FC2ブログ

2018-01

必見!なんと「仮想通貨」1500種も!!


必見!なんと「仮想通貨」1500種も!!

【コインチェック巨額流出】仮想通貨Q&A 投機目的で急成長…1500種、時価総額は55兆円 ネット上で海外送金や商品購入 

 巨額の仮想通貨が流出した大手取引所「コインチェック」に対し、金融庁は29日、業務改善命令に踏み切った。「次世代の通貨」として期待を集め、急速に存在感を増していた仮想通貨とはどういうものなのか。今回のトラブルが市場に及ぼす影響と合わせて、Q&A形式でまとめた。

 Q 仮想通貨とは

 A 紙幣や硬貨のような実体はないものの、カネのような役割を持たせた電子データのこと。代表的なのはビットコインやリップルで、NEM(ネム)もその一つ。全体では1500種類程度あるとされ、時価総額は計5千億ドル(55兆円程度)を上回っている。

 Q どう使うのか

 A ビットコインやネムはインターネット上で商品購入や送金に使え、飲食店や家電量販店など利用可能な店舗も増えている。ビットコインは海外送金で複数銀行を経由しないため手数料が安いのも特長だ。

 ネット上の専門の取引所で、円やドルなどの法定通貨と交換できる。利用者は30~40代が中心で、実際に支払い手段として利用するよりも投機目的で保有する人がほとんど。価格は激しく乱高下し、ビットコインは昨年初めから1年で一時20倍以上に高騰した。

 Q 仕組みはどのようなものなのか

 A 法定通貨は中央銀行などが管理するが、仮想通貨に管理者はおらず、複数のコンピューターで取引を管理する「ブロックチェーン」という仕組みによって成り立っている。利用者の技術への信用が、価値を生み出す源泉となっている。

 ビットコインは、プログラマーがネットワーク上で取引データを記録し、作業に最初に成功した報酬としてもらう場合に発行されて順次増えている。記録作業は仮想通貨を掘り起こすイメージから「採掘」と呼ばれる。ビットコインの発行上限は2100万枚で、2140年ごろに全て発行される見込みだ。一方で、ネムはすでに上限の約90億枚が発行済みとなっている。

 Q 電子マネーとは違うのか

 A 電子マネーは円やドルといった法定通貨を電子化し、データをやりとりすることで決済する手段。千円分の電子マネーは千円の現金と同じ価値を持ち、仮想通貨のように時間が経過しても変わることはない。

 Q 法整備は進んでいるのか

 A 日本では昨年4月に改正資金決済法が施行され、世界に先駆けて取引所が登録制となった。現在は16の取引所が登録され、金融庁は安全対策の確保や顧客保護の体制整備などができているかを監視している。コインチェックは登録業者の申請中で、みなし業者として営業している。

 Q 流出が仮想通貨市場に及ぼす影響は

 A 今回のトラブルでビットコインやネムの価格は急落したが、現在は値を戻している。ただコインチェックの補償対応や国の規制の動向次第では、仮想通貨の売りが加速し、価格が大暴落する恐れもある。

㊟もう私たちの世代では理解できない時代になってきました。十分に理解できないものは手を出さないことです。それから後数年で『キャッシュレス(現金で支払いが出来ない)』、クレジットカード時代が来ます。

これは現金を持ち歩かなくてもよくなることですが、筆者は今、ほとんど現金を持ち歩かずカードですが、余分な買い物をしてしまう傾向があります。ここに気を付ければキャッシュレスの時代は良いと思います。

 生意気にもゴキ国がもうキャッシュレスです。ただし、ゴキ国は偽札が大量に出回っているからこうした制度に換えたのです。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

“クソも味噌も一緒”腐れパンダ顔・醜(習)近平のゴキ国!






“クソも味噌も一緒”腐れパンダ顔・醜(習)近平のゴキ国!

TV_あさチャン! 中国 殿堂入り


超一流ホテルの清掃作業に、中国のインターネットサイトの記者が研修生になりすまして、潜入取材を行っていました。

中国、ハルビン市にある「ケンピンスキー・ホテル」の一室、エグゼクティブティブスィートの部屋が1泊約5万円という5つ星評価のホテルです。

ゴシゴシと大きなブラシでコップを洗う従業員。

そのブラシを持って向かったのはトイレ。

同じブラシでトイレの中をゴシゴシと掃除を始めました。

さらに、今度は、トイレ用のブラシで洗ったコップを拭いているのは使用済みバスタオル。

潜入記者「コップは消毒しなくてもいいんですか?」

従業員「普通はちゃんと消毒しますが、うちは磨くだけです」

さらにコップを拭いた使用済みバスタオルは、トイレの中の水でジャブジャブ濡らして、トイレまわりを磨きます。

使用した形跡のないタオルはキレイにたたみ直します。

潜入記者「次のお客さんが来た時も、新品と交換しなくていいんですね?」

従業員「そうよ、使ったら代えるの。使っていないのに交換してどうするの?」

潜入記者「ベッドスロー(足元の汚れ)は、どのくらいで交換するのですか?」

従業員「決まってないわ。汚れていなければ交換しません」

次々と出てくるずさんな清掃の実態。

さらに、この記者はハルビン市内にある5つ星一流ホテル「シャングリ・ラ ホテル」にも潜入取材。

清掃スタッフはコップからゴミ箱、そして、トイレの中までぞうきん1枚でくまなく清掃。

そして、使い終わったぞうきんを洗うのはトイレの中。

従業員「これは浴槽ブラシ、便器用は便器用ブラシがあるの。でも、私は分けて使いたくないのよ、面倒で」

潜入記者「チェックする人はいないのですか?」

従業員「仕事中は上司に見られないように注意するのよ」

この従業員は、トイレも浴槽も同じブラシで掃除、さらに洗面台もコップを洗うのも同じブラシを使用していました。

記者はさらにもう一軒!

世界的に有名な「シェラトン・ホテル」にも潜入。

そこでは、従業員が床で布団をベッドメイキング、さらに、使用した枕カバーも新しいものにせず、たたんで直すだけです。

中国国内で展開する超一流ホテルのずさんな清掃。

中国国営テレビもこの潜入取材を大きく報道。

この3つの5つ星ホテルに対して、ハルビン市は調査チームを派遣。問題があったと確認したと報じています。

ずさんな清掃が横行する背景にあるのは、5つ星ホテルの稼働率の高さ。

清掃スタッフたちの業務が多忙なことを理由に、1部屋につき30分から40分かかる清掃を15分以内で済ませていたといいます。

地元、中国メディアは「清掃員の賃金は低く、募集しても良い人材が集まらないので、研修などに時間をかけていないことも、ずさんな清掃に拍車をかけている」と指摘しています。

ハルビン市は、3つの5つ星ホテルに対し、罰則を科す方針だということです


㊟この映像、皆さんもご覧に?これがゴキブリ国家の実態なんです。随分前に配信しましたが、日本軍が侵攻するまでゴキ国人と蛆キムチ人は体を洗う習慣さえもがなかったのです。


 日本兵が大きなドラム缶に水を入れ、薪を燃やして温めた中に入るのを見て、逃げ出したというのです。腐臭がする住民を日本兵は強制的にドラム缶風呂に入れたそうです。それで殺されると思って逃げる住民がほとんどで、慣れさせるのに相当時間がかかったようです。


 このようにこの蛆、ゴキ国は衛生観念はゼロなんです。今回の報道は一部の地区ですが、これはゴキ全土の一流ぶったホテルでも当たり前にやっています。


加えてどのホテルも街の食堂も日本人に出す料理には唾、痰、フケ、ゴキブリ、蛆、ネズミ等を放り込むだけでなく、糞尿まで入れています。見た目が分かりませんから。

トランプ大統領もこのグラスで酒を飲まされ、河野太郎外相も今頃。。。二階俊博なんぞはこれで十分です。

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

殺された親にも責任ある!?時代の変わりように親が気付かねば!


殺された親にも責任ある!?時代の変わりように親が気付かねば!

慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭
デイリー新潮1/22(月) 6:01配信

凶器は果物ナイフ

 現役の慶大生が、慶大OBである自分の父親を刺殺する――。やはり衝撃的という表現が最も適切だろう。判明していない事実も少なくないが、「父親の子供や妻に対する暴力」が動機の可能性として指摘されている。

 ***


 警視庁田園調布警察署は、1月19日、東京都大田区南雪谷の慶応大学2年、鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。


 容疑は、18日午後10時ごろ、自宅マンションのリビングで父親の多可三(たかみ)さん(58)の腹部を果物ナイフ(刃渡り13センチ)で刺し、殺害しようとした疑い。搬送先の病院で多可三さんが死亡し、田園調布署は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めている。


 田園調布署などによると、智成容疑者は多可三さんと母親(50)、高校生の弟(17)の4人暮らし。酒に酔って帰宅した多可三さんが弟に説教を始めたところ、智成容疑者は多可三さんに「やめないなら刺すぞ」などと発言。果物ナイフで腹部を1回刺したという。


 先に見たとおり、殺された多可三さんは、自分の妻や2人の息子に暴力を振るっていたとの報道もある。積もりに積もった智成容疑者の鬱憤が、些細なきっかけから爆発した可能性も考えられるが、被害者の多可三さんとはどのような人物だったのだろうか。


 まず職業だが、不動産管理業の会社を経営していたことが分かっている。社のサイトには「企業理念」の項目があり、代表取締役である多可三さんの経歴を以下のように説明している。

コロムビア・ライトの息子

《慶應義塾大学法学部法律学科にて、昭和・平成期の民法学者人見康子名誉教授を師事し、親族・相続を研究。卒業後は(社)マスコミ世論研究所に勤務。衆議院議員上田哲の秘書として中小・零細企業支援、町の民と官の問題解決から相続問題まで、「法の究極に在るもの」を実践・探求》


 議員秘書を辞めてから不動産業に携わったようだ。過去の実績として《ゴルフ場開発案件の環境アセスメント業務》や《相続不動産の問題解決》などを挙げ、《対象不動産が持つ最大ポテンシャルを引き出す適正利用の提案には定評がある》と自画自賛している。


 この多可三さんの父親は、人気の高かった漫才コンビ「コロムビア・トップ・ライト」の故・ライト(本名・鳥屋二郎)さん(1927~2010)だ。


 東京を代表する漫才コンビ。しかも相方の故・トップ(本名・下村泰)さん(1922~2004)は、70年代から90年代にかけて参議員議員だった。そんなライトさんが大倉高商(現・東京経済大学)を中退していたという事実は、それほど知られていない。戦前の教育環境を考えれば高学歴だと言える。


 息子である多可三さんが慶応塾高から慶大法学部。ライトさんから見れば「上の孫」の智成容疑者は中学から慶応付属校に通い、慶大経済学部に入学。「下の孫」の弟も慶応塾高に進んだという。


 ライトさんから一貫して、鳥屋家は成績が優秀だった。息子と孫が揃って慶応というのは相当なものだ。多可三さんも晴れがましかったに違いない。だが、多可三さんの知人は、「暴力的な同級生」という印象が強いと明かす。


「私が知る高校時代の多可三くんは、端的に言えば乱暴な男でした。同級生の頭をヘッドロックしたり、あちこちでケンカをしていたという記憶があります。自分の父親が漫才師だったことに強烈なコンプレックスがあったようで、コロムビア・ライトさんのことをからかわれると、見境なく暴力を振るっていました」

“親殺害”は増加傾向

 ライトさんは愛煙家として知られ、最高で1日に100本近く吸っていたという。そのために喉頭がんを罹患し、声帯を摘出する。手術後、食道を震動させる発声法を会得し、お笑いの仕事も続け、がん撲滅や禁煙を訴える講演活動にも力を入れた。


 そしてインターネットに多可三さんの名前を入力すると、禁煙団体の活動を熱心に続けていたことが分かる。父親の意志を継いだのだ。高校生の時は複雑な感情を持っていたかもしれないが、最終的には尊敬の念を持っていたに違いない。

 今回の殺人事件も経緯を見るに、智成容疑者が父親に複雑な感情を持っていたのは明らかだろう。祖父と父親は時間が解決したようだが、父と息子は最悪の結果に終わってしまった。


 殺人事件は昭和30年代を境に減少を続け、現在は横ばいだ。しかし家族間の殺人は減少せず、結果として比率を高めている。2016年には55%が親族間の殺人だと警察庁が発表した。


 高齢の配偶者が配偶者を殺害するケースが多数だが、10代が親や兄弟姉妹を手にかける事件も増加傾向を示しているという。こうした社会状況を、今回の殺人事件は象徴しているかもしれない。事実、ネットでは既に智成容疑者を擁護する声も決して少なくない。
週刊新潮WEB取材班


㊟今の時代の子供を育てる親は大変だろう。親が子供の時代と目にするもの、手にするもの、その先のモノ、そして周囲を取り巻く環境もあまりに変わりすぎ。しかも変化の速度が速い速い。


 日本は少子高齢化で働く人口が極端に減り、年金も明日はどうなるか。。。介護離職、介護疲れ心中、寝たきり親殺しも多発する時代に。。。加えて人口が減るのにロボット、AIが活躍するようになり十数年後は230万人以上が職を失うという統計まで。。。

 こうなるとゴキぶりのように人口が増えている“腐れパンダ顔の醜キンピラ国”が世界中に不法入国し、その国を占領する時代が。。。


 この慶応義塾大の長男と弟も殺された親の時代とは違う時代を生きている。親にはそれが理解できない。無理に自分の学生時代と同じ生き方をも求めるのは厳し過ぎる。


 長男が親をナイフで刺す行為にまで走ったのは親の小言、我々の世代では当たり前の小言が勉強にも差し支えるほどだったのではないか。


 ネット諸君がこの彼の刑を減免する署名運動を起こすべき。それが若い人たちの力になると思うが、どうだろうか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

やはり金持ちは揉める!!




やはり金持ちは揉める!!渡辺謙と南果歩 離婚交渉が難航する背景に「婚前契約」
女性セブン

「弱い者の身になれんやつは、弱い者以下のクズだ」。初回視聴率が歴代ワースト2位の15.4%を記録し、苦戦を強いられている鈴木亮平(34才)主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』。幼少の西郷隆盛の心に強く刻みつけられたその言葉を放ったのは、島津斉彬役の渡辺謙(58才)だった。


「撮影当初から、渡辺さんは顔見知りのスタッフに“元気してた?”と気さくに声をかけたり、若手俳優に“長丁場だから風邪ひかないようにね”ってアドバイスしたりして、ムード作りに腐心しています。ただいつもと違うのは、撮影が終わると消えるように帰ってしまうんです。これまでなら、頻繁に共演者を食事に連れ出したりしてたんですけどね」(ドラマ関係者)


 昨年3月に『週刊文春』で報じられた不倫騒動が尾を引いているからだろう。3か月後に謝罪会見は開いたものの、妻・南果歩(53才)との「その後の事情」はなかなか伝わってこない。


「当初、渡辺さんは誠心誠意謝罪すれば、南さんも許してくれると甘い考えを抱いていたようです。でも南さんのショックは相当大きくて、いまだに怒りは収まっていない。埒が明かない状況に、渡辺さんも参っていました。


 さらに昨年10月、イベントに登場した南さんが“今年の春から精神的に疾患が出て”と言ったことに、渡辺さんは“なんでわざわざプライベートを明かして蒸し返すようなことを言うんだ”って戸惑ったみたいです。渡辺さんは前の奥さんとの離婚裁判が泥沼化して、女性問題などを暴露されたことにトラウマを抱えていますからね。渡辺さんとしては、“できるだけ速やかに穏便に離婚したい”と思い至ったそうです」(芸能関係者)


騒動勃発から10か月。離婚の話し合いは進めようとしているが、交渉は難航しているという。夫婦と親しい知人が明かす。


「実はふたりは結婚する際に『婚前契約』を結んでいたそうです。お互い再婚同士で、お子さんもいますから相続などでモメないようにということでしょう。その内容の中に“もし謙さん側に何らかの不都合があって離婚することになったら、ふたりの財産はほとんど南さんに譲る”というものもあるそうです」


「婚前契約」とは、結婚前に結婚後の生活スタイルについて夫婦で取り決めておくことだ。日本ではあまりなじみがないが、欧米では習慣となっており、例えば「暴力をふるったら○○万円」「休日は必ず一緒に出かける」などといった具合だ。その中には、「離婚するときには、財産をどう分けるか」といったものも含まれる。


 2005年に結婚したふたりは南の母と一緒に都内にある5億円といわれる豪邸で生活していた。2015年にアメリカ演劇界で最も権威ある「トニー賞」の主演男優賞にノミネートされたこともある渡辺は、日本の芸能界でもトップレベルのギャラだ。


「南さんは“謙さんの妻”という立場に未練が多少あるようです。謙さんは、全財産を諦めれば、比較的スムーズに離婚できるはず。ただ、謙さんにはたったひとつだけ願いがあるようです。それは軽井沢にある別荘だけは自分に残してくれないかということ。土地と建物でそれぞれ別名義にしてあるので取り扱いが難しい。謙さんが譲れば済む話ですが、思い入れが強いようで…」(前出・知人)


 数日でも休みがあれば足繁く通っていたという別荘は、渡辺の“心のオアシス”だった。親しい知人を連れて年末年始を過ごしたこともあったという。だが「婚前契約」に従えば、渡辺はここも失うことになる。


「今あの夫婦が進めている離婚交渉というのは、南さんがどれくらい渡辺さんへ財産を渡すかどうかということでしょう。渡す必要はないとはいえ、ゼロというのも…。それさえクリアすれば今夏にも離婚成立はあると思いますよ。騒動当初、スキャンダルを嫌うNHKは“放送終了まで離婚はNG”と要請していたそうですが、視聴率が低迷していることもあって、“ドラマが話題になるならOK”と、むしろ便乗する気もあるとか」(前出・芸能関係者)

 許されざる者の願いはかなうか。


㊟渡辺謙も相手を見て結婚しないと。。。母親がたかって来るのが分からんのか。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

中国の野望を叩き潰せ!!




中国の野望を叩き潰せ!!

戦闘機部隊を大幅増強 宮崎にF35B有力 中国脅威に即応態勢 防衛省検討
産経新聞

 防衛省が航空自衛隊の戦闘機部隊を大幅に増強する検討に入ったことが20日、分かった。現行では12個飛行隊(1個飛行隊の定数約20機)の戦闘機部隊を14個まで引き上げる方針で、現在1個飛行隊を置いている新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)に1つ増設することなどで14個とする。

東シナ海から太平洋などへ活動範囲を拡大させる中国の脅威をにらみ、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを新たに導入すれば新田原基地への配備が有力視される。

 戦闘機部隊の増強は、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」の焦点の一つとなる。

 平成25年に策定した防衛計画の大綱では戦闘機部隊を現行の12から13に増やすことを打ち出した。

 空自が導入を決めている空軍仕様のF35Aを42機調達し、F2戦闘機の飛行隊を1つしか置いていない三沢基地(青森県)にF35Aの2個飛行隊を配備する。三沢基地のF2は、老朽化により退役するF4戦闘機の飛行隊を2つ置いている百里基地(茨城県)に移した上で、F15戦闘機の飛行隊も1つ増設し、13個飛行隊に引き上げる計画だった。

 ただ、この計画のままでは北海道から沖縄県まで全国に7カ所ある戦闘機部隊の拠点のうち、新田原基地だけがF15の飛行隊を1つしか置かない態勢が続く。戦闘機部隊は領空に接近する中国軍機などへの対領空侵犯措置(緊急発進=スクランブル)の任務にあたりつつ、訓練時間を設けてパイロットの技能を向上させることが不可欠だが、拠点基地に置く飛行隊が1つだけだと訓練時間を捻出しにくい弊害がある。

 新田原基地に2つ目の飛行隊を置く場合、空自が新たに導入を検討するF35Bの配備を視野に入れる。

 F35Aの派生型であるF35Bは短距離の滑走で離陸し、垂直着陸も可能なため短い滑走路での運用に適している。新田原基地に配備すれば中国による南西方面の離島侵攻に迅速に対応でき、滑走路の短い離島の民間空港を拠点に運用できるほか、平時の警戒監視にも活用しやすい。

 防衛省は海自最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」をF35Bの離着艦可能な「空母」に改修することも検討している。いずもが新田原基地から飛来するF35Bを搭載して東シナ海に展開し、離着艦訓練を行えば中国への抑止力と対処力の一層の強化につながる。

㊟自国を守る為に必要な兵器は万全にして当然。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

毒ゴキブリ、中央アジアにも巣を!!

毒ゴキブリ、中央アジアにも巣を!!

ここにも迫る中国の影。親日の中央アジアを守る手立てはあるのか
まぐまぐニュース!

「中央アジア5カ国」の国名を挙げられても、それぞれの国の文化・経済・治安等ついて正しく答えられる人は少ないのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では中央アジアに造詣の深い嶌さんが、実は親日であるというこれらの国々を紹介するとともに、今、中国が「一帯一路」の名のもとに現代のシルクロード建設を国民の理解を十分に得ないまま行っているという現状を記しています。

中央アジア、地理的優位を生かせるか─タジキスタン、カザフスタンを訪れて─

中央アジア5カ国には長い間、関心を持っていたが、タジキスタンだけはまだ訪れたことがなかった。それが2017年11月、国際交流基金(JF)の文化使節の一員として同行させてもらうチャンスに恵まれた。
私は日本ウズベキスタン協会の会長を務めているためウズベキスタンには過去数度訪れているし、他のキルギス、カザフスタン、トルクメニスタンも訪問したことはあるが、タジキスタンには縁がなかったのでよい機会だった。

ペルシャ系イスラムの小国・タジキスタン

タジキスタンは、東は中国、北はキルギス、西はウズベキスタン、南はアフガニスタンと接し人口870万人、面積14万3,100平方キロ(北海道の約2倍)、中央アジアの中ではキルギスと並んで最も小さな国だ(キルギスは面積が日本の約50%ながら人口は600万人)。宗教はイスラム教スンニ派だが、他のトルコ系の国と違ってペルシャ語系の言葉を話す。

元々、古代からイラン系民族が居住してきた土地であり、9世紀後半にはイラン系のサーマン朝が起こり、13世紀になってモンゴル、14世紀にはティムール朝(ウズベキスタン)の支配を受け、16世紀以降はウズベク系王朝の支配下にあった。19世紀後半からはロシア領となるなど複雑な歴史的経緯を持つ国だったが、1991年のソ連の崩壊でタジキスタン共和国として独立したのである。

しかし、独立直後から共産党勢力とイスラム勢力の内戦状態が長く続き、最終和平合意が成立したのは1997年6月で、内戦により約6万人が死亡したといわれる。

国内が安定するまでに憲法改正、大統領選挙・議会選挙などがあり、タジキスタンの安定と復興支援のため国連の監視団やタジキスタン和平構築事務所(UNTOP)が2007年まで設立されていた。この間の国連活動に関係して日本の秋野豊氏が亡くなられている。

また2011年の9.11事件以降、隣接するアフガニスタン内戦の影響を受け、米軍等の空域使用、軍事施設使用なども許可してきたため国内の安定が他の中央アジア諸国に比べ大きく遅れたのである。
内戦続いた親日・山岳国

天然資源が乏しく国土の93%が山岳地帯ということもあり外国や国際機関からの支援に依存せざるを得ないのが実情だった。ただ、豊富な水力資源、綿花、アルミニウム生産などにより1990年代末からプラス成長となり、最近は6-7%の成長を遂げている。

タジキスタンでは言語大学を訪問したほかラフモン文科省次官、現地の記者との懇談、バザールの見学、使節団一行のコシノジュンコさん主催のミニファッション・ショーなどを行い親善を深め、秋野氏の慰霊碑にお参りし、献花をした。

タジキスタン側は極めて親日的で、日本の経済発展に学びたいと熱心に質問を受けた。ただ空港の便などが悪く、両国が密接な貿易関係を結ぶにはインフラの整備などが必要と痛感させられた。

概して中央アジア諸国は親日的でもっと日本と強い関係を持ちたいとの希望をもっているが、往来が便利にならないと難しいと感じさせられた。タジキスタン・ドゥシャンベ空港から飛び立った飛行機から見た山々の絶景は忘れ難かった。

日本の7倍の国土を持つカザフスタン

タジキスタンの後、中央アジアでは最大の国土を持つカザフスタン(世界第9位の面積を持ち、日本の7倍でEU12カ国の国土より大きい)を訪れた。1991年にソ連邦の崩壊により独立し、中央アジアの北方に位置してロシアと長い国境線を持つ。

石油、天然ガス、ウラン、レアアースなど豊富な地下資源を有し、ロシア、中国などに輸出して中央アジアの中では最も早く成長し、軍縮、不拡散、仲介外交などで存在感を示し、中央アジア初の安全保障理事会非常任理事国に選出されている。また、2017年に国際博覧会(万国博)を開催した。

ライバルはウズベキスタン

ただ人口は1,790万人でウズベキスタンの3,030万人よりずっと少ない。中央アジアではこれまで欧米などからウズベキスタンが中心国とみられてきた。しかし、最近のカザフスタンの成長には目を見張るものがあり、国際社会もウズベキスタンよりカザフスタンを注目するようになってきた。

ところが、カザフスタンの官僚などによると、最近のウズベキスタンの成長に脅威を感じているようで、再び中央アジアの盟主の座をウズベキスタンに取られるのではないかと懸念しているという。

ウズベクの民族的優秀性や内陸国という不利益な面があるにも関わらず着々と成長し、欧米や日本などは中央アジアの拠点地としてウズベキスタンに代表事務所などを置いているからだ。

中国が重視する中央アジア

今後の中央アジアは、国際的にみてもますます重要性を増してくるように思われる。中国はその点に早くから注目し中央アジア、東南アジア、西南アジアなどを巻き込んだ「上海協力機構」を設立し求心力を集めている。また、中国は上海協力機構とは別に現代の「シルクロード構想」(一帯一路)を公表し、欧州と中国を結ぶ新シルクロードの建設を着々と進めようとしている。

北のルートにはヨーロッパからカザフスタンを経て中国へ、従来のシルクロード・ルートは欧州から鉄道で文物を運び、さらに西アフリカからパキスタン、バングラデシュなどに港湾を建設し、新たに海のシルクロードを建設しているのだ。

アフリカの鉱物資源などをインド洋を通って東南アジアのミャンマーなどに陸揚げし、その後は鉄道で中国へ運ぶ大構想だ。その資金調達はアジアインフラ投資銀行などを通じて行う考えだ。アジアのインフラ作りには中国の労働者を派遣し、居住させる手法で、いまやアフリカ、インド洋沿いに多くのチャイナタウンも出来ている。

一帯一路とアジアインフラ投資銀行で社会主義強国をめざす

ただ中国のやり方はかなり強引なようで、資金と労働力をぶち込み建設するやり方には地元の反発もかなりあると聞く。
中国の戦略は、一帯一路の新シルクロード建設で公共事業を世界的規模で行い、その資金はアジアインフラ投資銀行で募集する。アジアとヨーロッパをつなぐ新シルクロードで物流の覇権を握り、周辺国を巻き込む。

一方で、南シナ海一帯の島々に港湾や航空用の滑走路を作り太平洋をアメリカと分割統治しようと目論んでいるようにみえる。さらにかつては陸軍国であった中国を海洋国、空軍力強化、サイバー強国、宇宙なども見据えた世界戦略で覇権国を目指そうとしている。

いまや世界の覇権国争いはかつての米・ソに代わり米・中に変化してきた。特に中国は「中国の夢」として社会主義強国を目指すと宣言している。これまでの改革開放路線を維持しながらも中国らしい特色として「社会主義強国」をスローガンとし、社会主義にこだわっている。

具体的には国内の富裕層と貧困層の二極化を解消し中間層を増大させることで社会の安定を目指す一方で、あくまでも欧米流の社会とは別の社会主義色をにじませるということのようだ。このため、今後も社会の腐敗追及には力を入れ、これをテコに習政権の求心力を維持していこうとする意図が伺える。
(TSR情報 2018年1月15日)

㊟この記事をお読みになれば一目瞭然。ゴキブリは世界制覇に一直線。ところが日本にはそれを止める力はない。ゴキブリが支配する地球に生きるなんて。。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR