FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

“危険〟と米早い決断!シカゴ大「孔子学園」を契約解消!!「学問の自由」侵害の恐れと…。孔子も人肉を食っていた事実を知れ!

 あなたの街にやたら増えている中国人の鍼灸院、マッサージ店も中国政府の洗脳部隊!!

先月、月刊誌「SAPIO」誌上で早稲田大学、立命館大学等13大学に「孔子学院」は置かれ、しかもそれが中国政府によって管理運営されている事実を指摘されていた。

筆者はその記事をコピーし、危険!の一筆を加えて政府関係者約10人に送付した。彼らは一様に驚いていた。筆者の送付したコピーを見るまで知らなかったという。

すでに政府も何らかの対策を打つべく動いているようだが、アメリカの行動は早い。その動きを10月29日号のサンデー毎日の「News Navi」で取り上げている。

米国の名門シカゴ大学が、学内の中国語教育機関「孔子学院」との契約を8月末で打ち切った。
2010年の設置当初から「学問の自由を侵す恐れがある」などの批判があり、5月には100人以上の教授が契約を更新しないよう請願書を提出するなど、紆余曲折を経た結果だった。

教授らは「チベット、ウイグル、台湾、天安門、法輪功」などを授業で議論することが禁じられ、講師の採用にも中国政府が関与することなどを問題視していたという。

孔子学院は中国語と中国文化を世界に広める目的で93年に発足。中国教育省の国家漢語教育指導弁公室(漢弁)の管轄下にある。

独「ゲーテ・インスティトゥート」や仏「アリアンス・フランセーズ」と異なるのは、独立した外国語学校ではなく、海外の大学と提携し、教師、教材、予算を中国政府が提供する運営方式だ。

04年のソウルを皮切りに、115か国・地域に440校を展開する(13年末時点)。日本でも早稲田大学、立命館大な13大学に置かれ、地域で中国語教室や太極拳、講演会(㊟ここ数年、やたら増えているあなたの街の鍼灸院、マッサージ店もそうです。寝ている患者を『中国の鍼灸、マッサージはここまですぐれている。これが4000年の歴史です』と言葉で洗脳。マッサージなどほとんど効果なし)なども開いている。

今回の契約打ち切りに関して、孔子学院の責任者は中国メディアに対し、
<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.