FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


「イスラム国」事件報告書めぐり菅義偉官房長官が責任転嫁の大ウソで後藤さんの妻が反論!

「政治は最高道徳。最高道徳を実践するのが政治家」と言ったのは福田赳夫元総理。政政治家が道徳を実践しなくては国民の信を得られないということ。
 が、最近の政治家は嘘をつきすぎ。嘘ばかりのゴキブリ中国人のようだ。これでは国民の支持はますます…その好例が今回「リテラ」から紹介する菅官房長官の発言だろう。

「イスラム国」による人質殺害事件で、政府対応を検証する「邦人殺害テロ事件の対応に関する検証委員会」の報告書が5月21日に公表された。その内容は予想通り「(政府の対応には)誤りがあったとはいえない」と政府を全面擁護するお手盛り報告書で、一部では批判が噴出している。

 しかし、実はこの報告書に絡み、もうひとつの重大疑惑が発覚した。それは人質の後藤健二さんの妻に対する"対応"について、菅義偉官房長官が大ウソをついていたという事実だ。

 報告書では後藤さんの妻への支援について、こう記されている。
「人命を第一に考え、人質を解放するために何が最も効果的な方法かとの観点に立ち、過去の類似の人質事件の経験等も踏まえて、必要な説明・助言を行う等、後藤氏夫人の支援を行った」

 抽象的な表現でごまかしているが、実際はこの間、政府は後藤さんの妻に任せきりで、「イスラム国」側とは一切具体的な交渉をしていなかったことが明らかになっている。
 そのため、報告書公表に際して行われた官房長官の会見では、記者から「相手側(イスラム国)と直接交渉するという判断はなかったのか」との質問が飛んだのだが、これに、菅官房長官はこう断言したのだ。

「そこについてはですね、ご本人の判断もありますし、そういうなかで警察、外務省、そうしたものは連携して行っていたということです」

「イスラム国」と直接交渉しなかったのは後藤さんの妻の意向で政府はその意思を尊重しただけ。菅官房長官の物言いは、まるで後藤さんの妻にその責任を押し付けているかのようだが、しかし、この菅官房長官の発言は大ウソだった。

 報告書が公表された当日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)では報告書の検証を行っているのだが、そのなかで「妻側とイスラム国との交渉過程をよく知る人物」の証言としてこんなコメントが紹介している。

「妻と危機管理コンサルタントは政府側に対し、再三、直接交渉を行うよう頼んでいたという。しかし政府は『テロリストと直接交渉しない』と断ったという」

 後藤さんの妻は、夫が人質となった直後から「イスラム国」からのメールを受け取っており、救出のためのやり取りをしていたのは既に明らかにされているが、その過程で政府へ直接交渉、いわばSOSを発していたにも関わらず、政府はこれを拒否したということだ。

 この『報ステ』のコメントは、「交渉過程をよく知る人物」としているものの、実際は妻本人からの"反論"と考えられる。というのも、『報ステ』は翌日にも、
「後藤さんへのメッセージ」という特集を組んだが、その際、後藤さんの赤坂の事務所での撮影を行っている。事務所の撮影ができたということは、『報ステ』が後藤さんの妻から許可をもらっているということで、だとしたら、反論コメントについても『報ステ』は後藤さんの妻にも事実関係を確認していると考えるべきだろう。

実は今回、検証委員会は後藤さんの妻から≪ここからブロマガ≫『課金記事』を購読するをクリックしてください≫

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.