FC2ブログ

2018-08

龍崎孝くんへ!「小泉変人」は真紀子が名付けたんだ!!

龍崎孝くんへ!「小泉変人」は真紀子が名付けたんだ!!


 君の言動は渡邉機関ですべて監視している。ある密約で就任した流通経済大学での言動もだ。8月4日の上田晋也のサタデージャーナルで君は、


「小泉さんは変人と呼ばれていましたが…」


 と発言。いいか?小泉に「変人」と名付けたのは田中真紀子議員だ。君はそれを百も承知でなぜこんな表現をするんだ?


 1998年7月の自民党総裁選で立候補した3人、小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎に対して、当時、真紀子ブームを巻き起こしていた田中真紀子議員に記者団が、


「小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎3人をどう表現しますか?」


 と問うと、真紀子が、


「(小渕は)凡人、(梶山)軍人、(小泉)変人」


 と答え、すべてのメディアで大きく報じられたんだ。君は現場で取材してたじゃないか!!
あまり世間を惑わす言動をすると私が行動を起こすぞ!!


最も重要なことは、小泉純一郎が派閥内でも嫌われ者(父親が北朝鮮人なのも、大学時の強姦事件も、ロンドン大学留学詐称も知られ、揚げ句、初当選後の人妻強姦事件、新橋芸者小半(こはん)殺害も知られていたから)で、2001年の総裁選でも推薦人が集まらず、立候補を止めようとしていた時、大人気だった真紀子が応援団長を宣言したことで推薦人が20人を超し、真紀子人気で大穴当選した事実だ。


ところが外交機密費で鈴木宗男と国会バトルが始まると、外相を更迭しただけでなく、飯島秘書に命じて「秘書給与横領疑惑」(検察は真紀子調べもなく嫌疑なし処分)をでっち上げさせ、自民党を離党させたんじゃないか。自分を総理した生みの親を抹殺したんだ。君はそれも全部知ってるだろ?


また、この番組は進次郎をやたら持ち上げる言動が多過ぎる。画面のバックに必要のない進次郎の顔を出すのはTBS得意のあのオウムの時のサブリミナル効果を狙っているんだろ?国会に喚問してやろうか?


衆参の逓信委員会を開かせ、磯崎社長、大川常務を喚問させ、首を取ったのも渡邉正次郎なのを覚えているだろ?私が開かせる委員会は総務委員会だけじゃないぞ。


君らは小泉元総理の父、純也は日本人に背乗りした北朝鮮人なのも知ってるじゃないか!!君らは「北の味方」と見る勢力もいるようだぞ。そう、日大に行っている柴田秀一はオウムと親密だったね。

勿論、柴田も『報道特集』の金平も渡邉機関は監視している。
                   作家 ジャーナリスト 
渡邉正次郎
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

日大でなくて良かった!!




日大でなくて良かった!!

「学校の恥だよ」「ずる賢いばかは嫌い」 日大、チア監督を解任 女子部員が恫喝などパワハラ訴える
産経新聞

 日本大学は9日、同大の運動部を統括する保健体育審議会(保体審)が、応援リーダー部(チアリーディング)の監督を同日付で解任したと発表した。女子部員が監督から暴言などのパワーハラスメントを受けたと訴えており、学生の指導に支障を来すことが懸念されると判断したという。学内の人権救済委員会で調査中で、パワハラを認定するか近く結論を出すとしている。

 同大は監督の名前などを公表していないが、関係者によると女性という。

 一方、女子部員の代理人弁護士は9日、「2月上旬に監督からパワハラがなされ、女子部員が自殺を図ろうとするまでに追い詰められた」として、女子部員が作成した文書と家族のコメントを公表した。

 女子部員側は保体審に仲裁を求めたが断られ、学内のハラスメント防止窓口に相談しても解決につながらなかったとしている。

 文書では、全部員の前で「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」などと事実でない叱責をされたり、出身高校のウエアを着用していたことを「学校の恥だよ。今すぐ脱げ」ととがめられたりしたと訴えている。監督はけがの具合にも疑いをかけ「ずる賢いばかは嫌い」と暴言を吐き、大会に強行出場させようとしたとしている。

 同大は、アメリカンフットボール部の悪質反則問題を受け、「学生の皆さんを必ず守ります」などとする文書を出したばかりだった。

㊟とても大学とは思えないんですけど。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

クソっ!!裏入バレたじゃねえかよ!!





クソっ!!裏入バレたじゃねえかよ!!
爆笑問題「太田光」に裏口入学の過去発覚 コンビ結成の“日大芸術学部”入試で
デイリー新潮

 東京医科大の入試をめぐる“不正”が取り沙汰される折も折、お笑いコンビ爆笑問題・太田光(53)の裏口入学が発覚。これまた渦中の日本大学がその舞台だが、この裏口が無ければ相方の田中裕二(53)と出会うこともなく……。
 ***
 大東文化大学第一高校に通った太田が、日本大学芸術学部を受験したのは1984年のこと。自身の進学について、〈いずれ日芸に行きたいと思っていた〉と自伝に綴るが、一方で〈ダメなら専門学校の横浜映画学校に行ければいいやって思ってました〉(『爆笑問題 太田光自伝』)。

 だが、内装会社を営んでいた父・三郎氏は、溺愛する一人っ子の光を、なんとしてでも日大に合格させたかったようだ。入試前年の83年後半、指定暴力団組長の愛人芸者の娘と知り合い、“知る人ぞ知る裏口入学ネットワーク”に依頼をする。だが、

「この成績では無理だろうというレベルでしたね。太田の父親とも何度か打ち合わせの席を持ちましたが、“息子、バカなんです。バカなんです”と繰り返していてね。“割り算もできないんです”ともボヤいていました」(さる日大関係者)

 そこで太田本人に尋ねると、

「僕は身に覚えはないですよ」

 との答えが返ってくるが、先の日大関係者は、

「1次試験前日くらいのタイミングで、ホテルに太田を缶詰にしました」

 と、裏口入学について具体的な証言をする。曰く、本番と同じ問題を使い、現役教員自らレクチャーした……。となれば、ゲタを履かせてもらっていることは、太田も分かっていたことになる。父・三郎氏は、対価として日大に800万円を支払った。

 こうして“合格”した先で出会った相方と結成した爆笑問題は、今年で30年を迎えた。8月8日発売の週刊新潮では、“ゲタを履かせようにも、その足がなかった”という言も出た「太田の裏口入学」について詳しく報じる。
「週刊新潮」2018年8月16・23日号 掲載


㊟ここまで具体的に証言されちゃ知らん存ぜぬは通用せんな。となると太田の書いた小説は誰が書いていいる?ま、裏をバラされても人気は落ちないから心配ないが。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

市川海老蔵 子供たちの立場を考え、麻耶「完無視」を決断か

市川海老蔵 子供たちの立場を考え、麻耶「完無視」を決断か
ポストセブン

 7月30日の夕方、市川海老蔵(40才)一家の姿は東京湾に浮かぶ屋形船にあった。そこで、長女・麗禾(れいか)ちゃんの7才の誕生日会が行われていたのだ。本来なら5日前の7月25日が誕生日だが、海老蔵が『七月大歌舞伎』に出演していたため、その日に延期されたという。


 船内はピンクや青、オレンジといった色とりどりの風船で飾られ、麗禾ちゃんと長男・勸玄くん(5才)は初めての屋形船に大はしゃぎ。食事を楽しみつつ、カラオケに興じる様子は本当に楽しそうで、幸せな一家の姿が映し出されていた。


 同じ頃、東京都心にあるマンションでは、新婚夫婦がふたりきりの夕食を楽しんでいた。その日のメニューはタイ料理。料理をする間も惜しかったのか手作りではなく出前で済ませる。新婚ホヤホヤ、どこで何を食べてもおいしいに決まっている。


 幸せそうに見える2組の家族。しかし、彼女はこれまで麗禾ちゃんと勸玄くん、2人の“ママ”として、最も近くにいた存在だったはず。どうして、誕生日を祝う場にいないのか。いつのまにこんなに距離ができてしまったのか──。


 7月27日、小林麻耶(39才)がブログで結婚を明かした。


《お相手は4歳歳下の優しい男性です。たくさんの愛と光に満ち溢れた生活を送っていきたいと思っています。結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚をすることになったこのミラクルは、妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています。》


 あまりに突然の発表だった。


「1か月前、バラエティー番組に出演した際には、彼氏の存在を否定していました。婚期についても“来年いける!”と口にしていたぐらいで、こんな急展開になるとは思ってもいませんでした」(テレビ局関係者)


 ブログのコメント欄には祝福の言葉が殺到。しかし、いのいちばんに祝ってもよかったはずの男の反応は驚くほど鈍かった。妹である小林麻央さん(享年34)の夫である海老蔵だ。


「結婚発表当日の27日は主演舞台『七月大歌舞伎』の公演中で、その日の終演後、記者からコメントを求められましたが、それにも応じませんでした。これほどおめでたい話はないのに、無視を決め込む理由は何なのか、疑問に思う記者も多かったです」(スポーツ紙記者)


 1日に何度となくブログを更新する海老蔵が、麻耶の結婚に触れたのは発表から2日後。自身のブログで、


《麻耶さんの結婚は当然おめでたいし嬉しいことです。あまり私から発信することでもないかなと少し控えていました。》


 とだけ、言葉少なに言及した。とはいえ、違和感はぬぐえない。麻耶は“家族同然”に暮らしてきた義姉であり、麗禾ちゃん、勸玄くんにとっては“ママ”のような存在だ。それだけに、《あまり私から発信することでもない》の真意は誰しもが計りかねた。


◆「心を鬼にして決めたのではないでしょうか」


 ある歌舞伎関係者は麻耶の結婚発表の時期についても疑問があるという。


「海老蔵さんが主演舞台中の結婚発表でした。勸玄くんも出演していて多忙の時期。なぜこのタイミングだったのでしょうか。占いとかあるのかもしれませんが、千秋楽まで待った方がよかったのではないかと思いましたね」


 それだけではない。冒頭、麗禾ちゃんの誕生日、麻耶は用事がなかったにもかかわらず顔を出すことはなかった。


「海老蔵さんはノリノリで誕生日の様子をブログに綴っていました。今までならあの場に麻耶さんがいないのは考えられません。しかも、用事もなくずっと自宅に引きこもっていたわけですから…」(麻耶の知人)


 海老蔵としては、新婚の“姉”を邪魔してはいけないと気を使ったのかもしれない。しかし、翌日の麗禾ちゃんのバレエ発表会準備にも麻耶の姿はなかった。


「昨年も麻耶さんが来ていましたし、発表会当日の送り迎えも麻耶さんでした。今年はなんで行かないのか。ここまで徹底して距離を置くのはあまりにも不自然に映ります」(前出・麻耶の知人)


 この日も麻耶は自宅で待機するばかりだった。


 春先から、ある時は海老蔵のマンションのエントランスで麗禾ちゃんと3人で笑顔を見せ、またある時は麻耶が運転する車の助手席に乗っているなどふたりの姿はよく見かけられるようになっていた。しかし、その距離が海老蔵にある決意をさせていたのかもしれない。


「麻耶さんと旦那さんとで子供たちを遊びに連れて行くことも何度かあったようです。でも結婚後もその状況が続くとなると海老蔵さんとしては複雑なはず。麻耶さんは単なる伯母というより“ママ”として接してきた。結婚後はそうはいきません。父親はあくまで海老蔵さんですから。子供たちの立場を第一に考えた海老蔵さんは、今後を考えて麻耶さんのことは“完無視するしかない”と心を鬼にして決めたのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)


 確かに結婚後も麻耶が子供たちと変わらぬ距離でい続けるのは、難しい問題かもしれない。


 冒頭の日の朝9時、通勤や通学の慌ただしい時間がひと段落した東京都心の住宅街。花柄ワンピを着た麻耶と、その数歩後ろを半袖短パンにキャップを被ったカジュアルな男性が歩いていた。両足と両手にお揃いの虫よけをつけたふたりは散歩帰りのようだ。本誌は麻耶に話を聞いた。


「結婚おめでとうございます」と声をかけると、麻耶はサングラス越しでもわかる満面すぎるほどの笑みを浮かべ「ありがとうございます」と返したが、その他はノーコメントを貫いた。

※女性セブン2018年8月16日号


㊟福田赳夫元総理の紹介で団十郎氏とは何度か。。。だけに海老蔵くんは気になる。だから『関東連合』のガキどもが海老蔵に大けがをさせた時、激怒した私が、


「貴様ら出頭せい!!関東連合創設者で最高顧問だった渡邉正次郎が許さん!!」


 とブログ配信したのだ。彼らから鬼神と呼ばれていただけに連中はブルったそうだ。こんな話は置く。やはり二人の子が心配だ。再婚もしたいだろうが子供たちが懐く女性ならいいが。。。今後の歌舞伎界を背負う責任もある。。。海老蔵くん、体を大事にね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

王室揺るがす事件ぼっ発!?



王室揺るがす事件ぼっ発!?

メーガン妃にキャサリン妃がイラッ、英国王室「嫁嫁戦争」
ポストセブン

 近頃、イギリスの王室では、プリンセスの間に不穏な空気が漂っているという。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。


「この5月にヘンリー王子と結婚したメーガン妃(36才)に対し、ウイリアム王子の妻・キャサリン妃(36才)がイライラを募らせているといいます。というのも、最近のエリザベス女王はメーガン妃を明らかに贔屓するような言動が目につきます。一方、女王とキャサリン妃の間には距離がある。複雑な思いがあるのでしょう」


 最初にキャサリン妃が“女王のメーガン贔屓”にショックを受けたのは、昨年12月の英王室のクリスマスパーティーに、結婚前だったメーガン妃が招待されたことだったという。それまでは配偶者でないと声がかからず、キャサリン妃自身も結婚の翌年まで招かれなかった。しかし、メーガン妃には婚約中に招待状が届き、王族との晩さん会に出席してプレゼント交換をした。


 5月に結婚式を挙げると、贔屓はさらに加速。6月13日、エリザベス女王は自身の公務にヘンリー王子抜きでメーガン妃を同行させ、さらにはロイヤルトレインと呼ばれる蒸気機関車にも同乗させた。キャサリン妃はもちろん、2人の王子も公務で乗車したことはなく、“特別待遇”に周囲は驚いたという。


 さらに、6月26日には英国で活躍する若者を支援する『ヤング・リーダーズ・アワード』にヘンリー王子とメーガン妃が出席した。これまではエリザベス女王が熱心に打ち込んでいたイベントだが、今後は夫妻が引き継ぐ予定だと報じられた。ちなみに、キャサリン妃はこのイベントに一度も招かれたことがないという。


「エリザベス女王とキャサリン妃は、結婚間もない頃から不仲が盛んに報じられました。エリザベス女王はいずれ国王の妻となるキャサリン妃に、王室の一員として勤勉に公務を果たしてくれることを求めていた。


 しかし、キャサリン妃は結婚前、王子とのデートを優先させるため定職に就いていませんでしたし、結婚後も子育てに専念するため公務は控えました。それなのに、プライベートでは王子とテニス観戦をしたり、友人を宮殿に招いたため、エリザベス女王は“優先順位が違う”と怒った。“怠け者のケイト”とあだ名を付けるほどいらだちを感じていたそうです」(前出・多賀さん)


 メーガン妃は、そんなキャサリン妃とは対照的だった。


「女王はメーガン妃の意欲を高く評価しています。アメリカ人のメーガン妃は、結婚前にイギリス国教徒に改宗し、英王室へのリスペクトを見せました。これは婚約会見でヘンリー王子が明かしたエピソードですが、エリザベス女王とメーガン妃が初めて会ったとき、女王が飼っているコーギー犬がしっぽを振りながらメーガン妃に近づいたそうです。その犬は王子に対しては激しく吠えるそうで、女王はさらにメーガン妃を信用したといいます。また、メーガン妃が慈善活動に熱心で、ジェンダーや人種の平等について積極的に意見を発していたことも、好印象なのでしょう」(前出・多賀さん)


 女王が彼女に特別に目をかけるのは、ダイアナ妃の死への反省と、王室の将来を見据えた考えもあるという。

「ダイアナ妃はエリザベス女王やチャールズ皇太子から充分な指導を受けないまま公務に引っ張り出され、つらい思い、恥ずかしい思いをしたと離婚後に語っています。アメリカ人であるメーガン妃も、英王室で孤独を覚える可能性があります。女王は悲劇を繰り返すまいと、教えられることは教えたいと考えているのでしょう」(前出・多賀さん)


 そんな中、プリンセス2人の仲が疑われる決定的な“事件”が起きた。2人は7月14日、ウィンブルドンのテニス女子シングルス決勝を観戦。初めてのツーショットを披露した。テニスボール柄のフェミニンなワンピースのキャサリン妃と、ラルフローレンのブルーのストライプシャツを着たメーガン妃は、ロイヤルボックス席に並んで着席。しかし、この時のメーガン妃の行動に波紋が広がったのだ。


「英王室では当たり前に知られたことですが、その席では後ろの人に配慮して帽子を被らないのが常識で、席に持ち込むことすらマナー違反。ところが、メーガン妃は白い大きなパナマ帽を手に持ったまま観戦を続けていました。王室の先輩であるキャサリン妃なら事前に“帽子好きのメーガン妃に注意できたはずでは”と指摘されています」(前出・多賀さん)


 同世代の2人のプリンセスは、何かと注目され、比較されてきた。


「英国で生まれ育ち、大学の学友としてウイリアム王子と出会ったキャサリン妃に対し、メーガン妃はアフリカ系アメリカ人の母を持ち、裕福とはいえない家庭で育った。女優としてセミヌードを披露したことがあり、王子より年上でバツイチでもある。王室にふさわしい人物なのかという議論もありました。しかし結婚後は、新しい時代の象徴としてすっかり人気者になっています」(現地ジャーナリスト)

 嫁姑ならぬ“嫁嫁バトル”の勃発も英王室ならではか。
※女性セブン2018年8月16日号

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

朝日が大恥記事書いたぞ!!



朝日が大恥記事書いたぞ!!

核抑止を解説、朝日新聞が「語ってはいけない真実」を書いた
ポストセブン


 2018年8月9日、長崎市で開かれる平和祈念式典に、国連事務総長が初めて出席することが話題になっている。

昨年1月に就任したグテーレス事務総長は核軍縮・廃絶に力を入れており、そのメッセージを強く出すためだと言われているが、世界の歴史を振り返ると「核抑止」が信じられていた時代が長かった。評論家の呉智英氏が、核抑止について朝日新聞が出した啓発記事に驚いた理由について述べる。


 * * *
 今週は広島・長崎の原爆忌である。新聞も毎年この前後は特集記事を組む。しかし、六月三十日の朝日新聞に従来見られなかった啓発記事が出た。


「今さら聞けない」というシリーズで、今回は「大陸間弾道ミサイル」特集。見出しは「『核抑止』のための使えない兵器」だ。


「米国と旧ソ連は巨費を投じて、相手が使ったら確実にやり返す能力を高めてきました」

 相互確証破壊、略称MAD(マッド)である。一発撃ったら最後、相互が確実に壊滅する。それが恐くて一発も撃てない。故に平和が実現する。まさしく狂気(マッド)の「真実」だ。続いて、こう説明がある。


「その結果、敵の先制攻撃を押さえ込む『核抑止』を実現し、均衡状態をつくりました」


 核兵器を極限(オーバーキル)にまで増やし合い、一発も撃てない核抑止効果が実現できた。MADによる「逆説の平和」である。


 事実、戦後七十年余、それまでの二度の大戦とちがって、世界中を巻き込む大国間戦争は起きていない。起きたのは、朝鮮戦争、ベトナム戦争など、あくまでも地域的な「代理戦争」である。


 ああ、しかし、この語ってはいけない真実を、朝日新聞が啓発記事にするようになったのか。


 私自身、核均衡理論の重要性に気づいたのは三十年近い前だ。文章化したのは、その少し後だろう。一九九六年刊の中沢啓治『はだしのゲン』(中央公論社版)の解説ではこれに言及している。どうもこれは大変に勇気のいる発言だったらしいと、最近になって知った。


 私は『ゲン』の解説中、こんなことを述べている。『ゲン』の中に一貫して流れる原爆への原初的恐怖と怒りこそこの作品の大きな価値であり、また、これは核均衡論の重要な基盤でもある、と。もし、核兵器の威力が大したものでないと誤解されていたら、すぐに核の撃ち合いが始まるからだ。


 かつて支那では毛沢東が核兵器は張り子の虎であると主張していた。見掛け倒しだと言う。我が支那には八億の民がいる、一億や二億が核で死んでも脅威ではない、という暴論である。こういうMADにはMAD理論は有効ではない。前記の朝日の啓発記事にも「米国と旧ソ連」とだけ書いてある。



 だとすれば、実は核アレルギーに代表される感情的反核論の世界的広がりこそが核均衡論の基礎に必要なのである。『ゲン』がその重要な一翼を担っている。


 そう書いたのだが、共産党系のマンガ評論家紙屋高雪は、四月に出た『マンガの「超」リアリズム』で、「『ゲン』を高く評価するはずの呉は、驚くべきことに」「核均衡論を肯定的に紹介」と批判する。この批判の初出誌は民主教育研究所の「人間と教育」である。


 いや、まあ、なんと言おうか。この人たちは、ねぇ。


 実は、核均衡論は完璧な理論ではない。そもそもこれは「後で気づいた理論」である。この理論に従って米ソが核開発に狂奔したわけではない。これも歴史の皮肉。


●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。この連載をまとめた新刊『日本衆愚社会』が発売中。

※週刊ポスト2018年8月17・24日号


㊟朝日新聞記者たちの意志が統一されていないのか、社の方針(反日、親中、親韓、反米)が揺らぎ始めているのか。親しい記者たちは筆者と似た考えが多いのに、、、

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

安倍を殺したい記事は無料の朝日新聞!!


安倍を殺したい記事は無料の朝日新聞!!


「官邸官僚」が出した紙に驚く各省 首相も了承なのか…
岡本智、伊藤舞虹 座小田英史、松浦祐子、福間大介
2018年8月5日17時12分


自民党総裁選2018 安倍政権と官僚(1)
 自民党総裁選では、「安倍政権と官僚」が問われる。政と官のいまをみる。

• (第2回)官邸下請け化で若手「成長戦略疲れ」 経産官僚たちの夏
• (第3回)独自分析より政策正当性裏付け 官庁エコノミストの苦渋

 安倍内閣が24日に承認した省庁人事で、内閣府政策統括官の新原(にいはら)浩朗(ひろあき)が経済産業省の経済産業政策局長に就いた。近い将来の事務次官候補が座る枢要ポストだ。


 1984年に入省した新原にとっては古巣への凱旋(がいせん)となった。首相の安倍晋三、その政務秘書官で先輩の今井尚哉(経産省、82年入省)が手腕を高く評価。働き方改革や幼児教育の無償化など、政権の目玉政策を進めてきた。政権5年半で大きく様変わりした霞が関で力を持つ「官邸官僚」の象徴的な一人だ。


 3カ月前。消費税を来年10月に10%に引き上げる際の対策を検討する省庁横断の特命チームが内閣府で初会合を開いた。顔合わせのつもりで集まった関係省庁の局長らは、配られた1枚の紙を見てのけぞった。


 「検討事項(案)」として、増税に伴う駆け込み需要や反動による消費の落ち込みについての対応策が13項目にわたって列挙。増税後の値引きセール推奨、自動車減税、合理的な購買行動の推奨――。それぞれに担当省庁の割り振りまで記してあった。まとめたのは新原だ。


 消費増税は幅広い業種や消費者に影響するため、関係する省庁は多いが、新原がまとめた紙は担当する財務省や経済産業省の知見を集約したものではない。対応策は「再調整」という扱いにはなったが、特命チーム関係者の間では、安倍と新原の間で「もう話がついているのでは」との臆測が広がった。


 安倍が政権に復帰して以降目立つのは、新原のように安倍に近い官僚らが主導して政策の方向性を決めていくスタイルだ。首相秘書官の今井や佐伯(さいき)耕三(経産省、98年入省)、内閣情報官の北村滋(警察庁、80年入庁)、官僚OBの首相補佐官である長谷川栄一(経産省、76年入省)、和泉洋人(旧建設省、76年入省)はこの5年半、変わらず安倍の周辺にいる。


 安倍と以心伝心の「官邸官僚」たちの指示は、省庁幹部から「首相の威光」と受け止められる。それは「最強官庁」と呼ばれた財務省も例外ではない。(岡本智、伊藤舞虹)

「官邸は防波堤の佐川氏を評価」

 3月10日未明、森友学園に関する決裁文書の改ざん前文書のコピーが大阪地検から財務省に届いた。朝日新聞が2日に書き換えの疑いを報じて以降、同省は関係職員の聞き取りを進めたが、全体像がつかめない。すでに、理財局の複数の職員が地検の捜査を受け、聴取内容を口止めされていた。財務省は地検に頼み込み、原本をコピーさせてもらうしかなかった。


 改ざんは14文書におよび、首相の安倍晋三の妻昭恵に関する記述や複数の政治家秘書との関わりなどが、ことごとく削除されていた。「少し手直ししたというレベルではなく、がくぜんとした」(理財局幹部)。2日後、財務省は初めて書き換えの事実を認めた。


 だが、改ざんを主導した当時の財務省理財局長、佐川宣寿(のぶひさ)(1982年入省)はその後の国会での証人喚問でも、刑事訴追の恐れを理由に答弁拒否を繰り返し、官邸の関与はきっぱりと否定。真相解明に後ろ向きな姿勢に世論は反発したが、「官邸は昨年の国会で防波堤になっている佐川を評価していた」(財務省幹部)。


佐川は昨夏の人事で次官級の国税庁長官に昇格。対照的に、売却価格の算定について国会でしどろもどろの答弁を続けた当時の国土交通省航空局長、佐藤善信(82年入省)は退官となった。


 首相官邸の意向を反映させるため、各省庁の幹部約600人の人事は、14年に発足した内閣人事局が判断する。正副官房長官ら主要幹部の7割の賛同を得られなければ各省の人事案を受け入れないという「7割ルール」で運用されている。


 今夏の人事で退任が決まった金融庁長官の森信親(80年入省)は、官房長官の菅義偉の信任が厚く、3年の長期にわたり務めた。一方、前任の細溝清史(78年入省)は1年で交代した。農業改革が持論の菅の協力依頼を断ったためだ。


 人事権を握った官邸に、各省庁は従うしかなく、「官邸官僚」を除く官僚は萎縮と忖度を余儀なくされる。横行する「官邸人事」は、政権と沖縄県の対立が続く米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の辺野古への移設をめぐっても行われた。


 16年1月、国交省がこんな人事を発令した。「防衛省審議官 下司弘之▽同沖縄防衛局次長 遠藤仁彦」。両氏を含む港湾局出身の技官6人を防衛省に異動させる人事。「官邸官僚」の一人で、菅の側近とされる国交省OBの首相補佐官、和泉洋人が中心になって練られた。


 当時は県の抵抗で移設先の埋め立て工事が滞っていた。防衛省関係者は「官邸からいつまでやっているんだと怒られた。そこで、和泉さんらが埋め立てのプロを国交省から呼び寄せた」と解説する。


これ以降、県は工事の手順などをめぐり、数十回の行政指導をしたが、国側は工事を加速。国交省幹部は「専門家だけに、県や住民との協議はなるべく少なく、法律すれすれの行動を取れる」と話す。


 今夏の国交省人事では、防衛省に部下を送り込んだ港湾局長の菊地身智雄(85年入省)が技術系最高ポストの技監に昇格。旧運輸省出身者の技監就任は初めてだ。後任の港湾局長には埋め立てを指揮した下司(同)が就く。「論功行賞」とささやかれた。


 国交省幹部はいう。「以前は省内の力学にそった人事ができたが、安倍政権で完全に変わった。官邸の意を受けた政策を成し遂げた人こそが評価される」

責任負わない「政治主導」

 官邸が官僚を従える力の源泉は人事だけではない。

 安倍政権は、重要案件ごとに内閣官房や内閣府に省庁横断の組織や会議を次々と設置。各省庁から政策立案の権限を奪い、一部の「官邸官僚」が政策を動かすことが常態化している。


 安倍が掲げた「人づくり革命」を具体化するため、昨年9月に立ち上げた「人生100年時代構想会議」は、その典型だ。内閣官房に置かれた「推進室」には各省庁から約30人が集められた。

 政策の骨格は内閣府政策統括官だった新原浩朗や首相秘書官の今井尚哉らが検討。財政悪化につながる3~5歳児の教育・保育の無償化や、消費税の使途拡大による財源確保を財務省にのませ、安倍の衆院解散表明にあわせて打ち出した。


 結論を急ぐあまり、担当省庁による十分な政策検証は置き去りにされた。無償化で待機児童が逆に増えるなどの批判が噴出しても、官邸は公約実現に向けて突き進んだ。



 昨年末、改革の大きな道筋がつくと、推進室の多くの職員が席を引き払った。寄り合い所帯で作業が終われば散っていく組織の責任はあいまいになりがちだ。政策決定を主導する首相秘書官や補佐官も、国会答弁に立つことはまずない。


 官邸主導は本来、二大政党間で政権交代があることを前提に、短期間で政治の結果を出せる仕組みをめざした姿だった。しかし、5年半を超える長期政権で政権交代の緊張感は薄れた。「政治主導」を掲げながら、財務省による公文書改ざんなど、大きな不祥事が起きても誰一人、政治責任を負わないいびつな構造ができあがった。


 組織防衛を本能とする官僚たちはいま、安倍に近い甘利明が自民党行政改革推進本部長として旗を振る「省庁再々編構想」におびえる。国家予算の3分の1を使う厚生労働省の解体などが現実味を帯びつつある。「それはそうだな」。巨大官庁の分割案に安倍も受け入れる姿勢だ。(座小田英史、松浦祐子、福間大介)


㊟鋭い分析ではある。しかし安倍一強への強い反発心、敵愾心が見え隠れする文章になっている。政治の停滞、怠慢、緩みすべてが安倍一強が生んだの印象を読者に与えようというロジック。だからこそ有料にせず無料公開したのだ。

 ここには朝日の偏向報道の反省は微塵もない。こういう会社で働く人の子供はまともに育つのだろうか。。。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

暴論!!爆弾投下で破壊せよ!!

暴論!!爆弾投下で破壊せよ!!
中国人工島の「都市化」着々
産経新聞


 南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島に造成した人工島で、中国が着々と施設を構築し軍事拠点化を進めている実態が、フジテレビが2日までに入手した映像=写真(フジテレビ提供)=で明らかになった。

7月後半に撮影されたスービ(渚碧)礁とされる映像では、数階建ての建物が並び「都市」を形成している様子が分かる。近くには3千メートル級滑走路やドーム形レーダーもあった。(シンガポール 吉村英輝)

㊟もうこうなったらミサイル200発くらい打ち込まんと無理。行け¡!トランプ!!

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ゴキブリの面に小便!!


ゴキブリの面に小便!!

「米国は南シナ海の脅威」 中国の王毅外相、軍事拠点化は「防衛的措置」 

 中国の王毅国務委員兼外相は4日、シンガポールで記者会見し

「米国は大規模な軍事力を南シナ海に展開し、中国を含む地域の各国に安全保障上の脅威を与えている」

と非難した。一方、中国が進めている南シナ海の軍事拠点化については「防御的な措置だ」と正当化した。

 王氏は、米国が南シナ海に空母や爆撃機を送り込んでいると指摘し「中国を含む各国は、自国の安全を守らなければならない」と主張した。中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国と協調関係にあるとした上で、米国に対し「干渉」しないよう求めた。 米国の通商政策を念頭に「保護主義の台頭が自由貿易体制に打撃を与えている」とも述べた。

 またポンペオ米国務長官が7月30日、インド太平洋のインフラ整備などを支援するため1億1300万ドル(約125億円)の拠出を表明したことに対して「米国は超大国なのだから(表明した拠出金の)10倍ぐらい出すべきではないか」とやゆした。(共同)

㊟王毅と言う雄ゴキブリは人相学的にも冷酷非道を平然と行う凶相。醜キンピラの後釜を狙っているのも間違いない。こいつが国家主席になる前に天変地異で地獄に落ちてもらわんと。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

銃規制は永遠に来ない米国の実態!!

銃規制は永遠に来ない米国の実態!!

【アメリカを読む】相次ぐ若手ラッパー銃撃死が問うもの…銃社会・米国にメッセージは届くのか
産経新聞

 6月、米国の若手ラッパーが射殺される事件が同じ日に相次いで起きた。今年に入って各地の学校などで頻発した銃乱射事件にもかかわらず規制強化の論議が進まない中、銃社会の恐ろしさなど社会悪を題材にすることが多いラッパーが相次いで銃の犠牲となったことに、二重の悲しみが広がっている。(ロサンゼルス 住井亨介)

「音楽が救いに」

 最初の事件は、ヒット曲「ルック・アット・ミー!」で知られる新星、XXX(エックス・エックス・エックス)テンタシオンさん(20)=本名ジャセイ・オンフロイ=を襲った。米紙ロサンゼルス・タイムズによると、南フロリダの路上に止まったBMWの運転席で瀕死(ひんし)状態(その後死亡)で見つかったのは6月18日。状況から強盗に遭ったものとみられており、容疑者として2人の男が逮捕された。

 XXXテンタシオンさんは多くのトラブルを抱えていたことで有名で、妊娠していた元恋人への暴力で訴えられて裁判を控えていたほか、音楽ストリーミング配信サービス「スポティファイ」からは、「不適切な振る舞い」を理由に曲の配信を一時止められたことがある。

 その生い立ちは辛いものだったようで、母親が子育てを放棄したことで介護士の間をたらい回しにされた。中学校を退学処分となり、銃絡みの犯罪で少年院にも入った。

 救いとなったのが音楽だった。16歳ごろにはレコーディングを始め、ネット上の音声共有サービスに投稿。「音楽が僕を救ってくれた」「音楽は目的を与えてくれた」と生前語っており、自らが経験したトラウマを曲に込めるのが特徴だった。

3度目の悲劇
 続いて惨劇に見舞われたのが、ジミー・ウォポさん(21)=本名トレイボン・スマート。米CNNテレビ(電子版)によると、地元の北東部ペンシルベニア州ピッツバーグで、車の中で撃たれていたのを発見され、搬送先の病院で死亡した。

 2016年発表の「エルムストリート」で名を上げたウォポさんは、大人たちからカネを稼ぐために7歳からラップを始め、教会内のスタジオで技術を磨きつつ14歳の時に曲作りをスタートさせた。

 将来を嘱望されていただけに、ウィズ・カリファさん(30)や、5月に歌手のアリアナ・グランデさん(25)と破局したマック・ミラーさん(26)といった、同じピッツバーグ出身の重鎮ラッパーがソーシャル・メディアに哀悼の意を表したという。

 ウォポさんは過去に2回銃撃を受けた経験があり、「1回目は18歳の時。そのときはものすごい怒りがあったが、2回目は危なかったけど(命が助かったことに)笑って済ませられた。娘がいたからね」と語っており、銃犯罪の根深さを身をしみて理解していた。

増える銃

 NPO「ガン・バイオレンス・アーカイブ」によると、2017年に発生した銃犯罪は6万1781件(14年比約16%増)で死者は1万5633人(同約20%増)と、着実に増加している。今年もすでに3万件を超しており、死者は7691人(7月13日現在)となっている。

 2017年の銃販売数は、1999年比で83%増えたというデータもあり、社会に銃が浸透を続けている現状が浮かび上がる。

 相次ぐ悲劇にも、議会多数派の共和党は、憲法修正第2条が国民の銃保有の権利を認めているとして規制には消極的だ。

 ロサンゼルスでは、XXXテンタシオンさんの死を悼み、数百人がハリウッドに近いフェアファクス地区の道路を占拠する騒ぎも起きた。果たして、彼らの訴えが通じる日が訪れるのだろうか。

㊟今後は銃規制を強く叫ぶ政治家、有名人にも重が向けられるだろう。この国から銃を無くすのはゴキブリ人を退治するのと同じに大変。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (308)
ニュースの深層 (12743)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR