FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

”薬が効かない〟致死率70%もの空気感染する“結核〟が日本を襲う!!汚物国人に近づくな!命にかかわる感染症を持っている確率が非常に高い!!

 8月の本ブログで、非常に危険と取り上げたエボラ熱、デング熱より危険な致死ちる33%の『SFTC』(重症熱性血小板減少症候群)を、今月16日に、『ミヤネヤ』で大きく取り上げていた。

 また、同ブログでは中国甘粛省玉門市で致死率100%の”黒死病“ペスト感染男性が発見され、男性と接した人たちを含む、3万人を隔離したことも配信した。

 中国と韓国は先進国を自称するが欧米や日本とは違い、衛生観念が全く違う。たとえばトイレを使用しても手を洗う習慣もない。指や手に汚物がついても服で拭うだけなのだ。これは本当の話。

 この時のブログで中国国内の結核患者、感染者は8000万人とも記した。不治の病と言われた結核も、抗結核薬の開発により日本での治癒率は80%以上で、死亡者のほとんどは高齢者。

 ところが、抗結核薬の効かない“致死率50%〟の結核菌が存在するのだという。国立国際医療研究センターの高崎仁医師はこう語る。
「現在、結核の標準的な治療には、3~4種類の抗結核薬が使われています。そのなかで最も効果を持つイソニアジド、リファンビシンの両方に耐性を持つ結核菌があるのです。
 これを『多剤耐性結核』と言います。これを治療するには、フルオロキノロンや注射薬などを含めて5種類以上の薬が必要。治療はより困難で、治療期間は通常の結核の6~9か月に対し、多剤耐性結核は約2年を要します」

 この多剤耐性結核では、患部切除などの外科的治療をした例を含めて治癒率は50%程度になってしまうという。さらに、それ以上に強力な耐性菌も存在する。

「超多剤耐性結核菌』と言って、フルオロキノロンや注射薬なども効かない病原菌があるのです。化学療法は事実上不可能で、治癒率は30%程度まで下がります」

 こうした強力な耐性を持った菌には、どのような経路で感染するのだろうか? (そしてどの国に多いのか)
『現在、多剤耐性結核は≪ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください≫

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.