FC2ブログ

2018-01

新年、明けましておめでとうございます。


新年、明けましておめでとうございます

 本年は皆様に本当に良き年になりますよう心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

金塗れ野党に政権を任せられるか!?


こんな金塗れ野党に政権を任せられるか!?

民進党資金70億円のロンダリングを許すな 「ニセ維新」で行われていたこととは
産経新聞

 金の切れ目が縁の切れ目というが、70億円もの貯金があるのに雲散霧消の危機にあるのが民進党だ。注目は、主に血税を原資とするこの70億円が国庫に返納されるのか、分党や議員による山分けを経て事実上他党にロンダリングされるのかどうかだ。

過去には、平成28年3月27日に民主党と合併して民進党を作った維新の党が、解党直前の3月に所属国会議員側に公認料や寄付としてそれぞれ300万~2500万円、計1億8千万円を配った。このスキームが許されてよいのか。

 「マネーロンダリングという見方もあるとは思う。ただ、政治活動として全額を使っている」

 維新の党から当該資金を受け取った民進党の真山勇一参院議員(73、神奈川選挙区)は当時を振り返り、一連の資金の流れについてこう語った。

 維新の党は27年末の時点で、現在の日本維新の会をつくる議員と民主党への合流組に分裂しており、山分けをしたのは「ニセ維新」と呼ばれる後者の勢力である。維新の党の28年分の政治資金収支報告書によると、首をかしげたくなるカネの動きが「公認料」と「寄付」の2ルートみつかった。

ルートA「公認料」

 まず公認料だが、維新の党は28年3月1日から2日にかけて、真山氏のほか、当時の柴田巧(57)、小野次郎両参院議員(64)を支部長とする政党支部に、それぞれ公認料2千万円を支払った。
 だが、維新の党は28年2月26日に民主党との合併に正式合意していた。同年7月の参院選では維新の党の公認候補は存在しないことは分かりきっていたのに、党としての公認料が支払われていたのだ。3人は民進党公認で立候補した。

 真山氏の場合、28年3月1日に維新の党から自身が支部長だった「維新の党参議院比例区第10支部」に「公認料」2千万円が渡った。だが、真山氏側は関連団体「ゆういちの会」が寄付を受けたものとして処理した。民進党誕生後の4月29日、「ゆういちの会」は真山氏が支部長の「民進党神奈川県参議院選挙区第1総支部」に2260万円を寄付した。

 要するに維新の党から真山氏の関連団体を経て、民進党にカネが移ったわけだ。柴田、小野両氏は自身の関連団体に移していた。真山氏は取材に「全額を選挙に使ったので、問題はない」と話した。

 この公認料の流れは、今年10月22日投開票の衆院選にあたり、民進党と希望の党の間でも行われ、問題視された。民進党は衆院解散後の10月2日、前職に2千万円、元職や新人に1500万円の公認料を配った。すでに当時の前原誠司代表(55)は民進党として候補を擁立せず希望の党へ合流することを決めていたため、民進党から希望の党への事実上の選挙資金の譲渡と批判された。前例があったのだから慣れたものだ、というのは言い過ぎだろうか。

ルートB「寄付」

 維新の党の収支報告書によると同党は28年3月25日、26の党支部にそれぞれ300万円を寄付した。ほとんどの支部では、300万円を含め支部に残った資金は、解党直前に議員の関連団体に移っていた。同党から都道府県連に当たる総支部にも寄付があった。

 国会法の規定で民主党に移れなかった川田龍平参院議員(41、比例代表、現立憲民主党)の関連団体「龍の風」には28年3月25日に維新の党から2500万円が寄付されていた。
 読者に今後の参考にしていただくため、該当する当時の26の維新の党支部の支部長をそれぞれ資産報告書への掲載順に列挙する。

 升田世喜男前衆院議員(60)▽寺田典城前参院議員(77)▽石関貴史前衆院議員(45)▽坂本祐之輔前衆院議員(62)▽落合貴之衆院議員(38、東京6区、現立憲民主党)▽木内孝胤前衆院議員(51)▽初鹿明博衆院議員(48、比例東京、現立憲民主党)▽真山氏▽篠原豪衆院議員(42、比例南関東、現立憲民主党)▽水戸将史前衆院議員(55)▽青柳陽一郎衆院議員(48、神奈川6区、現立憲民主党)▽江田憲司衆院議員(61、神奈川8区、無所属)▽柴田氏▽井出庸生衆院議員(40、長野3区、現希望の党)▽今井雅人衆院議員(55、比例東海、現希望の党)▽牧義夫衆院議員(59、比例東海、現希望の党)▽井坂信彦前衆院議員(43)▽高井崇志衆院議員(48、比例中国、現立憲民主党)▽横山博幸前衆院議員(67)▽松野頼久前衆院議員(57)▽松木謙公前衆院議員(58)▽太田和美前衆院議員(38)▽柿沢未途衆院議員(46、比例東京、現希望の党)▽川田氏▽小野氏▽松田直久前衆院議員(63)。

 その後の資金の動きは、例えば青柳氏の場合は、「維新の党神奈川県衆議院第6選挙区支部」が28年3月25日に維新の党から300万円の寄付を受け、2日後の3月27日に青柳氏の関連団体「青雲会」に約600万円を寄付している。今井氏のように、自身の後援会に寄付しているケースや、江田氏のように支部で使い切っていたケースもあった。

 青柳氏は「政党が合併し活動が継続されるので、ご理解いただけたらありがたい」と述べた。井出氏は「私がみんなの党を離党した時は、国庫に返納した。維新の党から民進党へは、活動の一体性があるということは、自分自身は理屈が立つと思う」と述べた。

 当時の資金の流れを知る秘書は「1~3月に党に所属していた議員は、その期間の政党交付金300万円をもらう権利がある」と話したが、すでに民主党への合流が決まっていたのだから、維新の党として受け取るのは税金の無駄遣いとの指摘もある。ある維新の党出身議員は「法律の抜け穴だ」と認めた。

 総支部では、維新の党が28年3月25日に「維新の党青森県総支部」に寄付した500万円を寄付し、2日後の27日、同額の500万円が当時は民主党の田名部匡代参院議員(48、青森選挙区)に寄付されていた。維新の党の資金が、別の党の議員個人に流れていたケースだ。

 民主党との合流を拒んで維新の党を離れた日本維新の会の遠藤敬国対委員長(49)は「セコいなぁ。国庫に返納する約束だったはずだが、こんなやり方あったんかと驚いている」と語った。

 維新の党は資金の配分や必要経費を差し引いた約2億円を国庫に返納した。

 政党交付金は国民1人あたり年間250円(総額約318億円)を、各党の所属議員数や最新の衆院選と直近2回の参院選の得票数に応じて配分される制度だ。原資は税金である。収入の多くを政党交付金が占めている政党がほとんどだが、共産党は政党交付金を受け取っていない。

 政党助成法では、政党が解党した場合は、残った金額を国庫に返納することと定められている。しかし、別の団体に寄付するなどすれば「残った金額」とはならない。15年には民主党との合併で解散した当時の自由党は、7億円以上を他の政治資金団体に寄付するなどして批判を浴びた。

 政治資金に詳しい日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「政党交付金は党に交付されたものだ。公認料や寄付という形で議員個人が自由に使えるお金になるのは、違法ではないがロンダリングともいえる。防ぐための法改正を検討すべきだ」と指摘している。

民進党は…

 民進党は離党ドミノが止まらない。今月22日には江崎孝参院議員(61、比例)が、党執行部に離党届を提出し、立憲民主党に入党届を出した。今月に入って参院議員は有田芳生(65、比例)、風間直樹(51、新潟選挙区)両氏に続き3人目だ。

 これに加えて、小川敏夫参院議員会長(69)ら離党予備軍とされる議員は民進党の「分党」を唱えている。分党して立憲民主党や希望の党と合流すれば、受け入れ先の政党が、議員数に応じて民進党が受け取るはずの政党交付金を受け取れるからだ。

 これに対し、民進党の大塚耕平代表(58)は、解党も視野に入れている。今月の常任幹事会では、反発の多かった「解党」との表現を避けて「新党移行」などの3案を提示したが、新党移行も解党も似たようなものだ。解党した場合は、民進党の70億円は国庫に返納されることとなる。

 現実として、政治にはカネがかかる。選挙の公認料や政策スタッフの人件費など事務所の維持費、人間関係を構築するために日本だけでなく世界を回る必要だってある。2年後の夏に参院選を控えているとあれば、なおさらだ。政治にどこまで国民がカネをかけるのか、議論が不足しているのも事実だ。

 民進党離党組の受け皿となっている立憲民主党では、枝野幸男代表(53)が「内側の数合わせにコミットしていると誤解されれば、期待はあっという間にどこかに行ってしまう」と述べた。枝野氏が、現実路線として民進党の政党交付金を受け入れる「カネの数合わせ」に走るのか、筋を通して立憲民主党として支持されて得られた政党交付金だけで戦うのか。有権者は注視する必要がある。 (政治部 沢田大典)


㊟こんな野党が自民党政権を非難しても国民は信じまい。安倍政権がお友達内閣、お友達利権と大声を張り上げ、君たちは仲間政治、仲間利権じゃないか。政権を非難するなら自らの生き様を“清貧”にしてからだろ?でなくて国民の信を得られるか?のう、枝野クン、菅くん。特に菅くんは私から献金を貰っているじゃないか。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

これぞ国家!!

これぞ国家!!
尖閣の轍踏まず毅然と処理 「窃盗」の北朝鮮木造船へ起訴方針で
産経新聞

 北朝鮮の木造船乗員による窃盗事件は、検察当局が船長を起訴する方針を固めたことで公開の法廷で審理される公算が大きくなった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で平成22年、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件では、逮捕した船長を釈放するという苦渋の決断を迫られた検察当局。今回は「証拠があるものはきちんと起訴する」(検察幹部)と毅然(きぜん)とした姿勢を示す見通しだ。

 「ミサイルの発射を突然発表するかもしれず、北朝鮮の動きは分からない」。ある検察幹部は船長の処分をめぐる影響を懸念。検察内では、北朝鮮が核やミサイルで日本側に揺さぶりをかけるなど事態の複雑化を憂慮する声もあった。

 だが、「相手国がどう対応するかは、われわれが配慮すべきことではない」(別の検察幹部)との意見も根強く、法と証拠に基づき粛々と処理すべきだとの見解で法務・検察当局が一致したという。

 7年前の尖閣の事件では、中国の温家宝首相(当時)が「釈放しなければ、さらなる対抗措置を取る用意がある」と強硬姿勢を示し、邦人4人がスパイ容疑で拘束されたことで民主党政権(当時)がうろたえ、「あらゆる外交ルートが遮断された」(当時の検察首脳)とされる。

 結局、中国人船長を公務執行妨害罪で起訴する方針を固めていた検察当局は、勾留期限まで5日を残し「日中関係を考慮」(那覇地検)して船長を釈放するという決断を迫られた。

 エスカレートする中国の圧力に屈し日本側が白旗を上げた格好で、検察当局の判断に対しては検察OBからも「司法の独立はどうなったのか」と厳しい批判が噴出した。現職幹部も「われわれも痛い目に遭った」と振り返る。

 ただ今回の窃盗事件は「尖閣の事件とは異なり、領土問題も絡んでいない」(検察幹部)。検察当局は、外交環境などに影響されることなく、船長らが函館港沖で巡視船に横付けされていた木造船のロープを切断して逃亡を図るなど犯行後の態様も悪質な点を重視し、犯行を主導したとみられる船長の起訴に踏み切る方針だ。

 11月以降、日本海側の各地で北朝鮮の木造船漂着が相次ぎ、国民の間で不安が広がっているが、裁判ではそうした問題の背景も明らかになる可能性がある。


㊟あのゴキブリ船長を釈放したのは民主党政権の幹事長だった仙谷由人です。仙谷は幹事長当時、

「自衛隊は暴力装置」

と堂々と発言した男です。こんな人物が政権にいたのです。枝野幸男立憲代表と昵懇です。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR