶ前から計画し、訪れるのを楽しみにしていた。ご家族の絶望感は大きく、日本は遠く離れているのでいっそうの不安を駆り立てている」

 --大使自身も直接、行動している

 「私自身も当初から現地に出向き、県知事にもうかがった。警察や外務省へもお願いし、ベロンさんが水の事故に遭っている可能性もあり、河川を管理している部局などすべての関係当局に事情説明に出向いている。地元の方々も含め、連帯感を示してくれている。お礼を申し上げたい」

 --非公式だが、日仏首脳会談でも話し合われた

 「ベロンさんの妹が安倍晋三首相がエリゼ宮を訪れた際に支援を直接、訴えた。昼食会に入る前に話し合ったが、首相もマクロン大統領も現状を理解されたのではないかと思う。手がかりが得られるまで支援を継続する」

 情報提供は日光署((電)0288・53・0110)まで。


㊟この事件には関心を持っていて、最近報道がまったくないので、ネットで「日光で行方不明仏人はどうなった?」と検索しようと考えていた矢先、この記事が。


 日本の警察だけに相当な範囲を捜索したのは確実だろう。なぜ、見つからないのか。。。ただ、日光には一度も行ったことがないから地形なども想像もできないからアドバイスはできないし。。。無事でいてくれることを祈る。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

TBS、佐々木 卓社長、金平茂紀の安田純平、全面擁護を許すのか!

TBS、佐々木 卓社長、金平茂紀の安田純平、全面擁護を許すのか!


 27日のTBS、サブリミナル大得意の「報道特集」の冒頭での金平茂紀の発言だ。これには激怒してしまった。

TBSが誇る金平発言はこうだ。


「安田さんの強靭な精神力には敬服するばかりです」

「この期に及んで、自己責任論を掲げてバッシングする一部の人々に呆れて言葉を失います」は


 
㊟ これを読んで怒らない読者はいないだろう。なぜ、金平ここまで安田ウマルを擁護するのか?


オイ、反日、金平よ、安田のこれまでの取材内容が世界の、日本の、何に役立ち、現地に平和をもたらしたのか?何一つないじゃないか!貴様、何処を見て、何を見ているんだ?


 TBS社長に告ぐ!

 こんな発言の金平を許す?紛争当事国の政府側、反政府側のどちらの言い分が正しいのか、誰が判る?それぞれ「自分たちが正しい」と主張し、しかも、その紛争を利用して大国が参入し、より紛争を激化させている、あなたならそれが判る筈。


 しかも、安田自身、妻に、


「取材先でトラブルに巻き込まれたり、何かあっても自分の責任だ」


 と「日頃から言っていた」と妻は語っている。この発言をどう思う?

 更に、今回、安田は、


「日本主導の開放は望んでいない」

 と反日思想丸出し、反省の欠片もない,驚く発言をしている。


この金平の今回の発言を必ず総務委員会で追及させる!!私が磯崎社長、大川常務を衆参の「逓信委員会」に喚問させ、首を獲ったのを忘れたか?

これは「正次郎のNEWS TODAY」で配信する。要するに確約だ。

                  ジャーナリスト・作家で鬼神と呼ばれる渡邊正次郎

(この部分は差別言葉をカットし、TBS社長のメール部済み。どう出るかみものです。動き仲れば私が動くだけ)



優子おばちゃん、よくぞ言った!!
安藤優子 日本政府主導の解放は「望まない」発言の安田純平さんに不快感「安田さんの言葉でおっしゃるべきことなのかな」
東スポWeb

 フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」はジャーナリスト・安田純平さん(44)がシリアの過激派組織から約3年4か月ぶりに解放された話題を特集した。

 キャスターの安藤優子(59)は安田さんがイスタンブールに向かう機内の中でNHKの取材に対し「あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかった」などと語ったことを疑問視した。

 安田さんが日本政府の介入について不要であるかのようなニュアンスで「望まない解放のされ方だった」と複雑な心境も明かしたことに、安藤は

「これは今、安田さんの言葉でおっしゃるべきことなのかなって私は疑問に思います。実際に政府が動いたわけですから。救出の全体のシナリオは日本政府が情報入手した上で立てて、そこにカタールやトルコが協力した見方もある」

と違和感を口にした。

 安田さんは拘束前、日本政府を批判する発言をツイッター上で展開。シリアへも反対を押し切って入国した。こうした言動に従っての発言だったのかもしれないが、安田さんが救出を訴えてからさまざまな外交ルートを利用した日本政府の働きかけがあったことは明らかだ。

 安藤は

「日本側が一連の枠組みというか、スキームを描いた見方があるわけですから『日本政府が救ったんじゃないよ』っていうその言い方はちょっと、今、時期尚早なんじゃないですかね」

と安田さんに大人の対応を求めた。


㊟優子おばちゃん、よくぞ言いました。正論。これぞフジテレビだ!!!



たけし、登山家は救助されれば金払うのに、、、安田さんは。。。


たけし、安田純平さんは「成功すればいい写真や名誉を得られるけど…」
サンスポ

 タレント、ビートたけし(71)が27日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に生出演。シリアの武装組織から解放され25日に帰国したジャーナリスト、安田純平さん(44)について言及した。

 たけしは登山家が山で遭難したケースを引き合いに出し、「成功すればいい写真や名誉を得られるけど、失敗した場合は救助隊に(自費で)お金を払うでしょ? この人(安田さん)は失敗したんじゃないの?」と自己責任論を厳しく指摘。また「もうちょっとフリーのジャーナリストが集まって、国境なき何とか団みたいな感じで動いたほうがいい。単独だと無理があるんじゃないか」と提案した。

 日本政府は拘束の経緯や当時の状況について、本人から事情を聴くための準備を進めた。関係者によると、安田さんは病院で数日間、検査入院する予定だという。外務省や警察当局は、健康状態を確認した上で聴取に応じるよう求める方針だ。安田さんは25日夜にトルコから空路で成田空港に到着。空港で記者会見した妻の深結さんによると、安田さんは心身に過酷な負担があり、メディカルチェックを受けるとしていた。
㊟たけちゃんも皮肉たっぷりで拍手!!イイね、より上。





東国原、安田純平さんに自己責任論を「是非ご意見を賜りたい」
サンスポ

 タレント、東国原英夫(61)が26日、ツイッターを更新。シリアの武装組織から解放され25日に帰国したジャーナリスト、安田純平さん(44)について、「安田氏本人が嘗て『自己責任である』と発言されております。ジャーナリズム精神・使命と自己責任の相関・相互関係について、記者会見等で、是非ご意見を賜りたいですね」とつづった。

 日本政府は拘束の経緯や当時の状況について、本人から事情を聴くための準備を進めた。関係者によると、安田さんは病院で数日間、検査入院する予定だという。外務省や警察当局は、健康状態を確認した上で聴取に応じるよう求める方針だ。安田さんは25日夜にトルコから空路で成田空港に到着。空港で記者会見した妻の深結さんによると、安田さんは心身に過酷な負担があり、メディカルチェックを受けるとしていた。

㊟ひがしく、髪が全然増えていないけど意見は正しい。拍手。

そう、立川志らく氏の28日のフジテレ意見にも大大賛成。志らくがデビュー当時から大大大ファン。しかも、貴乃花事件での発言も私とまったく同意見。

片や男前、片や鬼神。まさか、先祖が一緒?なら嬉しいが。




「謝罪なければおかしい」安田純平さんめぐり立川志らくが見解
スポーツ報知

ざっくり言うと
• 立川志らくが28日の番組で、安田純平さんをめぐって持論を語った
• どれだけのお金が使われたか、どれだけの人が気をもんで動いたかと指摘
• もし謝罪をしなかったならば、人としておかしいと訴えた

立川志らく、解放された安田純平さんは「謝罪をしなかったならば人としておかしい」

 落語家の立川志らく(55)が28日放送のフジテレビ系「報道プライムサンデー」(日曜・前7時半)に生出演。シリアの武装組織による拘束から解放され、25日に帰国した日本人ジャーナリスト・安田純平さん(44)について独自の見解を示した。


 志らくは


「私はまず、人の命が助かったんだから、それは良かったねというのが人の道だとは思うんですね」とした上で「ただ、安田さんに申し上げたいのは、あなたのためにどれだけのお金が使われたか。どれだけの人間が気をもんで動いたか。それに対する謝罪は今後あるとは思うんだけど、もし謝罪をしなかったならば、ジャーナリスト以前の問題ですから、人としておかしい。私は謝罪してくれるもんだと思っていますけども」

と訴えた。


 さらに、今回の問題でSNS上などで集中している自己責任論について


「自己責任論についてはちょっと違うなと思うのが、行くなと政府が行ったのになんで行くんだと、これ旅行者だったら別ですよ。ジャーナリストは時には国に対して時には反発して真実を求めに行くのがジャーナリストだから、それを批判してもしょうがない。だから登山者だって立入禁止のところに入って遭難に遭ったならば、自己責任だっていうけど、憲法で認められてますからね、助けなくちゃいけないんですよ、国は。だから今回も助けるのは当然のことなんですよね」


と話した。さらに


「自己責任うんぬんっていうのは感情論になっているから。感情論だと話は前に進まない。怒っているから。あの野郎、気にいらねぇって言っているだけなんだから、感情論は抜きにして話さないといけない」と続けた。その上で「安田さんが一番考えないといけないのは身代金がもし払われていたとしたらば、そのお金でテロリストは武器を買って人を殺す可能性がある。あなたの命のおかげで人が死ぬ可能性があるわけ。それは真摯に受け止めて、本当に申し訳ない、二度と捕まるようなことはしちゃいけない、そこのところを安田さん考えるべきですね」


と安田さんへ呼びかけていた。


㊟私と99%同意見。1%加筆するなら


「紛争国の政府側、反政府側」のどちらが正しいか、正しくないか、誰も分からないのに、一方のみ取材して“それを正義の意見”のようにバラ撒くな、と言いたい。


 しかも、その戦争を大国が利用して被害を拡大させてしまった。彼らは自国の利益を優先し、それぞれに加担しているのだけ。


 また、遠い国の悲惨な戦場を日本で報道しても,爪の先ほどの効果もない。それをジャーナリストなら知るべき。だから売名、金儲けと非難されるのだ。新聞や週刊誌などに連載も持てず、著書を出せる能力もないから、、、現在に至ったんじゃないんですか?


 私は何年にもわたって「夕刊フジ」、「週刊女性」、「政界往来」、「選択」、「大阪日日」に連載コラムを持ち、40数冊を上梓しています。単行本は今も売れてますよ。


 また重複するが、安田は「荷物を全部取られた」と怒っていた。が、日記を持ち帰って公開したじゃないか。荷物を全部取られていないじゃないの。自分で矛盾を感じない、、、なら若年痴呆症かもね。


 日本の国民の「姓」で「安田」は99%半島人です。これも事実。厳し過ぎ?大拡散
願います

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

過ぎたるは。。。私が成立させた「個人情報保護法」が。。。


過ぎたるは。。。私が成立させた「個人情報保護法」が。。。

学校通信に“うちの子は載せないで” やり過ぎ「個人情報保護」の危険性
社会週刊新潮 2018年10月18日号掲載

 今日び、SNSの“中毒患者”が等しく口にするのが「繋がっていたい」という願望である。そんな彼らも、個人情報の流出には神経を尖らせるが、過剰な個人情報保護のせいで、至るところで「繋がり」が断たれ、個人が疎外されつつあるのにお気づきか。

 日本人の美徳として「連帯感」を挙げる外国人が多いが、その土台となってきたのが、地域の絆を大切にする伝統だろう。ところが昨今は、連帯もへったくれもないありさまである。

 その昔、子供はみんなで育てるものだったが、大阪市立小の教諭によれば、

「保護者間で連絡を取り合える緊急連絡網は、個人情報の漏洩防止のためになくなった。だから、子供がほかの子の家を訪ね、帰ってこないという場合、問い合わせは学校にきます。でも、相手のお母さんに電話して承諾を得ないと、電話番号を伝えられません」

 横浜市立中学の教諭も、

「台風に関する情報などは、どうしても父母に伝える必要があり、一斉メールを配信していましたが、一部の親から“流出が怖いのでリストから外してほしい”という要望があった。しかし、その家庭にだけ伝えないわけにはいかず、担任が個別に電話します。こうしている間に、仲良しグループだけで情報を共有する妙な関係性が構築されています」

 そう言って、続ける。

「運動会などでスナップ写真を撮って学校通信などに掲載する際、“うちの子は載せないで”と言う親がいるので、いちいち許諾をもらう必要がある。校外のスポーツ大会も、柔剣道などの個人競技では“うちの子の名前は出さないで”という要望がくる。結果、○○中学校A対○○中学校Bという、奇妙な対戦表ができ上がります。校外コンクールに出す作文も、“○○君と遊園地に行きました”という記述があれば、○○君に名前を出していいか確認し、ダメなら仮名にします。カバンなども見えるところに名前を書かないように指導していて、紛失すると出てきにくくなった。生徒に名札もつけられず、教師も、ほかのクラスの子の名前は覚えられません」

 自分だけを守ろうという利己主義が蔓延し、子供同士、あるいは子供と大人の関係性が希薄になった結果、子供たちは守られるどころか、危険に晒されている。

孤独死の増加も

「信教や思想信条、疾病情報、銀行口座の預金残高などは、他人に容易に知られてはまずい個人情報。ですが、氏名や住所といったレベルの情報は、プライバシーとはいえない。むしろ公共財として幅広く流通させたほうが、社会のためになる。ところが、全部がごっちゃに扱われているのが最大の問題です。最近は、地域住民に必要な情報すら開示されません」

『情報化時代のプライバシー研究』の著者、学術博士で元国際大学教授の青柳武彦氏は、そう指摘する。

 都内の霊園に聞いても、

「お墓の場所は、基本的にはご親族以外にはお知らせしません。また、どなたにも知らせたくないという方もいらっしゃいます」

 個人ばかりか、故人情報にも敏感なのだ。こうも病的では、いずれしっぺ返しを食らうのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は、

「私が住んでいた港区の賃貸マンションなど、どの世帯もネームプレートに名前を書かず、災害時に、要支援者がいても助けられません。ただでさえ希薄な人間関係が、個人情報保護法によって、いっそう希薄になった感があります」
 と指摘。青柳氏も、

「個人情報の保護に比例して、地域の人間関係がどんどん希薄になっている。災害時に必要な救助ができないのはもちろん、孤独死の増加も、この状況と無縁ではないと思います」

 言うまでもなく、人は一人では生きられない。過ぎたる個人情報保護によって、日本の美徳でもあった絆を自ら断ち切れば、小さな個人など、大波のうねりの前にひとたまりもない。


㊟私が「動物愛語管理法」(改正)、「NPO法」、「団体規制法」、「個人情報保護法」を成立させたことは履歴にも記してある。また、それらの法律を立案、成立させたいろんな驚くいきさつを『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』にも述べた。


「個人情報保護法」を成立させたのは、、、私がジャーナリスト・作家として「夕刊フジ」「週刊女性」「政界往来」「選択」等に連載を持ち、大阪日日新聞、個人消費者金融「武富士」等の顧問も懇願されて就いていた時だった。

 
ある日、「武富士」の重役が事務所に来た。異風な男と二人。


「先生、助けてあげてください。銀行系の消費者金融が不良債権を暴力団闇金融に売却し、債権者を追い込み『臓器を売るか、自殺で保険金を払え』と追い込まれた人が飛び込んで来ました。会って下さいませんか」

 見るからに、今にも死にそうな中年男を連れて来た。着ている物はホームレスそのもの。


事情を訊き驚き、目の前で河村たかし議員(現・名古屋市長)に電話。内容を話し、「財務官僚を議員室に呼んで置いて欲しい」と告げ、その足で議員会館へ。


3人の財務官僚が待っていた。


彼らは河村たかし議員が提案した「NPO法」を廃案にしようと、自民党議員らに逆陳情し、99・9%廃案が内定していたのを私に怒鳴り上げられ、継続審議にされ次の国会で成立させられたことがあり、私の実力を十分過ぎるほど知っている。しかも、私が彼らの大先輩の超大物議員、迫水久常参議院議員秘書だったことも知っているから小さくなっていた。


第一声で


「君たち、銀行は君たちの管理だ。その銀行の消費者金融が不良債権を暴力団闇金融に売り飛ばし、債権者に臓器を売れ、自殺して保険金で払えとやらしているのを知らない筈はない!取り締れ!!」


 と厳命。河村議員も秘書たちも、私のちゃきちゃきの江戸弁とドスの効いた声に声一つない。


「…先生、取り締る法律が無いんで…」


 と幹部官僚。


「なら、即、法律を作り上げろ!私のところに取りすがって来た債権者が自殺したら、君たちに責任を取って貰うぞ!。私がきついのを知ってるだろ?」

 と再度、厳命。


河村議員に「お邪魔しました」の言葉も忘れ、真っ青になって帰った財務官僚らが大慌てて「個人情報保護法案」を作成、国会に上程、成立したのだ。


 その法律が成立した時、目黒柿の木坂の親しい奥様と出会うと、


「先生、個人情報保護法ってのが出来て、消防団の名簿も出しちゃいけねいんですって」


 と言われ、「その法律は私が作らせたんです」と言わず、「そんな事まで厳しくないですよ」と答えて置いたのだが、紹介した「週刊新潮」の記事のように、法律が勝手に一人歩きをしてしまっている。法の解釈を間違えてしまう。これが庶民でもあるが、逆に“悪利用”する連中も出てしまうのです。法を立案させたときは、こんな事を予想もしなかった。財務官僚くん、どうしようか。。。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

AirDropでハラスメントされるかも、ってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

AirDropでハラスメントされるかも、ってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
マイナビニュース / 2018年10月21日 12時0分

パワハラ、セクハラ、モラハラ……近頃いろいろな「ハラスメント」を耳にしますが、iPhoneも例外ではありません。タイトルを見ただけでハラハラしてしまうこの話、いやな思いをする前に対策が必要です。


AirDropは、コントロールセンターのWi-Fiボタンを長押し(3Dプレス)すると現れるAirDropボタンで受信条件を設定できます。オプションとして表示される「連絡先のみ」と「すべての人」のどちらかを選択していると、他のiPhoneユーザからデータを受け取れる待ち受け状態となりますが、問題は「すべての人」を選択したときです。


「連絡先のみ」を選択している場合、RSAという高度な暗号技術で生成されたIDにくわえ、Apple IDに関連付けられたメールアドレスと電話番号をもとに生成されたIDを利用し、データの送り主が「連絡先」に登録されている人物であることを確認します。これで、自分の「連絡先」に登録されている人物以外はAirDropを許されなくなります。高度なセキュリティにより成りすましは困難ですから、「連絡先」に危険な人物を登録していないかぎり安心です。


しかし、「すべての人」を選択した場合は、自分の「連絡先」に登録された人物かどうかの照合が行われません。見ず知らずの人物でも、Apple IDを持つiPhoneユーザでありさえすればAirDrop送信を許されます。受け取りを辞退することは可能ですが、画像を送られてきた場合は自動的にプレビューされますから、不愉快な写真を一方的に送りつけるなど一種のハラスメントが可能です。


実際、下半身を露出させた写真を送りつけるなどのハラスメント事件が海外で報道されています。最近では日本でも類似の事件が報道されるようになりましたから、もはや対岸の火事ではありません。


対策はただひとつ、つねにAirDropの受信条件を「連絡先のみ」にしておくことです。なにかの事情で「すべての人」に変更した場合は、用事が済み次第「連絡先のみ」に戻しましょう。
(海上忍)


㊟気を抜くととんでもない事になりそう。嫌な社会になったもんだ。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

結弦と大輔の死闘開始!!フィギュア界騒然!?

結弦と大輔の死闘開始!!フィギュア界騒然!?

羽生結弦と高橋大輔 無言の「場外乱闘」、ファン同士も舌戦
ポストセブン

「高橋大輔と同じ近畿大会に参加する選手が気の毒。その分、全日本選手権に1人出られなくなるわけでしょ」

「羽生ファンとはわかりあえないなー。嫌なら近畿大会を見なければいいのに」

「高橋のショートプログラムのあの衣装、羽生選手のマネでしょ。卑怯」

「高橋大輔がゆづに何かした? 勘違いのいいがかりはやめてくれないかな」


 ネット上では今、羽生結弦(23才)ファンと高橋大輔(32才)ファンの間で、激しい舌戦が繰り広げられている。


 10月7、8日に開催された『近畿フィギュアスケート選手権大会』。7月に現役復帰を電撃発表した高橋は、今シーズンの初戦をこの地方大会からスタートした。結果は3位、11月の西日本選手権に駒を進めている。ここで上位入賞を果たせば、羽生らシード選手が待つ12月の全日本選手権の出場権を手にする。


 そんな高橋の復帰に納得がいかないのが羽生ファンだ。


「もともと高橋ファンと羽生ファンは、熱狂的な“信者”が多く、タイプも違うのでファン同士の折り合いが悪い。高橋選手の引退で一時おさまっていたのが、今回の復帰で再燃してしまった形です。羽生ファンとしては“邪魔者が戻ってきた”“報道が高橋大輔ばかりで気に入らない”という言い分だそうですが…」(スポーツ紙記者)


 しかし、対立していたのはファン同士だけではないと前出のスポーツ紙記者は話す。


「高橋選手が現役復帰宣言をした翌日の7月2日、羽生選手の国民栄誉賞授与式が行われました。その会見の前、スケート連盟関係者から報道陣に向けて“高橋大輔さんの件についての質問はNG”という通達があったんです。発表の翌日に聞かないなんて、その方が不自然。でもフィギュアスケートに詳しい記者たちは“やっぱり”という受け止め方が多かった。それだけ羽生選手と高橋選手はデリケートな関係にあるんです」


◆オフシーズンの練習場かぶり


 羽生のシニアデビューは2010年。当時の高橋は日本の“絶対的“エースで、男子フィギュアスケート界をけん引する存在だった。フィギュアスケートに詳しいスポーツライターが語る。


「この年のバンクーバー五輪で高橋選手は銅メダルを獲得。まだ15才だった羽生選手にとって高橋選手は憧れの存在だった。羽生選手は、世界一といわれた高橋選手のやわらかく表現力豊かなステップを目標にしていました。高橋選手が羽生選手にアドバイスしてあげていることもあった」


 羽生の成長は目覚ましかった。シニアデビューとなった2010-2011年シーズンの四大陸選手権では初出場にして高橋の金メダルに次ぐ銀メダルを獲得。2012-2013年シーズンのGPファイナルでも高橋が金、羽生が銀になり日本人選手のワンツーフィニッシュという快挙。その年の全日本選手権では高橋を抑え、初優勝を果たした。


「2013年のGPファイナルで羽生選手が初優勝してからは、前人未踏の4連覇。一方高橋選手は、2012年のGPファイナルで日本人初の優勝を果たした以降、一度も羽生選手に勝っていません。そんな焦りもあったのか羽生選手に対する接し方が変わり始めて、態度が大きくなった感じがあって…。羽生選手もその変化を敏感に察したようで、以前のように先輩後輩の親しい関係からは遠ざかっていきました」(前出・スポーツライター)


 2人の関係に決定的な変化があったのは、2014年のソチ五輪。全日本選手権を連覇し、初めて五輪代表に選ばれた羽生。結果は、羽生が金メダルを獲得し、高橋は6位。高橋の3大会連続五輪入賞も日本人初の快挙だったが、羽生の偉業の前に薄れた。


「高橋選手はけがを押しての出場でよく頑張ったと思います。でもプライドの高い彼にとっては決して納得のいく結果ではなかったでしょう。9才も年下で、かつて自分がアドバイスしてあげていた羽生選手に負けたことへの悔しさだったのか、変な距離を作ってしまったのかもしれません。一方、羽生選手は争いを好まず孤独を選ぶタイプなので、自ら高橋選手に近づくことはせず、2人の溝が埋まることはないまま、2014年の10月に高橋選手は引退を発表しています。

 もちろんお互い大人ですから、今でも会えば挨拶はするし、雰囲気を悪くするようなことはしない。ただ、周りの日本人選手が2人の微妙な距離感に気を使うところはあるようです」(前出・スポーツライター)


 この12月、4年ぶりの直接対決となる可能性が高いが、すでに夏から2人の「場外乱闘」は始まっていた。


「高橋選手は復帰に向けて、ショートプログラムの振り付けをカナダの振付師に頼んでいたんですが、その練習が行われたのがカナダ・トロントにある『クリケットクラブ』。ここは、羽生選手が2012年にブライアン・オーサーコーチに師事してからオフシーズンの練習場にしている、いわばホームタウンです。敏感なファンは“わざわざかぶせてくるなんて”と激怒したんです」(フィギュアスケート関係者)


 7月の復帰会見で、高橋は現役を「1年限り」と語り、「全日本選手権の最終グループに入りたい」と明言している。


「羽生選手との直接対決を見据えて練習を重ねているということです。6月に発表されたルール改正で、4回転ジャンプの基礎点が大きく下がる一方、出来栄え点の段階が拡大された。表現力を武器にする高橋選手には有利で、現役復帰に踏み切った理由の1つと考えられます。ただ、本人が目標とする“全日本の最終グループ”に残るには、全日本出場を獲得したうえで、SPで6位以内に入らなければいけない。ブランクが長かっただけに、容易ではありません」(別のフィギュアスケート関係者)

 最終滑走前の6分間の練習で一緒にリンクに立つ2人の姿は見たい。

※女性セブン2018年11月1日号


㊟二人をライバルと表現するのは良しとする。が、煽り過ぎはやめたほうがいいですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ヤッパ、醜ゴキはやらせだらけ!!腐れパンダ顔は本物です!!


ヤッパ、醜ゴキはやらせだらけ!!腐れパンダ顔は本物です!!

習近平氏の地方視察でやらせ続出、巨大魚や漁師も仕込む
ポストセブン

 中国の習近平国家主席による視察で“やらせ”が続出していることが明らかになった。

n習氏は9月下旬、吉林省松原市の査干湖で漁の様子を視察したが、中国国営中央テレビ(CCTV)はこの模様をトップニュースとして報道し、大きくて活きの良い魚が大量に捕獲されるシーンを放映した。


 しかし、この湖周辺の住民が中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」上で、

「このような漁の予行演習が数日前から行われており、出演者はいずれも地方政府の関係者や幹部ばかりで、魚は事前に仕込んでおいて、湖に放されていたものだ」

と暴露した。


 CCTVの映像について、ネット上では「漁民がなぜライフジャケットまで着用しているのか」、「服は新品のように見える」、「漁民の雰囲気は全然ない。兵士のようだ」などと疑問の声が寄せられていた。


 習氏は9月下旬の3泊4日で、吉林省ばかりでなく黒竜江省や遼寧省といった東北三省を視察しているが、黒竜江省の麦畑では習氏の背景に映し出されている数台のコンバインは他の農場から借り出したものだったことが分かった。遼寧省の油田で働く人々はいずれも地元政府や石油会社の幹部ばかりだったという。


 中国では、最高幹部の視察に伴い地元幹部が「素晴らしい業績」をアピールするため、しばしば「やらせ」を演出している。


 たとえば、2013年2月4日、習氏が甘粛省蘭州の五泉市場を視察した際、販売業者に扮した地元幹部が10日前から予行練習していたほか、辺境の農村で視察に来た習氏を歓迎するのは地元の警察官ばかりで、習氏の警備も兼ねていたとの事実がネット上で暴露されている。

これは習氏ばかりではない。2011年の春節(旧正月)に当時の胡錦濤国家主席が北京市内の低所得者向けの住宅を視察し、ある入居者に「家賃は大丈夫か?」と質問。入居者の女性は「家賃は毎月たったの77元(約1300円)なので、まったく問題ない」と答えた。しかし、後にこのアパートの家賃は2000元(約3万2000円)で、女性は公務員であることが分かったという。


 また、2005 年の春節に温家宝首相が河南省の通称「エイズ村」を視察した際に、村は実際は無医村なのに、別の地区から大量の医師と看護師を動員。CCTVのニュースは、現地の医療が充実しているようにアピールしていたのだという。


 さらに、1998年5月、当時の朱鎔基首相が安徽省・南陵県糧倉を視察した時、地元幹部が他県から1000トン以上のコメを調達し、200人が4日間かけて、倉庫を満杯にしたが、朱氏が現地を離れてすぐに、コメも倉庫から運び出されたという。


 これらの実例について、ある幹部は香港メディアに対して「出世のためなら何でもやるよ」とうそぶいたという。つまり、中国の地方幹部にとって、最高幹部の視察は「出世の願ってもないチャンス」になるということだろう。


㊟地方幹部どものヤラセを見抜けないってバカ?

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

また片山さつき口利き疑惑と、チンピラ“秋元司”環境副大臣は環境破壊企業から献金!!


また出た!片山さつき口利き疑惑と、チンピラ“秋元司”環境副大臣は環境破壊企業から献金!!


「片山さつき地方創生相」に更なる口利き疑惑、「秋元司環境副大臣」に環境破壊企業から献金… 安倍内閣の時限爆弾
政治週刊新潮


週刊文春によって「国税当局への口利き」が報じられた片山さつき地方創生相(59)に、もう一つの口利き疑惑が発覚。そして秋元司環境副大臣(47)には、地元が反発する太陽光発電業者からの献金が明るみに。安倍新内閣、船出早々の暗雲である。
 ***
 現在、片山大臣に取り沙汰されているのは、長野市の金属加工会社をめぐる疑惑である。青色申告承認が取り消されそうになった社長からの依頼に応じる形で、片山大臣が国税当局へ電話した……というものだ。ところが、さる財務省の関係者によれば、

「長野市の金属加工会社の問題が報じられて間もなく、財務省でも口利きがあったという話が流れたのです」

 こちらに登場するのは、銀行から融資を断られたパチンコ業者。私設秘書を窓口にして陳情を行うと、それを受けて片山大臣は古巣の財務省の幹部に電話をかけたという。

「片山大臣は、“金融庁の銀行担当に橋渡しをしてもらいたい”と頼んだということです。そして、その幹部は、実際に橋渡しをしました」
とある。

続く週刊新潮に登場する秋元司環境副大臣。これは全国会議員、都議会議員、区議会議員は必読!!こいつは本当にワル!!根性が腐りきっている。自分のために親を殺し、恩人を陥れる真正ワル。

利権に関しては鈴木宗男ことアホの坂田そっくり。金、金、金。小林興起議員秘書当時から利権漁りは有名だった…「宗男に続き、刑務所入りする」、と予言して「週刊新潮」記事を紹介します。

 企業と政治家の関係を問う話ならば、このたび環境副大臣に就任した秋元司衆院議員も同様である。2016年の政治資金収支報告書によれば、東京都港区の『ブルーキャピタルマネジメント』なる企業から150万円の献金を受けている。

 再生エネルギー事業を手がける『ブルー社』は、現在、静岡県伊東市でメガソーラー建設計画を進めている。太陽光パネル約14・5万枚を設置するために行う森林伐採などに対し、景観や生態系への影響の観点から、地元住民が反対。市もパネルの総面積の上限を定める条例を施行し、

「(ブルー社に)再三にわたって『建設事業には同意できない』と伝えております」(伊東市都市計画課)

 環境破壊に繋がりかねない事業を進める企業から、環境副大臣が献金を受けるとはブラックジョークである。

片山大臣、秋元環境副大臣はそれぞれ、

「ご質問のような働きかけは承知しておりません」(片山事務所)

「(ブルー社の)伊東の事業って、俺よくわからないんだ。環境破壊になるかどうかは何とも言えないけどさ、中身は本当に知らない」(副大臣ご本人)

 と答える。

 10月25日発売の週刊新潮ではこのほか、濡れ手で粟の土地売却で1億4000万円を手にした桜田義孝五輪担当相(68)と併せ、安倍内閣の「時限爆弾」を特集する。


㊟さつき婆さんのことは先に触れたから措いて。秋元司は小林興起議員秘書時代から利権漁りに目の色変えていた。北系のパチンコ屋からも献金を集めていた(目黒のパンチコ屋から金を貰った帰りに私の事務所に顔を出し、平然とそれを口にしたのだから推して知るべし)


 秘書当時から私の力を利用しまくった野郎でもある。そして小林議員を裏切り後援会を乗っ取り、参議院比例区で名乗りを上げた。が、東京地方の都議、区議からの推薦も無く、公認を貰えないことで私に泣きつき、私が区議一人、都議一人を推薦人に。これで公認を得、最下位当選。それから一二年後、今度は私を裏切った。しかも、何度もだ。言っておきますが、こんな男から一円たりとも貰ったこともなければ、食事代を払って貰ったこともない。


 数年前、官邸筋に、


「秋元司は必ず刑務所入りする事件を起こす。危険」


 と教えて置いたのだが、官邸筋は人員が変わったのか副大臣にしてしまった。


石破茂が幹事長当時、三原不純子と親しく、山口組『弘道会』と密接交際者でもある「横浜銀蝿」の嶋大輔を参院の候補にしようと画策。バカな石破をだまして公認を内定させたのだ。


 激怒した私は石破にこの事実をメールで突きつけ。公認を取り消させた、ところが、その頃、参院から衆議院(江東区)に転じた秋元司は。自分の選挙を有利にするために、嶋大輔を都議選に担ぎ出そうと画策。数十人の自民都議が私からの情報を得て、公認だ射す。


私は秋元を電話で怒鳴り上げた。それ以降、一切、電話に出ようともしない。そんなことはチンピラだからどうでもいいが、絶対許せないのは、小林興起議員らに事実無根の私の中傷を吹き込んだことなどだ。絶対に許さん。断固だ。


 私は昔から“有言実行、目には目、歯には歯”が主義。数千万円の金など騙されても怒りもしない性格だが、人の道に外れたヤロウは地獄へ逝って貰う。

こうしたことで、秋元司は、私がケジメを付けるリスト(元チンピラ右翼小川、自称ジャーナリストとか芸能マネージャーを名乗る野島、新宿元区議の川出や、芸能プロオーナー2人)に加えて追加してある。


秋元よ。私を知ってるだろ?私の実力を。暴力など振るわない。が、「NPO法」も『団体規制法』も私が立法させたのも知ってるよな。

 貴様を“官憲、裏社”を含むあらゆる方面にいる渡邉機関が常に監視していることを忘れるな。フフフ・・・ある日、貴様の選挙区・江東区から強力な候補が立候補することも。。。私が江東区でマイクを握ったら貴様は落選。



週刊新潮の取材に答える秋元司の言葉遣いをもう一度見てください。教養の無さ、下品さがモロ。必ず刑務所入りします。
 残念なことに、私の“言霊予言”は敵中す!!

『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)にもこの野郎のことを触れてあります。是非、ご一読を。大拡散OKです

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

麻世、外人女嫁した不運に泣く!?千昌夫もシェパードに奪われたっけ。


麻世、外人女嫁した不運に泣く!?千昌夫もシェパードに奪われたっけ。

川崎麻世は“銭ゲバ妻”カイヤのATMと化した 元カノ濵松恵が激白
日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年10月13日 9時26分

 2012年に川崎麻世との関係をスクープされたのはタレントの濱松恵。交際当時を振り返り、今回の離婚裁判について、元カノ目線でこんな感想を語ってくれた。


「麻世さんとのデートは自宅で料理を作ったり、ほのぼのしたものでした。というのも、カイヤさんに子供の養育費と生活費とアメリカで暮らしているお嬢さんの生活費を払っていたんです。毎月100万円に近い額だったんじゃないでしょうか。

それ以外にも急にカイヤさんが麻世さんの携帯に電話をかけてきて『明日までに○十万円振り込んで!』って怒鳴り声が聞こえるんです。絶叫しているので聞こえちゃうんです。それでも振り込まないと翌日麻世さんのマンションまで取り立てにきちゃうし。子供に会わせないと言われるから、いつも律義に振り込んでいましたね。麻世さんはお子さんが大好きで、いつも『子供が成人するまでは』と言っていました」


 そんな子供たちも、長女は28歳、長男は21歳に。

「さすがに麻世さんも限界だったのでは。毎月決まった額だけでも大変なのに、お金が欲しい時だけ電話してきてATM扱いですからね。しかも、カイヤさんと息子さんの住む家に麻世さんは一歩も入れないし、インターホンも鳴らしちゃいけないんです。私が交際していた当時もお互いに恋人がいたから、裁判で浮気は争点にならないと思います。お子さんが成人していれば親権問題や面会の制限もないでしょうし、麻世さんの支払いも終わるのでは。カイヤさんも約束した以上のお金をしょっちゅう要求するのはどうかなと思っていました。だから私は主人には毎月決まった額以上は要求しないので家庭は円満です(笑い)」

㊟カイヤってヒス顔だもの。それにしても母の浮気を目の当たりして育った娘、息子は立派に育つか?DNAは逃れられないよ。

 外人との結婚は危険です。ハゲタカ弁護士が出て来るし。。。そう、水原弘が「唄う不動産屋」と名付けた千昌夫も米人、シェパードと結婚し、麻布の元ガーナ大使館を買って自宅にしていたが、別れる時、その自宅もすべて差し出したはず。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ゾッとするゴキブリが池袋で素人整形手術!!

ゾッとするゴキブリ人が池袋で素人整形手術!!

池袋の雑居ビルでも……? 中国・美容医療業界で「偽ボトックス」「偽ヒアルロン酸」がまん延中!
サイゾー

 市場規模1兆円ともいわれる中国の美容医療業界が、”ニセ薬”スキャンダルに揺れている。

 香港系ニュースサイト「東網」(10月12日付)によると、内偵捜査を続けていた中国公安局が、先日、各地にアジトを置いていた偽美容医薬品業者を摘発したという。

 事件の発覚は、今年2月にさかのぼる。浙江省海寧市の地元当局が、インターネット上での犯罪行為を監視していた際、チャットアプリ「微信」を使って、美容医療などに使用されるボトックス(ボツリヌストキシン)やヒアルロン酸などを販売している業者を発見。捜査を進めたところ、この業者は中国全土で偽医薬品を販売していることがわかった。

 そして今年4月から7月にかけ、当局は業者の所在を割り出し、江西省、河南省、広東省、安徽省で偽美容医薬品の販売に関わっていた21人を逮捕。さらに、湖南省にあった製造工場や倉庫など5カ所の家宅捜索も行った。その結果、販売される予定だった袋詰めの偽ボトックス3,100袋と、偽ヒアルロン酸2万5,000袋が押収されたという。

 美容市場の成長著しい中国では、こうした多くの偽美容医薬品が、市場に大量に流通しているとみられている。北京市内には、医療資格もないままボトックス注射を行っているサロンも数多く、そうした場所で使用されているボトックスは非正規品である可能性が高いという。

 こうした偽美容医薬品は、すでに日本に流入している可能性もある。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、こう話す。

「池袋の雑居ビルには、レーザー脱毛やボトックス注射を行っている中国系の闇美容クリニックがいくつか存在しています。集客は『微信』上の在日中国人のコミュニティーで行い、看板も掲げていないので日本人の目に留まることはほとんどなく、警察に摘発されることもない。そんな場所ですから、使用される医薬品も正規品である保証はまったくない」
 日本人が利用する可能性は低いとはいえ、被害者が出ないうちに取り締まりが行われるべきだろう。
(文=青山大樹)

㊟ゴキブリは整形しても醜ゴキブリ。蛆キムチは死んでも蛆。そう、私はあの“蛆キムチ事件”以降、キムチをまったく食べない。スーパーに陳列されていても手も出ない。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

特大朗報!!血圧下がるぞ!!

特大朗報!!血圧下がるぞ!!
冬場の「血圧サージ」は危険 「干し酢シイタケ」で血圧低位安定 健康誌イチオシ特報
夕刊フジ

 酢シイタケで秋冬の血圧上昇を防止!

 日に日に秋が深まる今日このごろ。季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要ですが、寒くなって寒暖差が大きくなってくると心配になるのが「血圧の急上昇」。

 「血圧サージ」とも呼ばれ医師の間で恐れられるこの現象は、脳卒中や心筋梗塞、大動脈瘤(りゅう)など突然死も招く大病の発症に直結するので、是が非でも防ぎたいもの。そんな冬に備えて、16日発売の『わかさ』12月号では、高い血圧を下げて低く安定させる方法を緊急取材。

 そうした中、とても身近な食材に、優れた降圧効果があることを示す研究結果を次々に見つけました。その食材とは、秋の味覚の代表格である「シイタケ」。シイタケには、ほかのキノコには見られない「エリタデニン」という水溶性の優れた降圧成分が含まれているのです。

 その効果はまさに驚異的で、干しシイタケを水に一晩漬けておいた戻し汁をコップ1杯飲むだけで、血圧が数日後から下がりはじめ、早い人では1週間~10日で、最大血圧が10ミリ前後、最小血圧が数ミリ下がる降圧効果が得られたことを、医師が報告しています。

また、国立機関の研究では、女性のグループが1日9グラムの干しシイタケを1週間食べた結果、総コレステロール値が平均25ミリグラム下がったことを報告しています。

 さらに、シイタケには、動脈硬化を早めることで今問題視されている悪玉アミノ酸「ホモシステイン」を減らす効果も認められているといいますから、まさに驚きです。

 そんな干しシイタケの健康効果を最大限に得るなら、高めの血圧やコレステロール値、中性脂肪値の低減作用がすでに認められている酢で干しシイタケを戻した「酢シイタケ」をとること。

酢シイタケにしておけば、長期間保存できるので、毎晩戻し汁を作る手間がありません。テーブルや台所に置いておき、しょうゆや塩の代わりに使えば、減塩にも役立ちます。

酢シイタケなら、酢の酸味とシイタケのうまみで、しょうゆやタレ、ドレッシングの使用量を減らしても、料理をおいしく味わうことができるので、ぜひお試しください。(わかさ編集長 飯塚晃敏)

 ■酢シイタケの作り方
 〈用意するもの〉

 干しシイタケ 10枚程度
 酢 400~500ミリリットル

 〈作り方〉

 〔1〕干しシイタケは、ひだを上向きにしてザルなどの上に並べて1時間ほど天日に干す(こうすると筋肉や骨を強めるビタミンDが増える)

 〔2〕干しシイタケを保存容器に入れたら酢を注ぎ、冷蔵庫で一晩漬ければ出来上がり。1~2カ月保存できる。

 〔3〕1日に、酢は大さじ1杯程度、戻したシイタケは1枚前後を目安にとる。
P

㊟早速、買い出しに行きましたよ。この鬼神じゃ効くかなぁ?

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

芸能人・泥沼離婚ランキング!!

芸能人・泥沼離婚ランキング!!

川崎麻世とカイヤの離婚訴訟を上回る、芸能人・泥沼離婚ランキング5選
日刊SPA!

 俳優・タレントの川崎麻世が、妻でタレントのカイヤ相手に離婚訴訟を起こしたことで注目を集めている。今回の訴訟について川崎は、今月10日に更新した自身のブログで「話し合いや、離婚調停での解決を目指しましたが、相手方の出席が無く、今回このように裁判を起こす次第となりました」(原文ママ)と語っている。


 離婚というものは多かれ少なかれ何かしらの揉め事が起こるもの。今回の川崎・カイヤだけにととまらず、芸能界では泥沼化した離婚も多い。そこで、過去の芸能人お騒がせ離婚を、その話題の大きさとゲスさなどを鑑み、編集部が独断でランキングしてみた。


◆第5位「金髪豚野郎」の強すぎるインパクト! 春風亭小朝・泰葉


 落語家・春風亭小朝と歌手でタレント・泰葉は1988年に結婚した。この結婚を機に、泰葉は芸能界を引退。小朝のマネージメント業務を中心に、裏方へ徹することになった。夫婦二人三脚で頑張っていたイメージがあったが、2007年に離婚を発表。帝国ホテルで行われた離婚会見は、金屏風をバックにした異例のものとなった。当時、「円満離婚」を強調していた2人だが、この問題は泥沼化することとなる。


 円満離婚を主張していた泰葉が、離婚後に突如暴走。自身のブログで小朝を「金髪豚野郎」と罵ったかと思えば、小朝が長年にわたり泰葉の母・海老名香葉子を「ゲロ」と呼んでいたことを暴露。2008年には離婚の顛末を綴った「開運離婚」を出版するなどした。円満アピールはどこへやら。一連の泰葉の暴走は、会見時に抑えていた本音を隠すのに、我慢の限界が来てしまったからなのだろうか。


◆第4位 モラハラが原因!? 高橋ジョージ・三船美佳の泥沼離婚


 当時16歳だったタレントの三船美佳が24歳年上の歌手・高橋ジョージと結婚したのは1998年のこと。年の差がありながらもおしどり夫婦なイメージの強かった2人が、突如離婚問題へと発展したのが2015年。離婚訴訟中であることを三船の所属事務所が公表した。


 同年1月のスポーツニッポンにて、高橋が三船の人格を否定するような言葉を浴びせるなどしたとの報道がなされた。こういったモラハラ報道もあり、世間の声は三船を応援するものが圧倒的多数だった。


 その後の2016年、裁判を取り下げ協議離婚を成立させたと報告した2人。報じられた高橋の亭主関白っぷりを見る限り、開きすぎた年の差がモラハラ報道を生んだ要因なのかもしれない。


◆第3位 宗教からの借金!? 3年半もの泥沼劇をみせた渡辺謙


 2018年5月、13年ほど連れ添った女優・南果歩と離婚した俳優の渡辺謙だが、南と結婚する以前に泥沼離婚を経験している。現在の地位を築く遥か昔の1983年、一般女性と結婚した渡辺。結婚から約8年が経った2001年12月発売の週刊誌『フラッシュ』で、夫人の多額の借金問題が報じられた。報道時は既に自宅が差し押さえられていたとのことで大きく話題を集めることになった。


 その後、離婚裁判に発展したこの騒動。裁判では、夫人が宗教団体から総額4億5000万円を借金したと主張する渡辺側と、借金は渡辺からの指示、渡辺の女性関係が借金の理由という夫人側の発言で真っ向対立。夫人が渡辺の不倫相手の実名を法廷で暴露するなどし超泥沼化した。長きにわたった裁判は、泥沼開始から約3年半後の2005年4月に決着。結果は渡辺側の主張が全面的に認められることとなった。


◆第2位 5億の慰謝料要求も結果ゼロに…上原さくらの離婚劇


 タレントの上原さくらは2010年、足場事業を展開するKRH株式会社の青山光司氏との婚約を発表。2011年に結婚した。ちなみにこの時上原は2度目の結婚であり、前回の離婚から1年ほどしか経っていなかったこともあってか、注目を集めた。


 だが結婚生活は長続きせず、2013年、青山氏のブログにて離婚協議中であることが発表された。当時の『FRIDAY』に掲載された青山氏のインタビュー記事には、上原に慰謝料・財産分与として5億円請求されたことが語られている。


また同じく『FRIDAY』に「完全犯罪で夫を殺したい!」という上原の肉声テープが出るなどしたことで、ただの離婚では済まない感じが漂ってきた。そして離婚調停中の2013年3月、上原のラブホ不倫の現場写真を再び『FRIDAY』が報じ、事は完全に泥沼化。


 この不倫が原因で、当初請求していた慰謝料・財産分与5億円がゼロに。やはりイメージの問題か、上原をテレビで見る機会もすっかりなくなってしまった。


◆第1位「25年の芸能生活をなげうっても離婚したい」高嶋政伸・美元


 第1位は俳優・高嶋政伸とモデル・美元の壮絶すぎる離婚騒動だ!


 2008年に結婚した2人だが、2011年に離婚裁判中であることを高島の所属事務所が報告した。離婚の主な理由となったのは美元の怖すぎる行動の数々。裁判において高島は、美元に殴られ左目を失明しかけたことや、別居中に滞在していたホテルのベッドに美元が正座していたという、「世にも奇妙な物語」もビックリ仰天のストーカーエピソードなどを語った。この美元の言動に、高島を心配する声が多く集まった。


「25年の芸能生活をなげうっても離婚したい」と語った高島の言葉からも、結婚生活の恐ろしさがよくわかる。


 結局離婚した2人だが、現在は共に再婚している。


◆川崎麻世とカイヤの騒動はどうなるのか

 編集部が勝手に選んだ泥沼離婚ランキング。紹介しなかっただけで、芸能人たちの修羅場劇はまだまだたくさんある。

 今回騒動となっている川崎麻世とカイヤの離婚騒動。金銭トラブル等の様々な憶測が飛ぶこの問題が今後どのような着地を見せるのか注目である。<取材・文/日刊SPA!取材班>


㊟怖いんですけど。。。一切の言葉を交わさなくなり、、、ある日、家に帰ったら何もなかった。泥沼にならなかったけど、和室の戸袋に放り込んであった2,3000万円が無くなっているのを知ったのは半年後。あのクソ嫁め!!ま、怒りは一瞬。これが私の悪いとこ。すぐ諦めて怒りさえ忘れてしまう。金持ち喧嘩せず。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

大拡散!安田ウマル帰国にネット非難圧倒的!!!


おめでとう!安田ウマル帰国にネット非難圧倒的!!!

「安田ことウマルを英雄として迎えろ!」と玉川徹極左、ウマル自身も「日本政府が助けたと思われたくない(母国、蛆キムチを熱望?)」とほざいた。



安田さん解放に「英雄として迎えないでどうする」 テレ朝・玉川徹氏、「自己責任論」を批判
JCASTニュース10/24(水) 16:56配信

 3年に渡ってシリアの武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放されたとの情報を受け、安田さんをめぐる「自己責任」の議論がインターネット上で再燃している。だが、テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は「釘を刺しておきたい」として自己責任論を強く否定した。


 玉川氏は2018年10月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、紛争地帯に飛び込むフリージャーナリストの役割の大きさを力説。安田さんを「英雄として迎えないでどうするんですか」と主張した。


■「フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです」


 安田さんが解放されたとの情報は23日深夜、菅義偉官房長官が緊急会見を開いて発表。トルコ南部の入管施設で同日に保護されたとの知らせが、カタール政府から届いたという。安田さんであると確認されれば、近く日本に帰国すると見られる。


 安田さんは15年6月、トルコ南部からシリアに入国したことを知人に伝えた後、消息を絶った。シリア取材中にアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」(現・シリア征服戦線)に拘束され、何度か映像がインターネット上にアップされてきた。18年7月には2人から銃を突き付けられた状態で、安田さんとみられる男性が「私の名前はウマルです。韓国人です」「助けて」などと話す動画が公開された。


 安田さんをはじめ、紛争地帯で取材するジャーナリストに関する新情報が報道されるたびに、自ら現地に入っていったのだから「自己責任」だとする声がインターネット上では噴出する。だが、こうした風潮に、政治や社会問題などを30年取材している玉川徹氏は「モーニングショー」で、「自己責任論というのを僕は否定しておきたい。釘を刺しておきたい」と反論。「そもそも、ジャーナリストは何のためにいるんだ。民主主義を守るためにいるんですよ」として力説した。


  「民主主義といっても国や企業で権力を持っている人たちは、自分達の都合のいいようにやって隠したいんですよ。隠されているものを暴かない限り、私たち国民は正確なジャッジができないんです。それには情報がいるんですよ。その情報をとってくる人たちが絶対に必要で、ジャーナリストはそれをやっているんです。フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです。一番危ないところに行かれているんですよ、安田さんは。そういう人を守らないでどうするんだ」


「兵士は国を守るために命を懸けます」

 さらに、「たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。その兵士が外国で拘束され、捕虜になった場合、解放されて国に戻ってきた時は『英雄』として扱われますよね。同じことです」と、「兵士」を引き合いに出し、安田さんが解放されて帰国するとなった場合について、


  「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」


と主張した。


 その上で改めて「何ですか自己責任論って。国に迷惑かけたって何ですか。その人たちは民主主義がいらないんですか。僕は敬意をもって迎えるべきだと思います」と、「自己責任」と突き放す風潮を批判した。

 玉川氏は「解放されて国に戻ってきたら『良かったね。命をかけて頑張ったね』と声をかけますよ」とも述べている。安田さん解放情報を受け、同様の考えを表明しているジャーナリストは少なくない。


 戦場ジャーナリストの志葉玲氏は24日未明、ツイッターで「安田純平さん、これまでの水面下の動きでの経緯から考えて、身代金を日本政府が払った可能性は極めて低い。なので、バッシングしないでね」とし、「あと、報道各社も取材したいのは同業者としてわかるけど、まずは安田さんやそのご家族を休ませてあげて」と労いの言葉を投稿した。


 ジャーナリストの布施祐仁氏は23日深夜、ツイッターで「あぁ本当によかった。それしか言葉が出ない。2004年4月の時のことが蘇る」と投稿。当時、イラクで武装勢力によって日本人が立て続けに拉致され、そのうちの1人は安田さんだった。布施氏は続けて、

  「ジャーナリストは生きてこそ取材したことを伝えられる。安田さん、生きていて本当によかった」

と安堵している。


安田ことウマルは帰国させて貰えるのが“日本だったことが不満”のようで、NHKのインテビューで、常識を疑う,驚く発言をしている。


「いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。


㊟私が“これはおかしい”と疑問を抱いた幾つかを列記する。安田ウマルが拘束され、8か月間閉じ込められた独房で、


一、音を出したら暴力を振るわれる

二、声を出したら暴力を振るわれる

三、 指の関節を鳴らしたら暴力を振るわれる

四、足を延ばして寝たら暴力を振るわれる

一、 入浴もさせてもらえない

一、 食料に缶詰を投げられ、缶切りは与えられない



 等々だ。疑問をより強くしたのは、前述の条件下でいながら、


一、 日記を書くことは許された
一、

 と日記の一を公開したことだ。


 都内の親しい医師は笑ってこう言う、

「そんなバカな!8か月間も一~㈣の条件下に置かれたら、20代の若者でも足腰の筋肉は75歳以上の高齢者同様になり、自分の力で椅子から立ち上がるのも出来ず、車椅子状態になりますよ」


 言われてみると、大きなスーパーやショッピングセンター等のベンチやイートインで一日潰す老人たち、近所歩きでもヨボヨボと杖歩きで、数分置きに立ち止まる老人たちが目に浮かぶ。


医師は続けた。

「一人で歩行できるようになるまでには相当な栄養食を摂り、専門家が手取り、足取りしても数年のリハビリが必要。ま、あなたのような高齢者はその前に寝たきりになりますよ」


 と。豪快に笑った(この先生、いつも失礼なことを平気で言う。私に似て)


 なのに、安田ウマルは成田に到着した飛行機のタラップを一人でトントンと降りていた。足腰がターザンかゴリラのように頑丈なようだ。さすが蛆キムチ人だけある。


 加えて重要なのは「毎日日記は許されていた」だ。


「荷物をすべて取り上げられた」と怒っていたが、なら、ノートとペンは取り上げられなかったのか?明らかにおかしいだろ?日記を付けられれば何を書かれているか相手側が黙って許す筈はない。

安田ウマルよ、蛆キムチだけあって嘘が多過ぎ。しかもすぐバレる嘘を。多くの他国の日本人から非難されないためには、


“3年4か月間の日記をすべて公開しろ!”

3年4日月間も書き続けたノートは数十冊になるはず。そのノートは買ったの?彼らが恵んでくれたの?それと数十本のペンはどうやって手に入れたの?

優しい彼でも“ペンも凶器になる”知らない筈はないし、ノートを千切ってのみ込み、自殺されることを知らない筈もない。

 それにしても反日テレ朝の玉川徹は羽鳥モーニングショーから外すべき。公器でこれだけ反日を思想を吐くことは許されん。ゴキブリ、北朝鮮機関紙「朝日新聞」より罪は重い。

 この安田ウマル絶対擁護発言を撤回、謝罪し、「今後、反日発言をしません」と確約しないと、怒り狂った民衆がテレ朝を攻撃しないとも限らない。その責任を取れるのか?それを自己責任という。

 玉川徹よ、口は禍の。。。麻生副総理そっくりだな。


 最後に再度言う。紛争国の体制側の言い分、反体制側の言い分、どちらが正論か、正しいかはどこの誰もが判らないんだ。そんな国の戦争を日本人に伝えて、紛争は解決するのか?戦争は終わるのか?終る筈がない。両者が気付き止めるか、死滅するまでやらせて置けばいい。鬼神・正次郎の“言霊”だ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

日本はプーチン、醜キンピラに支配される日が!?


日本はプーチン、醜キンピラに支配される日が!?

INF条約破棄 中国の脅威に対抗で「足かせ」外す 対中軍事的選択肢を拡大 
産経新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が20日、米露の中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を表明したのは、ロシアによる条約違反の新型ミサイル開発で現実味を増した欧州の同盟諸国に対する脅威の除去にとどまらず、中国が西太平洋での覇権確立を目指して一方的に配備を進める中距離ミサイル戦力に対抗するのが狙いだ。

 ロシアによる中距離ミサイルの開発は欧州諸国に対する奇襲攻撃を容易にし、ロシアと北大西洋条約機構(NATO)との軍事バランスに重大な影響を与える恐れが強まっている。

 一方、中国は西太平洋地域での有事に際し、米軍の進出を遅らせ、作戦領域での行動を妨害する「接近拒否・領域拒否(A2/AD)」戦略に基づき、米軍の作戦基地や空母を無力化させるため、爆撃機や潜水艦、対艦弾道ミサイル(ASBM)の戦力拡充を急速に進めている。
 特にASBMに関し米海軍は、2011年から配備された通称「空母キラー」と呼ばれるDF21D(射程1500キロ)の存在を強く警戒。DF21Dは複数の弾頭がそれぞれ迎撃を回避するなどして命中率を高める機動式多弾頭を装備しており、米空母にとって重大な脅威とみられている。

 しかし、INF条約は米国が射程500~5500キロの地上発射型弾道ミサイルや巡航ミサイルを保有するのを禁止。このため米軍は条約が「足かせ」となって中国のA2/AD戦略に対抗する兵器を配備できない状態が続いていた。

 INF条約の破棄は、インド太平洋地域での中国の封じ込めに向けた米軍の軍事的選択肢の拡大につながるのは確実だ。

トランプ政権が2月に発表した「核戦力体制の見直し」では、ロシアにINF条約を再び順守させるため、米国も独自の地上発射型中距離ミサイルの研究開発を進めるべきだと提唱したものの、条約破棄にまでは言及していなかった。

 それが今回、トランプ氏が破棄の表明に踏み切ったのは、中露の脅威に直接対抗する姿勢を明確に打ち出すことで最終的に中露の軍拡の意思を挫折させ、米露に中国も加えた将来の軍備管理交渉につなげる狙いがあるとみられる。


 ただ、米国がミサイルの開発・配備を先行させているロシアと互角の態勢を確立するには一定の時間がかかるとみられ、条約破棄は短期的にはロシアに有利に働くとの見方もある。


これに対して、独裁者プーチン国は、

ロシア「戦争招く」米を警告 中距離核戦力全廃条約の破棄表明に
産経新聞2018.10.21 17:20

 【モスクワ=小野田雄一】米トランプ大統領が中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を表明したことをめぐり、露上院のコサチョフ国際問題委員長は21日、「INF全廃条約の破綻(はたん)は戦争を招く可能性があり、危機的状況だ。国連安保理での議論が必要だ」との意見を示した。イタル・タス通信が報じた。

 コサチョフ氏は、プーチン露政権の対外政策を代弁するスポークスマン的立場を務めている。

㊟トランプ大統領にはいろんな批判も多い。が。この重大問題に関してはトランプが正しい。あなたはプーチン、醜キンピラ独裁、暗黒政治をを受け入れますか?ロシア、中国に支配されるより米国に支配される方が未だまし。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

これは必読!怖い醜キンピラ国のスパイ機器!!

これは必読!怖い醜キンピラ国のスパイ機器!!


「米粒スパイチップ」だけじゃない 中国に“情報を盗まれる”恐怖
ITmedia ビジネスオンライン >

[山田敏弘,ITmedia

 10月13日、大阪のABC朝日放送の「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」という情報番組に出演した。番組では国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)総裁が突如行方不明になった事件について話をしたのだが、この番組中に扱われた別のニュースの中で興味深い話が取り上げられた。

 その話とは、米ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌が10月8日号で10ページにわたって報じた、中国によるハッキング疑惑についてだ。中国が、米大手企業が使うサーバなどのマザーボードにチップを埋め込んで、いくつもの企業に不正アクセスしていた可能性を記事は指摘している。

 このニュースに、問題のマザーボードを販売したスーパーマイクロ社や、それを導入していたApple(アップル)やAmazon(アマゾン)、さらに米政府までもが否定する事態になったのだが、実はこのニュースは意外でも何でもない。
というのも、サイバー安全保障の関係者にしてみれば、この手口はこれまでも各地で行われてきたサイバースパイ工作だからである。

 このニュースに限らず、いま、世界を見ると、こうした工作はもはや当たり前のように行われている。その実態は、私たちが思っている以上に深刻だ。そこで今回は、その一端を紹介したい。


アップルやアマゾンを攻撃? その正体とは……
 ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の記事によると、アップルやアマゾンが使っているマザーボードには、米粒より小さく、削られた鉛筆の先端ほどの超小型マイクロチップが仕込まれていたという。そのマイクロチップは、中国の工場での製造・組み立ての段階、つまりサプライチェーンの過程で取り付けられたと、数多くの元社員や政府関係者が暴露している。

 そしてそのマザーボードが実際に使われると、攻撃者が遠隔でコンピュータにアクセスできるようになる。攻撃者がそのコンピュータを乗っ取ったり、情報を抜き出したりすることが可能になるという。

 ここで指摘されている攻撃者の正体は、中国軍だ。記事にコメントした米当局者によれば、アップルやアマゾンのような被害に遭っているとみられる企業は少なくとも30社に上り、その数はさらに多い可能性があると示唆している。

 すでに述べた通り、アップルもアマゾンも米国土安全保障省も、この記事の内容を否定している。確かに、事実だとすれば、企業にしてみれば許せない話である。しかも、私たちが日常的に使っているサービスを提供するアップルやアマゾンのサーバがすでに悪意のある攻撃者に乗っ取られているとなれば、私たち個人ユーザーが、やれセキュリティだ、やれ個人情報だ、と対策にいそしんでいること自体がむなしくなる。

 ただ、実はこうした話は決して目新しいものではない。

 というのも、中国が米大手IT企業などにハッキングなどで入り込んで、知的財産を盗んでいるというのはこれまでも明らかにされているからだ。

中国が盗み出してきた、膨大な情報

 例えば、米ニューヨーク・タイムズ紙のサイバー安全保障担当であるデービッド・サンガー記者が6月に米国で出版した『The Perfect Weapon: War, Sabotage, and Fear in the Cyber Age』には、こんな記述がある。

 「中国(のハッカー)はシリコンバレーのテクノロジーを、国有企業と軍のために奪っている」

 「中国のハッカーたちの目的は、単にGoogle(グーグル)のアルゴリズムを盗んだり、中国がグーグルと競うために作った検索エンジンで、今は世界で2番目に大きくなった百度(バイドゥ)を手助けしたりするためだけではない。
中国人ハッカーたちは、中国からは知り得ることが困難な、米国内に暮らす中国人の動きや、米国人の重要な政策立案者たちと付き合いのある中国人が彼らとどんなやりとりをしているのかまで、Gメールからアクセスしようとした」

 グーグルについては、NSA(米国家安全保障局)の元幹部ジョエル・ブエナーも、筆者の取材にこう語っている。「グーグルの魔法のような技術である(検索エンジンの)ソースコードが、中国に盗まれてしまっている」

 さらにブレナーは「グーグルは永久的に中国当局が自社のシステムの中に潜り込んでいると仮定しなければならない」と、自著で書いている。

 このように、中国政府はこれまで、サイバー攻撃で米国の知的財産や機密情報などを散々盗んできた。グーグル検索のコードだけでなく、ステルス戦闘機F-35の設計図や、米CIA職員などの諜報員の素性や個人情報など、とにかくかなり幅広い分野から、膨大な情報をサイバー攻撃で盗み出してきた。

 この話に少し情報を追加すると、中国で米国へのハッキングを担当していたのは、人民解放軍のサイバー攻撃部門に属する61398部隊だった。だが2014年に、米国の知的財産を盗もうとした容疑で61398部隊の中国人5人が米司法省に起訴されたことで、61398部隊の活動はあまり確認されなくなった。結局、15年に創設された中国人民解放軍戦略支援部隊の網絡系統部(Cyber Corps)に組み込まれたとの分析もある。

 15年には、米国のバラク・オバマ大統領(当時)と、中国の習近平国家主席が、お互いに知的財産を狙った商業的なサイバー攻撃はしないと合意している。その後から、中国の対米サイバー攻撃は激減したが、ゼロになったわけではない。最近では、11月の米中間選挙を見据えてか、超タカ派として知られるジョン・ボルトン大統領補佐官など米政府高官がやたらと「中国のハッキングが増えている」と声を上げている。だが現実としては、米セキュリティ企業関係者などの話を聞いている限り、15年の合意前の水準になっているとは考えにくい。

気付かれずに罠を仕掛ける、手の込んだ手法


とはいえ、中国があの手この手で米国政府や企業を狙ったサイバー攻撃を仕掛けてきた歴史があるのは事実。またマザーボード販売のサプライチェーンで工作を実施していた今回のマイクロチップのケースでは、ほとんどの工作が15年の合意よりも前のことだとみられているが、現在も工作が続いている可能性はあるし、そうだとしても何ら驚きではない。

 というのも、以前こんな話を聞いたこともある。シリコンバレーのあるIT企業で数年前、データがハッキングで大量に盗まれ、中国に送られていることが判明。調査を行ったところ、インターンシップ生として出入りするようになった中国系米国人が持ち込んで使っていた自前のノートPCが原因だと分かった。

この人物は中国のスパイでも何でもなかったが、持ち込んだPCから数十個のマルウェア(不正プログラム)感染が発見されたという。そのPCを会社のネットワークにつないでいたため、情報が盗まれていた。

 実は、こうした工作をしているのは中国だけではない。米政府も似たような工作を行っている。

 元CIA(米中央情報局)の内部告発者エドワード・スノーデンが、米NSAから盗み出した機密文書によれば、米国もやはりサプライチェーンで電気機器にハッキング工作を施す手法を実施していることが判明している。
 その機密文書は、「最も傍受しにくいターゲットをハッキングする方法」と題され、その手口を説明している。それによれば、まずターゲットが購入した、発送前のコンピュータやサーバ、ルーターなどのネットワーク機器を世界中で検知する。そしてNSAが諜報機関の協力で、その機器が購入者に送られる前に別の「極秘のアジト」に送られるように工作し、そこでその機器を丁寧に開けて、何らかの機器(またはプログラム)を仕掛ける。そして元通りにきれいに包装し直して、購入者に送る。

 先の中国のマイクロチップと基本的には同じ考え方だ。そしてこの文書はこう続く。「最近のケースだが、このサプライチェーン妨害の手法では、ターゲットが機器を使い始めると、仕掛けた装置からNSAの秘密のアジトに(自動的に)アクセスが来た。それにより、NSAはターゲットの機器類に潜入し、その周辺ネットワークなどもハッキングして調べることが可能になった」

 文書では、コンピュータ機器開発会社シスコの箱に工作が行われている様子が写真入りで解説されている。

ハッキングは日常、そんな時代に生きている

 また、つい最近、ある西側諸国で情報機関に勤務していた元関係者と、今回の中国によるマイクロチップのニュースについて話をしていたら、この人物はこんなことを話した。

 「私たちの間では、あの話はごく普通のことですね。私の国の大手テレコム会社が以前、中国企業からインターネット用のルーターを数多く発注していた。そこで、私のいた組織(諜報機関)は、その中国企業に、ある“チップ”をルーター内部に取り付けるよう指示をしていた。そのチップは、実は後に私たちがその機器に不正アクセスできるようにするためのものだったのだよ。国民監視のために、そんなことをやっていた」
 とんでもない発言である。この国の人が聞いたら大きな問題になりそうだが、とにかく、こうした工作は普通に行われているのである。

 最近、こんな話もあった。10月5日、GRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)に属するロシア人4人がオランダで4月に逮捕されていたことが判明した。彼らは、オランダのハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)の駐車場で、同機関のWi-Fiにハッキングで侵入しようとしていたところを現行犯逮捕された。

 その後のオランダ当局の調査で、逮捕されたGRUのハッカーらは、これまでにマレーシア航空17便撃墜事件の捜査チームや、ロシア人アスリートの薬物使用を暴露した世界反ドーピング機関(WADA)でハッキングをしてきたことが判明。さらにハーグの後、英南部ソールズベリーで元ロシア情報機関員らに使われた神経剤「ノビチョク」を特定したラボをハッキングするためにスイスに向かうことになっていたという。

 もはやハッカーはそこら中で暗躍している。ハッキングも世界中で日常的に行われている。マイクロチップを埋め込むような工作はこれまでも行われてきたし、今後も手を替え品を替え行われていくだろう。
 そして、そんな時代に生きていることを、日本人も認識しておく必要があるだろう。既出の西側情報機関の元関係者はこう言っている。「すでに日本でも、中国などのハッカーたちが工作を行っているのは間違いない」
筆者プロフィール:

山田敏弘
 元MITフェロー、ジャーナリスト・ノンフィクション作家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版に勤務後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)でフルブライト・フェローを経てフリーに。
 国際情勢や社会問題、サイバー安全保障を中心に国内外で取材・執筆を行い、訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)がある。最近はテレビ・ラジオにも出演し、講演や大学での講義なども行っている。


㊟大変な時代になりましたね。人間が人間を喰い合う。これじゃ世界中が人肉常食の醜ゴキ国じゃないですか。みんな,神はいないのを知ってるんですね。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

漢字読めない書けない偉い人、有名人って多いですよ。

漢字読めない書けない偉い人、有名人って多いですよ。

安倍首相から本田圭佑まで…著名人の“恥ずかしい読み間違い”集 「背後⇒せいご」だけじゃない

 安倍晋三首相(64)が、2018年9月26日(日本時間)に米ニューヨークで開かれた国連総会の一般討論演説で、恥ずかしい失態を犯してしまった。


 演説の原稿に書かれた「背後(はいご)」の文字を「せいご」と誤読したのだ。これに対して一般人からも指摘が相次ぎ、SNSでは「『うんこ漢字ドリル』でのテストをすすめる」と皮肉まで言われてしまう始末。


 実は安倍首相が公の場で誤読をやらかすのはこれが初めてではない。2017年1月24日の参議院本会議でも、「云云(うんぬん)」を「でんでん」と読み間違えているのだ。当時ツイッターでは「訂正でんでん」というワードがトレンド入りし、注目を集めた。


 このように著名人が誤読すると何かと話題にのぼるものである。そこで今回は、メディアの前で誤読を披露してしまい、赤っ恥を掻いた著名人を紹介していこう。


◆菅義偉:「枚方市(ひらかたし)」→「まいかたし」

 安倍内閣のなかからもうひとり、誤読してしまった人物を紹介しておこう。それは首相の右腕ともいえる菅義偉官房長官(69)だ。

 菅氏が誤読のせいでプチ炎上したことはご存知だろうか。2018年6月18日に発生した大阪府北部地震を受けて緊急会見を開いた菅氏は、被害にあった大阪府の「枚方市(ひらかたし)」を「まいかたし」と読み間違えてしまったのだ。


 ネットではすぐに批判の書き込みが投稿されたが、「枚方市」が誤読されるのは今に始まった問題ではないためすぐに沈静化。実は、枚方市は2016年から難読地名であることを逆手に取り、「マイカタちゃいます、ヒラカタです。」と率先して自虐的なPRを行っているほど。そう考えると、枚方市にとってはむしろおいしい展開だったのかもしれない。
㊟ま、夜学出だけに。。。しかも、大阪から遠い秋田出身だもの。


◆内田正人:「関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)」→「かんさいがくいんだいがく」


「悪質タックル問題」で世間を騒がせた日大アメフト部の監督、内田正人(63)は、当該問題だけでなく、非常識な誤読で大きな反感を買っていた。


 2018年5月6日に行われた日本大学と関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)の定期戦において、日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルを仕掛け、大怪我を負わせた事件が発生。


 学内外に迷惑をかけたとして、内田監督は同月19日、会見を開き「全ての責任は私にある」と謝罪をしたのだが、その会見中に何度も関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」と誤読したのだ。これには「謝罪相手の校名を間違えるなど論外」などの批判が殺到したのは言うまでもない。

㊟だから大学の運動部は馬鹿ばかりと。。。これは教養の無さを示した好例。


◆軽部真一:「坂田銀時(さかたぎんとき)」→「さかたぎんじ」


 フジテレビアナウンサーの軽部真一(55)は、「めざましテレビ」(フジテレビ系)のエンタメコーナーを長年務めている大ベテランだが、そんな彼が2018年7月13日放送でこんな誤読をした。


 ことが起きたのは映画「銀魂2 掟は破るためにそこにある」を紹介するコーナーでの一幕。軽部アナは、映画の主人公である「坂田銀時(さかたぎんとき)」を「さかたぎんじ」と読み間違えてしまったのだ。本作品のファンたちからは「そこは間違えないで~」「ぎんじって誰やねん」とツッコミが殺到。


 軽部アナはその後の放送の中で「×ぎんじ 〇ぎんとき」というテロップと共に、誤読したことを謝罪した。

㊟フジの軽部って早稲田の理工ですあの私が身元引受人になったオウム真理教の上祐史浩と同級生。バカで良かったじゃない。オウムに出家しなくて。


◆岡副麻希:「北北西(ほくほくせい)」→「きたきたにし」


 続いて紹介するのはまたもアナウンサーの岡副麻希(26)。小麦肌と天然キャラで独特な雰囲気を醸し出し、人気を博すフリーアナウンサーである。


 そんな岡副は、彼女にしかできない芸当とでも言うべきか、耳を疑う珍誤読をやってのけたのだ。


 2017年2月3日放送の「めざましテレビ」にて、「今年の恵方巻きはどの方角を向いて食べるのか」と問われた岡副は、「北北西(ほくほくせい)」と言うべきところを「きたきたにし」と答えたのである。スタジオは騒然としたが、本人は読み間違えていることにすら気付いていなかった。
㊟このアナ、高校卒業してるの?穴に入って出て来るな!馬鹿。


◆本田圭佑:「清々しい(すがすがしい)」→「きよきよしい」


 サッカー日本代表として今年開催されたロシアW杯でも活躍した本田圭佑選手(32)は、「プロフェッショナルとは……ケイスケホンダ」といった名言(?)を数多く残しているが、今年7月に注目を集めた彼の言葉は今までとは違っていた。


 2018年7月3日の「NEWS ZERO」で放送されたインタビューの中で、「きよきよしい」と発言。これが「清々しい(すがすがしい)」の誤読なのではないか、と注目され、SNSなどでは「新たな本田語録」などと持て囃されることに…。


 ちなみに本田は放送翌日の4日、ツイッターで「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました。」と投稿。誤読だったことが明らかになった。


 放送直後は冷やかされていたものの、潔く誤りを認めた本田に対して、「自分の恥ずかしい部分を認めるのはカッコイイ」、「いっそ『すがすがしい』を『きよきよしい』に変えてしまえばいい」など、好意的な反応が目立ったのだった。


 誤読は誰もが経験しがちな失敗だが、著名人はすぐにあちらこちらで揚げ足を取られてしまうので、そういう意味で酷とも思える。


 人間はミスをする生き物であり著名人だって同じ人間。温かい目で見守ってあげたいものだ。<文/A4studio>
日刊SPA!

㊟サッカーばかりやってたからな。清々しい汗を流して、どんな言葉を。。。こんなのは可愛いものです。ジャニッタレの99・9%は漢字読めない、書けない。台本はふりがなだらけ。こんなのがチンぽだけは一人前で、結婚して子をつくる。幼稚園に行く子に漢字教えられるの?

キムタクなんて「色鉛筆」の鉛筆にふりがなしてあったから読めたが、「色」にフリガナなくて読めず、怒ってスタジオから帰ったことも。。。そう、昔、ジャニに愛された反町隆史も漢字まるでダメ。日本のアイドルって女も男もこんなのばっか。


 東大法学部卒の舛添要一氏も都知事の時、「他人事=ひとごと」を「たにんごと」と。。まさか千葉県“銚子の灯台”卒かと思った。もしかしたら片山さつきと離婚の原因は東大・灯台違いがバレたから?んなことないか。


 大物、麻生財務相は「未曾有=みぞう」を「みぞうゆう」と読むし、慶応高等部と大学裏入で、日テレも裏入社した石原慎太郎のバカ息子、伸晃は大臣答弁で「目の当たりにした=まのあたり」を「めのあたりにした」と。。。ああ、留年を慎太郎の圧力で無理卆させて貰ったのもわかる。

 「何してもダメな子だから政治家に」・・・ニッポン、大丈夫か!?

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (147)
ニュースの深層 (7889)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR