FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

朝日新聞でもう一人、国会喚問せねばならない男がいた!!親しい議員に連絡済み!!

 89年、朝日ジャーナルに5月から15回隔週でこんな意見広告が載った。
≪日本国は朝鮮と朝鮮人に公式に謝罪せよ≫

 広告主は”朝鮮と朝鮮人に公式陳謝を百人委員会“
 という団体で、元慰安部などに補償すべきだと主張する。

「この組織は大分県に住む主婦が中心でした。主婦は、原告を探すためにこの年訪韓し、朝日ジャーナルの意見広告を韓国語に訳して配り、後に日本を訴える裁判を起こさせたのでs」
 とは、『よくわかる慰安婦問題』(草思社文庫)の著者で東京基督教大学教授に西岡力氏。

「今に至るまでソウルで続く、戦後補償を求める元慰安婦らの日本大使館前でのデモは、彼女が90年に再訪韓した時に行ったのがきっかけです」

韓国内で慰安婦問題に火をつけたのは、朝日ジャーナルの意見広告が事の始まりだった。その3年後の92年1月31日号には、
<従軍慰安婦110番 続々寄せられた証言>
 という記事が載った。

”日本の戦後責任をハッキリさせる会<ハッキリ会>“という組織が、慰安婦についての情報を募り、朝日ジャーナルがその内容を掲載した。
<下関に滞在していた時のことです。同じ旅館に宿泊していた朝鮮人の若い女性数十人が泣いている(中略)」「女子挺身隊として飛行機を作ったり鉄砲の弾を作ったりして、日本人と一体となって働けると喜んで日本に来たのに、これから南方に送られて慰安婦にさせられる」ということでした>

 元少年飛行兵の証言だが、
「挺身隊と慰安婦を混同している。吉田証言を前提にしているのでしょう。信憑性は低い」(西岡教授)


 信憑性について、ハッキリ会のメンバーの1人も、
「検証するとしても、学者ではないし、あくまでそういう情報があったということです」
 と言う。

 その程度の信憑性で記事を掲載したことになるが、92年3月13日号の
「誘拐・殺人・逮捕・強姦――『従軍慰安婦』の実態」という記事はどうだろう。
 「これを書いた男が国会喚問されるのは間違いない」(自民党関係者)という。その男の名はウソ記事で有名になった朝日ジャーナルの<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.