2018-02

蛆キムチ表現にお怒りの方へ



蛆キムチ表現にお怒りの方へ

日本の蛆文化

確かに、朝鮮は文化的、技術的、経済的に日本を模倣して近代化しています。
しかし、明治時代に創建された靖国神社は、元は長州の朝鮮神社で、祭祀方法は招魂という朝鮮宗教です。そして、朝鮮系の日本基督教会系の神社です。
さらに、現在の日本の墓石の形態は朝鮮の儒教の位牌を明治以降、真似た物です。 江戸時代の墓石の形態と異なります。
さらに、学校でのクラブ活動は北朝鮮の物真似ですし、文武両道という思想も朝鮮の蛆両班(文武)の猿真似です。
武士は、文武両道は嘘で、武官と文官に別れていましたよ。
腰に刀を差していても、鯉口三寸抜いたら、身は切腹、お家は断絶ですから。
キムチを喰らい、水臭く辛い朝鮮人好みのビールを好む平成の日本人も蛆虫化しています。
特に、阿倍潰しの財務省の佐川宣寿や籠池などどこから見ても、、、。以下略。


㊟ご立派な文章、拝見しました。で、一言。小泉純一郎の父親、純也元防衛庁長官が鹿児島加世田の朝鮮人部落の出身で、「北は楽園」運動のリーダーだったことも書いていただかないと不公平ですよ。

純一郎の父が、あなたの言う「日本人に背乗り」した朝鮮人なのをご存知なんでしょうね。私は鹿児島まで行って調べました。
スポンサーサイト

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

蛆とゴキは美形男子はいないものな!!

蛆とゴキに美形男子はいないもの!!

羽生演技「剣闘士の気迫、少女の柔らかさ」韓国紙も絶賛
産経新聞

 連覇を果たしたフィギュアスケート男子の羽生結弦選手について、韓国各紙(電子版)も相次いで速報した。

 朝鮮日報はこの日の滑りについて「躍動的なジャンプは気迫のこもった剣闘士のようで、リンクを彩る柔らかなスケーティングは10代の少女のようだった」と絶賛。「羽生の羽生による羽生のための舞台だった」と結論づけた。

 同紙は宇野昌磨選手が銀メダルを獲得したことにも言及。「羽生と宇野が金・銀を席巻したことで、『ノーゴールド』に沈んでいた日本が本格的にメダルレースに参入した」とした。

 中央日報は「『王子』から『皇帝』になった羽生」との見出しで記事を掲載。羽生選手について「技術の正確性と芸術性を持ち合わせた最高のスケーター」と紹介し、「終盤には優勝を確信した様子で拳を振り上げ咆哮した」などとこの日の演技を詳細に報じた。

 SBS放送は公式ニュースサイトのトップ記事で報道。「フィギュア王子の幻想的な演技」として、映像つきで伝えた。

続いてゴキブリ国の報道
中国の羽生結弦ファンが懇願「北京五輪まで引退しないで!」 国営メディアの女性解説者は自作の漢詩で「羽生愛」アピール
産経新聞

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で17日、羽生結弦(23)=ANA=が66年ぶりの五輪連覇を達成したことを受け、中国の「羽生迷(羽生ファン)」の間から、4年後に中国で開催される2022年北京冬季五輪までの、現役続行を懇願する声があがっている。

 中国のポータルサイト「騰訊(テンセント)体育」は17日、羽生の五輪連覇が決まると間もなく、「まさに嵐、羽生が世界を征服した」と題する記事を掲載し、「五輪は実際は国と国との勝負だが、本当の巨星は国籍を忘れさせる。たとえば羽生結弦のように」と称賛した。

 政治の世界では「氷」が溶けない日中関係だが、羽生ファンには国境はないようだ。日本に厳しい報道が目立つ中国国営の中国中央テレビ(CCTV)の女性解説者、陳◆(=さんずいに瑩)氏に至っては、羽生の快挙に自作の漢詩を贈った。

 「容顔如玉、身姿如松、翩若●(=りっしんべんに京)鴻、宛若遊竜」
 その顔は玉石のごとく、その姿は松のごとく、飛ぶ姿はオオハクチョウのようで、まるで竜が遊んでいるよう-といった意味か。

 陳◆(=さんずいに瑩)氏はさらに、「運命は勇者にささやいた、嵐には逆らえないと。勇者はささやき返した、わたしが嵐だと」「羽生結弦はムチを使わずとも自ら走る選手だ」などと“文学的”な表現に終始。一般のファンも陳◆(=さんずいに瑩)氏に対抗して自作の漢詩を披露するなど、「羽生愛」を競っている。

 羽生は優勝後の記者会見で、「今は特に次の(2022年北京)五輪については考えていない。そんなに甘くないのは知っている」と語ったが、中国の羽生ファンはインターネット上で、「?」を並べて「2022年北京冬季五輪で会いましょう。絶対に、絶対にその前に引退しないで。中国に来るのを待っています」と訴えている。(五輪速報班)


㊟そう、蛆キムチ国とゴキブリ国にはこんな気品のある美青年はどう探してもいないものな。大体、この二国に“美とか気品”などという言葉は存在しないじゃないか。


あ、孔子どのはゲイで美青年好きだった。。。文献にあるぞ。その時代は美形の少年たちがいたの?今、居ないってことはやはり人肉にしたんだな。間違いない。

となると、日本で孔子学院を持った立命館大学、苫小牧駒澤大学等が数校ある。さては日本の美青年を喰うつもりか?筆者は狙われる。気を付けよう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

藤井聡太くんの正座に敬服!!

藤井聡太くんの正座に敬服!!

藤井五段 スピード六段昇段に驚き「自分でも思ってもいなかった」
スポニチ2/17(土) 17:01配信

 史上最年少の中学生プロ棋士・藤井聡太五段(15)が17日、東京・有楽町朝日ホールで行われた第11回朝日杯将棋オープン戦決勝に挑み、広瀬章人八段(31)を下し、15歳6カ月の史上最年少での一般棋戦優勝を決めた。この優勝により、六段昇段が決まった。


 これまでの最年少記録はともに加藤一二三・九段(78)が持っており、一般棋戦優勝は55年の六・五・四段戦で達成した15歳10カ月、六段昇段は16歳3カ月だった。

 「全棋士参加棋戦の優勝という大きな結果を残せたことは自信になった」と喜び。「まだまだ足りないところが多いが、こうして優勝できたことを励みにさらに進んでいきたい。(六段昇段は)自分でも思ってもいなかったので驚いている」と話した。

㊟将棋のことは王将が一番強い、くらいしか知らない筆者。だが、藤井くんに敬服する。それは正座を数時間も続けられること。これには本当に敬服する。

 筆者は厳しい母と子守だちに育てられた為に、今も、皆さんはバカかと笑うでしょうが、水泳はダメ、自転車はダメ、スキーはダメ。女どもが寄ってたかって「ぼっちxyま危ない!」とさせなかったのです。こんな育て方がありますか?この歳で自転車に乗れない。。。

 物心ついた頃から椅子とベッド。正座は見よう見真似で出来るが二分も持たない。それをあの年代で数時間。。。。今も炬燵もしないし、日常生活はすべて椅子とベッド。

 あまり好きじゃなかったが赤坂の料亭もしょっちゅう招待された。が、招待されるのに掘り炬燵席を指定。わがまま放題だったな。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

これを読んだら中国に行きたくなる??①


これを読んだら中国に行きたくなる??①


食事時に読まないでください “便器ブラシでコップ洗い”だけじゃない「中国」の恐るべき民度
週刊新潮 2018年2月8日号掲載



IT超大国「中国」の恐るべき民度(上)
週刊新潮

 歴史の重み。日本では良い意味で使われるが、隣国では果たして……。あろうことか、5つ星のホテルで便器ブラシによるコップ洗いが発覚した中国。調べてみれば、モラルの欠如した話が出てくるわ、出てくるわ。4000年の歴史が生み出した中国の民度研究。
 ***
 つい先日、国会内で人命に関する心ないヤジを飛ばして辞任した間抜けな副大臣がいた。言語道断である。他方、舌禍とは、時に物事の本質を突いているからこそ問題になることもある。

「サラ金に取り込まれちゃうみたいな話になったら元も子もない」

 昨年、「舌禍王」こと麻生太郎財務相がやはり国会で、アジアインフラ投資銀行(AIIB)をサラ金に喩(たと)えて批判された。時と場所と立場を顧みない発言ではあったが、中国が主導するAIIBをサラ金と称してみせたことは、彼の国の本質を言い当てていたがゆえに、騒動に発展した面があったとは言えまいか。

「汚染空気」を拡散させて恥じず、度々、尖閣諸島にちょっかいを出してくる。傍若無人なこの隣国に呆れている人は少なくない。だから、TPOを弁(わきま)えていない物言いだったとはいえ、麻生舌禍に我々の心は波立ったのではないか――。

 中国・黒竜江省の5つ星ホテル「ハルビン・ケンピンスキーホテル」。客室を清掃している従業員は、
「コップも消毒しないんですか?」

 こう尋ねられると、事もなげに、

「ああ」

 と答える。そして、

〈便器ブラシでコップを磨く〉

 こう字幕が付けられ、さらにバスタオルでコップを拭くシーンが続く。

 昨年12月末、この隠し撮りの映像が中国で流され、現在、大騒動となっている。

 それはそうだろう。便器掃除用のブラシでコップを磨いていたのだから、まさに味噌と何とかを一緒くたに扱う暴挙だ。衛生観念もへったくれもあったものではない。

 同じ動画ではバスタオルを便器の水に浸して床を拭くシーンもあり、また別の動画では重慶にある全国チェーンの激辛鍋料理店で、客が食べ残した鍋のスープを大鍋に混ぜて「再利用」する様子が公開された。

「どぶ油」
「超大国」「G2」と持て囃され、「外」では世界の盟主然として振る舞う中国だが、一体、「内」の民度はどうなっているのか。

「今話題になっている動画を観ても何も驚きません」

 と、中国在住の邦人研究者は平然と語る。

「こちらの人の衛生観念の希薄さは『常識』ですから。昨年9月にも、北京の5軒の5つ星ホテルで、客がチェックアウトした後、ベッドのシーツを替えていないことが発覚し、話題になりました。また7、8年前、廃棄されて排水溝に溜まった油脂を抽出し、それを食用油として再び使う『地溝油(どぶ油)』が社会問題化しましたが、今でも地溝油が使われているのは公然の秘密。瀋陽に出張して、屋台で焼き飯を買ってホテルで食べたら七転八倒するほどの腹痛に襲われたんですが、中国人に言わせると、『それ地溝油だ』と……」

 そんな国では当然、食に関する不衛生な話は枚挙に遑(いとま)がなく、

「レストランで食後のお椀に、客が爪楊枝や煙草の吸殻を捨てる光景はよく目にしました。そうした残飯から生まれた地溝油が再利用されているわけです」

 と、元北京特派員が後を受ける。

「大学の学食で冷蔵庫に入りきらない野菜が放置され、腐りかけていたのを見たこともありますし、屋台では割り箸の使い回しは当たり前です」

ポイ捨て注意でリンチ

 食のいい加減さは衛生面だけに限らず、約10年、中国に滞在している邦人ビジネスマンはこう証言する。

「食品を配達してもらうと、完全にパッケージされていないものは届く前に『間引き』されていることがよくある。例えばイチゴは、パックの包装を少しずらせば中のイチゴを抜き取れますよね。だから配達員が食べてしまい、届けられた時には数が減っている。弁当のおかずが少なくなっていることも珍しくない」

 この「間引き文化」は陸の上だけでなく、なんと空でも蔓延(はびこ)っていて、

「中国の航空会社のキャビンアテンダントが、機内食を並べて少しずつツマミ食いするシーンがネット上で流れて騒ぎになったこともあります。航空会社側は配膳前のものではないと否定していましたが、綺麗な状態の食事だったので……。仮に配膳前のものでなかったとしても、『余りもの』を食べたことになり、いずれにしても問題でしょう」(同)

 2009年から上海に6年間滞在し、中国事情に詳しいジャーナリストの西谷格(ただす)氏もこう振り返る。

「寿司屋の従業員が、まな板などを拭くための布巾で作業台の脚まで拭いているのを見て、雑巾と布巾の区別をしないのかとカルチャーショックを受けました」

 食の「入」がこの有り様なら、「出」についても想像がつこうというもの。トイレの環境も著しく悪い。

「地方に行けば家にトイレはなく、地域共有の公衆トイレに行って用を足す。そこは汲み取り式で扉もなく、溝に糞尿がてんこ盛り。とても使う気にはなれません。都市部でも、よほどの高級百貨店でもなければ、まずトイレットペーパーは置いていない。置くとみんな持ち帰ってしまうからです」(前出の邦人研究者)

 さらに、トイレ環境云々以前に、「排泄法」にも問題は散見され、

「観光地の湖の優雅な遊覧船に乗っていると、親がもよおした子どもに、船の中のゴミ箱へ堂々と小便をさせていた。『うちの子がしたくなっちゃったんだから何か文句ある?』と言わんばかりに、全く悪びれるところがありませんでした」(前出のビジネスマン)

 そういえば一昨年、上海にオープンしたばかりのディズニーランドでも、従業員が子どもに植え込みで小便をさせていた様子を本誌(「週刊新潮」)でレポートしたことがある。清潔感が命の「夢の国」でも、中国人にかかれば至る所が便所と化す……。彼らの基準ではそれこそが「便利」ということなのだろうか。

 しかも、現在、大連にいる邦人ビジネスマンが付け足すには、

「地下鉄で、親が子どもに便をさせている動画もアップされています。彼らには『躾(しつけ)』という概念、習慣がないんでしょう」

 とどのつまり、中国ではマナーを守る意識が皆無に近い、いやマナー自体がないに等しいと言えそうで、前出の西谷氏がこう続ける。

「ポイ捨ては当然のように行われていて、こんなニュースがあったのを記憶しています。工事現場でポイ捨てを警備員に注意された女性が、鉄パイプやハンマーを持った同郷の男性50人を引き連れ、その警備員をリンチしたというものです。日本人の常識で考えれば、ポイ捨てを注意されてここまで逆上しませんよね。その女性の中には、ポイ捨てして何が悪いのかという意識があったんでしょうね」

 こんな理不尽が罷(まか)り通る国が超大国とは悪い冗談と言うしかあるまい。

「ビーチもスイカやライチの皮、カップラーメンの容器などのゴミで埋め尽くされていて、日本人なら『ウッ』と吐き気をもよおしてしまいそうですが、彼らは平気で楽しんでいました」(同)

 そして、こんな「食住近接」話もある。

「上海で50代の女性とルームシェアしていたことがあるんですが、彼女が共用のシャワールームで鶏を屠畜し、風呂場中に鶏の血が飛び散っていました。また、やはり共用の台所に野菜クズが散らかっていて、まな板の上にゴキブリを見つけたんですが、家主は『気にしないで』と言いながら素手で追い払っていました。これが『日常』なんでしょう」(同)
(下)へつづく

㊟おお、これぞ超大国。見習うぞ!

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

やはり一山いくらのナスビでした!知能低さ顔に出るキムタク

やはり一山いくらのナスビでした!

知能低さ顔に出るキムタク

テレ朝ガックリ……木村拓哉ドラマ『BG』落第点で“チーム米倉”発動!!
日刊サイゾー

 もう視聴率20%は、夢のまた夢なのか……?
 2月8日に放送された木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)第4話の平均視聴率が13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回15.7%から第2話15.1%、第3話13.4%と、ジリ貧な気配が漂っている。

「御用マスコミは『初回視聴率15%超え!』と持ち上げていますが、テレビ朝日サイドはガックリ肩を落としています。というのも、『BG』は外ロケが多く、エキストラも大量に投入しているため、制作費が1話1億円を超えているといいます。これは米倉涼子主演の看板ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』と同水準で、映画並みといってもいいレベル。せめて『ドクターX』のように視聴率20%超えをしてもらわないと、はっきり言って“赤字”でしょう」(テレビ関係者)

『BG』が物足りない数字だったことで、テレ朝上層部からは、すでに“あのチーム”に特命が下っているという。前出のテレビ関係者が続ける。

「実は、テレ朝には、『チーム米倉』と呼ばれる専属の“お付き部隊”がいるんですよ。彼らは、たとえば米倉が『ブロードウェイに行きたい』と言えば、すかさずチケットを手配したり、現地での世話や小間使いを一手に引き受ける。
彼女はドラマが終わると必ずといっていいほど、『もうやりたくない』と“嫌々病”になるのですが、それをチーム米倉がなだめすかして、毎年出演にこぎ着けているのです。ですから、いつ『ドクターX』が作れなくなってもいいよう、同水準のドラマを作るのがテレ朝の課題だった。しかし、やはり今年も米倉頼みにならざるを得ない状況に、『なんとしても出演を説得するように』と指示が下っているのだとか」

 かつては視聴率20%など当たり前だった木村。この後、盛り返すことができなければ、「米倉より下」の評価が定着してしまいそうだが……。


㊟BGを観てキムタクの知能の低さが顔に出て来たのがわかる。老いたのではなく元々のモノ。ソロ歌手にもなれず役者でも味が無い。一山いくらのナスビのなかで傷がなかっただけ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)
ニュースの深層 (6501)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR