FC2ブログ

2018-06

速報!!恥ずっ!!教養の無さモロ!!菅長官、法政夜間って。。。フフフ。



恥ずっ!!教養の無さモロ出!!菅長官、法政夜間って。。。フフフ。

菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」
 被災者もガクッときたのではないか。


 大阪府北部で18日朝に発生した震度6弱の大地震。政府は地震直後に官邸の危機管理センターに対策室を設置し、情報収集に乗り出したのだが、緊迫感漂う中でポカをしたのが菅義偉官房長官だ。震度6弱を観測した「枚方市」を「まいかたし」と誤読したのだ。


 ネットでは即座に〈まいかたしって、どこやん?〉〈安倍政権には漢字が読めないヤツが多過ぎる〉などと大炎上。


 ちなみに「枚方市」は、「まいかた」と誤読される機会が多く、市では2016年から、正確な読み方を広めるために『マイカタちゃいますプロジェクト』を開始。現在は〈全国『マイカタちゃいます、』分布図〉と題した全国調査を実施している。その最中に菅長官は「まいかた」と誤読したワケだ。


 枚方市に感想を聞くと、「こちらから(政府に)抗議しております。間違えないでいただきたいと」(広報課)と回答。「まいかた」ちゃうで。

㊟命が失われる。。。その地震なのに。。。「あいつ法政大学の夜間部に居なかったぞ?経歴詐称じゃねえかよ!!」

秋田に帰って田んぼ作りやれ。顔に合ってる。ハイ、分かりました。。。。「貴さま、侮辱しやがって!!」。。。オイ、血圧上がるとヤバいぞ。秋田の屯田兵には脳梗塞が多いんだ。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

谷岡学長、貴様も辞めるがスジだろ?学長をマツコ・デラックスにせいッ!!

谷岡学長、貴様も辞めるがスジだろ?学長をマツコ・デラックスにせいッ!!
至学館大学長、栄和人氏解任は「反省できていない」
日刊スポーツ6/17(日) 16:14配信

<レスリング:全日本選抜選手権>◇17日◇最終日◇東京・駒沢体育館

 大会終了後、日本レスリング協会副会長で至学館大の谷岡郁子学長(64)が報道陣の取材に応じ、同大レスリング部の栄和人監督(57)の解任を発表した。


 栄監督は大会初日の14日、レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)へのパワーハラスメント問題で謝罪会見を行った。しかし、同大選手のセコンドにつくことはなく、観客席でお笑いコンビ千原兄弟の千原せいじらと談笑する姿があった。谷岡氏はこれらを受けて「謝罪会見後、数日様子をみていましたが、まだ分かっていない。反省できていない。正式に解任することを決めました」などと述べた。



栄氏後任監督、吉田沙保里も候補 至学館大・谷岡学長が明かす
スポニチ6/17(日) 17:09配信

 至学館大の谷岡郁子学長は17日、東京・駒沢体育館で行われたレスリングの全日本選抜選手権終了後に緊急会見を行い、レスリング部の栄和人監督の解任を発表した。谷岡学長は、同監督が今大会でセコンドにつくことを固辞しながらも試合中の休憩時間に選手と話をするでもなく外に昼食に出かけたことを挙げ、「全く期待外れでまだ分かっていない。反省できていないと思わざるを得なかった」と厳しい口調で語った。


 選手たちからも「監督は本当に反省しているの?」と疑問の声が上がったという。谷岡学長は後任について、現コーチ陣や卒業生から幅広く人選を進める考えで、至学館大副学長でコーチも兼任している吉田沙保里も候補の一人に挙げた。


㊟監督に反省無し=谷岡学長に反省無し。こんな女が学長の大學って。。。日大そっくり。顔は相撲協会の池の杭婆あと瓜二つ。この大学も入学希望者は減るし就職はガードマン。いや、ガードを任すと危険かも。

 ま、栄って監督も吉本の汚物芸人の千原兄弟の兄と親しいとは、、、これはダメ。あんな下品のヤツと。。。


 安倍総理、私は男尊女卑男と非難されたことはありますが、女性が実権を握るとこうなるんです。昔から“雌鶏鳴けば国滅ぶ”という言葉あるじゃないですか?あ、こんな事言う正次郎は女に命を狙われる?助けて~。マツコデラックス!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

必見!!見逃してた記事!!ヤラレ放題女優!?

必見!!見逃してた記事!!ヤラレ放題女優!?


「AVオファー暴露騒動」さとう珠緒が“弁明”で漏らした「幻の濡れ場」の衝撃中身!
asagei

 さとう珠緒(41)が関西ローカルの番組に出演し、自分に対して1億円のAVオファーがあったと打ち明けた話はかなり業界からヒンシュクをかったという。その後の「弁明インタビュー記事」でさらなる暴露話まで……。

 出演した「マルコポロリ!」(関西テレビ)でさとうは、写真週刊誌から破格のオファーがあったことや有名アダルト映像メーカーから1億円のギャラを持ちかけられたことも明かした。この「ぶっちゃけ身の上話」についての印象をさる芸能プロ幹部が語る。

「確かにさとうはテレビ出演の回数が激減していますが、それにしても『私は、芸能界一の悲劇のヒロイン。女一人で頑張っている私をほめて』というアピールが鼻につきました。

さとうが稼ぎ頭だった前事務所の女性社長が、さとうの事務所を叩き売ろうとしたと伝えられた社長も社長だが、すべてを知っていて好き勝手にさせていたさとうの自業自得な面もある。

しかも、『マルコポロリ』でさとうは『社長からの連絡が途絶えた後に雑誌の記事で夜逃げしたことを知った』と説明。そんなアホな、という感じです。そのうえ、自分の賞味期限か過ぎているのに、実名で名前をあげたアダルト映像メーカーで脱いだ他の元芸能人の女優たちよりも明らかに高い『1億円』の値がついたと誇らしげに語るんですから……」

 こんな業界の反応を察知したのか先日、かつて自分が連載を持っていた「週刊大衆」のインタビューに答え、あらためて今は脱ぐ気はないことを強調したうえでこんなふうに明かしたのだ。

「実はずっと前に今村昌平監督にも大作映画の出演のお誘いを受けたことがあるんですが、その時も大胆な濡れ場があるということでお断りしたんです」

 映画ライターが言う。

「06年に逝去した今村監督の作品で、さとうがブレイクして以降で、濡れ場がある映画といえばカンヌ映画祭でグランプリに輝いた『うなぎ』(97年)か『赤い橋の下のぬるい水』(01年)のどちらかでは……。『うなぎ』でヒロイン役の清水美砂は、男の肩に両脚をかつがれるような形でのベッドシーンでバストトップを見せている。

『赤い橋の下の──』では、同じくヒロイン役の清水は、男性と性的関係を結ばないと体内に大量の『ぬるい水』がたまり、絶頂に達するとそれが大量にあふれるという秘密を持つ役柄を演じきった」

 前述のさとうの元所属事務所の女性社長は、「マルコポロリ」でのさとうの「夜逃げ」発言を受け、「連絡がとれなくなったのは、さとうのほう」として彼女を相手取り逆にCM契約不履行などで損害賠償請求等の訴訟を提起していたことを「週刊文春」で告発。

 ますます崖っぷちな状況のさとうだが、もし、巨匠の撮る濡れ場を体当たりで演じきっていたら、今の状況も違っていたかも……。


㊟これ古い記事ですよね。どこかで聴いたような気がしたんですが。ま、今の世は暇潰しですからご容赦を。。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

豪州でゴキブリ共喰い始まった!!


豪州でゴキブリ共喰い始まった!!


犯人は同胞! オーストラリアで、中国人留学生をターゲットにした誘拐事件が多発中
サイゾー

中国人の海外留学増加に伴い、留学生が現地で犯罪に巻き込まれるケースが増えている。「東網」(6月4日付)によると、オーストラリアのビクトリア州で中国人留学生をターゲットにした身代金目的の誘拐事件が多発しているようだ。

 先日は、メルボルンに留学中の18歳の女子学生が犠牲となった。中国に住む両親の元に、娘が手足を縛られた状態の写真が本人から届き、その後、犯人から身代金として、中国の銀行口座に10万オーストラリアドル(約840万円)を振り込むよう要求されたという。

 両親が指定された金額を送金した後、女子学生はホテルの一室にいるところを警察に保護された。発見当時、彼女はベッドの上で普通にテレビを見ていたといい、特に危害を加えられた様子はなかった。

 警察によると、彼らの犯行は純粋な金銭目的で、まず中国領事館の職員や警備員を装って被害者に近づく。そして、「犯罪行為に関わりがある」「強制送還しなければならない」などといった理由でホテルなどに軟禁し、手足を縛った上で写真を撮り、それを両親に送らせて身代金を要求するのだという。

 別の事件では、在シドニー中国領事館の領事を名乗る男が24歳の男子学生に電話をかけてきて、

「最近、偽造クレジットカードが70枚入ったバッグが押収されたが、カードにあなたの名前が記載されていた」

「あなたには逮捕状が出ている」と告げられた。そして「我々に協力しなければ、北京に強制送還されて拘束される」と脅迫。
男子学生の銀行口座が犯罪と無関係であることを裁判所で証明するために10万元(約170万円)を支払うよう要求してきた。ターゲットとされた男子学生は、友達や親戚から借金をしてこれを用立てようとしたが、その際に詐欺である可能性を指摘され、だまされていたことに気づいたという。

 ビクトリア州ではこれまで32件の被害が確認されているが、うち22件は実際に金銭を詐取され、その額は合計300万オーストラリアドル(約2億5,000万円)になる。当局によると、電話部隊や役者部隊を備えた中国人による犯罪グループが存在する、一大ビジネスになっているようだ。日本でも中国人が同胞をだますケースはよくあるが、中国人が海外で生きていくのも楽ではない?
(文=中山介石)

㊟ゴキブリ同士の喰い殺し合いは知らん顔したほうがいいですよ。とばっちりを受けますから危険です。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

愛之助、許さん!!あの人の嫉妬は般若状態!!㊟に藤原紀香の出自の秘密!!

愛之助、許さん!!あの人の嫉妬は般若状態!!

片岡愛之助、歌舞伎界から疎外される……妻・藤原紀香に迫る“排除”危機
サイゾー

 結婚後、テレビでの露出が減り、すっかり影が薄くなったといわれている歌舞伎俳優の片岡愛之助。どうやら、妻で女優の藤原紀香の悪評により、歌舞伎界から疎外されているという。

 陣内智則と離婚し、バツイチとなった紀香。“結婚秒読み”とウワサされていた、同棲中のタレント・熊切あさ美から愛之助を略奪し、2年前の3月に再婚を果たした。同年の9月に東京・帝国ホテルで“5億円披露宴”を行ったが、芸能関係者の間では“欠席指令”が出たという情報も流れた。

 当初、愛之助サイドは祝福ムードだったそうだが、結婚会見で紀香が「今後、(女優の)仕事は続けますが、最優先順位は彼の健康面、歌舞伎の仕事のサポートです」と“両立宣言”。この発言により愛之助の贔屓筋から「なんであんな女を選んだんだ」と反感を買ってしまったという。というのも、「梨園の妻」というのは二足のワラジを履いてやれるほど甘くないからだ。

 結婚当初から“梨園の妻失格”の烙印を押されてしまった紀香。それでも女優業を続けながら、愛之助の仕事をサポートしているというが、自己中心的な言動が悪目立ちしているという。

派手な着物姿をSNSにアップ、土足厳禁である歌舞伎の楽屋の廊下を私服のブーツで歩く、愛之助の弟子を楽屋に呼びつけて大きな声で注意。さらには、愛之助が舞台に上がっているときに、芝居そっちのけでスマホをいじる姿が目撃され、歌舞伎関係者を唖然とさせたという。

 紀香は、同じく梨園の妻である、8代目・中村芝翫の妻で女優の三田寛子や6代目・中村勘九郎の妻・前田愛と、ことあるごとに比較されており、酷評の嵐だという。中でも、三田とは“月とスッポン”に例えられるほどで、女性週刊誌の報道によると歌舞伎界から排除の動きもあるという。

 もともと、梨園の出身ではなく、二代目片岡秀太郎の養子である愛之助。そのために、「愛之助」襲名時には快く思っていない歌舞伎界の重鎮もいたという。しかしその後、TBSの高視聴率ドラマ『半沢直樹』に出演し大ブレーク。2013年、オリコンの「ブレーク俳優ランキング」で、3位にランクインするほどの人気を獲得。関西歌舞伎役者の存在を知らしめたことで、愛之助を高く評価する歌舞伎関係者が増えることとなった。

 ところが、紀香との結婚を機に、歌舞伎界からの支持を一気に失った。その人気も一転して、「嫌われ夫婦ランキング」で木村拓哉・工藤静香夫婦に続く2位に名前が上がるほどになってしまった。

 歌舞伎界だけでなく、世間からの評判まですっかり落ちてしまった愛之助。このままでは役者生命の危機に直面するのも時間の問題だ。夫としての威厳をどのように取り戻すのか? 夫婦関係の見直しが迫られる。
(文=本多圭)

㊟愛之男の愛憎の恐さを甘く見たな。鉄工所の息子を可愛いからとジャニ的目的で“特殊養子”にした秀之助の怒り、嫉妬は般若状態らしいぞ。

テレビでそうそう美味しい役が来るとは考えられない。しかもテレビ界は歌舞伎を大事にする傾向がある。歌舞伎界から深く静かな、歌舞伎界特有の雰囲気を出されるとテレビの仕事も無くなる。

あ、そうだ!極秘常用を忘れるとこだった。

 藤原紀香って出身が京都のアソコなんだそうだ。人気が出始めた頃、スポーツの記者がが教えてくれた。だから行為、仕草が粗雑なんだね。

アソコは血の濃い関係で時折、美人で生まれるんだ。同じアソコ出身の昔の美人女優、山本富士子のように。知り過ぎ正次郎でした。

これ、極秘なんです。暴力団共生者バーニングの周防侑雄は怒り狂うぞ。上等上等、周防は私の裏社への力を知ってるもんな。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

涙涙、人生いろいろ…貴方の神はいなかったの!?





涙涙、人生いろいろ…貴方の神はいなかったの!?

40歳でクビに…年収190万円で食いつなぐ、田舎の厳しい再就職事情
週刊SPA

日本の相対的貧困率は15.6%――。この数値は本当に真実を語っているのか。東京と地方では年収や生活水準が異なるにもかかわらず、これまで一緒くたに語られてきた貧困問題。東京型貧困と地方型貧困に分けて考えたとき、日本のリアルが見えてきた! 今回は、独特のコミュニティに苦しむ地方型貧困の実態に迫ってみた


◆求人は港湾関係ばかり。運転代行で何とか食いつなぐ

――小原一朗さん(仮名・45歳/離婚)・運転代行業・年収190万円


「5年前、経営悪化で勤めていたパチンコ屋をクビになり、以後、マトモな職には就けてない。20代のときに足を怪我して肉体労働はできないし、今じゃ運転代行の仕事でかろうじて食いつないでいるよ」


 そう語るのは、青森県内で運転代行業をしている小原一朗さん。


「ハローワークには何度も足を運んだんですが、あるのは港湾関係の仕事ばかり。事務仕事は履歴書を送っても、面接すらしてもらえませんね。まあ40代だし、採用されるような職歴じゃないから」


 妻とはリストラ後、お金を巡る言い争いが絶えなくなり離婚。しかも、今は少ない収入から毎月2万円、要介護の母親に仕送りしなければならず、子供の養育費を振り込むことができずにいる。


「元妻もこっちが生活苦なのを知っているので大目に見てもらっていますが、子供には会わせてもらえません。こっちも万年床の周りがビールやチューハイの空き缶だらけの荒んだ生活を息子に見られたくないですから。といってもカネがないから酔っぱらえるほど飲むこともできませんけどね」


 もはやアルコールに逃げることさえ許されない。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

涙涙、人生いろいろ②泣くな嘆くな男じゃないか!?

涙涙、人生いろいろ②泣くな嘆くな男じゃないか!?

“私立御三家”出身、TV局社員の転落人生…時給1000円アルバイトで20年、気づけば50代に

山口準

 高学歴ならば人生安泰という神話はとうの昔に崩れ去った。たとえ、生真面目にエリート街道を進み、世間的には一流の職業に就くことができたとしても人生なにがあるかわからない。今回は、“御三家”と呼ばれる名門校から憧れのテレビマンになったにも関わらず、現在は時給1000円のアルバイト生活に甘んじる50代男性の半生を紹介したい。

“私立御三家”に通い女のコにモテまくった

 実家は横浜市内の高級住宅街。父は航空会社社員、母は有名生命保険会社の総合職を経て専業主婦。誰もが羨む上流家庭に育った吉原さん(仮名・50代)もまた、当たり前のように名門私立幼稚園に通い、中学も私立、高校は東京都内の“私立御三家”と呼ばれる男子校にすんなり受かった。

高校入学時点で五教科の偏差値は低くて70、模試によっては偏差値が80を超えることも少なくない。まさに“神童”の名に恥じない「エリート予備軍」だった。


 大学は当然「東大」以外にない、と高校入学直後から勉学に励んだ。とはいえ、文武両道が大事だという父の教えに従い、陸上部では短距離走者として活躍。身長は180センチを超え、社会人デビュー前にして、すでに「高学歴・高身長」かつ、しょうゆ顏のイケメンとくれば、学園祭では他校の女子生徒からモテまくった。その後、東大にこそ受からなかったが、現役で慶応大学法学部に合格した。


 そして、大学ではほぼ「オール優」の成績で卒業。当時は競争倍率数千倍とも言われた大手テレビ局に就職が決まった。

大手テレビ局に就職したが身も心もボロボロに


 入社した80年代後半、当時はバラエティ全盛期だった。吉原さんはバラエティ番組や情報番組を作る「制作局」を希望したが、実際に配属されたのは「営業局」。まったく興味のなかった分野だけに落胆したが、何とか必死でやりきろうと決めた。


ところが、当時のテレビ局営業職の仕事といえば、広告代理店やスポンサーの接待一色。パワハラやセクハラは当たり前どころか常識で、毎晩のように朝まで飲み、吐いても吐いても飲まされた。家に帰るのは空が白ける頃というのも当たり前。


 眠りにつく前には上司から呼び出され、ほんの数時間前まで飲んでいた得意先の会社玄関に立ち、役員らの出社を迎えたりもした。営業2年目のある日、吉原さんはついに会社で倒れて入院。丸一日意識が戻らぬほどに体も精神もボロボロになっていたのだった。


「医師からは労災を申請した方がいい、と言われました。何も知らずに会社にそれを話すと、すっかり私への扱いが変わった。1週間入院して会社に戻ると、営業には戻らずそのまま人事局へ異動が決まり、半年後には業務部へ。その間、テレビマンらしいことは一切やらせてもらえず、会社ビルのメンテナンスや清掃を請け負う下請け会社と向き合うような部署に配属されたのです」
雑学

窓際よりも厳しい「墓場」の部署へ…


 この部署は社内でも窓際よりも厳しい「墓場」と呼ばれるところで、吉原さんのように若い社員は皆無。窓際からも追放され、あとはゆっくり退職を待つだけのお荷物社員たちの巣窟でも、吉原さんは毎日毎日、ネチネチと嫌味を言われたり、シュレッダーかけのために残業を強要されたり、イジメを受けた。プライベートでは、一時期彼女がいたこともあったが、会社でのストレスを彼女にぶつけてしまうようになりあっけなくフラれ、給料だけはもらっていたから、毎日のようにキャバクラや風俗に通った。そして、吉原さんにとって、人生で最大の危機が訪れる。


「通いつけだったキャバクラで、酔って女の子を殴ってしまったんですね。私は相当に悪酔いをして覚えていませんが、警察沙汰になった。女の子には慰謝料を百数十万を払い示談にしてもらいましたが、会社からは『週刊誌にでも載ったらどうするんだ』と吊るし上げられ結局、依願退職しました」


 数百万円の退職金を手にしたものの、行く宛てもなく、東南アジアやアフリカなどをおよそ3年をかけて放浪。帰国したときにはすっかりバブル景気も終わり、就職氷河期が訪れていた。「人あまり」になった日本では、吉原さんのように高学歴高身長でも“元高収入”の半人前営業マンの需要はなかった。


 すっかり貯蓄もつき、仕方なくビルメンテナンス会社に就職したのが運の尽き。職場では「慶応ボーイがビルメンか」と意地の悪い先輩にからかわれた。年下の高卒先輩社員からも目の敵にされ、毎日アゴで使われた。そうすると、わずか1年後にはすっかり体調を崩し、実家の自室に閉じこもるようになってしまった。


 再就職をしようにも、やはり高学歴で大手キー局にいたというプライドが邪魔をする。いまさら普通の仕事などをする気にはなれなかった。


「2年ほどでしょうか……何もやる気が起きず、かと言って死ぬこともできず、ずっと引きこもっていました。しかし、最初の就職先だったテレビ局の数少ない先輩が声をかけてくれたんです」



 その先輩とは、就職活動中からよく目をかけてくれた憧れの先輩社員。報道局や制作局を経て退職後、報道系の制作会社を立ち上げたばかりだった。先輩の優しさに号泣し入社を決めたが、ほとんど社会人としてまともにやれなかったこともあってか、すぐに再び会社の“お荷物”に成り下がった吉原さん。


 毎日午前8時30分に出社し、12時きっかりに手作りの弁当を食べ、これまた18時ぴったりにタイムカードを押して帰宅する。土日祝日は休みで、もちろん残業もなし。ほぼ20年間、そんな生活を続けたという。幾度となく壁にぶつかるうちに、仕事に対する情熱などなくなっていったのだ。

時給1000円のアルバイトに…

「実はすぐ“アルバイト契約”を通告されました。時給1000円は20年間変わっておらず、月収もずっと18万円。会社の鍵を開けて、お茶や軽食の準備をしたり、接客をしたり。先輩がお情けで置いてくれているんです。手取りだと15万くらい、ボーナスもないから年収も300万未満ですが、それでもありがたいくらい」


 そんな待遇でも仕事を続けることができるのは、たとえ雑用でも「制作会社の一員として大手キー局のなかにいられる」というわずかながらに残されたプライドゆえか。


「実家の持ち家もあるし、結婚も諦めてるし、出世欲も当然ない。やりたいこともないし、あとは親の介護くらいでしょうね。一人になれば、実家を売るなりして、なんとか自然死するまでは生き延びようかと……」


 50を超え、夢も守るものもなく、あとは座して死を待つのみ。毎月10万円以上を貯蓄に回しているのは、趣味もなく、興味のあることもないからだ。かつて“神童”と呼ばれた男は、社会に潰され、人生を悟り、無の境地に達したのかもしれない。生きる意味について問うと、吉原さんからは意外な答えが返ってきた。


「結局強い者が強い。弱い私は弱く生きるしかない。楽しみ? 明日の弁当に何を入れようかとか、週末にはサウナに行ってみようかとか、ささやかな楽しみはある。意味なんて欲しなければ、人間、これほど楽なことはありませんからね」


 今回は特殊なケースかもしれないが、高学歴のエリートほど、一度挫折してしまうと脆いということなのかもしれない。<取材・文/山口準>

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

涙涙、人生いろいろ③過酷はあったりまえ!!やなら辞めろ!!


涙涙、人生いろいろ③過酷はあったりまえ!!やなら辞めろ!!

「連ドラ撮影は自殺者が出てもおかしくない」若手ADが見た異常な現場
週刊SPA6/11(月) 9:00配信

 ブラック企業とひとことで言ってもその黒さは様々だ。ヤクザとツーカーで談合まみれのゼネコンや、上司オリジナルの精神論がまかり通る脳筋会社などなど。しかし、「寝られないことに勝る苦痛はない」と嘆くのは映像制作会社勤務3年目の男性・宇田川さん(仮名・20代後半)。


 そもそもマスコミ関係の仕事はブラックが多いと言われ、典型例として“AD(アシスタントディレクター)=寝られない”というイメージが定着しているが……果たしてどれほどのレベルなのだろうか? そこで働く上司のトンデモな言動とは?


◆寝られないのが当たり前のAD3年目


 宇田川さんの勤める会社は、主に地上波の番組で使用する再現VTRを制作している。小さい仕事と思われることが多いが、それだけにクライアントから降ってくる仕事の量は制作現場のキャパをゆうに越えており、寝られない日々が続くという。


「閑散期は週休2日、10時~20時出勤というスケジュールになりますが、繁忙期はそういった勤務形態はすべて取り払われます。1日2時間睡眠が続いたり、3日徹夜が続いたりと勤務形態という概念すらなくなるという感じです。もちろん残業代という概念もなく、固定給しかもらえません」


 テレビ業界にいると慢性的に寝不足の状態になるという。それは部下だけでなく上司も一緒。そのため社内にいる人間のほとんどがかなり危うい精神状況にあるそうだ。脳が正常に動作していないので小さなミスだけでなく、大きなミスも連発。上司も気が立っているので罵声を浴びせてくるが、そんな言動はすでに日常会話の1つとして捉えているらしい。


「そりゃあれだけ寝ていなければミスも起こりますよ。ミスを怒られるというよりも人格否定が始まりますからね。“テレビ業界は土方”というのは初めに教えられる言葉です」


 最近は同僚が取材アポの日程を間違え、取材先を訪れると「え、今日ですか?」と言われるミスが起きた。血走った目で怒鳴り散らす上司。この上司も3日寝ていないので、いつ脳の血管が『スパンッ』と破裂してもおかしくないなと宇田川さんは心の中で思った。


◆連ドラ撮影は自殺者が出てもおかしくない


 宇田川さんが「もう限界だった」と振り返るのは2週間ぶっ通しで行われたロケの仕事だ。睡眠は取れても1日3時間、休日などあるはずがない。


「みんな意識がもうろうとしているので部下も上司も関係なくミスの嵐ですよ。でもね、私の場合2週間で終わりましたけど、連ドラの撮影なんてもっと地獄らしいですよ。これが3か月続くんですから。誰か1人くらい首を吊ってもおかしくない。スタッフが飛ぶ(突然いなくなる)こともよくあるそうですよ」


 宇田川さんの仕事現場はまさに1000本ノックのよう。1000本もあればそりゃ150本くらい捕れないよ、という話だ。しかし監督はお構いなしに「気合が足りないから取れねえんだよ!」と打球はどんどん強くなる。


「でも上司もクライアントにムチャを言われているわけですから、私が言い返したところでどうにもならないんですよ。メチャクチャな上司は多いですが、運命共同体だからしょうがないな、という面もあるんです」


 ロケでカメラを回すには道路でもどこでも許可が必要となるが、納期が迫っている時はそんなこといちいちやっていられない。「許可? 知るかよ、やっちまうんだよ!」と上司もリスクを抱えているので部下は黙って付いていくしかないのだ。口答えなんてもってのほか。無理難題を言われても、ただ「はい」と答えるしかない。


◆テレビ業界はガラパゴス諸島!?


 ADにとってさらにしんどいのは「待ち」の時間だという。とくに入りたてのADは編集作業などまだできない仕事も多く、ロケから会社に帰ってきた後などは手持ち無沙汰になる。


「ロケが終わったらそのまま編集作業に入りますが、新人は“待ち”の時間になります。気を抜いたら3日後くらいまで気を失いそうですが、寝たら終わりです」


 上司からは「俺が仕事してるんだからお前ら寝るんじゃねえぞ」と無言のプレッシャーがかけられ(直接言われたこともあるそうだ)、新人同士の間では「お前が寝たら俺が起きている意味が分からなくなるから寝るんじゃねえぞ」と牽制しあう。寝られる人はそのうちに寝とけばいいじゃないかとも思うが、宇田川さんいわく「考えられない。寝る気にもならない」という。


「この業界は社会の中じゃガラパゴス諸島ですからね。一般的な社会のルールなんて通用しないんですよ」


 テレビ業界は労働条件がすこぶる悪いというイメージが定着し、若者離れが著しい。宇田川さんも「若いADがこれから入ってくることなんてあるんですかね」とぼやきながら、自身の将来についても不安な表情を見せていた。<取材・文/國友公司>

― 本当に実在した! 隣のブラック上司たち ―

㊟私もドラマ、映画の撮影現場を知っている。過酷なもの。ただ、その頃は彼らも夢を持って働いているんだろうとしか。。。ま、国会議員秘書もそっくりですよ、慎太郎の事務所など何十人もの秘書が逃げ出したんですから。


 国会議員って人種は「自分以外はバカ」という発想なんです。自分がバカなのが分からないんですね。情けないですね。

特に20代で芥川賞、直木賞を授与された作家と、東大法学部卆の政治家っては性質が悪いですよ。


 私がある日、親父(東大法学部首席卆。大蔵省入省。後、議員議席無しで終戦時の鈴木貫太郎内閣書記官長(官房長官))に抜擢され、昭和天皇の玉音放送の原稿をしたためた一人)から、


「渡邉、この原稿チェックして新聞社に渡してくれ」


 と何枚かの原稿を渡され、正解が素直で真面目ですから真面目にチェック。一字誤字がありましたので、


 親父の部屋へ。後ろ姿に、


「親父さん、一字間違っています」


 と。


 途端に親父天皇、椅子を回転させて、血相変えて、


「貴様!どこの大學だあ!!」

 ですよ。一日18時間も働いているイケメン秘書(この苦労でイケメンの座を堕ちたのか?)に。。。


 他の秘書連中、全員下を向いて知らん顔。


 翌日、大先輩秘書にこの一件を話すと、


「渡邉くん、そういう時は黙って直して新聞社に渡すんだ」


 ああ、無情。そんな世渡り術があるなら先に教えて欲しかった。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (288)
ニュースの深層 (12578)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR