FC2ブログ

2017-11

百合子姥姫怒った!!


百合子姥姫怒った!!

「やる気あるのか」小池氏、喫煙の厚労省案を批判
夕刊フジ
 
東京都の小池百合子知事は17日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正を巡り、厚生労働省が店舗面積150平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める新たな案を自民党と調整していることについて、
「何もしないと言っているのに等しい。本当にやる気があるのかと問いたい」
と批判した。シンガポール出張から帰国後、羽田空港で報道陣の取材に応じた。

 小池氏は「1桁間違いではないかと驚いた」と、昨年厚労省が示した当初案の「30平方メートル以下」から大幅に後退した内容を皮肉った。その上で

「国としての姿勢が甘いものだとお知らせになったと受け止めている」
と述べた。
 東京都は罰則付きの受動喫煙防止条例を制定する方針で、小池氏は今年9月、飲食店など多数の人が利用する施設を原則屋内禁煙とするなどの基本的な考え方を公表している。

 厚労省の新たな案では、店舗面積150平方メートル以下は喫煙可とできる。150平方メートルよりも広い飲食店の場合、原則禁煙とするが、喫煙専用室を設置すれば喫煙を認めるとしている。

㊟最近の国会議員には喫煙しないのも多い。ところが、議員連中は飲食店組合などの組織票だがんじがらめ。組織を挙げての反対運動に負けたのか。。。
スポンサーサイト



テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

世界で男買いする日本女性!?男女同権だもの当然!!


世界で男買いする日本女性!?男女同権だもの当然!!

異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人
朝日新聞


 タイの首都バンコクに、日本語が響くコールセンターがある。「お電話ありがとうございます。○○社です。ご注文ですか」。電話を受けるのは、タイに移住した日本人たちだ。


 なぜ海を渡ってまで、コールセンターで働くのか。開高健ノンフィクション賞を受賞した作家の水谷竹秀さん(42)は、5年ほどかけて取材。『だから、居場所が欲しかった。』(集英社)にまとめた。

登場するのは人間関係や借金に苦しむ人たち。彼らが「日本社会のきしみを投影している気がする」という水谷さんに、話を聞いた。


■「今、妊娠しているんです」

 最初に取材した30代半ばの女性に、水谷さんは衝撃を受けたという。「実は私、今、妊娠しているんです」と打ち明けられたからだ。父親は、東南アジアのある国から出稼ぎにきた買春相手だった。「どうするんだろう、と彼女と別れてホテルに帰ってからも頭から離れませんでした」

 女性は大学卒業後、職を転々とした。東京での暮らしに物足りなさを感じたころ、旅先のバンコクで日本人向けの求人があると聞いた。インターネットで検索すると、コールセンターのオペレーター募集が見つかった。採用され、移住を決めたという。


 実際、ネットで「タイ」「コールセンター」と検索すれば、求人情報は簡単に出てくる。「経験ゼロ、語学ゼロから海外でチャレンジできる環境」などとうたわれ、応募のハードルは低い。

水谷さんが取材したフロアには80人ほどの日本人が並び、通信販売の受注やクレーム処理にあたっていたという。ただ移住が気軽な反面、環境は厳しい。日本の大手企業から派遣される駐在員の年収は、1千万円を超えることもざらだ。現地採用はその半分から5分の1。コールセンターは更に安い。ネット上では「底辺」とやゆされる。

 「給料は月9万円か10万円ぐらい。大手企業の現地駐在員とは、同じ海外にいくのでも訳がちがう。格差があるんですよね。コールセンターで働く人は、後ろ向きというか、ネガティブな空気感を持っていることが多かったと感じます」

 女性はコールセンターについて、作中で水谷さんにこう説明している。《日本社会に適応して、出世するとか、家庭を持つとか、そういうレールに何の疑問も持たず、すいすい世の中を渡っていける人はここにはいないなって感じがしますね》(「プロローグ」から)

■貞淑を求める圧力

 女性は日本では交際相手に恵まれなかった。暴力を振るわれることもあったという。彼女を癒やしたのが、男を連れ出せる「ゴーゴーボーイ」だった。友人に誘われて通い続けるうちに、はまっていった。最初は勇気がでなかったものの、《通っているうちに気に入った男の子が見つかったので、買ってみました》(第四章「男にハマる女たち」から)と語っている。

  水谷さんは、タイのコールセンターが日本では受け入れられない彼女たちの居場所になっている、と話す。日本ではうまくいかない異性関係も、タイでは男性に「支配」されずに楽しむことができる。

 水谷さんによると、料金は店側に1200~1500円を支払い、本人に3千~6千円を渡す仕組みだ。彼女はある日、友人がよく連れ出している男性を買った。そして出会って数カ月後、彼の子どもを妊娠したという。

 本には、同じようにコールセンターで働き、ゴーゴーボーイにはまった別の日本人女性の人生も紹介されている。日本人の夫との離婚を経験したその女性は《手っ取り早くていいなって。金で解決!》(同)と語っている。

 ゴーゴーボーイの大半は貧困層だ。大金を積まなくても、浅黒く彫りの深い男たちを買える。援助交際できる。《日本では金で解決できない色恋沙汰が、バンコクでは可能になる。王子様であっても金で動かせるという快感、そして女が男を支配できる》(同)


 水谷さんが知人に「男を買って妊娠した人がいる」と話すと、一様に驚きの声が上がった。彼女たちに好奇の視線は向きやすい。

 水谷さんは取材を通じて、その「視線」こそ彼女を生きづらくさせているのかもしれないと気づく。現地の日本語フリーペーパー「アーチプラス」の編集長を務める女性に話を聞いた時のことだ。その内容をそのまま本に書いた。


 編集長はフリーペーパーに「男を買う日本人女性」の特集を組み、ゴーゴーボーイにはまった夫を持つ女性の話を書いた。すると男性読者からは「日本人の品格を落とす」と抗議されたという。


編集長は、こう語気を強めた。《よく言うよ! と。自分だってそういう場所に行っているくせに、奥さんには貞淑でいてほしいというのは男性側の勝手な言い分でしかないと思いました》(同)


 水谷さんは言う。

「女性が男を買うというのは……。本当はたぶん、そんなに衝撃をうけるものではない。男性が女性を買うのと同じですから。でも僕も衝撃を受けた。それは女性に対して、僕自身もそういう見方になっているんです。貞淑でいてほしいという強烈な押しつけですよね」

 ゴーゴーボーイで出会った異国の男性との子どもを妊娠した女性は、日本で出産。そして再び、タイにやってきたという。その時に再会した水谷さんに、彼女は《バンコクは気持ちが楽ですね。日本って何となく気詰まりな感じ。夢も希望もないというか》(同)と漏らしたという。


 「恋愛や結婚のあり方も、ある種の王道が日本社会にしみついているのだと思います。そこから外れると、とたんに居場所がなくなってしまう」と水谷さんは話す。

■職場に恵まれず、高校生の息子と…

 タイのコールセンターには、日本社会から追いやられた人たちが引き寄せられているのではないか、と水谷さんは考えるようになった。

 『だから、居場所が欲しかった。』では、日本の製造工場から派遣切りされた男性や、容姿にコンプレックスを持つ若者、LGBTの男女らに取材。なぜタイのコールセンターにやってきたのかを丹念に追った。


「コールセンターで働く人たちは日本では非正規労働者として働いてきたり、30代40代で未婚だったりという人たち。心に悩みを抱えていたり、切ない過去を抱えていたりしていました。『良い大学にいって、良い企業に働いて、昇進を重ねて、結婚して子どもができて、都心のマンションを買って』という道があるとしたら、その道にはじかれた人たちが多く集まってきたというのが見えてきたんです」


 水谷さんが最も身近に感じたのが、郵便局を退職して一家でタイに移住した40代の男性だった。水谷さんによると、彼の月給は10万円ほど。家賃1万5千円のアパートに、高校生の息子とタイ人の妻の3人で暮らしていた。

 作中に描かれる経歴はこうだ。彼は地元の工業高校を卒業。建築会社に就職したが、体育会系の雰囲気になじめず退社。郵便局員になった。千葉県に配属され、タイ料理屋で働いていた妻と結婚した。その後、山形県に転勤になり、簡保の訪問販売を担当するようになったという。


 その仕事もきつかった。朝はラジオ体操に始まり、事務室で訪問販売のトレーニング。上司にその日の予定を発表させられる。本には、その時の様子が描かれている。


 《「午前中は××さんの家に行きます! ×歳の男性で、先日お伺いした話では体も健康で病院にも行っていないそうです。今日はこの商品を×××円で、できれば契約まで持っていきたいです!」

 販売員が1人ずつ言うと、班長から「詰めがあまい!」と叱咤(しった)する声が飛んでくる。それでも販売員は「頑張ります!」と声を絞り出し、それぞれの現場へ散って行く》(第二章「一家夜逃げ」から)。


 「コールセンターの給料は、一般的な現地採用よりも低い。にもかかわらず、奥さんと子どもを養っている。本当に物腰の柔らかい真面目な人で、どういう人生なのか、淡々と語ってくれました」

 生い立ちから尋ねるうち、彼は日本でローンを抱え、その返済ができなくなったことが分かった。夜逃げ先がタイだったのだ。

「40代になれば普通は抱えているじゃないですか。なのに仕事で行き詰まってしまって、稼げなくなって支払えなくなるのは起こり得るだろうなと。それでタイに渡った。息子もいきなりタイの高校に入学させられて、普通、ぐれますよね。そういう話を淡々と。息子さんも気になるわけですよ、どんなことを思って高校に通っているのかと。これは伝えなきゃいけないという衝動に駆られました」


 そしてコールセンターが「転落した先」という意識もまた、生きづらさを助長していく。

 「日本は嫉妬の社会。だから転落する、失敗する人を笑う。いまだに『3高』が理想で、正しい道という価値観が残っている。多様性といいながら、本当にそうなのかと思います」

 コールセンターで働く人の多くが、水谷さんの取材に「日本に帰る理由がない。日本に帰っても居場所がない」と語っている。


 水谷さんは「日本では例えば40代で脱落すると、敗者復活はないなと思います。個人差はありますよ、いい大学に行っていた人だったりすると違うかも知れないですが、ドロップアウトした人に救いの手は差し伸べられないですよね。団塊の世代が抜けて、いまは人手不足で就職がいい。でもまずは新卒採用を増やしますよね。30、40代のロストジェネレーションの世代は、非正規の状況が続かざるを得ない。もう、どうにもならないですよね」と話す。


 最後に、水谷さんはこう記した。

《心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう。逆に壊れない方がおかしい。それほどまでに日本社会は病んでいるように私にも見える》
《そもそも、日本社会に順応する必要があるのか》
《日本で生きていくことが苦しいのであれば、無理に留まる必要はない》(「エピローグ」から)

 「タイは温かいし、ご飯もおいしい。日本が包摂できる社会になればいいですが、そういう人をはじいてしまう。日本社会は今こうなっているんだというのは、提示できたと思います」
     ◇
 みずたに・たけひで 1975年三重県生まれ。上智大外国語学部卒。新聞記者、カメラマンを経てフリーになり、現在はフィリピンを拠点に活動している。2011年『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』(集英社)で開高健ノンフィクション賞を受賞。著作に『脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち』(小学館)など。(高津祐典)

㊟大和撫子なんて絶滅危惧種になりつつあり!!企業が最も利益を上げるには人件費を削減すること。それを狙って日本企業が海外に拠点を構え、日本人の落ちこぼれを極端に安い賃金で雇う。社会保障も無いままだ。しかも社会保障が何一つない国で。恐ろしいのはそうした人たちの老後だ。

 ただ、我が国もあと十数年で国民健康保険も国民年金も破綻するのは確実。そうなれば男も女も買える暖かい国で、最後は苦しみ、のたうち回って死んだほうがいいか。。。


思い出した¡!日本女性が海外で男買いするのはもう40年以上前からだ。電通の友人が、

「結婚する女のパスポートを見ること。海外にしょっちゅう行っている女は間違いなく男を買っている」

 と教えてくれたのは45年も前だった。欧米はもちろん、ロシア、トルコどころかアフリカでも買っているのだから逞しい限り。

大いに楽しんで逝きなさいね。そしてエイズになって

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

相撲協会はまだ伏魔殿のまま!!

相撲協会はまだ伏魔殿のまま!!

貴乃花親方、協会に反乱か 来年1月の理事長選直撃、騒動をテコに八角理事長の責任問う見方も
夕刊フジ

 九州場所中の大相撲を襲った“激震”。横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中の鳥取県内で東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=をビール瓶で殴るなどして大けがを負わせた一件は、混迷を深めている。

そこでにわかに存在感を示しているのが、貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(45)=元横綱=である。10月末に鳥取県警に被害届を提出し、取り下げるつもりはないと明言している。騒動の背景には貴乃花親方VSモンゴル勢のあつれき、さらには理事長選挙を巡る日本相撲協会の勢力争いの影響も見え隠れする。

 コカ・コーラウエストスポーツパーク鳥取県民体育館(鳥取県鳥取市)で大相撲の巡業が行われたのは10月26日。力士一行は通常、前夜のうちに現地入りするだけに、問題の宴席は25日夜から始まったとみられる。

 関係者の話を総合すると、出席者は事件の当事者である日馬富士と貴ノ岩のほか、白鵬、鶴竜の両横綱、関脇照ノ富士らモンゴル出身力士勢が中心だった。

 二次会の場で日馬富士が貴ノ岩の生活態度を注意していたところ、貴ノ岩のスマートフォンが鳴り、操作しようとしたことをきっかけに、あの白鵬でも止められないほどの激しい暴行が続いた。

 酒癖の悪いことで知られる日馬富士だが、それだけでここまでブチ切れたわけではない。一連の騒動には背景がある。結びつきの強いモンゴル勢の中にあって、貴ノ岩はやや浮いた存在だったというのだ。

 というのも、角界は2003年初場所に横綱貴乃花が引退し、場所後に朝青龍が横綱に昇進して以降、現在に至るまでモンゴル勢が番付上位を占め一大勢力を築いている。大相撲の伝統を逸脱する言動が頻発するモンゴル勢に、誰よりも眉をひそめているのが貴ノ岩の師匠、貴乃花親方だというのだ。
 貴乃花親方は、部屋対抗戦の形を取っている大相撲にあって、モンゴル勢が部屋の垣根を飛び越え横のつながりを強めていることにも、腹に据えかねているといわれる。

 そんな中、弟子の貴ノ岩もモンゴル出身ではあるが、幼少の頃からモンゴルでも放送されていた大相撲中継を通じ“横綱貴乃花”に憧れた。さらに8歳で母、相撲留学した鳥取城北高1年時に父を亡くした貴ノ岩にとって、貴乃花親方は“親代わり”でもある。

 貴乃花イズムの信奉者である貴ノ岩は宴会中、先輩力士の前で「もうあなたたちの時代ではない」と言い放ったともいわれ、日馬富士にとっては腹立たしい存在だったかもしれない。

 ちなみに、この宴会は、モンゴル出身力士の先駆けである元小結旭鷲山のダバー・バトバヤル氏が関取になったのを機に始まり、年に数回、20年以上続いている。

 一方、こうなると怒り心頭なのが貴乃花親方である。弟子に対する愛情、思い入れは人一倍。相撲協会の聴取に対し、10月末に被害届を提出済みであることを報告。巡業部長の役職にあるだけに「(巡業中に発生した騒動は)私個人の責任でもある。至らないところがあった」と述べたが、被害届を取り下げる意向はないと話した。

 また、来年1月の初場所後に開催される2年に1度の理事長・理事選挙に多大な影響を及ぼすとの観測もある。一門から誰が出馬するかなどを選ぶ一門会が九州場所中に開かれるのが恒例で、すでに選挙戦は始まっているといってもいい。

 2年前は15年九州場所中に亡くなった北の湖前理事長の後継を争う形となり、理事10人による互選で、貴乃花親方は八角理事長に惨敗。今回は雪辱を期しているといわれ、「今回の騒動をテコに八角理事長(元横綱北勝海)の責任を問い、一気に角界の改革を進める腹ではないか」(角界関係者)との見方がある。

 貴乃花親方は九州場所3日目、弟子の貴景勝が白鵬に敗れたのをテレビで見届けると「何も答えられないから」とだけ発し、結び前に会場をあとにした。この騒動、どこに行き着くのか予断を許さない。

㊟田中真紀子が外相当時、「外務省は伏魔殿」と攻撃したが、相撲界、相撲協会は数々の不祥事を起こしていながら未だ改革の兆しさえないようだ。

毎日テレビ報道やスポーツ紙記事を見ても、親方絶対主義でどうも口裏合わせで事実を隠しているようにしか思えない。
 この際、期待しないが警察は徹底して海を出し切ってほしい。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

どうやらテレビ局も大変なようで!!

どうやらテレビ局も大変なようで!!

美保純NHKごごナマ裏事情「予算が足りなくて…」
朝日新聞・記事提供:日刊スポーツ

 女優の美保純(57)が、レギュラー出演しているNHK「ごごナマ」の制作費に関する裏事情を暴露した。

 美保は15日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」に出演。NHK受信料に関する話題で、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之が「(番組の)クオリティーをちゃんと高めると、それだけのお金が掛かるよね」と発言したのを受け、

「掛かりますよ。ごごナマとかのさりげないセットだけど、ちょっとした椅子とか1つ8万円くらいする。座ってないやつですよ」と、番組のセットにもかなりの費用が掛かっていることを明かし、ほかの出演者を驚かせた。

 しかし「最近、ごごナマも予算が足りなくなったらしくて」と、現場に置いてある出演者やスタッフ用の飲み物や菓子の種類が減ったことを明かして嘆いた。

㊟株価はバブル期を抜いた高値!と大騒ぎし、企業も大儲けで新卒を大量採用などと報じられていますが、実態は違うことを証明した雑談ですね。雑談にこそ本音が出るものです。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

日本芸(ゲイ)能界セクハラは永遠に不滅です!②あの元プロ野球選手は美少年セクハラ!?

日本芸(ゲイ)能界セクハラは永遠に不滅です!②あの元プロ野球選手は美少年セクハラ!?

 あの元サッカー日本代表の中田オネエ英寿も危ういぞ!!

日本のテレビ業界「セクハラ」「枕営業」事情 TBSプロデューサーとW不倫の某女優
週刊新潮


日本にも芸能界「セクハラ白書」(3)

 テレビ界の例も少し覗いておこうか。映画会社の元幹部に聞いても、

「いまのテレビは芸能プロが力を持ち、芸能プロを中心にキャスティングしている。ハリウッドでプロデューサーに権限が集中するのに近く、似たようなことが起こりやすい土壌がある」


 と答えるのだ。さて、さる芸能関係者が述懐するのは、ある女優の例。結婚後、TBSのドラマで多生児の母親役を演じたが、


「ドラマで知り合ったのか、その前から関係があって抜擢されたのかわからないが、プロデューサーと不倫していた。そしてある日、彼女の旦那がプロデューサーの妻に“おたくの旦那がうちの妻と不倫している”と電話したんです。結果、TBSの上司と両夫婦の5者会談が開かれ、プロデューサー夫妻は離婚。でも女優夫妻は結婚関係を維持して、アメリカに移住しました」

 芸能プロ関係者が思い出すのは、一人は濡れ場をいとわぬグラマーな女優。


「新宿2丁目にテレビプロデューサーなどが溜まり場にしているクラブがあって、そこにずいぶん出入りしていたようです」


 自身の売り込みに余念がなかったというのだが、思い出すもう一人は、「テレビ朝日の天皇」の異名があったプロデューサー、小田久榮門氏のことだという。


「ちょうど『ニュースステーション』が始まったころのこと。所属するタレントをなんとかして使ってもらいたくて、タレント事務所が小田さんのもとに日参していましたね。自社の局アナにも頻繁に声をかける一方、フジテレビ出身の大物フリー・アナを特別にかわいがっていました」

ゴルフ接待に…
 その後、「セクハラ」という語が普及し、以前にくらべれば、大っぴらなセクハラは避けられるようになったものの、ある演劇プロデューサーが言う。


「トレンディドラマが大人気だった90年代から2000年ごろにかけ、各局のドラマのプロデューサーたちに、モデル事務所が攻勢をかけていました。たとえば、伊豆方面での泊りがけのゴルフ接待の際、コンテストなどで発掘されたばかりの無名のタレントを何人か連れてきて、“お持ち帰り”させていました。私にも声がかかって、もちろん断りましたが。そうやって女の子を気に入ってもらい、まずドラマなどで使ってもらおうとしていたのです」


 芸能プロの社長とタレントの間にも同様の“闇”がある、と指摘するムキもある。いずれにせよ、日の本の芸能界も、海の向こうに負けず劣らずセクハラの坩堝であることだけは、間違いなかろう。

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号 掲載

㊟ところで元プロ野球有名選手(顔が長いけどイケメン)A。『しくじり先生』にも出演していたな。彼はタイ国で巨大敷地の豪邸を構え、周囲から覗けない高い塀の中でバイクレース場を作り、バイク好きなタイの美少年たちを誘い込んでいると聞く。

 Aは昔から女性に関心がないようで、相当昔だが週刊誌でAとその母親と対談した同チームの坊主頭のZ選手が、

「僕は一生結婚しない。女と付き合うより男同士で付き合う方が断然い」

と口にすると、Aも母の前で、

「俺もそう」

とZと話を合わせていた。この時、あ、AもZも女嫌い、男好きと分かった。

それはいいとして、Aはタイで問題にならんきゃいいが。例えば金目当か性的虐待の恨みで少年らに殺されるとか、セクハラ告発されるとか。。。心配しても始まらんか。

あ、忘れるとこだった。プロサッカー元日本代表でイノブタ顔の中田英寿だ。現役当時、朝日新聞一面で、

「国際試合で歌うには君が代ダサイよね」

発言。これに激怒した筆者は当時連載していた夕刊紙、女性誌、月刊誌と筆者の『この国の恥ずかしい人々』(日本文芸社刊)で、

「日本代表でありながら国際仕合で国歌を歌わない国賊!」

と糾弾した。それを目にした民族運動諸氏がやはり激怒し、中田の事務所に街宣行動を開始。

恐怖に陥った中田は「まだ死にたくない。契約金は入りませんので入団させてください」とイタリアサッカー界に泣きつき、日本を逃亡。数年後帰国してからは君が代を歌うようになった。

戻そう。中田は新宿2丁目では「中田オネエさん」と呼ばれているように、ゲイで、sexは受け身の女役で、アナルでの性行為が得意(?)なんだそうだ。


 写真誌「フライデー」で何度か女性タレントと二人の写真をスクープされましたが、すべて中田と中田の事務所がフライデー誌と阿うんの呼吸のヤラセでした。(その後は止めたようです。ゲイがバレタからです)


 中田はサッカー引退後、「自分探しの旅」と称して世界中を歩いたが、実は好みの「男探しの旅」だったことはサッカー仲間やスポーツ記者たちには知られています。

 数年後、東京スポーツが男探しの旅をしている中田英寿がビキニパンツ一枚で外国の海辺(おそらくタイ)でイケメン白人男とじゃれ合っている写真をスクープしました。東スポよくぞやった!と嗤いました。



 中田は今も自宅を持たずホテル住まいです。自宅では出入りする男を特定されるがホテルならカモフラージュ出来るからです。彼も、いや、彼女も男性セクハラで告発される時が来るだろう。楽しみに待ちましょう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

大嫌いな女優もどきの仁科亜希子に2000万円も忖度融資!?



大嫌いな女優もどきの仁科亜希子に2000万円も忖度融資!?

不正融資の商工中金、「仁科亜季子」にも2000万円 その使い道
週刊新潮

 現場の営業マンに過大なノルマを課し、書類を改竄してでもどんどん貸し付ける――。まるでバブル時代の銀行マンを彷彿とさせるが、その「商工中金」から、なぜか女優の仁科亜季子(64)の会社も融資を受けていた。肝心の使い道はというと。

 商工組合中央金庫(商工中金)の不正は、これまで件数にして約4500件、関与した職員も約900人に上る。

「その商工中金の融資先には女優の仁科亜季子さんの会社もあるんですよ」


 とは、化粧品販売会社を経営するA氏だ。それによると仁科が事業を思い立ったのは2015年10月。化粧品や通販の仕組みに詳しいA氏に彼女が相談を持ち掛けてきたのだという。


「仁科さんが持ち掛けてきたのは“自分がプロデュースした化粧品とサプリメントを小売り店やネットで売りたい”というものでした。芸能人の自分が登場する広告を出せばヒットするはず、とも言っていました。そこで彼女に『リボーン』という会社を立ち上げてもらい、コールセンターや発送業務などは私の会社のシステムを使わせてあげることにしたのです」(同)


 が、会社は出来たものの、資金の都合がつかない。そこでA氏は、日本政策金融公庫に申し込むことをアドバイスする。もちろん、書類作成などのノウハウも伝授した。結果、仁科は800万円の融資を引き出すのに成功するのだが、これに味をしめたのか、次に目を付けたのが、カラーコンタクトだった。

すんなり決まった融資

「公庫から融資が出てしばらく経った昨年のことでした。若い子の間で流行っているカラーコンタクトが凄く儲かると聞きつけた仁科さんが、これも売りたいと言って来たのです。しかし、カラーコンタクトは『高度管理医療機器販売許可』というのが必要です。そこで、私も奔走して許可を取るために協力してあげた。さらには融資を受ける金融機関として商工中金も紹介してあげたのです」(同)


 もちろん、事業計画書や融資申込書の作成法も併せて指南した。だが、普通ならコンタクトレンズの販売経験があるわけでもない仁科に、すぐに融資が下りるはずがない。


「書類段階では、商工中金の担当者は渋っていたのですが、融資を担当する池袋支店の担当者が仁科さんと面談すると、すんなり融資が決まった。女優のパワーは凄いなと思いましたが、逆に商工中金もユルかった。後から杜撰な融資をしていたことがバレるのですが」


 とA氏。仁科は信用保証協会からの保証と、マンションを担保に入れることで2000万円の融資を受けることに成功する。今年3月のことだ。


 ところが、待てど暮らせどカラーコンタクトの事業を始める様子がない。不審に思ったA氏が調べてみたら、意外なことが判明した。


「仁科さんの娘の仁美さんが『塚田農場』などの居酒屋チェーンを経営する社長と内縁関係にあると報じられましたよね。商工中金の融資が決まる数日前、その社長が、港区内にある仁科さんの家を3億8000万円で買い取ってあげているんです。大金を手にした仁科さんにとって、事業なんかどうでもよくなったんでしょうか」


 融資された金はどうしたのか。そこで、「リボーン」に聞いてみると、


「あくまでも会社に対しての事業融資なので、詳細は控えさせていただきます」

 あんなに手伝ってあげたのに、とA氏は憤慨するのである。

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号 掲載

㊟筆者が大嫌いな芸能界の女は4人いる。ここ数年ドラマにお呼びが無い三田佳子と秋野揚子、そして女優もどきの芦川よしみと仁科亜希子だ。。。

秋野が大嫌いなのは性格が本当に悪いこと(説明すると長くなるので割愛)。芦川よしみは淫乱緞子でイケメンと見れば見境なしに発情し説きに出る。仁科亜希子など松方弘樹の元妻だというだけで芸能の仕事などまったくない。

この三人に共通するのは売れてもいないのにさも『私は女優よ!』顔をする。どこが女優だよ!と言いたくなるツラをする。そう、枕を以て仕事取っていた三田佳子も大嫌い。早く死ね!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

芋の子タレント反乱!?お前たち顔が痒いんだ!!。


芋の子タレント反乱!?お前たち顔が痒いんだ!!。

元アイドルが事務所提訴、賃金払わず移籍も許さずか
日刊スポーツ

 インターネットのライブ配信で人気を集めたアイドルグループの元メンバーの女性4人が14日、所属する芸能事務所「デートピア」(東京)が賃金を一切払わず、別の事務所への移籍も認めないのは不当だとして、契約の解除と計約410万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。代理人弁護士が記者会見して明らかにした。

 関係者によると、グループは「虹色fanふぁーれ」。訴えによると4人は10~20代で2015年にデビューした。コンサートに月平均8回ほど出演し、CDも出している。

 月額の賃金は3万8000円の契約だったが、事務所は「ボーカルレッスン費用」などとして全額を天引き。事務所を辞めたいと伝えても、マネジャーが契約内容を理由に「契約から7年は辞められず、解除しても2年間は芸能活動ができない」と主張したという。

 代理人弁護士によると、4人は今年9月、グループを卒業。移籍して芸能活動の継続を望んでいる。都内で記者会見した原告の10代の女性は「ステージに立ちたい気持ちで活動している。辞めてからも自由が拘束されるのは残念だ」と話した。(共同)

㊟厳し過ぎるとお叱りを承知で。この数年のテレビバラエティには見たこともない芋の子男女、特に女芋の子がやたら多い。出ては消え消えては出る。まるで泥沼の泡(あぶく)。

 事務所の待遇に文句を付ける前に100均鏡で自分を見ないと。芋の子は洗って、皮をむくまで実感が掛かるし、手が痒くなるんだぞ。痒みを洗い落とすのも大変なんだ。このバカども。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (214)
ニュースの深層 (10389)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR