FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


あなたは大丈夫ですか? 人間の業の深さを見る三津五郎長男・巳之助 「近藤サトの名前はいまだにタブー」

 女性セブンのこの記事を読んで考えさせられた。男も女も縁を得て結婚する(最近は結婚を望む若者は少ないというが)。幸せ絶頂は一生続くものではない。が、燃えている時はそんなことなど微塵も考えない。

 やがて子が生まれ、喜びは倍加するが生活に追われる日々に、ぬかみそ臭くなった妻に飽きが来る。休みの日には無精ひげを生やして平気な夫に妻は嫌悪感を持つ。

 子に手がかからなくなるころには夫は見向きもしなくなり、浮気を繰り返す。なら、私も夫以外のと、矢口真里のように夫の留守に男を家に入れる。宅配便のイケメンを口説く(これは事実)。

こうなったら夫婦とも家庭なぞ頭にない。性欲のみに奔る。これは芸能界では特に多い。坂東巳之助も父を同じ道を辿らないとは・・・。セブンの記事を読んでみよう。

 2012年12月、親友・中村勘三郎さん(享年57)の葬儀で、弔辞を読み上げた坂東三津五郎さん(享年59)。

 1983年、元宝塚歌劇団のスター・寿ひずる(60才)と結婚。2人の娘と跡取りである長男・巳之助をもうけ、幸せな家庭を築いているように見えた。
だが、1996年12月、後に妻となる元フジテレビアナ・近藤サト(46才)との不倫が発覚すると、家庭は一気に崩壊、1997年に離婚している。
そして、翌年、三津五郎さんは近藤と再婚したが、わずか2年ほどで再び離婚した。この離婚会見で近藤が口にした発言が大きな話題を呼んだ。

 「私は結婚に対して子供ができることを望んでおりました。しかし、誰かの意思によって阻まれるというのは、私にとって理解できませんでした」

 すでに三津五郎さんには巳之助という後継者がいたため、もし近藤にも男の子が誕生すれば跡目争いで大問題が起きるため、子づくりを禁止されたことを明かしたのだった。

 だが、当の本人である巳之助は、母を捨てた父を憎み、ついには「歌舞伎役者にはならない」と言い出す。

 「父親の不倫が発覚したころから反発するようになって…。中学生や高校生のころには、三津五郎さんに手をあげたこともあったみたいです。また暴れて<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.