FC2ブログ

2018-09

因果応報!!一家崩壊の三田佳子、次男、覚醒剤で4度目の逮捕

因果応報!!一家崩壊の三田佳子、次男、覚醒剤で4度目の逮捕
TBS
三田佳子の次男また覚せい剤

 女優の三田佳子さんの次男が東京・渋谷区で覚醒剤を使用したとして警視庁に逮捕されました。次男が覚醒剤をめぐり逮捕されるのは4度目です。

 逮捕されたのは女優の三田佳子さんの次男、高橋祐也容疑者(38)で、先月下旬から今月10日までに東京・渋谷区で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、飲食店から「客がトラブルになっている」と通報があり、警察官が不審な様子だった高橋容疑者を調べたところ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たということです。

 取り調べに対し、高橋容疑者は「覚醒剤を使ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。高橋容疑者が覚醒剤をめぐり逮捕されるのは4度目です。
 三田佳子さんの所属事務所は取材に対し「事実関係を確認中です」としています。(11日12:32)

㊟三田佳子と旦那の高橋康夫。「おめでとう」と言わしてもらう。三田佳子の汚い生き様をモロに経験したし、私の力でNHKエンタープライズの部長になった亭主の高橋康夫も本当に卑劣な男だった。

 そんな親の倅たちがまっとうなわけないだろ。子は親を見て育つんだよ。三田佳子、分かった?
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

殺られたら殺り返す!!朝日VS「テーミス」血みどろの「仁義なき戦い!!


殺られたら殺り返す!!朝日VS「テーミス」血みどろの「仁義なき戦い!!

朝日新聞VS「テーミス」全面戦争激化! 慰安婦問題の大誤報めぐり…メディアによる「仁義なき戦い」
夕刊フジ

 朝日新聞と、月刊誌「テーミス」が、全面戦争を繰り広げている。日本と日本人を著しく貶めた慰安婦問題の大誤報を世界に発信していないと批判したテーミス8月号の記事に、朝日新聞が抗議して訂正を求め、テーミスが1日発売の最新号で反論・再批判しているのだ。メディアによる「仁義なき戦い」の背景に、何があるのか-。

 「朝日新聞は、慰安婦問題の大誤報を海外に積極的に発信せず、ごまかしを続けてきた。検証記事の英語訳の一部が、ネットで検索できなくなっていた件など、何をかいわんやだ」

 テーミスの水田克治編集長は、こう怒りをあらわにした。

 バトルの端緒は、同誌8月号の「朝日新聞・『慰安婦&北朝鮮』独善報道斬る」という記事だ。朝日新聞が2014年8月、吉田清治氏の証言に基づく慰安婦「強制連行」を誤報と認めたことを取り上げ、《その後の記者会見で、木村伊量(ただかず)社長(当時)は「早い時期に英文で謝罪文を発表したい」といった》と書いた。

 朝日新聞はこの直後、広報部長がテーミス社を訪れて申入書(8月6日付)を提出し、自社サイトにも書面を掲載した。申入書では、会見日を「2014年9月11日」と推定し、「木村伊量前社長がこのような回答をした事実はない」と訂正を求めた。

 テーミスは8月20日付の回答書で、8月号の記事では「2014年9月11日」と特定していないが、「誤解を与える表現だった」として、9月号で訂正する旨を述べた。

 バトルの火は、これで収束しなかった。

 回答書では、朝日新聞の渡辺雅隆社長が14年12月の記者会見で、テーミスの質問に「私たちは慰安婦報道の実相を伝えるべく、英文もしくはその他言語を含めて発信していく」と答えたとして、「今後とも朝日新聞の動向をウオッチしていく」と付記している。

 朝日新聞は8月24日、自社サイトに、訂正に関する回答文を掲載しているが、付記された内容は「以下略」として載せていないのだ。

 これを受け、テーミス9月号では「朝日新聞・『慰安婦報道』開き直りの傲慢」と題する続報を載せ、訂正する一方、朝日新聞の姿勢を「状況に応じてくるくると方針を変える」「反省の文字はない」と再批判した。

 前出の水田氏は「問題の本質は、朝日新聞が海外に大誤報を周知していないことだ。都合の悪い指摘は無視する『つまみ食いジャーナリズム』といえる」と指摘した。

 夕刊フジでは、朝日新聞に質問状を送り、(1)テーミスの回答全文を自社サイトに載せなかった理由(2)テーミス9月号の記事の受け止め(3)大誤報を海外に発信するか-をただした。

 朝日新聞は書面で、(1)について「著しく正確性・信頼性に欠け、同誌の見解部分をそのまま掲載することはできない」と答え、(2)も「批判はあたらない」とした。

 (3)では、誤報と認めた2014年8月5日付朝刊の検証記事の英訳版に言及し、「『朝日新聞デジタル』で2014年8月22日に掲載し、現在も全文閲覧できる」と説明したが、なぜかネット上の検索回避のことには触れていない。

㊟落としどころの見えない喧嘩って面白ね。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

略奪愛の果て…今井絵理子と妻子持ちゲス市議!!



略奪愛の果て…今井絵理子と妻子持ちゲス市議!!

不倫発覚から1年 ハシケンを略奪した「今井絵理子」の“収支報告”
デイリー新潮

 身から出たサビとはいえ、男の払った代償は、あまりにも大きかった。発覚から丸1年。ハシケンこと橋本健・元神戸市議(38)は、当時の肩書を失っただけでなく、実は妻とも離婚していた。一方、彼を妻から略奪したことになる今井絵理子参議院議員(34)はと言うと……。“手つなぎ不倫”の人生“収支報告”。

 本誌(「週刊新潮」)が、歯科医院を経営する若き市議会のホープと元アイドル参院議員の不倫関係を報じたのは昨年7月。「一線は越えていない」と珍妙なセリフを残して逃げ切った今井とは裏腹に、ハシケンは政務活動費の不正受給まで発覚し、辞職に追い込まれた。あれから1年が経とうとしているが、2人の近況はどうか。


「ハシケンは昨年の12月頃に奥さんとの離婚が成立したそうです。2人の子供の親権は奥さんが持ち、自分は養育費を払わないといけないため、“一生懸命仕事をしないといけないんですよ”とボヤいていました」

 とは、最近、彼と会話を交わした知人である。


「以前、家族で住んでいたマンションは今年4月に売却し、慰謝料として奥さんに渡したそうで、今はワンルームマンションを借りて、自宅と歯科医院を往復するだけ。飲み屋に寄って遊ぶこともないそうで、“寂しいです”と口にしていました。今回の騒動が相当応えたのか、頬がこけてげっそりと痩せていましたね」


 すでに今井とのデートに使ったスポーツカーも手放し、勉強代にしては随分と高くついたが、これですべてが片付いたわけではない。

免許停止を気にして

 地元記者が言う。


「昨年9月には市議会が調査した約900万円の不正受給をハシケンは認めて返還していますが、告発を受けて兵庫県警が調べたら、さらに400万円ほどの“余罪”があったことが判明。市議会から計約1300万円をだまし取った詐欺容疑で書類送検されました。結局、検察は証拠が集まらずに、約690万円分で今年2月に在宅起訴しています」


 公判は間もなく始まろうとしているが、先の知人によると、


「本人は、秋口には判決が出ると見ているようです。執行猶予になるだろうから、歯科医師免許の剥奪とはならないけど、判決後に歯科医師会の処分が下されることになる。おそらく2~3カ月の免許停止になるというのを気にしていました」


 そのハシケンを略奪した形の今井については、


「騒動後は静かにしていましたが、今年になってからは活動を再開しています。地方選の応援をしたり、講演を行ったり。先日の西日本を襲った豪雨の際には、被災地へボランティア活動に行き、何食わぬ顔でインタビューにも応じていました。ただ、SNSに活動の様子を載せる度に、未だに“不倫議員はやめろ”といった書き込みが絶えません」(さる国会議員)


 今井にしてみれば、一刻も早く忘れたい過去の過ちということなのか。だが、


「実は、2人は最近も携帯電話で連絡を取り合っているんです」(同)


 今や2人とも独身だから恋路を阻む障害はない。胸を張って一線を越えて構わないのだが……。

「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載

㊟未だ不倫の快楽が尾を引いているようでその気のようだ。ハシケン歯科医に行くのはヤバいよ。これも虫歯、これも歯周病だと次々金歯に入れ替えさせられるぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

中國の干し肉はヤバい!!餌にする人間を強制収容!?



中國の干し肉はヤバい!!餌にする人間を強制収容!?

ウイグル問題が米中の新しい火種に 200万人拘束情報も
ポストセブン


 中国の新疆ウイグル自治区では「中国からの独立」を叫ぶ少数民族のイスラム教徒ら200万人が身柄を拘束されており、自治区内に巨大な収容所が数十カ所も建設されていることが明らかになった。収容所建設は数年前から始まっており、


収監者は自治区の全人口である800万人のうちの25%にも達している。英紙「フィナンシャル・タイムズ」が、ドイツのミュンヘンに拠点を置く世界ウイグル会議のドルクン・イサ代表の話として報じた。


 イサ氏は収容者数について、「今年初めには100万人ほどが収容所にいると聞いた。釈放された人がいるという話を聞いていない。いったん収監されたら、一生出られない。半年以上経ったいまも連行は続いており、いまや200万人以上だが、正確な数字は私たちにも分からない」と答えた。


 同紙によると、同自治区では、中国当局による「反テロ対策」により両親と親戚が拘束され、子供が孤児状態になったケースが何千件にも上っている。


 正確な収容所数は不明だが、米ワシントン大学に留学し、修士課程を修了した中国人留学生の張肖恩氏が米国の衛星監視システムで撮影した同自治区の画像を解析した結果、いまのところ21カ所の収容施設を発見している。そして、いまも建設中の収容施設が数カ所分かっているという。


 張氏は北京大学卒業後、ワシントン大に留学後、いまはカナダのブリティッシュコロンビア大学の博士課程で人権問題を解決するため、法学を専門に研究している。


 張氏は1989年6月の天安門事件に関するドキュメンタリー映画を観て、中国共産党政権による人権無視の実態を痛感。同自治区での独立運動やチベット問題などに関心を持ち、法律の知識が中国の人権問題に立ち向かう力になると考え、研究を続けている。


 張氏が今年3月、中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」で、反共産党の論文を発表すると、数時間後には中国内在住の両親が警察に呼び出されるなどの圧力が加えられたという。


 中国外務省は、6年間北京に駐在してウイグル問題などを報じてきた、米ニュースサイト「バズフィード」のメーガ・ラジャゴパラン支局長の記者ビザの更新を拒否。同支局長は国外退去を余儀なくされている。


 これに対して、在中国外国人記者協会は同氏へのビザ更新不許可について、「遺憾で受け入れられない」との声明文を発表するとともに、中国外務省に対して説明するよう求めている。また、北京の米国大使館も「中国に在住する記者の活動が著しく制限され続けている」として懸念を表明。


 これを受けて中国外務省報道官は8月下旬の記者会見で、「内政に干渉してはならない」と強く反発するなど、ウイグル問題は貿易問題に次いで、米中間の新たな外交問題に発展しつつあるようだ。


㊟収容所に隔離された人々は殺され、内臓は軍と役人の金儲けで臓器売買され、その他の肉部分は干し肉にして日本に輸出かも。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

嗤う!犯罪天国ゴキ、ゴキブリ少年法大改正だって!!


嗤う!犯罪天国ゴキ、ゴキブリ少年法大改正だって!!


中国でも少年法改正論議が活発化 一気に12歳まで引き下げも
ポストセブン


犯罪の低年齢化に悩まされているのは日本だけではない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。

 * * *
 日本でも昨年、18歳と19歳を少年法の保護から外すべきとの議論が盛んに行われた。それは選挙権が18歳に引き下げられたことを受けたもので、民法の成人年齢についても同時に議論された。いま中国でも同じように少年法の保護を制限し、刑事責任の適用年齢を引き下げるべきという議論が活発になってきている。


 だが、理由は日本のようなものではなく、また対象年齢も18歳、19歳ではなく、一気に12歳まで引き下げるべきというのだから、興味深い。背景にあるのは、当然のこと犯罪の低年齢化である。


 犯罪の低年齢化は以前にも取り上げたことがある。それはゲームを取り上げられた子供が家に火を着けたり親に暴力をふるうというものだったが、ここで問題視しているのは暴行や強盗といった犯罪である。そうした犯罪に関わる少年が増えていて、なおかつ年齢が下がってきているという傾向が顕著なのだ。


 今夏『中国青年報』が集中的にこの問題を取り上げて話題となっている。


 2017年6月、北京第一中級法院(裁判所)が出版した「未成年人案件総合審判白書」によれば、同法院が2009年6月から2017年6月までの8年間で245件(一審と二審を合わせて)だった。243人に対し少年犯罪として処理し、1631件は減刑仮釈放となった。


問題は、これら犯罪に関わった少年の年齢で、14歳以上16歳未満の者が全体の14.96%を占めたという。数字を見る限り、放っておけるほど小さなものではないようだ。


 しかも明らかに凶悪化の傾向もあるという。湖北省のある地域の例では、全体の49.2%が重大な暴力事件であったという。こうした事情が、中国で、刑事責任の対象年齢を「12歳まで引き下げるべき」という議論につながったようだ。


 記事によればすでに複数の全国人民代表大会の代表が提案に前向きだという。ちなにみ民事責任の免除年齢も現在の10歳から8歳に引き下げることが検討されているのだとか。


㊟犯罪し放題のゴキブリ国。呼吸をするように犯罪を犯す大人のゴキブリが子ゴキブリ犯座を取り締まるって…餓鬼ゴキブリが暴動を起こすぞ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

貴方は大丈夫?共働き夫婦の大多数は不倫に?



貴方は大丈夫?共働き夫婦の大多数は不倫に?
共働き妻が浮気をすると離婚の可能性高まると探偵社社長


 芸能人の不倫報道や不倫ドラマが立て続き、不倫は意外に身近なものなのかも…と感じる人が少なくないのではないだろうか。実際に、性生活に関するさまざまなアンケート調査を見ると、およそこの20年で不倫率は2倍に増えている。


 最近では男性ばかりではなく、女性の不倫が問題になることも多いと語るのは、東京・池袋に本社を置き、全国に相談室を展開する探偵事務所「MR」の岡田真弓社長だ。探偵事務所「MR」は、証拠の提示だけでなく女性スタッフによる無料カウンセリングにも取り組んでいる。


 岡田社長は、「共働きの妻が浮気すると、夫婦のやり直しが難しく、離婚になりやすい」という。


「女性の社会進出が進み、男性と出会う機会が増えて不倫する女性が増えました。そもそも女性は男性より本気で相手を好きになることが多く、最初から一線を越えたら後戻りできないことを覚悟しています。いくら浮気をされた夫が復縁を望んでも、妻がそれを受け入れられず、結果的に離婚に至るケースが増えています」


 しかし、夫婦ともに不倫を経験しても、再度絆を結びなおすこともあるという。専業主婦のA子さん(52才)が告白する。


「もともと夫婦生活が少なく、私も不倫をしたことがあります。当時は“離婚してもいい”と思いました」(A子さん)


 その後、夫の浮気が発覚したがA子さんには夫を責める気が起きず、「やっぱり夫が好きだから別れたくない」と思うようになった。夫の愛人に不倫の証拠を突き付けて身を引かせ、夫と三日三晩、膝を突き合わせて「あなたとやり直したい」と伝えたおかげで、夫婦はよい関係を取り戻したという。


「どんな夫婦でも関係回復の可能性はあります。何度もコミュニケーションを交わすことが大事です」(岡田さん)

※女性セブン2018年9月13日号

㊟参ったね。これじゃ殆どの夫婦じゃないか。皆さん、大丈夫?

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (212)
ニュースの深層 (10282)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR