FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


堕落坊主どもに空海の天罰が次々下るぞ!!クソ坊主どもに唖然①和歌山健小5男児殺しの中村桜州の父、本然は高野山真言宗の高僧…こいつは筆者の『空海の教わる親子学』を読んだはず!!


『クソ坊主 数珠を片手に 金隠寺』これは大本山臨済宗相国派管長で金閣寺、銀閣寺の住職の有馬頼底(らいてい)が2億円脱税で摘発され、テレビカメラを前に「脱税だと思わない」と平然とコメントしたのを見て筆者が川柳でおちょくったのだが…が、坊主の世界はこんなことは序の口。

高野山真言宗でも唖然、愕然、呆然とする不正、腐敗、権力闘争が繰り広げらている。その事実は後述するとして、ます、和歌山県の小5男児を惨殺した中村桜州は高野山高校出身で、しかも父親・本然は、人の道を説く「高野山大学」の教授を務める高僧だった報道には正直言って驚いた。が、同時に、高野山なえらさもありなんと。

 中村本然は高野山大学の教授なら、01年に発刊した筆者の『空海に教わる親子学』(イーストプレス刊)を読んでいるはず。

 実際に『空海に教わる親子学』は発刊されると同時に、高野山高校、大学の全学生が読んでおり、当然教授たちも読んでいると思ったのだが…『空海の教わる親子学』は真言宗総本山の京都・東寺の国宝・五重塔入口でも販売され、新聞広告で知った東寺の大物信徒が読み、東寺に乗り込み、
「空海の言ってることはこれだ!」
 と東寺大幹部が説教され「参りました」たの報告も受けている。

 また、一面識もない東京文京区にある有名な真言宗豊山派『護国寺』の岡本貫主から、
「渡邊正次郎さんに是非お目にかかりたい」
 の突然の電話があり、出向くと、
「渡邊先生。『空海に教わる親子学』を読ませていただき感動しました。私どもはお大師(弘法大師)の教えを忘れていました。先生の本でお大師の教えに気づかされました」
 と身に余る言葉を戴き、以降、大変親しくさせていただくことにもなった。


 週刊誌等の報道よれば息子を殺人者にしてしまった父親・本然は、学生たちとの飲食でも相当量の酒を飲み、どちらかと言えば学生たちにも好感を持たれていたという。

 が、自分の子もまともに育てられず、学生たちに何を教えてきたのか? 筆者が『空海に教わる親子学』を纏めるにあたり、京都、香川、徳島、高野山等の取材を重ね、宗教界に詳しい知識人や、ヤクザ、右翼連中にも幾度となく話を聞いた。

 結果、俗世から見えない、想像もできない坊主の世界の醜さに呆れ果ててしまった。

もちろん『空海に教わる親子学』は空海を育てた母をテーマにしたので、その実態を列記することは控えざるを得なかったため、本日。集めた醜聞のごくごく一部を暴露する。読者は宗教に絶望するだろう。筆者はそれでいいと断言する。どの宗教界も坊主の腐りきっているからだ。

目を背けず読んでほしい。凄まじい権力争い、金争い、地位争い、女争い、美少年争い(現代でもある)等々。京都祇園や先斗町、大阪北区梅田等のクラブでの連日の豪遊(こんな姿を見られて暴力団から恐喝された坊主も多い)。

まず、驚いたのは「お布施3億円山分けした高野山高僧事件」だ。これを象徴したのが冒頭の金閣寺、銀閣寺の有馬頼底の吐いた言葉だ。

ここで取り上げるのは真言宗だが、これは真言宗に限らず全宗教にある。筆者が驚いたのは多くの信者を持つ、空海の真言密教の“高野山真言宗”の「三人の高僧によるお布施3億円山分け事件」だ。<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.