2017-03

速報!拡散!!♪親の~血をひく~不倫ぐせ~♪、イヨっ!サブちゃん!じゃなかった中川秀直元官房長官の息子、俊直議員、前川恵議員との不倫発覚!!


速報!拡散!!♪親の~血をひく~不倫ぐせ~♪、イヨっ!サブちゃん!じゃなかった中川秀直元官房長官の息子、俊直議員、前川恵議員との不倫発覚!!

親子二代にわたる不倫発覚も珍しい。3月10日発売のフライデー誌が、特写した二人を直撃している。
 前川恵なんて議員が自民党に居たことを知らなかったが、あまり綺麗じゃない部類。この前川恵初当選の時のマスコミインテビューは大ヒンシュクを買った。以下、議員の資質もない、お粗末ぶりです。
初登院の際、記者から政治について質問されたが・・・・
■アベノミクスについて

前川氏「国民の皆さまからアベノミクスに評価を得たのだと思う」

記者 「その一方で実質賃金が下がっているというデータがあるが」

前川氏「それもひとつの課題だと思いますが・・・。どうしよう・・、わかんない(笑)」

記者 「思うことがあれば・・・」

前川氏「コメントは控えます」

■議員定数の削減について

前川氏「(議員定数)削減は・・・個人的なことですよね。
    私は削減も“あり”だと思います。あれ?自民党の方針ってどうでしたっけ・・?」

記者 「議員定数が削減されると比例の議席も減るが」

前川氏「・・・分かんない(笑)。それはノーコメントです。
    私は『食』という分野で、精いっぱい自分ができることをやっていけたらと思います

 こんなバカだから口説き易かったのか、口説いた中川俊直は、森内閣の官房長官時に銀座ホステスと不倫して官房長官を飛ばされた中川秀直元議員の息子である。
秀直官房長官は、妻の留守を見計らって自分の選挙区の広島安芸市の本宅にホステスを招待。夫婦の寝室のベッドにホステスを腰かけさせた写真は世間を驚かせた。

 しかも、このホステスが筆者も良く知る行動右翼「日本青年社」の大幹部と昵懇の仲だったから大騒動になったのだ。官房機密費で抑え込もうとしたが、話が付かず、ホステスが持つ写真が公開されちゃったわけです。

 馬鹿ですね。このバカ親、婿入りでしたから奥さんが激怒して議員を辞めさせて、テレ東に居た次男坊を身代わりに議員にしたんです。その時、奥さんは、
「主人は赤の他人ですが、息子は私の腹を痛めた子です」
 と。

 その可愛い息子。俊直議員には“妻と二人の子”がいるんですよ。これも揉めそうですね。父親のDNAって強いですかね。親と同じコトやっちゃって。

 しかも、俊直議員、昨年秋、筆者の『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(アマゾン発売中)を贈呈されて、
「初心を忘れず頑張ります」
 ってお礼状を寄越したんですよ。初心など忘れていて堂々たる嘘をついて。

 ま、「小泉純一郎・田中真紀子の人心掌握話法」(実業の日本社刊)を贈呈されてもハガキ一枚寄越さない進次郎より、すこーしだけましか。。。いや、いう事ヤルこと真逆じゃ、やはりダメだな。一巻の終わり。
スポンサーサイト

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

この汚わい、締め上げろ!!「逃げたという意識ない」NON STYLE・井上裕介の“号泣言い訳会見”に批判殺到!

この汚わい、締め上げろ!!「逃げたという意識ない」NON STYLE・井上裕介の“号泣言い訳会見”に批判殺到!
日刊サイゾー

 昨年12月に道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検され、6日に不起訴処分を受けたNON STYLE・井上裕介の謝罪会見に対し、「言い訳がましい」との批判が相次いでいる。

 7日夜に会見を開いた井上は冒頭、「世間をお騒がせし、ファンの方々やお仕事の関係の方々に多大な迷惑とご心配を掛けてしまい、深くお詫びいたします。誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げ、涙ながらに事故の経緯を説明。

 タクシーにぶつかった際の認識について、
「ひょっとしたら当たったのではないかな、という感じはあった」「運転してまして、なんか少し違和感を感じたといいますか、おかしいなっていう感覚がハンドルから伝わったので、ひょっとしたら当たったのではないか」
と説明。

「音はしなかったのか?」との質問には、
「音はそんなに。聞こえなかったといいますか、もう車内、音が流れていたのもありまして、そこまではっきり明確な音は僕自身、認識はできなかった」
と回答。同乗していたスーパーマラドーナ・武智に、
「確認したほうがいいのでは?」
と言われた際には、「少し動揺してた」「ひょっとしたらそういうこともあるかもなと思ったので、止まらなければという気持ちはありました」
としたが、
「逃げたという意識はないです、はい」
ときっぱり。

 さらに、自宅の駐車場に着いた際、
「こすれたような跡があったのを確認しまして、先ほどの違和感はひょっとしたら当たってたのではないかと思い、結果的に現場から離れてしまってることもあり、そこで大変なことをしてしまったと、どうしたらいいんだろうという気持ちになったのは事実」
としながらも、
「もともと僕自身の車にいくつか、そういう傷がもともとあったので、100%といいますか、この傷がさっきのものだ、さっきの違和感でできた傷なのかなっていうふうには、自分自身、100%の気持ちでは思わなかった部分はありました」
などと、曖昧な説明に終始した。

 ネット上では、「逃げたのではない? 罪を認めてないってこと?」「普通、運転してたら小枝が当たっても気づくわな」「パニックになって逃げましたって言ったほうが印象良かった」「保身に走りすぎ」といった声が相次いでいる。

「はっきりとしない説明が多く、現場の記者たちも明らかにイライラしていた。これなら、釈放された際の高畑裕太のように、『申し訳ありませんでした!』と絶叫でもしたほうが印象がよかったかもしれません」(芸能記者)

会見の様子を放送した8日放送の『スッキリ!』(日本テレビ系)では、ハリセンボン・近藤春菜が「(相方の)石田(明)さんはピンでネタをやられるんですけど、最後に必ず『次はNON STYLEの漫才を見にきてください』って仰っていた。そこに石田さんの愛を感じた」
と石田のエピソードを明かし、「相手の運転手の方が『気持ちは十分に伝わったから、次はテレビや劇場で笑わせて』とおっしゃったのがすべてだと思う」と井上をフォロー。
 また、同日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演した芸人の陣内智則は、「見てもらったらわかると思いますけど、ほんとに反省していると思う」「周りの僕たちがどうやってあげるか、そこも大事やと思う」と話した。

「石田とのコンビ愛を持ち出し、美談のように扱うワイドショーも多いものの、事件とは別の話。井上の謹慎中、石田をはじめ多くの先輩芸人が井上が復帰しやすいような空気を作ってきた。そのおかげで、世間にも井上の復帰に歓迎ムードが漂い始めていただけに、謝罪会見の内容が非常に残念」(同)
 早ければ11日にも仕事復帰するとも言われている井上。ここまでイメージを落としてしまっては、十八番のナルシストネタは封印するしかなさそうだ。

㊟居なくてもいい。反省などしません。汚わい芸人を締め上げろ!!また、事件を起こしそうで楽しみ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

神よ、あなたは無慈悲!?カトリック系保護施設跡地から多数の乳幼児の遺骨、アイルランド

神よ、あなたは無慈悲!?カトリック系保護施設跡地から多数の乳幼児の遺骨、アイルランド
AFP国際

【3月4日 AFP】アイルランドでカトリックの修道女会が運営していた未婚の母親の保護施設跡の仮設地下室とみられる場所から「かなり多数の」乳幼児の遺骨が発見された。調査を進めていた委員会が3日、明らかにした。

 遺骨が発見されたのは同国西部ゴールウェー(Galway)州チュアム(Tuam)にある母子保護施設の跡地。このような施設は「マザー・アンド・ベビー・ホーム」と呼ばれていた。

 委員会の声明によれば、遺骨は下水道の一部を応急的に区分けして造ったとみられる20の地下室で見つかった。

「調査した20の地下室のうち少なくとも17室でかなり多数の人間の遺骨が発見された」「少数の遺骨を分析のため回収した。遺骨は約35週の胎児から2~3歳の幼児のもの」だと声明は述べている。

 2014年に地元の郷土史家、キャサリン・コーレス(Catherine Corless)氏が、ボン・セクール修道女会(Bons Secours Sisters)が運営していた同施設で1925~1961年にかけて796人の乳幼児が死亡しながら埋葬記録がないことを突き止め、施設内に埋葬された疑いがあると訴えたことをきっかけに政府が認可した委員会が設置され、敷地を掘り返して調査が進められていた。

 委員会は、1922~1998年の期間に、宗教団体が運営していた18施設で虐待が行われていたとの指摘について調査している。これらの施設で暮らしていた妊娠した未婚女性は計3万5000人に上るとみられている。(c)AFP

㊟こんなことが。。。父なき乳児を育てずに殺していた。そして胸で十字を切り、「アーメン」と呟けば許される。。。こんな良い国が昔からあったんですね。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

駐米ロシア大使は「大物スパイ」 情報提供者を勧誘する“リクルーター”と米報道


駐米ロシア大使は「大物スパイ」 情報提供者を勧誘する“リクルーター”と米報道


 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権とロシアとの一連の「疑惑」の中心にいるのがセルゲイ・キスリャク駐米ロシア大使(66)だ。「表の顔」とは別に、一部の米メディアは大物スパイという「裏の顔」を持つと報じている。


 モスクワ工科物理大学を卒業後、1977年に旧ソ連外務省に入省したキスリャク氏は、国連代表部や米大使館勤務などを経て、1998~2003年にベルギー大使と初の北大西洋条約機構(NATO)のロシア常任代表を務め、08年から駐米大使となった。


 米紙ニューヨーク・タイムズによると、オバマ政権下で政府高官との関係を積極的に構築。米露の新戦略兵器削減条約(新START)では人脈を駆使して交渉を撹乱(かくらん)したとされる。

 米CNNテレビは、複数の現職と退役した米情報当局者の話として、キスリャク氏は「大物スパイ」で、情報提供者や協力者になりそうな人物を勧誘する「リクルーター」でもある、と報じた。大使として10年近く留任しているのも「異常に長い」と疑問を投げかけている。

㊟日本のロシア大使館員全員がスパイと判断して間違いない。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

必見!大拡散!!中国が勝手に「沖縄独立」会議を北京で開催。一体何を考えているのか?



必見!大拡散!!中国が勝手に「沖縄独立」会議を北京で開催。一体何を考えているのか?
MAG2ニュース

怪しげな国際会議…中国政府・軍の「沖縄分断工作」に警戒せよ

先月17日配信の琉球新報ネット記事によると、「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」が同16日までに中国・北京で開かれたという。主催者は中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部などである。

日本の沖縄をテーマとした「国際会議」が、那覇でもなければ東京でもなく、中国首都の北京にて開催されたのはいかにも奇妙な出来事である。

さらに不可解なのはその中身だ。同じ琉球新報記事によると、会議において、
「沖縄の自己決定権や米軍基地問題」、独立などをめぐって意見を交わした」
という。

沖縄の「米軍基地問題」や「独立問題」は言うまでもなく、日本の国防・主権に関わる重大問題である。このような問題が、中国という第三国の研究機関主催の会議で議題にされたことは異常というしかない。日本の内政に対するあからさまな干渉でもある。

さらに問題視すべきなのは、会議の筆頭主催者となった「中国戦略・管理研究会」である。中国の場合、名称に「中国」と冠することのできる機関は中央政府直属の組織である場合が多いが、上述の「研究会」は政府のどこの所属であるか、いっさい明らかにしていない。

研究会の本部は中国政府が国賓を迎えるための「釣魚台国賓館」に住所を置いているから、それが普通の「研究機関」でないことは明らかだ。

研究会の理事会の構成を見ると、国防相を務めたこともある人民解放軍の元上将など、大物軍人が名を連ねているから、この研究機関の背後に中国軍があることはよく分かる。

そして、中国政府・軍をバックにしたこの怪しげな研究機関の主催で、沖縄の「米軍基地問題」や「独立問題」を討議する「国際会議」が開かれたわけだ。
それはどう考えても、中国政府と中国軍の戦略的意図に基づく高度なる「沖縄工作」の一環であろう。

「国際会議」といっても、参加者は中国側のメンバー以外には、日本からの沖縄関係者ばかりだ。その中には、琉球新報東京報道部長、沖縄タイムス学芸部記者など県内のマスコミ関係者や、「琉球独立」と「全米軍基地撤去」を一貫して主張している沖縄国際大教授や龍谷大教授などの研究者が含まれている。

参加者のひとりの教授に至っては、2014年に中国戦略・管理研究会のホームページに寄せた論文において、

「われわれの目的は琉球の独立だけでなく、軍事基地を琉球から全部撤去させることだ」
と宣言している。今回の国際会議においても、「全基地撤去」を前提とした論文を発表したという。

もちろん、沖縄を日本から切り離して「独立」させることと、米軍基地を沖縄から追い出すことは、中国の国益と戦略にとってこの上なく望ましい展開となるから、中国政府と中国軍をバックにした件(くだん)の研究機関が、同じ政治主張の沖縄マスコミ関係者や日本人学者を招聘(しょうへい)して「国際会議」を開くことの意図は明白であろう。

中国政府と軍による「沖縄分断工作」は、今や堂々と展開されている。問題は、中国側の工作が実際、どれほどの効果を上げているかであるが、ここではひとつ、事実関係だけを指摘しておこう。

「米軍基地問題」を討議した北京国際会議から1週間もたたぬうちに、沖縄で元米兵の女性暴行・殺害事件が発生した。それをきっかけに、北京の国際会議に参加者を出した琉球新報と沖縄タイムスが旗振り役となって、「全米軍基地撤去」を求める運動を展開し始めた。

北京会議とこの運動の間に果たして関係があるのか。それはむしろ、当事者たちが答えるべき問題であろう。
image by: 首相官邸

㊟この記事は昨年の物。筆者が見逃したのだが大変怖い内容なので遅ればせながら取り上げた。
平然と他国を乗っ取る策謀を中国が。。。そこに琉球新報、沖縄タイムズの幹部らが招待され、しかも彼らはそれに同意し賛成し、本国の新聞にはこのような会合があったことさえ報道していないのだ。
これでは国賊、売国奴だろう。。。中国とは断固、断絶すべきだ。(明日の記事も凄いぞ。)

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (78)
ニュースの深層 (4940)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR