FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News



早くも新人賞内定でレコード大賞審査のどす黒い裏がバレた!!

 昔から言われ続けていたが。。。まだ9月なのに三カ月後の12月31日発表の日本レコード大賞新人賞が「西内まりや」に内定したと一部週刊誌に小さく報道された。
 西内まりやに敵対する新人を抱える事務所側か、西内まりやの事務所の横暴を許せない事務所関係者、もしくはTBS内部の勢力争いで、レコ大に発言力の強いヤツを引き吊り降ろしたい連中のリークだろう、

 私もこの世界はよく知っているだけに興味はないが、茶飲み話として知りたい読者もいるだろうからこの際、全部バラそう。

 読者の夢を打ち砕くようだが、レコ大はすべて出来レースです。レコード大賞が創設された時からTBSのレコ大関係者は、プロダクションから貰う金で決めているのです(これは役人なら収賄事件で逮捕される)。

 私の親しかった大物作曲家・船村徹氏が言葉も残さず突然、レコ大審査委員長を辞任したのも、審査委員長に就任して以降、金で動く賞レースの実態を知り,唖然とし、「良心が許さない!」と辞任したのです。

 船村氏は、やはり私のよく知る大物作曲家だった遠藤実のように金に執着する人物ではないだけに、あまりの薄汚い現実に失望し、生まれ故郷の栃木県の某市に拠点を移してしまった。

 それを報道で知った頃、私は政治家や各界の著名人らの実名を挙げ、彼らの卑劣な生き様を糾弾した『この国の恥ずかしい人々』を日本文芸社から世に問うた。
そして船村氏に謹呈。一週間ほどして船村氏から「素晴らしい! 我が家の家宝にします」と丁重なお手紙を戴き、学士会館での出版パーティに高額な祝い金まで届けて下さった。書の内容が船村氏の心情と重なったからだろう。

さて、本日のテーマ「レコード大賞」選考の裏をバラそう。いまはテレビでも見ることもないがヒット曲を連発した岩崎宏美の妹で岩崎良美という歌手がいた。
1980年に姉を追うように歌手デビュー。そして『あなた色のマノン』がヒット。が、他にもヒットを出していた新人歌手もいた。

そしてこの年のレコード大賞レースがマスコミに大きく取り上げられる12月初旬のこと、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.