FC2ブログ

2014-08

筆者もリコールに賛成する!!舛添知事の弱腰訪韓に批判高まる 都庁に抗議メール、電話が殺到!!東京五輪より仁川陸上が危険!!

筆者もリコールに賛成する!!舛添知事の弱腰訪韓に批判高まる 都庁に抗議メール、電話が殺到!!東京五輪より仁川陸上が危険!!
7.28
 東京都の舛添要一知事は28日午後、首相官邸で、菅義偉官房長官に面会し、先週の韓国訪問や朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談について報告するという。
ただ、朴氏の「反日」外交に利用されたような韓国メディアの報道を受け、舛添氏への批判が高まっている。都庁には6000件以上ものメールが届き、ほぼすべてが批判的意見という。ネット上には、「抗議署名」や「リコールデモ」を呼びかける声も出始めた。

 「反日感情の強い韓国と付き合う必要はない」「韓国のために都の税金を使うな」「平昌(ピョンチャン)冬季五輪に協力するな」

 舛添氏の訪韓について、28日午前9時半までに、都庁にはメール6000件以上、電話400件以上の意見が寄せられ、大半が批判的だった。まさに都民から袋だたきに遭っているといえそうだ。

 それもそのはず、25日の朴-舛添会談はひどかった。冒頭、朴氏は背筋を伸ばしたまま右手を出し、舛添氏は背中を丸めて握手したため、卑屈に見えた。会談でも、朴氏は「慰安婦問題は普遍的な人権問題」などと一方的に歴史認識を披露し、舛添氏はうなずきながら聞き入った。

 韓国メディアはこうした映像や写真とともに、舛添氏について「安倍晋三首相とはいつでも会える格別な仲」などと報じ、安倍首相に近い舛添氏が、朴氏に全面的に共感したかのような印象を際立たせた。

 さらに、舛添氏が、(1)2020年東京夏季五輪と、18年平昌冬季五輪の協力を呼びかけたこと(2)ソウル大学での講演で、
「90%以上の都民は韓国が好きなのに、一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」
と不可解な指摘をした(聯合ニュース報道)こと-なども、批判を激化させているようだ。

 ネット上では、舛添氏への「抗議署名」や「リコールデモ」を訴える呼びかけが、相次いで立ち上がっている。保守系グループによるものだが、どこまで広がりを持つのか注目だ。
舛添氏よ、誰が見てもヨネ大統領に媚びているように見えるのは間違いない。国民の90%は韓国が好き? ふざけるんじゃない。98%が韓国と韓国人が大嫌いと答えているんだ。ウソを吐くな。
先の選挙は応援したが、やはり君は政治家に相応しくない。薄汚い根性は生まれつきのようだな。
いいか、9月に開始される仁川陸上では、「日本n選手やサポーターに何が起きるか分からない」と囁かれているんだ。韓国なぞ、信じてどうなる?裏切られるのは関の山。
 そうそう、忘れるとこだった。舛添さん、あなたが宿泊したホテルのレストランの従業員らが、あなた方の食べた料理に唾や痰を吐き込んでいたそうですよ。
スポンサーサイト



テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

危険!!韓国仁川アジア大会で日本人を襲う韓国人が出る!!

危険!!韓国仁川アジア大会で日本人を襲う韓国人が出る!!

 9月下旬から韓国の仁川で開催されるアジア陸上大会は危険がいっぱいだ。筆者も危惧していたら大手新聞国際部の記者も、
「反日運動がますます激しくなっている現在の韓国では、陸上アジア大会が危険です。選手だけでなくサポーターも危険です。韓国人は辛いモノを多く食すからか、大変気が短い国民です。試合前から反日の声が高まり、試合で日本選手が勝ったら。それこそ暴力沙汰も起きるという声が出ています」
 と筆者の心配を裏付けた。


 また、スポーツ紙のデスクも、
「選手は先ず気を付けなければいけないのはホテルの食事です。中国は常態化していて、料理にタン、唾、フケ、ゴキブリどころか糞尿まで入れますが、韓流ブームの頃から韓国もやっているんです。それだけでも許せないが、怖いのは料理に下剤や<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

開き直り、逆ギレ、罪悪感ゼロの毒妻たちの不倫離婚!!①不倫妻にマイホームを奪われた夫!

開き直り、逆ギレ、罪悪感ゼロの毒妻たちの不倫離婚!!①不倫妻にマイホームを奪われた夫!
=あなたの妻も間違いなく不倫している。

―自分の不倫を棚に上げ、開き直って好条件の離婚を迫る毒妻たち。復縁を期待してきた夫も、最後には言葉を失うオンナの火遊びをのぞき見!!

浮気妻の言いなり離婚がふえている!?
 自分が離婚原因を作り出したにもかかわらず、悪びれず、謝らず、ひるまず、逆に夫を蹴散らす毒妻。先月23日、タレントの布川敏和と離婚が成立したタレントのつちやかおり。最後の引き金は、男性週刊紙が報じた“妻の不倫〟だった。
 記者会見で取材陣に、不倫相手について尋ねられると、満面の笑みを浮かべ「大切な人」と、堂々とノロケてみせた。

 復縁を訴える夫を完全に見下し、好条件(慰謝料なし、親権は妻、養育費と学費は夫)で離婚を成立させたつちやかおりの巧みな”離婚術〟。夫を自由に操り切った手さばきは、賞賛と非難を集めた。
 今回は、そんなつちやに劣らぬ毒妻たちの不倫離婚を総力取材。自ら不倫をし、バレたら開き直って離婚を迫る毒妻たちの実態に迫る――(『週刊女性』より)

①不倫妻にマイホームを奪われた夫!
 夫(50)との結婚生活20年目、18歳と14歳の娘を持つ三浦尚子さん(仮名=49)は、断固として、
「不潔な夫とはいたくない」

 結婚している男女が他人とキスや手をつなぐことすら許せない尚子さんは、営業職で、風俗店やキャバクラ接待が多い夫を罵倒し続けた。
 毎晩のように夫に向かい”不潔〟とののしる。その怒りは“いつか離婚してやる〟という明確な意志に変り、目的達成のために尚子さんは。コツコツ貯金を殖やし、管理栄養士の資格を生かしてパートの仕事も始めた。


 2年前、正社員に採用されたころ、大学時代の同級生と再会した。男性の家庭は破綻状態。猛アタックされたが、
「私も夫と同じように”不潔〟になってしまう」と拒否。しかし、半年後、肉体関係を持ってしまった。異変に気づいたのは同級生の妻。尚子さんの夫に対し、 <ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (260)
ニュースの深層 (11781)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR