FC2ブログ

2017-11

反トランプ新聞まで蛆キムチ大統領を糾弾!!


反トランプ新聞まで蛆キムチ大統領を糾弾!!

米WSJ紙、文大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」 韓国メディアは狂乱状態
夕刊フジより

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、米有力紙の「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」が激烈な批判を見舞った。北朝鮮に融和的かつ、中国に擦り寄る文氏の行動について、

「文氏が信頼できる友人だとは思えない」
などと社説で指摘したのだ。同紙の記事を、韓国メディアは相次いで取り上げ、狂乱状態となっている。

 ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(7~8日)について、韓国紙は社説で好意的な評価を示していた。

 《トランプ大統領初来韓、韓米同盟の新たな契機に》(朝鮮日報)
 《深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」》(中央日報)
 だが、トランプ氏の訪韓成功との見方は、韓国側の一方的な思い込みに過ぎなかったようだ。米保守層に支持されるWSJは7日付の社説でこんな見出しを掲げた。

 《South Korea’s Bow to Beijing(韓国、中国にひざまずく)》

 米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」をめぐり、中国から“報復”を受けていた韓国は最近、中国と、(1)米国のミサイル防衛システムに加入しない(2)日米韓の安全保障の協力は3カ国軍事同盟に発展しない(3)THAADを韓国に追加配備しない-ことで合意したとされる。

 WSJは、こうした文氏の「媚中外交」と、北朝鮮に融和的な「従北」姿勢を徹底批判した。文氏の掲げる「バランス外交」を

「中国の圧力に直面し、自国や同盟国の安全保障に関して譲歩もいとわない姿勢は、バランス外交とは程遠いものだ」とし、

「文氏が取った一連の行動は、(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)氏を包囲するための同盟関係を損なうものとなった」と指摘した。

 韓国紙は、米国側の真意を知り驚いたのか、相次いでWSJの記事を取り上げた。

 中央日報は「トランプ大統領が訪韓した際には『偉大な協力』『非常に大きな進展』などの発言が出てきたが、最近の(文氏や文政権の)行動を見ると望ましくないということだ」と分析。朝鮮日報は同紙に寄せられたネットユーザーの賛否両論を掲載した。

㊟蛆キムチ人の性悪さをワシントンポスト紙も見抜いたようです。良かった、良かった。
スポンサーサイト



テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

菅天皇公認!?自民党の生殖器・三原不純子、目が覚めたら発情!!


菅天皇公認!?自民党の生殖器・三原不純子、目が覚めたら発情!!
当選させた神奈川県民の民度を疑う。。。

「三原じゅん子」おいしい議員生活 公私混同の“夫婦旅行”に法令違反の“お茶碗贈呈”
週刊新潮

 衆院選で圧勝した自民党。その“顔”として応援に走り回ったのが、三原じゅん子・参議院議員(53)である。が、その彼女、裏では24歳年下・若夫との「新婚生活」に首ったけ。公私混同の「夫婦旅行」に、法令違反の「お茶碗贈呈」……。党内からも呆れる声しきりなのである。
 ***
 横浜南部の高台にある住宅街。その中腹にある真新しい白壁の戸建て住宅――。

 10月27日午後、ここに参議院の公用車が到着。玄関からは三原議員、続けて夫の中根雄也氏(29)がスーツケースを抱えて出てきた。三原氏は現在、参院の「消費者問題に関する特別委員会」委員長。委員長車が手軽に使えるご身分だ。2人は何が嬉しいのか、とりわけ中根氏は破顔一笑、という感じで車に乗り込む。

 分譲業者のHPによればこの戸建ては55坪で、販売価格は8500万円。三原議員は8月にここを購入し、新たな住まいとしている。

 先の総選挙で、自民党の政見放送を見た方ならご記憶だろうが、三原議員は比例区の番組で、安倍総裁への質問役を務めた。すなわち、自民党は三原氏を“党の顔”として認知していることがはっきりとわかる。

 一方で、三原氏は、昨秋、自身3度目の結婚を果たし、そしてこの度の新居購入。公私に亘っての充実で、幸せの絶頂といったところか。

 ただし、党内で渦巻く“悪評”に気が付いていなければ……の話だが。

「三原さんは、菅官房長官と親しい。だから、表立っては言えないのですが」
 と、さる自民党関係者。

「この若いご主人が党内では“問題”になっているのです。実は三原さんは結婚前は彼を公設、結婚後も私設秘書にしていて、自分の立ち回り先にいつも同行させているのです。夫婦仲が良いのは結構ですが……」

 何か問題なのか。
「そうした出張は、政治資金や党のカネ、あるいは、税金から賄われるケースもある。すると、こうした疑念が湧いてくるのです。三原さんは、秘書として夫を同行させることで、出張を『夫婦旅行』と“抱き合わせ”にしているのではないか、と。そうすれば、少なくとも自腹ではなくて済む。何しろ彼女には“過去”がありますからね」(同)

 その過去については後述するとして、先の総選挙を例にとってみよう。三原議員は、北陸、関西、中国地方を応援に回っている。が、

「これに中根さんを同行したんです。選挙応援の場合、閣僚や党五役、またタレント議員については、本人に加えて秘書の交通費も党が持つ。中根さんについても、新幹線ならグリーン車、飛行機ならプレミアシートが用意されました。でも、実際、三原さんは夕方で応援を切り上げ、あとは各地の飲み屋などで、夫婦で一杯やっていることも多かったそうです」(同)

 そもそも、出張先では先方のスタッフがアテンドするから、毎回秘書が同行する必要は必ずしもない。が、三原氏はいつも秘書を同伴、しかも公設ではなく中根氏だとか。

 彼のFacebookを見ても、
〈与那国島へ! 空が綺麗(^^)夜光貝を食しました!〉(7月22日)〈今日は新潟へ。このビール美味しいです!〉(7月24日)
 これでは「夫婦旅行」と言われても仕方ないだろう。

新婚ボケも好い加減…

 そもそも、この中根氏、三原議員の後援者の間でも評判は芳しくない。

「彼の肩書は、三原さんの『横浜事務所』の所長となっているんですが」

 と言うのは、さる神奈川県連関係者である。
「実際、事務所は機能していない。電話をしてもほとんど出たためしがなく、ファックスをしても梨の礫。そもそも看板もなく、ポストにビラが溢れかえっていることも。そんな状態だから、地元活動も満足にできていません」

 三原氏は、昨年の選挙で全国比例から神奈川選挙区へ鞍替えしたばかり。地元の涵養が一番大切な時期にもかかわらず、だ。

「その一方で、彼はFacebookに、三原さんと新居でイチャイチャしている写真などをアップしている。新婚ボケも好い加減にしろよ、と思います」(同)

 実際、冒頭に記した10月27日も三原議員夫婦は自宅から羽田空港に向かい、北海道に飛んだ。29日に札幌で講演をこなしたものの、ウラを返せば、27日、28日はフリー。地元を置いて、わざわざ仕事の2日前に北海道入り。紅葉と秋の味覚を楽しんだということか。

 別の党関係者が言う。

「この夫に対し、私設秘書としての給与は三原さんが代表の党支部から支払われているとか。支部の収入には政党助成金が混じっていますから、言わば、税金で夫を食わせていることにもなる」

 思い返せば、三原氏には、これと似たような“過去”がある。彼女が中根氏の前に長らく交際していたのは、バックバンドのミュージシャンの男性である。2010年、参院選に当選すると、三原議員はこの男性を公設、後に私設秘書とし、内縁関係を続けながら“食わせて”あげていた。
当時、この“手法”はメディアでさんざん批判された。にもかかわらずまた似たことをしているのだから、もはや税金で夫を養う「確信犯」と言えるのである。

「三原さんは議員になってもう7年も経つのに、こうした基本的なモラル感覚さえ身についていないのです」(同)
 と言うけれど、今回の新居購入に当たっては、まさにそれを証明するような“行動”が見られていた。

「三原さんは、引っ越しの挨拶として、ご近所に3000円ほどする高級茶碗を配ったそうです」(同)

 実際、隣人に聞いても、
「確かにご夫妻で見えられましたよ。ええ、夫婦茶碗をもらいました」

 と、それは確認できるが、公選法の199条の2には「当該選挙区内にある者に対し、いかなる名義をもつてするを問わず、寄附をしてはならない」とあり、法令違反の疑いが濃い。

「政治家ならそれはもちろん知っていて、引っ越しの挨拶だろうが何だろうが、選挙区内でモノを配ろうとはしないはず。この点、本当に甘いですよね」(前出・別の党関係者)

 デタラメな様子が見て取れるのだ。
 さて、当の三原議員はどう答えるのか。夫と秘書との「公私混同」については、〈秘書としての職務を遂行していますので、それにはあたりません〉。「茶碗配布」についても、〈夫が購入したものであり、引っ越しのご挨拶に伺った際に持参したものですので、違反にはあたりません〉と言う。

 しかし、都合が悪くなると、夫と自分を切り離すのは“ご都合主義”極まりないし、公選法ではどんな理由であろうと寄附が禁止されているのは条文を読めばわかること。愚にもつかない言い訳が通用すると思っているあたり、やっぱり心は、タレントのままである。

「三原さん自身も、歳費と期末手当、文書通信交通滞在費を合わせれば、年間3500万円近い収入がある。これに夫をぶら下げるとは、“おいしい生活”そのものです」(前出・別の党関係者)
 この方が“党の顔”というのだから、自民党には、よっぽど人材がいないのか。

㊟オイ、菅天皇、あ、天皇をオイ呼ばわりは不敬か?ま、筆者は嵯峨天皇の末裔だから偽天皇、自称天皇など虫けらでしかない。

この永田町の生殖器と軽蔑されている女はなぜ党の顔にしているんだ?神奈川県民にも随分忠告したはず。こんな男とっかえひっかえし、その男を税金でメシを食わせているんだ、当選などさせるな、と。神奈川県民も三原不純子や進次郎を当選させるんじゃ民度が低いね。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

湿気たのりピーナッツ、未だ人気ある?

湿気たのりピーナッツ、未だ人気ある?

酒井法子のインターナショナルなドサ回り 海外では「怪物級美魔女」の人気
デイリー新潮

覚醒剤の事件を起こしてから8年――。日本の芸能界ではすっかりイロモノ扱いとなってしまった“のりピー”こと酒井法子(46)だが、なぜか海外では大人気だという。
 ***
 毎年11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に今年ものりピーは登場する。初参加となった昨年は、事前告知がなかったにもかかわらず、彼女が登場すると「のりピーがいる!」と100人近い人だかりができたという。

 今年ものりピー目当てにファンが集まること間違いなしなのだが、マカオに限らずアジア圏での人気は根強く、昨年3月と今年1月には韓国のカジノでもディナーショーを開いている。さらには来年1月に香港でコンサートを開催予定で、チケットは3日で完売したとか。

 のりピーのアジアでの人気を支えるメインの客は中国人だというが、
「酒井さんは1990年代前半に中華圏に進出しています。当時は、わざわざアジア諸国に出てゆく一流芸能人は珍しかった。それもあって、彼女が出したCDもドラマも現地では大人気でした」(ノンフィクション・ライターの安田峰俊氏)

 その人気は46歳にしてなお「怪物級美魔女」と呼ばれているほどなのだ。
 ***
 11月9日発売の「週刊新潮」では、のりピーのアジア人気の程を詳しく報じる。

㊟のりピーも48歳だ。パコリーヌ志桜里と同世代。昔、こんな言葉があったな。「女は四十し盛り」。のりピーに男が居ないなんておかしいぞ。シャブ抜きで逃亡したほどなかなかのタマだ。下品で汚いゴキブリ金持ちを咥え込んでしまうかも。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

命は短いぞ!?


命は短いぞ!いま最も旬な男・竹内涼真の驚くべき“ババ殺し”テクニックとは
サイゾー

いま最も旬な俳優といえば、竹内涼真だろう。「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2017年のヒット人」にも選出。朝ドラ『ひよっこ』(NHK)で製薬会社の御曹司・島谷純一郎を演じて大ブレークを果たし、現在はTBS系『陸王』で期待の新人ランナー役を演じている。CMにも引っ張りだこで「薬用ビューネ」や「ソフトバンク」など、有名企業からオファーが次々と舞い込んでいる。

 プライベートでは、アイドルグループ「恥じらいレスキューJPN」の里々佳との熱愛が先月5日発売の「女性セブン」(小学館)で報じられたが、彼の人気はいささかも衰えていない。

 スポーツ紙記者は、その理由について

「竹内のファンは30代より上の世代に多い。この層は『そりゃあ、あれだけイケメンなら、恋愛の1つや2つはあるよね』と潔い。丁寧なファンサービスも好感を得ている。しばらくは、彼の時代が続くでしょう」と語る。

 所属事務所のホリプロも、今が売り時とばかりに、仕事を入れまくっている。それでも本人が不満を言うことはないというから、相当の覚悟だ。竹内を取材したことのある女性ライターは、彼の魅力について次のように語る。

「とにかく感じがいいですね。受け答えも事務所が用意した“お手本回答”ばかりではなく、きちんと自分の言葉で返ってくる。例の熱愛報道を意識したイジワルな質問にも、嫌な顔せず応じてくれました」

 驚いたのは、取材後の“おもてなし”だったという。

「彼が『せっかくこういう場を設けていただいたので……』と、書籍にサインをして渡してくれたんです。それも現場スタッフ全員に。後日、お礼の手紙が来た編集者もいるそうです。『ババ殺し』と言われるゆえんが、わかる気がしました」(同)

 少し売れ始めると天狗になる俳優が多いなか、竹内はそのままでいてほしいものだ。

㊟性格は良さそう。だが、売れても5年くらいだろう。彼よりイケメンが後を追ってる。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

こいつはハエか虎か?醜(習)の身内も不正蓄財!!



こいつはハエか虎か?醜(習)の身内も不正蓄財!!

習近平国家主席のめい、巨額不動産所有か 推定44億円超と香港紙
産経新聞

 香港紙、蘋果日報(電子版)は7日、中国の習近平国家主席のめいが香港に高級マンションなど七つの不動産物件を所有し、推定資産総額は3億香港ドル(約44億円)以上に上ると伝えた。独自調査の結果としている。

 報道によると、めいは習氏の姉、斉橋橋氏の娘の張燕南氏。斉氏らは1990年代に香港の不動産を相次いで購入、家族の香港での総資産は少なくとも4億3千万香港ドルに上るという。
 蘋果日報は米メディアなどが2012年以降、斉氏の家族や中国共産党幹部の親族の巨額蓄財について報道したことを受け、斉氏が一部物件を売却したとも伝えた。

 また、中国の最高指導部を構成する新しい党政治局常務委員(7人)のうち、一部の家族は香港で計数十億香港ドルの資産を有している可能性があるとも報道。汪洋副首相の娘も一時、香港の不動産を所有していたと報じた。(共同)

㊟ゴキブリ醜の一族と子分ゴキブリどもは無茶苦茶な金稼ぎをしているようだ。これが世界の大国なんだそうだ。

 オイ、醜キンピラ、金は地獄に持って行けんぞ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

やはり北xデーは近いぞ。あなたもあなたも十分気を付けて!!

やはり北xデーは近いぞ。あなたもあなたも十分気を付けて!!

日米ゴルフ会談で北Xデー秘密協議 巨大密室で突っ込んだ「ポスト正恩」具体案
夕刊フジ

 安倍晋三首相は6日午後、来日中のドナルド・トランプ米大統領と、東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を行った。日米同盟の絆を再確認したうえで、国際社会の警告を無視して「核・ミサイル開発」を強行する、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮への圧力強化策などを話し合った。

「巨大な密室」といわれるゴルフ場での首脳外交の意義と、レックス・ティラーソン米国務長官の退任説とは。トランプ氏が今回断行したアジア歴訪の“真の焦点”は「半島有事の対応」と「ポスト金正恩」とされる。実は、表に出ない非公式協議こそ極めて重要なのだ。 

 「ゴルフ場では、ゴルフのプレー中ならではの会話も弾んだ。さまざまな話題について、お互いにリラックスして本音の話ができるということもあるが、いろんな難しい話題も時々織り交ぜながら、ゆっくりと突っ込んだ話ができた」

 安倍首相は5日午後、名門の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)で、トランプ氏とプレーした後、記者団にこう語った。ラウンドには、プロゴルファーの松山英樹選手も同行した。

 トランプ氏は6日、天皇皇后両陛下に拝謁したほか、安倍首相と首脳会談を行い、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会した。

今回のアジア歴訪(5~14日)について、ハーバート・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は、

(1)北朝鮮の「核・ミサイル」完全放棄で国際的合意を強める
(2)公正で互恵的な貿易
(3)自由で開かれたインド太平洋地域の発展-を目標に掲げた。
 中でも、北朝鮮問題が最重要なのは間違いない。
P
 トランプ氏は日本到着直後、米軍横田基地(東京都)で行った演説でも、緊迫する北朝鮮情勢を踏まえ、以下のように語った。

 「いかなる独裁者や体制、国家も米国の決意を侮るべきではない」「われわれの自由を守るに際し、決して譲歩せず、動揺せず、ためらわない」

 9月の国連総会でトランプ氏は「自国や同盟国を守るためには、北朝鮮を(軍事力で)完全に破壊する以外、選択肢はなくなる」と語ったが、それに匹敵する警告といえる。

 米国と北朝鮮は今夏以降、複数のルートで水面下接触を続けてきたとされる。だが、北朝鮮はこれまでも国際社会に「核廃棄」を約束しながら、極秘で「核・ミサイル」開発を進めてきた前科がある。信頼関係は、ほぼ構築できていない。

 それどころか、水面下接触中にも、北朝鮮は弾道ミサイルを何度も発射し、9月には、米国がレッドラインとしていた「6度目の核実験」を強行した。来年には、米本土や首都ワシントンを攻撃可能なICBM(大陸間弾道ミサイル)を手にする可能性が高い。

正恩氏は、自国民を餓死させるだけでなく、兄の金正男(キム・ジョンナム)氏や、叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を、暗殺・処刑した人物である。世界各国を「核・ミサイル」で恫喝(どうかつ)しながら、米国さえも止められない「狂気の独裁国家」が誕生しかねないのだ。

 米国としても、後ろ盾だった中国としても、これ以上、放置できない段階に突入しつつある。

 トランプ氏は10月上旬、北朝鮮との「対話路線」にこだわるティラーソン国務長官に対し、「チビのロケットマン(=正恩氏)と交渉をしようとして、時間を無駄にしていると伝えた」とツイッターに投稿した。

日米の情報当局関係者の間では、

「トランプ氏のアジア歴訪が終われば、米朝衝突がいつ起きてもおかしくない。東アジアは、朝鮮戦争休戦(1953年7月)以来の『異次元の危機』に突入する可能性が高い」
とみられている。

 それを察知した安倍首相は、日本のかじ取りを引き続き担うため、国民の信を問う衆院選(10月22日投開票)を、あのタイミングで断行した。

 今回の、トランプ氏のアジア歴訪について、官邸に近い関係者は「真の焦点は『半島有事の対応』と『ポスト金正恩』だろう。中でも、訪日と訪中の意義が極めて大きい」といい、続けた。

 「大まかな有事の対応は、関係国の事務方が水面下で進める。だが、肝心の部分、例えば、『残された平和的解決の可能性』や『拉致被害者の救出』『難民に偽装した朝鮮人民軍の日本上陸』、朝鮮半島有事の中国参戦を定めた『中朝友好互助条約の無効』などは、首脳間の極秘交渉でなければ話せない。

トランプ氏と中国の習近平国家主席は、半島有事を米中戦争にさせない最終確認と、具体的な『ポスト金正恩』を話し合うだろう」

 こうした協議を、安倍首相とトランプ氏はいつするのか。

 実は、冒頭の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」でのゴルフが注目される。両首脳にとって「巨大な密室」と言われるゴルフコースは、周囲の雑音を排して、本音で語り合える場所なのだ。

 今年2月、トランプ氏の別荘があるフロリダ州パームビーチで、両首脳はゴルフ外交で親交を深めた。2つのゴルフ場で約5時間、計27ラウンドした。日本の左派メディアは「対米従属」「能天気」「見返りを求められる」などと批判的に報じたが、一面的でしかない。

 「ゴルフ場の移動や、通訳だけを乗せたカートで、安倍首相とトランプ氏は、公式の首脳会談ではできない、外交・安全保障について、相当突っ込んだ話をした。今回、ゴルフ外交がセットされたことには意味がある。北朝鮮問題で、トランプ氏とティラーソン氏に距離があることも一因ではないか」(官邸周辺)
 正恩氏には「核・ミサイル」の完全放棄しか残された道はない。そのタイムリミットが迫っていることを悟るべきだ。

㊟どの国のトップも自国民の支持率が下がれば外交で得点を稼ごうとする。我が国以外の国々ではそれが他国との戦争であろうと手段を選ぶまい。
トランプ大統領は支持率は33%しかない。ロシア疑惑でますます窮地に立たされる。となれば世界に脅威を与えている北朝鮮破壊に動くだろう。米国民と米国土を防衛することを大義名分にして。
 議会が共和党が反対しようと米軍最高司令官は大統領で、軍を動かす権限は議会にはないのだから。

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

忖度で国有地貰った朝日新聞、何故かこういう記事だけ有料にしない!!

忖度で国有地貰った朝日新聞、何故かこういう記事だけ有料にしない!!

翁長知事反発「全力で戦う」 辺野古護岸、新たな着工
朝日新聞


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、政府は6日、埋め立て予定海域の南側2カ所で新たな護岸工事を始めた。来秋の知事選前の土砂投入をめざして工事を進める。
翁長雄志(おながたけし)知事は「政府はなりふり構わず工事の既成事実を作ろうと躍起になっている」と猛反発している。


 着工したのは、米軍キャンプ・シュワブの南岸にある「K1」(完成後の長さ約210メートル)、「N5」(同約270メートル)。9月下旬の工事開始を見込んでいたが、相次ぐ台風接近などで時期がずれ込んでいた。


 両護岸の間の海域で7月に希少なサンゴが見つかり、沖縄防衛局は移植するための許可申請を出し、県が審査している。しかし政府は、このまま工事を進めてもサンゴに影響はないと判断し、県の審査結果を待たずに着工に踏み切った。


 菅義偉官房長官は6日の会見で「自然環境や住生活環境に十分に配慮して、普天間飛行場の一日も早い返還を実現する」と述べた。


 一方、翁長知事は「工事を強行し、はなはだ遺憾。あらゆる手法を適切な時期に行使し、これからも全力で戦う」とのコメントを発表した。


 キャンプ・シュワブの北側では4月から「K9」護岸の工事が始まり、長さは100メートルほどになった。政府はこの護岸を桟橋としても利用し、海上からも建設資材の搬入を進める方針。


 辺野古問題をめぐっては、県が政府を相手取って工事の差し止めを求める訴訟を起こしており、今月14日には第2回口頭弁論が予定されている。(山下龍一)


㊟朝日新聞って好きな記者いるけど、何故か、反日日本人や反日害人どものデモや集会記事を有料記事にしないんだね。あ、有料にすると読んでくれないからか。。。

 日本が大嫌いでも築地の本社敷地は国有地を森友学園並みの忖度価格で払い下げてもらったんだよね。地下に日本軍陸軍の埋めた金銀財宝が無かった?おかしいぞ。埋めたという噂もあるぞ。

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (214)
ニュースの深層 (10389)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR