FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


「堺雅人」、大ヒット確実な「続・半沢直樹」をやらないって!なぜ?

-俳優の堺雅人(40)は、今年「新入社員の理想の上司」1位に選ばれた。それもこれも、昨年高視聴率を獲ったドラマ『半沢直樹』(以下、『半沢』)のおかげである。
 今後、続編が製作されれば、大ヒット確実。むろんTBSもやる気マンマンだが、そうは問屋が卸さないようで……。

『半沢』の平均視聴率は28・7%。最終回は平成のドラマでは最高の42・2%を記録したが、当の堺は冷静でTBSのオファーになかなか首を縦に振らない。

それどころか、堺主演の『リーガルハイ』(フジテレビ系)の特番が、今年11月に放送されるというのだ。これまで『リーガルハイ』は連ドラで2回、特番でも1回、ほうそうされているが、
「TBSとすれば、フジに出し抜かれたも同然。頭を抱えています」
 と話すのは、民放幹部。

「昨年9月、『半沢』の終了以後、続編の制作がほぼ内定していた。ところが、堺の方からは色よい返事がもらえませんでした。あれほどヒットすると、続編が前作を超えるのは至難の業と言います。コケれば、せっかくの人気を失う可能性もある。意外とリスクが大きいのです」

 すぐに続編を制作するのは難しいとみたTBS。そこで彼らは『半沢』と同じ池井戸作品に目を付けた。『ルーズヴェルト・ゲーム』である。
 「ルーズヴェルト~」は、今年4~6月に放送された。放送時間や制作スタッフはもちろん、香川照之や石丸乾二といった脇役も『半沢』と同じ。しかも主役には唐沢寿明が起用されました。

 これに堺サイドが不快感を示していた。つまり、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.