FC2ブログ

2012-11

これが中国だ!!買ったばかりのテレビが爆発 有名ブランドの偽物―中国福建省

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト



これが中国だ!!買ったばかりのテレビが爆発 有名ブランドの偽物―中国福建省

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ロシアはまた独裁国家に逆戻り!!外国人記者との接触もご法度? 露、国家反逆罪の範囲を拡大

ロシアはまた独裁国家に逆戻り!!外国人記者との接触もご法度? 露、国家反逆罪の範囲を拡大
 国営ロシア新聞は14日、国家反逆罪の適用範囲を大幅に拡大した刑法改定の公告を掲載、同改定が発効した。これにより、国家反逆罪は「国際機関の敵対的活動に対する各種支援」に加え、「仕事や学業などで知った国家機密の提供」にも適用される。
理論上は国際選挙監視団体や外国人記者との接触も同罪に触れる恐れがあり、民主派識者は強く反発している。国家反逆罪の最高刑は禁錮20年。さまざまな解釈が可能な形で同罪を定義し、反政権派を威圧する狙いが指摘されている。(産経新聞モスクワ11月14日19;01)
【外信コラム】赤の広場で 消えた西側ラジオ放送!!
 冷戦時代のソ連に西側の空気を伝えた米国系ラジオ局「自由ヨーロッパ」(RFE)がこのほどロシアでのAM放送を終えた。昨年のマスコミ法改定を受け、外国人の出資比率が48%を超える局のラジオ放送が禁じられたためだ。
 1953年設立のRFEは旧西ドイツを拠点にソ連向け放送を行い、冷戦後はモスクワにも支局を置いてきた。今後はインターネットでロシア語放送や情報発信を続けるという。
 ロシアでは通算3期目のプーチン政権が反対派への抑圧を強めているが、放送停止をこれと同一視するつもりはない。
 マスコミへの外国人出資を規制する法律は多くの国にあるし、最近のRFEは他のリベラル系ラジオ局の人気に大きくひけを取っていた。ロシアでもネットが急速に浸透しており、すでに英BBCや米VOAもネットに特化している。
 反体制派が西側放送を傍受しようとラジオのチューナーをひねり、ソ連当局は妨害電波で対抗する-。そんな時代が過去になったということだろう。
 とはいえ、ロシアの民間マスコミは経営・報道内容の両面で弱く、RFEのネット報道には期待している。旧ソ連にはロシア顔負けの独裁国が多数あり、この意味でもRFEの存在意義がなくなったわけではない。(産経新聞11月15日03:10)
㊟共産党一党独裁の猪中国、若い独裁者が君臨する北朝鮮、そして国民を殺戮するシリアと世界情勢が民主化どころか冷戦時代に逆戻りをし始めているのは間違いない。やがて我が国も“♪進軍ラッパ吹き鳴らし♪、世界制覇で踏み出すかも・・これはいいこと。先ず、中国を占領だ。石原慎太郎総理実現ならやるだろう。期待しないが。

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

天罰はあった!そして下った!!橋下徹大阪市長を貶めた一流ノンフィクション作家・佐野眞一は盗作の過去が次々暴かれ、作家生命の終わり!!佐野氏よ、晩節を汚したのう!!子や孫に恥ずかしくないか?

天罰はあった!そして下った!!橋下徹大阪市長を貶めた一流ノンフィクション作家・佐野眞一は盗作の過去が次々暴かれ、作家生命の終わり!!佐野氏よ、晩節を汚したのう!!子や孫に恥ずかしくないか?

 私はUSTREAM「アクセスジャーナルTV」で「人の怨念は残る」と断言した。この発言についてここで補足しておかねばならない。大切なことなので犯罪を犯した者がその犯罪を暴かれ、追い詰めた相手を呪っても怨念にはならない。が、何の罪のない人元を誹謗中傷し名誉を傷つけたり、地位から引き摺り下ろす行為などには怨念は残り、必ず天罰が下るのだ。

その典型例が起きた。記憶に新しい橋下徹大阪市長の出自を暴き、社会から葬り去ろうという企みで始まったとしか思えない週刊朝日での「ハシシタ・・・」連載(橋下氏の猛烈抗議とメディアの袋叩きに遇い、一回で中止し、謝罪となった)の執筆者である佐野眞一氏に天罰が下ってしまった。以下、日刊ゲンダイ記事を引用する。
―タイトルは“連載中止の「ハシシタ:問題拡大。佐野眞一氏の”盗作疑惑“が新たな焦点に!「猪瀬副知事も参戦」とある。以下本文。

大阪の橋下市長の猛抗議で、週刊朝日が連載を中止した「ハシシタ・・・」をめぐる問題が、いまだ騒々しい。それも連載そのものというより、記事を担当したノンフィクション作家・佐野眞一氏の“盗作疑惑”に発展し、ネットで大きな話題になっているのだ。

キッカケは、東京都の猪瀬直樹副知事のツイッターだ。猪瀬氏が佐野氏の過去の“盗作”を次々と暴露し、盗作されたとされる本「池田大作ドキュメント――地に堕ちた庶民の神様」の著者であるノンフィクション作家の溝口敦氏が、
「佐野氏から詫び状を取った」
 ことを明らかにしたものだから、一気に佐野氏に疑惑の目が向けられることになった。

 猪瀬氏が本紙にこう語った。
「もう20年以上前の1985年の月刊『現代』11月号で問題になったのが最初。しかし、『盗作』は担当編集者にとって恥だからみな沈黙する。そして、その都度、繰り返され、書籍化されていくという状態が構造的に起き、きょうまで来たわけです。私はそこを看過できなかった」

 ネットのニュースサイト「ガジェット通信」が、佐野氏の複数の盗用疑惑を、文章を対比して詳細に検証しているが、それを見るとア然とする。なんと、間違っていた「誤表記」までそっくりそのままなのだ。
こうなるとモラルの問題だけでなく、法的に大丈夫なのかと思ってしまう。

著作権法に詳しい弁護士の喜田村洋一氏はこう言う。
「そこに書かれたことが歴史的な事実ならば、表現が似てくることはあるでしょう。そうでない場合、盗作か否かの判断基準は、元の本の本質的な特徴が残っているかどうかです。似た部分が1カ所なら偶然もあるが、それが何カ所もあれば、盗作と疑われても仕方ありません」

 佐野氏の作品は、著作権法違反に問われてもおかしくないのだ。ただ、書き手も書き手だが、それを野放しにするメディア、出版側だって務沈着すぎる。前出の猪瀬氏はこう戒める。
「私が原作を担当した劇画『ラストニュース』は、1日が終るその日のうちに誤報を検証しなければならない、というコンセプトでした。盗作も誤報もすぐに改めなければ、読者にも視聴者にも信用されない。報道の自由は『規律』とセットで成り立つものなのです」

 このところ、誤報や写真取り違えで大チョンボが相次ぐメディアだが、盗作疑惑も放置するようなら、ますます信用を失う。出版界も読者離れを加速させるだけなのだ。
 佐野氏よ、この際、絶筆されることをお勧めする。残酷ではあるがあなた自身が墓穴を掘ったのだから。

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

ケース08-1件3000円から。ネット版ポン引きバイト=商材はなんとオンナ!誰でもポン引きになれる究極のアフィリエイト!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ケース08-1件3000円から。ネット版ポン引きバイト=商材はなんとオンナ!誰でもポン引きになれる究極のアフィリエイト!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR