FC2ブログ

2016-12

安倍首相、歴史に刻まれる決断!!に、米主要紙「象徴的」「画期的」=安倍首相の真珠湾訪問


安倍首相、歴史に刻まれる決断!!に、米主要紙「象徴的」「画期的」=安倍首相の真珠湾訪問

時事通信

 安倍晋三首相が5日、米ハワイの真珠湾を訪問すると発表したことは、米主要紙なども大きく伝えた。

 
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、5月に被爆地・広島を訪れたオバマ大統領への返礼となる「象徴的な訪問」と報道。

「画期的な訪問」の見出しを立てたワシントン・ポスト紙(電子版)は、首相の訪問は「歴史修正主義的な見解を促進する政権内の保守勢力を怒らせるだろう」と分析した。


 ロイター通信は「安倍首相がオバマ大統領との首脳会談のためにハワイを訪問し、日本の真珠湾攻撃の犠牲者を追悼する」と報道。

フランスのAFP通信も「安倍首相が真珠湾を訪れる最初の日本の首相となる」と伝えた。


 韓国の聯合ニュースは、オバマ大統領の広島訪問時、共和党候補だったトランプ次期大統領が「(真珠湾攻撃で)数千人の米国人が命を失った」と批判したことにも触れた。 

㊟大変良い決断と称賛したい。やはり米国でも良い受け止めをしていることが分かった。
 安倍首相の会見を観て気が付いたのだが、歴代の総理はなぜやらなかったのか、不思議でならない。
スポンサーサイト



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

千葉県警、日刊ゲンダイに屈服、強姦学生名公表!!「圧力はあったか」千葉大集団強姦事件で県警を直撃取材

千葉県警、日刊ゲンダイの屈服、強姦学生名公表!!「圧力はあったか」千葉大集団強姦事件で県警を直撃取材
日刊ゲンダイより

 千葉大医学部5年の男3人による集団レイプ事件。容疑者の1人は超エリート法曹一家の子息であることが分かった。しかし千葉県警は容疑者の氏名どころか、事件の概要さえ発表していない。ネット上では、「圧力がかかっているのではないか」との臆測が飛び交っている。日刊ゲンダイは千葉県警捜査1課課長代理に疑問を直接ブツけた。

■「取材拒否の事実はない」

──なぜ氏名を公表しないのか。

 マスコミはいろいろ言ってきていますが、現在捜査中で(発表すると)どうしても影響が出るので発表していないということ。また被害者のこともあるので、必要な時期がくれば当然、発表していく考えです。

──「氏名を公表しないのはおかしい」という声が数多く上がっているのは把握していますか。


 報道では知っています。

──公表できない事情でもあるのですか。

(容疑者は)官僚の息子ではないかとかいわれていますが、そんなのはまったく関係のない話であって、捜査が進めば対応していきます。

──容疑者の1人は超の付くエリート法曹一家の子息ですが、ご存じですよね。

 そこまで(すごいとは)把握できていませんでした。ただ把握していようがしていまいが、捜査にはまったく関係ありません。

──圧力があったということは一切ありませんか。

 まったくないです! そんな圧力があって警察がひるむようなら、日本の警察も終わりです。そう言われること自体が私はちょっと気分が良くない。そんな気持ちで仕事をやっている警察官はいない。そんな失礼なことを言うなんて。ほんと失礼だと思いますよ!

──医学部生がこのまま社会的制裁を受けずに、将来医療に携わるようなことがあれば世間は許しません。

 その通りだと思います。捜査を進める中で、共犯者の有無がネックになっているところです。一部報道に取材を拒否しているとありましたが、そんな事実はない。必要であれば、きちんと対応していきます。

 ◇ ◇ ◇

 写真週刊誌には3人の顔写真が載り、ネット上でも実名が流れ始めている。世間はもう待ってくれないだろう。

㊟間違いなく圧力があった。と断言する。大物議員の秘書として、警視庁、警察庁、法務省、文部科学省を担当して、役人(官僚)へそれなりの手を売って来た経験でよく知っている。

特に警察へは筆者が警察に強いとう話が流れ、他の議員からも依頼が引きも切らなかった。もちろん、官僚たちにも見返りを与えていた。

千葉県警よ、実名を公表しないと信頼が地に落ちるぞ!

 日刊ゲンダイの記事に千葉県警は屈服。5日夜、遂に学生3人と医師の名を公表!!

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

「格差があってなぜ悪い!」とほざき、派遣の血を吸う吸血鬼が講師!?小池塾に「カネ返せ」の声…講師に竹中平蔵氏の時代錯誤

「格差があってなぜ悪い!」とほざき、派遣の血を吸う吸血鬼が講師!?小池塾に「カネ返せ」の声…講師に竹中平蔵氏の時代錯誤
日刊ゲンダイより

 小池都知事の「希望の塾」の塾生から「カネ返せ」の声が日増しに強まっている。3回目の12月10日は全塾生を都内のホテルに集め、小池知事も登壇するが、“目玉”の特別講師が竹中平蔵元総務相だからだ。


「小池氏と竹中氏は小泉政権の閣僚同士で今も連絡を取り合う仲です。3回目は橋下徹前大阪市長が講師を務める予定でしたが、ギャラの折り合いがつかず頓挫した。そこで、旧知の竹中氏に急きょ白羽の矢が立ったそうです」(塾関係者)


 2900人の塾生は3万~5万円の受講料を払っている。講義は全6回を予定しており、初回の講師は高野之夫豊島区長、2回目は猪瀬直樹元都知事と上山信一郎特別顧問らが務めた。


「猪瀬氏は徳洲会5000万円事件で公民権停止中の身。まさか5万円も払ってあの人の話を聞く羽目になるとは思いませんでした。
今回こそ期待していたのに、よりによってあの竹中平蔵というからガッカリ。
閣僚だったのは10年も前の話だし、今さら持論の規制緩和の話でも聞かされるとしたらウンザリです」(ある塾生)

3回目の講師は河村たかし名古屋市長、上田清司埼玉県知事らとの“抱き合わせ”だが、現役タレントの橋下氏と比較すると、塾生たちには“お得感”が欠けるようだ。


「人材派遣大手のパソナグループ会長として雇用の規制緩和を推進する竹中氏と小池知事は、新自由主義に根差した発想が似ているのだと思います。小池知事は本気で“目玉”になると考えて、講師に招聘したのでしょう」(政治評論家・伊藤達美氏)

 英のEU離脱に米のトランプ大統領誕生と、世界の潮流は「反・新自由主義」だ。「今さら竹中平蔵」のセンスを疑う。

㊟竹中平蔵が講師と聞いて、驚き、呆れ、取り上げようと考えていたら、やはり日刊ゲンダイも「こりゃないだろ」と思ったらしく記事にしてくれた。

 生産業にまで、社会保障が一つもない派遣を導入したことで、大企業も派遣労働者が増え、今や年収50万円~150万円労働者が2400万人にも。全労働者の4割になろうとしている。

比例して貧富の差がますます拡大し、国民の不満がいつ爆発するかである。

しかも、竹中平蔵はその派遣の血を吸う大手企業「パソナ」会長として年収14億円を手にしている。

 こんな吸血鬼を「小池塾」(希望塾)の講師とは…呆れてモノも言えない。これでは東京五輪予算を大幅縮小したとしても、国民は快く思わないだろう。

竹中も必ず若者から石打刑を受けるだろう。それを見るまで死ねないな。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

豊洲用地、渋る東京ガスを説得 都側「無茶な話だが…」

豊洲用地、渋る東京ガスを説得 都側「無茶な話だが…」

朝日新聞より


 東京都の豊洲市場(江東区)の用地購入や土壌汚染対策工事をめぐり、所有者だった東京ガスと都との交渉記録が情報公開請求に対して開示されたことが分かった。


これまで大部分が黒塗りだったが、情報公開を進める小池百合子知事の方針で、一部の固有名詞を除いて明らかにされた。

都が築地市場(中央区)の豊洲移転にこだわった経緯が具体的に見えてきた。

• 築地市場移転問題

 開示されたのは、1998~2005年と11年の交渉記録など。


約140枚の文書で、同社と都の計31回の交渉内容が記録されている。土地売却や追加の土壌汚染対策工事に消極的だった東京ガス側に対し、都が説得を続ける様子が分かる。共産党都議団の請求に都が応じた。


 豊洲市場用地をめぐる交渉記録文書は、これまで都議会などで資料要求や情報公開請求がされてきたが、大部分が黒塗りだった。


しかし、「移転を決めた石原慎太郎知事時代の責任を調べる」とする小池氏の方針を受けて、都が東京ガス側と協議し、同社側の固有名詞を除いてほぼ開示された。

まだ非開示の文書もあり、交渉の全容が判明したとは言えない。

 豊洲への移転決定の経緯について、当時の知事だった石原氏は小池氏の質問に「(当時の資料を)全て公開し、何が行われたかご覧いただくしかない」などと回答。小池氏は資料の調査を続ける方針を示している。

 「土地を売る気はない」。1998年9月21日の記録に東ガス担当者の発言が残されている。

当時、都は築地での再整備を中断し、移転を念頭に豊洲の東ガス所有地を調査。東ガスへの説明なしに進めていたため、都の部長ら2人が本社を訪ね、謝罪していた。

 東ガスは当時、所有地での再開発を計画していた。99年11月には福永正通副知事が訪ね、その後も「検討の結果、豊洲の先端部を含む地域が最適地」と頼み続けた。


「先端部」は今、豊洲市場の主な建物が立つ地区だ。東ガスは「先端部は譲れない。東側であれば検討する」と繰り返し、交渉は平行線をたどっていた。


 2000年10月4日、石原氏の最側近、浜渦武生副知事が交渉役になって同社を訪ねた時は、東ガス側の態度に変化があった。

 浜渦氏「無茶(むちゃ)な話とは思うが、1200万都民の台所への協力をお願いする」

 東ガス「基本的には協力するが、経営判断できる条件が示されていない。土地価格や開発者負担金を示してほしい」

 浜渦氏「そのことは、水面下でやりましょう」

 「(秘)」と記された開示記録には、浜渦氏が都職員に対し、
「株主に損をさせない仕組みづくり」
「『公共事業に協力する』

という社是に沿った移転受け入れの格好をとる」などと、東ガスに配慮した決着を指示したと記されている。

 この後、東ガスが土壌汚染を公表した翌月の01年2月、浜渦氏と伊藤春野・東ガス副社長名で、移転の諸条件について協議を始める「覚書」を作成。同7月には、都と東ガスで「基本合意」に至った。


■土壌対策めぐり激しいやりとり

 03~05年、都と東ガスの11回の交渉記録が残る。土壌汚染対策を巡る激しいやりとりが明らかになった。


 都「(東ガス工場の)操業由来の部分は全部処理するとの理解だが違うのか」
 東ガス「全部処理するのは難しいと言ってきたし、都もそれで了解しているはずだ。売却時には土壌汚染が残るということだ」


 03年4月3日、都庁であった交渉では、汚染除去工事をめぐる認識の食い違いがあらわになった。

東ガス側は01年の基本合意に基づき、「都の環境確保条例を満たす対策のみをする」との見解を示した。

 一方、東ガスに追加の対策を望む都は「汚染土壌を処理しないまま売買すれば、都も東京ガスも社会的責任を将来にわたって言われる」(03年10月30日)と説明した。


東ガスは、

「処理計画は条例に適合する。(追加対策が必要な理由は)用途が市場だからで、費用は都が負担すべきだ」

と反発している。

しかし、都は「金額面での支援はできない」との姿勢は崩さなかった。


 都は03年12月、再び除去工事の費用負担を求める東ガス側に「議会での説明がもたない」と返答。その後、汚染除去の箇所数について見直し作業をした。

 同月、東ガス側が、工場があった地面より2メートル以上深い土壌について
「(環境基準の)10倍以下の汚染が残ってもよいか」

と尋ねると、都は、

「東京ガスの判断だ。市場施設建設では、その下は掘り起こす可能性はない」
と応じた。


 その後、08年に環境基準を大幅に超えるベンゼンが見つかり、都は大規模な汚染対策工事を実施した。都は10年度に東ガス側に土地購入代金計535億円を支払った。


㊟石原慎太郎の責任は重大!!己の設立した「新東京銀行」の莫大な損失責任を逃れるために豊洲を選んだとしか思えないではないか。石原一家に責任を負わすべき。


 こんな重大問題、小池百合子都知事だから追及できたが、菅義偉天皇の推した桜井パパや、増田貴也では揉み消されしまったろう。

 
 ヤラセの阿呆鳥じゃどうなったか・・・想像するだけでゾッとする。のう、阿呆鳥よ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

参院選東北5県で惨敗した進次郎!明らかな出来レース!!小泉進次郎・自民農林部会長、農業改革で手腕アピール 周囲から「出来レース」の…


参院選東北5県で惨敗した進次郎!明らかな出来レース!!小泉進次郎・自民農林部会長、農業改革で手腕アピール 周囲から「出来レース」の…

産経新聞を参考にしました。

 政府と自民党の利害が激突した農業改革は、JAグループで商社機能を担う全国農業協同組合連合会(JA全農)に組織刷新など年次計画の策定させることで決着した。

調整に奔走した自民党の小泉進次郎農林部会長は「農業界の風景は変わった」と自らの手腕をアピールするが、政府が求めた全農改革の肝心な部分は党の農林族に押し切られ大半が見送られた。

党内には「人気とりの出来レース」と小泉氏を揶揄する声がくすぶり、全農改革は骨抜きになる懸念が残る。小泉氏の目指す農業改革はむしろ今後が正念場だ。

㊟日本の農業99・9%は零細農家。爺ちゃん、婆ちゃんや、他の仕事をしながらの半農農家だ。

 この人たちがJAを頼らずに農業を続けられない。ごく一部の機械化した大規模農家を歩き、彼らの不満を正論のように振りかざしてきた、北朝鮮人の血を濃く引く小泉の小せがれ。
 出来る筈がないと読んでいた。案の定の結果。仕事のできる男じゃないことを証明した。

 夏の参議院選で進次郎は東北6県の自民党候補応援に入った。結果、5県で惨敗。これは完敗。人気がある?カラ人気を証明したのだ。
 メディアも進次郎を煽るのをいい加減に止めろ!

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

「都議会のドン」だけじゃない! 「観光立国」の前に立ちはだかる「地域のボスゾンビ」たち


「都議会のドン」だけじゃない! 「観光立国」の前に立ちはだかる「地域のボスゾンビ」たち

デイリー新潮より 

小池百合子都知事の誕生で、それまで語られることのなかった「都議会のドン」や彼を取り巻く利権構造が可視化されたが

、「ドン」が生息しているのはもちろん東京に限らない。むしろ、問題は地方の方が深刻だ。


 地域の再生に現場でとり組む2人の専門家が「ぶっちゃけ」で現状を語って話題を呼んでいる『観光立国の正体』(藻谷浩介、山田桂一郎著)によると、
観光立国にとって最大の問題は「地域のボスゾンビの存在」だと言う。

■「半沢直樹の敵みたいな人」

 「地域のボスゾンビ」とは、地元の有力な観光事業者で、一族からはしばしば政治家などが輩出することもある「現状維持勢力」のことである。

自分たちの商品や魅力に磨きをかけることなく、「もっとPRすれば客は来てくれるはずだ」と信じて、旧来型の観光の仕組みに安住し続ける人たちである。

「比喩的に言えば、自分では何もしないけど他人の邪魔だけはする、半沢直樹の敵みたいな人」(藻谷氏)。


 バブル崩壊以降、有名観光地の多くは凋落傾向に苦しんできた。
そうした現状を打開しようと、地元の事業者の中には若手を中心に、新しい試みをしようと考えている人たちも出ている。それが功を奏して復活を果たした観光地も多くある。

 しかし、そうした若手たちの試みを苦々しく見ていて、事あらば潰してやろうと考えている「地元の名士」たちも沢山いたのだ。

その「地元の名士」が現状維持を図り、改革の芽を潰しにかかったとき、「ゾンビ」と化するわけである。


 『観光立国の正体』の中で挙げられている例の一つに、志賀高原がある。

志賀高原ではかつて、若手事業者たちが停滞する現状を打開するために新しい試みを構想したことがあったが、地元に君臨していた「ボス」が圧力をかけて改革の芽を潰してしまったのである。

それから数年が経ってインバウンドブームが起きたものの、志賀高原はそのブームに対応するための準備が出来ておらず、外国人客を取り逃がしてしまった。

しかも、圧力をかけていたそのボスの会社自体が倒産してしまったのである。


 同じ頃、近くにある野沢温泉では若手の改革が実を結んで、スノーリゾートとしての評価が高まった。

今では外国人スキーヤーが2週間単位で滞在する場所にまで変貌を遂げているが、地元のボスに食い物にされた志賀高原は、いまだ充分にインバウンドを取り込めずにいる。

■有名観光地でゾンビ大復活! 

 同書の中で、著者で観光カリスマの山田桂一郎氏はこう語っている。

「最近の動きでとても気になるのは、全国的に有名な観光地や温泉地の観光協会や宿泊業組合等の組織で、役員が老齢化していることです。

これまでの古い体質から脱して、新しい組織で動きだしたと思ったら、役員が前の世代に先祖返りしてしまっている場合も多い。
でも、居座っている古い人たちも何をすればいいのかぜんぜん分からない。役職を手にして喜んでいることだけは確かですが(笑)。


 九州にある超有名温泉地でも、新しい観光推進組織が立ち上がり地域全体で支えて行かなくてはならないという時期に、地元の宿泊業組合の役員が代わって『逆走』が始まったことがありました。

役員が代わっただけで、それまでまちづくりに頑張っていた組織がただの会員同士の親睦会になってしまった。

全国の老舗温泉地ではいくつも実例がありますが、どの地域でもうかうかしているとやる気ある若手にとって代わろうとするヤクガイゾンビに乗っ取られますね。

ヤクガイとは薬害ではなくて、役職だけを欲しがる役害です」


 この九州の有名温泉地の他にも、北陸地方の有名温泉地、中部地方の海辺のリゾート地など、役害ゾンビが復活している観光地は枚挙にいとまがない。

皮肉なことに、「地方再生」とか「観光立国」というスローガンが声高になっていることが、ゾンビたちを妙に元気にしている面もあるという。

㊟地方にはいるんです。己のみ、己の親族のみ、というボスが。これじゃ地方創生など夢のまた夢。。。なんとかならんかのう。
大東京でも町会にはうるさいボスがいるんです。私が立候補しようとしていた渋谷、中野、杉並にもいましたね。

 私の評判が良く、演説に感動した人の声が上がり始めると、渋谷の商店街のあるおっさんが、

「お前は当選しても末席に座らすぞ」

 とほざきました。

 私は、
「そんなことは言われなくても、私は末席に座りますよ」

 と打ち返したら絶句していましたが。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

10年以内に東京湾に沈むのに…すべて実話!タワマン主婦の「ご法度」と「タブー」 エレベーター内でも…強い“階”層意識



10年以内に東京湾に沈むのに…すべて実話!タワマン主婦の「ご法度」と「タブー」 エレベーター内でも…強い“階”層意識

夕刊フジより

 タワーマンションが何かと話題だ。高層階と低層階で固定資産税を差別化しようとの動きが出ているほか、住人間の「格差」を題材にしたテレビドラマや雑誌の特集も相次いでいる。

華やかなイメージのタワマンだが、そこに住むセレブ主婦たちは意外な「ご法度」や「タブー」に縛られているという。


 政府は20階建て以上の新築タワマンの固定資産税について、高層階は増税、低層階を減税する方針で不公平感の解消を目指す。


 都心のタワマンは50階以上の建物も多く、階数が高くなるほど販売価格が上昇するのも特徴で「1階上がるごとに『100万円程度ずつ上昇する』とも言われる。

上に行くほど暮らす世帯の所得水準は高くなると考えられ、高層階に住むことはいわば『成功者の証』と捉えることもできる」と住宅ジャーナリストの榊淳司氏は解説する。


 実際、住人は階数によって“ヒエラルキー(階層)”の意識を抱きやすいようで、エレベーターの乗り降り一つにもその傾向はうかがえる。

榊氏は、エレベーターが32階より上に行くものと、31階までで止まるものがあるタワマンでのエピソードを紹介する。


 「31階の住人は下に降りる際、エレベーターが止められるたびに『遅くなるじゃない』とイライラしていたそう。

それが、わけあって33階に引っ越すことになると、今度は上から降りてくるエレベーターに途中で乗り込む立場になり、今は『肩身が狭い』と漏らしている」


 低層階の住人が高層階の住人から「さげすまれているように感じる」という声も実際に耳にするという。

子育て世帯の間では、高層階の主婦が偉そうに振る舞うといった場面も一部であるようだ。


 こうしたヒエラルキーは、東京の豊洲や有明といった「湾岸エリア」のタワマン住人が抱きやすいと榊氏はいう。


 「湾岸エリアのタワマン住人は地方出身者が多い。ITベンチャーなどで成功を収め、ステータスを求めてタワマンに住む傾向がある。

売り手側もその点をよく心得ていて、ターゲット層は『見えっ張り』と分析した上で、彼らのプライドや購入マインドを刺激する販売戦略を仕掛けている」


 ちなみに「東京生まれの東京育ち」といった人々は、湾岸エリアのタワマンに憧れることは少ないという。


 一方で、タワマンに住む“本物のセレブ”たちの間では、「ひけらかし」はご法度との指摘もある。


 『ママの世界はいつも戦争』(ベスト新書)などの著書を持つノンフィクションライターの杉浦由美子氏はこう語る。


 「セレブ主婦たちは持ち物も着る物も『とにかく浮かないように』が鉄則。カースト(身分制度)を作り出さないように気を使って生きている」


 中でも、夫の職業を聞くことはタブーだという。

「旦那の職業を聞くことは、カーストを生み出すことになりかねない。彼女たちは目立つことで陰口をたたかれ、自分や子供がコミュニティーから疎外されることを恐れている」
と杉浦氏。そのため、定期的なランチ会などもイヤイヤこなすケースも多いようだ。

 対立を嫌うセレブ主婦たちだが、
「教育に熱心なママは放任主義のママを許せないといった子育ての価値観を巡る対立は激しい」(杉浦氏)とも。

 セレブを取り巻く世界もなかなか大変だ。

㊟筆者は台東区浅草生まれ。だが、湾岸地域など住みたいとも思わない地域だった。

 そこを埋め立て高層マンションがこれみよがしに乱立。成り上がりが住む街になった。そんなとこに住んで気取る。バカ丸出し。

1タダで上げると言われても住みたくもない。

10年以内に首都直下巨大地震で湾岸一帯は海に沈む。相模湾も連続巨大地震で横須賀一帯も海の底に沈むだろう。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

遅すぎるだろ!中国など5カ国を「新興国」から除外 財務省が特恵関税見直し


遅すぎるだろ!中国など5カ国を「新興国」から除外 財務省が特恵関税見直し
産経新聞より

 財務省は24日に開いた関税・外国為替等審議会で、途上国の輸入関税の税率を低くし、経済発展を支援する「特恵関税制度」を見直し、中国やメキシコなど5カ国を対象から除外する方針を示した。

中国などは急速な経済発展で輸出競争力を強めており、援助の必要性が薄くなったと判断した。平成31年度までの実施を目指す。

 特恵関税制度に基づき、日本は143カ国・地域からの輸入品に対し、関税引き下げや免除を行っている。

同制度には経済発展を遂げた国を対象から外す規定があり、財務省は今回、所得要件を広げるなどの見直しを行う。新規定では中国とメキシコのほか、ブラジル▽タイ▽マレーシア-が適用の対象外となる。

 27年度に優遇税率が適用された輸入品のうち6割は中国からのものだった。今回の措置で1千~2千品目の関税が上がる見通し。

㊟筆者も不勉強だが、未だに中国を優遇していたなんて。
あの爆外ゴキブリ、不法入国、不法留学で不法滞在し、次々犯罪を起こしているゴキブリ国からの輸入関税を安くしていたなんて・・・即刻止めんか!

これも親しい議員連中に持ち込む。動かなきゃ落選させるだけ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (343)
ニュースの深層 (13289)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR