2017-03

政治家になるべきでなかった…朴氏、失職後も大統領府に 罷免に強い衝撃「言葉ない」

政治家になるべきでなかった…朴氏、失職後も大統領府に 罷免に強い衝撃「言葉ない」

朝日新聞

 韓国大統領で初めて弾劾(だんがい)訴追によって罷免(ひめん)された朴槿恵(パククネ)氏は、11日も夜まで沈黙を守り、ソウルの大統領府(青瓦台)にとどまった。


大統領府関係者は、罷免の衝撃が大きく、次の行動に移れないようだと明らかにした。意思疎通を欠く「不通(プルトン)」と呼ばれた政治スタイルで周囲の意見が耳に入らず、罷免を受け入れられない様子が浮かび上がった。


 関係者によれば、10日に憲法裁判所が罷免を宣告後、大統領府幹部らは朴氏と今後の対応を協議した。

朴氏は強い衝撃を受けた様子で「申し上げる言葉もない」と語っただけ。国民向けのコメントやソウル市南部の自宅に移ることに手をつけられなかったという。


 失職後も青瓦台にとどまり、コメントも出さない状態に批判の声が上がり、野党各党は11日、朴氏が早期に憲法裁の宣告に従う立場を表明するよう相次いで求めた。大統領府関係者は11日、「大統領府を去るにあたって直接メッセージを出すかどうか依然はっきりしない」と語った。

  朴氏は、支援者のチェ・スンシル被告は「長年の友人」だとして、チェ被告との共謀が立件された職権乱用や収賄などの容疑を全面的に否認。1月に受けた韓国人記者のインタビューでも「多くの誤解と虚構、ウソの山が積み重なっている」と語っていた。

 また、朴氏側は検察が求めた事情聴取には「公平性が疑われる」として応じなかった。韓国では検察総長の任命権者は大統領。与党内からも「あまりにも無責任な態度」という声が上がり、憲法裁も罷免理由の一つに挙げた。

 朴氏は父の朴正熙(パクチョンヒ)政権時代は青瓦台で生活。1974年に母が殺害された後にファーストレディー役を務めるなど国民的な人気があり、清廉さへの期待も背負って大統領になった。

 ただ、79年に朴正熙氏が暗殺された後、98年に国会議員になるまでソウル市内で一般社会から隔離された生活を送ったことが、特異な政治手法を生み出す背景になったとみられている。


 朴槿恵氏は大統領在任中、政府幹部たちから書類で報告を受け、電話で質問する執務スタイルをとった。

単独での面会や議論は好まず、異議を唱える関係者を次々に遠ざけた。日韓関係では「慰安婦合意なしに首脳会談は開かない」という方針にこだわり、外交省は従うだけだった。


 憲法裁は宣告で「憲法を守る意思が見えない」と述べ、朴氏をいわば断罪した。だが、無実を信じる朴氏に対し、周囲は最後まで意見できず、罷免の場合の準備ができなかったという。朴氏の性格や執務スタイルが、権力の座を去るときにも影響したようだ。(ソウル=牧野愛博)

㊟クネさんは側近の女から金を受け取ってもいないと思う。今では遅いが、クネ氏も政治家になるべきではなかったし、その器ではなかったのだ。政治とは何なのか知らないまま政治家になったようだ。だから身の処し方も無知。

 それなのに、悲劇のヒロインとして担ぎ上げた韓国民こそが悪い。これが利己主義一辺倒の蛆キムチ人。不幸はウジ国民が招いたのだ。反省する?しないのが蛆。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

ピコ太郎と武道館を凍りつかせた 爆問・太田光の“芸能界ドン”ネタ

ピコ太郎と武道館を凍りつかせた 爆問・太田光の“芸能界ドン”ネタ
日刊ゲンダイDIGITAL

「PPAP」が世界的にヒットしたピコ太郎が日本武道館で初の単独ライブを開催したのは6日のこと。スポーツ紙などによると、集まったファン7000人のうち子供は2~3割で、チケット代は大人も子供も同一料金で5940円。


「PPAP」は1分ほどしか長さがないが11バージョンを披露。くりぃむしちゅー、爆笑問題、五木ひろし、CMで共演する高須クリニックの高須克弥院長ら13組46人のゲストとコラボし、なんとか2時間超のステージを乗りきったのだが……。


「チケットの売れ行きを危惧し武道館では中規模クラスの7000席で座席数を抑えた。何種類も売られていたグッズの中で完売になったのはペンライトぐらい。『キッズエリア』が設けられていたが、時間が経過するにつれて飽き始める子供が続出。寝ている子供もいました」(レコード会社関係者)

■レコ大の裏金問題に言及

「PPAP」は関連動画も含めユーチューブの総再生回数は10億回を突破する人気ぶり。武道館ライブはユーチューブで世界同時中継されたものの、視聴者数は8000人台にとどまった。そんな会場を凍りつかせたのが爆笑問題・太田光の際どいジョークだったという。


「太田は昨年、ピコ太郎がレコード大賞に出演したことをネタにして『1億円払って出たのか?』と、レコ大の裏金問題をチクリ。ピコ太郎は『会社のお偉いさんがみんな来てるんです!』と苦悶の表情でした。すると、太田は『周防さん、ごめんなさい!』『消さないで!』とレコ大に絶大な影響力を持つ“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長の名前を出してネタにしてしまった。さすがに、ピコ太郎は本気で太田の後頭部を殴っていました」(同前)

 もちろん、翌日のワイドショーなどでこの部分はカット。さすが太田というべきか。

㊟バーニングプロの周防侑雄は勿論、エイベックスの松浦勝人もある事で寿命が見えているから、太田くん大丈夫。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

大拡散!!政権生みの親、田中真紀子殺しをした小泉元総理、、高齢になり顔が先祖(朝鮮)帰り!!孝太郎も進次郎もそう見え始めた!


大拡散!!政権生みの親、田中真紀子殺しをした小泉元総理、、高齢になり顔が先祖(朝鮮)帰り!!孝太郎も進次郎もそう見え始めた!

 筆者が小泉元首相の父(純也・防衛庁長官)が在日北朝鮮人で、鹿児島県加世田部落で“北は楽園!北へ帰ろう!」運動のリーダーだったことを知ったのは、小泉氏が慶応大学三年生の時、湘南海岸で同級生を強姦し、逮捕されたことで、国益を逸したと訴訟を起こされた(ネット検索でどうぞ)ことを報道で知り、

 続き、平野貞夫参議院議員がこの強姦事件を国会で追及した情報を新聞記者から教えられ、国会議事録を取り寄せ、鹿児島を含む各方面を取材し、間違いなく父親は朝鮮人であり、日本人に“背乗り”<戦後のどさくさ時代には韓国人、朝鮮人が日本人になりすますのが多かった。>したと結論したのだ。

<純也の義父になる又次郎防衛庁長官が、娘の結婚相手が純也と知って、激怒。絶対に許さないと。又次郎氏は純也が朝鮮人と知っていたため断固反対したのだ。これで二人は駆け落ちする>

 それ以前、小泉の顔は少しおかしいと思ったのは、郵政解散を宣言した記者会見のときの顔だった。
 日本人には見えず、韓国人、朝鮮人そのものの顔だったからだ。

そしてまとめたのが、
<『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)>
である。

前の金将軍は小泉父が朝鮮人で、楽園運動のリーダーであることを知っていたから、訪朝を受け入れ、拉致被害者を帰したのだ。

 三代目は兄を殺したが、元総理は政権生みの親、田中真紀子殺しをした。血を濃く引いているようだ。

 最近、CMで登場する長男の孝太郎も、進次郎もますます北朝鮮人の血を濃く引く父親そっくりの顔になりつつある。やはり血は争えないようだ。。二度と北朝鮮人を総理になどしてはならない。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

大拡散!!“人肉喰って”世界大国になった!!文革50年、語られぬ「人肉宴席」 中国


大拡散!!“人肉喰って”世界大国になった!!文革50年、語られぬ「人肉宴席」 中国
AFP国際2016年5月13日

5月13日 AFP】中国では文化大革命(Cultural Revolution)の狂乱のさなかに恐ろしい「人肉宴席」の犠牲となった人々がいた。

しかし、文革開始から50年を迎えた中国共産党は、当時の回想も、文革そのものや残虐行為についての歴史的評価も、包み隠そうと躍起になっている。

 文化大革命は、大躍進政策(Great Leap Forward)で失敗し政敵打倒をもくろむ毛沢東(Mao Zedong)の主導で1966年に始まった。

全土で暴力行為や破壊行為が10年続き、党主導の階級闘争は社会的混乱へと変貌していった。まだ10代の紅衛兵(Red Guards)たちは、「反革命的」だとして教師を撲殺。家族間で非難の応酬が起き、各地で激しい派閥争いも発生した。

 だが、かつて毛沢東について「70%は正しく、30%は誤り」と評価した中国共産党は、文革の下で起きた出来事や責任の所在をめぐって本格的に議論することを認めてはいない。

 文革時代の最も行き過ぎた行為の一つに、中国南部・広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)の武宣(Wuxuan)県で起きた、粛清の犠牲者の心臓や肝臓、性器が食べられた事件がある。

 共産党が文革を宣言した1966年5月16日の「五一六通知」から50年が経過した現在、武宣県にはフローズンヨーグルトを売る店が立ち並び、こけむした石灰岩の下を流れる川で男性たちが釣りを楽しんでいる。木々の枝には共産党の人民への貢献をたたえる赤い旗が掲げられている。

 地元住民の中には、飢えではなく政治的憎悪によって武宣県の路上を血に染めた数十件に上る食人行為について、聞いたこともないと話す人もいる。

 80年代初頭に公式調査を行った主要メンバーの一人は、匿名を条件にAFPの取材に応じ、武宣県では少なくとも38人が食人の犠牲になったと明かした。
「全ての食人行為は、階級闘争があおられた結果起きたもので、憎悪の表現として行われた。恐ろしく、獣にも劣る殺人だった」

■歴史に「意味はない」
「10年間の惨劇の中、広西チワン族自治区では無数の人々が命を落としたのみならず、ぞっとするような残酷行為と悪意が吹き荒れた」――この調査団の元メンバーは、未公表のままの報告書草案にこう書いている。

AFPが確認した草案には、
「首切りや殴打、生き埋め、石打ち、水責め、釜ゆで、集団虐殺、内臓の抜き出し、心臓や肝臓、性器の切り取り、肉のそぎ落とし、ダイナマイトでの爆破など、あらゆる方法が使われた」
とあった。

 1968年には、中学校の生徒たちが地理の講師を殴り殺した後、遺体を川辺に運び、別の教師に強要して心臓と肝臓を取り出させる事件があった。

学校に戻った生徒たちは臓器を焼いて食べたという。現在、この中学校は移転しており、現役の生徒たちに聞いても事件は知らないと首を振る。地元住民らも、知らないと答えるか、口を閉ざすかのどちらかだ。
 事件について議論することを望むごく一部の人々は、記憶が風化する中、町は過去から逃れることに必死だと話す。ここ数年で急激に発展する武宣県にとって、歴史は「何の意味も持たない」のだ、と。

■破られた沈黙と当局の抑圧
 ある中国当局者の推計では最大15万人の犠牲者を出したとされる広西チワン族自治区での大虐殺のうわさは、その後15年にわたって中国全土でささやかれ、ついに当局が調査団を派遣するに至った。しかし、調査報告書が公表されることはなかった。

 外部が事件について知ったのは、ジャーナリストの鄭義(Zheng Yi)氏が1989年の天安門事件後にひそかに資料を国外に持ち出し、著作「Scarlet Memorial(邦題:食人宴席)」を出版してからだ。同書は中国本土では発行禁止とされている。

 近年になって調査団の元高官も、中国国内での事件に関する認識を深めようと改革派の中国誌に調査結果に関する記事を寄せたが、当局によってもみ消されたという。

この高官は、地元の元共産党幹部から「反党、反社会主義、反毛沢東主義」だと中央に告発され、自己批判と誤りの修正、謝罪を要求されたとAFPに語った。

 今、中国政府はメディアや世論の統制を強めていると、この高官は言う。「党の権威を確立するため、世論統制を行っているのは明白だ」。

文革開始50年の節目に、党の公式行事は予定されていない。専門家は、当時の回想によって党の正当性が損なわれるのを指導部は恐れていると指摘する。

 知識と議論に対する抑圧に、現在米国に居住する鄭氏は懸念を強めている。「掘り下げた歴史分析を中国政府が頑として容認しない現状では、何らかの教訓を得たと言うことは不可能だ」と鄭氏はAFPに話した。(c)AFP/Benjamin CARLSON

㊟見出しの”人肉喰って“は筆者。中国ゴキは今の内陸部では人肉を喰っているのは間違いないようだ。やはり二本足で歩いているのはおかしいだろ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

必見!大拡散2100万単位の中国人が移住? 習近平「アジア乗っ取り計画」の全貌


必見!大拡散2100万単位の中国人が移住? 習近平「アジア乗っ取り計画」の全貌
中国の「植民計画」が始まった。まずマレーシアに100万人、そしてアジア諸国へ…
MAG2ニュース

中国伝統の「元宵節」である2月11日、中央テレビは恒例の総合番組「元宵晩会」を全国に流した。その中で特に目立ったのは、最大のスポンサー企業である碧桂園の自社プロジェクト宣伝である。

碧桂園は中国の大手不動産開発業者で、9万人の従業員を抱え、年商1,400億元(約2兆3,300億円)を超える巨大企業である。この碧桂園が「元宵晩会」で宣伝に最も力を入れたのは、2015年末から着手し、2035年の完成を目指す巨大投資プロジェクト「森林都市計画」である。

「森林都市」とはその名の通り、何もないところに1つの都市を丸ごと造る計画だ。碧桂園は2,500億元(約4兆1,600億円)を投じて、住宅30万戸と関連の商業施設・教育施設からなる街を、20年の歳月をかけて造っていくのである。

いかにも中国巨大企業らしい壮大なる計画だが、実は碧桂園は、中国国内ではなく、外国のマレーシアでそれをやろうとしているのだ。

昨年から、マレーシア政府の許可と支持を得て、シンガポールに隣接する同国のイスカンダル地区で、碧桂園はこの「森林都市プロジェクト」を始めた。予定地はシンガポールの国境からわずか2キロの距離である。

中国企業が外国の地に都市を造って一体誰を住ませるつもりなのか。ターゲットは中国国内の富裕層である。予定地をマレーシアに選んだ理由は同国政府の外資導入と移民に対する優遇政策にあるが、「シンガポールに隣接」というのも中国人富裕層にとっては大きな魅力であろう。

実際、碧桂園が「森林都市」のために行った広告活動はほとんど中国国内向けのもので、中央テレビなどを頻繁に使っているほか、投資者・住居者募集の盛大なキャラバンを全国の各都会で展開しているのである。

つまり碧桂園はこれから、数十万戸の家をマレーシアで造って、100万人単位の中国人をそこに定住させようとしている。どう考えても、一種の「植民計画」以外の何ものでもない。

碧桂園を後押ししているのは中国政府である。中国最大の国有通信社・新華社が刊行する『瞭望週刊』の2016年11月30日号は、「森林都市」に関する長文の記事を掲載した。

その中で、中央官庁の国家発展と改革委員会の関係者が、森林都市計画は国家の「一帯一路戦略」の「模範プロジェクト」だと高く評価した上で政府としてのバックアップを表明した。

碧桂園集団副総裁の朱剣敏氏も、「森林都市は国家の『一帯一路戦略』に沿って作った計画である」と明言している。

「一帯一路戦略」とは、習近平国家主席が提唱した経済圏作りの構想で、中国西部と中央アジア・欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、
中国沿岸部と東南アジア・インド・アラビア半島・アフリカ東を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(一路)の2つの地域でインフラ整備および経済・貿易関係を促進するというものである。

だが、碧桂園森林都市計画の例からすると、この「一帯一路戦略」には、アジア諸国に中国人の「植民」地域をつくって中国人を大量に移住させる計画も含まれているようである。

マレーシア政府は今、「森林都市計画」がもたらす莫大(ばくだい)な投資や雇用機会創出などの経済利益のためにそれに積極的に協力しているが、将来、中国人による、中国人のための「100万人都市」が自国の中にできてしまうことが、マレーシアとその国民にとって果たして良いのか、との問題は必ず浮上してくるのであろう。
そしてそれは、マレーシアだけでなく、アジア諸国全体にとっての問題でもある。

㊟これではマレーシア政府はゴキブリ中国に何も言えないだろう。先日、屯田兵鈴木宗男の項でも紹介したように、“北海道に1000万人中国人都市”を計画しているのとまったく同じで、その国を乗っ取る計画の一端と見る。

 数十万、数百万都市、いや数万都市でも出来ればその国の参政権を与えねばならなくなる。中国のように“放置国家で”はなく民主主義の法治国家ではそれを妨げられない。

 しかし、ゴキどもは我が国が法治国家なのを利用して、必ず参政権、被参政権を要求してくる。となれば市町村、県、国会議員らへの投票権を利用し、地方議会、国会にも強い圧力を掛け、言う事を聞かなければ同胞ゴキを立候補させるだろう。

想像してみてください。北海道の市町村会、県議会にゴキ人議員が数多く誕生し、国会にまで進出することになるのです。ああ、世も末。

 筆者は、ゴキブリに征服される日本やアジアを見たくないから早く死のう。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (82)
ニュースの深層 (5191)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR