FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


天罰!!三原じゅん子公認申請却下、神奈川県連!!さあ、東京都連はどうする?

 筆者は一年以上前から「三原じゅん子の参院選公認はまかりならぬ!」と自民党の谷垣幹事長に申し入れていた。
 理由は他でもない。あまりに生き様が汚いからだ。税金で高額な給料を貰う公設秘書に情夫の山口智之を就け、赤坂の議員宿舎に両親を無まわせ、己は山口と日夜の情欲を満たすため、港区の高級マンション住まいだった。

 この事実を『フラーデー』と『週刊新潮』にスクープされ大騒ぎになったのは約3年前だ。この時、三原の母親が友人に「娘が国会議員になった。その特権だ」とほざいてもいる。

 大体、自分の子を劇団に入れたりする親は、娘や息子を有名にして金を稼ごうという輩が多い。成長しても化粧落としたらお化けの娘は劇団時代から、酒、たばこ、男で鼻つまみものだった。(『金八先生』の武田鉄矢氏も毛嫌いしている。)

 そのスベタが明年の参院選で改選となる。故に公認はまかりならぬと申し入れたのだ。

谷垣氏は自分の責任逃れか(谷垣氏は優柔不断)、「全国比例区より自分の選挙区を持ったほうが」と神奈川自民党県連から公認申請をさせたようだ。(全国比例区公認となれば自民党本部公認とみなされてしまうから。)

 本人もその気になって「神奈川自民県連に公認申請しました」と公認は間違いない言動を一部のマスコミにしていた。、

 ところが先月下旬、自民党神奈川県連はこの三原の公認申請を却下したのだ。その県連関係者が説明する。

「三原が公認申請をした直後、県議会議員と全県の市議会議員にあるメールが一斉に届いたのです。あるメールとは<ここからブロマガ『課金記事』を購読をクリック>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.