FC2ブログ

2016-01

刑事、科捜研担当者、検事を断罪にせよ!!「この世に信じてはいけないのは政治家とヤクザと警察だ!」を明白に知らしめる冤罪を鹿児島県警、科捜研、鹿児島地検、女もグルで無実の男性をでっち上げ有罪!…が、11日、福岡高裁で無罪!!

刑事、科捜研担当者,検事を断罪にせよ!!「この世に信じてはいけないのは政治家とヤクザと警察だ!」を明白に知らしめる冤罪を鹿児島県警、科捜研、鹿児島地検、女もグルで無実の男性をでっち上げ有罪!…が、11日、福岡高裁で無罪!!

先ずは本日のいくつかの新聞紙面を見てみよう。先ずは東京新聞記事
鹿児島・強姦事件 「県警の証拠隠し」言及 福岡高裁支部、被告に逆転無罪


 福岡高裁宮崎支部は十二日、強姦(ごうかん)罪に問われた鹿児島市の男性被告(23)の控訴審判決で、懲役四年とした一審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。高裁でDNA鑑定を実施した結果、被害を訴えた女性の体内から被告とは別人のDNA型が検出された。岡田信裁判長は鑑定の信用性を認定し「女性の証言は客観的な証拠と整合せず、信用できない」と判断した。

◆DNA鑑定で「別人」検出
 DNA鑑定は鹿児島県警科学捜査研究所(科捜研)も実施したが「微量のため鑑定不能」としていた。判決理由で岡田裁判長は(1)鑑定経過を記録し、後の検証資料となるメモを廃棄した(2)精子を確認しながら鑑定できないとは考えがたい-と疑問を呈した上で「技術が著しく稚拙か、別人のDNA型が出たため捜査官の意向を受けて鑑定不能とした可能性を否定できない」と述べ、捜査当局による「証拠隠し」の可能性に言及した。

 さらに、検察側が高裁の鑑定後、別の専門家にDNA再鑑定を裁判所や弁護側に知らせず実施したことを厳しく批判。「有利な結果が出た場合のみ明らかにする意図だったと疑われ、裁判の公正さを疑わせかねない。希少な試料が必要性も緊急性もないのに費消された」とした。

 二〇一四年の一審鹿児島地裁判決は「女性の胸に付着した唾液から被告のDNA型が検出された。精液の存在も、鑑定はできなかったものの、女性の証言を裏付ける」として有罪とした。

 高裁判決は唾液について、被告と女性に何らかの接触があったことは認定した。
 男性は、一二年十月に鹿児島市の繁華街の路上で当時十七歳の女性を暴行した、として起訴された。男性は「酔っていて覚えていない」と話し、弁護側は一審段階から無罪を主張していた。高裁での鑑定後、昨年三月に保釈が認められた。(東京新聞)

次は読売新聞記事=強姦罪被告に逆転無罪…県警のDNA鑑定に疑義
 鹿児島市で2012年、女性(当時17歳)を乱暴したとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性被告(23)の控訴審で、福岡高裁宮崎支部は12日、懲役4年とした1審・鹿児島地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

 岡田信(まこと)裁判長は、鹿児島県警が行ったDNA鑑定は信用できないと指摘した上で、女性の供述についても客観的証拠と整合しないと判断した。

 裁判では、女性から検出された精液の鑑定が問題になった。14年2月の1審判決は、「県警の鑑定で、精液は確認されたが、DNAが微量で型は鑑定できなかった」という検察側の主張を認め、「精液検出は乱暴されたとの女性の供述を裏付けている」として、懲役4年(求刑・懲役7年)を言い渡した。

 その後、残りの試料を高裁支部が再鑑定したところ、昨年2月に精液のDNA型が被告と異なる第三者の型であることが判明。被告は同3月に保釈された。

 控訴審判決で岡田裁判長は、県警の鑑定について「技術が稚拙で、(DNAが)抽出できなかった可能性がある」との見方を示す一方で、「DNA型が検出されたものの被告の型と合わず、捜査官の意向を受けて鑑定できなかったと報告した可能性も否定できない」との疑いも指摘。県警職員がDNA溶液や鑑定経過を記したメモを廃棄していたと認定し、「鑑定の信用性に疑義がある」と述べた。

 女性については「(第三者との)事件直近の性交渉を隠すなどし、真摯(しんし)に供述していたか疑念を抱かせる」と指摘。合意の上で被告との性的接触が行われた後、何らかのトラブルが生じた可能性があるとして、強姦罪は成立しないと結論付けた。

 岡田裁判長はさらに、高裁支部の鑑定後に検察側が行った鑑定にも言及。「結果が有利に働く場合に限って証拠請求する意図すらうかがえ、訴訟法上の信義則に反し、裁判の公正を疑わせかねない」と批判した。

 被告は12年10月7日午前2時過ぎ、鹿児島市中心部の繁華街で、女性を近くの駐車場付近に連れ込み、乱暴したとして逮捕、起訴された。捜査段階から一貫して否認していた。

 福岡高検の中田和範次席検事は「検察官の主張が認められなかったことは遺憾。判決内容を十分に精査・検討し、適切に対処したい」とコメントした。


 この判決報道を知って思い出したのは、他人を疑うことをしない私を見かねた広域暴力団の副会長が、「渡邉、お前は人を疑うことを知らない。この世で信じちゃいけない人種が三種いるんだ。政治家とヤクザと警察だ!」と説教されたことと、

 筆者も警察とその手下のタレこみ屋に事実無根の事件をでっち上げられ逮捕、拘留され無実を勝ち取った事件だ。これは筆者が正義感が強く、7000人以上の犯罪者を取り調べたが、あれほど気性の激しい男は初めてだ」と驚くほど正義感が強く気性が激しいから無実を勝ち取ったが、恐らく国民の99%は無実の罪に泣くだろう。

(警視庁の事実無根のでっち上げ逮捕事件と、腹を抱えて笑うヤクザ親分の人生訓の詳細は『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』で。アマゾンより発売中)。

 この鹿児島県警の強姦でっち上げ事件の怖さは、被害女、警察、科捜研、検察の四者がグルででっち上げていることだ。
警察官は実績=昇進に繋がるからでっち上げ体質から抜けきれない(もちろん法治国としてあってはならぬ重罪)だが、怖いのは警察の外部組織となっているはが警察の下請けである、沢口靖子主演の「科捜研」までがグルだったことだ(靖子ちゃんゴメン。知っているから靖子ちゃんと呼ばせてもらった)。

 しかも驚いたのは12日一部のテレビに登場した元科捜研者が「ほんの少し手を加えれば証拠を偽装できる」と答えていることだ。

こんなことは中国やロシア、北朝鮮、韓国くらいのはずと思っていたが…声高らかに「先進国」を言うわが日本であったのだ。これでは99/9%正確とされ、多くの事件の約100%で科捜研の検査を信じた裁判官の判決が下されていることと、

鹿児島県警は男性を有罪にするために、証拠の男性の精液を意図的に破棄していたことだ。これは己らのでっち上げを隠滅するための証拠隠滅である。

もちろんこの女も断罪、私刑にすべきだろう。他の男性とセックスした直後、この無実の男性に責められたことを根に持って、男性に強姦されたと訴えたのだから。もちろん女にでっち上げを持ちかけた警察、検察も断罪にすべきで、いますぐ担当刑事らと幹部、検察官を懲戒免職にすべき。

男性読者よ、くれぐれもブス女には気を付けよう。だから、私は「ブス女の街歩き禁止法」を議員連中に働きかけようと考えているのだ。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR