FC2ブログ

2018-02

カツラがボケに拍車!?小倉降ろせの声大きく!!

カツラがボケに拍車!?小倉降ろせの声大きく!!

三浦雄一郎氏を“故人”扱い 「とくダネ!」打ち切り論加速
日刊ゲンダイ

 情報番組にあるまじきお粗末なミスだ。8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)が、冒険家の三浦雄一郎さん(85)を誤って「故・三浦雄一郎さん」と顔写真とともに表示してしまったのである。


 番組では9日開会式を迎える平昌五輪に向け、マラソンの増田明美サンばりの「詳し過ぎる解説者」として元モーグル日本代表の三浦豪太氏にインタビューを敢行。五輪の見どころなどを聞く中で、三浦氏の実父である雄一郎さんとのツーショット写真を流したのだが、まさかの故人扱いで紹介したのだ。


 これにはMC小倉智昭(70)も、平謝り。VTR明けに開口一番「たいっへん、失礼なスーパーを流してしまいました。申し訳ありません!」などと謝罪したのだった。


 視聴者からすれば、このような初歩的なミスがなぜ起きたのか不思議でしょうがない。だが、人手不足かつ分業化が進むテレビ業界では「時折ある」という声もあり、「元気な人を故人扱いして放送してしまった場合、当事者や関係者らは笑い飛ばしてくれる。逆に故人を存命扱いした場合の方が厄介で、遺族からクレームが入るケースが多い」(情報番組制作関係者)なんて裏話も聞こえてくる。


たしかに、2016年6月には日本テレビ系のバラエティー「超頭脳トレード」で俳優の八名信夫さんに「故人」のテロップが流れ、番組制作の過程が問われたのは記憶に新しい。


■BPOで2つの特集が審議入り


 だが、まがりなりにも「とくダネ!」はバラエティーではなく情報番組である。しかも放送同日、「とくダネ!」は放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会から過去の放送回に対し、「放送倫理違反アリ」とお灸を据えられたのだ。

BPOで審議入りしたのは、「医療PJ『さい帯血医療』“医学博士”が“ヤミ治療”に関与か」(17年7月27日放送)と、「父親は元京都府知事 エリート府議を美人妻が“DV告訴”」(同8月28日放送)の2つの特集だ。


 容疑者として異なる男性のインタビューや映像を放送したり、放送時点では書類送検されていなかった男性を「書類送検された」などとあたかも既成事実として放送したりとお粗末な限り。


フジテレビは、BPOからの意見書に対し「重大かつ真摯に受け止め、再発防止に継続的に取り組んでいく」などとコメントしたが、舌の根も乾かぬうちに故人誤報をしでかしたフジに対し、同委員会の川端和治委員長は

「放送局として事実をきちんと確認した上で放送する。それがメディアの使命という文化を育ててもらいたい。気構えを持つような研修なり、なんなりもしていただきたい」

と言及するにとどめた。


 放送ジャーナリストの小田桐誠氏はこう言う。

「3件ともにジャーナリズムを掲げるマスメディアにおいてあってはならないミスです。しかも、フジは大規模な編成・番組改革を打ち出している真っただ中であり、『とくダネ!』はMCへの高額なギャラも含め、打ち切りが囁かれる筆頭格。今後の番組存続を揺るがしかねません」

 自分たちの手で首を絞める事態を招いた「とくダネ!」。MCの小倉は気が気じゃないだろう。


㊟フジを応援し、元暴力団大幹部情婦でデタラメ占い師の細木数子の番組を止めさせ、タチの悪いジャーナリストの江川紹子をバイキング等から降ろさせたりしたが、スタッフにはしっかりと基本を叩き込まないと。それに小倉もいい気になり過ぎ。もう降板時期。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

鬼母に鬼子あり!!



鬼母に鬼子あり!!

根性焼きまで…長男のカノジョに売春強要した鬼母の所業
• 日刊ゲンダイ


 “金ヅル”が転がり込んできたとでも思ったのだろうか。


 当時17歳だった家出少女(18)に売春をさせたとして、無職の岡部容都子容疑者(55)と、少女と交際していた長男A(18=いずれも東京都練馬区)が29日、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで警視庁に逮捕された。


 逮捕容疑は2016年12月、長男の彼女に「豊島区のホテルへ行ってこい」と命令し、ツイッターで募った50代の男と性交させ、現金4万5000円を得たとされる。


 少女は同年10月からAと交際を開始。翌11月に家出。親子が住む都営アパートの一室に居候するようになった。一緒に暮らすようになってすぐに殴る蹴るの暴行を受けるようになったという。


「親子から『てめえ、自分の生活費は自分で稼げ。稼がなきゃ、殺すぞ』などと罵詈雑言を浴びせられた。さらに少女の本名でツイッターアカウントを開設し、『援交します』と書き込んで相手を募集。同年12月~翌17年1月にかけて20回以上、売春を強要したそうです。
当初、客との料金交渉や待ち合わせ場所などの段取り、やり取りはすべてAがやっていました。そのうち面倒くさくなり、母親の容都子容疑者任せになった。2カ月間で売り上げは70万円以上に上りましたが、すべて巻き上げ、親子の生活費に充てていた。少女は1日におにぎり1個しか与えられず、ひもじい生活を送っていました」(捜査事情通)


■かつては着物の講師

 少女は「逃げたら殺すぞ」と脅され、逃げるに逃げられなかったそうだ。母親の友人が駅で少女の自転車を発見。母親が待っていると、駅から出てきた少女が母親の顔を見るなり駆け寄ってきて、「ママー、助けて」と泣き叫んだという。

警察に届け出て、事件が発覚した。少女の体には、たばこの火を押し付けられた“根性焼き”の痕があったそうだ。


 調べに対し、容都子容疑者は「(少女が)勝手にやっていただけ」とトボけ、Aは容疑を認めているという。


 容都子容疑者本人のものとみられるフェイスブックによると、かつては「着物の講師」をしていたそうだ。少女が居候する前の16年1月、「いっちゃん(容都子容疑者)に自分の彼女になってほしい」と交際を迫る男性に対し、「父の会社倒産したよ。それで母が2年前に肺がんで亡くなってからは父の面倒を私がみているから、金銭面でも大変なの。私1人の給料でふた家族みてるから大変。17歳の息子いるの知らないよね? まぁー16年前に協議離婚はしましたけど……(苦笑)」などとやり取りしていた。

 だからといって、少女に体を売らせ、その“上がり”まで搾取するなんて言語道断。ヤクザまがいの所業だ。


㊟これはゴキ国と蛆キムチ国の話ならあって普通としか。。。残念ながら日本。こんな母親だからバカ息子が育つわけか。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR