FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

【衝撃事件の核心】〝自慰行為〟ライブの女も逮捕していた…FC2事件の全容解明へ 創業者実弟を「共犯」立件

 筆者のブログはFC2から配信されている。この報道を目にするまでてっきり米国で米国人が運営しているものと信じ切っていた。
 もちろん、実際は日本人と判明しても、いまさら他社に切り替える気は毛頭ない。しかもFC2は、素人丸出しの質問にも丁寧に答えてくれる上に、パソコンを自由自在に操る能力のない者はそう簡単に切り替えられないのだ。新会社に登録し、配信OKになるまで大変な労力を必要とするからだ。

 一応、産経新聞が報じた記事を紹介する。
 違法なわいせつ動画や著作権法違反の映像が投稿される事件が相次いでいるインターネットの動画投稿サイト「FC2」。これまで野放し状態だった運営サイドに対し、京都、三重、島根、山口、高知の5府県警合同捜査本部はついに本格捜査に着手した。

4~5月、「帽子君」を名乗る男の性行為ライブや女の〝自慰行為〟ライブに関与したとして、公然わいせつ容疑で大阪市北区中之島のインターネット関連会社「ホームページシステム」の社長(40)と相談役(38)を逮捕した。
相談役はFC2創業者の実弟だ。FC2は海外に拠点があり、捜査は「国境の壁」に阻まれてきたが、捜査本部はホームページシステム社が国内でFC2を実質的に運営していたとみて、運営サイドをわいせつ動画配信の「共犯」として立件したのだ。

謎の多いFC2の実態解明に向けて〝ブツ〟の分析を重ねてきた捜査幹部は言い切る。「運営サイドがわいせつ動画配信を認識していたのは明らかだ」
きっかけは「違和感」

 米国・ラスベガスに本社を置くFC2。公式ホームページによると、1999年7月に設立。日本語や英語、中国語、韓国語など13の言語で、動画投稿やライブ配信、チャット、ブログなど多岐にわたるサービスを展開している。

 FC2に限らず、動画投稿サイトには、著作権法違反にあたるテレビドラマやバラエティー番組に加え、わいせつな動画が次々と投稿され、全国の警察当局が投稿者を相次いで摘発している。

 ただ、投稿者と警察当局との「いたちごっこ」が続くばかりで、運営サイドに捜査の手が伸びることはなかった。FC2のように違法動画の投稿に使われるサイトの多くが、運営拠点やサーバーを海外に置いていたためだ。

 運営サイドの摘発に動き出したのは、FC2を使った公然わいせつ事件を捜査していた捜査員が、ある違和感を覚えたことがきっかけだった。
 それぞれの言語で世界各国に向けてサービスを展開しているはずのFC2で、日本語版にのみ、日本語の広告バナーが多数表示されていたのだ。明らかに日本人向けの広告で、同じページを別の言語で表示しても広告バナーは表示されなかった。

 運営は日本国内が拠点ではないか-。米国を拠点としているはずのFC2が、日本国内で独自にサービスを運営している可能性が浮上した。
前代未聞の「帽子君」逮捕劇

 そもそも今回の強制捜査の端緒となったのは、前代未聞の逮捕劇だった。
 平成26年6月3日、大阪市北区のマンション。周囲には緊張した面持ちで佇む捜査員の姿があった。マンションの1室が、性行為のライブ配信の「スタジオ」として使われていることを事前にキャッチした京都府警が、突入のタイミングをはかっていた。

 配信していたのは、自称・元ライブチャット配信業の男(31)=公然わいせつ罪で有罪確定。
インターネット上で「帽子君」を名乗る男は、風俗関係の求人誌や知人のスカウトを通じて勧誘した女性との性行為をFC2でライブ配信。事前に配信日程をインターネット上で公開し、配信を途中から有料に切り替えることでユーザーの興味をくすぐり、25年12月からの半年間で約3千万円を荒稼ぎした。

 ライブ配信のためモザイク処理は一切なし。京都府警は事前にインターネットで配信日程を入手した上でマンション一室の「現場」に踏み込んだ。違法なライブ配信をしている人物を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕したのは全国初だった。

押収パソコンのデータ解析
 この事件をきっかけに、捜査本部は男が使っていたFC2に目を向け始める。裏付け捜査の過程で浮上したのが、今回逮捕されたFC2創業者の弟が創設したホームページシステム社だった。

 法人登記によると、同社は前身である有限会社が平成14年に設立され、20年に株式会社化。資本金は1億円で、インターネットを利用した情報提供サービスやサーバーの設置・管理などを行っているとされる。
 実質的にFC2を運営していると確信した捜査本部は、26年9月に同社への家宅捜索を実施。同年12月、社長と相談役から任意で事情も聴き、立件に向けた足場を固めていった。

 家宅捜索では、パソコンやサーバーなど727品目約1千点を押収。パソコンは同社などから149台を押収し、データを解析した結果、FC2の会員約2600万人分のIDなどの情報が管理されていたことが分かった。2600万人の会員のほとんどが日本人だったという。

 一部の配信の視聴に必要な換金可能なポイントなどによる収支を示すデータもあり、25年10月からの1年間で、FC2ライブで約29億円の売り上げがあったことも判明した。売り上げは配信・投稿者に7割、運営サイドに3割という比率で分けられていた。

 捜査本部はパソコンのデータを同社がFC2を実質的に運営していたことを裏付ける証拠と判断。今年4月23日、「帽子君」を名乗る男らと共謀したとする公然わいせつ容疑で社長と相談役の立件に踏み切った。
性器露出の違法動画

 その後、捜査はさらに進展する。
 5月14日、別の投稿者のわいせつ動画も配信したとして、公然わいせつ容疑で社長と相談役を再逮捕した。
 捜査本部によると、25年12月25日、FC2の登録会員である京都市山科区の女(36)=公然わいせつ罪で罰金20万円の略式命令=が自らの性器を露出したり、自慰行為をしたりするわいせつな動画をFC2ライブ上で生中継。

東京都渋谷区の男(52)=同罪で罰金30万円の略式命令=がこの女に撮影の方法や有料に切りかえるタイミングを細かく指南していた。
 社長と相談役はこの2人と共謀し、≪ここからブロマガ≫『課金記事』を購読するをクリック>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.