FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


笑ってごめん!!船越英一郎「妻からの避難所」のレストラン移転にブチギレ

 船越くん、知らない仲じゃないから笑ったんだが…都内の大通り沿いにある古い建物。「テナント募集中」と書かれた看板が貼られていたが、外壁には前に入っていたお店の名前が刻まれたままだった…。
ここには8月末まで約半世紀にわたって多くの常連客を楽しませてきた老舗イタリアンレストランがあった。同店は9月下旬から都内の別の場所に移転して営業を続けている。

 多くの芸能人が通っていたこの店だが、誰よりも足を運んでいたのが、自宅が店から2、3分ほどの距離にある船越英一郎(54才)・松居一代(57才)夫妻だろう。

 「夫婦でしょっちゅう来てましたね。食事を終えると手をつないで帰るところを見たことがありますよ」(常連客のひとり)

 船越は松居とだけではなく、ひとりでも通っていたという。

 「船越さんは奥さんと一緒のときは、あまりしゃべらないんですけど、ひとりだとお酒も進んで、どんどん饒舌になって…。“嫁さんがうるさいからひとりで飲みたいんだよ~”とか、“嫁が寝てからがやっと自分の時間なんだよね”とか大きな声で愚痴っていましたね。ほとんどが松居さんに関する愚痴でした(苦笑)」(別の常連客)

 船越といえば、芸能界屈指の“恐妻家”。昼夜問わず家を追い出されることも多いという。その際に“避難所”として利用していたのが、このイタリアンレストランなのだ。
そんな愛着のあるレストランが移転となれば船越にとっては一大事。焦りに焦った船越は仰天の行動に出た。

 「船越さんは移転することを知ると店に電話をかけてきて、オーナーさんに“なんで勝手に決めるんだ?”とか“決める前に相談があってもいいだろ!”、さらには“(移転は)何とかなしにならないのか!?”と怒り狂ってまくし立てたそうですよ。オーナーさんは謝罪をして、事情も説明したみたいなんですけど、最終的に<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.