FC2ブログ

2016-10

友カツラ庇い合い“器が小さい!? 小倉智昭が加山雄三を使って、宿敵「週刊文春」に嫌がらせ中!

友カツラ庇い合い“器が小さい!? 小倉智昭が加山雄三を使って、宿敵「週刊文春」に嫌がらせ中!
日刊サイゾーより

 大物キャスターの小倉智昭が、憎き「週刊文春」(文藝春秋)に、ネチネチと“口撃”を続けている。


 小倉は先日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された俳優の庄司哲郎容疑者と“ただならぬ関係”であると、同誌に報じられたばかり。

小倉は同容疑者のタニマチ的な役割を果たし、それほど値打ちがあるようには見えない庄司容疑者の絵画を一枚数十万円の高値で買い取り。同容疑者への資金援助は、総額2.5億円に上るともいわれている。


 この疑惑に、小倉はレギュラー番組『とくダネ!』(フジテレビ系)の中で、苦しい弁明に終始。

文春が提示した小倉と同容疑者の証拠メールについて「すべて私の作り話」と述べるなど、キャスターとしての資質に疑問の声が上がっている。


 そんな中、文春は21日発売号で、こちらも大物歌手・加山雄三のゴーストライター疑惑をスクープ。

同誌によれば、加山自身の作詞とされていた1960年代の11曲と、2015年に発表した「I Simple Say」は、加山の妹の元夫で米国人の作詞家が手がけたものだという。


 加山サイドは「文春が恣意的に掲載した」と事実関係を否定しているが、音楽関係者の間では「加山さんはケチで有名。こうしたトラブルを聞いて、驚きよりも『あぁ、やっぱりね』といった感じ」という。


 しかし、小倉は21日放送の『とくダネ!』で、
「加山さんは、英語が非常に堪能で、スタンダードを歌ったアルバムなんか素晴らしいし。…

そういうこと(ゴーストライター)が加山さんに本当にあったのか。あっても、補作程度だと思う」と擁護。


 26日放送でも、加山とメールでやりとりしたことを明かし、

「はなから自分にはゴーストライターなんていないっていう感覚だった。さすが豪傑で、相手にしてない。若大将健在なり」と称賛した。


 スポーツ紙記者は「文春報道を否定するかのような物言い。加山さんのネタを通じて、遠回しにディスっているとしか思えません(笑)。

よほど恨みがあるのでしょう。実際、文春報道を受けて、小倉さんの『とくダネ!』降板情報も浮上しているほどですから」と話す。


 加山を擁護するつもりが、小倉の小物ぶりが露見してしまったようだ。


㊟これは公共電波私物化の典型と言える。互いに全カツラを剥がされるのを怖れたのか、庇い合ったのか分からないがふざけたヤツだ。

 特に小倉はワイドショー「とくだね!」を担当するようになってから、「話題の人や売れっ子芸能人を出演させると、直ぐに10年来、20年来の友人のような態度をとる」(芸能レポーター)ようで、


 扱ってもらいたいのはやまやまだが、「なれなれし過ぎて好きじゃない」という芸能人が多いのだと。判る気がする。特に文化人らは嫌うらしい。

確かに、こんな男に番組なくなってから、声かけられたらいい気はしないもの。ま、どうやら明年夏には消えそうですから喜んでください。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

これで総理の野望潰える!!中国人ビジネス客ら対象の「数次ビザ」、10年に延長へ

これで総理の野望潰える!!中国人ビジネス客ら対象の「数次ビザ」、10年に延長へ


 外務省は、中国人ビジネス客らを対象に、来月17日から、日本に何度も出入国できる「数次ビザ」の有効期間を最長5年から10年に延長する措置をスタートさせます。

 外務省によりますと、ビジネス目的や文化人・知識人の中国人が対象とされる何度も出入国が可能な「数次ビザ」の有効期間は、これまで最長5年でしたが、来月17日から2倍の10年に延長されます。


 また、中国政府直属の大学の学生らの個人旅行用の一次ビザは発給要件が緩和され、外務省はビジネス面での利便性の向上のほか、若年層の日本訪問やリピーターの増加に繋げたい考えです。


 「やはり両国関係を改善させ、そして進めていくにあたって、お互いの国民感情の改善、これは不可欠な要素であると考えます」(岸田文雄 外相)


 一方、日中交流の在り方を議論する民間の会合で挨拶した岸田外務大臣は、「互いの国民がまだ良い印象を持っていない」と指摘したうえで、「日中関係の基盤強化のため様々なレベルの対話、交流が重要だ」と強調しました。(27日21:20)


㊟外務省は一体どういう神経をしてこんな結論をだしたのか? またその具申を無条件で受け入れる岸田外相にも驚く。


 これで凶悪犯罪者が増え、結核、エイズ、梅毒、はしか等が我が国を覆うことになる。その時、誰が責任をとるのか!

 読者も外務省と岸田外相に抗議のメール、手紙を殺到させよう。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

【中国トンデモ事件簿】世にも奇妙な猟奇殺人は、中国の経済発展の裏で今も残る風習「陰婚」が原因だった!女性の遺体取引、闇のビジネスに…

【中国トンデモ事件簿】世にも奇妙な猟奇殺人は、中国の経済発展の裏で今も残る風習「陰婚」が原因だった!女性の遺体取引、闇のビジネスに…
夕刊フジより

近代的なビルも建設され、経済発展が進む中国陝西省楡林市(ロイター)。一方で「陰婚」の風習が根強く残る地域とされる

 中国甘粛省で男が知的障害を持つ女性2人をだまして家から連れ出し、殺害した事件が中国社会で波紋を広げている。

特異なのはその動機で、中国北部に残る埋葬の風習「陰婚」のために、「死者の花嫁」として遺体を売り飛ばしていた。

現地では「陰婚」のために女性の遺体を取引する市場が形成され、金目当ての殺人や遺体の盗難などの事件が後を絶たないという。
 上海のニュースサイト「澎湃新聞」などによると
、今年4月、甘粛省寧県屈家村に住む60歳過ぎの馬崇華は、近隣に住む女性(47)を同居していた母親から引き離し、近くの洞窟で鎮静剤を注射して殺害。遺体を陝西省神木県まで運んで男性に売り払った。

 女性は離婚後、精神に変調をきたし、年老いた母親と同居していた。

自分の死後に娘の面倒を誰がみるのか-。男は母親の不安につけこみ、「面倒をみる結婚相手を探す」と持ちかけて女性を連れ出したのだった。

 遺体を4万200元(約60万円)で買い取った神木県に住む男性は、2年前に当時67歳だった未婚の弟が交通事故死。
以来、「陰婚」の相手の女性を捜し求めていた。遺体について犯人の馬は「病死した従姉妹だ」と嘘をついた。

 陰婚は陝西省や山西省など中国北部に残る埋葬時の風習で、死者同士の結婚を意味し、3千年以上の伝統があるともいわれる。

独身の男性が死去した場合、祖先の墓に入ることができず、孤立した場所に墓をつくらざるを得ないが、陰婚により「配偶者」を得れば祖先と同じ場所で眠れるという理屈だ。

 この結果、配偶者の役割を務める独身の女性の遺体の売買市場が生まれた。
澎湃新聞は「陝西省北部の石炭産業による経済発展は、この市場を狂気じみたものに変えた」という。

以前は女性の人形を使った陰婚が行われていたが、人々の所得が増加した結果、本当の“結婚”を求めるようになった。
2010年前後に遺体取引市場はピークを迎え、女性の遺体は最高20~30万元(約460万円)に達したという。

 犯人の男は最初の犯行が成功したことに味をしめ、近隣の別の女性(60)をだまして連れだし、洞窟で同様の手法で殺害した。地元当局によると、被害者の2人の女性はいずれも知的障害があったという。

 馬は仲間とともに女性の遺体を陝西省に運ぶ途中、警察の検問を受け、一連の犯行が明るみになった。

 こうした風習が21世紀になっても中国に根強く残る背景として、遺体の売買が法規上は禁止されているものの罰則がないことや、政府が提唱する土葬から火葬への転換が進んでいないことなどが指摘されている。

㊟どうです?これが中国の恐ろしい現実なんです。恐ろしいと言うかアフリカ諸国やアマゾン奥地の人々ととまったく同じです。

 こんな国との国交は斬絶するほうこうに持って行くべきでは。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (343)
ニュースの深層 (13289)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR