FC2ブログ

2017-08

この男、よく問題起こすなあ?

この男、よく問題起こすなあ?
金銭トラブル報道の池谷幸雄 問題の「4500万円」の使い道
日刊ゲンダイ
 カンファ水という殺菌消毒水の販売代理店として4500万円もの融資を受けながら、事業も進めず返金にも応じず。先日、出資者である会社役員が週刊新潮誌上でタレント池谷幸雄(46)の行状を暴露して話題だ。


 池谷は返金に応じないばかりか、ハナからだますつもりだったとする詐欺罪の可能性も囁かれているが、融資された4500万円の「使い道」について、池谷をよく知る芸能事務所関係者が

「お金が振り込まれるとすぐに自らの借金の返済と、とあるマンションの契約金に使ってしまったんです」と、こう続ける。


「そのマンションとは六本木交差点付近にある超高級賃貸タワーマンション。芸能人がたくさん住んでいて、過去にはザッケローニ元サッカー日本代表監督も住んでました。実は池谷はマンションが完成した際の入居審査に落ちてしまい、悔しく恥ずかしい思いをしたため別のマンションに住みながらチャンスを狙っていたそうなんです」


 すでにマンションは完成から数年が経過。今回、どうにか審査に通った池谷は、マンションの敷金・礼金・仲介料などの契約費用と引っ越し費用で数百万円をこの融資金で賄ったという。タワーマンションの絶景もいつまで眺めていられることやら。

㊟この男、どこかのオリンピックでメダルを獲ったときから、顔と話し方を見て大嫌いになった。現在も嫌いなまま。そのうち刑務所入りするかも。
 
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

いい女優だけに。。。

いい女優だけに。。。
小池栄子、稼げども稼げども“邪魔”する夫 前所属事務所と金銭トラブル、広告代理店関係者が警鐘
夕刊フジ

 かつては“巨乳グラドル”でならし、最近は演技派として活躍する女優、小池栄子(36)が金銭トラブルに見舞われている。ドラマ、映画、CMと休む間もなく働いて稼いでいるが、どうやら夫に問題あり…といったようなのだ。

 小池の金銭トラブルは今月発売された「週刊新潮」が報じた。それによると、小池は、夫の坂田亘(44)とともに、古巣の芸能事務所「ドリームキャブ」から、所属していた期間の未払い精算金約1200万円の支払いを請求されたというのだ。

 小池は現在、坂田が社長を務める個人事務所に所属しているが、その前にいたのが「ドリームキャブ」。未払金は、同事務所が取ってきた仕事についてのギャラの3割にあたる額だという。

 「もともとは支払うということで、小池も円満に事務所を移籍したはずだったが、坂田が納得ができないと支払いを拒絶してしまったそうです」と芸能プロダクション関係者。

 小池といえば、グラドルやバラエティータレントとして活躍しながら、女優として開眼。クールな美女から猟奇的な役までこなし、最近では日本テレビ系「母になる」などで主役よりも注目される演技力をみせる。

 さらに、バラエティーでもみせる裏表のない性格から業界内でも支持者が多く、CMも「ENEOSでんき」などに出演する売れっ子だ。しかし、広告代理店関係者が警鐘を鳴らす。
「小池クラスだと出演料も1本2000万円ほど。しかし、金銭トラブルは長引くほど、タレントイメージに大きなマイナスになる可能性が大きい。これはクライアントが一番嫌うところ。今後のCM契約にも大きく影を落とすことになりかねない」

 本来ならこの窮地を夫婦で乗り越えるところなのだろうが、坂田の評判がどうもよろしくない。

 「坂田はこれまでに飲食店などを経営してはダメにしてきた。借金で裁判沙汰になったこともあった。小池はそうした夫を支えてきたが、これからも坂田が口をはさんでくるのであれば、小池の仕事にも影響してくるでしょう」と前出の芸能プロダクション関係者。

㊟いい女優だけに心配だ。誰かが仲に入ろうにも夫婦の仲を裂くことになるなら躊躇するだろう。
 なんとか早く解決して大活躍してほしい。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

このゴキ人どもの在留資格と収入を調べ摘発しろ!!


このゴキ人どもの在留資格と収入を調べ摘発しろ!!

中国人“ヤミ畑”が首都圏侵食 「昔から楽しんできた」罪の意識なし、農耕具置き場では不審火まで
夕刊フジ



 埼玉県熊谷市の県営団地近くで今年6月以降、不審火が相次いでいる。

近隣住民によると、標的となった物置は、団地に住む中国人が設置したものだといい、周辺では彼らの手によって立派な野菜畑が作られているが、実はこの土地、熊谷市の市有地なのだ。

勝手に耕された「ヤミ畑」と不審火との関連を指摘する声もある。そして同様のトラブルが生じている土地は熊谷だけではないという。

 火災は6月9、10日、7月29日、8月6、9日、熊谷市久保島の県営団地近くを流れる用水路沿いに設置された物置で発生した。火元はいずれも半径100メートル以内に集中しており、県警熊谷署は同一犯による連続放火の疑いがあるとみて捜査を進めている。

 17日には近くの運送会社跡地でも不審火があり、軽量鉄骨2階建て建物の一部が燃えた。

 団地に住む女性は9日の火事について「ちょうど夜の8時頃でお風呂の用意をしているときに、家のある方向に火の粉が飛んできたんです。熱くてすごく怖かった」と生々しく振り返る。

 近隣住民によると、物置は、用水路沿いの土地を勝手に利用した「ヤミ畑」を耕すための農耕具置き場だった。主に団地に住む中国人が利用していたという。ヤミ畑にはナス、キュウリ、ネギなどがたくましく生育している。

 また、放火を免れた物置にはテーブルや椅子が置かれており、交流の場としての性格もあったようだ。住民の1人は「仲間とお茶を飲むときにも使われていて、よく中国語のような言葉で大声で話しているのをみかけました」と証言する。

 焼け跡に立っていた中国人男性(70)は、「物置はガソリンをかけられて燃やされてしまった」と話した上で、こう続けた。

 「みんなで昔から野菜を作って楽しんできた。市の土地だというのは知っていたけど、これまで何も言われたことないよ。それに何もしなかったら(市有地は)草がボーボーになっちゃう」。罪の意識はまったくないようだ。

 団地に長年住むという年配の女性によると、「昔は日本人も勝手に市有地を使っていたんだけど、みんな年を取ったりして、ここ7~8年は中国の人ばかりですね。物置もたしかその頃できたんじゃなかったかしら」と話す。

 団地には韓国人やペルー人も住むというが、最も多いのが中国人だといい、「うちの上下8部屋のうち、4部屋が中国の人」と話す住人もいた。
 埼玉県によると、この県営団地での外国人居住者数は「5年前に比べると減少している」が、同県内の県営団地全体では増加しているという。

 県営団地に入居する場合、県民税などを滞納していないことや、外国人登録し在留資格を得るなどの条件がある。

 河川敷の不法行為については埼玉県議会でも取り上げられている。今年2月の県議会で行政の対応についてただした鈴木正人県議(無所属県民会議)は

「公共の土地が勝手に畑などにされる例は千葉市の花見川などでも起きている。この際も、中国人が耕作した土地が含まれていたと聞く。行政は一定のルールを定め、強制的に原状回復させるようにすべきだ」と話す。

 千葉県千葉市を流れる印旛放水路(通称・花見川)では長年、河川敷が不法に占有されており、県は今年2月、「ヤミ畑」のほか、小屋、釣桟橋などに対し、河川法に基づく簡易代執行(工作物撤去作業など)を公告。翌月、撤去が行われた。

 東京都と神奈川県の間を流れる多摩川の河川敷でも同様の「ヤミ畑」が数多く存在しているという。

 公共の土地をめぐるトラブルについて、元警視庁通訳捜査官で外国人犯罪対策講師の坂東忠信氏は、2011年の東日本大震災発生当時の出来事が思い出されると話す。

 「当時、中国から新潟に救出のためのチャーター機がやってくることが口コミで広まり、多くの在日中国人が新潟に集まった。避難所として新潟市内の体育館が使用されたが、体育館は日本の持ち物であるにもかかわらず、中国の領事館の職員が『日本人は立ち入り禁止にする』と現地を訪れたジャーナリストに告げていた」

 埼玉県熊谷市の不審火の現場付近を通りかかった女性は、「住民のなかには、土地を無断で使う中国の人をよく思わない人もいる」と声を潜めた。

 だが、最も非難されるべきは放火という悪質な犯罪行為を働いた人物であることはいうまでもない。
 ■夕刊フジでは、「ヤミ畑」など不法占拠に関する取材を続けています。情報をお持ちの方は、tokou@fujinews.comまで。

㊟放火は大罪。同様に不法滞在も犯罪の温床となる可能性が高く大罪。これらの住民の在留資格の再調査と、入国経緯を調べ不法入国者を摘発すればゴキブリは逃げだす。
 また、彼らの収入源をも調べるべき。恐らく生活保護の不正受給と見るが。。。逃げ出すゴキに強力ゴキ殺しをふりまけ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

許さん!!共謀罪施行以降、横暴警察官急増!?

許さん!!共謀罪施行以降、横暴警察官急増!?

「公妨だ!」警官10人に取り囲まれ、執拗な所持品検査…エンジニア男性が国賠提訴
弁護士ドットコム8/21(月) 18:15配信

警視庁の警察官から、理由もなく所持品検査に応じるようもとめられるなど、違法な職務質問をうけて精神的苦痛を負ったとして、東京都内のIT企業につとめるエンジニア、江添亮さん(30)が8月21日、都を相手取り慰謝料など計165万円をもとめる国家賠償請求訴訟を起こした。

提訴後に記者会見を開いた江添さんは「こわかった」と当時を振り返った。


●警察官10人に取り囲まれて、駐車場の奥に移動させられた


訴状などによると、江添さんは7月3日、東京都中央区にある会社に出勤途中、自動販売機で飲みものを買っていた。そこに制服姿の警察官3人があらわれて、「荷物の中を確認させていただきたい」と、江添さんが背負っていたリュックの中身を見せるようもとめてきた。


江添さんは所持品検査に応じる義務はないと考えて拒否したが、警察官は「危険なものが入っているのではないか」と所持品検査に応じるよう、執拗に食い下がった。

江添さんは勤務先に向かうためにその場を離れようとしたが、警察官は回り込むなどして進行を妨げてきたという。


うち1人は、江添さんが抵抗してもいないのに「公妨だ」と言ったり、拳銃に触れていないのに「あ、拳銃に触った」などとして、あたかも犯罪者であるかのようにあつかったそうだ。その後、パトカーが現場に到着するなどして、江添さんは最大10人近くの警察官に取り囲まれてしまった。


「会社に行かなければならないから通してほしい」。江添さんがこう主張したにもかかわらず、警察官は「リュックの中身を見せなければ通さない」と一点張り。

さらに、近くにあった人目につきにくい駐車場の奥に移動させられて、「君には受忍義務がある」「警察官職務執行法第2条にもとづいている」という説明を受けた。



●職務質問の理由は「あやしいと思ったから」


江添さんが職務質問の理由をたずねると、警察官から「あやしいと思ったから」「うつむいて下を向いて歩いていたから」「帽子を目深にかぶっていて顔が見えなかったから」などという返答があった。江添さんによると、帽子は日よけのためにかぶっていたという。


江添さんは「所持品検査に応じなければ、いつまでも解放してもらえない状態がつづく」と考え、リュックの上からなら触ってよいとした。警察官がリュックの上から触って、一つ一つ説明をもとめて、それについて答えたり、免許証を提示するなどのやりとりのあと、江添さんはようやく解放された。


声をかけられてから約1時間半以上が経っていた。リュックにはパソコン2台と付属品などが入っているだけだったという。


江添さんは

「公務執行妨害をでっち上げられれば、口裏合わせで犯罪者にされてしまうのではないかと恐怖を感じた」
と訴えている。

江添さんの代理人をつとめる清水勉弁護士は会見で

「今回の職務質問そのものが違法であり、職務質問に伴って許容される所持品検査も違法で許されない」

と述べた。


同案件を報じた朝日新聞記事

「本官が怪しいと思った」職質は適法?会社員が都を提訴
朝日新聞8/21(月) 21:48配信

 警視庁の警官に違法な職務質問を受けてプライバシーを侵害され、精神的苦痛を受けたとして、東京都内の会社員男性(30)が21日、都に対し、慰謝料など165万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。



 訴状によると、男性は7月3日午後2時ごろ、帽子をかぶって徒歩で通勤途中に東京都中央区の路上で警官に職務質問を受け、所持品検査を求められた。

理由を尋ねると「本官が怪しいと思った」と言われ、検査を拒んだところ、応援の警官を含む約10人に現場で1時間半以上囲まれたという。


 男性は最終的に検査に応じたが、訴状で「異常な挙動もなく、犯罪を疑う理由はなかった」とし、警官の行為は職務質問を定めた警察官職務執行法に違反すると主張。所持品検査についても「いきなり検査を求めるのは違法」としている。


 提訴後に会見した男性は

「職務質問の根拠を聞いても『判例とか法律はどうでもいい』と言われた」
と話した。警視庁訟務課は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。(後藤遼太)

㊟性質の悪い警官が増えているようだ。共謀罪が成立施行されて以降ますます増える可能性が。朝日新聞はもっと大きく扱うべきだろ?

 筆者も二度、深夜にやられたことが。

 職業と名を告げ、怒鳴りつけると、二度とも彼らは何も言わずに逃げた。クソ面白くない顔をして。

 だが、筆者のような立場の者はごく僅か。それにしてもだ。あまり横暴になると筆者が国会を動かさざるを得なくなる。気を付けよ、警察官。。怖い男がいるんだぞ。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

何十年も女性を“見たことがない”2000人の男たち

何十年も女性を“見たことがない”2000人の男たち
デイリー新潮

 こんな社会が、現代の地球上に残っているのか!? 「女人禁制」の「聖地」は世界に数あれど、これほど徹底した男社会は聞いたことがない。

ギリシャ正教の聖山アトス。ギリシャの東方、エーゲ海に臨む半島がまるごと、ギリシャ正教の聖地として、自治権が認められた独立宗教国となっている。

陸路は峻険な地形と「国境」の壁に遮断されて、船でしか「入国」ができない。「入国」できるのは、自治政府から許可を得た聖職者、巡礼と、ごく限られた人数の観光客のみ。もちろん、男だけである。

 先ごろ世界遺産に登録された沖ノ島をはじめ、日本にだって女人禁制の地はあるじゃないか、と思うところだが、アトスの女人禁制は規模が違う。

ここには20の大きな修道院があり、男ばかり約2000人の修道士が自給自足で修行に励んでいる。
修行中の身だから、女性に触れない、というのは当たり前だが、いったん修道士としてこの地に身を捧げたら、彼らのほとんどは死ぬまでこの地を出ることはない。

つまり、女性に会う機会がなくなる。大峰山や沖ノ島が女人禁制だとはいえ、神官や修験者は島や山を出れば、そこには女性が存在する。だがアトスの修道士たちは数十年、あるいは50年以上も女性を「見たことがない」という男たちが、2000人も暮らしているのだ。


 さらに徹底しているのは、自給自足生活で飼育している家畜も、すべて雄。
唯一猫だけは、鼠退治のために雌の存在が許されているが、それ以外の動物の「繁殖」はない。
修道士たちにとっては「生神女マリア(キリストの母)」だけが唯一の女性であるといい、1406年に始まった女人禁制は、世界遺産に登録された現在もなお、頑なに守られているのである。

 そんな神聖な場所だから、取材や撮影にも非常に厳しい制限が課せられているのだが、日本人として初めて公式に撮影・出版を許可されたのが写真家の中西裕人氏。

ギリシャ正教の司祭である父と共に、自身も洗礼を受けた上で、2014年から5度にわたり、取材撮影を続けてきた。あまりの取材制限の厳しさに「謎の宗教独立国」と呼ばれてきたアトスの全貌を紹介する本が、8月に初めて出版される(『孤高の祈り ギリシャ正教の聖山アトス』写真・文 中西裕人)。

 電気やガスも通わぬ住居で、男ばかり2000人が自給自足で生活している修道士たちの日常とは、どういうものなのか?

 厳しい戒律に縛られた苦行と禁欲の日々? 興味津々で乗り込んだ中西さんが見たアトスの現実は、予想とはかなり違っていたようだ。

生活環境が厳しくとも、祈りと修行に追われようとも、修道士たちはそれを“苦行”と受け止めず、神に感謝し、常に自分のことより他人のことを想いながら、喜びに満ちた日々を送っている。

カメラを提げて乗り込んだ“闖入者”さえも、あたたかく迎えてくれたのみならず、皆、積極的に取材に協力してくれる修道士たちに、感謝しつつも戸惑いを隠せない中西氏だったが、日々の祈りを共にし荘厳な大祭に参列するうちに、ギリシャ正教の本質に触れ、どんどん魅了されてゆく。

「ここは現実世界なのか、未来なのか、過去なのか、はたまた地球上ではなく宇宙なのか、楽園なのか……それは衝撃的な体験だった」

 と、中西氏が記す現実離れした宗教独立国の全貌――そこには原始キリスト教の流れが今なお色濃く残っていた。

㊟こんな国に行きたい?なんて思う人がいるかな。いや、2丁目族なら喜び勇んで。。。間違いなく同性愛の国です。日本の昔。比叡山も高野山も坊主の世界は色道(同性愛)天国だったんです。
 坊主の世界が堕落したのは妻帯を認めて以降です。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR