FC2ブログ

2018-02

こういうタカリが必ず出る!!


こういうタカリが必ず出る!!

「PRするからタダで泊めて」 ユーチューバーvsホテルの仁義なき争い⇒軍配はどちらに?
ハフポスト日本版

「宣伝するのでタダで宿泊させてほしい」というユーチューバーの要求を、ホテル側が「ユーチューバーお断り」と突っぱねたことが、ネットで大論争を巻き起こした。


ネット民の意見は分かれた。「宣伝になるのにもったいない」とユーチューバーを擁護する声もあれば、「勘違いユーチューバー」の要求を突っぱねたホテル側を「痛快だ」と支持する声も。


騒動は世界中のメディアで報じられ、ついには、アイルランドのPR会社が「広告効果」を計算して弾き出す事態になった。その試算によると一連の騒動で、ホテル側には840万ユーロ(約11.3億円)相当の、そしてユーチューバー側には2070万ユーロ(約28億円)相当のメディア露出があった、という。


ホテルを営むポール・ステンソンさんは1月26日、ユーチューバーに「宣伝してもらう」どころか、彼女の名前を世界中にとどろかせたことについて、「どういたしまして、ソーシャルメディアのインフルエンサーさん」と自身のブログで綴った。

どんな騒動だった?

そもそものきっかけは、イギリス人ユーチューバーのエル・ダービーさんがアイルランドのホテルに送った、1通のメールだった。


その内容は、「YouTubeのチャンネル視聴者が約8万7000人以上」のダービーさんがホテルを宣伝するので、「タダでホテルに泊めて欲しい」というものだった。


ホテルを経営するポール・ステンソンさんは1月16日に、ダービーさんの名前を伏せてこのメールを晒し、「親愛なるインフルエンサーさま」「うちの店も、フェイスブックページのフォロワーが2ページで合計18万6000人いるんですがね...」と応酬。ユーチューバーへのアドバイスを書き綴ったうえで、「追伸:答えはノーです」と締めくくった。


自分のメールを“晒された“ダービーさんは、YouTube動画で反論。「(タダで泊めてもらうだけでなく、むしろ)報酬をもらうのが普通だし、彼はホテルで働いているんだからそれを知っているはずよ」とも発言した。


このダービーさんの発言が、ホテル経営者の心に火を付けた。

「今後一切、ブロガーお断り」

ステンソンさんは騒動の加熱を受け「今後うちのホテルとカフェはブロガー立ち入り禁止にしました」とFacebookページに投稿した。


自ら名乗りでなければ、メールの送り主が「誰」とはわからなかったのに、ダービーさんが「晒されて辛かった」と動画で告白したことを「ブログ業界にありがちな手法」と非難した。

宣伝費用を「請求」
さらにステンソンさんは、「請求書」を作って、Facebookに投稿した。


請求額は、日本円で7億円あまり。「20カ国114記事に特集され、450万人に読まれた可能性がある」として、その広告費を要求するものだった。この写真は、またしても世界中で話題となり、Metroなどのメディアにも報じられた。

“猛攻“は続く

ステンソンさんは続けて、「記者会見」のパロディ動画を作ったり、タダで泊まろうとするユーチューバーを挑発する「Tシャツ」を作って、オフィシャルグッズとして販売を始めた。


宿泊口コミサイトでは、ユーチューバー側の肩を持つ人たちの書き込みが相次ぎ、このホテルの悪評があふれかえった。しかしステンソンさんはどこ吹く風で、「タダで世界中に僕のホテルが宣伝されることになっているのが何よりも面白い」と振り返っている。

ユーチューバー側は「いじめの被害」を主張

ダービーさん側は自身のYouTubeチャンネルで新たな動画を公開し「多くの脅迫を受けています」「これはネットいじめだと思う」と弱々しい姿を見せた。


それに対し、ステンソンさんは、物議を醸す動画を作って再生させ、お金を稼ぐことを生業としているユーチューバーが「ネットいじめ」の被害者だと名乗るのはいかがなものかと疑問を投げかけた。
またこれは「ネットいじめ」だと訴える前に「(ダービーさんが)自身のフォロワーに対して、カフェの悪口をこれ以上言ったり、誹謗中傷を書くのをやめてと言ってくれるのでは...と少しでも期待した自分がバカだった」と思いを綴った。


ただ、こうした「論争」は次第に収束を見せている。ダービーさんが自分のYouTubeチャンネルで最後に騒動に言及したのは23日。それ以降は“通常営業“に戻った。

莫大なPR効果を生んだ騒動の末に...

ステンソンさんは1月26日に公開したブログで、騒動を振り返り、「この馬鹿げた一連の騒動によって、ネットのインフルエンサーに宣伝してもらうというマーケティング手法には、信ぴょう性も、誠実さも、透明性もないとわかった」と綴った。


ステンソンさんはこんな風に、結論付けている。

「いいブロガーなら、ブランドの方が(宣伝を)頼んでくるよ。タダで泊めてと『お願い』なんてせずに、尊厳を持ってね。つれなくするのがいいんだよ」


そして、「根底にある本当の思いを伝えるには、ユーモアを織りまぜるのが効果的」だと語った。


「やりすぎ」「ひどい」と言った批判的な声も数多く集めたものの、目をみはる“広報手腕“を見せたステンソンさん。「根底にある本当の思いを伝えるには、ユーモアを織りまぜるのが効果的」と綴った。


なお、ステンソンさんは、騒動中に作ったTシャツの売り上げで、ニューヨーク旅行にいった、とのこと。


結局、勝ったのはどっちなんでしょうね?
南 麻理江/ハフポスト日本版

㊟こういう馬鹿が必ず出るものです。それにしてもふざけた女と言うかタチが悪い。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

誰でも大臣になれる!国会議員はこのレベル!!


誰でも大臣になれる!国会議員はこのレベル!!


憤る沖縄「死人出なければ動かないのか」 松本氏辞任
朝日新聞


 沖縄県で続発する在日米軍機の事故やトラブルを巡り、国会で「何人死んだんだ」とヤジを飛ばした松本文明・内閣府副大臣(自民党)の発言に対し、沖縄では憤りの声が相次ぎ、「辞任は当然」との受け止めが広がる。しかし、県民の感情を逆なでするような発言はやまない。


 23日に米軍の攻撃ヘリが不時着した沖縄県渡名喜(となき)村。集落がある渡名喜島から4キロ西に浮かぶ島は米軍の射爆場で、爆撃の音が集落まで届く。桃原(とうばる)優村長は「攻撃ヘリがいきなり村のヘリポートに降りてきた。それを住民がどんな気持ちで眺めたか。私たちの気持ちとしては『死』という例えが出てくる発想自体が、全く理解できない」と話した。


 沖縄では昨年12月から米軍関係のトラブルが相次いでいる。米軍ヘリの部品が屋根で見つかった宜野湾市の緑ケ丘保育園の神谷武宏園長(55)は26日、講演先の福岡市内で取材に応じ、「この1カ月半、たまたま死人が出ていないだけ。死人が出なければ政府は動かないのか。人権を守る政治家の資格がない」と憤った。「沖縄の状況、沖縄の民に向き合わない政府に憤りを覚える」とも話した。


 松本氏の辞任について、現職と、政府が支援する新顔が一騎打ちとなる見込みの名護市長選が28日に告示されることを挙げ、「市長選の前だから、沖縄の怒りをしずめるために切ったということでしょう」。


  昨年12月に米軍ヘリの窓が落下した宜野湾市の普天間第二小学校に6年生の長男が通う宮城智子さん(48)は、発言について「私たちの立場には立っていない。沖縄はこれでいいだろう、我慢しろという態度に思える」とため息をつく。「じゃあ、何人死んだらあなたたちは動いてくれるんですかと聞きたい。きっと死者が出ても何も変わらないんじゃないですか」


 米軍は落下事故後、校庭上空を「最大限可能な限り飛ばない」と同校に答えたが、今月18日に沖縄防衛局が校庭上空を飛ぶ米軍ヘリを確認。校庭の使用再開のめどは立たない。
 沖縄の人々やその現状を軽んじる発言は松本氏にとどまらない。

 2016年10月には、大阪府警の機動隊員が、米軍ヘリパッド建設現場付近で抗議活動をしている人に「土人」と発言。鶴保庸介・沖縄北方相(当時)は国会で「差別的であるとは個人的に断定できない」と答弁した。野党から辞任を求める声が上がったが、鶴保氏は発言を撤回しない考えを示した。鶴保氏の姿勢に対し、沖縄県の翁長雄志知事は「沖縄に気持ちを寄せる立場にあるのに遺憾」と反発した。


 15年6月にあった自民党議員の勉強会では、報道機関に圧力をかけるべきだという趣旨の発言があったほか、講師で作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は絶対につぶさなあかん」と述べた。


 野党の反発を受けて自民党執行部は2日後、勉強会の代表者らを処分。安倍晋三首相は翌月の国会で「非常識な発言」としたうえで、「私に責任がある」と認めた。


㊟区議上がり国会議員ってこんなレベルなんです。確かに沖縄の二紙は朝日、毎日、番外の東京新聞と同様に「反米反日一辺倒」の記事で紙面を埋め尽くします。が、だからこそ自民党議員は心して言葉を口にしないと。彼らは虎視眈々なんだから。松本クン、君は議員も辞めるべき。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

蛆キムチ人のもてなしは売春しか知らないもの!


蛆キムチ人のもてなしは売春しか知らないもの!

外国人客をもてなした韓国の飲食店、思わぬところに批判殺到=「基本がなってない」「私なら怒って店を出る」―韓国ネット
Record China

2018年1月23日、韓国のインターネット上でこのほど、外国人の韓国旅行の様子を伝える人気番組に登場した飲食店店員のある行動が批判の的になっている。韓国・ウィキトゥリーが伝えた。


18日に放送された韓国MBC系列のバラエティー番組「ようこそ、韓国は初めてだよね?」では、英国人3人の韓国旅行の様子が放送された。3人はフライドチキンとビール(韓国語でメクチュ)を一緒に楽しむ韓国の「チメク文化」を楽しむため、ソウルにあるチキン専門店を訪れた。

韓国の視聴者らから批判を受けているのは、3人が2皿目のチキンを注文した場面。韓国人店員は空になった最初の皿の上に、新たに運んできたチキンの皿を重ねて置いたという。


これに対し、視聴者らからは「サービスがめちゃくちゃ」「反対の立場で考えてみて。とても失礼な行動」「見ている私が恥ずかしかった。お皿を重ねて置くなんて基本が全くなっていない」など批判の声が寄せられた。


さらに、同店がサービスで提供したチキンム(大根の甘酢漬け)にも指摘の声が上がった。3人が食事を始める前に画面に映ったチキンムの1つにチキン用のソースが付いていたため、「他の客の食べ残しを再利用したのではないか」との疑惑が持ち上がったという。


放送後、同店のホームページはアクセスできない状態が続いており、同番組の映像が掲載されたサイトのコメント欄には「抗議したいがホームページに接続できない。同じ考えの人が多いようだ」との文が書き込まれたという。


同記事にも「これはひどい」「私なら怒って店を出る」「基本中の基本。ただのミスでは済まされない」「基本的なサービス教育ができていない」「食べものを大切にする気持ちが感じられない。飲食店を営業する資格がない」「観光客の多い店はどこも衛生管理がひどい」など店側に対する厳しいコメントが寄せられている。また、「最初に水を出さなかったことも気になった」と新たな指摘も出ている。


一方で「一度の失敗が許されない国」「テレビに出るから緊張していたのだろう」「何の問題もない」「なんでそんなことが気になるの?」など反対意見も見られた。(翻訳・編集/堂本)


㊟蛆キムチ人はおもてなしは汚い女の売春しかないじゃないですか。食nサービスは犬の肉だし。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

やってくれた!イタリア人も醜ゴキ人大嫌い!!


やってくれた!イタリア人も醜ゴキ人大嫌い!!

華人少年が暴行被害、加害者「お前が華人だから殴るのさ」―イタリア
Record China / 2018年1月25日 7時40分

2018年1月24日、中国僑網によると、イタリアの列車内で先日、華人だからという理由で14歳の少年が数人に殴られるという事件が起きた。


記事によると、事件はラ・スペツィアからフィレンツェに向かう列車の中で起きた。当時、もう一人の少年と列車に乗っていた華人少年は、突然現れた見知らぬ数人に殴られた。加害者らは「お前が華人だから殴るんだ」などと口にし、華人少年の所持品を強奪。少年は事件後、病院で治療を受けた。


しかし、2人は帰宅するために乗った列車で再び加害者らに遭遇。「警察にばらすな」と脅され、通報記録の有無を確認するために携帯電話を出すよう言われた。記事によると、警察はこの事件を人種差別による襲撃事件と判断し、車内の防犯カメラの映像から容疑者を特定、その後、逮捕に至ったという。


記事は「現地で華人が差別されるのは今回が初めてではない」と指摘。先月上旬にはショッピングモール内で配られる風船を欲しがった3歳の男の子が「華人でしょ。あげないよ」という言葉を浴びせられたという。このほか、幼稚園に通う子どもを持つ華人女性から「イタリア人のお母さんの中には『華人は良くないから』と言って子どもに華人の子と遊ばせないようにする人もいる」との声が上がったとも伝えている。(翻訳・編集/野谷)


㊟これはイイ事。ホントにゴキ人は性格ワルで強盗、強姦、人殺しは当たり前ですよ。イタリア人頑張れ!!

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

ゴキは数万のクローン人を世界中に不法入国させるぞ!!

ゴキは数万のクローン人を世界中に不法入国させるぞ!!

クローンサル、2匹誕生 倫理問題も
毎日新聞

もとの個体と全く同じ遺伝子を持つ「クローン」のカニクイザルを2匹誕生させたと、中国科学院のチームが24日付の米科学誌セル電子版に発表した。1997年に英国で報告されたクローン羊「ドリー」と同じ手法を使ったサルで初めての例としている。

 チームは「サルを使って人の薬の効果を確かめる実験に役立つ」と意義を強調する。ただ、人と同じ霊長類のクローンづくりには倫理的な問題点があり、今後議論を呼ぶ可能性がある。

 使ったのは「体細胞クローン」と呼ばれる手法。分化した体細胞から染色体を含む細胞核を取り出し、核を除いた卵子に注入して新たな個体をつくる。ドリーの誕生以来、マウスや牛、豚などでクローンがつくられ、畜産業や医学研究に用いられている。ただ体細胞クローンはさまざまな異常が起きて出生率が低く、サルの成功例はなかった。

 チームはカニクイザルの胎児の細胞核を卵子に注入。成長を促す遺伝子も加え、雌のサル21匹の子宮に79個を移植。6匹が妊娠し2匹が生まれた。2匹は通常のサルと同じように成長し、それぞれ50日と40日後も生存している。成長したサルの細胞核でも試し、2匹が生まれたが、3~30時間後に死んだ。

 チームが所属する中国科学院神経科学研究所の蒲慕明所長は24日、記者会見し

「(研究の)目的はクローン人間をつくることではなく、人類の健康、医療に貢献することだ」
と強調。
「(倫理の問題は)科学者が解決するものではない。社会全体で正しい選択を探らなければならない」
と述べた。

「次は人で」社会不安招きかねず

 国立成育医療研究センターの阿久津英憲・生殖医療研究部長の話 核移植直後に遺伝子を入れて細胞の初期化を補助し、クローンが生まれる効率を上げている点が新しい。ただ、病気の研究や薬の開発はゲノム編集技術を使っても可能で、わざわざ人に近いサルでクローンをつくる意義が見いだせない。「サルでできたなら次は人でつくるのでは」という社会不安も招きかねない。研究を進めるなら情報を公開して議論していく必要がある。(共同)

㊟ゴキ醜キンピラはクローン人間を大量に作り出し、世界中に不法入国させるだろう。しかも、クロー人の体内にゴキ共産党司令部が指令を出す、爆薬を仕込んだり、細菌兵器、致死量60%以上の疫病菌を埋め込んで。そして世界制覇は実現する。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (304)
ニュースの深層 (12702)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR