FC2ブログ

2016-06

少しチャラい枝野さん…M秘書はヤバい事件を起こすぞ!必ず。

少しチャラい枝野さん…M秘書はヤバい事件を起こすぞ!必ず。

アイドルを幹事長室に入らせた枝野幸男氏秘書の言い分
6.1
 汗だくでタオルを振り回し、ミニスカートの若い女性たちと飛び跳ねる中年男性。民進党・幹事長の枝野幸男議員(51)である。

 4月30日、千葉県の幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2016」で、枝野氏が、アイドルグループ『仮面女子』と一緒にステージ上で歌とダンスを披露した際の様子だ。
昨今、枝野氏は彼女たちに夢中なのだという。民進党関係者が語る。

 「もともと枝野さんはアイドルへの理解はある人でしたが、この仮面女子はいわゆる地下アイドル。

 一般的な知名度は低い。それにもかかわらず、2年ほど前から彼女たちが枝野さんの応援演説に駆けつけたり、逆に枝野さんが彼女たちのライブを鑑賞するなど、交流を深めているのは、彼の公設秘書のM氏の趣味によるところが大きい。彼は地下アイドルに精通している筋金入りのアイドルオタクなんです」


 現在40代前半だというM氏は、10年ほど枝野氏の秘書を務めているという。

 枝野氏とアイドルをつなぐパイプ役なのだが、いまM氏のアイドルに対する言動が問題視され始めている。M氏のツイッターをフォローしている彼の知人が明かしてくれた。

 「Mはツイッター上でアイドルと交流しています。フォロワーへの限定公開ですが、アイドルへの熱い思いが暴走することもあり、野党第一党の幹事長秘書としては、不用意な文言も目立つ」

 M氏の“推しメン(イチ推しのメンバー)”は、仮面女子の桜雪(23)。今春、東京大学文学部を卒業した異色のアイドルだ。とにかく彼女への思いを綴ったツイートが多い。

 〈うちと絡めば Yahoo! nws(原文ママ)とか新聞やテレビに出られるから色々な地下アイドル事務所が連絡してくるんだけど、雪ちゃん以外はアウトオブ眼中なんです〉

 〈俺が雪ちゃんに会いに行こうとするとミサイルを発射する国があるんだけど……〉

 北朝鮮にミサイル発射の動きがあったため、アイドルのライブに行けないことを嘆くツイートも見られた。

 さらに今年2 月、かつて仮面女子のメンバーだったアイドルを民主党(当時)の幹事長室に連れ込んだ様子を写真付きで公開し、〈この部屋は一般人どころか普通の国会議員も入れないんだよー(笑)〉などと、公私混同ともとられかねないツイートをしたのである。

 その他にも仕事よりもアイドルイベントへの参加を優先していることを窺わせるツイートもあった。一連の言動についてM氏はこう答えた。

 「僕はちゃんと仕事を終えてからアイドルのライブに行っています。行動記録もあります。最近は忙しくて2 か月ぐらい仮面女子のライブに行けてませんが、仕事をサボったことはない。
幹事長室にアイドルを呼んだことは枝野議員も知っています。実は誰でも入れる場所だし、おかしなことは何一つしていません。

 ツイッターには調子に乗って事実ではないことも書きました。仮面女子と仲が良いように思われるかもしれませんが、実際は1、2か月に1回ライブを見に行き、2000円払ってチェキを撮る時に桜雪さんと少し話をする程度です」

 桜雪以外はアウトオブ眼中、というのは嘘ではないようだ。週刊ポスト2016年6月10日号

㊟驚きですね。興奮しますね。このMなる秘書の言葉。先日、小金井で地下アイドルを襲った男の発言とそっくりですね。

確かに自民党にも銀行に就職してもキャンデーズのスー(田中好子)ちゃんの追っかけしていた石破茂くんとか、ズべ公そのままの三原スベタじゅん子にべたべたしている茂木敏光って選対委員長が…なら、野党はしっかりしとるだろうと思うがそうじゃないんですね。

与党の野党も同じですね。グローバル化したんですかね。

恥ずかしいですね。枝野短足でぶがアイドルと踊りまくり、彼女たちは帰りには舌を出して、唾を吐いているのを知らないってとこが政治家として無理なんじゃない?

枝野は弁護士ですよ。ま、語尾伸ばし言葉で筆者に叱られた社民党の福島みづほ先生も弁護士ですが。どうも弁護士っては若いとき勉強し過ぎて、少し普通じゃないとこが・・・。

枝野さん、このM秘書気を付けんとヤバい行動に出ますよ。必ず。発言を見ると分裂気味で危険です。

そこで野党に一句、
「不信任 出した野党も 不信任」
スポンサーサイト



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

国税は見ぬ振り?五輪、FIFA「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

国税は見ぬ振り?五輪、FIFA「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

―興味津々の記事だ
MAG2より

招致を巡る裏金疑惑で、一部では開催自体を危ぶむ声も聞かれる東京オリンピック。日本の大手マスコミでは伝えられていませんが、海外メディアでは電通が大きな役割を果たしたと報じられています。

メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、かつてFIFAの汚職事件で4億円以上のカネがタックスヘイブンを通じて、
電通幹部に渡っていたという「事実」を取り上げつつ、
今回の疑惑について電通が果たしたであろう役割、さらには「安倍政権と電通」の関係についても詳細に記しています。

五輪招致の黒幕・電通がひた隠しにするオフショア資金の流れ

東京オリンピック招致を日本はカネで買ったのだろうか。
コンサルタントと称しオフショア口座を利用する会社に2億3,000万円を振り込んだのは確かだ。これが、投票権を持つIOC(国際オリンピック委員会)委員への買収工作資金なのかどうか。

招致委員会の中核組織だったJOC(日本オリンピック委員会)の説明では、電通に太鼓判を押してもらったので契約を結び、コンサル料を支払ったと言う。

だが、どんなコンサルだったのか、その内容を明かさないのは、いかにもウソっぽい。

電通がからんでいるならなおさら怪しい。FIFA(国際サッカー連盟)の汚職事件でも、電通は疑惑の渦中にいた。
そして、疑惑の中心人物であった電通の元専務が、あろうことか東京五輪組織委員会の理事として名を連ねているのだ。

テレビの放映権や、スポンサー企業とのビジネス契約など、巨大利権をめぐってマネーが飛び交う国際スポーツ大会の舞台裏。昨年5月、スイスの司法当局がFIFAの幹部を汚職の容疑で逮捕したのは記憶に新しい。

事件は英国人ジャーナリスト、アンドリュー・ジェニングスの調査報道で明るみに出た。
彼の著書『FIFA腐敗の全内幕』には、
ブラッター会長が率いるFIFAの幹部たちにカネを貢いで利権をほしいままにしていたアディダス関連のスポーツマーケティング会社「ISL」のことが詳しく書かれているが、その中に電通に関する記述がある。

その金は世界最大規模の広告代理店である日本の電通からのものだった。

その電通はワールドカップのもろもろの権利をISLから取得して、日本のメディアに売っていた。

ISLの経営が2000年後半に傾いたとき、電通は東から西へとカネを送った。数日後、
その金の一部がISLのオフショアアカウントから、同じルートで東側へキックバックされた。

債権者は自分たちの金の返済を求めたが、400万スイスフランは、香港にあるとされるギルマーク・ホールディングスの口座にすでに送られていた。

…レポーター、ジャン・フランソワ・タンダはーこの業界で信頼できる情報源を通じ、金が電通の専務、高橋治之に渡った事実を暴きだした。

タンダも私も電通にコメントを求めたが、東京の巨大広告代理店は、質問に答えてくれなかった。
たかり体質がしみこんだFIFAの幹部たちへの賄賂攻勢でついに資金が尽き、倒産したISL社に対する裁判がスイスのツークで開かれ、電通からISLへの資金提供が明らかになった。

しかもその資金の一部は当時の電通専務、高橋治之あてに、オフショア口座を通じてキックバックされていたというのである。
この不透明なカネの流れについて電通は何も語らず、いまだに闇の中である。

高橋なら全てを知っているのではないか。電通を退職した高橋は現在、東京五輪組織委員会の理事としてあいかわらず国際スポーツの分野に身を置いている。

電通はなんともないのだろうか。日本円にして約4億4,000万円もの大金が裏ルートで還流し、かりに適正な処理が行われていないとなれば、脱税その他の不正行為が疑われても仕方がないだろう。
東京五輪招致について買収疑惑が持ち上がっている今こそ、電通は公明正大というなら、それを証明すべきである。

FIFAスキャンダルを暴いたジェニングスが最初に目をつけたのはサマランチ会長時代のIOC(国際オリンピック委員会)だった。

ソルトレイクシティ冬季オリンピック(2002年)の開催地が決定した1998年、招致委員会によるIOC委員の買収疑惑をあぶり出し、過去の招致活動でも不正行為が行われていたことを突き止めた。

その後、2001年にサマランチが退任すると、ジェニングスはFIFAに矛先を変えた。
そのせいか、IOCスキャンダルは沈静化していた。ジェニングスによると、「スポーツ記者の多くは、この問題に触れたがらなかった」のだ。

その理由は、「組織幹部やアスリートに接触できなくなるのを恐れたため、あるいは単に時間やエネルギーをかけたくなかったため」らしい。

つまり、世界スポーツ最大の祭典をとりしきるIOCのまわりには、汚いものには耳目を塞ぎ、ひたすらオリンピック賛歌に舞うスポーツ記者ばかりいるということだ。

そんなぬるま湯につけておくと、巨大利権の王国では、必ずといっていいほど腐敗菌がはびこるものだ。
2013年9月、「トーキョー」と、ジャック・ロゲが声をあげ東京への五輪招致が決定した裏側で、日本から振り込まれた買収資金による集票工作が行われた疑いが濃厚になっている。

疑惑の内容はこうだ。

同年7月と10月の2回にわたり、シンガポールのアパートの一室を住所とするブラック・タイディングス社の口座に、日本のオリンピック招致委員会サイドから2億3,000万円が送金された。

同社代表のイアン・タン・トン・ハンなる人物は、その当時IOCの有力委員で国際陸上競技連盟(IAAF)の元会長でもあるラミン・ディアクの息子、パパマッサタ・ディアクの親友なのだ。

ラミン・ディアクはIAAFのドーピングにからむ収賄と資金洗浄の疑いで仏当局に逮捕されている。パパマッサタ・ディアクは母国セネガルに逃亡し、国際手配中だ。

仏当局によるこのドーピング事件の捜査の過程で、オリンピックの東京招致にからむ買収工作が浮かび上がった。
世界反ドーピング機関(WADA)は今年1月27日、汚職疑惑の独立調査委員会の報告書を発表したが、この中にも、オリンピック招致に関する次のような記述が見られる。

トルコは国際陸連に協賛金400万ドル~500万ドルを支払えと求められたが断ったためラミン・ディアク会長の支持を得られなかった。

日本側はこの額を支払ったので、2020年の五輪は東京に決まった…。

息子のパパ・ディアクがパリで約1,600万円もの高級時計を買いあさっていたことが明らかになっている。

東京の招致委員会から受け取った裏金がその元手になっているとすれば、開催地を決めるための投票権を持つIOC委員に高級時計を配って多数派工作をした可能性が高い。

これについて、日本オリンピック委員会(JOC)の会長であり、招致委員会の理事長であった竹田恆和は、

「ブラック・タイディングス社への支払いは、あくまでコンサル業務に対する適切な対価だ」
と、買収工作を否定したが、2億円以上も支払わねばならないコンサルタント業務とはどんなものなのだろうか。

IOCは契約書や、業務報告書などブラック・タイディングス社からもらっていなければならないはずの資料の公開をさまざまな理由をつけて拒んでいて、ブ社がどんな仕事をしたのか、いまだ不明だ。

何をしてくれるのか分からないままに2億3,000万円ものカネを渡すバカはいない。

馳浩文科大臣の説明は竹田会長に比べると、まだしも正直だ。
「あれは買収ではない。多数派工作だ」

「ロビー活動を展開するため、より核心に触れる情報が必要だった」
要するに、多数派工作であることは確かなのだ。

振込を招致決定前と決定後に分けたのは、前金と、成功報酬の性格を帯びたカネだとみることもできよう。

この問題を国会で追及した民進党の玉木雄一郎議員によると、WADAの報告書には、
「『マーケティング・コンサルタント業』が、不正な賄賂を隠す便利な隠れ蓑であるということは捜査当局間の共通認識である」
との記載もある。


さて問題は、招致委員会の照会に対し、ブラック・タイディングス社が確かな会社だとお墨付きを与えた電通である。
WADAの独立調査委員会の報告書は、同組織のサイトからダウンロードできるが、電通とブラック・タイディングス社の関係について、以下のように記している。

電通の系列会社「電通スポーツ」は、スイスのルツェルンに「AMS」という会社をつくり、、国際陸上競技連盟(IAAF)から与えられた商業上の権利を販売していた。

ブラック・タイディングス社のタン氏は、IAAF主催の世界選手権大会(2015年北京大会を含む)などについてAMSのコンサルタントをつとめていた。

これを読むと、どうやら電通の関連会社AMSは、わざわざIAAFの有力者と親しいタン氏を間にはさんで、IAAFメンバーになにごとかを働きかけていたようだ。

馳文科大臣によると、ブラック・タイディングス社から招致委員会に売り込みがあり、電通に照会した結果、実績があるコンサルタント会社だと確認できたので契約したという。それはそうだろう、電通とブ社はつながっているのだから。

一時はISLに資本参加し、この寡占化された狭い世界にどっぷりつかってきた電通が、マネーの動く裏側の事情を知らないはずはない。

ジェニングスによると、ISLはアディダスブランドを立ち上げたホルスト・ダスラーが創設。
ISL、アディダス両社の売り上げを伸ばすため国際スポーツ連盟の幹部たちを買収し、サッカー、トラック競技、フィールド競技、オリンピックを支配していった。

現在IOC会長を務めるトマス・バッハ(フェンシング金メダリスト)は、もとをただせばホルスト・ダスラーが自社の「国際関係」チームにリクルートした人材だという。

余談だが、東京五輪組織委員会の理事であり、電通顧問の肩書も持つ高橋治之は、「環太平洋のリゾート王」の異名をとったイ・アイ・イグループ総帥、高橋治則(故人)の兄である。

東京協和信組の理事長でもあった高橋治則が不正融資事件で東京地検特捜部に逮捕、起訴されたのは1995年のこと。
それまで面倒をみてきた政治家が離れていくなか、彼が保釈後、最初に駆けつけたのが安倍晋三のもとだった。

高橋は安倍晋太郎、晋三親子と親しい関係にあった。田中森一著「反転」によると、高橋の息子が日航の就職試験に落ちたとき、晋三に相談したら、たちまち日航への就職が内定したという。

兄の高橋治之が安倍晋三とどのような関係にあるかは知らない。だが、電通がテレビ局ににらみを利かせて安倍政権に肩入れしているのは、昨今のテレビ局の萎縮ぶりから見ても想像できる。

電通はこのさい、襟を正すべきではないか。裏工作の限りを尽くしてマスコミを支配し、政治を広告化して虚像をつくりあげ、その結果、この国の民主主義を歪めている。そのことをしっかり、自覚すべきであろう。

それにしても国際的なスポーツ大会の商業主義化は行き過ぎている。
その誘致をめぐり、ロビー活動と称して買収資金が動くのは、クロウト筋では常識だという。際限ないカネへの欲望から、スポーツ精神を解放する手だてはないものだろうか。

『国家権力&メディア一刀両断』 著者/新 恭(あらた きょう)

㊟安倍政権ではいま国税も難いだろう。だが、即刑事告発できるよう“高橋の金の流れ”資料を収集すべき。時効になって判明したでは国民が許さんぞ。もちろん、国税の弱みを掴んでいる鬼の正次郎は絶対許さん。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

街中灰皿女はどブスで下品!

街中灰皿女はどブスで下品!

 これは筆者見聞録
 コンビニやショッピングセンター、街中の灰皿設置場所でタバコを吹かす女をよく見る。
 なべてブスが圧倒的。品が無い顔、姿を堂々と晒している。ま、確かに灰皿前に立つ男も似たようなものだが…女性の灰皿立は男以上に見苦しく汚らしい。

 たまに渋谷駅と宇田川交番近くの灰皿置き場を通ることがあるが、「チャンス」とばかりにふかしている。
そんなに慌てて吸うから顔が崩れるんですよと声を掛けよう…とは思わない。

そう、飲食店などの喫煙室でタバコふかし女も汚いのが多い。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR