FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

『安楽死』の時代だ!!日本も急げ!!カリフォルニア議会上院通過、全米への影響必至『安楽死』法!!日本が認めなければ米国移住も!!

罪を犯すことなどありえない人が罪を犯してしまう。そんな国家にしてはならない。だからこそ筆者は『安楽死法』を急げと筆者は発言し続けている。

本ブログでも何度も書き、衆議院議員、参議院議員らにも働きかけを続けた結果、相当数の賛成議員を集めているが、国会を通過できる人数にはまだ足りない。人命に関わる問題だけに躊躇する議員が多いのもわかる。

だが、高齢や病、事故、認知症での要介護者は1000万人を越えようしている日本。しかもこうした要介護者を抱える家庭や地域も想像を絶する忍苦のなかにある。しかも介護する子どもたちは減り、老老介護が現実なのだ。

その結果が、老々自殺、老々殺人、親殺し、子殺し犯罪を生む原因になっている。それを防ぐためにも『安楽死歯認めるべき時代にきている』のだ。
それを読んだか、先進国アメリカも「安楽死」を認める州が増えている。これは当然の成り行き。以下、サンデー毎日記事を見てみよう。

重病で回復の見込みのない患者に安楽死を認めるべきかーー。昨年、脳腫瘍で余命半年と宣告されたカリフォルニアの女性(当時29歳)が安楽死を選び、その一部始終をインターネットで報告したことが社会問題となった。

 女性は夫とともに安楽死を合法としているオレゴン州に引っ越し、夫は妻の死までを動画サイトなどで報告した。
 妻は、
「カリフォルニアでも安楽死を認めてほしい。死を目前に、家や友達から離れなければならないのは辛いことだった」
 などと語った。

 米国では現在、オレゴンを含む4州で安楽死を合法としている。このほか、ケース・バイ・ケースで対処する州もある。

 カリフォルニア州では現在、安楽死を合法化する法案が州議会で検討され、上院委員会を通過した。
『余命半年以内と宣告され、精神的に健常な状態で死を望む患者に生命を終わらせる薬物を医師が処方できる』
 という内容だ。

 しかし、議論の過程では、
「保険会社が高額の治療費がかかる患者に安楽死を強要するのではないか」
「本人ではなく、家族の意思が優先されそうだ」
 などの懸念が示された。
 また、薬物を処方する医師の<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.