FC2ブログ

2016-06

緊急告発!!とくダネ!ヤラセ!!日枝会長、ヤバいよ!!

緊急告発!!とくダネ!ヤラセ!!日枝会長、ヤバいよ!!

 
15日のふじTV“とくダネ!!”の「次の都知事候補アンケートランキングはヤラセ」の内部告発が早々に入った。

 筆者も見ていた。このアンケートはおかしいぞと思っていたら案の定だった。

 読者のために15日の特ダネアンケートを紹介する。

<18歳以上の都民1000人緊急アンケート>と銘打ち、街中でアンケートしたそうだ。(告発内容は後述。)

 次の都知事は誰が相応しいか

1) なし
2) 池上 彰
3) 橋下 徹
4) 東国原英夫
5) 桜井 俊
6) 小池百合子
7) 片山善博
8) 石原伸晃
9) 蓮 舫
10) 片山さつきと谷 亮子
11)

 すぐにおかしいと思ったのは5位の桜井俊なる男。

司会の小倉智昭氏もこの結果に怒りを覚えたらしく、

「街の人にこの人たちの顔と名前を並べて選ばせたんでしょ?」
 と言い、

「1位がだれもいないって…都知事って誰でもいいんだ」
 とため息。、

 5位の櫻井俊なんて男は都民の99%以上は知らないはず。アンケートを取るときに、バイトの連中に、

「この人はジャニーズの『嵐』の櫻井翔のお父さんです」
 と指さして誘導したのは見え見え。


 政治に無知な若い女たちは「ワァー、翔のお父さんならカッコいい」で選ぶ。これが先の小倉氏の言葉に如実に表れている。が、それでも5位はおかしいと思っていたら告発だ。

どうやらズバッと言う筆者のことを知っているようだ。

「正次郎先生しか書けないと思います」
 と怒りを込めて始まった。

告発するのは特ダネスタッフではないようだ。アンケートをした下請けスタッフが、放送を観て激怒。彼に声が届いたようだ。


 筆者がおかしいと見ていたと言うと、
「さすがです。アンケートを取るときに街の人は『この人誰』、『この男は?』とみんな指さしたそうです。それで『嵐の櫻井のお父さん』と説明したそうです。」
―やっぱりな。予想通りか。

「街に出る前にそう説明するように指示されたんだそうです」


―卑劣な誘導じゃないか。それで視聴者を騙すのは公共の電波で許されることじゃないぞ。しかも世論操作で大問題。しかも…桜井は電波を管理する総務省のボスじゃないか!


「先生、それだけじゃないんです。これを聞いたら先生激怒しますよ。」
―どういうこと?


「アンケート結果もまるっきり嘘で、最終統計で桜井はベストテンにも入ってなくて、ランク外だったそうです、これには驚きました」
―何!それを彼らの上が5位に入れたのか。


「ハイ。しかも彼らの見てないとこでやったらしく、オンエアを見た連中から『なんだこれ!違うじゃないか!』って声があがって…」
―でも彼らは何も言えんしな

「それで回り回って私に言って来たんです。『こんなんじゃ何のアンケートだって』」
―私も直感でおかしいと…やっぱりヤラセか…許せんなこれは…


「どうも上が絡んでいるようで…」
―それ以上言わんでいい。読めている。日枝(会長)と官邸筋が絵を描いたんだ。


「やはりですか。こんなことやってるからテレビ東京にも負けるんですよ、うちは」

―実はね。舛添問題が辞任に発展しそうな雰囲気になってきたときに、何処かがいきなり櫻井俊の名を出してきたんで、これは!と直ぐに気づいていたんだ。


「さすがです。私は都知事が誰であろうと構いませんが、テレビをこんな利用の仕方をするのは政権の横暴以外のなにものでもないですし、ウチも政府の御用テレビに落ちてしまいますよ」
―私は桜井俊のやってきたこと…、いろいろ問題があるんだ。


「あ、うち以外では日テレと読売がやたらと桜井俊を持ち上げてますね」

―そうか。私はオウム真理教の地下鉄サリン事件以降、読売新聞は読まんし、日テレの番組もニュース枠にまでジャニタレを使っているんで見ないようにしているんだ。


「朝のZIPニュースの山口達也も夕方のエブリニュースの小川慶一郎も漢字が全読めないんで大変らしいですよ。それに11時のニュースには桜井翔でしょ。翔の妹も日テレに就職してますし。。。」

―確か、日テレが嵐の翔の姉か妹かを入社させたのは、桜井俊が郵政民営化前の地上波部長当時で電波に強い権限を持っていたんだ。

「そうだったんですか。まったくしりませんでした。凄い情報網ですね」
―ま、君んとこもジャニタレ兄弟や芸能人のバカ息子、娘がいるじゃないか。ま、ニュース枠に出さんから大目にみるよ。


「面目ありません。でも参りました。」
―ありがとう。この件はブログに書いて日枝会長にメールしておく。騒ぎになるだろうが、君の名は出ないから大丈夫。


「先生を信じてますから。あの細木数子をうちから引き摺り下ろしてくださったのも先生だと聞いていましたのでお電話させていただきました」

―頑張れよ。くじけるな。日枝ももう痴呆症が出始めているらしいから。
「そんな…あ、そう言えば正次郎先生、アメリカのトランプが大統領になるって3月の頭に予言しましたね」
―そうだ。見たの?

「ええ、ファンが多いんですよ、日本でもアメリカでも誰も予想しなかったじゃないですか。先生が予言したあとも、日本のどの専門家もトランプは泡沫だって言い続けてましたよ。正次郎先生ただ一人ですよ。凄いですね」

―私の霊的直感が働いたんだ。顔もいいがね。

「…それじゃウチの視聴率どうしたら上がるか直感でお願いします」
―ダメ。それは日枝氏と話す。予言が的中したらそれなりの金を要求しなきゃならんからな。
それに日枝と日テレ、読売が組んで桜井俊を推す裏に東京五輪があるんだ。そのうち暴露する。
先ず怖い?“渡邉機関„を動員して櫻井俊を徹底的に調べ上げる。叩けばどす黒い膿が出る。桜井俊もこのブログを読むだろうから、どう出るかだな。

「僕では無理ですね。助けてくださいよ、フジテレビを」
―わかった。

 最後に、
“桜井俊よ、舛添のように晩節を汚すな!驕る平家は必ず滅ぶぞ。
トバッチリハ家族親族にも及ぶぞ。恨みは怖い。恨みを買うな。         合掌
スポンサーサイト



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

舛添へ動き鈍い自民都議らに延焼「都民甘く見るな」「追及しないと次の都議選は…」

舛添へ動き鈍い自民都議らに延焼「都民甘く見るな」「追及しないと次の都議選は…」
(デイリースポーツ)

 政治資金の公私混同疑惑が噴出して炎上状態が続く、東京都の舛添要一知事の問題で、知事追及の動きが鈍いと指摘される自民党都議らのSNSにも厳しい意見が書き込まれる“延焼”が始まった。

 各メディアの世論調査では、舛添氏の説明に「納得がいかない」との回答率が97%にのぼるなど前代未聞の数字が出たとも報じられる中、現状、自民党都議団は調査権限を持つ百条委員会の設置には慎重姿勢を示している。

 こうした中、自民党東京都連のツイッターには、
「静観とはいかに?」

「百条委員会の設置はいつですか?」

「有権者は舛添知事に呆れはてて、怒りの矛先が自民党に向きはじめてますよ」

「都民の為に働いてます?」

「まさかダンマリを決め込む訳ではありませんよね?」

「都知事選で彼を擁立した責任をどうお考えですか?」
とのコメントが相次いでいる。

 また、
「有権者が注視しています」

「都議会を、都民も国民も注視していきます」

などと今後の自民都議の行動に注目することを伝える書き込みも多く、

「納得のいく追及が出来ないようでは参院選、都議選で痛い目にあう事になりますよ」

「夏の参院選 来年の都議選 惨敗しますよ」

と強烈な文言でプレッシャーをかけるコメントもみられる。

 また東京都連だけでなく、各都議のツイッターにも、

「舛添降ろしに言及しない自公都議会議員の実名を一覧にして公表して下さい」

「都民を甘く見てると…」

「追及しない都議は次の選挙でブーメランを喰らう」

「次回の選挙であなたには投票しません」

などと、かなり厳しい文言で、都民が納得できる対応を行うよう求めている。

㊟自民党の超大物参議院議員迫水久常の秘書をしてきた筆者は、自民党の欠点を良く知っている。

 多数になると自民党こそ正義だ。何をやろうと我が天下とばかりの言動が多くなる。

 筆者はスキャンダルが連続したり、明らかにおかしい法律を上程する度に、迫水議員に、

「この法案はおかしいですよ」

「この法案は国民を無視しています」

 等々、意見を述べてきた。

 それが度々続くと、迫水議員は、

「お前は自民党のなかの共産党員か!」

 と怒鳴った。


 隣室の岡田広参議院議員の秘書と迫水議員がトイレでの小便器が並んだ時、
 その秘書が、

「迫水先生、渡邉秘書先輩には大変お世話になっています」

 と感謝を口にしたら(岡田議員の後援会員の交通違反の貰い下げなども依頼されていた)、

 なんとまあ、

「あいつはうるさいから一週間に一度来ればいい」
 と吐いたのだそうだ。

 自民党議員ってこうなんですよ。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

緊急!マムシの善三の弁護士資格剥奪を!!よもや痴呆症!?

緊急!マムシの善三の弁護士資格剥奪を!!よもや痴呆症!?


 舛添都知事を追い込んだのはマムシだ!!マムシは弁護報酬を払った舛添を窮地に追い込んだ罪は断罪!!

もしかして、都民、国民の非難が舛添に殺到するように仕組んだ?…これは冗談だが。


 法の素人の誰が見ても、法の専門家でも、舛添の行動、言動は看過できるものではないし、確実に法に触れている部分もある。


 それを「俺が法だ!」「法も分からん国民、マスコミは黙れ!」と、悉く無罪にし、舛添を擁護した。

 マムシの善三は己の判決で「“一件落着。国民は黙る」と国民を舐めた判決を下したのだ。

これは明らかに頭が悪く、いや、知能が低く、社会の動き、動静、情勢を読めないからで、ひょっとして痴呆症を発生?

舛添よ、潔く辞任し、報酬を払ったあなたを罪人にしたマムシの善三を告発し、弁護士資格を剥奪しなさい。そして莫大な損害賠償請求訴訟を起こしなさい。

それで晩年の生活費≪贅沢費≫を確保すれば何人目かの妻から捨てられなくて済むよ。

舛添だけではない。こんな卑劣な男に弁護士資格を持たせた、大手を振って歩かせていたら、いつあなたも舛添と同じ目に遭うか分かりません。

マムシの弁護士資格剥奪を働きかけましょう。
              正義の仮面・正次郎

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

【壮絶選挙区に迫る】岩手選挙区 「小沢王国」危機 永田町での影響力ガタ落ち


【壮絶選挙区に迫る】岩手選挙区 「小沢王国」危機 永田町での影響力ガタ落ち
6.9

 生活の党の小沢一郎代表のおひざ元、岩手選挙区(改選数1)は「小沢王国」と呼ばれてきたが、永田町での影響力低下に合わせて、かなりガタがきている。

2013年の前回参院選では、無所属の平野達男元復興相にトリプルスコア近い大差をつけられて、公認候補が3位で落選した。


 背水の陣となる今回は、生活の党の主浜了副代表を、民進党と共産党、社民党との野党統一候補として出馬させる準備を進めていた。
だが、主浜氏は4月末、「家族の介護」を理由に突然、引退表明した。

 小沢氏は急きょ、自らの元秘書で、岩手県の達増拓也知事の秘書も務めた元県議の木戸口英司氏を野党統一候補に担ごうとした。


 「民進党は当初、畑浩治元衆院議員の擁立にこだわったが、最後は畑氏を次期衆院選で岩手2区の統一候補とすることで折り合った。

共産党は出馬予定だった吉田恭子氏を比例代表に回した。ようやく、木戸口氏の一本化で動きだし、小沢氏は議席獲得に自信を深めている」(盛岡市議)


 確かに、生活の党は前回参院選で大敗したが、民主、共産両党の得票数を合計すると19万9624票で、次点だった元慶応大ラグビー部監督で自民党の田中真一氏の16万1499票は超える。


 ただ、前回圧勝した平野氏は24万3368票を獲得しており、今回2度目の挑戦となる自民党の田中氏の支援に回る。


 地元県議は、
「平野氏は、東日本大震災後の、小沢氏の『被災地軽視』と指摘された言動に強い不信感を持っており、かなり力を入れて田中氏を応援するとみられている。24万票がすべて田中氏に行くとは考えられないが、平野氏の燃え方次第で勝敗が左右することも十分あり得る」と語る。


 田中氏は前回選挙で、岩手県全体に名前も顔も浸透した。
昨年秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表が大活躍した追い風もある。相手も新人だけに、議席獲得の最大のチャンスとみている。


 前回参院選では、安倍晋三首相が選挙区入りするなど力が入ったが、今回も5月末、石破茂地方創生担当相が入るなど、前哨戦はヒートアップしている。 (ジャーナリスト・田村建雄)

【岩手選挙区、主な立候補予定者】(1)
▼田中 真一49  自新
 石川 幹子51  幸新
△木戸口英司52  無新
※△は「やや優勢」、▼は「やや劣勢」(夕刊フジ分析)。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

40男が若い嫁をもらうと悲惨なことになる…

40男が若い嫁をもらうと悲惨なことになる…
週刊SPA! 6月2日(木)9時10分配信
 40男にとって自分よりはるかに若い20代の嫁をもらうのはある種の夢であろう。が、悲惨な事例は多々報告されている。まずはすでに離婚した池戸大輔さん(仮名・42歳・会社員)。


「結婚は自分が40歳で嫁が22歳のとき。自分の会社に派遣として働いていて、先輩面で近づき、猛アタックしてゲット。ところが結婚後1年で嫁に浮気をされました。怒ると、『まだ遊びたいの!』と逆ギレ。高校時代の元彼とデキてしまい、わずか2年で離婚です」

 ところが、ここですんなり終わらない。元嫁が不倫相手に捨てられたのを機に復縁を迫るロミオメールが届く。自宅前で待ち伏せや、実家に連絡して「復縁を仲介してほしい」と訴えストーカー化。

「若さゆえに何を考えているかわからなくて、『刺されるのでは』という恐怖で毎日怯えていました」

 元嫁は実家に引き取られたが、散々だったと振り返る。また、立花豪さん(仮名・45歳・会社員)も悲惨だ。

「もともと自分は既婚者で、若い今の嫁(24歳)と不倫できたことに浮かれていたのと、『子供ができにくい』と言われて避妊をしなかったことが悪夢でした。結果的に子供ができてしまい、嫁と離婚して彼女と結婚することに。

ところが出産まではいいコだったけど、見事に育児ノイローゼを発症。45歳の自分が仕事、家事、育児すべてやっています。正直、年が近い元嫁のほうが楽でしたよ」

 地獄はこれからも続いていく。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR