FC2ブログ

2019-07

最近の学生ども!!にしてもバカ裁判官が増えすぎ!!


やるじゃないか!最近の学生ども!!
【衝撃事件の核心】女性に借金負わせ風俗へ斡旋…公判で飛び出した有名大学生らの仰天発言
産経新聞7/14(日) 20:00配信

 京都の繁華街を舞台に高額な借金を女性に負わせ、返済の代わりに風俗店へ斡旋した職業安定法違反事件で、京都地裁は6月までに、スカウト組織の前代表(創設者)の男(30)や現代表の男(24)、スカウトの実動部隊だった有名大学の大学生ら9人に対し、いずれも執行猶予がついた有罪判決を下した。

悪辣な手口が次々に明らかになった一連の公判。「学生ではできない体験」「礼儀作法が身についた」。被告たちからは耳を疑うような発言も飛び出していた。


 ■負のスパイラルに…


 女性のスカウト役、性風俗店への紹介役…。役割をしっかりわけて犯行に臨んでいた今回の組織の原形ができたのは平成24年ごろ。前代表が祇園で始めたバーで、当時から女性客に高級な酒を振る舞い、払えなければ風俗店に紹介するという、今回の事件と同様の手口を繰り返していたという。29年に現代表の男がバーの経営を引き継ぐと、組織のマニュアルを整え、犯行を主導するようになっていく。


 彼らの典型的な手口は以下のようなものだ。


 四条河原町などの繁華街で女性に声をかけ、一緒に食事をするなど女性に好意があるかのように装い、被告らが経営する会員制の祇園のバーへ。女性に高額なメニューを注文させ、多額の未払い金を負わせると、未払い金の相談に乗るふりをして、女性を風俗店に紹介。ストレスを抱えた女性はスカウト役の存在を心のよりどころとして、バーでの散財を繰り返す-。


 現代表の男は法廷で「1日4時間くらい100人くらいに声をかけ、連絡先を交換したのは3~4人。実際に風俗店に紹介したのは500人に1人くらいだった」と証言した。


 女性が稼いだ金額の15%は風俗店から組織に還元されるほか、バーで女性に使わせた飲食代の約4割も、報酬としてスカウト役の懐へ入っていた。代表の男には毎月100万~150万円、「部長」だった男子大学生(21)には50万~100万円の給料が支払われていたという。


 ■麗しい上下関係…?


 「人を育てることに興味があり、学生では経験できないようなことを部下にさせてあげたかった」
「普通では経験できない厳しい上下関係があり、礼儀作法を学べた」。

会社における上司と部下のようだが、前者はこのスカウト組織の代表の男、後者は風俗店への紹介役で毎月16万円の固定給を受け取っていた男子大学生(22)の発言だ。この発言に、裁判官も

「『人を育てる』とはどういうことか」「犯罪とわかっていながら、そう言っているのが変だとわかるか。他の方法で礼儀を身につけようと思わなかったのか」

と厳しく指摘した。


 公判ではほかにこんな発言も。裁判後の身の振り方を尋ねられた元代表の男は「沖縄県恩納村(おんなそん)でバーベキューなどをする施設を経営するつもりだ。裁判が終わったらすぐに沖縄に戻る」。学生の中には公判と就職活動を並行して行っていると述べる者もいた。


 事件で起訴された6人の大学生は全員が京都府外の出身で、いずれも大学進学を機に京都で1人暮らしを始めていた。証人として出廷した家族は「犯罪に関わることをしているとは気づかなかった」「相手に苦痛を与えた上で得た金は良いものではない」などと涙ながらに子供に語りかけた。


 5月に開かれた公判で、京都地裁は代表の男に執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。「女性の人格を踏みにじる卑劣な犯行」。判決は事件をこう断じた。

 裁判官らの批判、家族の訴え…。これらは被告たちの心に届いたのだろうか

㊟裁判官もおかしいのが増えている。こんな連中に執行猶予はないだろ?学生ども,,このやり方を西のヤクザもんに教わったな。

裁判官といえば・・・あのリクルートの創業者江副博正くんとの民事訴訟≪江副原告、私と夕刊フジ被告≫の法廷で、被告私が江副に質問。

 私の最初の誘導質問に見事に引っかかった江副が即座に答弁した。しめた!と次の誘導質問を繰り出した。江副沈黙。3度同じ質問。やはり沈黙(江副は東大文学部ですからIQが低い)。

 すると、裁判長、

「原告は答えたくなければ答えなくてもいいですよ。休憩にはいりましょう」

 だと。怒った私は、

「裁判長!!江副氏が答えれば30秒で終わるんです。休憩など必要ありません!」

 とやったんです。法廷はシーン。裁判長、固まりましたね。しかも私の課をを見ないで下を向いたまま。閉廷後、夕刊フジの弁護士が、

「噂には聞いていましたがやってくれましたね」

 と困り果てた顔してましたが、あの裁判長、私のキレの良い江戸弁と演説で鍛えた声にビビったんですね、ま、法廷で裁判長に説教する被告なんて前代未聞かも、、、

 正義感の強さと気性の激しさは母の血、人を疑うことをせず、何でも口にする血はぼんぼん父の悪い血なんです。


スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

小室母、深夜に男と手を繋ぎ!!

小室母、深夜に男と手を繋ぎ!!
小室圭さん、成績優秀者ではないのに奨学金 母は車で夜の闇
ポストセブン7/13(土) 7:00配信

 来年2020年に結婚式を行う。それが、眞子さま(27才)が現時点で表明されている唯一の事実。「再延期」でもしない限り、そろそろ結論を出さねばならない。婚約内定者である小室圭さん(27才)は、ニューヨークのフォーダム大学へ留学中。現在は3か月の夏休み中だが、帰国もしていない。

「小室さんの母・佳代さんは現在、アメリカには渡らず、日本国内にいると把握しています」と言うのは、皇室関係者だ。

 今春のある夜のことだ。日付が変わった直後、小室家の自宅マンション前に、1台のグレーのセダンがハイビームのまま止まったという。

「その車の助手席から、つばつきの帽子を目深に被った佳代さんらしき女性が、急ぎ足でマンションに入って行きました。5分ぐらいでエンジンがかかったままの車に戻りました。ハンドルを握っていたのは男性でした。佳代さんが乗り込むとすぐに発進、夜の闇へと消えていきました。

 小室さんの自宅には今も、定期的に宅配弁当や通販の化粧品などが届けられています。小室さんの祖父は今も部屋で暮らしていると聞いていますが、佳代さんは別の“支援者”と一緒に、別の場所で暮らしているのかもしれません」(近隣住民)

 佳代さんの世を忍ぶ暮らしは、小室さんの結婚後も続けざるを得ないだろう。

「日本で窮屈に暮らす母親を、圭さんがアメリカに招かないわけがありません。佳代さんは、圭さんを溺愛し、圭さんと離れることを何よりも嫌っているのです。結婚したら圭さんは、眞子さまと佳代さんと3人一緒にアメリカで暮らそうと考えているでしょう」(小室家を知る関係者)

 しかし、そのハードルは決して低くない。秋篠宮さまは眞子さまとの結婚に「国民の祝福」を求められた。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは言う。

「女性皇族の結婚自体は私的なことですから、眞子内親王殿下ご自身が結婚に踏み切られるなら、そうされればいいと思います。一方、国庫から支出される一時金の額は、総理大臣や衆参の議長などが皇室経済会議の場で決定する公的なことです。

現在の状況と変わらないまま結婚されるなら、一時金は辞退されるのではないかという声もあります。小室さんは“一時金目当て”だと思っている人の疑念は払拭できますが、仮にそういうご意思が表明されたとしても、皇室経済会議の場で検討されることになるでしょう」

 今年5月に行われた小室さんの留学先のカリキュラムの卒業式では、十数人の成績上位者が表彰されたが、その中に小室さんの名前はなかった。

「小室さんは今年、留学生の中で“類まれなる成績”の人物が受け取れる奨学金の受給者に選ばれたそうですが、なぜ成績優秀者ではないのに、コースの学生400人中2人だけしか選ばれないその受給者に選ばれたのか。奨学金までは“特別待遇”があったにせよ、難関のニューヨーク州の弁護士試験にも合格できるのか心許ないと見る人もいます」(現地の日本メディアの1人)

 弁護士試験に合格できなかったら、アメリカで暮らす計画は、途端厳しくなる。1億5000万円といわれる一時金は、のどから手が出るほど欲しいだろう。

「一般人が結婚祝いで1億5000万円を手にすると、およそ半分が税金に消えます。しかし皇籍離脱の一時金は、課税対象外。全額が非課税で手に入ります」(税理士)

 眞子さまとの結婚が許され、祝福されるなら、ほかには何も要らない──小室さんがそう考えているのなら、既に一時金の辞退を表明してもいいはずだ。しかし、そうした声は、海の向こうからは一切、聞こえてこない。
※女性セブン2019年7月25日号

㊟「女性セブン」のこの号には小室母と男の手繋ぎ写真ありますよ。書店で。急いで転ばないようにね。にしてもこの婆さん、夜のパコペコはお盛んですね。問題抱えて反省どころか深夜に男と手繋ぎだもの、男なしでは眠れないようだ。やはり圭とはベッドも一緒だったというし。。。想像に任せます

あ、有名な政治家で姉と“近親〇〇”がいたんですよ。そう、皆さんご存知のくるくるパーの元総理です。

厚生大臣の時も、番記者を自宅マンションに“絶対入れず”、姉と閉じ籠り。。。記者たちが「二人の睦まじいとこを見せたくないんじゃない?」と嘲笑してましたもの。キモッ、キモイですね。おぞましいですね。強姦を二度もしたのも頷けます。吐き気がします。動野以下、獣ですね。やはり北朝鮮の血ですね。寒い国だから姉弟一体で寒さシノギぐんですね。

ええ、あの髪真っ白ジジイです。ヤバっ、またバラしちゃいけないことバラしちゃった。子どもの頃から見た事、耳にした事を疑うことはせず、周囲の人に、元気よく大きな声で素直にストレートに質問して、

母からは「一言多い」と尻を叩かれ、お手伝いさんたちにも「ひと言多いぼっちゃま」と呆れられてた私は、今も子供のままのようです。これから成長するんだろうか?

あ、小室圭くんに「君は大学生の時もお母さんと一緒に寝てたんだって?」と訊かなくっちゃ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

不法滞在となる外人の“同様訴え”は数千も!!


不法滞在となる外人の“同様訴え”は数千も!!

日本生まれ、日本育ち。それでも退去しないとだめですか 「不法滞在」と呼ばれる外国人たちの叫び
GLOBE7/11(木) 11:37配信

人手不足を背景に外国人労働者の受け入れが進む日本。一方、この国で育ち、言葉も文化も身につけながら、「不法滞在」とされる人たちがいる。彼らは故郷に貢献することも許されないのか。(浅倉拓也)

かんたんには帰れない

アプルエボ・ケネス・ローレンス(21)は日本で生まれ、自分は日本人だと思って育ってきた。しかし15歳の時、東京入国管理局から母親と一緒に日本を出るよう命じられた。


ガーナ人らしい父親は生まれた時にはいなかった。母親は1995年に来日したフィリピン人。超過滞在(オーバーステイ)だったが、日本人男性と再婚して在留資格を得た。だが、男性が病気で亡くなると、母子ともに在留資格は更新されず、「不法滞在」になった。


母は野菜の加工場などで働いて一人息子を育ててきた。ローレンスはいじめなどに遭って不登校になった時期もあったが、10代半ばで自分を変えようと決意。いまは夜間中学で学び、生徒会長も務める。母子は退去強制の取り消しを求めて東京地裁に訴えたが、昨年末に「処分は社会通念に照らして著しく妥当性を欠くとは言えない」と退けられ、今年4月、控訴も棄却された。


政府がいま進めている外国人材の受け入れ拡大について、ローレンスの思いは複雑だ。「すでに日本にいる外国人にも目を向けてほしい。僕たちのことが見えないのか、それとも見ないようにしているのか……」

80~90年代のバブル期、超過滞在で働く外国人たちは事実上、黙認されていた。しかし景気が後退し、一方で日系人や技能実習生らの合法的な受け入れが始まると、不法滞在者の取り締まりは厳しくなった。


ただ、退去命令を受けても簡単には帰れない人たちもいる。日本で子どもが育った家庭の多くもそうだ。こうした子どもたちは10代後半~20代となり、将来を見通せずにいる。日本人と同じように暮らしているのに、彼らはあくまで入管施設への収容を一時的に免れている「仮放免」。アルバイトもできないし、健康保険にも入れない。

世界は滞在認める流れ

2018年末時点で全国に約2500人いる仮放免者には難民申請者も多い。最近、クルド系トルコ人の5家族が在留資格を求めて裁判を起こした。母国に戻れば迫害や差別に遭うと訴えてきたが、クルド人が日本で難民認定された例はない。原告には日本で育ったり生まれたりした子ども世代20人も名を連ねる。


ドゥールスン・ラマザン(21)は9歳で来日した。クルド人コミュニティーと日本社会をつなぐ仕事をしたいと考えている。高校卒業後、通訳の専門学校をめざしたが、すべて断られた。いまは自動車整備の専門学校で国家資格の取得をめざし、苦手な漢字と格闘中だ。

在留資格をめぐる闘いには「正直もう疲れた」と言うラマザンも、裁判には加わった。「これはおれだけの問題でなく、後には何十人、何百人という(同じ状態の)子どもがいる。裁判所にはそれを考えて判断してほしい」

世界を見渡せば、不法滞在者に在留資格を与えることはそれほど特別なことではない。


名城大学教授の近藤敦によると、欧州をはじめ世界の多くの国が、滞在年数など一定条件を満たした不法滞在者をまとめて合法化する「アムネスティ(恩赦)」を、数万人から数十万人規模で繰り返し行ってきた。彼らの身分を安定させ、合法的に働いて税金を納めてもらう方が、治安の面でも経済の面でも良いからだ。


日本にも、法務大臣が人道的見地から滞在を認める「在留特別許可」という制度がある。00年代半ばにはこの制度で毎年1万人前後が救済されていた。これによって、いまでは会社を経営するなどして日本社会を支える一員となっている「元不法滞在者」は少なくない。


東京で暮らすバングラデシュ人のエムディ・エス・イスラム(52)は85年に来日し、親身になってくれた交番の警察官の紹介で飲食店に最初の仕事を得た。その後超過滞在になったが、在留特別許可を得て中古車販売の会社を立ち上げることができた。法人税だけで6000万円以上を納めた年もある。「新しい外国人を呼ぶ前に、オーバーステイの人をリーガル(合法)にした方が税金もとれて良いじゃないか」。彼はそう考えている。

たくさんの表彰状

だが、在留特別許可もこの数年は認められにくくなった、と弁護士らは指摘する。さらに入管当局は、仮放免者が隠れて働くことがないよう「動静監視強化の徹底」を繰り返し指示。「入管職員に冷蔵庫の中までチェックされた」といった声も仮放免者から聞こえる。厳しい姿勢には、外国人労働者の受け入れ拡大に抵抗がある保守層への配慮があるようだ。


内閣府の世論調査で「不法就労」が「良くない」と答えた人は、90年は32.1%だった。それが04年は70.7%。不法滞在者は93年の約30万人をピークに減り続け、現在は7万4000人ほどだが、彼らを見る世間の目は厳しさを増している。


東京で30年以上、非正規労働者を支援してきた「APFS」の福本修(66)は、風当たりがますます強まっていると感じている。在留資格のない子どものために彼らが通う学校へ署名活動などの協力を求めても、断られることが増えた。校長ら管理職が保護者や地元議員の反応を気にしているのは想像に難くない。


超過滞在は違法だが、日本が人手不足の時に彼らを頼ったのも事実。その子どもたちが「故郷」である日本社会の一員となることは、そんなに不自然だろうか。


ある仮放免の生徒は、入管に目をつけられるのを恐れ、名前を明かして取材に応じることができなかった。県外にも知られたスポーツ選手で、学校でも人気者だ。両親は、誇らしげにたくさんの表彰状を見せてくれた。その横で生徒は、「自分は何も悪いことはしてない」と悔しそうにつぶやいた。
朝日新聞社

㊟反日「夕陽新聞」らしい問題を取り上げてますね。今後、同様問題が急増するのは確実です。冷酷な国だと言われようと、彼らの言い分をすべて信じて在留資格を与えたら、我が国の治安はますます危険になり、白昼強姦、強盗、殺人など日常茶飯事に、、、立派な野党政権になったらどうするんですかね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

こんな小さな島も地獄状態!!人間は我欲が強く自己中で冷酷無比!!

こんな小さな島も地獄状態!!人間は我欲が強く自己中で冷酷無比!!

パプアニューギニアで氏族間の抗争、妊婦ら20人超が惨殺される

JIJI通信【AFP=時事】(写真追加)パプアニューギニア西部ヘラ(Hela)州で氏族間の抗争が発生し、3日間で妊娠中の女性2人を含む、少なくとも20人超が死亡した。これを受けて同国のジェームズ・マラぺ(James Marape)首相は10日、迅速に法的措置を取ると約束した。


 当局によれば、事件が起きたのは同州の高地帯で、対立関係にある氏族同士が金を豊富に埋蔵する鉱脈の支配をめぐって衝突したとみられるという。


 同国の高地帯で暮らす氏族らは数世紀にわたって抗争を続けてきたが、自動小銃の流入により、衝突による死者数が増加し、暴力の連鎖がエスカレートしている。


 ヘラ州当局者は10日、AFPに対して死者数がさらに増加する可能性を指摘。地元警察官約40人の増援のため、少なくとも警官100人を配置するよう要請したという。


 襲撃を受けたカリダ(Karida)村では、30分の間に妊婦2人を含む女性6人と子ども6人が斬り殺されたり、銃殺されたりしたとみられる。


 地元の保健当局者はいくつかの遺体の部位は識別困難だったと述べるとともに、蚊帳で作った間に合わせの袋にまとめられた遺体の写真を投稿した。


 地元警察が提供した画像には、学齢期の子ども2人の遺体が捉えられており、うち1人の頭部はひどい傷があった。


 地元メディアは今回の襲撃が、前日発生し6人が殺害された待ち伏せ攻撃に関連しており、その報復とみられるとの見方を示した。


 同国の高地帯では民族間の衝突が頻発しており、レイプや窃盗、テリトリーの境界や資源をめぐる争いに端を発した古くからの対立関係が、しばしば暴力沙汰を招いているという。【翻訳編集】 AFPBB News

㊟人間が地球、いや、人間が存在する限り、血を血で洗う争いが続くんですね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

神は知らんよ!?

神は知らんよ!?
米国目指した10歳少年、メキシコで襲われ重傷 父の遺体と路上に放置
CNN.CO.JP7/11(木) 13:35配信

(CNN) 中米グアテマラから米国を目指した親子が途中で何者かに襲われ、メキシコの道路脇に放置されているのが見つかった。10歳の少年は首に7センチ近い傷があり、ジーンズにTシャツ、薄手のジャケットを羽織った姿で、父親の腕に抱かれるようにして倒れていた。父親は絶命していた。


2人はメキシコのベラクルス州を横断する途中で襲われていた。父子を襲った悲劇は、時には密輸業者に命を預けてでも、危険を犯して米国を目指そうとする人たちの窮状を物語っている。


メキシコ・モレロス州当局によると、グアテマラ人のクリスティアン君(10)と父のルディさん(37)は5月28日にグアテマラを出発した。クリスティアン君のおじと、いとこも一緒だった。


一行はグアテマラで密輸業者に金を払い、米国まで連れて行ってもらう約束を取り付けていたが、メキシコで見捨てられ、麻薬密輸組織のロスセタスに誘拐された。同組織は米国にいる被害者の親族に身代金1万2000ドル(約130万円)を要求。親族は8000ドルを送金したが、誘拐犯から返事はなかった。


数日後の7月6日、モレロス州の道路脇に倒れているクリスティアン君とルディさんが発見された。ルディさんはのどをかき切られて死亡していたが、クリスティアン君にはまだ息があった。


クリスティアン君のおじといとこは脱出して、メキシコ当局に保護されているという。


クリスティアン君はモレロス州内の病院に運ばれて手当てを受けている。グアテマラ外務省によると、手術を受けて健康状態は良好だという。


グアテマラ外務省は、ルディさんの遺体を引き取る意向を表明した。残る3人は、メキシコに人道ビザで滞在するか、グアテマラに戻るかの選択を迫られる。

㊟神よ、犯罪者って、こういう人たちからも金を取るんですね。私はあなたを許さない!!あなたは人殺しオオ“カミ”です。わしゃ知らん。わしの“髪”もどこ行った?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (185)
ニュースの深層 (9451)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR