FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


激震!!「菅(直人)元総理逮捕・・」と関係者が。”実母“への情実融資で金融庁に出頭させられた「多摩信金」が真っ青!!

 菅直人に10万円献金した筆者としては…もちろん、伸子夫人から丁寧なお礼の電話だあったが。それはともかく、献金がまったくの無駄、価値もなかったのがこの菅直人。

 それが間違って総理に(期待したから献金した)なって、やったことは何も無い。それで静かに消えてくれるかと思えば、いまだ税金でSPを付け、日本国をあちこちに売り歩いているようだ。

 この卑劣な行動は私生活にもあったことが『週刊新潮』で明らかに。読んで見よう。面白いけど、菅は本当にヤバいぞ。

―東京近郊にある金融庁の出先機関。3月27日、その施設の一室で2人の男性がテーブルを挟んで対面していた。
 一人は金融庁韓国局の幹部で、もう一人は多摩信用金庫のコンプライアンス担当役員だった。張りつめた空気の中、監督局の幹部が口火を切った。

「昨日発売の週刊新潮で、またおたくの記事が出ている。お客さまからの問い合わせも少なくないと聞くが、詳細を説明してほしい」

 多摩信金の役員は、引きつった笑みを浮べてこう返答したのである。
「週刊新潮は情実融資などと書いていますが、まったくの事実無根。“よくある取引〟で問題はありません」

 本誌は、2月26日号の<菅直人元総理が国民に規範を示す「相続税必勝法」を始め、これまで3回記事を掲載してきた。それはこんな内容だ。

 8年前、当時、85歳だった菅元総理の実母が土地を購入して、駐車場経営を始めた。その際、土地購入資金の約2億円を多摩信金からの融資で賄っており、現在まで支払いは金利のみ。
 それが多摩信金・佐藤浩二会長によるトップダウンの“情実融資〟ではないかというもの。

 多摩信金の役員が口にした“よくある取引〟に、監督局の幹部は憮然とした表情で言葉を重ねた。
「佐藤さん(会長)が、“菅さんから直接融資の話なんかあるわけないじゃないか”と週刊新潮にコメントしていた。それなのにおたくの幹部会で、担当役員は佐藤さんか<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.